« 全員で掴んだ、嬉しい勝利 Bs5−6M | トップページ | 阿部への試練はもうこれくらいにしたって〜 M2−2L »

2012年8月 7日 (火)

100球越えて踏ん張るも、またグラに勝ちがつかず M3−6L

うぬぬ、またカード頭を落とした・・・苦しい。
ニッカン式スコア

先発のグライシンガーは1・2回を見る限り、コーナーに丁寧に投げ分け、今日は久しぶりにいいぞ!と思ったのですが。味方が先制した直後の4回にいきなり制球が甘くなり、2失点して同点に追いつかれます。いつも書いてますが、最近のグラは一度打たれだすと続いてしまうのですよね。なんでしょうね、集中力が切れてしまうのか。5・6回も無失点に抑えますが、満塁にするなど賑やかにランナーを出すピッチング。
今日は雅彦のサインに首を振る事が多く、特に追い込んでからがとても多かった。追い込んでからというのは当然投手にしてみれば一番力の入れ時。ここで阿吽の呼吸でいけないというのはやはりやりにくかったかも知れません。それでも、途中から首を振ることが無くなって来た様に見えました(追っかけ録画で飛ばしながらの観戦なので見落としもあるかも知れないけど)。雅彦がグラの投げたいボールを察するようになったのか、グラが雅彦に合わせたのか、首脳陣から一言あったのか。それとも両者の思惑が一致するようになったのか。どれかはわかりませんが、どこかで誰かが「努力」したことは間違いなく。しかし、皮肉にも首を振らなくなった辺りから投球が不安定になって来たのでした。投手と捕手の関係というのは難しいものです。雅彦だからダメなんだ、と言う気持ちはありませんが、相性とか信頼感なんかはあるのかな・・。私は雅彦の捕手はみんなが言うほど嫌いではないのですけれど、グラが気持よく投球というわけには行かなかったのは事実かも知れません。

さておき、6回投げ終えた時点で105球。普通ならここで降板だと思いますし、私もそうかと思っていたのですが驚きの7回続投です。外国人の場合、球数制限があったとしたらそれを首脳陣が無理強いすることはタブーでしょうし、本人の志願なのか?とも思ったのですが・・・監督コメントを見る限りでは微妙ですね。珍しくこの続投はミス、と監督が認めていますが・・・。
まぁ、結果この続投が裏目に出てしまった訳ですが、私としては6連戦初戦ということ、この所先発の早い降板が多いことなどからこの続投は支持します。ただ、「解禁」して頑張った7回に失点(のランナーを出した)してしまったこと、さらに指先にマメを作ってしまったこと・・・。ここが残念でした。せっかく長く投げたのに、「やっぱり100球超えるといかんのね」となってしまうのが残念です。肩の状態さえ問題ないのであれば、これからももう少し投げて欲しいというのは本音なので。

しかし、これでもう丸2ヶ月グラに勝ち星がついていません。今日の内容は褒められたものではなかったですが、それでも7回途中3失点ですから・・・打線が何とかしないといけませんね。
大谷は失点してしまいましたが、満塁で後を継いだ古谷、前も書いたけどもっともっと攻める気持ちを持って欲しいです。慎重になるのはわかるけど、いきなりの押し出しではお話になりません。私みたいな「外野」がこうやって言う程簡単なものじゃないよ!ってのは判っていますけど、このところの投球が不甲斐ないです。これから先を考えると、今日の様な投球はマイナスにしかなりません。
最後のロサはボールの勢いは戻って来ましたが荒いですよね・・なんかただ投げているだけな感じです。もう今季戦力としては難しいのかも。

しかし、投手台所が苦しい=ファームの投手には大チャンス、の筈なのだけど今日は大嶺が炎上のようで。植松や山室は制球難は相変わらずだし、小林は離脱、香月も投げていないので怪我???明日先発予定の阿部ちゃんや南昌、ハシケンらが上がって来てはいますけど、まだまだ足りないです。ヤマテツはやっと復帰して来ましたがまだまだ。落ちた中後や荻野忠もピリッとしません。むしろ西野や黒沢などの育成組のほうが頑張っている印象です。ファームの投手達よ、踏ん張れ〜意地を見せろ〜!!

つらつらと書いていたら打線の事に触れるのがちょっと億劫になりました。今日は3番4番のタイムリーで先制、と流れは良かったのですが・・・6回、無死満塁で今江の良い当たりがセカンドライナーとなってしまったこと、ここでツキに見放されてしまった感じでした。鈴木大地は残念なノーヒットに終わってしまいましたが、なんだかんだでホワイトセルが打席にムラはあるものの4番の仕事はしています。サブローも少しずつ戻ってきている感じです。打撃は・・・今日は運がなかったかなあ。

明日は阿部ちゃんと菊池雄星というなかなか楽しみなマッチアップとなりました。明日負けると、3位転落・・・はもちろんですが、順位よりもカード負け越ししてしまうのが嫌です。明日、明日は勝ちましょう!阿部ちゃん、6回好投してくれないかなあ〜!

★F4−5H
★E0−0Bs

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 全員で掴んだ、嬉しい勝利 Bs5−6M | トップページ | 阿部への試練はもうこれくらいにしたって〜 M2−2L »

コメント

今まで何度も見たような負けパターンでした。
打線は先制してから拙攻、沈黙・・・

グラが、最後の力をふりしぼって抑えたのに、「持ち直した。まだいける」と、あさましい考えで続投させる・・・そして次の回にピンチを招いて大谷と交替・・・

大谷も回跨ぎさせられ、次の回にピンチを招く・・・
以前から、別の投手の時も同じ継投ミスがありました。
「今回は」自分のミス・・・今回だけ???

古谷は、他に左の中継ぎがいないから一軍に残っているのでしょうか?何度失敗しても落ちない・・・
京セラDで見たハシケンも怖いです。

右ですが、ゼロ荻野を上げて入れ替えてほしいですね。
左は昼の2軍戦で木村も松本も微妙ですが・・・

野手は、多すぎる控え一塁手と入れ替えて角を試してほしいですね。せっかく支配下に上げたのだし・・・

本日、菊池雄星を打てるかな???

投稿: 大阪の一ファン | 2012年8月 8日 (水) 11時09分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

今季はこういう試合が(も)多いですね。打線は幸先良いかな?と思ってもその後沈黙、とか。そうこうしている内に、前半戦チームを支えていた投手が持ちこたえられなくなり逆転を許す。投手は慢性的にコマ不足になってしまっています。古谷はやはり他の左がいないから、なのでしょう。中後がもう少し頑張ってくれればなぁー。大谷は起用法がちょっと定まらないですよね。ハシケンは良い時もあるけど打たれるときも普通にある、という今までとあまり代わりがありません。私も荻野忠をもう一度見たいのですが・・。
野手はもう、大松をベンチの置物にしてもしょうがないですし、代わりに高濱、おっしゃるように角を上げてみて欲しいです。小池なんかも。この際ですし、先を考えてファームから若手を上手く起用して欲しいです。ファイターズの栗山監督なんて見事ですよ。
菊池雄星、前回登板時は微妙な出来でしたがそれでも打てませんでした。今日も歯ぎしりする展開になりそうな気がします・・・

投稿: BJ | 2012年8月 8日 (水) 12時41分

BJさん、今晩は。荻野貴司選手には、昨日の7回裏のショート・ゴロを内野安打にする走りを見せて欲しかったです!
初回、荻野選手がスタートしたケースは、結果的にバント・エンドランになりましたが、大地選手のサイン・ミスですかね。どんどん、単独スチールをして欲しいです!
ヘルマン選手の盗塁は、またもや凄かったです!唯、視ている1ファンが、初球にスチールがあると感じていたのに、ノ―・ケア―でした。そこが、甘いですね。中島選手が、その後、タイムリー2塁打で得点に結びつける所は、ライオンズはやはり凄いです。
本日は、マリーンズは特に落とせません!荻野貴司選手の活躍を中心に期待してます。また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年8月 8日 (水) 17時48分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

初回の荻野貴司のスタートは単独くさかったですね。大地はどうだったんでしょう、何かサインがあったのか、それとも単にヒッティングに出ただけなのか。荻野のスタートはとても良かったですね。
ヘルマン、スピードはあまり感じないのですが・・・あのヘッドスライディングも迫力の演出に一役買っているのかも。しかしバッテリーは無警戒、余裕でセーフでしたし、これが勝ち越し点に繋がったので猛省ですね。あそこで盗塁を仕掛け、成功させる采配、私は好きです。
今日の試合は取らないといけません。荻野の活躍があればよりベター。期待しましょう〜!

投稿: BJ | 2012年8月 8日 (水) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46615531

この記事へのトラックバック一覧です: 100球越えて踏ん張るも、またグラに勝ちがつかず M3−6L:

» あああああライオンズと直接対決で0.5ゲーム差! [いすみマリーンズ]
ライオンズ 000200121 6 マリーンズ 002000001 3  L:○ [続きを読む]

受信: 2012年8月 8日 (水) 23時54分

« 全員で掴んだ、嬉しい勝利 Bs5−6M | トップページ | 阿部への試練はもうこれくらいにしたって〜 M2−2L »