« 勝つと負けるとでは大違い。鈴木大地はやっぱりスタメンで! M4−3E | トップページ | さあ、後半戦スタート!・・・が、満身創痍の先発陣 »

2012年7月20日 (金)

マリーンズ勢はアピール不足 フレッシュオールスター・E0ー4W

今日は新潟でフレッシュ・オールスターが行われました。私に取っては今や1軍のオールスターゲームより楽しみだったりします。

結果は以下のとおり。

W|000 101 020|4
E|000 000 000|0

W:西川 ○歳内 中崎 嘉弥真 武田 辻 二神 塚原
E:中村 武藤 ●八木 田原 北方 南昌 十亀 一岡

MVP:中谷(T)優秀選手:武田(H)川端(Bs)中村(F)榎本(E)

ニッカン式スコア

マリーンズからは鈴木大地、翔太、南昌輝が出場。

鈴木大地は
死球、二併殺、二ゴ、左飛と3の0。死球で出塁した後に盗塁を試みますが失敗(しかしスローで見るとセーフでしたね)と今ひとつアピールに失敗。
翔太は
遊ゴ、三振、三振とこっちは全く目立てませんでした。個人的には翔太に「何かやって欲しかった」ので残念です。

南昌樹の投球内容は
三振、三振、捕邪飛と三者凡退に抑えました。1球スライダーかカットが抜けた以外は全てストレート。MAX144km。力投型でボールに力はあるものの、全体的に高いですね。変化球を投げなかったし判断するのもナンですから、今後に期待!としておきましょう。しかしあんなフォーム(テイクバックが小さくいったん重心が大きく後ろに乗り、ワンクッション置いてから身体を開くと同時に投げる感じ・・抱え投げっぽい)だったっけ?

マリーンズ勢は今ひとつ地味〜に終わってしまいました。イースタン首位やー!という勢いを見せて欲しかったですし、ちょっと残念です。

しかし、他にもキラ星が沢山。雑多な感想です。

まず、先発のファイターズ中村勝。2年前、ルーキーの時にマリンでのプロ初登板初先発で心優しいマリーンズがプロ初勝利をプレゼントしたのは記憶に新しいところですが、とにかく躍動感溢れるフォームから勢いのある素晴らしいストレートを投げます。初回はオールストレート、2回は「通常モード」で変化球を交え、2回を5奪三振。いやー、観ていて楽しくなる投げっぷりでした。去年伸び悩んだので心配していましたが、こんなボール投げられるんやんけ〜!後半戦出てきそうですね。
それにしてもマリーンズの投手は総じてこじんまりと小さくまとまってしまう感がある中、あのピッチングは魅力です。マリーンズも気持ち良いストレートをズバッと投げ込む、そんな投球をする投手は出てこないものか。

ウェスタン、ホークスの武田翔太は既に別格の投球でした。いつもの笑みを浮かべながらなんとMAX152kmを記録。鬼の様にブレーキの効いたカーブも素晴らしく、今日投げた投手の中で圧巻でしたね。まだ1軍で2試合しか投げていない高卒ルーキーにおいて、この存在感は何なのでしょう?やはり素晴らしい投手です。

ウェスタンの投手では他に、久しぶり!のタイガースの歳内。私が映像で観るのは去年の甲子園以来です。こちらも素晴らしかった。球威のあるストレートに、出ました伝家の宝刀スプリット!歳内健在、を確認出来て嬉しかったですね。

また、ホークスの嘉弥真とマリーンズ翔太の八重山農林卒VS八重山商工卒、”八重山対決”がありました。ファームとは言えプロの舞台で小さな石垣島出身の選手が対戦するなんて実に不思議な気持ちにさせられましたね〜。結果は翔太の三振。嘉弥真が先輩の意地を見せました。これからは1軍で対決が観たいです。

MVPを受賞した中谷はバッティングに定評がある選手ですが、今日の2本のタイムリーはどちらも右方向に打ったもので、その内容が良いですね。確か今季はウェスタンで4番を張ったこともあったと思いますが、これを切っ掛けに飛躍出来るか。

他、カープの菊地の守備は遊飛を3つ処理したのと併殺に絡んだだけでしたが、遊飛の取り方、併殺の送球、全てにセンスを感じます。今季1軍の舞台に立っているだけの事はあります。

イースタンでは、つい昨日まで対戦していたイーグルスの捕手・岡島は堂々の4番での登場。動きにキレがあってやはり良い選手です。あまりキャチャーらしくない体型と俊足ですが、ありがちな外野転向とかせずに捕手で勝負させて欲しいですね。ニュータイプの捕手になれそうな気がします。

途中からマスクを被った私お気に入りのベイスターズ高城も高卒ルーキーとは思えない落ち着きを見せます。南昌樹と組んでしっかり抑えます。昨日、1軍でプロ初スタメンを果たした高城、この先谷繁のような存在感のある捕手に育って欲しい。

ルーキーの出場が多かったものの、既に1軍に出場している選手も多かったですね。そういう選手は上を経験しているということがそうさせるのか、やはり一つ抜けた感を受けます(そういう先入観があるのかも知れませんが)。そういう姿を観るにつけ、1軍を経験するという事はプロ野球選手としてやはり大きく成長させてくれることなのだなあ、と思います。

今まで何度か書いていることですが、その意味も込めて、今季は翔太に1軍を経験させたいなあー。

ファームで泥にまみれている12球団すべての選手達、一人でも多くが1軍の檜舞台で活躍出来る日が来ますように・・!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 勝つと負けるとでは大違い。鈴木大地はやっぱりスタメンで! M4−3E | トップページ | さあ、後半戦スタート!・・・が、満身創痍の先発陣 »

コメント

ヤクルト八木が負け投手


月曜に先発で7回まで投げて中2日の強行だったのでちょっと可哀想な結果だったなと


コントロールが不安定なのはいつものことらしいが現在イースタン奪三振タイトルの素質は2個三振を奪っただけに見せてくれたかと


今週が八木にとってきついスケジュール登板だったので次は後半開幕2連戦ではなく金曜の新潟三機スタでの先発が有力かなと予想


昨日は西武永江選手の妹が応援に駆けつけたようで試合前にインタビュー受けてたシーンがニュースに出ました


広島磯村選手は新潟の印象を米や酒より新潟=日本文理と答えてました


さすが中京大中京であの激闘の場面を経験してるだけあるなと(笑)


ラジオで試合聴いてましたが子供達のボールくださいの奇声がはっきり聞こえてるにがっかり感を覚えました


Twitter見てみるとこの件に関して観戦者が新潟の子供はマナーが悪いとかボールくださいと走り回ったりうるさいと呟いてる方が結構いました


去年三条で試合後野球教室を開きヤクルト中村が「君たちボールくださいばかり言ってないで試合をちゃんと観なさい」と注意してたことを思い出しました


まぁ観客が多くて客席が埋まっていれば走り回ったりボールくださいと前列に走りよることはない筈なんですけどね


この前の広島エコスタ戦ではなかった光景ですから


新潟県や市は少年野球チームや子供を少しでもスタンド埋める為に無料招待しますが付き添いの大人がしつけをしっかりやって貰いたいものです


最後に手前味噌ですが夜中のダイジェストを観てエコスタのナイター風景は最高だなぁと改めて思いました


外野フェンスの広告看板が水あかで汚いのが目立ってるのが残念ですが

投稿: 名前 | 2012年7月20日 (金) 07時41分

名前書き忘れましたがもちろん佐藤でした(笑)

投稿: 佐藤 | 2012年7月20日 (金) 07時42分

フレッシュスターゲーム、やっぱり贅沢ですね。ファイターズの中村選手は、私今季結構見ましたが、課題は後半のスタミナなようですから、昨夜みたいに短いイニングなら当然の好投するなあとか…それでも今日オールスターで先発する人よりも一軍でも活躍しそうなのになぜかファームにいる謎…
マリーンズ勢は目立ちませんでしたが、1試合だけですし、まあ運もなかったかなと思います。翔太選手は今季とてもよくなってる印象があります。私も大好きな選手なんだけど、一軍のレギュラーは盤石だし、優勝争いしてるしで、昇格するためのハードルが高~~くなっちゃったのは残念…。でもチャンスあると思うので、頑張ってほしいです。
南選手は…あえてストレートだけ投げたんでしょうか。個人的に楽しみにしてる投手で、一軍のリリーフがへばっちゃう頃までに昇格してくれたらいいなあと思います。目指すところは神がかってる時の薮田選手、ってところかと思います。低めのボールは確実に投げてほしいですが、高めのストレートで三振が取れる投手になってほしいなあと思います。浦和の試合では変化球もいろいろ試してるようですよ。

投稿: てんとう虫 | 2012年7月20日 (金) 11時09分

BJさん、今晩は。“ジュニア・オールスター”戦に関しては、観てはいませんでしたが、屋舗要さんがホームランを打って注目された事、そしてこちらは視てましたが(当時、地上波でもやってましたからね)昭和55年のドカベン、香川さんのホームランが印象に残ってます。
大地選手にも頑張って欲しかったですね。
昨日は、夏の甲子園の地区予選で“160”キロが出ましたね。現在の時代ならでは、直ぐにそのボールを映像で確認できますね。
そのような意味からすると、自分が野球に本格的に興味を持つ以前でしたが、最後の“幻想”、ファンタジーを感じさせる投手は、自分は江川卓さんだと思います。江川さんの伝説に関しては、江川さんと親交が深い水島新司先生の「ドカベン」始め、色々な作品で感じさせられました。作新学院時代のエピソードは、もの凄いですね。
自分が、野球に本格的に興味を持った頃、よく当時の大人の方々に、「金田投手、稲尾投手、そして杉浦投手等は物凄かった。」と聞かされたものです。リアル・タイムの投手陣がまったく問題にならない位に。
これまでに、自分が実際に視た投手では、山口高志さんが一番速かったと思います。土、日のデ―・ゲームで、時々、テレビ中継があった懐かしの西宮球場でのオリオンズ戦で村田兆治さんと投げ合っている試合の迫力が、現在でも忘れられません!もの凄い“剛球対決”でした。また、あのような剛球投手の対決も観たいものです!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年7月20日 (金) 18時53分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

スワローズ八木、負け投手にはなりましたがボールのキレは良かったと思います。まぁ、やはりコントロールですかね?左なだけにチャンスはあると思いますし、後半戦は上で投げられると良いですね。私は比屋根があまり登場機会無かったのがちと残念です。
磯村の新潟の印象はそりゃ日本文理でしょうねえー(笑)最終回の怒涛の追い上げを、打者に一番近い所でみていた訳ですしねー。
子供達のボールくださいはまぁしょうがないかとは思うものの、あんまり酷いとなあ・・でも新潟の子供がマナー悪いというのは言いがかりですよ。マリンだってどこだってボールくださいキッズは多いですよ〜。おっしゃるようにお客さん少ないのも一因だったかと。それよりも私が一番いやなのは大人なのにグローブ持って毎回人を押しのけてでもボールにダッシュしてく奴ですね。
そうそう、エコスタのナイター風景は最高やなあーと私も思いました。これで人工芝だったら言うことなし!なのに〜とちょっと贅沢なこと考えます。また行きたいです〜。

投稿: BJ | 2012年7月20日 (金) 23時50分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

そうかあ、中村はスタミナに課題か・・・ならばショートイニングはあれだけのパフォーマンス出せる訳ですね。もっともっと力の抜き所(投球フォームの、という意味です)覚えればスタミナもアップするのかな?上は先発コマ不足に苦労しているのになんで上げないのですかねー。
翔太、内野陣の充実で昇格するスキマが無いですよね。嬉しいことなのだけど複雑・・・。でも来年は細谷の立場を追いぬいちゃいそうです。
南のストレート押しまくりは、オールスターにありがちなストレート勝負という奇妙な不文律というかムードに圧されてのものでしょう。投手によってはストレート勝負を強要するような風潮は改めて欲しいんですけれどね。今の南であれば中継ぎ需要でしょうね。一年目の故障が心配でしたが、力強いボール投げてましたので安心しました。昇格するにはまだまだ時間が必要かとは思いますが、出てきて欲しい投手です。

投稿: BJ | 2012年7月20日 (金) 23時55分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

ドカベン香川、フレッシュオールスターでホームラン打ったんでしたっけ、そういえば・・・。昔はテレビ東京系列で中継していましたよね。私はイチロー一年目の東京ドームでの一発が印象に残っています。
江川の高校時代の投球は知らないのですが、それでも数々の伝説は凄い・・高校2年の時が一番速かったともいいますし。昔の選手の話はちょっと話が大きくなっている部分もあるかとは思いますが、それでも本当に速かった人は速かったのだろうと思います。伝聞でいうと、私の中では尾崎行雄がとにかく速かった、とのエピソードを数多く見聞きするので、タイムマシンがあったら観てみたいなーと思いますね。山口高志は幼い頃山田久志と併せて覚えていますが、ボールは覚えていない・・・残念です。
今は荒々しい”剛球”はあまり見ませんし、ちょっとさみしい気もしますね。それにしても花巻東の大谷君はヒジも身体も柔らかいですし、素晴らしいです。

投稿: BJ | 2012年7月21日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46389763

この記事へのトラックバック一覧です: マリーンズ勢はアピール不足 フレッシュオールスター・E0ー4W:

» フレッシュオールスター2012 [いすみマリーンズ]
フレッシュオールスター~新潟県立野球場 (HARD OFF ECOスタジアム新潟 [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 00時47分

« 勝つと負けるとでは大違い。鈴木大地はやっぱりスタメンで! M4−3E | トップページ | さあ、後半戦スタート!・・・が、満身創痍の先発陣 »