« リスタート・マリーンズ! Bs1−4M | トップページ | 加藤コミッショナーの任期切れで見えてきたプロ野球界が抱える問題と行く末 »

2012年7月 3日 (火)

NPBのプライドを! 浦和マリーンズvsJX-ENEOS@ロッテ浦和

6月30日の土曜日、ロッテ浦和球場で行われた交流戦・浦和マリーンズ対JX-ENEOSの試合に行って来ました。
私は社会人野球って見事に”守備範囲外”で、実は一度も観たことがない・・・都市対抗を一度は行こう行こうと思っているのですが。こんな本も読んだのに、未だかなわず。
初めて観る社会人チームがNPBとの交流戦というのもどうかとは思いますが、まぁこれがキッカケになれば。なんで、社会人野球に精通している人からしたら「今更・・」と言う事も書きますが、お許しください。(ENEOSの選手も敬称略です・・・あしからず)

JX-ENEOS、今日のユニフォームは目にも鮮やかな水色ユニ。マリーンズの一つ前のビジターユニと同じで、昇華プリントによるグラデーションを実現 背番号なども昇華プリントです
Dscf1162

JX-ENEOSは社会人では言わずとしれた強豪です。特に投手に観たい選手が多く、聖望学園で選抜準優勝の大塚、沖縄野球好きには堪らない宜野座ー名桜大学の大城、中部商ー国士舘大学の屋宜、そして記憶にあたらしい成田高校を甲子園ベスト4に導いた中川などがいます。

残念ながら中川君は投げませんでした。私は姿を確認出来なかったけどいたのかな?
JX-ENEOSの監督は桐蔭学園ー慶応大学ー日本石油ー近鉄の大久保秀昭。私、六大学で満塁ホームラン打ったの観たことあるなあ・・・懐かしいですね。

そして、以外なことに!背番号44、TAKAHASHIといういかにもコーチという恰幅の方がいて。誰だ?と思ったら、嗚呼、拓大紅陵ー日本石油ー日本ハムファイターズの高橋ではないかあ!高橋がエースの拓大紅陵は本当に強くて・・・。後に東洋大でノーヒットノーラン達成、マリーンズ入りする和田孝志が背番号3で2番手。主将がセンス溢れる糟谷、千葉の予選では背番号18だった紺野が甲子園ではレギュラー入りし、なんと高校日本代表でも4番を打ったという。東の横綱として優勝候補、あの松山商業を初戦で10−0で下し、これは優勝間違いない!という次戦で浜松商業に負けてしまったのでした。走塁ミスとか出たんだよなあ・・・しつこいけどこの時の拓大紅陵は本当に強かったのですよ。
エースの高橋は細身で牽制が上手くて・・・・今ここでコーチをやっていたとは!

今やすっかり貫禄のある高橋憲幸
Dscf1215

対するマリーンズは育成の投手、もしくはリハビリ組の投手・野手がメインの編成。
・・・とはいえ、あっさりと完敗です。

Dscf1305

両チームの出場選手は次の通り(メモが元なので、間違ってたらごめんなさい!・・ENEOSに関しては、代打や代走が多く出たのですが、後でメモみたら訳わからんくなってた・・・ENEOSの皆様申し訳ない!)

JX-ENEOS

1(中)田畑
2(遊)渡邉
3(右)井領
4(指)渡部(補強選手・三菱重工横浜)
5(左)山田
6(一)泉
7(三)宮澤
8(捕)山岡
9(二)白井

打35安8球5振5点4

P
三上(3回打者12安1振2四死2点0)
屋宜(3回打者11安2振1四死0点0)
鶴田(補強選手・三菱重工横浜:2回打者9安2振0四死2点1)
北原(1回打者5安0振1四死1点0)

マリーンズ   打安
1(左)伊志嶺 31
  左 木本  10
2(二一)高濱 41
3(遊)細谷  40
4(三)青野  10
  三 翔太  20
5(右)神戸  40
6(指)青松  30
 打指 金澤  10
7(一)森夫  31
  二 晃多  10
8(捕)江村  11
  捕 的場  11
9(中)生山  30

計 32打安5振4四死5点1

P
黒沢(3回打者11安1振2四死1点1)
西野(1回1/3打者9安4三振2四死1点3)
鈴江(2/3回打者3安1振0四死0点0)
藤谷(2回打者9安2振1四死1点0)
山本徹(1回打者3安0振1四死0点0)
林(1回打者5安0振0四死2点0)

さて、試合です。

先発の黒沢は右横手から力のあるボールを投げます。初回、3番に四球の後、4番の補強選手・渡部選手に左中間フェンス直撃の2塁打を打たれ、1点を先制されます。全く知らなかったのですが、この渡部選手は「神奈川の4番」「優勝請負人」と呼ばれる程のベテラン選手だったのですね。この後、低めのボールを上手くセンター前に運ぶ技ありのヒットも見せました。さすがの存在感です。
黒沢は1点を失ったものの、全体としてはよく投げました。

黒沢 凄い踏み出し・・・武田久もびっくり
S0011171

一方、マリーンズは法政大出身・三上の力あるストレートの前に高濱のセンター前ヒット1本しか打てず、0点。この三上、去年の大学代表ーイースタン選抜の試合で初めて見たのですが、とても印象に残った選手でした。(この時のレポはこちら。藤岡、中後、鈴木大地も登場しています)
ENEOSではルーキーですが、早くも中心投手になりそうな感じです。

三上
S0021183

マリーンズは黒沢の後を西野にスイッチ。しかし、西野は代わりばな集中打を許し、3点を許して降板。・・・・が、先頭の打者の平凡なレフトフライを伊志嶺が「オーライオーライ!」とデカい声を出しながら余裕で追っかけて・・・目の前でボールがポテン。何やっとんじゃー!ひょっとするとセンターの生山とお見合いの形になったのかも知れませんが、恥ずかしいプレーでした。伊志嶺はこの後もレフトへの犠牲フライを掴んだ後の送球が全く違う方向に投げるという、精細を欠くプレーでした。このままでは1軍は遠いぞ〜。

お見合い?の後の伊志嶺と生山 恥ずかしいプレーやぞ〜 工藤、びしっと喝いれてつかぁさい
Dscf1214

西野を不運が襲う・・・
Dscf1203

ENEOSは三上の後を屋宜が継ぎます。この屋宜、中部商時代にマリーンズの大嶺祐太がいる八重山商工と沖縄大会決勝で激突!大嶺の前に涙を呑み、甲子園への道を絶たれたのでした。その後国士舘ーENEOSに進んだのは知っていたので、今日は観たかった!屋宜は打たせて取るピッチングで危なげない投球を見せます。3回中2回が三者凡退、9アウト中7アウトをゴロアウトで奪いました。

屋宜 今や大嶺より良いような気が・・・祐太頑張れ(泣)
S0051229

西野の後を継いだのは鈴江。三塁線を襲った打球に飛びつきアウトにした翔太のファインプレーにも助けられ、西野の作ったピンチをしっかりと抑えました。

鈴江 久しぶり!
Dscf1218

ENEOSは屋宜の後を補強選手の鶴田が受けます。鶴田は連打を浴びた後、四球で満塁とすると途中出場の木本に四球を与えてしまい、マリーンズこの日唯一の1点を与えてしまいます。
その木本ですがついこないだ打者転向が発表になったばかり。育成4年めでの打者転向はかなり遅れを取ってしまいました。これから必死でチャンスを掴め!

木本
Dscf1279

マリーンズの投手は鈴江の後を、おお!試合で投げるのは初めて見るぞ、藤谷の登場!

藤谷 左膝が割れるのが前から気になっているのだ
S0061242

藤谷はアメリカンなフォームから投げ込みますが、うーん、ちょっと微妙な内容でした。ボールが高いし、球威がちょっと・・かな。怪我もしていたと記憶していますが、まだまだ時間がかかりそう。

藤谷の後を継いだのは久しぶり!待ってましたの山本徹。怪我から戻ってきてまだ間もないと思いますが、やっぱりストレートは力がありますね!そろそろイースタンでも投げるでしょう。早く1軍でも観たいものです。

ヤマテツ ダイナミックなフォームからの力あるボールは健在
S0101283

ヤマテツの後は林が登板。私、林の投球を観るはいつ以来か思い出せないくらい久しぶり・・・。しかし林はピリッとせず、2四球を出してしまいます。晃多が1・2塁間を破ろうかという打球に飛びついて1塁に送球、アウトにするというファインプレーもあり、これがなかったらどうなっていたか。年数を考えると、そろそろ結果を出さないと・・。

林 ちょっと残念な投球
Dscf1293

最終回、マリーンズはENEOS北原の前に四球とエラーのランナーを出すも、無得点に終わり、ゲームセット。ENEOSの前にNPBらしさを見せること無く敗戦となりました。

勝敗はあまり関係ないとは言え、マリーンズ野手陣の覇気の無さが気になりました。特に中堅となりつつある選手たちがだるそう〜〜にやっていた様に見えてしまい。声も出ていませんし、NPBチームとしてちょっとどうなのかな・・・?強く言うと相手に失礼なような印象すら受けました。投手や若手は一所懸命やっていましたがね・・・。対照的にENEOSの選手たちはとても声が出ていて、テキパキと野球をやっていました。マリーンズはプロですし、アマのような「声出し」は必要ないとは思いますが、それでも、ね。試合内容も1−4という点差以上に完敗。JXーENEOSは強豪ですしこういう試合にもなってもおかしくはないのですが、おい、マリーンズ!もっとしっかりやれ!と言いたくなるような内容でした。

ENEOSでとても印象に残った選手にショートを守った渡邉選手がいます。身長164cmと小柄ですが、とにかく元気印。守備も上手い。公式ページのプロファイルによると憧れの選手は「小坂誠」とのこと。いやあー、こういうガッツが表に出る選手は好きです。イーグルスの内村とか、ファイターズ杉谷とかこういう選手好きなんだよなあー。今後も頑張って欲しいです!

渡邉選手 良い選手でした!
Dscf1201

やはり都市対抗野球も観に行かないと・・・・。なかなか楽しい時間を過ごすことが出来ました。

では、画像です。いつもは3塁側でなんとなく観てしまうのですが、今日は思い立って1塁側へ。なかなかこっち良いですねえー。

今日のボールボーイは阿部・南昌コンビ
Dscf1165

モリオはファーストでスタメン出場
Dscf1175

サード青野は私は久しぶりに観る気がする
Dscf1178

伊志嶺は精細を欠いた
Dscf1232

シャバに出たい・・・
Dscf1230

お前今逃げようとしたやろ
Dscf1236

妙に楽しげなベンチ
Dscf1234

球際の強さを見せた翔太 今季中に1軍で観たい
S0111288

晃多もファインプレーを見せる
Dscf1302

久しぶりに的場の元気な姿 今日は1安打1四球
Dscf1276

1軍は捕手三人制をひいて欲しいのだが・・・・
Dscf1303

試合終了
Dscf1304

私が行くと生山は「必ず」特守をやっています。一度の例外もありません。今日は高濱と組んで居残り特守

バックトスを上川コーチが実演して・・・
Dscf1336

こうかっ
Dscf1341

こうでしょっ
Dscf1339

・・・トンネル・・・・
Dscf1343

外野では木本が居残り特守
Dscf1323

山森コーチに教えを受けられるのはメチャクチャ大きな財産だと思う
Dscf1329

細谷、翔太は居残りでロングティー
Dscf1346

サブグラウンドでは山口が独り黙々とダッシュを繰り返していました みんな頑張れ!
Dscf1345

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« リスタート・マリーンズ! Bs1−4M | トップページ | 加藤コミッショナーの任期切れで見えてきたプロ野球界が抱える問題と行く末 »

コメント

レポートありがとうございます!
私も社会人野球はあまり縁がありませんが、都市対抗なんかはCATVで中継してくれたりするので、時間のある時は見るんですが…
強豪とはいえアマチュア相手、投手なんかは普段試合に出ない選手が主だったようですね。選手の調子もあるんだろうけど、今年は育成選手の起用にあまり熱心じゃない気もします…
コーチングスタッフの顔ぶれも変わったし…
たしかに今年の浦和は静か(笑)
むやみに声出せば上手くなるってんでもないけど…
青山監督のカラーでしょうか。ヨシヒコ監督はベンチ→守備位置は全力で、とか躾に厳しい人でしたが(爆)
まあ勝ってるし、一軍が必要な人材はそれなりに送りこめてるし
そのあたりは静観したいです。

ひっそりと藤谷に注目してます。だってあのトム・ハウスの弟子なんでしょ。
プロアマの壁ががっちりある日本と違い、このクラスのコーチが平然と大学生を教える
アメリカの環境。
やはりスポーツ大国ですよね。

林…マウンドに立った姿がとてもきれいなので、なんとかしたい投手のひとりです。でもこのままだと、毎年入団してくる大学や社会人出の投手に負けちゃうな…何か「これ」という技術を磨いて、それをアピールしてほしいです。

投稿: てんとう虫 | 2012年7月 3日 (火) 02時15分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

初めて見る社会人野球がこれってのもどうかとは思うのですが、でも楽しかったです。都市対抗、会場が東京ドームっていうのが敬遠する理由でもあったりします・・・球場が嫌いなので。
育成選手の起用は今年はなんだか一層減ってしまいましたよね。もともと育成選手の出場機会が少ないことが私は不満なのですが、今年は輪をかけていますね。しかし、1軍の為のファームという本来の立場から言えば、ちゃんと人材は送っているし、それに勝ってますもんね、まさに「静観」したいです。ただ、育成選手の成功例としては岡田しかいないので、もっと出てきて欲しい。
藤谷、まだコンディションが万全には程遠い印象はあります。あんなボールじゃないと思うんですよね~向こうでもドラフトかかるくらいですからね。おっしゃるようにトムハウスが教える事が出来るっていう所にアメリカの奥深さを感じますね。日本も偏狭過ぎるんだよな・・いいかげんプロアマの壁を取っ払って欲しいです。かなり薄くなったとはいえ。
林は齊藤悠葵と随分水をあけられてしまいました。そろそろ殻を破りたいですね!

投稿: BJ | 2012年7月 3日 (火) 12時42分

BJさん、今晩は。自分も社会人野球は、生観戦した事はありません。伊志嶺選手は、イースタンではかなり盗塁をしていますね。この日は、ダメでしたか。
BJさんは、知識が豊富な方ですね。「モーニングバード!」は、自分も「スーパーモーニング」の頃から好きで、録画して後で早回しで視ています。
NPBと政界も色々と繋がりがありますね。何と言ってもナベツネさんが政治部の敏腕記者でいらした事ですね。自分は、ミスター信者ですから、ミスターの真価を最大限に評価して下さったナベツネさんに非常に感謝してます!ナベツネさんのお蔭でミスターの“第2次政権”を視られた訳ですから。
野田総理は、野球もお好きなようですが、格闘技・プロレスに精通なさってますね。野党時代にもよく、「東スポ」で記事を読みました。自分は、野党時代の野田総理は、話もお上手で物腰も紳士的で好きでした。次回の総選挙は、各政策によって色々な違いがあるので選択が難しいです!
政治家の方々は、“ノ―・サイド”の他によく、“全員野球”と仰いますが、マリーンズの“和の野球”を見習って欲しいです。明日のマリーンズに期待します!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年7月 3日 (火) 19時04分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

伊志嶺は打率がとうとう2割を切ってしまいました・・・ベテランならば数字は関係ないですが、まだ2年目の選手。もう少し数字を残してくれないと・・・荻野貴司と同じくらい好きな選手なので、あえて厳しく、厳しくです。出塁率は3割超えているのと、おっしゃるように盗塁が多いのが救いですが。
「モーニングバード」の時間帯は昔から私も好きでした。ただ、今の私の仕事形態が時間が合わないのが難点です・・・今は全く観られていません。録画して観る、素晴らしいな〜。そこまでする価値はある番組だと思いますよ!特に最近の報道姿勢はモーニングバードのみならずテレビ朝日が抜群ですね。
ナベツネ氏は、私はご多分に漏れずアンチです(・・・すみません、いろいろとエイトマンちからさんと反対の事が多い気がします・・お互いに多様な価値観という事で、もちろん尊重しておりますからご容赦を)もっとも、誤解もその嫌われ度合に比例して多い人物の気はしますね。まぁ、でも「俺は政界のフィクサーだ」といわんばかりの態度はやはり好きになれません・・・新聞記者が国を動かそうとするのはもってのほかという思いがあります。「新聞は社会の木鐸たれ」という言葉を履き違えている気がします。でも、きっと個人的に付き合うと魅力ある人物なのでしょう。それは野田総理も同じだとは思います。私も野党時代の野田氏は嫌いではなかったです。次回の選挙は戦国時代となりますね。各党の本質を冷静に見極めたいと思います。
政治家さんが「全員野球」というと、都合よく野球を使ってあんた達の地位に「貶め」ないでくれよと思ってしまいます。まさに、マリーンズの「和」を見習って欲しいですね。

投稿: BJ | 2012年7月 3日 (火) 21時19分

BJさま、ごぶさたしています。
練習試合ということでひさびさの生山くんスタメン
出場だったようで・・・。
そして試合後の居残り練習を観るのが好きなので
写真たくさんのレポ、ありがとうございます。
生山くんは居残り率ホントに高いですよね(^_^;)
でもそんな場面をいつも見ているので
BJさまも述べられているように、元気のない中堅選手
に代わって公式戦でもスタメンで生山くんを
使ってほしいって思ってしまいます・・・。
(まあ生山くんびいき目線ですが・・・)

投稿: かえで | 2012年7月 3日 (火) 23時05分

>かえでさん
コメントありがとうございます。

生山、もっともっとスタメンで観たいですよね。ついでに言うと、内野での出場も観てみたいです。生山の居残り率は私に関して言えば100%。頑張っている姿をいつも観ているので、こんな大したこと無い私のブログでも少しでも取り上げたいと思ってしまう・・・被写体としても面白い(って表現は失礼か・・・かわいい?も失礼か)ので、生山画像率も高く、ブログ記事ではついつい多くなって他の選手とのバランスに苦労しているのはここだけの話。
成功して欲しいと強く願います!

投稿: BJ | 2012年7月 4日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46150177

この記事へのトラックバック一覧です: NPBのプライドを! 浦和マリーンズvsJX-ENEOS@ロッテ浦和:

« リスタート・マリーンズ! Bs1−4M | トップページ | 加藤コミッショナーの任期切れで見えてきたプロ野球界が抱える問題と行く末 »