« ”アンタッチャブル”に触れた事が勝利を呼んだ M9−2H | トップページ | 明日しっかり休んで切り替えましょう M2−4H »

2012年7月29日 (日)

内はここを乗り切れ M2−2H

勝ちきれなかった、無念。
ニッカン式スコア

今日も仕事の為ダイジェスト(とごく一部だけ録画見直し)での観戦。
先発の上野はボックススコアを眺める限りでは何とも微妙な内容。5回を6安打2四球というのは褒められたものではありません。3イニング連続遊ゴロ併殺に助けられたのかな?(狙って取ってたとしたら立派です)57球で降板というのは普通に考えたらアクシデントですが・・・首脳陣の我慢の限界だったのか。それでも1失点で勝利投手の権利を持っての降板というのはホークスとの相性の良さ(と言われるほど感じないけど)かも知れません。
対する武田は5回84球1失点で降板ですから、両投手ともピリッとしなかったのでしょうね。

今日も大谷が2イングスを頑張り、益田がきっちり8回を締め迎えた9回。内が抑えに失敗してしまいました。抑えに回ってからの内は不安定で、監督に「(今後の抑えは?)今聞かれても答えは出せない。今の状態を見ると考えていかないといけないですね」なんてコメントが飛び出してしまいました。
薮田から内への配置転換の時はかなり慎重だったのに、今回は随分と我慢の出来ないことで・・・。(もっとも薮田は去年本当に安定して抑えを務めてくれたという実績もありますし、配慮の重さが違うのは当然ではありますが)あれだけ慎重に配置転換したのにあっさりしたものだなーと少々呆れています。

私は薮田が不調の時内を抑えに、と主張していましたし、そもそも内の抑えは昔からの”夢”という個人的な希望もありますので、このまま内に抑えを務めて貰いたいというのが本音です。
三振が取れる投手という適性からしてもふさわしいとも思います。後はメンタルとフィジカルでしょうか?
内の場合、確かにメンタル面で失敗している部分はあるかも知れず。もしそれが正しいのなら、私が思うにはそれは「実績の無さ」からくるものと思えてなりません。今まで中継ぎとしてシーズン通して投げ抜いた事もありませんし。賭けかも知れませんが、今後のマリーンズの事を考えても、ここは例え打たれる時があっても、良い投球が出来た試合を1つ1つ積み重ねて行くことで真のクローザーとしての存在感を獲得していって欲しいと思います。まあ、無死満塁で出ていって無失点に抑える事が出来るんだからメンタルが弱いってことは無いと思うんですよね。抑えというポジションに必要以上にプレッシャーを感じてしまっているのかも。

唯一の不安があるとしたらやはり身体の状態で、今季も復帰後1ヶ月が経過しても「まだ思うようなボールが行かない」と漏らしていました。怪我明けなのは事実ですし、無理が出来る身体ではないのならば、その時は抑えから外れることは致し方ないと思います。
しかしもし身体に問題がないのならば、首脳陣にはもう少し辛抱して・・・とお願いしたい。後半戦、勝ち負けが順位に直結してくる大事な時期なのは重々承知していますが、この先も考え、内という野球選手が化けるかどうかも考え、見極めは慎重にして欲しいという思いです。
内に対して個人的な願望を無理強いしているようでもありますが、紛れも無い私の願いでもあるので・・・。

野手はまだまだ波がありますね。昨日打った人が今日打てない、みたいにみんな順ぐりに好不調を繰り返しています。野手全体が繋がるようになるにはまだ時間が必要のようです。
打席数は比較にならんけど、打率1割台と苦しんでいた荻野貴の打率があっさり大松を越えてしまいましたね。

明日は吉見と大隣の左腕対決。吉見は明日こそ6回投げ切ってくれ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« ”アンタッチャブル”に触れた事が勝利を呼んだ M9−2H | トップページ | 明日しっかり休んで切り替えましょう M2−4H »

コメント

ロッテとヤクルトは一心同体ですなぁ


同じスコアでお互い勝利したかと思えば今日はスコアこそ違うが引き分けで終わってますし


ヤクルトの引き分けは増淵が作ったピンチで日高が押し出し四球


まぁまた3位返り咲きしたし良しとしますか


さて三條機械スタジアムで行われたヤクルト対巨人ファーム


ヤクルト先発八木が立ち上がり悪く2回までで6失点


ここで勝負あった感


結局このままヤクルトは完封負け


アルビ戦からずっと無得点なんだよなぁ(苦笑)


観客は約2千人だったとか


去年も約2千人でしたし先に行われた阪神戦も2千人ほどでしたので三機スタ開催の底は2千人ってとこでしょうか


数年前までの新潟県で1軍観戦できない時代だったらもう少し伸びるんでしょうけど


つば九郎先生も駆けつけてくれてるんだし明日は悠久山球場で奮起して貰いたいです


高津アルビは前期他地区優勝の石川と対戦


元巨人でBCリーグのエース南を攻略し3点を取り結局5対0で勝ちました


攻略はしたけど6回パーフェクトに抑えられてたんですよね(笑)


南投手はスタミナに問題あるな今シーズン


前回も後半に捕まえたので


新潟先発は守護神から先発転向した間曽


前回登板は本調子からほど遠く敗戦しましたが


今日は5安打6奪三振無四球で初完封3勝目を上げました


間曽は今季ストッパーを含め18試合に登板してますがなんと四球を前回与えた2しか記録してないんです


先発4試合を含め登板18回でヒット41本塁打1三振33四死球2の内容


こちらも先日ヤクルト戦で好投した寺田同様スカウトの目には入ってるんではないかなぁと

投稿: 佐藤 | 2012年7月29日 (日) 02時14分

BJさん、お早うございます。荻野貴司選手、猛打賞、凄かったですね。打撃の調子、上がってきましたね。特に、インコースを捌くのが上手いと思います。腰が良く回ってますね。このまま、トップに定着して欲しいです!
ベンチ・ワークの方は、“手堅い”ですね。送りバントばかりですね。荻野選手の盗塁を視たいです!
クローザーは、内投手でいいと思います。
本日も楽しみです。荻野貴司選手の活躍を期待します!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年7月29日 (日) 09時21分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

両チームともにバタバタやってますねー今が底だと思いたいのですが。俺の増渕、ピリッとしないですね(泣)
スワローズ八木、それでは一軍はまだ厳しいですね。ボールは良いと思うんだけどなー。打線はちと情けないですね。観客二千人は三条市の人口考えるとそんなものなのかな?もう一声欲しいとこですね。いろいろ加味すると赤字だろうなぁー。
アルビの間曽は本格派なのでしょうか。寺田と共にNPB入りしたら楽しいですね。でもチームとしては痛いか‥

投稿: BJ | 2012年7月29日 (日) 12時32分

土日参戦中です。昨日は、武田は3試合目で初の屋外でした。蒸し暑いこと、風があることなどで制球が少しづつずれていたのかもしれません。そして、前の対戦(福岡)は高めや低めのきわどいコースをストライクにとってくれていたので、高低を広く使って抑えていたように思います。今回は前ほど広くとってもらえなかったのかもしれません。しかし、途中で球審の判定のクセをつかもうとして修正しながら投げていたように感じます。
やはり、頭の良い投手ですね。
ようやく自責点をつけることができたので、来月は攻略してほしいものです。

打線は、やはり序盤に得点すると、あとは静かですね・・・
金曜のようにたたみかけることができない・・・
チャンスで1点づつ・・・そこから追加点取って・・・
「1点差で抑えてくれ、頼むぞ!」と野手陣から背負わされる救援陣は、いつもたいへんです・・・

本日の先発、吉見は今まで通りなら5回3失点程度ですよね・・・
大隣から4点以上点を取るには・・・
ドームでなくマリンだから、暑さで大隣が夏バテしてくれたら・・・
はかない期待ですが・・・

本日も観戦します。

投稿: 大阪の一ファン | 2012年7月29日 (日) 13時04分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴、やっと打撃が上がって来ましたね!これならば一番でやっていけそうです。身体の回転で打つ、荻野らしいバッティングが出てきましたね。しかし荻野貴を一番で使うにしても、岡田は9番なりでスタメン起用して欲しいです。
変わらず西村采配は堅いですよねーもっともっと足を絡めて欲しいですね。

投稿: BJ | 2012年7月29日 (日) 13時42分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

参戦、お疲れ様です。ちょっと残念な試合でした。内が打たれなきゃそりゃ良いんですが、投手陣に対する援護がないですよね〜暑い夏を迎えるのに、また投手におんぶに抱っこです。
武田は風や初の屋外、暑さ、もろもろで今ひとつのようでしたが、それでも試合を作るあたりは並のルーキーではありません。
屋外本拠地の強みで有利に闘って欲しいですが、吉見の方が先にバテたりして。ナイターですが暑さに負けず応援お願いします!私は今昼間のイースタンリーグに来ていますが暑い‥

投稿: BJ | 2012年7月29日 (日) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46499500

この記事へのトラックバック一覧です: 内はここを乗り切れ M2−2H:

» 上野好投も、またも勝てた試合を引き分け [いすみマリーンズ]
ホークス  0000100010 2 マリーンズ 1000100000 2 H: [続きを読む]

受信: 2012年7月29日 (日) 00時40分

« ”アンタッチャブル”に触れた事が勝利を呼んだ M9−2H | トップページ | 明日しっかり休んで切り替えましょう M2−4H »