« 明日からは立て直しの意志が見える采配を H2−0M | トップページ | 自ら目前の勝利を手放す。首位陥落が見えてきた M6−2E »

2012年7月16日 (月)

成瀬は「エースな投球」を見せ、罪作りな球審はサブロー弾をアシストする M5−0E

成瀬、素晴らしい!これぞエースです。
ニッカン式スコア

今日はホワイトセルが昇格、打順も大幅に入れ替えて来ました。ついでにユニフォームも今季初?のサードユニ。あれ、1回あったっけ?
しかしやっと打順組み換えですか〜。サブローの打順が下がり、井口が4番というのは激しく違和感でしたが、(サブローより井口の方が状態はかなり悪いと思っていたので)それでも手を打つ、という姿勢は評価したいと思いながらも、今日の試合の観戦に望みました。結果、下がったサブローと今江が結果を出すのですから、采配は当たったと言うべきなのかどうなのか。

それにしても今日は成瀬に尽きます。中5日を2度連続での今日の登板。10m前後の強風が吹いたマリンの風と、ゾーンがかなり広い球審をも味方につけ、スライダーを武器に9回を完封!いくらなんでもそこまで期待していませんでした。というか、それを望むのはさすがに酷だろうと。
3回2死2塁で枡田の当たりをストライク返球した岡田と、完璧にブロックした里崎のプレー、これも大きかったですね。先制されていたらまた流れが変わっていたかも知れません。
ひとつだけ心配なのが、連続中5日に加え今日は133球投げたこと。今この時期に無理していることが後半戦どう響くか。オールスターにも幸か不幸か出場しますし、休養を取りづらい・・。
もっとも、ちょっと過保護に過ぎる心配かな?とも我ながら思います。今主流の中6日で回していく先発ローテって場合によってはややヌルいかなと思わなくもない・・。こんなんビクともしないぜ、という頼もしい姿を後半戦も観たいですね。

4回、サブローの3ランは実に効果的でした。3回まで完璧に抑えられていた釜田でしたから、ここでガツンと先制弾をかますことが出来たのは大きかった・・・。しかしこのホームランにはおもしろい(と言ってはイーグルスバッテリーに悪いけど)伏線がありました。
1−1から外角低めへのスライダーを球審・橋本がストライクのコール。今日の橋本は前述の通り全体的にストライクゾーンが広かったのですが、このボールは画面越しに見る限りではいくらなんでも・・というボールでした。サブローもかなり不満げ。そして1−2から釜田は低めいっぱいいっぱいに素晴らしいストレートを決めます。三振だ!とベンチに帰ろうとするバッテリー、しかし判定はボール。悔しそうな釜田。実はこの直前に福浦を同じような低めいっぱいのストレートで見逃し三振に取っているのですね〜。正直、そのボールよりはボール1コくらい低かった気もしますし、ボールと判定されても仕方ない低さだとは思いますが今日の橋本なら取っていたのではないか?ただ、1球前のスライダーをストライク判定したことで、「やり過ぎた」という気持ちが橋本にあったと想像されます。それが故のボール判定・・・。2−2となって、釜田は外角へこれも際どいスライダーを投じ、これまた釜田はストライクと信じてベンチに戻りかけますがボール判定。この判定も球審橋本が慎重になってしまった故ではないか・・・?3−2となり、釜田はもう一度とばかりにスライダーを投じますが、これが甘く入ってしまいサブローに痛恨の3ランを浴びることとなってしまいました。

1−1からのスライダー、これをストライク判定してしまったことで生じたと思われるこの微妙な勝負の綾。審判も罪な事をします。そのくらい前半は判定が広かったのですがね。
ただ、失投を見逃さず打ったサブローも見事でした。失投を打ち損じる場面が目立ったこのところのマリーンズ打線、見事なバッティングでした。

その後に今江に2点タイムリー2塁打が飛び出し、決定的とも思える一挙5点を奪いました。この2ベースは名手・聖澤がずっと打球を見たまま追ったのが取れなかった原因かと思えます。これはマリンの強風がなければ一度ボールから目線を切って落下地点まで走り込んでいたでしょうし、成瀬の投球にしろ、この2ベースにしろ風も味方になってくれました。

それでも、初のマリン登板でしかも強風というコンディションでも、コントロールを乱す事無く自分の投球を見せた釜田は素晴らしい。しつこいですが、球審の微妙な判定にも影響されて先制弾を許したことで、このイニング崩れてしまいました。釜田からしたらあれよあれよという間の5失点でしたでしょうね。疲れも出てきているようですが、ホークス武田と言い最近の高卒ルーキーは凄い・・。釜田なんて、「あの」福浦から2奪三振だもんな・・・半年前は高校生だった投手が福浦から三振奪うなんて考えられません。この先が楽しみです。

打順を変更したものの、サブローに一発、今江の2ベースと一見成功したようにも見えますが、4回以外は繋がりを感じる事が出来ませんでした。まだまだ安心という訳にはいきませんね。角中が調子を落としているのが気になりますが、むしろ3回の根元悪送球の時に全く1塁後方へのカバーリングに走っていないこと、こっちの方が気になります。日頃はレフトとは言え、ライトだって守るし、基本中の基本プレーです。打撃の不調が守備にも悪影響を及ぼしているのかも知れませんが、言い訳にはなりません。むしろ守備とか打撃以外のところでしっかりプレーする事で打撃の足場を固めることにも繋がるかも知れませんので、「今出来ること」をしっかりとやって欲しいです。角中にはまた上昇して欲しいですのでね。

これでオールスター前を首位で折り返せることが確定しました。それにしても今日の連敗ストップは本当にホッとしました。成瀬の投球は、唐川に「エースとはこういうものだ」という強烈な無言の示しになったでしょう。唐川は今の状況を心底悔しいと思って欲しいです。
明日は晋吾ですね。何と言っても立ち上がり、ここを無難にしのげば、試合をしっかり作ってくれるでしょう。明日も勝ちましょう!

★F2−2L
★H2−1Bs

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 明日からは立て直しの意志が見える采配を H2−0M | トップページ | 自ら目前の勝利を手放す。首位陥落が見えてきた M6−2E »

コメント

最近ことあろうか、少し観戦意欲を失っていました。首位なのにです。負け方もありますが、勝ってもいまいち盛り上がらない感じでした。交流戦時のような活発な交代は影を潜め、まさに元の木阿弥…

しかし、漸くとは言え、意思を出したベンチに納得性は別にして、前向きになりました。

岡田のバックホームに始まり、サブローの本塁打はまさに勝負のアヤでしたね。釜田の芝居力がもう少し上なら三振だったかもと思いましたよ。まぁまだ高卒上がりですからね。にしても、魅力的な球連発しますね〜。

私は、サブローの後、二死ながらさらにチャンスを作り、得点できたことが大きいですね。しっかり里崎も帰還してましたし、ソツない攻撃でした。

成瀬は一発病もなく、何より当初の勝ち運に恵まれなかったのを見事自力で打破、打開しましたね。(期待の)唐川よ、この姿よーく見ておいてくれ!

投稿: トマト | 2012年7月16日 (月) 22時53分

今日はリアルタイムでテキスト速報をチェックできなかったため、公式サイトでまとめて確認しました。その後ダイジェスト映像も見ましたが、成瀬投手はランナーを得点圏に背負っても危なげなかったですね。終盤に三振をとった時の球は、糸を引くようなというか、彼の左手とキャッチャーミットとの間に見えない“樋(とい)”があって、そこをボールが通って行っているのではないかと思えるような球に見えました。

岡田選手は肩があまり強くないと思っていたのですが、3回のバックホームは見事でした。肩が強くないなりに全身をうまく使って投げたのでしょうか。

BJさんご指摘のとおり、根元選手の悪送球の時にファースト付近にカバーが来てないですね。今日はエースが好調で相手方は乱調でしたから大した影響は出なかったものの、僅差の投手戦、あるいは相手が堅実な試合運びをするチームだったら、そこからほころびが起きかねないです。ミスをするのはしょうがないですが、すぐにリカバリーできるように他のメンバーが備えていてほしいと思います。

 私が折に触れて言及してきた、バファローズの香月投手が一軍登録を抹消されました。1か月半前に抹消してくれていれば、調整して今頃立て直してきていたのではないかと。たぶん、岡田監督は2010年の前半は彼のことをいまいち信頼しておらず、その時はためらいなく抹消したけど、後半は立て直して苦しいチームを支えている姿を見て、信じて粘り強く起用すべきメンバーの1人として認定したのでしょう。現在は監督契約の最終年で、できるだけ良い成績を残すために、そのメンバーたちを使いまくって勝ちに行こうとするものの、しばしば裏目に出る状態に陥っているのだと思います。昨年までの岡田監督は、我慢して使うことと信賞必罰とのバランスがとれていたように感じるのですが…。

AとBの完調時の力量がそれぞれ100と80だとして、Aが不調で60の力しか発揮できていないのにもかかわらず、与えられるチャンスはAの方がBより格段に上だったとしたら。しかも、その状況が月単位で続いたら。Bの不満は募るだろうし、Aも心苦しく感じるでしょう。そしてファンとしても、敗戦責任者としてAが連日責められるのは辛いです。

投稿: ぷりな | 2012年7月17日 (火) 12時18分

BJさん、今晩は。本日も、荻野貴司選手は、スタメンではありませんね。残念です!既述しましたように、調子は上昇傾向だと思いますが・・・。
昨日の試合は、サブロー選手のホームラン、技ありという感じですね。スライダーを上から叩いて、腰がよく回っていたと思います。唯、個人的には、サブロー選手を“4番”から外して欲しくありませんでした。早く、4番に戻さないと、後々響くと思います。
岡田選手のレーザー・ビームは凄かったですね。失敗しましたが、盗塁企図も良かったです。また、早坂選手の盗塁があって嬉しかったです。
ホワイトセル選手をファーストで起用できませんかね。このままでは、荻野選手の大ファンとしては、岡田選手や角中選手を素直に応援できません。調子が落ちれば、荻野選手にチャンスが回って来る訳ですからね。その前に、実力で荻野選手にレギュラー・ポジションを奪回して欲しいです!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年7月17日 (火) 18時18分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

観戦意欲を失う気持ち、良くわかりますよー。私もねえ・・・毎日かなりの時間を割いて野球見てブログしてるのになんだかなぁーという試合が続いていたので。それでも、やっと打順変えたベンチに希望は見えました。
試合の流れとしては確かにサブローの後の2点は大きかった・・動揺しているであろう釜田に付け込めるあたりはプロの貫禄を示したというところでしょうか。
成瀬は今季まさに「エース」の投球をしてくれています。よきライバル唐川がこんなですから、余計鮮やかに働きぶりが浮かび上がりますね。唐川、結構な差をつけられているぞ~!

投稿: BJ | 2012年7月17日 (火) 19時38分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

成瀬の投球は試合を通して安心できるものでした。唯一、エラーのランナーを2塁において枡田に打たれた場面くらいでしたか。岡田と里崎が先制を防いだプレーこそ「和」と言っても良いかも知れません。それだけに、カバーがいなかった(何度も過去書いているので触れなかったのですが、捕手もです!)という小さいプレーは大きな痛手に繋がりますので徹底して欲しいですね。
岡田は肩は強くないと私も思います。でも正確さと捕球から送球までの無駄の無さでカバーしているのかと。清田はいつになったらこういう送球してくれるのだよ!と思いますねえ・・・。
香月、とうとう抹消ですか・・残念。いまさら抹消ということは身体の面でも少し異常があるのかも知れませんね。ほんと、伊藤ちゃんと被ってしまいます・・・ちょっと心配だなあ。
A選手とB選手の力量の話、皮肉にもまさに西村采配にずっと感じてきたことです。A選手を重用するのは信頼の証かもしれませんが、裏を返せばB選手への信頼が薄いということ。当然選手は人間ですから、それで心身ともに良いコンディションで試合に望めるのか、と・・。岡田監督の場合はそこにマスコミを通じての選手批判がありますからもっと辛いところです。

投稿: BJ | 2012年7月17日 (火) 19時51分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

ホワイトセルの復帰により、西村監督の選択としては恐らくいまのところ「どんぐり」の清田、荻野貴を外すというというのは予想は出来たことでした。清田は相変わらず波に乗れませんし・・・荻野貴は復調気配ですから起用して欲しいですが・・角中が余程悪い状態にならないとなかなかなさそうですね。ただ、相手が左投手の場合岡田の代わりに入る一番手は今は荻野貴でしょうね。少ない出場機会で結果を是非残して欲しいです。
サブローは私も4番から外して欲しくは無かったです。ここは動かさないと思っていたのでびっくり。代わりが井口というのがまた説得力が無くて・・。
岡田の盗塁企図、そして早坂の盗塁は私も嬉しかった!特に早坂は走ってナンボの選手ですからね。

投稿: BJ | 2012年7月17日 (火) 19時57分

昨日の試合の前にマリーンズ検定を受けました。50分で70問4者択一でしたが、半分しかできませんでした。難しいです…
へこみながらマリンへ。強い海風に迎えられ、今季はまだ、強い海風の試合をほとんど見てないことに気付きました。成瀬はこの風を利用しましたが、釜田くんも、この風に負けず頑張りましたね。打たれた回だけ残念。
岡田のチャージは、名古屋ドームも今回もよく決まりましたね。里崎のブロックも。他の選手も頑張ろう…
右中間の飛球を岡田が構えているのに、清田が走りこんで横取りした場面は危ないですね。ライトのファンも清田に怒ってました。怪我します…
サブローの沈黙は長かったですね。遠征まるまる犠牲にするとは。キャリーオーバーたまり過ぎ、大当たりホームランでした。これからも打ってほしいものです。
成瀬様々で連敗ストップ。試合後のサイリュームきれいでした。ところが急いで海浜幕張に向かうと京葉線不通…本郷へのバスタクシーめちゃくこみ…途方に暮れていると運転再開の案内。20時40分に快速が発車、東京駅に新幹線最終5分前に着き、全力で駆け込みました。福岡の罰ゲームの後、最後に凄い罰ゲームでした。でも勝って良かったです…セレモニーきれいでした…

投稿: 大阪の一ファン | 2012年7月17日 (火) 20時08分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

おお、そうか!マリーンズ検定あったのでしたー。私も受けようか考えていたのですがなんだか余裕が無くて今回は見送りました。どんな問題だったのか気になります(笑)
成瀬は良く投げました。前は本来と逆方向の風に負け、斎藤佑樹が味方につけるという情けない投球もありましたが昨日は上手く風を味方につけました。釜田は大したもんですね。風の影響を感じさせませんでした(でも1球ごとに帽子が飛ばされるのはなんだかんだで集中力を奪ったでしょう)。
清田が飛球を奪うのは荻野とのコンビでもありましたね。いつか誰かをケガさせそうです。守備力はまだまだだよなあー。それでも守備固め、ライトは荻野貴司ではなくて清田ですからね。肩の強さを見込んでなのでしょうが、ちょっと怖さもあります。
一つ前の返信に書き忘れたのですが、新幹線間に合ったのか?と気になってました。綱渡りでしたね〜!乗れなかったら本当に罰ゲームでしたけど、間に合ったってことで、良しにしましょう!

投稿: BJ | 2012年7月17日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46350027

この記事へのトラックバック一覧です: 成瀬は「エースな投球」を見せ、罪作りな球審はサブロー弾をアシストする M5−0E:

» 成瀬で連敗ストップ!イーグルスの勢い止める! [いすみマリーンズ]
E:●釜田-橋本-井上 M:○成瀬 [ホームラン]M:サブロー6号[3ラン] 観 [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 00時51分

« 明日からは立て直しの意志が見える采配を H2−0M | トップページ | 自ら目前の勝利を手放す。首位陥落が見えてきた M6−2E »