« 成瀬は「エースな投球」を見せ、罪作りな球審はサブロー弾をアシストする M5−0E | トップページ | 勝つと負けるとでは大違い。鈴木大地はやっぱりスタメンで! M4−3E »

2012年7月17日 (火)

自ら目前の勝利を手放す。首位陥落が見えてきた M6−2E

今日は勝たないといけない試合でした。
ニッカン式スコア

晋吾と美馬の見応えある投手戦。晋吾の投球は前回登板に続き6回途中くらいからしか観ていないのですが、8回1失点は立派です。ホームランの一発は仕方ない面もありますし。何より奪った24アウトから三振を除いた22アウトの内、ゴロアウトは16コと真骨頂発揮!投球内容を確認すると実にシュートの割合が多いことも晋吾好きとしては嬉しいです。ああ、初回から投球をじっくり楽しみたかった・・・。前回も8回熱投も勝ちがつかなかったので、8回に勝ち越した時は晋吾に勝ちをつけろ!と強く願ったのですが。

このところ調子を落としている角中が勝ち越しタイムリーというのもマリーンズからすると一番良い勝ち越しの仕方で、これでイケると思いました。油断は禁物ですが、こういう流れならば勝つのが当然でしょう・・。
晋吾に完投して欲しいという思いはあったものの、最終回に内で締めるというのはマリーンズの形ですし、これは仕方ないか。
一人は走者を出すというのは内が抑えに固定されてからのお約束にはなっているのですが、しかし牽制悪送球はお約束には無かったよ・・・。あの場面でするエラーとしては致命的で、しかも3進させてしまったのが痛かったです。さらに情けないのが、清田のカバーリングの遅さ。昨日角中がファーストカバーしなかった事を指摘したばかりでしたが、連日の失態には情けないの一言。いくら後ろに守っていたと言っても、1塁に牽制があることが充分予測出来る場面であの動きの遅さというのは怠慢と言っても良いでしょう。ライトって投手が牽制した時点で1塁後方に向けてダッシュするもの。こういう基本プレーのひとつひとつがしっかり出来ていないこと、これがチームの下降の一つの原因になっているのではないでしょうか?
益田の投ゴロ悪送球で併殺どころか一つもアウトを取れなかったのもしかり、角中が浅いレフトファールフライでしっかりした送球が出来ず、3塁ランナーに生還されたのもしかり。

内や益田で逆転されては晋吾には本当に申し訳ないけれど諦めもつきはします。ただ、どちらもエラー絡みというのが情けないところでした。
選手個人を批判するつもりはありませんし、”エラーを憎んで人を憎まず”精神ではありますが、これはチーム全体として向き合わないといけない問題です。ひとつひとつのプレーをもっと大事にして欲しいです。

こういう試合をやっていては、首位陥落も時間の問題でしょうね。しかしそれも仕方ありません。混戦上等や!今は順位は関係なく、きっちりとした試合をすることを念頭に置いて欲しいです。おりしも高校野球地区予選まっさかり。高校時代と同じような心持ちでプレーすることは難しいでしょうが、基本を大事にするという”芯”の部分を思い出して、「自分たちの野球」をやって欲しいです。

明日は上野。前回登板時に「まさか中4日はないよね」と書いた、そのまさかでした。無理やるよなあ・・・。しかし、上野からするとチャンスの筈!まずは自分のパフォーマンスを発揮し、最大限アピールして欲しいです。それでも、もし打ち込まれたとしても、次のチャンスは与えて欲しいですね。

今日ももう試合は終わりました。終わったことは仕方がありません。明日は締まった試合を見せてくれることを期待します!

★F3ー1L
★H1−2Bs

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 成瀬は「エースな投球」を見せ、罪作りな球審はサブロー弾をアシストする M5−0E | トップページ | 勝つと負けるとでは大違い。鈴木大地はやっぱりスタメンで! M4−3E »

コメント

あまりにも残念すぎる試合。今まで勝ってきたパターンが崩れると精神的にもきついですね。


偏った投手起用、お約束の9人野球などで疲れがピークに。ファンの皆さんが危惧していたことが現実となっています。


こうなると首脳陣の腕の見せどころですが、上野の中4日時点で期待0。 まだシーズンの折り返しなのに・・・


ただこのまま諦めるにはあまりにも勿体ない成績なので、ファンとして精一杯応援を続けます。(明日マリン参戦)

投稿: コアラのマーチ | 2012年7月17日 (火) 23時14分

前日前向きになった途端、またしょっぱい試合になり、萎えかけ五秒前です(爆)
最後の内への交代は妥当だと思います。犠飛も百歩譲ってやむ無し。問題は、牽制悪送球で三進させたこと。塀内は守備堅めなんだしなんとか止めて欲しかったですが、その後の周りのカバーの遅さはまさにお口アングリーで「阿修羅マン怒り〜」と叫びそうになりましたよ。(いきなりキン肉マンネタすみませんっ)

しかし、こうなる前に角中勝ち越しタイムリーの後のチャンスで何も出来なかった打線にも責任ありです。みるみる落ち目の4番井口にまわり、進塁打はおろかポップフライ…。印象論ですが、井口はどうも試合を決定づけるシーンで打つイメージがなく、打点数ほど勝利に貢献しているのか甚だ疑問です。増して今の状態で4番は、消去法にしか見えないですかね〜。プライドが高いのか、使いにくくてなりません(あ、いや、使っている立場ではありませんが…汗)

さて、今日はビアスタジアム。バーンや吉井の大炎上ショーの記憶が蘇りますが(苦笑)、上野の大金星を信じて参上してきます!

投稿: トマト | 2012年7月18日 (水) 06時26分

8回裏の終わりで勝ったなと思い、夏風邪真っ盛りの私は寝る準備を全て終え、電気を消し、テレビだけつけてブログもほぼ書き終えて、9回の内を見ていましたが・・。枡田のフライが高く上がった時、どうしようもない気持ちになりましたね~・・。こうなったら勝つしかない!と再び電気をつけて見ていましたが、9裏はあっさり、そしてまたもやミス、ミス・・。情けない試合になってしまいました。晋吾は良く投げましたし、悔しそうな表情が印象的でした。次回こそ勝ち星をつけてもらいたいですね。内に益田も明らかにおかしいです。だからといってどうすることもできませんが・・。今になって酷使のツケがまわってきたのかもしれないですね。

投稿: tomten | 2012年7月18日 (水) 08時33分

ヤクルトは広島に並ばれて今日にも4位転落


打線はセ・リーグNo.1だけに先発投手が踏ん張れば…ってとこなんですけどねぇ


正田樹が貴重な存在になってきてるのが個人的には嬉しいですが


明日はフレッシュオールスター


たぶん1万人も入らないんじゃないかなぁ


木曜日ってのが半端な曜日って感じで県外客が敬遠しそう


比屋根に走り回ってもらい八木の奪三振ショーでも観れたら最高かなと


まぁ私は行きませんが(笑)


高津アルビは後期開幕2連勝のあと1敗しましたがまずまずのスタートかと


昨年と今前期ストッパーだった間曽が先発入りし寺田、阿部、間曽とかなり分厚い3本柱ができたのであとは谷間の4番手がどんなピッチングをするか


打撃陣は現在停滞してます


4番打者と主軸を打つコーチ兼任選手が絶不調


とくに教える立場のコーチ兼任が三振マシーン化してるんでは他の選手に悪影響及ぼすのではないかと不安です

投稿: 佐藤 | 2012年7月18日 (水) 09時22分

小野は、またも大好投で、チームを救ってくれたのに・・・
8回裏の勝ち越しで勝てると思ったのに・・・
逃げ込み体制で大きなミス・・・
小野かわいそう・・・

序盤は、1点のリードで抑えたり、ミスが出ても点を取ったりしていたのですが、今のチームの状態がはっきり出てしまったのですね・・・

あわてて牽制しなくても・・・ああ、もったいない・・・打てなかったことも残念です・・・
マリンで観戦していた方々から、「遠征したファンだけでなく、千葉のファンにも罰ゲームがありました」とメールが来ました・・・

上野中4日ぶっこみは、前回の福岡で、ファンの間でも可能性高いと噂されていました。どうか壊れないでほしいです。壊れる前に打たれても良いから・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年7月18日 (水) 18時10分

BJさん、今晩は。昨日は、途中からこの試合を視ました。まずは、9回表のゴールデンイーグルスの枡田選手の犠飛の弾道が非常に美しいと思いました。高々とかつ深く舞い上がって、これぞ犠飛!というような感じでしたね。
マリーンズサイドに眼を移せば、今シーズンで一番面白くない試合でした。特に、10回表が・・・。
故に、“荻野貴司選手のプレーが第一”、“荻野貴司選手が出ないマリーンズ戦何て”というように新党や懐かしのCMのフレーズのような気持ちがより強くなりました!
そんな中で、昨日、NHKBSの解説は、“マサカリ投法”、の偉大なるOBの村田兆治さん。自分も少年時代、サインを頂いた事があります。非常に優しい方でした。
また、昨日は、裕次郎さんの命日でありました。自分は、“石原軍団信者”でもあります。“ボス”が亡くなる前、病院に入院中、奇跡の復活を遂げ、“サンデー兆治”として頑張っていた村田兆治投手の快投を病室のテレビで偶然、御覧になったそうです。裕次郎さんが、「村田兆治投手のサインが欲しい!」と仰って、その言葉を関係者の方を通じて聞いた村田兆治投手が「あの裕次郎さんがそんな事を・・・。」と非常に驚いて恐縮してしまったという感動的なエピソードを想い出しました。また、村田兆治さんと現在、自分が大ファンである、ある“天才女優”の方が同じ誕生日です!色々と自分の好きな世界がリンクしていて面白いものです。本日、荻野選手のプレーが視たいです!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年7月18日 (水) 18時38分

>コアラのマーチさん
コメントありがとうございます。

角中が打点をあげ、紆余曲折を経てやっと確立したクローザー内、そして益田も含めこのパターンで負けるときついですね。今までの投手・野手起用のしわ寄せが来た感じですよね〜。で、まだ前半戦終了時なのに中4日で投手を投入・・・ガッカリ感は相当なものがあります。
今日参戦されているのですね!蒸し暑いですし、ビール最高でしょう。試合も最高となることを願います。観戦楽しんでください〜!

投稿: BJ | 2012年7月18日 (水) 20時00分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

昨日あのまま1点差で勝っていればかなり良い流れだったのですが・・・しょっぱいしょっぱい試合でした(泣)いくら夏場は酸っぱいものが良いと言っても。牽制悪送球は勿体無かったですね〜何を慌ててしまったのか。
角中タイムリーの後に私も追加点を!と願ったのですが、見事に凡退。角中の次に井口って違和感ありまくりです。(そもそも井口4番の意図がわからない)それでも、今日はスタメンから井口を外しました。そんなんするくらいなら4番に据えなきゃいいのに、ともどかしいですが、姿勢は評価したいところ。
ビアスタジアムは相当良い思い出はないですが・・今日は勝って欲しいなあ。美味いビールに癒されちゃってください!

投稿: BJ | 2012年7月18日 (水) 20時05分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

夏風邪ですか〜意外と夏場は免疫力落ちてますので気をつけてくださいね。昨日みたいな試合にも免疫付いてれば良いけど、なかなかそうもいかず(泣)枡田の犠飛、あそこは結果出してくるだろうな〜と思わせる雰囲気がありました。良い選手ですね。あのまま引分でもかなり後味悪かったのですが、益田、お前もか・・・となるなんて。まさかの敗戦でした。晋吾に勝ちを付けたかったですね。内や益田は酷使の影響はあるかと思いますよ〜。まだシーズン半分もあるのだから、本当に上手く回して欲しいです。

投稿: BJ | 2012年7月18日 (水) 20時16分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

スワローズ、気が付けばカープが追いついてしまいました(汗)
確かに打線は良いですから投手陣ですよね。俺の増渕はこないだも敗戦投手になってしまいました・・・。正田が存在感を発揮していることには、評価低かった私としては「ごめんなさい!」です。
ミレッジが当たって来たらバレンティン失速、となかなか上手く回らないですがファームでは上田が復帰したみたいだし、また巻き返しは充分出来るでしょう!
アルビ、先発3本柱形成されたのですなー日程考えるとこの3人である程度回せるのでしょうかね?打撃は水物・・・・前半戦打撃が支えた分、後半戦は投手力で勝つ事が出来れば、総合的に観てかなり良いチーム状態になりそな気がします!!

投稿: BJ | 2012年7月18日 (水) 20時16分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

昨日の試合は勝てると思いますよね〜いくら野球はゲタ履くまでわからないといっても、流れからしたら勝つ試合でした。晋吾はかわいそうでした。ベテランが踏ん張ってくれているので勝ちをつけて上げたかったなあ〜。
おっしゃるようにこういう試合をしてしまうというところに今のチーム状態が見事に出てしまっています。上野、中4日は今日はとりあえず大丈夫だとは思いますが、前半戦最後にこんな起用をしなくてはいけないチーム状況が情けないです・・。

投稿: BJ | 2012年7月18日 (水) 20時18分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

イーグルスの枡田、4番に抜擢されてから見事な存在感ですよね。あの犠飛も見事でしたね〜あの場面、簡単そうでなかなか犠飛を打てるものではないですよ。銀次も今季ブレイクしていますし、ああ、羨ましい。
荻野貴司は出番が無かったですね。オールスター休みでリフレッシュして、後半戦からはバリバリやって欲しいです。
村田兆治と裕次郎の間でそんなエピソードがあったのですね。村田の復活劇は当時の時代を考えると奇跡とも言っても良いものでした。手術しても自分の投球スタイルを頑として変えなかった所が私は好きです。
話は変わりますが、自分が興味を持っている異分野のことであっても、どこかで繋がりがあったりするのは面白いですよね。不思議でもありますが、共通する何かがあるのだとしたら、実は不思議でもなんでもないのかも知れませんね〜。

投稿: BJ | 2012年7月18日 (水) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46363527

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら目前の勝利を手放す。首位陥落が見えてきた M6−2E:

» 角中勝ち越し打も内&益田ェ…(゜д゜) [いすみマリーンズ]
イーグルス 1000000014 6 マリーンズ 1000000100 2 E: [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 23時55分

« 成瀬は「エースな投球」を見せ、罪作りな球審はサブロー弾をアシストする M5−0E | トップページ | 勝つと負けるとでは大違い。鈴木大地はやっぱりスタメンで! M4−3E »