« リーグ戦再開なのに・・・野手は元気なく、グラは孤立 L4−2M | トップページ | ”アンタッチャブル”に触れた事が勝利を呼んだ M9−2H »

2012年7月26日 (木)

明日から第二開幕だ!と無理やり考えてみる L2−1M

今日も晋吾を見殺し。
ニッカン式スコア

先発の晋吾は出来そのものはあまり良くないように見えたのですが、丁寧な投球を展開しました。7回を2失点ですから文句のつけようがありません。先発復帰してから3試合、しっかりと内容を作っているのに勝ちがつかないところはベテランにひどい仕打ちですが、経験で辛抱して欲しいです。
ホームランを打たれたボールは甘い球でしたし失投ではあるのですが、2発2失点なんでこういうのは仕方ないと思えます。ただ晋吾からしたら「らしくない」負け方でもあったので悔しいでしょう・・。次に期待しましょう。

一方の菊池雄星はストレートが力強く、またスライダー、カーブ、フォークともに制球よくなかなか打ち崩すのは難しい投球でしたね。特に変化球は低めに決まりますし、今日の球審名幸は異様に外角のコース、高低を取りまくるのですが、それを上手く活かした外スラも有効でした。もちろん外角に広いのは晋吾にも恩恵はあったので、球審も手伝っての投手戦でした。

菊池は5回終了時にマメが出来たか何かで降板しますが、マリーンズからすると投手が交代してからなんとかしたかったですね。しかし十亀ーウィリアムスー長田ー涌井の前に沈黙。「後一本」が出ないのはここずっとの課題です。
極力采配にブーブー言わない様にしたいのですけれど、今日も相手が左腕という事で岡田を外し、9番清田でした。9番清田ってあまり相手からしたら嫌じゃないと思うんだよなあ・・・岡田ー荻野貴司と繋がった方がよほど嫌だと思うのですがね。でも今季はこのスタイルで行くのでしょう。ついでに言うとノーアウト2塁から送りバントって好きじゃないんだよなあ。7回のそれは作戦としては妥当かもしれないけど、個人的には気に入りません。

それでも少しでも前向きなことを書くと、荻野貴司、角中が2安打。両者とも「らしい」バッティングでした。
荻野貴司は特に初回先頭で出塁すると2球目に盗塁敢行、悠々とセカンドに。バタバタした菊池のワイルドピッチの間に3進し、あっという間にノーアウト3塁の状況を作り出しました。日頃から初回の安易な送りバントを否定してる私としては、この攻撃は非常に胸踊るものでした。もちろん、相手に与えるプレッシャーもあっさりバントして1アウト2塁という攻撃寄りは遥かに嫌なものでしょう。ここですぐ送らせなかった采配は評価したいです。
もう一つ、最終回2死1塁打者大松で代走に早坂。早坂が盗塁を試みてアウトになり、拍子抜けするようなゲームセットとなりましたが、こういう姿勢は私はとても評価したいです。ここで2塁に進む事が出来れば、得点の確立は上がることは当然。大松に一発でも期待してりゃあ別ですが、今季の成績を考えればここで一発というのは余りにも楽観的過ぎます。
この2つの采配、異論もあるでしょうし皮肉にもどちらも得点には繋がりませんでしたが私には満足の行くものでした。

さて、今日はファイターズが勝ったため、ゲーム差は0。勝率で首位ではありますが、まあ並ばれたと言っても良いでしょう。これで、4位イーグルスまでゲーム差が3.5となってしまいました。
チーム状態を考えてもマリーンズは厳しいですが、ここでもう開き直って、今から”第二開幕だ”くらいの気持ちで行きましょう。首位にいるという事は忘れて・・。またシーズン開幕と思えばまた楽し!・・・・苦しい事言っている気もしますが、そうでないと必要以上にヤキモキしてしまいそうです。
そんな訳で明日は本拠地開幕ですよ!(笑)

☆3Aから左腕投手獲得検討との事。今の現状では必要な手立てでしょうね。本音を言えば、ここで外部補強ではなくて下から誰か出てきて欲しいのですが、特に左腕となるといませんからねえー。植松辺りが出てくると楽しいのですが、もちろんそんな状態ではなし。あの制球難がなぁー。ファームの選手達にはもっと頑張って欲しい!チャンスはある筈なのだから。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« リーグ戦再開なのに・・・野手は元気なく、グラは孤立 L4−2M | トップページ | ”アンタッチャブル”に触れた事が勝利を呼んだ M9−2H »

コメント

ASブレイク明け、どういう試合を見せてくれるか非常に楽しみだったんですが、全くもってつまらない試合を2つ見させられる結果になりましたね・・。小野は良く投げましたが、やはりこのままではいけませんね。勝ち星こそ良薬、どんどん焦りも出てきてしまいそうで、そこが不安でもあります。
打線も振れていませんね・・。前日書いていた「ただ打つだけ」というのが昨日の試合にも見られました。3塁にランナーがいてもこう、ワクワク感がないですよね。それだけ状態が悪いということなんでしょうけど・・。第二開幕、本拠地で成瀬ですから、今日は勝たないと!ですね。

投稿: tomten | 2012年7月27日 (金) 08時09分

例によってロッテもヤクルトも乗ってきませんねぇ


ヤクルトに関してはバカ試合すぎだし村中のバカ投球には苦笑ものです


小川監督も村中のダメっぷりに正田樹に先発させたほうがマシ的な発言しちゃいましたし(笑)


さて今日からヤクルト2軍は新潟3連戦


今日は高津アルビとの試合をエコスタでナイター


もちろん観戦に行きます


試合はネット配信でベンチ内中継し高津監督にマイク付けてもらうようです


去年は山田、荒木、松井淳、飯原、武内、濱中など豪華でしたが 今年は上田、佐藤貴規、ユウイチ、雄平、山田、荒木、川上などが参戦 八木の名前あるんだけど八木って7月31日からの阪神戦に先発する予定なんだけど帯同ほんとにするのかなぁ


アルビとの対決上田には全打席出場して貰いたいなぁ


アルビ投手陣がかなり勉強になる対決になりますからね


今日アルビは寺田(作新学院)先発かなぁ NPB対戦の時はいつも寺田先発なんで


今回もロッテ的にドンピシャなんです(笑)


去年5回無失点の好投してたし今年はどうか


アルビはヤクルトに勝ってこそヤクルトスカウトから注目される筈だし是非買って貰いたいが今年の打線はアテにならなくて


今回の2軍戦は勝っても負けても巨人や横浜の3軍とは明らかにレベルが違う訳ですし良い経験になってくれると思います


ロバートブース投げないかなぁ


一応マイナー経験者ですしヤクルト側も見てみたいでしょうから(笑)

投稿: 佐藤 | 2012年7月27日 (金) 09時33分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

まったくもって後半への展望が見えない2試合でしたね。もちろんこの2試合で後半を論ずるには早いというのはよく判っていますが、得るものの少ない2試合でした。
荻野の盗塁や早坂の盗塁企図がせめてもの救いでした。これからこんな感じで行ってくれれば良いのですが。ランナーが出ても点が入る気がしませんし・・・なのに送りバントでアウト1コあげちゃうとかどうなんだろと。
今日からの第二開幕、まずは成瀬でスカッと勝ちましょう!

投稿: BJ | 2012年7月27日 (金) 17時13分

>佐藤さん
コメントありがとうございました。

昨日のS-C戦は壮絶でしたね~(苦笑)それでもスワローズは12点取っただけ増しと思うしかないですね。
エコスタでナイターですかあー超気持ちよさそうだ~。上田も参戦ですか、AS明けには1軍合流かと思ってましたがもう少し時間かかるのですかね。そのメンバーだと私的には佐藤貴規、川上、山田が気になります。とくに貴規は予想よりも結果出してますし。
八木は1軍の登板チャンス来るのですね、良いボール持ってますし四球を恐れずに攻めの投球をして貰いたいなぁー。
アルビの選手たちはNPBへのアピールになりますし、気合いの入った試合を見たいですね。スワローズ側は足元救われないように、こっちも気合い入れて試合してほしいですね。間違っても投手が野手出場するような横浜みたいな、失礼なことはして欲しくないです。
ロバートブース、NPBに投げるところ見たいですね~。結果出したら面白いな。

投稿: BJ | 2012年7月27日 (金) 17時25分

エコスタ行ってきました


結果は0対0で引き分け


ヤクルトのスタメンは山田、上田、佐藤貴規、福川、荒木、又野、新田、水野、川上と普通に2軍レベル


代打などで雄平、ユウイチ、曲尾、楠城


アルビ先発は予想通り寺田


7回を投げて上田以外の全スタメンに対して三振を奪う計9奪三振2安打2四球の素晴らしい内容


去年もヤクルトに対して5回無失点でしたしヤクルトはドラフト候補にキープしといても良い気しますけどね


球速は140出たかどうかでしたが緩急をうまく使ってたピッチング


ロバートブースは最後1イニング投げました


投球練習してる時にヤクルト度会コーチがじっくり観てからコーチボックスに向かったのが印象的

内容はMAX145で良い意味で荒れてて2奪三振無安打でした

試合前に両軍一緒の記念撮影があってヤクルト松井光介と顔を合わせると握手してたので帰りに選手がお見送りしてるんでロバートに聞いてみたら大学の先輩で面識もあるのだとか


打線は新潟5安打ヤクルト4安打と2年連続で安打数は新潟が上回りました


BCリーグの安打製造機稲葉が2安打とこの選手はNPBもBCリーグも関係なく毎回打つなぁと


ヤクルトは新人木谷と育成新人徳山が投げました

徳山はこの前の月曜日にウーゴ投手と一緒に支配下テスト受けると報道されてましたが続報ないから見送りされたのかな?


今日の内容は最初気負いを感じたけど木谷よりやれそうな印象でした


観客は3571人と去年より500人少なかったですが、今年はつば九郎先生居なかったしメンバーは去年より格落ちだし高津さんが投げないの見え見えだったから予想通りだなと

投稿: 佐藤 | 2012年7月27日 (金) 23時12分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

お、寺田ナイスピッチングですね!いつもNPBの時に投げるということはそれだけのモノを”持っている”投手なのでしょう。かなりのアピールになっているのでは。
ロバートもなかなかだったようで、アルビからしたらなかなか良い内容だったのですね〜。
スワローズ、木谷はファームで観ましたが今ひとつまだ持ち味がわからんという印象でした。育成の徳山は知らない・・・大学出かあ。意地もあるでしょうし、支配下勝ち取って欲しいですね。
観客数は難しいところですが、さすがにアルビとは言え相手が2軍戦なのでその数字なら良い方なのでしょうね。もちろんもっと多いに越したことは無いですけれど。もっともっと盛り上がったら楽しいですね〜!

投稿: BJ | 2012年7月27日 (金) 23時46分

BJさん、お早うございます。荻野貴司選手、素晴らしかったですね。初回の盗塁、ワイルド・ピッチでノー・アウト3塁のチャンスを作ったのに、得点に結び付かなかった事は残念でした。
それから、ツー・アウトで出塁した時は、自分は盗塁を観たかったです。得点には結び付きましたが・・・。あれは、ベンチの“待て”のサインですかね。あるいは、荻野選手が、モーションが盗めないので、自重ですかね。
あと、最終回の早坂選手の盗塁死は、自分もいい作戦だったと思います。唯、もっと早いカウントで仕掛けて欲しかったです。また、よろしくお願い致します!

投稿: エイトマンちから | 2012年7月29日 (日) 09時04分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

初回の荻野貴の猛チャージは本当に素晴らしかったです。こう言う試合を観たいのですよ〜!強いチームならあそこで必ず点を取るかと思うのですが、無得点に終わるあたり今のチーム状態を現してますね。
その後は私も盗塁して欲しかったのですが、自重したのだと私も思います。走りにくそうでしたよね。

投稿: BJ | 2012年7月29日 (日) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46473806

この記事へのトラックバック一覧です: 明日から第二開幕だ!と無理やり考えてみる L2−1M:

» 晋吾までも持ちこたえられず、ハムとゲーム差なし [いすみマリーンズ]
マリーンズ 001000000 1 ライオンズ 01100000X 2 M:●小 [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 18時09分

« リーグ戦再開なのに・・・野手は元気なく、グラは孤立 L4−2M | トップページ | ”アンタッチャブル”に触れた事が勝利を呼んだ M9−2H »