« 投手も投手だけど野手も奮起を F7−2M | トップページ | プロの厳しさを教わってしまった H3−0M »

2012年7月14日 (土)

意図が見えない打線が上野の足を引っ張る H4−3M

なんだ、このひっどい試合。本当なら8−2くらいで勝ってた試合じゃないですか?
ニッカン式スコア

昨日打線は奮起を!と書きましたが、皮肉にも昨日にも増してイライラの募る試合、いや「打線」でした。
初回先発の山田から3連続四球を貰っておきながら、角中タイムリーの1点どまり。24分間も攻撃が続いたんですよ。それで1点・・・。ここで1点のみで終わってしまったのが後々まで響きました。

先発の上野は決して良い出来とは言えず、ボールは高く特に左打者へのスライダーが真ん中に集まりヒヤヒヤしますが、結果として球が散っていたことと、好調とはいえないホークス打線の淡白さにも助けられ、6回を73球1失点と上々の内容。しかし6回でまさかの降板・・・。ええ?まさか、まさか中4日で次週登板を考えているんじゃあるまいな?唐川がいつの間にか「右肘痛」となっていて、登板がマリンにずれ込むとか回避するとか、グライシンガーは背中の張りで、今日ではなく明後日に登板とかそんな報道もありましたがそれもあっての早い降板なのでしょうか。先発のやりくりがいよいよ怪しくなり首脳陣は頭が痛いと思いますが、それでも、今唐川にも上野にもそしてグラにも無理させる時ではないと思いますよー。ペンだっていますし、光原だって香月だって阿部ちゃんだっていますし。目先の勝利にこだわって投手を無理やり起用するのだけは止めて欲しい。
何にしても、上野はしっかりと役目を果たしました。本人には次に繋がる内容だったと思います。香月にしろ、先発が足りない緊急時に初登板で試合を作ってくれるとチームとしてはとても助かりますね。

試合としては、後を継いだ薮田が失点、同点に追いついた後は延長10回にこのところ毎日顔を見ているような大谷がサヨナラの失点を許し敗戦となるのですが、後ろの投手達は今日は仕方ないでしょう。薮田も中継ぎに回ってから頑張ってくれてますし、大谷もそう。こういう時もある。

今日はとにかく攻撃ですよね。怒りが湧いてくるような内容でした。アップアップの山田を捉えきれない。各打者、いったい何を待っているのかさっぱりわからない。打者有利なカウントでボール球の変化球に手を出す。早いカウントで高目のボール球に手が出る。甘い球は打ち損じる。打線全体としての意図が見えず、バラバラ。走塁面でもこないだの岡田に続く早坂の牽制死は余りにも痛く言い訳は出来ませんが、恐らくバスターエンドランか何かのサインが出ていたと思え、相手ベンチに可能性を読まれての牽制だったと思いますし、ベンチの采配にもキレを欠く状態。
2点リードの後に即2点追いついたことに見事という気持ちも怒らず、何をいまさら・・と醒めた目で観てしまいました。もっと早くから楽な展開に持ち込めたろう、と。

とにかく眠いし、今日はどうにも記事がまとまらないのでこのへんでやめますが、井口や今江、大松の所で流れがどうにも滞っています。ベンチの采配、選手のパフォーマンス、どれもが噛み合っていないようにも思え、このままではかなりまずいことになりそうです。こういう時に打開策を見つけるのも首脳陣の大きな役割。失投を捉えられず決め手を欠く理由が打者の工夫不足にあるのか能力にあるのかベンチの指示が足りないことにあるのかわかりませんが、今のままではズルズルと順位を落とし、気が付けば「定位置」なんてことになる可能性も大です。明日も同じような顔ぶれと打順だったら発狂しそうだー!
明日、ルーキー武田にいいようにヒネられるなんて姿だけは見たくありません。プロとしての仕事をして欲しいです。

★E5−1F
★Bs(雨天中止)L

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています


|

« 投手も投手だけど野手も奮起を F7−2M | トップページ | プロの厳しさを教わってしまった H3−0M »

コメント

おはようございます。札幌に続き、悲しい試合でした…
初回から、もったいないお化けが出ましたね…やはり各駅停車野球。四球とヒット合わせて四つで一点。わかりやすい…一点で満足して、後は辞退…(泣)
ホークスもミスが多く、お互いに「どうぞどうぞ」と譲りあい…
終盤は、引き分け狙い?と思うような悲しさ…
さすがにここまで譲られては、ホークスサヨナラ勝ちしますね…
ああ…
唐川、背中の張りから肘痛に悪化、抹消です。言葉も出ません…
これから福岡へ向かいます…

投稿: 大阪の一ファン | 2012年7月14日 (土) 11時11分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

まさに「悲しい」試合でしたね。各駅停車野球・・・角中という快速が出現したものの前後に各停だらけなので結局変わらず。ホークスもミス多かった・・・お互いに譲り合いの、試合としては凡戦でした。投手は頑張りましたが。
唐川も何が悪いのか。フォームなのか調整なのか。来年は真剣に変えて行かないといけませんね。福岡、応援お願いします!

投稿: BJ | 2012年7月14日 (土) 13時29分

BJさん、お早うございます。荻野貴司選手の2盗、3盗。最高でした!正に自分が求めている“ザ・荻野貴司選手”でした。3盗は、サインだったとの事ですね。
途中から視ましたが、このシーンに間に合って本当に良かったです。あと、この試合は、今年、自分が観たマリーンズの試合で、一番面白かったです!その理由は、まず、冒頭の荻野選手のシーンです。唯、井口選手のショートゴロでホームに“頭”から突入した荻野選手のあのシーンにはひやりとなりました。本当に、大きな負傷に繋がらなくて良かったです!
それから、ホークスの機動力も素晴らしいと思います。盗塁の後、内川選手が確りと進塁打を打ったシーン、そしてそれが次の犠飛で得点に繋がるシーンは見応えありました。
それから、根元選手の盗塁も失敗しましたが、企図は良かったと思います。森福投手はモーションが大きいですからね。VTRを視ると、根元選手、スタートが悪かったですね。でも、しょうがない事です。
自分は、マリーンズの個々の選手のパフォーマンスを重視して視てます。それが、最終的に優勝に繋がればという思いです。また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年7月15日 (日) 09時16分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。返信遅れました、ごめんなさい。

荻野貴司2盗3盗は最高でしたね!これですよ、これ!という機動力でした。3盗は自分の判断かと思っていました。ホーム突入は私もヒヤリとしました。モロに真正面から行ってしまいましたね〜。しかし荻野の足でアウトなら仕方ないですね。(今日、センターでダイビングキャッチしたシーンもヒヤリとしました。いろいろと心配させます(苦笑)
ホークスの機動力は素晴らしいですよね!本多はまぁ当然として、明石、福田、松田、そしてこのカードで言えば中村まで走る。一度アウトになってもまた走ってセーフになるあたり憎らしいですわー(褒め言葉)。長距離砲の柳田までもが走る。ホークスに較べると、マリーンズはアウトになることを恐れすぎている感がありますね。
勝敗と切り離して選手個々のパフォーマンスを重視するのもまた一つの見方ですね。なかなかその域までは行けません・・・・。

投稿: BJ | 2012年7月16日 (月) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46318623

この記事へのトラックバック一覧です: 意図が見えない打線が上野の足を引っ張る H4−3M:

» 継投ミス、走塁ミスなどが重なって結局サヨナラ負け [いすみマリーンズ]
マリーンズ 1000000200 3 ホークス  0100002001 4 M: [続きを読む]

受信: 2012年7月14日 (土) 13時35分

« 投手も投手だけど野手も奮起を F7−2M | トップページ | プロの厳しさを教わってしまった H3−0M »