« 大地だ根元だ角中だ、俊介だ! S0−6M | トップページ | なんとももどかしい、リーグ再開初戦 E3−2M »

2012年6月21日 (木)

野球用具から”ミズノ”が消える・・・

ちょっと私には悲しいニュース。

ミズノ、野球用品のロゴを「ランバード」に統一へ(朝日新聞デジタル)

 スポーツ用品大手のミズノは14日、9月に発売する野球用品につくロゴをシンボルマークの「ランバード」だけにすると発表した。長く親しまれてきた「MIZUNO」の文字が消える。来年、野球のグラブを作り始めて100周年を迎えるため、次の100年に向けて進む意味をこめてロゴを変えるという。

 1906年創業のミズノは、1913年からグラブを作り始めた。最初のロゴは「美津濃」だった。「MIZUNO」から「M」へと移り変わり、今はランバードのマークの下に「MIZUNO」が入っている。

 グラブやスパイク、打撃用グラブ、バッグなどに新しいロゴを用いる。すでに大リーグのイチロー選手や松井秀喜選手が今季から身につけており、日本のプロ野球選手は7月のオールスター戦から使う。

 ミズノは「グラブは球の捕りやすさ、革の質感など、まだ進化する可能性がある。100周年を機に野球用品の革新を進めたい」(広報担当)と話す。(永田稔)

野球をプレーすることに親しんだ人は、大なり小なり野球用具に思い入れがあるかと思います。俺はZETTだ!とかSSKだろ、とか。今ではNIKEやアンダーアーマーとかだったりもするのかな。

私の場合、それが「ミズノ」でした。
まだ幼い頃、初めて買ってもらったグラブが「ミズノ」でした。それ以来、ずっとミズノ製品を使い続けて来ました。中学でも、高校でも、草野球でも。

日本の野球用具を引っ張って来た純国産ブランド、ミズノへの敬意とか、何と言ってもその品質の良さだとか、理由はいろいろありますが、初めて手にしたグラブがミズノだったというのが結局は一番の理由だと思います。
亀梨君が「Going!」で久保田名人にバット作って貰ってましたが、これなんてある意味究極の夢だよな〜。(あれ、凄いことなんですよ!)
マリーンズがユニフォームをミズノからデサントに変えた時は結構ショックだったりしました。デサントも好きなメーカなんですけれど。

そして時を同じくして、「ローリングス」も消える・・・・。

アシックス、野球用品統一 イチロー使用ブランド廃止

 アシックスは18日、グラブやバットなど野球用品のブランドで30年以上使ってきた「ローリングス」の使用を2013年シーズン向け新商品から取りやめて「アシックス」に統一すると発表した。統一により、グループ全体のブランド力向上を図る。

 「ローリングス」ブランドの野球用品は、米大リーグ、マリナーズのイチロー選手がアンダーシャツなどを身に着けてきたことで知られる。アシックスは、ブランド統一後のイチロー選手の用品使用に関しては今後協議するとしている。

 アシックスは野球用品事業の拡大を狙い、1976年に米老舗メーカーのローリングス社とライセンス契約を締結。現在は靴などを除く野球用品を「ローリングス」ブランドで展開している。ロ社との契約は12年末で満了となる。

 「アシックス」ブランドの野球用品は12年11月から順次発売する。

ローリングスの場合は、純日本産のミズノと違い、記事中にもあるように元はアメリカの用具メーカーで、ライセンス契約でアシックスが生産・販売してきました。それでも馴染み深いブランドであり、消えて行くのはやはり寂しいものがあります。

野球用品にかぎらず、すべてのものは変わって行きます。伝統にこだわらずより一層の変化を求め進化していくことは嫌いではありません。新しくなることも勇気がいりますからね。

だから、私の感情はセンチメンタリズムでありノスタルジックなものなのですけれど、一言でいうとやはり「寂しい」です。ランバードなんて陸上競技用品みたいだ・・。

しかし、ミズノならば、記事中にあるようにこれからもより良い用品を目指し変革を良い方向に進めていってくれるでしょう。選手の技術だって、環境だって、ファンだって変わって来ています。
さらば、「MIZUNO」!

私が小さい小さい頃使っていたグラブのミズノロゴはこんなでした 今はどこかへ行ってしまった
(画像はミズノ社サイトより)
20120614_02_04

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています


|

« 大地だ根元だ角中だ、俊介だ! S0−6M | トップページ | なんとももどかしい、リーグ再開初戦 E3−2M »

コメント

最近野球用品のCM見なくなりましたね〜。昔はローリングスもCMやっていましたが、寂しい話ですね。野球用品とニキビ予防のCMは青春の代名詞的存在だったような…

因みに私は室内球技出身なので、ランバードは馴染みがあります(笑)

投稿: トマト | 2012年6月22日 (金) 17時52分

BJさん、今晩は。自分も「M」や「MIZUNO」のロゴが消えるのは非常に寂しいです!
現在、家にあるグローブは、「M」のサード用の物と「MIZUNO」のオールラウンド用、そして「ZETT」のキャッチャー・ミットです。バットもZETTです。因みにジョキング・シューズは「MIZUNO」の物です。スパイクもそうです。
自分が、義務教育の学生の頃は、グローブは色々なメーカーの物を持っていました。バットはSSKでした。田淵さんの「SSKのバットで打つと球の伸びが違いますね。」というCMのコメントが懐かしいです。
その当時、MIZUNOは、“ワールド・ウイン”のロゴでしたね。“プロの選手、370名が使用”という事がキャッチ・コピーでした。中心的なアドバイザリー・スタッフだった高田繁さんの大ファンだったので、高田さんのあの青いグローブに憧れてました。
ゼネラルは、当初、監督のミスターが、選手だった王さんにノックするスタイルのCMでした。「ゼネラルで頑張ろう!野球用品はゼネラルだね。」というセリフがこちらも懐かしいです。それ以後、何故か原田選手と松本選手に代わりましたが・・・。
「ファイトで走ろうZETT、ファイトで守ろうZETT。」のダイナZETTグラブ、バットそしてスパイクのCMも懐かしいです。
それから、ナイルは「楽して勝てる訳がない!」のドカベンのCMですね。
あと、アディダスもジャイアンツに入団した江川卓さんがグローブを使用していました。友人達と「あの江川投手のグローブ、かっこいいなあ。」というような話もしてました。
中畑清さんがBENをファームの頃から使用していて、一流プレーヤーになってから各メーカーからアドバイザリー・スタッフの誘いがあったのに断ったエピソードには感動しました。最初に、声を掛けてくれたメーカーに対して義理を果たすその姿に。
メーカーのアドバイザリー・スタッフをチェンジする選手もいますよね。それは、それでいいと思いますが。
本当に、野球用品のCMが減りましたね。野球ファンとして寂しいです!また、色々なメーカーのCMを視たいものです!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年6月22日 (金) 19時01分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

昔のローリングスのCM、ダサかったんですよね。選手が出てきて、音楽に併せていかにも素人っぽく「ろ〜りんぐす」って連呼する奴・・・。SSKなんかも最近までたまにCMやってましたが、最近はほんと野球用品のCM見ませんね。高校野球の人口は少子化のごく最近は別にして過去最大をずっと更新していましたし、需要は結構あるはずなのですが。
ランバードはやっぱり野球ってイメージはないですのー。

投稿: BJ | 2012年6月22日 (金) 20時05分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

野球用品揃ってますね〜!私は最近プレーしていないので全く無いですね・・・観るだけじゃなくてやりたくてうずうずしてるんですが。私の家にあるのはミズノの高校時代からのオールラウンド用のグローブ、軟式用の内野手グローブ、部室に転がってた(捨てられてた)ゼットのキャッチャーミット。バットは頂きものの何故か硬式用の木製、ローリングスとSSK。スパイクはお金が無い学生の頃に近所のディスカウント屋で安かったナイキのハイカットモデル・・・とこんなところですか。意外とミズノ無いやんけ(苦笑)
MIZUNOの「ワールド・ウィン」、懐かしいですね!ローリングスは「THE MARK OF A PRO」各社いろいろあって面白いです。ミスター、そんなCM出てましたっけ?現役時代のバットはルイビルなのに(笑)
江川のアディダスはそうでしたねー。昔、ジャイアンツはスパイクは3本線と決められていて、アディダス以外のメーカーも全て3本線でした。さすがに問題になって各社自由になりましたけれど・・・。中畑のBENのエピソード、私も覚えています。やっぱり、昔からお世話になったメーカーとずっと付き合っているような選手の方が私は好きです。
ところで、前から思っていたのですが、エイトマンちからさんの「エイトマン」はやはり高田繁ですよね、きっと。私も高田繁の大ファンで、「エイトマン」と言ったら原ではなくて高田繁なのです。カッコ良かったなあ・・・・。

投稿: BJ | 2012年6月22日 (金) 20時14分

なんと、ミズノのMマークがなくなるのですね!ワールドウィンは青地に黄色、ビューリーグは紺に水色、そしてミズノプロは黒に金色、でしたよね。
中高生の頃、ミズノプロに憧れたものです。
僕は高校時代からスラッガーのグラブを使い始めて、大学に入って二十歳から二代目スラッガーグラブになりましたが、その二代目は今でも健在です。もう10年近くになりますね。とても愛着があります。

またまた厚かましいご紹介ですが、写真を載せている記事を是非ご覧ください(^_^;)
http://ameblo.jp/ninoring/entry-11161535901.html

投稿: nino | 2012年6月29日 (金) 14時55分

>ninoさん
コメントありがとうございます。

まずは、小久保選手2000本安打おめでとうございます!残り1本で抹消、下手したら今季絶望か、という時にはかなり心配しましたよ。
さて、グラブですが・・・スラッガーのグラブですか、渋い!画像も拝見しましたが、使い易そうですね。(もちろん使いやすくなるように努力して手入れしているのでしょうけれど)
私の高校時代のグラブはオールラウンドタイプなのですが、今思うとかなり重すぎました。ショートをやっていた時期もあるのですが無理があったな・・。もちろんまだありますが、今は使ってはいません。
話が逸れました。新庄が使っていたグラブ、高校時代からずっと同じものだそうですね。そういうエピソード一つあれば、もう他がいくら妙な行動しても(笑)その人間は信頼出来るな、って思ってしまいます。スラッガーのグラブ、いつまでも大事に、そして「現役」で使って下さい!!!

投稿: BJ | 2012年6月30日 (土) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45755447

この記事へのトラックバック一覧です: 野球用具から”ミズノ”が消える・・・:

« 大地だ根元だ角中だ、俊介だ! S0−6M | トップページ | なんとももどかしい、リーグ再開初戦 E3−2M »