« 成瀬の完投がもたらした快勝 M5−2D | トップページ | 采配ミスを選手が救った M4−2YB »

2012年6月 4日 (月)

マリーンズが交流戦優勝するためには?〜今後の交流戦の勝敗と勝率一覧

交流戦も残す所後10試合です。そろそろ交流戦の順位、いやはっきり言いましょう、マリーンズの優勝が視界に入って来ました。
ジャイアンツという高い壁、ファイターズ・ドラゴンズという迫りくる壁が前後にありますが、これら上位4チームの今後の星取りと勝率を表にしてみました。
(表が崩れてしまっていたら申し訳ない)

以下、マリーンズの勝率を基準に、それぞれのチームの勝敗と勝率をタテに並べています。
あくまでも勝率基準で眺めてください。

ジャイアンツ マリーンズ ファイターズ ドラゴンズ
11勝3敗0分 8勝3敗3分 9勝4敗1分 7勝4敗3分
勝-敗
10-0 21勝3敗
0.875 勝-敗 勝-敗
9-1 20勝4敗 10-0 18勝3敗 10-0 19勝4敗
0.833 0.857 0.826 勝-敗
8-2 19勝5敗 9-1 17勝4敗 9-1 18勝5敗 10-0 17勝4敗
0.792 0.810 0.783 0.810
7-3 18勝6敗 8-2 16勝5敗 8-2 17勝6敗 9-1 16勝5敗
0.750 0.762 0.739 0.762
6-4 17勝7敗 7-3 15勝6敗 7-3 16勝7敗 8-2 15勝6敗
0.708 0.714 0.696 0.714
5-5 16勝8敗 6-4 14勝7敗 6-4 15勝8敗 7-3 14勝7敗
0.667 0.667 0.652 0.667
4-6 15勝9敗 5-5 13勝8敗 5-5 14勝9敗 6-4 13勝8敗
0.625 0.619 0.609 0.619

マリーンズが10戦全勝なら文句なし優勝です。9勝1敗だと、ジャイアンツが同じく9勝1敗の時のみジャイアンツが上回ります(この場合ファイターズの10戦0敗はありえない)。ってことはこの場合直接対決が1勝1敗、他全勝ってことですね。
まあしかし、現実問題これは無いでしょう。
ありそうなのは、残り5球団のうち3球団くらいに土をつけられるとして、7勝3敗、勝率0.714。
これだとジャイアンツが同じく7勝3敗、ファイターズが8勝2敗だと上をいかれてしまいます。両チームとも出来ない数字じゃない・・・。とすると、マリーンズが2敗しかしない8勝2敗、勝率0.762はしたいところ。これを上回るにはジャイアンツが8−2、ファイターズが9−1ですからなんとか上回れそうですね。まー、これもかなりキツい数字です、はい。

折悪しく唐川の抹消が発表され、盤石だった筈の先発に少し不安が残ります。超現実的に考えると後半も今までと同じペースか、やや下回るとすると6−4で勝率0.667あたりが妥当なのでしょうか。これだとジャイアンツが5−5以上、ファイターズが7−3以上、ドラゴンズが8−2以上・・。うーん、やっぱりジャイアンツが有利だ。ジャイアンツとの直接対決で連勝したいところです。これが出来ればかなり楽になる・・。

もちろん交流戦はシーズンにくらべると優勝するかどうかというのはあまり大事ではありませんが、以前も書きましたが今年は優勝して欲しいんですよねー。プライドと自信を取り戻し、シーズン優勝にむけての励みにしたいところ。
なんでこういう”優勝ライン”みたいなのはまあお遊びなのですが、なんか去年なんかこういうの全く関係なかったですし、ちょっとやってみたかったというのがホンネです(笑)

例え交流戦優勝を逃したとしても、交流戦突入前の時のファイターズとのゲーム差(確か2ゲーム差)より同じか、少しでも離していればもう充分です。

・・・交流戦は面白いけれど、そろそろパ・リーグ同士の試合が観たいな〜と思ってしまう気持ちも出てきた今日この頃でした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 成瀬の完投がもたらした快勝 M5−2D | トップページ | 采配ミスを選手が救った M4−2YB »

コメント

唐川、この時期はどうも壁がありますね〜。まずは軽症を願うばかりですが、不可欠な選手なので、焦らず納得のいく球(あの糸を引く感じ)を取り戻して欲しいものです。一方で、二軍にはアピールチャンスが到来ですね!香月がまだ残っているので、中継ぎ強化でいよいよ0荻野でしょうか?中郷復帰かな?或いは単純に先発枠で上野当たりでしょうか?上野は新人の頃の球速取り戻していればいいのですが…

さて、角中の定着により外野になかなか空きが出ない嬉しい悲鳴が出ていますね。二軍で好調な荻野貴司も復調した伊志嶺も、フルで出て欲しいため、なんとも歯がゆい贅沢なことになりました。う、うーん…

後は、大地の守りと打撃が見たいですね〜。今年は根元をショートで固定となると、井口の後でしょうか。でも、早坂もいるし、これまたうーん、想定機会がない…今江は好調ですしね。ファーストという訳にはいかないんでしょうね、きっと。←グラブの関係ですかね?

さて、交流戦、なかなかジャイアンツが負けてくれないため、引き分けの多さが不利に働く結果になっていますが、直線対決で連勝して一気に引導渡して欲しいですね〜。あ、その前にベイスターズに勝たないと…
ベイスターズ、まさかのアンダースロー2連発ですね〜

投稿: トマト | 2012年6月 5日 (火) 00時25分

またまたいろんな数字ありがとうございます。

交流戦も半分以上消化しました

明日は参戦してくる予定です。

唐川君抹消のニュースに「またかよ。」とがっかりし
(益田君の酷使心配してる私らをよそに…)

しかしBJさんの説拝見して
勝手に
「あと2つまで負けていいのか。」
と思い込み

「じゃあ勝てる投手のところで勝てばいいのか(汗)」

て勝手に一人合点してます。
(それにしても浦和から先発投手誰上げたものか。コバアツ、吉見、上野、勝ちはついてるけどあの制球では怖いです…。いっそ開き直って、中後君先発とかやってほしい!荻野昇格なら先発で←BJさん同様私も向いてると思う)

交流戦優勝はもちろん狙ってほしいですが(現段階でMVP候補は成瀬と読む)

とにかくそれよりも

ハムさんちに対しての2ゲーム差のアドバンテージはキープして夏以降の戦いに入ってほしい!
願わくはゲーム差広げてシーズン再開してほしいです


…ってことはやっぱり優勝するしかないのか交流戦…

投稿: てんとう虫 | 2012年6月 5日 (火) 01時11分

BJさん、今晩は。マリーンズの交流戦の優勝、自分も観たいです!
現在、交流戦のチーム打率は267で12球団1位ですね。江川卓さんが、“統一球を克服したチーム”としてマリーンズを評価してましたね。この調子で行って欲しいです。
唐川投手に関しては、肩の張りという事で登録抹消はむしろプラスに活かさないといけないと思います。あの調子だと、相当、失点しそうでしたからね・・・。万全にして復帰して欲しいです。
本日のベイスターズ戦、確実に取らないといけませんね。期待してます!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年6月 5日 (火) 18時15分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

なんで唐川はこうなってしまうのでしょうね。そろそろしっかりしてもらわないといけません。抹消は仕方ないですから、焦らなくて良いのでじっくり治し、抹消前よりも球のキレを上回るようにして復帰して欲しいです。さて、代わりに中郷が昇格しました。かなりの中郷推しの私には嬉しい話ですが、ちゃんと登板機会作れよコノヤロウ!とも思います。
荻野貴、伊志嶺ともに好調ですね。今は外野がうまく回っているためにちょっと上げづらい雰囲気ではあります。この際、二人とも体調面でも技術面でも懸念事項をしっかり潰してから上がってきて欲しい。
鈴木大地のファーストもありでは?とも思います。ファームでは守ってなかったと思いますが、細谷ファーストで使うくらいですからね。こなせないことは無いはず。とりあえず旬なうちに早いとこ一回でもスタメンで使って欲しいです。

投稿: BJ | 2012年6月 5日 (火) 19時04分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

あはは、確かに「2つまで負けてよい」とも言えますね。そのポジティブシンキングはすばらしいです。問題は、じゃあその2つはどこで?ということでしょうか?
先発は香月がそのまま回るのでしょうね。これで成瀬、藤岡、俊介、香月、グラで5人になりますし。場合によっては大谷も行けます。荻野忠の先発は観たいですね。しかし今季のファームでの起用を見ているとやはり中継ぎで考えているのでしょうなあー。ファームからの先発候補だと今のところ上野くらいしかいないか・・・意外と人材難ですよね。晋吾の状態はどうなのだろう。
唐川の抹消にはがっかり感は否めませんね・・そろそろ脱却して貰わないと。どんな選手を観ていても思うのですが、フル出場できる身体を持ってこその一流かなと。
今頃マリンですね、とりあえずテンポ良く進んでいますね。ベイには悪いけど、2戦取らないと!

投稿: BJ | 2012年6月 5日 (火) 19時13分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

そうなんですよねえ、気がつけば交流戦打率が1位。集中打が出ているのが好結果につながっているのでしょう。盗塁がわずか4で10番目というのが面白くはない・・・贅沢ですが。
唐川は、抹消は仕方ないのでじっくり治して欲しいです。シーズンに入ってしまうと修正するところなど出来ないことも多いでしょうし、これを機にいろいろと整備して欲しいですね。
さあ、横浜戦まずは取りましょう!

投稿: BJ | 2012年6月 5日 (火) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45532448

この記事へのトラックバック一覧です: マリーンズが交流戦優勝するためには?〜今後の交流戦の勝敗と勝率一覧:

« 成瀬の完投がもたらした快勝 M5−2D | トップページ | 采配ミスを選手が救った M4−2YB »