« マリーンズが交流戦優勝するためには?〜今後の交流戦の勝敗と勝率一覧 | トップページ | グラの粘りと見事な集中打で快勝 M3−2YB »

2012年6月 5日 (火)

采配ミスを選手が救った M4−2YB

首脳陣は何を調子に乗っているのだ?(怒)
ニッカン式スコア

日曜日の継投策が上手く行ったからって、ああいうのはそうそうやるもんじゃないでしょう。

結果論で語るな、との声も覚悟で言いますが、俊介を6回二死で交代したこと。なんでしょう、これは。荒波を打ち取り二死1塁としますが、この時点でまだ79球。この後もしノリ、ラミレスに回ったとしてもこの二人は前の打席で共に合っていない三振でした。一方、継投の中後はランナーを出す確率の高い投手。ランナーを出すと得点圏にランナーが進んでのノリ、ラミレス、という形になることは充分予想出来たはずです。結果、勝負強いラミレスに2点タイムリーされ逆転を許し、粘投の俊介の勝ちを消してしまいました。
「勝とう」と思って采配ふるう訳ですし、素人には判らない深い考えがあってのことなのでしょう。だからあまり采配を言いたくはないのですが、今日の継投は疑問符がつきました。例え中後や大谷がしっかり抑えたとしても、必要以上に多くの中継ぎを使う采配は認めたくありません。ひょっとすると来週中5日で俊介の登板を考えているのかも知れませんが、それなら5回投げ切った時点ですぱっと代えるくらいの方が、まだ納得は行きます。
日曜のズバリ決まった継投にまだ酔ってるのではないか、そう思わせる采配でした。

しかし角中を始め、野手が救いました。直後の6回裏に角中はタイムリー3塁打を放ち、今江の微妙なライトフライでタッチアップ、キャッチャーをかいくぐっての見事なスライディングを見せ生還。すぐ追いつき勝ち越したことで、暗くなりかけたムードがまたぐっとマリーンズに戻って来たと思います。
しかし、相手目線の話になりますが角中タイムリーの打席では内に1球見せただけで、基本外角攻めでした。藤井の外に逃げるスライダーが有効と見ての配球かも知れませんが、角中はカットで逃げられるし、外届くんだよー。この場面はリーグが違うチームの弱さかなあと感じました。

これはとりもなおさず「反発力」が出てきた好調打線のなせるワザでもあり、非常に頼もしく思いますし、こういう事があると投手と野手の信頼関係も一段と深まるでしょう。今日敗戦すると非常に後味が悪かったでしょうから、ベンチワークのミスを選手が取り返してくれたことに「和」を感じ、とても嬉しく価値のある勝利でした。

勝ちを逃した俊介は非常に残念でしたが、試合をしっかり作ってくれました。ベンチに戻った中後に優しく語りかける姿はベテランとしてのあるべき姿を見ましたし、笑顔があったのが救いでもあります。首脳陣は今日は俊介に足を向けて寝られません。

なんだかんだ言いましたが、せめて雨降って地が固まってくれれば。首脳陣は継投の難しさを再認識したでしょうし、これからまた上手く采配してくれれば俊介も浮かばれると言うもの。次の登板時には楽に勝たせてあげましょう。

角中だけではなく、大松はやっとの猛打賞、最初のヒット2本は良い形でしたし、これで調子が上がって来てくれることを切に願います。雅彦は犠打2つに必死のリード、盗塁刺2つに身体を張ってのワンバン止めと大活躍しました。内、益田、薮田も踏ん張ってくれましたし、俊足の1番センター同士、岡田と荒波の対決も楽しめました。試合としては良い試合でした。明日はホークス千賀に続いてプロ初登板初先発の王が相手ですが、今季のマリーンズなら攻略してくれる筈。王はオープン戦のニュースで投げてる姿をちらっとだけ観ましたが、高身長から繰り出すストレートにとても大きなモノを感じましたので、観るのが楽しみです。グライシンガーとのマッチアップ、普通に考えればマリーンズ有利ですが、何が起こるのか判らないのが野球です。明日も心してかかって、勝ちましょう!

☆登板機会が殆ど無いまま抹消になり、私が非常に悔しい思いをした中郷が戻って来ました!今度はちゃんと登板機会を与えて欲しいです。中郷も登板の時は自信持って投げて欲しい!力があるのだから。

★F3−12C
★E1−3T
★L7−4D
★Bs5−0S
★H1−5G

□ホークスは、杉内登板の今日はなんとしても勝って欲しかったなあ・・・7連敗、敵ながら心配です。今日はパの3勝3敗。通算43勝39敗7分です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« マリーンズが交流戦優勝するためには?〜今後の交流戦の勝敗と勝率一覧 | トップページ | グラの粘りと見事な集中打で快勝 M3−2YB »

コメント

私もネット中継で見ていて、6回表の継投は頭にきました。
ベイ打線は、俊介の投球に合っていなかったのに・・・
6回表までは任せてほしかった・・・
せめて同点までは任せてほしかった・・・

大谷を使うのは、次の回の頭からでしょう!
ドタバタ継投の中で引っ張り出され、ラミレスにとっては、大谷の球は俊介に比べてとても素直で打ちやすかったことでしょう。狙い撃ちでした・・・

中後も大谷も、そして俊介の好投も無駄にしてしまった・・・
実況のアナウンサーが「ロッテの投手陣は層が厚い」と褒めていましたが、使い方が下手なので、気前良く無駄遣いしてしまい、終盤の顔ぶれはあまりかわりません。
やはり益田は連投、最後は薮田の劇場をハラハラしながら見なければならない・・・内もまた故障するまで目いっぱい使い倒すでしょう。

一方で昇格した中郷は再びベンチの置物・・・

>結果論で語るなとの声も覚悟で言いますが
よくぞ言ってくださいました。
ファンは、その場で声をベンチに伝えることができませんので、後で書くしかありませんよね。
試合を見ながら思ったことを、後で書くのです。

「結果論で語るな」と言う人たちは、要するに「文句を言うな」と言っているわけです。言論弾圧です。
思ったことはどんどん書きましょう!

また、監督の采配ミスを選手の頑張りで救いました。
そのため、勝ったから自分の采配ミスはきれいに忘れているでしょう・・・また近いうちにドタバタします・・・

グラも、先週の甲子園の恨みを忘れていないはず。
一方、選手たちは先週に足を引っ張ったことはすっかり忘れています。
またグラがイライラするのかな・・・かわいそう・・・
ノートに「根元、覚えてろよ」「根元、覚えてろよ」「根元、覚えてろよ」・・・と書いてあるかも(もちろん英語で)

投稿: 大阪の一ファン | 2012年6月 6日 (水) 00時31分

参戦してきました!

6回の継投は私もびっくりしましたが、あの時点で俊介さんの投球数79だったので、当初の予定通りだったのかもと思いました。
成程、唐川君の穴埋めはローテフル回転で埋めるのね、と感じました。なので中後、大谷の投入は想定内、むしろ彼らが上手く投げられなかったことが試合の混乱に繋がったのではと、私の感想です。ついでに言えば攻撃陣が点取るのにまごついたせいもあるかなと…
私もあまりベンチの策にとやかく言うの好きじゃないです。というか、作戦たてるのは首脳陣ですが、プレーするのは選手ですから。
ようは、誰かが失敗したら他に動ける誰かがカバーする、今のマリーンズはそれが出来てます。みんなが助けあってる。

今日は確かに継投策としては難しくなりましたが、攻撃陣がカバーしました。ビハインドのまま7回以降に突入したらと思うとぞっとしません。
角中選手まるでカープ時代の長嶋コーチみたいになってきたなあ~
大松選手がいきなりスイングの質が変わってびっくり。
今まで苦しんだ分はこれから取り戻してほしいです。


マリーンズのファンとして見ればすんなりいかない試合でしたが、野球ファンとしてはなかなか興味深い試合でした。
明日は…天気が心配…

投稿: てんとう虫 | 2012年6月 6日 (水) 01時59分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

良く判らない継投でした。もし中5日で次回登板を考えての早めの降板だっとしても、あのタイミングで代えるか、と。中後がランナー出したらもうノリ、ラミに回ります。その当たりも考えて欲しかったです。
確かに、私達が例えばブログで書くようなことは全ては終わってからなので結果論になってしまいますよね。なので、気にせず言いたいことを書きますよ!そうでないとわざわざ人様の目に触れる形でブログなどやっている意味もありませんし。
西村監督も珍しく「自分のミス」と認めたようですが、良くぞ選手が救ってくれました。監督はこれをラッキーで済ませずに、采配をまた振り返って欲しいです。次に繋げて欲しい。
グラ、ノートにいろいろメモしているのは実はそういうことだったら怖いですねー。これが日本語だったら逆にちょっと切なくなってしまうかも知れません(笑)

投稿: BJ | 2012年6月 6日 (水) 19時46分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

参戦お疲れ様でした!良い試合を観られましたね。
継投に関しては、きっとてんとう虫さんはそう仰ると思っておりました(笑)最近、熱くなる私をてんとう虫さんが冷静かつポジティブなコメントでおさめる、という図式が定着しつつありますね(笑)
あのタイミングで中後を送るならば大谷も想定内でしたでしょうし、準備もしていたと思います。要は彼らが抑えられれば良かったのですが・・継投タイミングがなんか「半端」だな、感は否めず。俊介が石川に打たれていた訳ではなかったですからね。5回で切るか、6回投げ終えてからにして欲しかったとの思いは今日も変わらないです。
打撃陣が良く継投ミスを帳消しにしてくれました。こういうのはチームとしても大きいです。
角中、本当に長嶋コーチの現役時代に似てきました。強いバットスイングでプルヒッティングするというスタイル、身体の近くで「ぶりん!」と振るスタイル。今季、本物の「1軍選手」になってほしいです!

投稿: BJ | 2012年6月 6日 (水) 19時55分

BJさん、今晩は。この試合は、あの今江選手のライトへの犠飛の打ち方、そして角中選手のスライディングが素晴らしかったと思います。
また、仰る通り、俊介投手を自分もあそこで代えるべきではないと思いました。また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年6月 7日 (木) 18時07分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

野手がカバーした試合でしたね!今江の犠飛、そして角中の走塁。地味に見過ごせないのが、角中の前にヒットで出塁したサブローです。勝負強い角中の前に出たことで、点を取られてすぐの反撃に繋がりました。
俊介の降板は早すぎましたね。難しい問題ですが、やはり中継ぎ陣をみんな使ってしまった結果になったのは「采配ミス」だと思います。

投稿: BJ | 2012年6月 7日 (木) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45544943

この記事へのトラックバック一覧です: 采配ミスを選手が救った M4−2YB:

» 角中同点スリーベース&大松ひさびさの猛打賞 [いすみマリーンズ]
ベイスターズ 000002000 2 マリーンズ  00100201X 4 DB [続きを読む]

受信: 2012年6月 6日 (水) 01時04分

« マリーンズが交流戦優勝するためには?〜今後の交流戦の勝敗と勝率一覧 | トップページ | グラの粘りと見事な集中打で快勝 M3−2YB »