« 采配ミスを選手が救った M4−2YB | トップページ | 今後の交流戦勝敗と勝率一覧 〜やっぱりG戦が大事! »

2012年6月 6日 (水)

グラの粘りと見事な集中打で快勝 M3−2YB

最後はヒヤヒヤしましたが・・・・マリーンズ、4連勝です。
ニッカン式スコア

台風の影響もあり心配された天候でしたが、雨も降らず風速も3〜4m程度となかなかのコンディションで試合は無事行われました。
グライシンガーは初回こそ自らのエラーもあり1点を失いますが(ショートゴロで先制点を踏んだ3塁走者の荒波、ホームイン速かった!根元も良く捕ったのだけど)その後はいつものように粘り強く投げます。ランナーを出しても、味方がチャンスを作りながら無得点に終わっても、投げます。とにかく投げます。
最終的には7回途中まで投げ、1失点(自責点0)。やっぱりマリーンズは先発が試合を作ってナンボですね。書きすぎるくらい書いてますが、まさかここまでやるとは・・・・グライシンガー獲得を決めた編成の勝利ですね。前回の甲子園は余りにも不運でしたので、今日勝ちをつけることが出来て本当に良かったです。

一方、楽しみにしていたプロ初先発の王ですが、予想と違いストレートは130km台が殆ど。しかし角度があるうえ、ストレートは微妙に流れていますし、チェンジアップは良いし、何より初登板とは思えない程堂々と、そして淡々と投げる姿は大きな将来性を感じさせました。5回に捉えるまでマリーンズ打線は打ちあぐねますが、それもやむなし、という内容。横浜は国吉や王、眞下ら楽しみな投手が多いですね。他にも北方や佐藤祥万、田村健二郎などいますしこれからが期待です。

マリーンズ打線は5回に根元のタイムリー2塁打で先制し、続く井口、サブローらの3者連続2塁打は見事でした。序盤は王に手を焼きやきもきしましたが3巡目で捉える当たりはさすがです。結果的にはこの3点がモノを言いました。こういう「短期集中」でババッと点を取って、投手陣が抑えて勝つ、というのは中々気持ち良いです。この集中打は「強いなあ」と思わせてくれました。
他にも、横浜の捕手鶴岡が僅かにワンバンを弾いただけで2走の岡田がすかさず3塁を陥れたり、岡田と石川が1塁で交錯した合間にこれも2走の清田が3塁を陥れる走塁はスピードがあって良かったです。

初回に、プロ初登板の投手が先頭打者にヒットを打たれて恐らく動揺しているであろう場面に送りバントで簡単に1アウトを献上してしまう采配とか(もちろん井口・サブローの好調さがあっての送りとは承知していますけど、それでも)、過去何度も触れていますが内野ゴロで1塁カバーに走らない里崎とか言いたいこともあるにはあるのですが、今は流れが良いので大きな声では言いたくありません(って言ってるやんけ)。采配はともかく、里崎のカバーとか細かいことはひっそり静かに矯正修正して行って欲しいですね。
最後に薮田の劇場でミソもついてしまった感じですが(この辺りに関してはそのうち・・)、快勝と言って良い勝利でした。
昨日今日となかなか良い勝ち方です。これで30勝到達でリーグ首位、交流戦でも2位といささか出来すぎの感もあってファンとしては落ち着かないです。それでも、今日の様な「丁寧な野球」を続ける限り、そうそう下降することは無いと前向きに考えます。これからも期待します!

★F2−1C
★E8−3T
★L3−1D
★Bs2−4S
★H3−4G

□今日はパの4勝2敗。通算47勝41敗7分です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 采配ミスを選手が救った M4−2YB | トップページ | 今後の交流戦勝敗と勝率一覧 〜やっぱりG戦が大事! »

コメント

昨日も心臓に悪い試合でしたね(苦笑)。

中日相手に苦戦するかと思っていましたが、現実は横浜が相手の方が痺れる展開だったあたり、マリーンズは本当によく分からないチームです。


次に当たるヤクルトは、うちと同じく外国人4番打者を外してから打線が上向いてきています。
地味に、村中の配置転換がいやらしいですね・・・。

藤岡と香月(?)の奮闘に期待しています。

投稿: 鮫 | 2012年6月 7日 (木) 09時46分

昨日は、グラが先にミスをしたことで、野手陣の意識が高まったのか、野手陣の目立ったミスはなかったようですね(細かいミスはあるようですが)。積極的なプレーでしたが、あわてないでほしかったです。

ベイの王、いい投手ですね。経験を積めば勝てるようになるでしょう。アジアの外国人選手はチャンスを掴むのが難しいですが、今のベイのように苦しい状況なら登板の機会はまたあるはず。セ・リーグ相手にも登板してかきまわしてほしいものです。

相手が勝利を意識する5回にきちんととらえたのはさすがですね。2塁打の連続で、2005年の「ダブル野球」を思い出しました。だたし、少しリードしたところで満足して、追加点を取らず、リリーフにプレッシャーをかけるのが「王様打線(何様打線)」ですね・・・
リリーフ陣、勝ってはいますが、疲労は見られます・・・
薮田以外も、もうすぐ疲れがはっきり形(失点)になって現れてきます・・・
ファンは、監督の継投策を止めることができないので、見ているしかないのが悲しいです・・・

明日は藤岡先発なので、土曜に香月、日曜に成瀬を希望しますが、監督は「中6日で土曜に成瀬、唐川の代わりに香月」とあっさり言うのでしょうか・・・やはり読売に一泡吹かせようという気はないのでしょうか・・・明日の、土曜日予告先発発表が心配です・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年6月 7日 (木) 17時24分

BJさん、今晩は。仰る通り、1回表の智也捕手のカバーリング・ミスは酷かったと思います。解説のジョニーさんも指摘してました。また、送りバントの失敗も・・・。
マリーンズは、昨日、勝利しましたが、自分としてはいま一つの試合でした。BJさんの本文にあります通り、岡田選手と清田選手のあのシーンには、スピード感を自分も感じました。その一方で、自分は、やはり盗塁が無いと試合全体にスピード感を感じません。ベイスターズの荒波選手や石川選手のスチールのシーンも観たかったです。
本日の日刊スポーツを見てみると、現在の采配方針は、“動かざること山の如し”との事。それなら、角中選手がセンター前ヒットで無死で出塁したあと、犠打でセカンドに進める采配をして欲しかったです!監督もヘッド・コーチも素晴らしい“スピード・スター”であった訳ですから、機動力を全面に出して欲しいです!
対してジャイアンツは、ホークス戦でも機動力を効果的に発揮してましたね。原監督は、巨大戦力を活かすのが上手いと思います。観てても松本哲也選手の盗塁のシーン等、面白かったです。
交流戦をマリーンズが優勝するためには、当然の事ですが、防げるミスをしない事だと思います。スワローズも調子を上げてますから、いい勝負を期待します!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年6月 7日 (木) 18時28分

>鮫さん
コメントありがとうございます。

最後はヒヤヒヤしました、ほんと。2点差以上付けないと厳しいです。
ドラゴンズより、内容的には横浜の方が競った試合でしたね。マリーンズの特徴というか、相手に合わせて野球してしまっているのか・・・不思議なチームですよね〜。
スワローズは復調気味ですし、おっしゃるように4番バレンティンを外してから繋がるようになって来ました。畠山が乗って来ていますし、注意したい。村中は配置転換したのですか?最初は中継ぎということでしょうか。
マリーンズの先発、私も藤岡と次は香月と考えています。良い試合をして、そして勝ちたいですね。

投稿: BJ | 2012年6月 7日 (木) 21時37分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

昨日、野手がグラの足を引っ張る場面が無くて本当に良かったです。それに勝ちがついたことも良かった。次の登板時も援護して欲しいところです。
王は良かったですねえ。昨日の内容ならまたチャンスはあるでしょうし、是非掴んで欲しいです。どのチームであれ、フレッシュな選手の台頭は嬉しいですね。
2塁打が最近目立ちますが、そういう野球結構好きです。ドカンドカンよりも楽しい。根元の2塁打がどこまで伸びるかも楽しみですね。足のある選手が多いので、2塁打、3塁打で魅せて欲しいです。
中継ぎ陣は・・・さすがに疲労していますよねえ・・・中郷はしっかり使って欲しいですし、怖くて大差でしか使えないロサに代えて荻野忠なり上野なり上げて欲しいです。この週末の先発は、私も藤岡の次は香月、そして日曜のG戦は成瀬で行って欲しい。特に無理なローテと言うわけでもありませんし。そういう「攻める」姿勢を見せて欲しいです。

投稿: BJ | 2012年6月 7日 (木) 21時44分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

里崎が内野ゴロでカバーまともにしないのは昔からで、彼の一番好きでない所なのですよね。今季の里崎は、例年感じる怠慢(に見える)プレーを全く感じないので、メンタル面フィジカル面共に調子が良いのだろうと思っていたので、残念でした。
しかしまあ“動かざること山の如し”という采配方針て何でしょうか。意味が良く判らない・・・・バントは動くことだと思うのですが違うのかな?仰るように西村監督、慶彦ヘッド共に現役時代は素晴らしいスピードを持った選手でした。それなのに采配に今ひとつ活かせていないのが残念です。走れる選手も多いのに。
ジャイアンツの最終回のダブルスチールは見事でしたね。あれがあったからこそ村田の気持ちが軽くなり犠飛に繋がりました。
これからと少なくなってきた交流戦、防げるミスは防いで欲しいです。スワローズは復調気配ですし簡単な試合にはならないと思います。良い試合を期待しましょう!

投稿: BJ | 2012年6月 7日 (木) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45558398

この記事へのトラックバック一覧です: グラの粘りと見事な集中打で快勝 M3−2YB:

» ワンチャンスをモノにして逆転!グライシンガー6勝目! [いすみマリーンズ]
ベイスターズ 100000001 2 マリーンズ  00003000X 3 DB [続きを読む]

受信: 2012年6月 7日 (木) 00時01分

« 采配ミスを選手が救った M4−2YB | トップページ | 今後の交流戦勝敗と勝率一覧 〜やっぱりG戦が大事! »