« 悔やまれる初回・・明日連敗脱出を M3−6L | トップページ | おかえり荻野忠寛!復活を演出する連勝 M12−4L »

2012年6月27日 (水)

いきなりの連敗ストッパーで唐川復活 M2−1L

復活の唐川、連敗を止めてくれました!
ニッカン式スコア

マリーンズオーダーは1番根元、2番岡田と1・2番を入れ替えました。また、今江が死球の影響でスタメンを外れ、鈴木大地がサードでスタメン出場。9番は荻野貴司が入りました。

先発の唐川と野上の対決は実に今シーズン3度目。過去2回は内容は良くないながらも、唐川に軍配が上がっています。
唐川は序盤こそ球が浮きヒヤヒヤしますが(「フワフワしてた」らしいですね)3回くらいから低めに集まりだしました。普段の唐川と言えばボールの球持ちの良さからくるストレートのキレとコーナーの投げ分けですが、今日はチェンジアップが多く、”緩急”の勝負でした。初回は投げていなかったのですが、今日のコントロールだと「ヤバイ!」とバッテリーが判断したのでしょう。里崎のナイスリードです。最終回に1発を浴び、完封を逃しますが、病み上がりでしたしここまでやってくれれば充分すぎるほどの内容でした。しかも完投とは・・・。今日負けて4連敗するとずるずる行きそうでした。「頼れる次男坊」の復活により、停滞気味だったチームの浮上のキッカケになってくれれば言う事ないです。

一方の野上、今日はストレート、スライダー、チェンジアップ、シュート(ツーシーム?)と全て良かったですね。(フォークは遊び、という感じでした)前回の対戦の時は「相手チームとの勝負よりも自分との勝負でいっぱいいっぱい」と言うようなことを書いたと思うのですが、今日はしっかり落ち着いて投げていました。こうも変わるもんか、と驚きました。前回先発から一度中継ぎで投げただけでファーム落ちし、一ヶ月半ぶりの先発となったのですが、しっかりした調整が出来たのでしょう。
特にあのチェンジアップ(パームっぽい)はかなりのブレーキが効いて有効だと思いますし、大松、角中の内角に投げたシュートが非常に面白かった。左打者にシュート投げるなら外角が鉄則です。一歩間違えて内に入ると怖いボールですし中々投げづらいと思うのですが、勇気ある配球でした。大松、角中ともに面食らったかのように見送っていました。全体的にもっとシュート使っても良いと思うなー。次回対戦があるとしたら結構やっかいな存在になっているかも知れません。

さて、マリーンズの攻撃ですが9安打しても7残塁、わずか2点どまり。今日もまた一発のみの得点です。昨日の最終回の繋ぎで少し期待したのですが・・・。まぁ野上が良かったので仕方ないと思うしかないか。
大松の一発はとても「らしい」当たりでした。こういう一発を観ると、やっぱりオーダーの中にいると違うんだよなあーと思わされてしまいますね。前も書きましたが、「ホームランか三振か」の”外国人枠”的にいてくれるのはアリかなあーと。最近やっと当たりが出て来ましたし、このまま調子が上がってくれればベストなのですが。しかし前打者の角中を相手バッテリーが警戒した結果の四球の後で、大松には悪いけど角中に神経使ったぶん大松に対して無意識にやや緩くなったのかも知れず「棚ボタ弾」と言ってはさすがに言い過ぎでしょうか?(でも大松はそういうので良い、と思うんですよね。なので否定的な意味ではないです)

根元ー岡田の1・2番は今日は機能しました。井口は相変わらず心配な状態です。
角中が2試合連続ノーヒットと、規定打席到達のプレッシャーにやられてしまったか?松永の外に逃げるスライダーに三振してしまいましたが、日曜のハウザーにも同じ攻めをされ三振しています。これから各球団、こういう攻めが中心になってくるかも知れません。外角はもともとバット届く筈ですので、ボール気味の外のボールに対する見極めとカット、これがどこまで出来るかが今後の調子を左右しそうです。ともあれ、これでめでたく規定打席に到達しました!!!残念ながら賢介が.328となった為.326の角中は2位デビューとなりましたが、やっとの規定打席到達、素直に喜びたいと思います。これからが本当の勝負です!

鈴木大地は日曜のスタメンに続き、今日も守備に打撃にアピール成功しましたね!こういう”能力”はプロ野球選手としてとても大事です。スタメンでしばらく起用出来れば結果を残しそうですね。
しかしながら、荻野貴司の元気の無さが気になります。2塁での牽制死もありましたし。昇格したとき、まず驚きとそして「時期尚早」と思ったのですが、その思いはいまだ消えず。もっと”野球慣れ”してからで良かったのではないか、とどうしても思ってしまう・・・・。。

さて、明日は俊介と石井一久です。なかなか点は取れないでしょう。俊介の投球次第でしょうね。前回素晴らしい投球だったのに覚えるこの不安感はなんなのでしょう・・・。そしてまたもや雨予報。この見事な俊介の雨男ぶり、どこかの国でお役に立てないものでしょうかね〜。

★F4−5E
★H4−1Bs
ライオンズ星秀、イーグルス銀次、ファイターズ西川と実に3人にプロ初ホームランが飛び出す。これってかなり珍しいと思うけど・・・初じゃないのかな?過去あったかな?

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 悔やまれる初回・・明日連敗脱出を M3−6L | トップページ | おかえり荻野忠寛!復活を演出する連勝 M12−4L »

コメント

昨夜の試合、トピックスはいろいろありますが
ひとくちに言えば

唐川君の「あくまでも上から目線」的な性格が効を奏した

のではないかと…


チーム状態も良くなかったし、連敗中だったし
打ち破れるとしたら
唐川君の対猫さんちへの抜群すぎる相性と
上から目線しかないなと思ってました。
そう、あの可愛いタレ目は世を忍ぶ仮の姿。
本当はハードボイルドなんだよ~

栗山選手の対唐川評を見ましたが

完全に呑まれてますね(笑)

で、唐川君
「150キロ投げたいんで」
って
やればいつでもできるくせに…
こういうのは
「能あるタカは爪を隠す」
ってだけだと思います(笑)
ただ135キロの速球で抑えきるのも
ある意味とんでもないことなので
それはそれで極めてほしい気はしますが。
まあ150はともかく142くらいは投げようよ(笑)
とは思いますが…

とにかく大きな戦力が帰ってきたので
またマリーンズの調子上向きになるといいですね~

大松のホームランもよく打ちました。打率は期待しないので、1日1本を目標に長打打ってほしい~
角中君もランキングイン
日曜日には地元から応援ツアーが出るとのこと
励みになるね!
Fightin'!

投稿: てんとう虫 | 2012年6月28日 (木) 11時06分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

栗山のコメントあったのですね。後で時間ある時にチェックしてみよう・・・
唐川の性格は本当に投手向きだと思います。良い意味でまず自分ありき、自己中心。想像するに、あまり不安感などは無かったかもしれませんね。いや、もちろんあったのでしょうけど自分のフィジカルとかそっちで、あんま相手打者云々の不安はないのだろうなーと。てんとう虫さんおっしゃるところの「上から目線」を感じます(笑)
角中、めでたくランクインですね!好不調はあるでしょうが、シーズン駆け抜けて欲しいです。私も大松に打率は期待していません。求めるのは長打力!
今日の俊介に期待しましょう~。

投稿: BJ | 2012年6月28日 (木) 12時18分

BJさん、今晩は。昨日の荻野貴司選手のショートへの内野安打は嬉しかったです。もっと、バッター・ランナーとしてのスピード感を観たかったですけど・・・。
出塁すると荻野選手に対する歓声が凄いですね!自分は、荻野選手の盗塁を観たかったです!岡田選手も盗塁を狙える状況がありましたが、盗塁企図が無く残念でした。
荻野選手は、その前の打席でスライダーに上手く合わせたレフト線へのファールがありましたが、なかなかいい打球だと思いました。
ライオンズの星秀選手は、掛布さんとそっくりですね!本日の日刊スポーツにもその事に対して記事がありました。あそこまで似ていると、素晴らしいです。
日経新聞のスポーツ欄に、月曜日に“選球眼”というコラムがあります。今週は、角中選手に対する文章でした。興味深かったです。本日も荻野貴司選手に期待します!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年6月28日 (木) 18時20分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴司の「内野安打」は代名詞でもありますよね。ただ、やはりスピードはまだ戻っていないですね・・・今季はとにかく怪我なくプレーすること、を主眼にして、スピードは来季で良いのかなとも思います。記事中にも書きましたが、昇格はまだ早いという気はいまだにあります。
ライオンズの星秀のフォーム、楽しいですね!今晩の記事で触れられたら触れて見ようと思います。左の好打者で思い浮かぶ、というと未だに掛布の名前を思い出します(後は田尾、篠塚、吉村、前田智でしょうか。イチローは別格です)。
日経のスポーツ欄ですか・・読んでみたいですが機会がないかな・・?図書館ですかね。角中の規定打席到達は嬉しいです!

投稿: BJ | 2012年6月28日 (木) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45948875

この記事へのトラックバック一覧です: いきなりの連敗ストッパーで唐川復活 M2−1L:

« 悔やまれる初回・・明日連敗脱出を M3−6L | トップページ | おかえり荻野忠寛!復活を演出する連勝 M12−4L »