« 水入り(今後の交流戦勝敗と勝率一覧〜6月9日終了時) | トップページ | 今後の交流戦勝敗と勝率一覧(6月10日終了時) »

2012年6月10日 (日)

成瀬の完投勝利は明日にも繋がる G1−2M

成瀬、今日も素晴らしいピッチング!”首位決戦”初戦はマリーンズが取りました。
ニッカン式スコア

初回、マリーンズは二死から井口、サブローの連打、角中のフォアボールで満塁とし、ここで慎之助がまさかのパスボール・・・・労せず先制しました。どんな形であれ初回に先制出来た事が成瀬を楽にしましたか。2回には大松が甘い真ん中に入ってきたストレートを完璧に叩き、実に久しぶりのホームランで2点目。今日はこの2点のみとなりましたが、この2点を成瀬が守ってくれました。
しかし、慎之助のパスボールは余りにも不用意でした。確か去年、ダラダラ走塁かなんかで「意外」と書いた覚えがありましたが、うーん、今日のこのパスボールは全く気が入ってませんでしたね〜。手だけで簡単に取りにいってしまいました。キャプテンのこのミスで先制された時点で、流れはマリーンズだったでしょうか。慎之助ってしっかりやるイメージあったけど、案外こういうところあるのかな。

もう少し点を取ってあげたいところでしたが、2点というのが成瀬に適度な緊張感と丁寧さをもたらしたのかも知れません。ここ最近顕著な、外角へのコントロールの良さが今日も見られました。内角を狙うボールもきっちりとした所に入り、危なげがありません。いくつか内に入る(厳しめに言えば)失投がありましたが、ジャイアンツ打線が打ち損じてくれてもいました。

最終回に1失点し、連続完封とはなりませんでしたが、なに、逆転されなければ良いんです。今日は勝利がなにより!完投してくれたお陰で、明日は俊介以降投手総動員で勝負出来ます。明日継投で取るような展開になれば、今日の成瀬の完投がもたらした勝利と言ってよいでしょう。先週もそのパターンでヨレヨレの唐川の後を中継ぎ総動員で取りましたからね。

しかし、唐川の頼りなさを尻目に、疲れが出てくる筈のこの時期に状態がどんどん良くなって来る成瀬、非常に頼もしいです。ややもすると「本当のエースは唐川」なんて言葉が囁かれたりしましたが、もうそんな雑音も無し!堂々のエースっぷりです。

明日は杉内・・・・今日ホールトン、明日は杉内ってドコの球団?と思いますが、何故か相手はジャイアンツ。杉内には去年2勝1敗ながら、防御率1.19と打てていません。しかもこのところの杉内は絶好調。厳しい戦いになるでしょうが、そんな杉内に交流戦初の土をつけてもらいたいです。気になるのはセンターで、岡田なのか清田なのか。雨中止の神宮では左腕石川相手に清田でした。今季杉内の対左打者被安打率は.109とおいおい・・という数字ですが、右打者のそれは.169だったりしますので、あまり左右にこだわらずに岡田起用して欲しいのですが。もちろん清田のバッティングも観たいけど、守備力も考えて。明日は岡田、今日ヒットの無かった根元、角中の活躍が観たいですね。

☆今日はミス(パスボール)したジャイアンツが負けました。明日もマリーンズはミスなく良い試合を期待したい。ひとつだけ、最終回今江が2ゴロ(記録はヒット)の時に1塁に駆け込んで際、送球が逸れるのを観ているのに全く2進する様子が観られなかったこと。これは厳しく、「喝!」です。ひとつでも次の塁、という積極性だけは無くさないで欲しい!
☆サブローはジャイアンツ戦になると気合が入りますね(普段入っていないという訳ではない)。その心意気や、よし。
☆今日は浦和マリーンズvs所沢マリーンズ@小鹿野に行っていました。去年すっかりハマってしまったこの球場。今日はもうキツいので、近日中にレポをアップします。

★S2−4L
★YB6−2E
★D1−1F
★T1−2H
★C5−2Bs

□今日はパの3勝2敗1分、通算54勝48敗9分です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 水入り(今後の交流戦勝敗と勝率一覧〜6月9日終了時) | トップページ | 今後の交流戦勝敗と勝率一覧(6月10日終了時) »

コメント

ビジター席が売り切れだったので、土曜日に自宅へ戻りました。
読売の投手陣を打ち崩せなかったけど、成瀬の頑張りでよく守りましたね。今回も成瀬に感謝です。

これでは杉内からは点を取れそうにありません・・・
2試合つづけてミスしてくれないでしょうし・・・
頑張れ俊介!
接戦に見えるスコアでお願いしたいですね(0対2とか1対3とか・・・)。

投稿: 大阪の一ファン | 2012年6月11日 (月) 00時05分

やはり、ホールトンは難敵でしたね。どうも長身系外国人は打てる気がしない。でも、球数をしっかり費やさせましたね!大して打てないまま降板させることができ大きかったです。(もっとも、後続も打てませんでしたが)

成瀬は最後におまけ付きでしたが、完璧でしたね。奪三振が少なく、それが寧ろ安心感がありました。しかし、ドームは怖い。体勢崩したり、こすったような当たりさえフェンス際まで飛びますね。まぁ、うまくボール球を振らせていたので、事故は起きませんでしたが。

そんな鉄壁な試合展開で二回出た根元のプレー。一回目は、成瀬直撃ライナーのフォローですが、すぐに行くというより、グラブをポンポン叩いて待っていた感じでした。悪送球以前に、猛然と処理して欲しかった。二回目は「取る取る詐欺」で、センターフライを深追いして、最後直前にドロン。危うく岡田が捕り損ね、初エラーが記録されるところでした(怒)。こういうのって、周囲の野手も誰が捕るって指示できないんですかね〜?

優勝争いは、ミスしたら負ける、ミスが許されない試合だからこそ、慎重に丁寧にプレーして欲しいですね。

投稿: トマト | 2012年6月11日 (月) 08時28分

7回あたりから外野のやや深めのところに打球を飛ばされるようになっているのを見て、視聴しているこちらが「やられる!」とひやひやしていましたが、成瀬投手は表情がまったく変わりませんでしたね。昨年は、バリバリに相手を圧倒している時は目をばっちりと見開いて口を真一文字に引き結んだ表情をする一方で、ピンチになると顔をしかめ、ひっくり返ったボートのような形に口を開いていた印象があります。しかし、今年はしかめ面が減っているように見えます。

外野手のお三方もしっかり追いついて捕球してくれました。右中間に飛んだフライを岡田選手がランニングキャッチした時や、ファーストファウルフライを塀内選手がキャッチした時に、角中選手がしっかりカバーに来ていましたね。身のこなしや守備範囲という点では岡田選手や工藤選手には及びませんが、こういう連携がきちんとできているのは良いと思います。

投稿: ぷりな | 2012年6月11日 (月) 18時30分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

成瀬は良くがんばりましたね。エースとしての貫禄が出てきました。感謝、感謝です。
しかし打線はやはりというかホールトンを打てなかったですねえー杉内を崩すのはやはり難しそうです。ロースコアになるでしょうね。とにかく俊介はじめ、投手陣がんばれ!

投稿: BJ | 2012年6月11日 (月) 19時26分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

ホールトンやはり打てませんでした・・・同じく長身外国人は打てる気がしません。成瀬の奮闘さまさまでした。しかしまあーおっしゃるようにドームは怖いです。擦った当たり、コンッって感じの当たりでもひやひやします。こんなのプロの野球じゃありません・・・ファミスタの原っぱ球場です。成瀬は被弾なしでよくがんばりました。
根元のグラブポンポンと"待ち”は私もやはり気になります。しかし懸念でもあった三遊間の深いあたりを逆シングルで捕って遠投してアウト(初めて観ました)というプレーもありましたし、送球もどんどん改善はされています。今季のショートは根元と心中なのかなーと思います。
昨日は慎之助のミスで勝ったようなものでした。マリーンズのミスはもー観たくないです。
しかし今日のスタメンセンターは清田かあ・・・・清田がダメなわけじゃないけど、岡田ははずして欲しくないです~(泣)

投稿: BJ | 2012年6月11日 (月) 19時32分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

終盤は打球がいちいち怖かったですね~。しかしなんで”ポップフライ”でこんなにヒヤヒヤしなければいけないのでしょう。重ね重ね、東京ドームの試合がファイターズ主催も含めて年にすう試合しかないのが助かります。
外野手も頑張ってましたね。角中のカバー、以前ジョニーが「しっかりカバーしていない」と怒っていたのですが、誰か伝えたのでしょうか?(・・コーチが指導してると思いますが)。
打線ばかりが「和」の象徴と捉えられやすいですが、カバーリングとかこういう面こそ「和」だと思います。こういうところは隙の無いチームであって欲しい。
成瀬は堂々としてきました。最近、貫禄が出てきた気がします。おっしゃるように場面に応じて表情が変わらなくなって来ましたね。
(しかし
>ひっくり返ったボートのような形
って凄い表現・・思わず笑ってしまいました。とても伝わります)
技術的にもしっかり投げられていることで、自信もついてきたのでしょう。今季はかなり期待できそうです!

投稿: BJ | 2012年6月11日 (月) 19時46分

BJさん、今晩は。この試合は、成瀬投手が本当に凄かったと思います。9回裏は観ているこちらが緊張しましたが、よく抑えてくれたと思います。
6回表のサブロー選手のセンター前ヒットは、打球が綺麗に感じました。
今江選手の事は、BJさんの仰る通りだと思います。一方では、マリーンズの選手は、殆ど凡打でもファーストまで全力疾走しているので、自分はその姿勢が好きです。掛布さんがよく解説で言ってましたが、全力疾走は必ず試合の局面を変える要素がありますよね。
マリーンズの選手の真摯なプレーを期待します!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年6月12日 (火) 17時53分

>エイトマンちからさん
返信おそくなりました、コメントありがとうございます。

成瀬の投球、素晴らしかったですね!最終回の失点、こんなのは関係ありません。9回完投で勝ってくれた、これだけでもう充分です。
サブローのヒットは本当に美しいですよね。凡打と安打の違いがこれほど出る選手も珍しいです。マリーンズ選手の1塁までの走塁、私はまだまだ物足りません。ベテランはテレテレ走ってますし・・・ファイターズではそれはありえません。まだまだ甘いよなあと思ってしまいます。
とまあ厳し目に書きましたが、若手はしっかり走ってますよね!こういう姿勢は絶対に失って欲しくありません。いつか必ず活きる筈です!

投稿: BJ | 2012年6月13日 (水) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45605605

この記事へのトラックバック一覧です: 成瀬の完投勝利は明日にも繋がる G1−2M:

« 水入り(今後の交流戦勝敗と勝率一覧〜6月9日終了時) | トップページ | 今後の交流戦勝敗と勝率一覧(6月10日終了時) »