« おかえり荻野忠寛!復活を演出する連勝 M12−4L | トップページ | 完敗・・・。明日振り払え〜! Bs3−0M »

2012年6月30日 (土)

そろそろ「負けなくて良かった」は言い飽きた Bs3−3M

「負けなくて良かった」というセリフはそろそろ口にしたくないものですね。
ニッカン式スコア

グライシンガーと、今やすっかり謎の状態の井川のマッチアップ。正直井川を打てない気はしなかった。
グラは今日も素晴らしい投球を展開、前回は少し制球に不安を残したのですが今日はまたコーナーを丁寧に突く投球が復活。しかもストレートが良かった・・・基本的に低めにストレートを決める、というイメージは無いのですが今日は右バッターのアウトローに、しかも力ある球がズバズバ決まっていました。イ・デホから見逃しの三振を奪ったボールなんてどこの剛球投手だ、というボールでしたね(その次の打席、ストレートの残像を利用してのチェンジアップで手玉に取ったのはお見事でした)。大引にソロを浴びますが、第一打席でストレートをとても良い内容で右におっつけていたので、今日は要注意バッターだった筈なのですが、ホームランはそのストレートをドンピシャで打たれたものでしたから、もう少し配慮があっても良かったかなとは思います。それでも6回98球1失点で降板、今日もしっかり試合を作りました。
しかし結局追いつかれ、またもグラの勝ち星がスルリと逃げました。打線は早い段階で3点を奪ったのでやっと援護してるなーと思ったのですが、それで打ち止め。これだけ野手、投手ともにグラの勝ち星を消してしまうと来年は違うチームにいそうな気がしますね。
とはいえ、せめて7回まで投げてくれればな・・とも思います。6回98球の降板はグラに対しては妥当ではありますので、5回に球数を費やしてしまった事が悔やまれます。

井川はなんとも言いがたいですね。ストレートは昔の面影はなし・・・スライダーも微妙・・・球はバラつくし。捕手伊藤との呼吸も全く合わず・・・マリーンズのタイムリー3本は全てストレート、配球にも工夫が無いしこれではベンチは堪らんです。井川は好きな投手だったのですが、この内容では海の向こうでは当然通用しないでしょう・・。なんだか悲しい光景を観てしまいました。

しかし後を継いだ塚原は素晴らしかったですね。ストレートとフォークを軸にマリーンズにずるずるっと行きそうだった流れを完全に止めました。終盤の同点劇を演出したのは塚原と言って良いでしょう。今年高卒2年めながら出てきたので観たかった投手なのですが、この内容ならまた先発はあるでしょうね。(前回は緊急先発でのKOでしたしね)

マリーンズの野手陣は投手が代わった途端にまたタイムリー欠乏症に逆戻り。序盤の3点のとり方は良かっただけに、中盤以降の攻めが悔やまれました。まだ我慢は続くのかな・・・。

しかし後ろの投手陣がまだ不安定ですし、そんな呑気な事も言っていられません。ベンチとしても、もう少し足を絡めた攻撃をお願いしたいところです。それにはやはり岡田スタメンて大事だと思うのだけど。今日は途中から半袖で頑張ってましたが、荻野貴司の元気の無さが気になりますね。それでも送りバントの時の1塁への走塁は昨日までと変わってスピードがありました。もう少し、ですね。
サブローは貫禄の4四球。これでチームダントツトップの39コ。次の井口が20コですので際立っています。地味かも知れませんが、見逃せない働きですね。
大松はなんだかまた調子が良くなりましたね〜。プルヒッティングで強い打球が飛ぶようになっています。メンタルも大きいと思いますので、自信持ってやって上昇気流に乗って欲しい。

薮田、益田はやはり心配です。二人共チームトップの32試合登板を強いているのに、西村監督の「2人とも欠かせない。早く元の状態を取り戻してほしい」って言うまるで第三者みたいなコメントが気になります。益田はもちろん、老体にムチ打って(失礼)一昨年からガンガン頑張ってる薮田まで壊したらほんとシャレになりませんよ・・・「暴挙」と言っても良いでしょう。やりくりするのは首脳陣の仕事です。しっかり頼みます。

今日も勝ちたい試合でした。でも益田薮田の二人で追いつかれたら、グラにはスマンけど仕方ない・・。明日勝ちましょう。
明日は藤岡と寺原。今季の寺原は良いのか悪いのかこれまたなんとも評価しがたい投球を続けています。が、まずは藤岡が自分の投球を出来るかですね。前回はストレートの調子も戻って来た気配でしたから、明日は安心させて欲しいです。

☆やっぱり気になる竹原。今日は最終回に代打で出てきて、目出度く2塁打を放ちました。竹原ってこういう時に打てる打者だっけ?(2年前に最終回球児から代打で2塁打打ったっけ)。良いアピールになったでしょう!明日はスタメンで来そうですね。

★L7−5F
★E6−0H

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« おかえり荻野忠寛!復活を演出する連勝 M12−4L | トップページ | 完敗・・・。明日振り払え〜! Bs3−0M »

コメント

京セラDで生観戦しました。

>「負けなくて良かった」というセリフはそろそろ口にしたくないものですね。

よくぞ、言ってくださいました。勝てる展開、勝たなければいけない展開からの引き分けが多く、悔しい思いが募っているのに、「負けなかったから良し」と言われることがほとんどで、周りのファンとの温度差が悔しい日々でもあります。

夏の陣初戦も、もったいない試合でした・・・
井川が、たくさん四死球をくれたのに・・・3点だけ・・・その後も塁上は賑わすのに、「残塁大好きマリーンズ」・・・

犠打で送るのは良いですが、直後の打者がフライを上げては意味がない・・・
走者二塁でも、単打で一三塁→点が入らず残塁とか、一死三塁でも犠牲フライが打てないとか・・・

木曜日のマリンでの大勝で、チームもファンも翌日まで満足なのでしょうか?

そうじゃないはず。回が進み、残塁の山が増えるたび、レフトスタンドからはため息が聞こえ、雰囲気がどんどん重くなっていきました(もちろん応援はしていますが)。前日は前日です。チャンスをいっぱいもらっているのだから、もっと点を取ってほしかったです。
試合が終わると選手は笑顔でハイタッチ(スタンドから見えました)・・・負けなかったから嬉しいのでしょうか?ハイタッチまでするものなのか???

グラがかわいそうです。勝ちを消されたことが理由でオフに別のチームに行くことになっても、やむを得ないでしょう。

投手を酷使しておきながら第三者コメントの首脳陣は、他人目線がぶれませんね・・・やっぱり好きになれません。

竹原が登場した時には、ロッテファンからも拍手が起きました。やはり人気まりますね。うまい流し打ちでした。藤岡や吉見が先発ならばスタメンあるでしょう。彼もロッテキラーですね・・・

土日も生観戦ですが、前途多難です・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年6月30日 (土) 02時51分

最終回はサヨナラも覚悟したので、「負けなくて良かった」と思いますよ。あの展開、昨年までならひっくり返されてました。負けないで終わるあたりは、チーム力だと思います。
グライシンガーはよく投げましたが、3連戦の頭に登板する投手としてはどうなんだろ?それこそ負けてもいいから相手の調子を崩す投球が見たかったです。リリーフ投手の出来も云々ありますが、得手不得手がはっきりしすぎ…人材がないのでグライシンガーさんには頑張ってもらわなくて、はなんだけど、将来的には適性を言っても藤岡君の役になっていくんでしょうね~
打つ方は…
残塁が多いのは打順の組み方が違うんですよね…
清田がバントで荻野に繋ぐ、とか、逆でしょ状態みれば…
荻野も状態上がらないし、岡田を起用しない理由が分かりません(代走荻野ならスーパーサブ工藤ちゃんを)
相手先発が左腕だしまあ間違いではないと思いますが…
あと大松、里崎が出塁したらバントのサインは厳禁!2塁から単打で帰れないし…彼らわりに打撃の状態いいので工夫したらどうですかね~
前監督が「どこからでも得点できる打線」「3人で1点とる野球」って言ってましたが、この際大変合理的な論だと思います。見直してほしい作戦です。

投稿: てんとう虫 | 2012年6月30日 (土) 07時31分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

同じ引分でも勝ち試合を追いつかれてのものと、負け試合を追いついてのものでは全然違いますからね。昨日は勝ち試合でしたよ。勝てる試合は取らないと、シーズンも終盤にそれがどう影響してくるか。過去2度0.5差で4位に終わっている事をみんな忘れてしまっているのでしょうかね〜。
私的には、井川から3点、塚原から0点、まではまあ我慢出来るんですけど、その後の投手から攻めて点欲しかったです。チャンスはあったのですから。
前日の大勝は、ドッカンドッカンではなく繋いだり足を絡めたりの大量点でしたから、良い流れを持ってきてくれるかと思ったのですが違ったみたいです(泣)
グラは内容から言っても最多勝トップ走っててもおかしくないのですが、甲子園で勝ちを逃してからおかしくなった感じです。こうやって思うと野球の流れって試合だけでなくてシーズン通しての「大きい流れ」もあるなあーと思いますね。
しかし、後ろの投手陣整備どうするのでしょう?困ったら益田、薮田では去年までの伊藤ちゃんロサと変わらないです・・・進化がないなー。

投稿: BJ | 2012年6月30日 (土) 10時22分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

内は後ろに回ってからすっきりしない投球が続いていますが,
私はあまり心配していないのですよね〜。なんで、最終回も抑えてくれると思っていました。
返信なのに長くなってしまいますが・・・配置転換になってから、内に一度もしっかり良い流れで渡してないと思うんですよ。リードしたままで流れからも最終回に「俺が登板だ」とわかる状態でバトン渡したいです。(強いて言えばサブロータイムリーで勝ち越したKスタですけど、これも同点から9回に勝ち越しだった・・・いつ行けるか準備しにくい流れだと、経験者はともかくクローザー初心者マークの内には難しいと思う)他は同点で投げる、とかそんなんばっかし。一度、わかりやすい状態で登板して、ピシャッと締めて、良いイメージでクローザーに入って欲しいんです。甘い?
グラの3連戦頭の適性は確かに・・・。Kスタでの初戦、記事には書きませんでしたがマー君が内角をズバズバ攻めていたのですよね。あれで内角に対する強烈な意識付けが出来てしまって、2戦、3戦と一度も勝てなかったことに繋がったとニラんでます。そういう意味では連戦の中か後ろ、特に後ろの方が向いているかも。将来の藤岡に期待ですね。
相手が左だと岡田外すのはどうなんでしょうね・・・清田も荻野貴も使いたいという「欲張り」なのでしょうが、清田9番て彼の良さを殺してる気がします。前にちらっと書きましたが、「自身なさげな9番打者」のバッティング内容になってしまってるんですよね。昨日岡田が代打で出て死球出塁し、次に荻野、というのを観ていてやっぱこれでしょと思いました。
大松と里崎が出塁でバントは私もちょっと萎えてしまいます。余程のヒットでないと還れない・・・送ってるのにヒット2本必要という(汗)打順の組み方はまだまだ考慮する余地がありますね〜。

投稿: BJ | 2012年6月30日 (土) 10時38分

BJさん、今晩は。この試合は、自分は、荻野貴司選手に“らしさ”が戻りつつあるシーンが観られた事が非常に嬉しかったです!
送りバントでファースト・ベースに走った場面は、充分、スピード感を受けました。あと、智也捕手とランナーが入れ替わったシーンは「やった!」という感じでした。それでも、確か4球目のチャージでは根元選手もバットを出さざる得ず、レフト前ヒットで盗塁が観られなかったのは残念です。
そんな中で、荻野選手を信頼して起用して下さる西村監督に感謝します!自分は、荻野選手の1軍復帰は、やはり本当に嬉しいです!ベンチの期待は本当に大きいですね。また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年6月30日 (土) 21時49分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

荻野貴の送りバントでの走塁シーン、前日までと打って変わってスピードがありました。かなりホッとしましたよ〜!天候とか気温とか、体調とかで結構変わるのでしょうかね。だとしたら今季は上手く右膝と付き合っていくしかないですね・・・。試合に出て状態を上げていくしかないのかもしれません。
なんにせよ、元気な姿が観られるのは嬉しいです。これからどんどん魅了して欲しいですね。

投稿: BJ | 2012年7月 1日 (日) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/46013553

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ「負けなくて良かった」は言い飽きた Bs3−3M:

« おかえり荻野忠寛!復活を演出する連勝 M12−4L | トップページ | 完敗・・・。明日振り払え〜! Bs3−0M »