« ここが最初の正念場 M3−6C | トップページ | こういう試合もある、仕方ない M5−8T »

2012年6月15日 (金)

今年もド迫力の”接近戦”を堪能〜2012.6.10浦和マリーンズ@小鹿野球場

去る10日の日曜日、埼玉・秩父の小鹿野球場で行われた、所沢ライオンズvs浦和マリーンズの試合に行って来ました。
ここは去年初開催。山奥の秘境みたいな球場と、インフィールドへの近さにすっかりノックアウトされ、今年もはるばるやって来ました。
(球場の雰囲気や場所など、去年のレポはこちら・・・・とにかく凄い球場なので、是非ご覧になってください)

スタメンはこんな感じ。
M
1(左) 伊志嶺
2(三) 翔太
3(中) 荻野貴
4(遊) 細谷
5(指) 神戸
6(捕) 小池
7(二) 高濱
8(一) 蔡森夫
9(右) 生山
P吉見

L
1(一) 浅村
2(中) 石川
3(指) 佐藤
4(左) 高山
5(右) 坂田
6(二) 林崎
7(三) 美沢
8(捕) 岳野
9(遊) 永江
P小石

モリオと生山がスタメンだあー!ライオンズは浅村やら佐藤やら高山やら酒田やら林崎やら豪華メンバー。
マリーンズはホワイトセルや正人、的場や今岡なんかはきっと”免除”なのでしょうね。(何しろ遠いもん)

もう日にちも経ってしまっていますし、試合詳細は球団公式に譲り、今回は画像中心にします。

小鹿野球場の話に戻りますが、去年の初開催の相手がマリーンズ。今年もマリーンズだ!と思ったのですがよく考えたら埼玉の奥地にあるので、マリーンズ以外とても呼べないって事に気が付きました。マリーンズだって浦和からは相当遠いです。
この球場、山の中にあるのも特徴なのですが、なんてったってインフィールドが近い!マリンスタジアムのバッターボックスとネクストバッターズサークルまでの距離よりも観客席の方が明らかに近い!開催側もそれがウリになることに気がついたと見えて、今年の広告チラシはこんなでした。

Poster

「こんなに近くでプロ野球観戦ができるところ 他にない!」
「超接近戦」て(笑)
でも、この言葉、その通りで全く看板に偽り無しです。恐らく日本一近い。本当に迫力あります。来年も開催されたら、是非行ってみてください!

では画像です。多くて、重くなってしまいました。モバイル環境の方、ごめんなさい。

緑の中、気持ちよさそうにバッティング練習
Dscf0789

伊志嶺元気かあー 凛々しいのに可愛い顔してますよね
Dscf0805

ノックする青山監督
Dscf0791

何故か翔太がやらされるが・・・ヘタ(笑)この後晃多もやってました
Dscf0833

生山、モリオのスタメンコンビ 残念ながら二人ともノーヒットに終る
Dscf0819
Dscf0827
Dscf0919

バッティングピッチャーを務めるゴエさん
Dscf0825

晃多と江村
Dscf0849

送球練習する江村
S0010812

コーチの目を盗んでコーラを飲む江村 もちろんバレてるんだけど。江村のいじられキャラはなんとも好きです
Dscf0858

金森コーチも元気
Dscf0799

ケツポケにグローブ入れてる人初めて見た
Dscf0861

青山監督と秋元コーチ 西武〜大洋の同朋ですDscf0866

ヤマテツと植松 二人とも上で観たい!
Dscf0868

ほのぼのしますね〜
Dscf0881

高濱はずっとセカンドでの出場が続きます てことは上のセカンドのバックアップを念頭に置いているのでしょう
Dscf0893

荻野貴司!
S0020841

Dscf0851

細谷も笑顔
Dscf0854

Dscf0932

いきなりのホームラン
Dscf0892

Dscf0937

ネクストから投手を見据える
Dscf0891

独特のフォーム、ルーキー小石 既に1軍で初勝利を上げています この日は7回を2安打1失点 
S0050909

小池 上で待ってるぞ!
Dscf0936

青松の出番が減っているのが寂しい 怪我もしていたようですね
Dscf0971

ニラミをきかす翔太
Dscf0930
Dscf0940

阿部
Dscf0942

植松 相変わらず制球はバラバラだけど、ストレートは今日投げた投手の中で一番力があった
Dscf0950

ご当地登板となった秩父高校出身・黒沢
Dscf0958

長崎・海星高校卒ルーキーの永江 センスあるなあ〜
Dscf0945

生山、晃多、支配下を勝ち取れ!
Dscf0857
Dscf0980

小鹿野球場、小鹿野のみなさん、今年も楽しかったです ありがとう!
Dscf0992

罰ゲームみたいな荻野
Dscf0986

Dscf0968

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« ここが最初の正念場 M3−6C | トップページ | こういう試合もある、仕方ない M5−8T »

コメント

レポートお疲れ様です&ありがとうございます。

いちど行ってみたいんですけど秩父まで(爆)
あまりにも遠くて行けません…クルマないし(泣)


地方球場楽しいですよね。

高濱君が時々セカンドやってますね。
マリーンズマガジンの今月号ご覧になりました?
上川コーチの記事にて
高濱君のことも言及してまして
「高濱は打ってナンボの選手、打撃を生かすためにいろいろなポジションに取り組ませている」
的なこと書いてあり、興味深いです。
高濱君の打撃スタイル的には金森理論がハマるんじゃないかと思ってたら
ひたすらセンター返しを繰り返し
気がついたら3割に乗せましたね~
ああ楽しい♪

でも高濱君は大柄なので
セカンドに居られると遠近感狂うんですが
私だけですか(笑)

大型内野手って楽しいですね。

投稿: てんとう虫 | 2012年6月16日 (土) 00時37分

こ、これはある種の遠征ですね!そんなに近くで観られるなら、旅行気分で行ってみたくなりました。実は、まだ二軍戦を観たことがなく、荻野貴司ウォッチング兼ねて浦和参戦計画立てていたら、先に昇格してしまいました(笑)。しかし、伊志嶺もいるし、浦和は年内に行きたいです。

しかし、超接近戦とは、うまい広報ですね〜!

あ、そう言えばこの間の岡田のセンター論の続きですが、試合前ノック、レフトだったと知りました。試合でレフトが岡田だったら…アカン、やはり勿体ない!!あ〜、悩ましいっ

投稿: トマト | 2012年6月16日 (土) 10時55分

こんにちは。当日参戦したものです。
昨年行かれた方々のレポートを拝見して前から楽しみにしていました。
昨年のレポにある、「いきなり球場が」そのままでしたね。
読んでいてさえ驚きました。
内野A席の近さも堪能しました。
この先も、黒沢がロッテにいる限りロッテにお声が掛かるでしょうね。

投稿: ジャムジャムジャンケン | 2012年6月16日 (土) 11時44分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

埼玉在住の私でも遠いですもんね・・でも小旅行です、小旅行!ウチは車ですけれど、鉄道でも行きたいな〜と思います。一年の始めから「小鹿野行くぞ〜!」って計画してれば楽しい旅行になるのではないかと。地方球場大好きです!
マリーンズマガジン、まだ見ていないのですよー。そもそも、マリンに行けていない・・(悲)高濱、確かに打撃が魅力ですもんね。活かす道を探って欲しいです。ファーストもやってますし、今年はココならチャンスあるかも。今年中に上で観たいですね。
高濱セカンドで遠近感が狂うのは今までが晃多が多かったというのも少なからず影響が(笑)大型内野手、楽しいです。実はついこないだも友達とそんな会話をしたところ。マリーンズも待望の大型内野手の登場を!

投稿: BJ | 2012年6月16日 (土) 14時28分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

はい、完全に遠征です。ぜひぜひ行ってみてください。ほんとに近くで観られます。(もし・・・初のファームが小鹿野だったら、あまりにもカルチャーショック受けると思うので浦和を挟んだ方が無難かと(笑))秩父は「山」「山」してますし、旅行としても楽しいと思いますよ〜。超接近戦、上手いキャッチコピーですよね。
岡田、試合前ノックレフトだったのですか?うー、やっておいて損は全くないけど、やっぱり勿体無い、いかんです。センターは岡田で。総選挙の必要も無し〜。

投稿: BJ | 2012年6月16日 (土) 14時35分

>ジャムジャムジャンケンさん
コメントありがとうございます。

参戦されたのですね、お疲れ様でした!
あの球場のシチュエーションは驚きますよね。でもなんとも言えず良いですよね〜。よくあんなとこに球場作ったなあ、と感心するやら呆れるやら。でもオンリーワンの球場です。
黒沢、次に登板する時は背番号が2ケタになってたら良いですね。頑張れ!

投稿: BJ | 2012年6月16日 (土) 14時38分

自分もこの日に行きました。懐かしい!
自分は外野で見ていましたが信じられないことにすぐ
裏に小川が流れていて本塁打のひとつが川ポチャ(笑)
橋の下の球場といい食い物といい、接近戦といい
土砂降りの雨といい楽しい思い出です

ありえないといえば成田の大栄の最新球場
建設途中から車で何度か行っていましたがこんな処に
球場建てるなよといいたいほどの立地
車以外では観戦不可能です 歩いたら成田空港の駅まで
4時間はかかるのでは?

もっとロッテは千葉・茨城の地方球場でイースタンを
開くべきですよ

投稿: マー君 | 2013年11月13日 (水) 15時36分

>マー君さん
コメントありがとうございます、大変返事が遅くなってしまい、申し訳ありません!

小鹿野球場はある意味プロがやる試合としては日本一の個性かと(笑)外野の裏、確かに川が流れてました!しかも清流という。残念ながら最近は開催していないようですが、楽しかったてますよね。再開を希望します。
成田に新球場出来たのですか?そんな不便なところじゃ地元以外の人行きにくいな…仰る通りで、マリーンズはもっと地元でイースタン開催して欲しいですよね。出来る球場は沢山あると思うんですがー。

投稿: BJ | 2014年2月15日 (土) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45670678

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もド迫力の”接近戦”を堪能〜2012.6.10浦和マリーンズ@小鹿野球場:

« ここが最初の正念場 M3−6C | トップページ | こういう試合もある、仕方ない M5−8T »