« ”雨男”も時には良いものだね M4−1F | トップページ | 成瀬、たまにはこういう勝利も良いかな M6−4H »

2012年5月10日 (木)

私が根元を支持する(していた)理由

今日は雨天というか荒天中止?相当な暴風が吹き荒れ、ヒョウも降ったようですし、仕方無いですね。今季初先発の晋吾には残念でしたが・・・。これからは中継ぎに入るようです。交流戦では後ろの投手のコマ数が多く必要になりますし、晋吾なら一定の信頼を置けますから歓迎します。

さて、当ブログでは当初からショート・根元を支持して来ました。それが不思議に思っている方もいらしたかと思います。その理由を説明します。
一言で言うと、「競争を勝ち抜いて掴んだショートだからだ」ということ。

今までのプロ人生の中でレギュラーを掴みかけては井口加入などで逃して来た根元。
去年は最初から荻野ショートありきの競争でも、それでも石垣キャンプでは毎日居残り特守をしていました。その姿をこの目で観ていますし、再挑戦の今年も休日無くキャンプで頑張り、課題だった「魔送球」も目に見えて改善され、オープン戦で結果を出して勝ち取ったショートレギュラーの座。
与えられたポジションではなく、「自分で掴みとった」という事が私は嬉しくて、少々の事には何も言うまい、と思って来ました。

だって、他の選手は根元よりも結果を残せなかったんです。根元がマリーンズのショートでは一番だった、だからレギュラーを張った。だから、それはつまり「マリーンズのショートは根元」と認められた、という事です。

しかし、残念ながら根元を支持するのも今では難しくなって来ました。現実として、打撃はともかく守備で投手の足を引っ張ることとなっています。現時点で果たして根元が1番といえるのか?
・・・残念ですが、たぶんショートを任せられる選手は他にいる。根元の肩を考えても、セカンドの方が現実的でしょう。

マリーンズでショートを守れる選手と言うと、細谷、高濱、鈴木、翔太、塀内、早坂、正人、角。これだけの選手がいます。鈴木の様にファームで結果を出し始めた選手もいます。ならば、今根元に固執する理由は残念ながら無いと言わざるを得ません。
井口の完全固定を監督が止め、休ませつつ起用すれば、セカンドのポジションも多少空きますし、根元が生きる場所もあるでしょう。
セカンドとショートの2つのポジション、ここで選手を試す時期が来たなと考えます。またレギュラーショート不在となりますが、仕方ありません。

現実的にはショートに一番近いのは鈴木でしょうか。私個人的には高濱にも期待していますし、何より翔太が楽しみ。西岡と同じような動物的な動き、センスを感じるんですよね。今年は1軍の空気を経験させたいなあ。

首脳陣がどう考えているか分かりませんが、少しでも早い決断を期待したい。

やっとポジションを自力で掴んだ、ショート・根元には期待していただけに寂しい気持ちがあります・・・・。でもそれがプロの世界なんですよね・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています


|

« ”雨男”も時には良いものだね M4−1F | トップページ | 成瀬、たまにはこういう勝利も良いかな M6−4H »

コメント

雹まで降っては逃げるが勝ち!ハム戦はしかし予備日とってないので、もしかしたらシーズン最後に何か起きる試合に化けるのかも…?
さて今日のこちらの記事、感動しました。「競争に勝ち抜いたから根元でいい」、実にスポーツマンシップに溢れてます!
たぶん西村監督も同じ考えなんでしょう。
個人的には、人間誰しもできることとできないことがある、また、できることを100%こなすのがプロだと考え、できないことまで要求して結果を求めるのは違う、とか考えてます。
シーズンも中盤にさしかかり、根元選手の欠点(出来ないこと)も浮き彫りにされてきました。本人は課題と思ってるんでしょうが…
できないことがあるのは、ある意味どうしようもない。

ただ、起用する側としては、他に状況を改善する策があるならとるべきだと考えます。

しかしファンが待望する鈴木、高濱、翔太、角らみな期待したいですが
彼らにも長短所があるわけで

我慢するポイントが変わるだけな気もします。

ファンの我が儘を言えば、同じ欠点を我慢するなら、伸びしろに期待したいかなとは思うでしょうね。

根元選手の最大の欠点は「もう若い選手ではない」ことかなあと思う今日この頃です。シビアですが…

投稿: てんとう虫 | 2012年5月10日 (木) 22時38分

連投すみません。

誤解されると哀しいので付け足します。

厳しく書いちゃいましたが、根元選手には頑張ってほしいと思うのは本音です。
ただ、今の起用のされ方が本当に本人にとって幸せなのかは
野球ファンのひとりとして気になってます。

このあと交流戦なので、DHがない試合を思うと、総合力では鈴木がいいかなと思うけど高濱のユーティリティさに注目。

投稿: てんとう虫 | 2012年5月10日 (木) 22時48分

根元は井口と併用、ショートはイースタンで結果を出している、鈴木、細谷の併用でいいんでは。
まぁ、西村ですから、何も考えていないでしょうけど。頭悪そうだもんね。

投稿: オウスト・アバ二 | 2012年5月10日 (木) 23時14分

最近の連日の見えにくいミスや記録に残らない実質エラーに憤慨し、感情的になったこと失礼しました。BJさんご自身の目による根元の変化への着目、非常に説得力がありました。

一旦冷静になり、私見を言わせて下さい。もともと打撃には定評があったようですが、新人の頃ボストシーズンでセカンドに就き、痛烈な当たりを押さえてキャップのツバを触った姿に、即戦力を感じたのですが、井口入団でレギュラー候補が白紙となり、そのまま半端なイメージがついてしまいました。(ここは多少なり同情しています)

春先オープン戦で打ちまくっていた頃、「自分の間で打席に立てている」のコメントに対し期待を寄せたのは事実ですが、魔送球がなりを潜めた代わりに?、初動の遅さ、球際の弱さ、無駄な動きの多さ、そして肩の弱さが散見されるようになりました。

しかし、私が今の根元にレギュラーとして納得いかないのは、それだけではありません。野球脳のレベルと緊張感(危機感)の薄さです。打撃含めて何度も同じことを繰り返し、後先が見えずにプレーしたり、失敗(凡退)時に天を仰ぐ姿に、のびしろを感じないようになってしまいました。

とは言え、井口を時に指名打者とし、セカンド根元なら違和感なく支持します。

守備機会が多いショートは、華のあるプレーもいいですが、それより先ずはミスしないこと、安定していることに重きを置いて欲しいです。

長々と失礼しました!!

投稿: トマト | 2012年5月11日 (金) 01時00分

オープン戦では、よく打っていたので、他の候補を圧倒して開幕レギュラーに選ばれました。それについてはわかります。

ただ、打撃の好調さが止まってしまうと、ミスに目をつぶれなくなります・・・

根元がずっと打ちまくっていたら、チームが彼のミスをカバーして独走していたら、そのまま使われても気にならなかったでしょう・・・

フル出場を望む井口を説得して適度に休養させ、根元に2塁手としての出場機会を与えることを監督・コーチにお願いしたいものです・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年5月11日 (金) 01時37分

シンプルですが、それがもっともな理由ですよね。だから角中が使われる訳で、西岡・今江もそうです。与えられた出番でチャンスをつかみ、そして試合に出続けてしっかり結果を出していく。今年はショート誰なの状態でしたが、開幕ショートの根元に反論する人間なんてほとんどいなかったでしょうね。それは仰る通り、オープン戦で結果を出したからです。
でも、ここにきてポカというか、疲れも見え始めました。ここを乗り切れればいいですが、そうもいかないような守備になってきましたね。だったらもう1度、競争させればいいですよね。外野は凄いですよ。伊志嶺が淘汰され、清田も荻野が帰れば危ない、岡田も危うくレギュラーを取り損ねる・・。だからこそ今外野にいる3人は、競争を勝ち抜いたから試合に出れるんですよね。そろそろショートもそうする時期がなのかもしれないですね。

投稿: tomten | 2012年5月11日 (金) 12時57分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

選手それぞれに出来ること出来ない事、得意なこと不得意な事があって、言い換えればそれが野球選手それぞれの個性と言う事ですよね。
根元に強肩と華麗な守備を要求するのはある意味筋違いな事なのかも知れません。残酷ですが、仰るように本人は課題と思っているのかも知れませんが、出来ないものは出来ない・・。
結局、どこのポジションにしても選手を起用するにはその選手が出来ることを期待して起用するのだし、首脳陣やファンが期待していることとその選手が「出来ること」が一致しないと不幸な結果になるのですよね。今の根元の状態はそういう事かも知れません。
ただ、だからと言って何もしないのでは指導者として失格ですよね。出来る手立てがあるのならば、厳しい言い方をすればそれをしないのは怠慢だとも思います。
それにしても、じゃあ他の選手に期待しましょう、となっても・・・
>我慢するポイントが変わるだけな気もします。
となるのが真実ですよね。ならばやはりもっと大きな可能性を秘めている選手で我慢したい、という気持ちはありますよね。根元には厳しい言い方になってしまいますが・・・私も同じく根元に頑張って欲しいという気持ちもあるのですけれど。

投稿: BJ | 2012年5月11日 (金) 19時07分

>オウスト・アバ二さん
コメントありがとうございます。

仰るようにセカンドで井口と根元併用、ショートは鈴木、細谷が現実的でしょうね。私個人的には細谷はなかなか厳しいとも思えますが・・・昔は期待していただけに残念ですが。
西村監督の石頭采配は変わらないのでしょうかね。今年は今までよりは多少柔軟にも見えるので、期待したいのですけれどね・・・。慶彦に頑張ってもらいたい。

投稿: BJ | 2012年5月11日 (金) 19時10分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、根元に関する言及、感情的では全然無かったですし、むしろ素直に気持ちが出ててそっちの方が嬉しいものですよ。今回の記事はあくまでも私いち個人の考えですしね。
根元ルーキーイヤーのセカンドファインプレーでのツバ押さえ事件(笑)懐かしいですね。順調に実績を積み上げて来たなかでの井口加入は気の毒でした。実力で越えられなかったからだ、という言い方もあるかも知れませんけど、相手がわざわざ加入の井口とあっては実力以前の問題もありました。
魔送球が陰を潜めたことと無駄な動きの多さは相関性があるでしょうね。逆に言うと、無駄な動きをしないと送球が安定しないとも言え。とは言え球際の弱さは気になりますよねえ〜。
野球脳に関しては正直物足りないです。稲葉の3進が象徴的でした。一所懸命だったから、はアマでしか通用しませんし。一昨日は初回一死から糸井の盗塁で送球を受けてアウトにした後、チェンジと勘違いしてベンチまで走りかけましたからね・・・何やっとんじゃと。
なんというか・・・野球選手に限らず、人に対してあまり使いたくない言葉なのですが、なんかツイてない選手だよなあ・・・としみじみしてしまいます。
でも、セカンドなら輝けるかも知れません。頑張って欲しいですね。

投稿: BJ | 2012年5月11日 (金) 19時19分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

結局の所、根元レギュラーショートの理由は打撃に期待してという事になりますよね。あのままの好調さをシーズンで維持出来ていれば、ここまで風当たりが強くなることは無かったのでしょう。
今の守備レベルだと、最低でも3割以上くらいは打ってくれていないと釣り合わない。今の打撃レベルなら、守備力をもっと上げてくれないと釣り合わない。打撃はもう少しやってくれると思ったのですけれど。
しかし、井口を適度に休養させて根元をセカンドで、っていうのは本当に誰もが思うことですし、またそれは理にかなってると思うのですがそれをやらない(出来ない?)監督には今年もがっかりするのかと思うと・・・やりきれません。

投稿: BJ | 2012年5月11日 (金) 19時24分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

あのオープン戦で結果を出した根元のショート起用は文句なしでしたよね。もちろん守備力に危惧はあった訳ですけれど。
ただ、やはり・・・今の状態では厳しいです。キャンプで結果を出したのは根元。でもシーズンで結果を出すのが目的の筈。ならばまた競争が発生するのは仕方のないことです。他に誰もいないのならともかく、選手がいるのですから・・。
外野は本当に凄いですよね。(オープン戦での伊志嶺の偏愛ぶりは伊志嶺好きの私からしても尋常じゃなかったですが)競争に次ぐ競争、その結果外れる選手がいても、本人やファンは少なくとも納得は出来るでしょうし、レギュラーを奪った選手は出たら出たで結果を出さないといけないプレッシャーと戦わなければいけません。
ショートでそれを今しないというのは誰も納得しないと思いますし、本人もそう思ってると信じたい所です。外野における角中のような存在がショートでも出てきて欲しいです。

投稿: BJ | 2012年5月11日 (金) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45210732

この記事へのトラックバック一覧です: 私が根元を支持する(していた)理由:

« ”雨男”も時には良いものだね M4−1F | トップページ | 成瀬、たまにはこういう勝利も良いかな M6−4H »