« 交流戦前最後のヤマ場、F・H6連戦 | トップページ | ”雨男”も時には良いものだね M4−1F »

2012年5月 8日 (火)

少しのズレが大きな違いを生む M7−9F

福浦が多田野の球速表示不能な超スローカーブをセンター前にヒットしたまでは笑えてたんですが・・。
ニッカン式スコア

先発のグライシンガーと多田野はともに持ち味を発揮し、5回までは根元の先制タイムリーにより1−0と投手戦の様相でした。
グライシンガーは初回こそ球が上ずり心配しましたが、2回からきっちりと修正します。さすがという投球でしたが、魔の6回。
小谷野の2塁打を皮切りに5連打、さらにヒットとホームランであっという間に7失点・・・。代わった木村もタイムリーを打たれ、この回一挙8失点。試合は決まってしまいました。

・・・と思ったのですが、この後からまるで違う試合の様相。
なんともまとまりのない展開、一時はファイターズに3−9までリードを奪われるものの終ってみれば7−9。いやはや・・・観戦された方はご苦労さまでした・・・。これで勝ってたらまだ良かったのですけどね。

ブログもまとまらんので箇条書きで行きます。

◯グライシンガーは過去4試合パーフェクトピッチを見せてくれました。今日の6回も不運な内野安打なども絡み一気に崩れましたが、一歩違っていれば1失点くらいで済んだかも知れません。こういう事も野球ではあります。仕方無いです、次の登板に期待しましょう!
◯グライシンガーはKOされ、ベンチに戻るやいなやメモ帳を開いてメモを始める。凄いな・・・この姿勢。
◯根元の守備を今までフォローしてきたけど、さすがにもう無理だ。打球を処理する度に、捕ってから投げるまでの無駄なステップが気になっていたけど、象徴的だったのが6回稲葉の遊ゴロを内野安打にした場面。なんであの状況で悠長にステップを踏むのか・・・イチかバチか、ギリギリのプレーが出来ないと野手として厳しいです。
・・・なんで私が根元をフォローしてきたか、その理由はまた別に書きたいと思います。しかし、現状では早急に手立てを打つべき。鈴木大地の昇格を提案します。ファームでも3割打っていますしね。
根元は井口を休養させつつのセカンド起用を推したいです。
◯根元の守備が絡むのだけど、2塁走者稲葉の時、陽の遊ゴロで間に合わないのに根元が1塁に送球。送球したのを見て、稲葉がすかさず3塁を陥れました。素晴らしい走塁!こういうの好きですね。しかし、根元は稲葉を目で止めることすらせずに送球。そもそも間に合わないのだから投げるべきではないでしょう。
◯6回、賢介の送りバントが二度失敗した時に嫌な予感がしたが、結局ヒットとなってピンチが拡大した。たらればだけど、この時にバント成功だったらあんなビックイニングにはならなかったかも・・。鶴岡のスクイズが失敗して結果タイムリーになりましたが、これも成功していたらもう少し失点は抑えられたかも・・・。
今日の試合はこんな感じで、ほんの数ミリ、少しだけ野球の流れが変ることで、どんどんどんどん流れが何メートルものズレに変わって行った気がする。グライシンガーの投球もそう。野球の怖さや面白さはこういう所にあるのだよなあ〜と再実感。

◯今江の好調は本物らしい・・・。内容が良い猛打賞。一方、井口の転落ぶりが酷い。9連戦からおかしかったけど、下半身が全く使えていない。遠い変化球にも初球から手を出すし、打線を完全に切っている。うまく休養を挟まないと・・・去年さんざん歯噛みした「井口枠」が早くもまた出動か?井口を休養させた日は根元をセカンドで使う、とかバリエーションが広がるのにな・・。今年こそ、一刻も早い柔軟な采配を望みます。3点を追う9回、ボール球をたてつづけに空振りしての見逃し三振には萎えた・・・。
◯試合の前半と後半で全く違う試合のようでした。救いは、乾、宮西から点を奪えた事かな。乾のはラッキータイムリーでしたが。
◯その乾からのタイムリー、根元のレフトライナーを中田が前に出てから下がり、完全に頭上を抜かれた。でも記録はヒット。公式記録員のこういう判断にはむか〜〜〜しっから理解出来ない。投手がかわいそう。
◯9回表、中郷かと思ったらマウンドに登ったのは大谷だった。これもまた分からない采配・・・。中郷は何のために1軍ベンチにいるのか。

不満だらけになってしまいましたが、最後になんとか格好はついた試合だったでしょうか?1−8のまま負けていたら明日にも影響しそうです。しかしなんとか追い上げた事で、少しは明日に良い形で望めるかも知れません。明日は何故か中5日で俊介ですが、さすがの雨男っぷりを発揮して、予報は雨・・・。今のマリーンズ、試合が出来た方が良いのか休んだ方が良いのか。気持ちとしてはやって欲しいですけどね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 交流戦前最後のヤマ場、F・H6連戦 | トップページ | ”雨男”も時には良いものだね M4−1F »

コメント

1イニング8失点は痛かったですねぇ

さて新潟では広島対阪神が行われましたが5本塁打が出る展開

エコスタはホームランが出やすい球場ではありますが今日は出過ぎですね

3本ニックが放ったのに広島は勝てなかったのは痛いな

観客18290人、セ・リーグが全試合地方だったにせよセ・パで一番観客多かったのは立派

明日、親戚から広島側の招待券を譲り受け観戦することになりました

今日は投手戦、明日は広島先発斉藤ゆうきがボコられると予想してましたが今日まさかの乱打戦

明日も打ち合いしてほしいなぁ、両軍のファンではないだけに勝敗関係ないんで(笑)

今日現地観戦のTwitter見ると広島の応援団がやる気なかったようです

全席指定のライトスタンド、ガラガラだったので応援団が中央に集まって応援しようとしたが球場側に阻止され隅っこに追いやられたとか

ガラガラなだけに応援団の気持ちもわからなくもない

にしても今までで一番ガラガラな外野席だったなぁ(笑)

まぁ平日だし広島~新潟の直通便ないし広島から駆けつけられないのは目に見えてはいたけど

ヤクルトは2試合連戦情けなくて悲しいです

明日、高津アルビは埼玉で西武と練習試合ですが埼玉県の天気ヤバい感じですね

因みに来週宮城県で楽天との試合が組まれました

故障明け投手陣の調整試合を作るのに一生懸命ですね

投稿: 佐藤 | 2012年5月 8日 (火) 23時21分

マリンから帰ってまいりました。わさびちゃんが可愛いかったです(爆)
井口さんに1本出てれば違ったなあとか、ネモちゃんはハムさんちに狙いうちされたなあとか。
根元選手は頑張ってると思うけど、守備のマイナスは打つ方で取り返してほしいのですが…
あの打率でいいなら、鈴木のプレー見たことない人からでも待望論出ますよね。メンタルも鈴木の方が強い。

まあ6回のグライシンガーは論外としても(途中で集中切れちゃってましたね)、木村の将来像の見えない投球も残念な感じでした。今日けっこう投げちゃったし、大嶺、南、植松あたりと入れ替えてはと思うです。木村はマリーンズでどうやって生き残れるか考えてるのかな…
打者は頑張って大量点差追いつけそうなところまできたので、9回大谷投入は間違いではないと感じました。
ハムさんちのリリーフもつけ込む隙はあるというか、7回からの攻撃は意味あると思いました。角中、今江、清田、岡田となかなか頑張ってますね~
8失点にめげて帰りかけたけど、それなりに楽しめました。
なので不調な選手たちや控えに甘んじてる選手たち(大松…)の奮起があれば、ファイターズおそるに足らず。
個人的にはあえて明日以降雨で流して、夏以降リベンジしたらいいと思ってます。

投稿: てんとう虫 | 2012年5月 9日 (水) 00時12分

あ、あのう、いきなり発狂していいですか?(爆)

それはプロ野球とは呼べないものでした。そこに飛べば内野安打。実質エラー連発なのに記録に残らないのが腹立たしい!!技術が未熟なら野球脳も…。ご指摘の稲葉に三進を許したヘナチョコ送球なんて、最初から狙われていたとしか思えません。各打者、ラッキーゾーンとして狙い打ちしてるんじゃないですかね?恐らくグライのノートに記載されたことでしょう「今日の収穫:ショートに打たせてはいけない」

BJさんがフォローされてきた背景、私の予想がありますが、ぜひいつか教えて下さいね。←予想キーワードは井口です

福浦に代打でまさかの田中が出て来ましたが、あのスローボール打破(芸術!)でどっかしら痛めたとかじゃないことを祈ります。それにしても、福浦の守備が観たい代償として、代打の切り札がいないジレンマは辛い…やはり、DHは井口含め、サブロー、福浦、場合により角中交えてうまく回し、代打枠を残しておく必要性を感じました。

このままでは観戦意欲に影響が出るため、鈴木と荻野貴司の昇格を切望します…

投稿: トマト | 2012年5月 9日 (水) 01時49分

昨日の試合はグライシンガーを、やや引っ張り過ぎたきらいがありますね。

ホフパワーはマリーンズ戦になると、長打を連発しますね・・・。
ポジションこそ違いますが、関根にカモられて歯ぎしりしていた頃の感覚を覚えます。

活躍出来るかどうか別にして、鈴木を早く上げて欲しいです。

投稿: 鮫 | 2012年5月 9日 (水) 11時23分

グラが乱れ始めた時に、根元への狙い撃ち・・・
劣勢の時に、さらにミスをするので目立ちます。
さすが日ハム。ショートラッキーゾーンを徹底的に利用しました。

前にも書きましたが、ショートの愛人枠はやめてほしいです。 きちんと競争させてほしいです・・・

「ねもと」は「か・ねもと」ではありません・・・

鈴木大地、高濱卓也、大嶺弟、角も見たいです。

後半の反撃で、西村監督が「7点取られた後でも、中後と益田を使っておけば同点に追いつけたのか。これからは何点とられても中後と益田を使おう!」と決心したのではないかと想像しています。(的外れでもないでしょう・・・)

今年限りで球団から出てほしいと、改めて思います・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年5月 9日 (水) 17時24分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

エコスタ、広いのにホームラン出やすいの不思議ですよねえ。ニック3打席連発、という情報を先に目にしていたので、カープの敗戦はあらら・・・という感じでした。カープが新潟で主催ってかなり不思議です。そりゃーライトスタンドもガラガラになりますよね。カープ戦てどこでやっても大量のカープファンが出現するものですけどね。
アルビは埼玉で練習試合か・・・どうりで高津昨晩すぽると出られる訳だ。宮城でも試合ですか、遠征費が結構掛かりそう。今日の埼玉なんかもまさかの日帰り強攻だったりするのかなあ?
でも試合を沢山組んで欲しいですね。NPBとの交流にもなりますしね〜。

投稿: BJ | 2012年5月 9日 (水) 19時06分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

観戦お疲れ様でした!現地組には微妙な試合だったとは思いますが、福浦の芸術ヒットを観られたのは羨ましいです(笑)根元、打棒爆発だったら風当たりももう少し弱いのでしょうね。今の打撃成績と守備力ではさすがに苦しいです。
木村の投球はかなり残念でした。記事で書き忘れましたが、腕振れてない・・リリースポイントもバラバラです。試合勘がもう無くなってるのだとしたら首脳陣の起用法にも問題アリアリだとは思うのですけどね・・・そこは差し引いて考えてあげないとですかね。(大谷投入は、3点差になったから投げさせやがったなーと思いました・・・3点ビハインドだったら、私は中郷で行って欲しいです)
てんとう虫さんのファイターズへの強気コメント、頼もしいです。私はファイターズにはどーも無言の圧力を感じてしまいます。そう感じる事がそもそもダメなんかも知れませんね・・。

投稿: BJ | 2012年5月 9日 (水) 19時11分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

昨日ので発狂してたら身体が持ちませんよ!(苦笑)過去マリーンズに限らずいろいろプロの試合を観て来ましたが、ここまでショートのダメっぷりを感じる試合も記憶に無いです・・・。せめて野球脳がズバ抜けてたりすればまだ・・。稲葉の走塁は完全に稲葉の頭の中に入っていたでしょうね。抜け抜けとされてしまう所が情けないです。私のフォローの背景、井口は・・・関係あると言えばあるけど、根本ではないですね。昨日もう一本その事で記事UPしようかと思ったのですが、疲れてしまいました。
福浦の代打雅彦はかなり驚きました。今日のスタメンが大松だったらアクシデント?って思った方が良いのかな。代打の薄さはずっと変わりませんね。仰るように、休養も兼ねて複数選手をうまく回して、ベンチスタートの選手を「切り札」で使うのは良いかも知れません。今岡もちょっと弱いんだよなあー。鈴木の昇格待ちたいですね。荻野貴司は早く観たい!て気持ちと焦らないで欲しい!という気持ちのせめぎあいです。

投稿: BJ | 2012年5月 9日 (水) 19時16分

>鮫さん
コメントありがとうございます。

グライシンガー、あれよあれよで大失点でしたね。個人的には鶴岡にタイムリー打たれた時に代えて欲しかったです。
ホフパワーの存在感はなんなんでしょうね?遅れた開幕で、たまに出てくるとホームラン。なんでマリーンズにはこういうタイプいないのかな・・。
鈴木を待ちたいですね。とにかく「手を打ってるんだよ」という姿勢を見せて欲しいです。

投稿: BJ | 2012年5月 9日 (水) 19時18分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

ファイターズはやはり抜け目が無いというか、相手のミスや弱い所をうまく突いて来ますね。6回の攻撃は見事でした。
西村監督の愛人枠も結構頑固で困ります。テギュン一年目もそうでしたし、井口もそう・・。かと言って幸一の様に「幽閉枠」もありますから始末が悪いです。どうせ愛人枠作るなら岡田にしてくれえ。鈴木大地、高濱観たいですよね。翔太も好きだし、角も・・・こうしてみると内野は結構なタレント揃いなのに、硬直化した采配のお陰で観ることが出来ません。
後半の攻撃、最終回に大谷が出てきたところに仰るとおりの匂いを感じます。ビハインドだったら中郷、木村、大谷!って決める勇気がどうしてないのでしょうか?采配にはイライラしますね・・。

投稿: BJ | 2012年5月 9日 (水) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45186788

この記事へのトラックバック一覧です: 少しのズレが大きな違いを生む M7−9F:

» 5/8、【M-F】7打線が大爆発! 首位攻防第1Rを制す! [やっさん日記]
今日からは0.5ゲーム差で2位につけている千葉ロッテとの首位攻防3連戦。 QVCマリンフィールドで行われるその初戦の先発は、北海道日本ハムが多田野投手。千葉ロッテがグライシンガー投手。 【1回表】 まず初回の攻撃は、先頭の糸井選手が死球を受けて出塁も、小谷野戦史湯はファーストへのファールフライで一死一塁。 するとこの後、続く田中選手が空振り三振に倒れる間に糸井選手が盗塁で二塁ーと進んだものの、..... [続きを読む]

受信: 2012年5月 9日 (水) 11時00分

« 交流戦前最後のヤマ場、F・H6連戦 | トップページ | ”雨男”も時には良いものだね M4−1F »