« とにかく成瀬 L2−3M | トップページ | 中継ぎが踏ん張った、価値ある引き分け L4−4M »

2012年5月 5日 (土)

サヨナラ、”黒い”子供の日! L2−4M

「勝てない」こどもの日なんて知らんもんね。若い力で勝利です!
ニッカン式スコア

今日は唐川、野上ともに内容が良くない上に球審渡田の異様に狭いストライクゾーンにも苦しめられ、ピリッとせず。序盤は昨日に続きやや大味な展開となりました。

唐川は制球がままならず初回に中島に高く浮いた球を痛打されあっさりと先制を許します。こんな悪い唐川も久しぶり、という感じでしたが中盤からなんとか修正しました。里崎の苦心のリードにも支えられ、6回2失点(自責点1)と最低限試合は作りました。まーしかし、前回139球完投した上での中5日ですから仕方ないですね、これは。むしろ良く投げたと言っても良いかも知れません。これで早くも5勝と怖いくらいですが、例年夏にかけてバテるだけに、これから真価が問われるところでしょう。しかしまがりなりにも唐川が踏ん張ってこその勝利でした。ナイスピッチです。

野上はもうマリーンズ打線との勝負以前に自分との勝負でいっぱいいっぱいというところでした。持っているボールは良いと思うだけに、まずはストレートの精度でしょうかね!あのパームボールだかチェンジアップだかのボールも非常に面白いだけに、バランスが良くなれば先発としていけそうではあります。涌井の補完的意味合いの先発転向ですが、しばらく涌井の先発は無いでしょうからここが正念場でしょう。

マリーンズ打線は贅沢を言えば(ファンはどこまでも贅沢なもんで)もっと早く野上を攻略しても良いかな、とは思いますが、2回ノーアウト満塁であわや得意の無得点で終わりかよう、という場面で清田は良く打ちましたし、5回は岡田も必要なところで犠飛(この時の1塁走者清田が2進したのはとても良かった)、サブローもタイムリー2塁打と、必要なところで必要な点を取ることは出来ました。攻撃に関しては今日は文句言ってはいけませんね。

守備はまた大松にミスが出てしまい・・・西村監督にしては珍しく途中から引っ込められてしまいました。連日の挟殺プレー失敗に続き投内連携という基本事項のミスが3日連続ですから致し方ありませんが、今日は責める気持ちよりも大松ガンバレ!と思ってしまいました。だって、大松の心中を考えると・・・。やはり1塁守備にかなりの不安を抱いたままだと思うのですよ。今日も「やってしまった・・」とかなり落ち込んでるものと思います。気にしないくらいのズ太い神経なら良いけど大松は・・・違うよなーあ。ここで落ち込むのではなく、「ならその分打ったれ!」くらいの気持ちで開き直って欲しいです。明日は福浦1塁の可能性高いけど、頑張れ、大松。

そして今日も見せてくれました、唐川ー中後ー益田の平成生まれ・フレッシュ投手陣!中後は最初こそ死球とひやっとしたもののきっちり注文通りの併殺にも仕留め、結果的に3人に抑えました。死球を当てた星孝には申し訳ないけど、中後は内角も攻めないと打ち取れません。恐れず攻めて欲しいです。
益田は今日も素晴らしいピッチング。一時は酷使をかなり心配しましたが、今日はもう風格すら漂っていました。本人が今の環境に慣れたのでしょうね。もちろん自信もかなり付いてきているでしょうし、もう何年もやっているかのような雰囲気がありました。

こどもの日は勝てない、という黒歴史がマリーンズにはあった訳ですが、この若い投手陣からしたら「なにそれ?」という所でしょう。これでもうこどもの日のジンクスなんてサヨナラです!
なんか私も今年はジンクスなんて全然気になりませんでしたよ。フレッシュなルーキー達の活躍が大きいでしょうね。

明日はまた藤岡と西口というマッチアップ。前回対戦は痛み分けといったところでした。藤岡は中5日ですし(西口もだけど)、3タテは難しいことは良くわかっていますが、やはり期待してしまいますね〜。9連戦、最後の最後を藤岡で取れたら最高です。明日は参戦しますので、笑って帰りたい!

☆薮田が相変わらず心配・・・今日はフォークが良かったので凌いだものの、ストレートを見せ球にしつつ裏もかいてという、里崎の苦心のリードのお陰と言っても良いでしょう。ストレートがかなり怖い・・・。薮田のプライドもあるし、タテマエとしてはこのままなんとか復調を待ちたいところですが、私の心のなかには(益田をストッパーにしたい・・)というささやきがあったりします。そういう判断はまだ早いかな・・。
☆「遅れてきた男」大石がプロ初登板。2回をサブローのヒット1本に抑えました。んー、しかし大学時代のストレートのキレからするとかなり・・・な投球でした。緊張もあったと思いますが、制球もまだまだだし、スライダーもいまひとつ。今日は初対戦ということもあって抑えたけど、このままでは捕まるときは捕まりそうな。
☆球審のストライクゾーンだけでなく、塁審の細かいジャッジも気になった。こっちはテレビ画面で「高み」から観ているし微妙なプレーをあまりどうこういうのは避けたいけど、それでも・・・なジャッジが多々。審判は正しく判定して当たり前で、間違ったらあーだこーだ言われる厳しい世界なのも良く判ってるけど・・・。

★F4−5Bs
★H4−3E

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« とにかく成瀬 L2−3M | トップページ | 中継ぎが踏ん張った、価値ある引き分け L4−4M »

コメント

こどもの日に勝ててよかったですね。
前日のエントリーで書かれた通り、唐川、中後、益田と若い力で呪いに勝ちましたね。

本日は最初からパ・リーグTVで見ていましたが、またしてもミスの応酬でしたね。
初回の栗山の盗塁は、アウトのタイミングでした。根元のタッチが甘いですね。(解説の伊原さんも「審判によってはアウト」と微妙な言い方でした。)

初回からの前進守備も疑問です。普段は走者3塁で内野ゴロに打ちとっても、本塁への送球をしないのに、なぜこの時だけ異常なほどの前進守備だったのかな?監督がたまたま思いついたとしか思えません・・・

初回裏、今江のバントを浅村が無理な前進で悪送球して助けてくれたのに、その後の二人が凡退。悪送球がなかったら、無得点でした・・・ でも清田がよく打ちましたね。

2回表、大松が唐川のカバーを待てず・・・これで3戦連続のミス・・・
交替のタイミングが違うと思いました。懲罰交替になりますが、次の回から替えてほしかったです。2回打たせてから替えたのはなぜ・・・

その他にも、根元がショートゴロをアウトにできない場面が何度もありました。
京セラDでも見ましたが、捕球後の送球が遅いため審判の印象が悪く、ギリギリならセーフにされています。あわてると魔送球になるので、動作を早くするのは無理でしょう。
本業の2塁手で勝負させたいです・・・井口の引退後(数年後)では、根元の2塁再転向はできないでしょう・・・

5回には、2塁打の後に暴投があったお蔭で、岡田の犠牲フライが出ました。
ロッテでは犠牲フライでの得点は貴重です(問題の3塁コーチが尻込みしてタッチアップさせないことが多いので)もちろん、サブローのダメ押しも大きかったです。

唐川は、前回139球の完投から中5日で、やはりきつかったですね。苦しい状況でもよく粘ってくれました(でも、ハムやホークス相手でこの状態では苦しいでしょう・・・)。

やはり薮田に任せる西村流・・・
ボビーもコバマサ劇場をおさめることができなかったですし(本人がFA退団)、薮田についても、本人が決断するまでは、監督が配置替えをすることはないのでしょう・・・

6日は、9連戦の締めくくりです。藤岡を勝たせるべく、野手陣がしっかりしてほしいですね。
応援頑張ってください。

投稿: 大阪の一ファン | 2012年5月 6日 (日) 00時45分

高津アルビ情報!

高津監督「ミスが多かった」失策自体は0

結果だけ見ると盗塁失敗が3と

1アウト2・3塁でセカンドゴロで本塁アウト

センター前ヒットで本塁アウトと実際見てないからなんとも言えないけどこの辺りの走塁ミスが良くなかったか

打線は3回までに相手先発安斉から5安打1四球2得点とノックアウト成功

が、そのあとベイは小刻み戦法で1日試合5投手を起用

的が絞れなかった為か3回以降無安打に抑えこまれました

現地観戦者のツイートで横浜の若手はストライク投げれる奴いないのか?とつぶやいていたのでその辺りもアルビ打線が沈黙した理由の1つかと

アルビ先発寺田は2安打無四球11奪三振、盗塁で2塁を許しただけで3塁踏ませぬ快投

三振全部空振りで奪う内容でした

伊達に去年スワローズ戦で荒木、山田、濱中、武内、飯原を含む打線を5回無失点に抑えてませんね

最後は守護神、間曽が1三振を含む三凡で2対0で終了

高津アルビ通算5勝3敗

日曜日は北越高校出身ルーキー左腕猪俣が初先発

まだまだ先発で抑える力はないと思うのでどこまで粘れるかと打線がどこまで援護できるかが鍵ですね

あとは猪俣を継ぐ投手がどうなるかです

水曜に西武と練習試合ありますが公式戦は金曜日までないので守護神、間曽のロングリリーフもありな感じしますが

連戦前に新聞で戦列を離れてる投手陣が戻ってはきたがいきなり実戦で投げさせれないと書いてありましたので西武戦はそれら投手陣の試運転となりそうです

投稿: 佐藤 | 2012年5月 6日 (日) 02時10分

訂正

全部空振り三振は間違いでした

投稿: 佐藤 | 2012年5月 6日 (日) 09時13分

またまた唐川の悪いなりに抑える術がでましたね。ヒットは打たれても要所は締める。無駄な四球は与えない。岡田のファインプレーにも動じず(笑)、相当なメンタルの強さを感じますねって、前からですが(爆)。
成瀬の時の「試練」がこの試合もありましたが、目に見える大松のエラーはさておき、目に見えないエラーの根元はやはり厳しいです。栗山の盗塁時のタッチは甘いし、連日の内野安打を支援する守り。どうも気に障るのが、送球後、判定セーフとなると半笑いで天を仰ぐクセです。自らの拙いプレーでピンチを作りながら、緊張感が無さすぎる!!レギュラー取ったといっても、たまたまオープン戦で打てたからなのに、もしかして勘違いしてませんかね?ああっ、やってしまった、スミマセン…でも、統一球で一点の重みが違う今、あの守備力でショートは無理です。

中後、益田に救われました。特に益田は上位から2奪三振だし、中村への最速148にはしびれました。益田、いずれ150台出そうな予感(期待)がします。

薮田は、やはりフォークとのコンビネーションですね。里崎なら安心して投げられるでしょうし、ストレート一本で勝負できる球威が落ちているので、追い込んでうまく落として欲しいです。いや、早いカウントを狙われるのもあるし、初球フォークから入るなんてのもありだと思います。

投稿: トマト | 2012年5月 6日 (日) 09時24分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

若い力で呪いに打ち勝ちました!新世代を実感させる勝利でした。
いやはや、昨日もミスは多かったですね。栗山の盗塁は根元のタッチが追いタッチ気味でしたけど審判にも観て欲しいなあ。ショートゴロの判定も厳しいものがありましたが、これは一ファンさんが仰るとおり根元の捌き方にもよるところがありますね。捕手のキャッチングもそうですけど、うまくアピールするテクニックと、「俺は上手い」という印象付けも必要な技術ですよね。
双方のミス合戦、成瀬に続き唐川が踏ん張ってモノに出来ました。今日はミスは勘弁だなあ。
抑えはどうするのでしょうか。このまま薮田が復調すれば一番良いのでしょうけれど、マリーンズはどうも前任監督時代から投手起用はこうと決めたら硬直しちゃう傾向があります。選手のプライドは一番大事ですけど、そこをうまく操縦するのが監督手腕だと思います。柔軟にやってほしい。(一昨年なんて最後の最後の試合でコバヒロの代わりに伊藤ちゃんでしたもん。遅いって)
今日も勝ちが観たいです。藤岡に期待!

投稿: BJ | 2012年5月 6日 (日) 11時09分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

好調スワローズ、良いですね〜。
さてアルビですが・・・微妙な走塁ミス(?)がありますね。このへんは打撃力に頼るチームの裏表と言うか。バカバカ打つとどうしてもそっちが弱くなったりしますよね。高津監督ってその辺の好みはどうなんでしょうねえ〜。しょっちゅう引き合いに出しますがいてまえ近鉄もその辺りは荒かったけど、大村がいましたので、切り込み隊長としてかき回す事も出来ていました。
先発の寺田は良い投球するんだなあー心配は短い登板間隔か。そのあたりも含めて継投勝負なのでしょうね。しかし横浜もなんだか半端な参加の仕方で・・・んで零封まけじゃ世話ないや。横浜投手陣はとにかく若い投手が多いので、球団としても我慢のときなのでしょうか?
お互いにNPBとの練習試合を調整とか有意義に使いたいですね。高津ならNPB相手でも臆するところないでしょうしね。そういう意味でも高津起用の意味はありますね。

投稿: BJ | 2012年5月 6日 (日) 11時15分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

唐川はやっぱり「投手」ですよね。悪いならどう対処するか、どこで力を入れるかそのあたりの判断がさすがです。投手頭脳が高いといいますか・・。大嶺もこのへん見習って欲しい(爆)
根元の守備力、やっぱり冷静に観てキツイですよねえ〜。肩も弱いしなぁ・・・でも現状代わりがいないんですよね、結局。細谷ももう上がっては通用せず、の繰り返しで厳しいものがあるし。もちろん正人レギュラーも考えられない。後は高濱と鈴木の台頭を待つしかないですね。もう少し時間かかるかなあ。来季はショートの名乗りに翔太が加わって欲しいんですけれど。現状は根元しかいないかと。来季はセカンドを視野に・・・というところでしょうか。
益田はもう惚れ惚れしますよね。疲れがどうかなあ、と思いましたが、いまはまた持ち直してきました。ジメジメ梅雨を越えてどうかなあというのはありますけど、一安心です。でももちろん酷使は厳禁。
薮田はフォークがダメだとかなり厳しいですね。配球も読まれるようになってきますしね。毎回里崎が大苦心ではいつかまた事故が起こる気がします。うまく水面下で手を打たないと・・・。去年フル回転しちゃったからなあ。薮田に頑張って欲しい気持ちはやまやまなのですが。

投稿: BJ | 2012年5月 6日 (日) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45148310

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラ、”黒い”子供の日! L2−4M:

» 唐川ハーラートップ5勝目&こどもの日で勝った! [いすみマリーンズ]
M:○唐川-中後-益田-S薮田 L:●野上-木村-大石 観衆 32076人 (一 [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 00時31分

« とにかく成瀬 L2−3M | トップページ | 中継ぎが踏ん張った、価値ある引き分け L4−4M »