« 中継ぎが踏ん張った、価値ある引き分け L4−4M | トップページ | 少しのズレが大きな違いを生む M7−9F »

2012年5月 7日 (月)

交流戦前最後のヤマ場、F・H6連戦

明日からのファイターズ・ホークスとの6連戦。交流戦前最後のヤマ場です。
ここでマリーンズがどう戦えるか?ここで勝ち越す事が出来れば、交流戦もその勢いで乗って行ける気がします。それだけではなく、シーズン通しての両チームとの対戦にも良いイメージを残せそう。

マリーンズの先発はグライシンガー→晋吾→俊介→成瀬→唐川→藤岡で間違いないでしょうね。
グライシンガーは前回ファイターズ相手に好投しました。ストレートに威力も出てきているだけに、今回も期待したい。ただ2度目の対戦となりますし、バッテリーを組む相手が誰になるのか、が大きい気がします。グライシンガーなら里崎に受けて欲しいかな、やはり。前回のF戦も里崎と組んでますし。しかし、グライシンガーは自分の投球をしっかりしてくれれば抑えてくれると信じています。

一番の注目と言って良い、ペン抹消の代わりに今季初登板の晋吾。オープン戦から好投していましたし、ファームでもしっかりと調整しており先発候補一番手という事に全く異論はありません。ただ心配なのは、晋吾って慎重に行こうとするあまりコーナーを突きすぎて四球出したりという自滅パターンが多い事。待ち焦がれた1軍先発ですし、期するものはあると思いますが、ベテランらしく冷静に投球して欲しいです。当たり前かも知れませんが、晋吾の出来次第で勝ち越せるか負け越すかの分かれ道になりそうです。

ファイターズの先発は多田野→ウルフ→斎藤だと思いますが、3人とも打てないイメージしかありません。また接戦になってしまうのでしょうか・・・。抑えの武田久が離脱しましたが、増井がその後を埋めそうです。谷元、榊原、宮西の強力中継ぎ陣をどれだけ攻略できるか。

救いはサブロー、今江、清田、角中の調子が良い事。調子を落としている井口が持ち直してくれれば打線も繋がりそうです。1塁を大松・福浦のどちらが守るかも興味ありますね。半々くらいの出場になるのかな。岡田もバッティングの内容は序盤より良いと思いますし、1番で出塁してかき回したいですね。打線の調子は全体としては上向きだと思います。

ホークス戦、成瀬と唐川は計算出来ますが、ここ2試合良くない藤岡がどんな投球をするか。藤岡に期待する気持ちはとても大きいのですが、ルーキーにあまりに過度な期待をするのも考えもの・・・。どこまで修正してくるのか、投手としてのセンスも表れそう。成瀬、唐川で最初を抑えて、楽に投げて欲しいなあ。

ホークスは新垣→摂津→岩嵜かな?これもまたなかなか厳しい・・・唯一試合が動きそうなのは新垣でしょうか。今季は好不調の波が激しいです。不調の方ならば良いけど、「ニュー新垣」と当たるのは初ですし、以前のイメージに振り回されるようだと難しいのかも。今のレギュラーは若手も多いので、「新垣を知らない世代」が打ち崩してくれることを期待しましょう。

3タテを食らうことはあってもどちらも3タテは難しそうな気がします(弱気)。しかし2勝1敗ずつならばありえない数字ではありません。とにかく、ここ最近頻出のイージーミスは抑えないと。でも、次の塁を狙っての走塁死とか、”積極的なミス”は歓迎したい。ミスをしたくないあまり、プレーに思い切りが無くなってしまう方が嫌だなあ。
里崎の状態が気になります。雅彦は今季頑張ってますが、試合の安定感が違うんだよなあ。

どちらにしろ、接戦続きにはなるでしょう。晋吾、俊介が早く崩れるようだと中継ぎ陣のやりくりも難しくなりますし、今まで通り先発が凌いで試合を作り、打線は少ないチャンスをモノにする、そんな試合を見せて欲しいですね。
4勝2敗で行けたらサイコーだなあ・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 中継ぎが踏ん張った、価値ある引き分け L4−4M | トップページ | 少しのズレが大きな違いを生む M7−9F »

コメント

なんと、この1週間がこんな大変な意味を持つとは…

マリーンズ頑張ってます!

今週は満を持して小野晋吾登場、

たぶん待ちくたびれて首がきりんさんになっちゃってると思うので

思いっきり投げてくれ!

今年は異常気象の影響か
マリンの風の向きが逆な日が多い気がするんだけど

今週は天気予報もわりといいので
安定していつもの「南の風5メートル」が吹いてくれれば

もしかして風使い投手陣の好投も期待できる…
かも?


明日は参戦するので、楽しめる試合になるといいな~

気温も上がってきて、ナイターが楽しい季節になってきましたね。
マリーンズが好調で、私たちファンがワクワクして連日球場通いが出来ることを

満喫したいです。


PS
本日(5/7)付けのマリーンズHP内、
キャラ日記
ズーちゃんのページの
塀内君の写真が大変びみょーです。
ぜひご覧ください(爆)

投稿: てんとう虫 | 2012年5月 7日 (月) 23時37分

先ずは、先日触れ損なった大谷、よくぞ耐えました!!と言わせて下さい(笑)魂を感じる投球に、今季もますます期待が高まりました。(後は機会だけです)

さて、小野と言えば立ち上がりですかね、やはり。とにかく無駄な四球に気を付けて欲しいです(ファイターズはこういうのにつけこむのがうまいですからね)
打撃は、ボール球を見極めて欲しいです。マリーンズの打者はことごとく「降らされて」いる気がしてなりません。先日の栗山じゃないですが、粘りと四球を勝ち取る姿勢が見たいです。
話は変わりますが、前コメントし忘れたのが、ありまして。マリーンズ戦で首を負傷した本多についてです。負傷直後、絶対痛みや違和感あったと思うのですが、退場するまでそんな素振りを見せない姿に感動しました。まさにプロ…怖い選手ですが、早期復帰を祈ります。

投稿: トマト | 2012年5月 8日 (火) 08時25分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

図ったような対戦相手との6連戦ですよね。晋吾は本当に待ちくたびれたでしょうね〜今季はキャンプから今までにないくらい身体の調子が良いと言っていましたし。入れ込みすぎないくらいに冷静にそして熱くお願いしたいです。
今は参戦中ですね!暖かくなると球場で観戦するのが幸せです・・・(寒いのはやっぱり辛い)試合も気候も気持ち良いといいですね。野球シーズン、いよいよまっさかり!です。

へいぽーの画像・・・ひょっとして微妙というのはアソコでしょうか?まず目が行ってしまいました(爆)

投稿: BJ | 2012年5月 8日 (火) 18時49分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

日曜の大谷は良く投げましたよ!ピンチもありましたけど無失点。藤岡の走者を二人還してしまったのは仕方無いです。去年も先発に回る前までそうでしたけど、貴重な中継ぎ右腕ですよね。
晋吾は四球が命取りになること多いですもんね〜大胆に行くと良い結果が出ることが多いと感じてます。
マリーンズの打者でいつも思うのは狙い球の意識でしょうか。本当に狙っている球、打ちたい球を振っているのかな?と。意図があっての結果凡退なら良いのですけれどね。多田野や斎藤と、変化球で緩急とコーナーをつく投手ばかりですから、心してかかって欲しいです。
ホークスの本多、退場直前も深いセカンドゴロを見事に捌いていましたよね。昔から好きな選手です。早く戻って来て欲しいですね。味方にしろ相手チームにしろ、理想はお互いに怪我人がいないベストな布陣で戦うことを願っています。

投稿: BJ | 2012年5月 8日 (火) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45173507

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦前最後のヤマ場、F・H6連戦:

« 中継ぎが踏ん張った、価値ある引き分け L4−4M | トップページ | 少しのズレが大きな違いを生む M7−9F »