« 新生マリーンズ、ナゴド10連敗なんて吹き飛ばす勝利 D1−3M | トップページ | DH無しはやっぱり面白い »

2012年5月17日 (木)

初回、井口の”優しいタッチ”からそれは始まった D3−3M

いや〜、最後はヒヤヒヤしました。投手陣は良く投げた!
ニッカン式スコア

初回、マリーンズは1アウト2塁から井口のイージーショートゴロを井端がまさかのエラー、1アウト1・3塁のチャンスを貰いました。相手のミスに乗じて先制出来れば良い形で試合に入れたのですが、サブローがゲッツー、無得点に終わります。ここで少し嫌〜なムードに。

先発の俊介は4回2/3を3失点(自責点2)で降板したことで、今ひとつとも思えるかも知れませんが、私は良く投げていたと思います。コントロールも緩急も良く、心配されたナゴヤドームの高いマウンドにもそれなりに合わせていたように見えました。
・・・・ただ、野手が俊介のリズムを崩してしまいました。

1回裏、2アウト1・2塁でサードへの簡単なゴロを今江がタイムリーエラーし先制点を与えたシーンばかりが目立ちますが、私的にもつれた試合の鍵と見えたのはその少し前、井口の「記録に表れないエラー」でした。
2アウト1塁から1塁走者の荒木が盗塁を試み、里崎が絶妙な送球をします。タイミングは完璧で誰もがアウト!と思ったらセーフの判定。この時、井口が荒木にあいまいに優し〜くタッチにいったことで、微妙に空振りとなり荒木の足が先にベースに着いてしまったのでした。何故あそこで「ばちっ」とタッチにいけないのか?全くキレのないプレーでした。里崎の送球がもう少しベース寄りに行っていれば良かったとも言えますが、ここは井口のミスです。
アウトのランナーをセーフとしてしまったこと、ここが俊介のリズムを狂わせた最大の原因だと思います。アウトならチェンジだったのですから・・・・。そこに今江のエラーも重なって、俊介は必要以上の神経を1回に使ってしまったのでした。
井端のミスがあっても先制出来ず、マリーンズは2つのミスで先制を許す。出だしからリズムが悪くなってしまいました。今日の俊介の内容なら、もっとしっかり試合を作れたと思います。

井口は攻守に精彩を欠きますね・・・疲れが溜まっていることもあるでしょうし、左太ももの張りの影響もあるのかも知れませんけれど、バッティングは完全な手打ちで打てる気配がありませんし、守備では球際がめちゃくちゃ弱くなっている。外した方が良くないかな?そうなるとセカンドを守れるのは早坂か塀内になってしまうので攻撃力は落ちるかも知れませんが(根元はずっとショートで来ているので今は動かしたくない)、今の井口の打撃なら正直大差ないかも。早坂の方がよほどキビキビした守備をしていました。

2点差となった後、サブローの2ランで追いつきますがこれは見事でした!雄太の内角に食い込むまっスラを見事に捌き、スタンドに叩きこみました。サブローってあんなに上手く内角打てるんだ・・・初めて観たよ。第一打席に併殺に倒れた汚名を見事にそそぎました。これで試合の行方は判らないかも!という雰囲気になりました。

降板した俊介の後を継いだ投手陣はよく投げました。晋吾に始まり、おかえり!の内。
一番良かったのは7回2アウト3塁で森野を三振に取った中後。ここをしっかり抑えた事が9回の同点劇を呼んだと言っても良いでしょうね。たった一人に投げただけですが、投手では一番のポイントだったと思います。
益田は2回を無失点。前日にルーキーの田島が打たれたことで少し嫌だったのですが、最後は本当にハラハラしながらも良く抑えました!貴重な益田の打席も観ることが出来ましたし。(144kmのストレートを2球ファウルしたのは、さすが高校まで野手!という感じでしたね)

しかし終ってみれば、最初にミスが続き、相手に渡してしまった流れを良く最後に持ってきたな〜という試合でしたね。途中送りバント失敗も2度あったのですけれど、最後の9回に先頭の根元が良く岩瀬から2塁打を放ちました。負けの雰囲気が濃かった試合でしたし、最後の追いつきは掛け値なしに価値がありました。
セの首位チーム、しかも苦手ドラゴンズ相手に1勝1分なら贅沢を言ってはいけません。まだ連勝は続いていますし、次のハマスタで連勝記録を伸ばしたいですね!

★G4ー2Bs
★S1−9H
★YB0ー3L
★T1−4F
★C4−1E

□今日はパの3勝2敗1分。通算7勝4敗1分です。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« 新生マリーンズ、ナゴド10連敗なんて吹き飛ばす勝利 D1−3M | トップページ | DH無しはやっぱり面白い »

コメント

ウチのテレビの都合観戦できずテキスト速報で経過を追ってました…
首位チーム同士の戦いにふさわしく?
熱戦だったようなのでみたかったな…


とりあえずアウェイの試合を負けず1勝1分というのは、試合巧者中日相手と考えても上出来以上でしょう。


今日は稲城に行って浦和カモメさんたちを見てきました。

高濱がセカンド守ったので、果たしてどうかと思ったんですが

セカンドゴロなし(泣)
上野選手が自らの守備のミスから自滅してしまったのは残念なんですが

あとを繋いだ吉見、松本も首捻る出来

ちょっとがっかりでした

打つほうは荻野の打撃が向上気味、本塁打まで見れたし
いよいよ一軍目前?
(伊志嶺の絶不調を思うと…)
トップチームはそれでも外野手いるし、状態としてもまだ時期尚早な気もしますが…


なので
先に鈴木を上げて~~
(悲鳴)


と若い選手についてはともかく

ランナー1塁で内野ゴロ簡単に打ってテロテロ走ってゲッツーな神戸選手

なんでそんなにモチベーション下がっちゃったのか…

大丈夫かなあ。

投稿: てんとう虫 | 2012年5月18日 (金) 00時29分

よう引き分けましたね〜。最終回敵地で岩瀬から追い付いたのも、満塁のサヨナラ機を抑えたのもスゴい!!
益田が2イニング行きましたが、最後に谷重に速球で押したとのこと、頼もしいことこの上ありません。やはり、超がつくベテラン相手には、ガンガン押して欲しいです。

向こうさんの話ですが、先日の岡田のバックホームで腕を回した三塁コーチに人員配置の話が出ていましたが(結局は動かさずでしたが)、あの状況下でコーチ一人に責任押し付ける上司って怖いですね。まぁ、そのコーチ氏も、大島の走りに前打席の死球の影響があったかも知れないみたいなこと言ってたし、どっちもどっちですが。
で、よくよく見たら、岡田のレーザービームというよりレーザーダッシュと完璧なコントロールの賜物でした。想定していたからなしえたプレイてすね。きっと岡田はオレのところに飛んでこいと思ってるんでしょうね〜

投稿: トマト | 2012年5月18日 (金) 08時52分

とりあえずロッテさん引き分けナイス

中日とヤクルトの差が半ゲームしか開かなかった(笑)

が巨人が止まらん…

ヤクルトは石川が次のロッテ戦に投げられないようですね

指?に打球当てた影響ありだとか

足に打球当てて2軍落ちした村中も腫れが引かなくまだピッチングできないとか(苦笑)

七條の出番かなぁ

てか石川の状態次第では左の先発が赤川だけになる

1イニング要員で結果出てる日高を先発に持ってくるのも面白いと思うけどスタミナがどうか

日高が上がったら下から是非正田を中継ぎで上げて欲しい(笑)

2軍でボコボコにされたかと思えば次はしっかり抑えるを繰り返してるから安定感なく1軍で使える筈ないけど(笑)

正田って短イニング向きじゃないんだけど徹底的に中継ぎさせてるなぁ

小川監督がキャンプ終盤でワンポイント向きではないと言って下におろしたから先発調整させると思ったんだけどイムが抜けたあとの2軍のストッパーにしようとしてる感じがします

投稿: 佐藤 | 2012年5月18日 (金) 09時34分

BJさん、今晩は。昨日はNHKのラジオでこの試合の模様を聴いてました。本文でBJさんが指摘なさっているように、荒木雅博選手の盗塁の時、解説者の大島さんが「タッチが優しい。」と言ってました。
サブロー選手は、初回は残念でしたが、流石が“マリーンズの4番”ですね。自分は、開幕時からサブロー選手の4番定着を願ってました。サブロー選手については、2010年の日本シリーズでの活躍が印象深いです。貴重な場面でチェン投手を打ち、浅尾投手のフォークを見事に掬った打撃はかっこ良かったです。サブロー選手のセンター前ヒットは、打球が綺麗に感じられて特に好きです。
1980年代のジャイアンツで当時、プレーヤーだった原監督が、「自分は、決して4番タイプだと思わないが、このメンバーなら俺が4番を打たなければいけない。」と言ってました。
自分は、ミスターの大ファンでもあります。ミスターが、自身のマネージャーとしてもプレーヤーとしても後継者と認めた“何人も侵す事が出来ない聖域”を知るこの原監督の言葉。現在のマリーンズにおいてサブロー選手にも当てはまると思います。
荻野貴司選手は、昨日、ホームランを打ち、“代名詞”の盗塁も決めましたね。唯一言、1軍で観たいです!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年5月18日 (金) 18時59分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

序盤は互いにミスも出て、ちょっと荒かったですけれど中盤から首位対決にふさわしい感じになってきました。マリーンズがこういう試合が出来るというのが嬉しいです。
稲城まで行ってきたのですねえ〜昨日は気持ちよかったでしょうね!高濱守備機会無かったですか・・・私が観た時の球際の弱さはその時だけだったと思いたいです。
荻野貴司はバッティングは大丈夫そうですよね〜〜しかしホームランとは・・・結構飛ぶんだよなー、荻野・・・。トヨタ時代はバット長くもってクリンナップでしたもんね。でもまだまだ、まだまだ調整してからで良いです。私も先に鈴木を上で観たい〜。
神戸そんなでしたか?あんなに元気印だったのに・・うーん、それは気になります・・・心配だあ。

投稿: BJ | 2012年5月18日 (金) 22時17分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

最近の岩瀬は絶対的な力が無いとは知ってはいますけど、最終回に追いついたのは素晴らしかったです。益田の最後のストレート勝負、首振って投げたんですよね。当たりは結構鋭くで正直「やられた!」と思いました。私はあの場面スライダーで行って欲しかったのですが、ストレートで結果抑えられたのならばそれはそれで良いです。本人の投げたいボールで抑えた、という事を大事にしたい。
コーチ云々の話はちょっとちょっと、でしたね。あそこの平野の判断は間違ってないと思いますよ・・・立浪もトーチュウで判断は正しかったと書いているようですね。(もっとも、平野はサインミスなどの「前科」があるのは事実らしいですが・・)
岡田のは肩の強さよりも技術で刺した、というまさにプロのプレーだったと思います!うん、岡田なら俺んとこ来い!と思っているでしょう。根◯はその辺どうなのか気になります・・(汗

投稿: BJ | 2012年5月18日 (金) 22時22分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

マリーンズ的に対Dで1勝1分は上出来です。
ジャイアンツが乗ってきてしまってますね〜困るなあ、そういう事されると・・・。
石川は1回飛ばすのでしょうかね?抹消だと痛いですね・・・村中は怪我が多いなあ、良い物もっているのに勿体無いです。でも七條も「持ってる」男ですから、結構やってくれそうです。
増渕の先発はどうなんだろう?でも今年は頼れる中継ぎとして機能していますから、配置転換はしないほうが良いですね。由規が戻ってくれば大きいのですけどね。
正田ですかあ〜こないだの戸田レポートで書きましたけど、あの投球では厳しそうですよ〜。変化球投手になってますけど、キレ、制球ともに今ひとつでした。ましてやいくらファームといえど抑えは(汗
やはりレポで書きましたが、太田が面白いですよ!

投稿: BJ | 2012年5月18日 (金) 22時29分

>エイトマンちからさん
いつも丁寧にありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

大島、「タッチが優しい」って言ってましたか、さすが野球を知ってます(笑)冗談はともかく、あのタッチはいただけませんでした。何気ないプレーですが大きなプレーでした。
サブローの4番は不思議ですよねえー。決して派手にホームラン打ったりする訳ではないですし、意外と好機で凡退も多い選手なのですけど、活躍する時は実に効果的です。何より、サブローが4番に座ると打線がとても落ち着くんですよね。
ミスター・・。現役時代を知らない私としては、どんな選手だったんだろうな〜と良く想像しました。「ここで打ってくれ!」という所で必ず期待に答える選手。観客の記憶に残るという意味でも、サブローは「聖域」を継ぐ者かも知れません。10年近く前だったかに、ミスターがキャンプ巡回でマリーンズに来た時、サブローに目を留めて熱血指導したのですよね。技術よりそういう似た匂いを感じたのだったりして・・・。
荻野貴、着実ですね。でも、観たいけど我慢、我慢して本当に完全になってから戻ってきて欲しいです!

投稿: BJ | 2012年5月18日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45302601

この記事へのトラックバック一覧です: 初回、井口の”優しいタッチ”からそれは始まった D3−3M:

» サブローが岩瀬撃ち!価値ある引き分け [いすみマリーンズ]
M:渡辺俊-小野-中後-内-益田 D:雄太-山井-岩瀬-ネルソン [ホームラン] [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 22時14分

« 新生マリーンズ、ナゴド10連敗なんて吹き飛ばす勝利 D1−3M | トップページ | DH無しはやっぱり面白い »