« なんとも言いようがない試合・・・ C4−4M | トップページ | 集計してみて判った、角中の脅威! »

2012年5月29日 (火)

こういう試合を取れるって事は自信持って良いのかな? C3−7M

香月、よく頑張った!
ニッカン式スコア

両チームの先発は実績充分のバリントンに対して、2年ぶりかつ今季初登板の香月。乗っているチームというのはこういう組み合わせでも勝てたりするものですよね。例えば昨日のジャイアンツがそうでした。なので果たしてマリーンズの今の状態はホンモノなのか、私としては今日の勝敗が密かにかーなーり気になっていました。

香月は序盤こそ明らかに力が入っていて、制球も暴れる感じで危うかったのですが初回送りバントを素早く処理してセカンド封殺するなど自分のフィールディングで自らを救いました。
香月と言えばストレートとカーブですが、今日はカーブを殆ど使わず、チェンジアップを多投します。二回り目から決め球に使いだしたスライダーが実に良いところに決まり、少しずつ安定した投球を展開しました。でも何より思ったのはストレートの球威が2年前より増しているという事。去年ファームで観た時もあれっ香月ストレートに力あるな!と思ったのですが、ストレートに力があるからこそ活きたスライダーやチェンジアップだったと思います。
球威不足が心配だったのですがそれを吹き飛ばす投球。良い当たりがことごとく野手正面をつくというツイている面もあったのですが、腕が振れているからこそそういう打球になるのでしょう。久しぶりに荒々しく一所懸命投げる投手を観たような気がしました。
自分でもチャンスで見事にタイムリーを打ち、これまた自らを助けました。昨日書き忘れたのですが、唐川が先制されているのに全く打つ気がみられないことにちょっと憤慨しましたので、この姿勢は嬉しかったです。唐川よ、投手も9番目の打者なのだよ。

また好感が持てたのは試合後のヒーローインタビューで、全く浮かれること無く受け答えしていたのが印象的でした。年齢も28歳ですし、喜んでいる場合じゃないというのは本人が一番良く判っているでしょう。一度抹消になるのか、このまま中継ぎ待機なのかは判りませんがチャンスを与えられて結果を出したのですしこのままベンチに置いて欲しいです。
7回途中まで踏ん張ったのは首脳陣からすると恐らく嬉しい誤算だったでしょう。中継ぎ総動員態勢でスタンバッていたと思うのですが、中後(昨日打たれた東出を三振に打ちとってリベンジしましたね)、内、益田の3人で済みました。

打線は4回まではあっさりと凡退していたのですが5回に一気に7得点!サブローが倒れた後の角中の3塁打がみんなを引っ張った感がありました。本当に角中はチャンスメイクもポイントゲットもしますし大きな大きな存在になっていますね。3塁まで行ったというのがまた良かった。
続く今江は昨日今日とインコースを攻められている事を逆手に取って完璧に読んでましたし、香月もしっかり右打ち。その際に1塁走者雅彦がしっかり3進したことも良かったです。岡田・根元のヒットは怪しい感じでしたが、チームが勢いに乗っている時というのはこういうもの。井口の200号となるホームランはお見事でした。(カープファンの方、拍手ありがとうございます)

終わってみればチーム7安打のうち実に6本がこの回に集中。バリントンからしたら良く判らないままあれよあれよで点を取られたといった感じでしたでしょうね。

冒頭に書きました、バリントンと香月というマッチアップで勝つ事が出来ました。こういう試合を取れるのが強いチームです。これはチーム状態は相当良いと考えて・・・・いや、信じて良いのでしょうか?長年マリーンズファンやってるとなかなか手放しで喜べません。しかし、今のチームを信じないと選手たちに失礼ですよね。今年のマリーンズは違うぞ!と自信持って行きましょう!!

☆共にケガから契約解除、育成契約となった菊地原と河内が登板。河内はこないだ触れましたので今日は菊地原を。アキレス腱断裂という大怪我から本当に良く復帰しました。左打者から大きく逃げていくスライダーは健在でした!これはカープには貴重な戦力となるでしょう。大きなケガから復帰した選手の姿を見ることは嬉しいです。

★G2−3F
よし、Gの負け数が並んだ!しかしMの方が引き分けが多いのでこのままでは上回れない・・・
★S1−7E
★YB2−1Bs
★D6−1H
★T0−6L

□今日はパの4勝2敗。通算32勝23敗4分です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« なんとも言いようがない試合・・・ C4−4M | トップページ | 集計してみて判った、角中の脅威! »

コメント

香月選手よく頑張りました。調子が悪くなければそこそこ投げるだろうと思ってましたが…
次のチャンスもゲットしたりしたら、最近よれよれしてる唐川君あたり立場ヤバいよ~

…くらいは思ってみた(笑)

まあけっこう投げちゃったしいったん抹消してリリーフ投手と入れ替えて香月選手は次待ち、と思いますが…


今のところ浦和からの新戦力については野手が多かったのですが、投手もきちんと準備してるのがこれで分かりますよね。
高橋コーチと西本コーチのおかげだなあこれも。少し時間かかりましたが…

試合があまりにもマリーンズらしさ爆発な勝ち方だったので、これはカープサイドはダメージ食らってんなあと思い(本当は敵さんを思いやるところじゃないんだろうけど)カープファンのブログとかも拝見しましたが、ウチのコーチ陣を羨む意見多数…


昨夜も角中のヒットからでしたね~
よく打つなあ。

規定打席に達すれば、首位打者行けますよこれは。

そして
井口さん200号おめ!
一時期絶不調でしたが
また調子戻ってきましたね!

投稿: てんとう虫 | 2012年5月29日 (火) 07時41分

どんな内容でも勝てるチームは羨ましいです(笑)


ヤクルト、増渕…まぁこんなもんでしょう


川端、宮出、イム、正田が上がってくるようですね


正田…苦肉の策かなぁ


敗戦処理、ワンポイントがことごとくダメですから正田しか下に残ってない状態ですもんね


今のチーム状態から即敗戦処理の出番ありそうなんで何とか食らいついて欲しいですが厳しいでしょうね…

投稿: 佐藤 | 2012年5月29日 (火) 11時04分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

ちょっと唐川を焚き付けたくもなりますよね。ファームだって先発の座を虎視眈々と狙っている投手いるんだぞ!と。その先鋒、香月良く投げましたね!投球回数結構行ってしまったので一度抹消ですかね、やっぱり。でも抹消せずを希望したい。
慶彦と西本コーチが上に来たこと、青山ヘッドが下に行ったこと、それぞれで連絡が密になっているのだとしたらコーチ陣の入れ替えも効果があったということでしょう。
角中が起爆剤になりましたね。規定打席到達が楽しみです!今はプレッシャーもなく伸び伸びやってますけど到達後も意識することなく変わって欲しくないですね。
カープファンは・・友人も何人かいるのでたまらんだろうなあ、と思いきや随分前からノムケン采配が評価低いので、昨日の敗戦も諦めというか達観している人たちが多いです。もうボヤくのも飽きた、みたいな。でも慶彦筆頭にカーぷ人脈強いですもんね、マリーンズのコーチ。去年どんでん返しで慶彦の残留が決まって良かったと本当に思います。

投稿: BJ | 2012年5月29日 (火) 12時17分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

ノッているチームはどんな内容でも勝てたりしますね。今マリーンズがそんな感じですが、つい去年までは逆の立場だったと思うと不思議なもんです。
増渕ダメでしたね~。一番期待なだけに残念。今一つ殻を破れていないなあ。飛躍を期待します。
イムも見切り発車でしょうか?正田はどうなんだろう…私が観たのは1度だけなので判断しちゃうのは失礼なんですけどあまりにも良くなかったので。
前記事に書いた太田面白かったんだけどなあー。まだなのかなあ。
でも正田みたいに遠回りしても頑張ってる選手は応援したいです。これをチャンスとしてつかんで欲しいです。

投稿: BJ | 2012年5月29日 (火) 12時24分

BJさん、こんばんは。昨日のマリーンズは、7安打で7得点。効率が良かったですね。個人的には盗塁が無いと物足りない所はあります・・・。唯、今は、勝つ事です。
昨日は、計6試合全てでホームランが出て、合計10本ですか。今季初めてのホームラン数、二桁というのは良いですね。
以前、BJさんからスリーベースについて指摘頂きましたが、自分は、スリーベースやツーベースよりはやはりホームランに魅力を感じます!打撃戦が好きです。
その意味で、昨日の中田翔選手のホームランは、パワー・ヒッターならではの弾道を感じられて嬉しかったです。
ファイターズも好選手が揃ってますね。昨日の試合、由伸選手が打った当たりはオーバー・フェンスだと思いましたが、塀際の糸井選手の見事な捕球、凄かったです。
自分は、義務教育の学生の頃、少年ファイターズ会に入会してましたので、熱狂的なファイターズファンでした。現在は特別な思い入れはありませんが、いいチームだと思います。
明日のマリーンズの試合に期待します!また、よろしくお願い致します。

投稿: エイトマンちから | 2012年5月29日 (火) 18時42分

>エイトマンちからさん
コメントありがとうございます。

昨日は非常に効率が良かったですね。残塁大得意だったころが遠い昔のようです。確かに盗塁始め、「足」を絡めないとちょっとさみしいですね。その意味でも荻野貴の復帰が待ち遠しいですね。
ホームランはやはり独特の魅力がありますよね。青空の中をどこまでも飛んでいく白球・・・やはり屋外でないといけません。
最近の私は大砲のいないマリーンズ打線に慣らされてしまったせいか、ホームランよりも3ベースの方にエキサイトしますが、それでもホームランには特別な美しさがあります。特にホームランアーチストは誰にでもなれるものではないだけに・・・。中田翔には数少ないアーチストの素質と匂いがありますね。
ファイターズ、良いチームですね。少し話は逸れてしまいますが、北海道移転して本当に大正解だったと思います。在京のファンの方は寂しい思いをしたとは思いますが・・・。

投稿: BJ | 2012年5月29日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45448793

この記事へのトラックバック一覧です: こういう試合を取れるって事は自信持って良いのかな? C3−7M:

» 香月2年ぶりとなる登板を白星で飾る/井口200号 [いすみマリーンズ]
マリーンズ 000070000 7 カープ    000000300 3 M:○ [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 23時58分

« なんとも言いようがない試合・・・ C4−4M | トップページ | 集計してみて判った、角中の脅威! »