« ゴールデン”鯉のぼり”ルーキー、ありがとう! M4−3H | トップページ | なんとも言いようがない Bs7−5M »

2012年5月 1日 (火)

野球の怖さを痛感した敗戦 Bs2−1M

なんとか取った1点を凌いで凌いで、・・・・最終回にドカン、で敗戦。
野球は怖いなあ・・・そして残酷です。虚しさも残る。
ニッカン式スコア

先発のグライシンガーは今日も素晴らしいピッチング。前回投球から力が出てきたストレートが何より良い。そして、グライシンガーの真骨頂は左右コーナーの投げ分けですね。いやはや、試合を観るほどに凄さが判ってくる感じ。これほど良い投手だったのか、と改めて私の見る目のなさを実感しました。あれ程グライシンガー獲得にぶーぶー言っていたのですから。しかし今は180度評価が変わりました。まったくもって現金なものです。
7回を105球無失点と文句のつけようがないピッチング。5回に制球を乱しヒヤッとしましたが、坂口の打球がレフト正面をついたのが助かりました。

今日も後を継いだ益田が素晴らしい投げっぷり。地元関西ということできっと友人や家族も来ていたのではないでしょうか?最後山﨑を見逃し三振に取った144kmストレートなんて鳥肌が立つようなボールでした。

打線は・・・・うーん、もう少しなんとか出来ないものか〜〜。6安打4四死球ですからフタケタ安打みたいなものでしたが、結局8残塁。
・・・さあて、ここで最近のお約束となった、初回の攻撃についての小言ですが・・いつも読んで下さっている方には「またかよ」と呆れられそうですが、うーん、岡田がストレートの四球で出塁したのになんで根元にあっさりバントさせるのか・・・。もともとコントロールに課題のある投手。しかもクイックだって速くない。打てる手はいくらでもあったはず。走らないにしても、走ると見せかけるだけで根元への投球もかなり散漫になったのでは?グライシンガーにはとりあえず1点あれば、という魂胆で送ったのかも知れませんが、いつまでも1点をしのげ、と投手に強要する野球じゃ持ちませんよ。せっかく昨日は岡田を走らせるとかしたのになぁー。初球におとなしくバントすることは無いと思うんだよな・・・。結局無得点に終わるとガッカリ感も増すのではないかと・・・。

フィガロは力のあるストレートとブレーキの効いたチェンジアップで、持ち味の荒れ球もあり打ちにくいですから、結果的に言えば1点しか取れなかった事は仕方無いかも知れません。(良い投手ですし・・・実はかなり好きな投手)まー、でももっともっとやれることは出来た筈と思うと、勝ち星が飛んだグライシンガーが不憫です。

唯一パワーボールに対抗できそうな大松は完全に力負け。これなら角中のスイングの方が期待出来てしまうよ・・・欠場が痛いなあ。大松も応援しているけど、二回1死1塁でニゴロ、セカンド封殺の後1塁に転送されセーフになったのですが、この時に1塁手前で走るの緩めたんですよねー。一歩間違えればゲッツー。これにはかなり失望しました。打てないならこういうところしっかりしないと、本当に出番無くなってしまいますよ!試合に出られる喜びを感じているのかな?と疑問を抱いてしまいます。ファンだってしっかり観ています。首脳陣ならなおさらでしょう。「やれること」をしっかりやって欲しい。あれがファイターズなら罰金ものではないのか。

最終回・・・薮田が登板。ファンみんなが心配していたと思いますが、悪夢のサヨナラ被弾・・・。去年、平田に同じく2試合連続のサヨナラを浴びた事を思い出して(1試合目は別のチーム相手でしたが)、嫌〜な嫌〜な予感はしていたのですよね・・・・がっくし力が抜けてしまいました。後藤、イ・デホにはストレートを見せ球としている配球だったので、里崎もストレートを信用していないのだな・・とは思いましたが、初球、余りにも甘い所にストレートが行ってしまいましたね。
が、しかし!一番悔しいのは薮田でしょう。きっと今晩は眠れないかも知れません。打たれたいと思う投手なんていません。私は薮田を責められませんし、薮田どうこうより、点が取れない打線をなんとかしないと。

それでも実際問題として薮田の球威には少し不安を覚えるところであり、代わりのストッパーも水面下で準備始めないといけないでしょうね。現時点で最も適任は益田という事になるのでしょう。しかしそれには中継ぎがもう1枚は絶対に必要です。薮田と順番が入れ替わるにしても、ね。薮田が復活してくれるのがベストですが、リスク回避としてもしっかり次の手立てを打っておかないと行けませんね。

悔しい悔しい敗戦ですが・・・まだ9連戦のうち4試合が終わっただけ、2勝2敗とイーブンです。残り5試合、勝ち越せば良い!

☆ジャイアンツを戦力外になったグライシンガーが活躍し、タイガースを戦力外になったバルディリスも主力となる。選手が活躍出来る、出来ないは紙一重だよなーとこの両外国人を観ていると痛感します。
☆地味だけど、フィガロの後を受けたBs投手陣、海田、香月、吉野がしっかり無失点に抑えたのが最大の勝因でしょう。香月も登板過多気味なのが気になりますが、リードされていても後ろがしっかり投げることは本当に重要ですね。

★L3−4E
私お気に入りの辛島が初先発。6回2/3を1失点でプロ初勝利、おめでとう!去年1軍登板が無く心配でしたが、ホッとしました。
★F3−5H
ホークス、土壇場で逆転勝ち。悔しいけどこの2チームの対戦が一番面白いのかも・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

|

« ゴールデン”鯉のぼり”ルーキー、ありがとう! M4−3H | トップページ | なんとも言いようがない Bs7−5M »

コメント

ごぶさたしております。
マリン3連戦に参戦し帰宅して、地元京セラDに参戦中です。
やっと迎えた関西初戦、初めて生で見たグライシンガーの快投は素晴らしかったです。
しかし試合そのものは、攻撃陣のふがいなさにストレスがたまりまくりでした。初回のフィガロは、じっくり選べば5点はもらえたのに・・・
打ちたがりの打者が多いので、ベンチが素早く判断して待球作戦に切り替えてほしかったです。
ボール球に手を出して相手を助け、「相手投手が良かった」と言い訳するのには腹が立ちます。

そして前日の西武戦でもサヨナラHRを打ってのっているバルへ真っ向勝負した薮田にブチ切れました。
昨年6月のナゴヤDで中日・平田に真っ向勝負でサヨナラHRを打たれたことを全く反省していない。絶対忘れているに違いないです。(平田も前日の西武戦に続いて2試合連続でした)
このバッテリーは「どやリード」と「どやピッチング」なので、打たれてもまたいつか同じことを繰り返すのですね・・・
あと2戦の戦いにも影響する悲しい敗戦でした・・・
木曜日のマクレーンは、工夫ゼロのロッテ打線では絶対に打てません・・・
水曜日の中山も助けてしまうかも・・・

落ち着いてから書こうと思いましたが、悔しさで眠れず、怒りにまかせて書きました。悔しい、悔しい、悔しい・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年5月 2日 (水) 02時26分

ブログ更新お疲れさまです。

現地観戦しておりました。
なんとも負けた気がしない試合でした 笑
1点しか取れてなかったとはいえ、ずっとリードしていた試合ですからなんかそんな気がします 笑

初回の場面、そう思っていらっしゃるだろうなと思っていましたし、自分も同じことを思っていました。
このブログを読ませていただく前はそんなことは思わなかったのに洗脳されたのかもしれません(言い方が悪くてすいません 笑)
確か同じような場面がもう1回あった気がします。

グライシンガーは相変わらずいいピッチングでした。
フォアボールを出すときもありましたが安心して見ていられました。
4月もう1回投げていたら月間MVPもあったかもしれません。

打線は本当にまずいですね。
角中が出れないのが痛すぎますし、今日は井口が仕事をできませんでした。
大松は昨日タイムリーを打ったので復活の兆しが見えるかと思いましたが全くでした。
先発が工藤だったのが驚きでしたが、監督の左右病が復活したのでしょうか 笑
まあ明日は中山が先発ですし、清田がスタメンでしょう!
今日はクリーンアップが働けていない印象でした。

問題の薮田ですがこないだから怪しかったので今日ツケがきたかなという感じです。
ポスト薮田は益田と言いたいところですが、自分は内に期待したいですね。
2軍で抑えをやっている荻野忠も気になるところです。
2軍と言えばホワイトセルはどうしているのでしょうか。

明日はペンと中山。
両投手とも波があるイメージです。
あと2戦がんばって応援してきます!

投稿: T-荻野 | 2012年5月 2日 (水) 02時29分

クローザーというポジションの大変さを改めて痛感しました。セットアッパーの方がピッチング以外のクイック・牽制・フィールディングといった技術も必要とされているし、同点もしくは僅差ビハインドでも、回の途中ランナーありでも登板したりするし激務だと思っているのですが、クローザーは1球の成否によって、チームメイトがそれまで積み上げてきたものを最後の最後に水の泡にしてしまえるポジションなんですよね。

工藤選手、今季初スタメン&初ヒットおめでとうございます。この間のファインプレーと他の外野手の状況からスタメン抜擢もあるかと思いましたが、早速結果を出しましたね。

対戦相手のことながら、香月投手のことを取り上げてくださってありがとうございます。82年福岡生まれコンビの片割れ(勝手に組ませた(笑)もう1人は伊藤投手)で1.5番目に好きな投手なだけに、活躍するならマリーンズ戦以外でとは思い切れないのです。かつての勝ちパターン“KKO17”の生き残り“17”ですが、僅差ビハインドでの1~2イニング、同点でのワンポイント、延長戦に入ってからの勝ち越し点を守るなど、プレセットアップとしての働きには頭が下がります。吉野投手とともに、こういうタイプが左右それぞれ使われることで、勝ちパターンの投手の負担軽減につながると思います。

投稿: ぷりな | 2012年5月 2日 (水) 03時00分

今年もフィガロ投手には苦労しそうな
マリーンズ打線ですね。
どうも力負けしてしまいますね。

薮田投手については
昨年の平田選手の話が出ているのですが
ストレートに強いイメージのある平田選手とは違い
(これは勝手なイメージですが)
逆にバルディリス選手の
昨日サヨナラホームランからして
抜けた変化球の方が危ないと思っていたので
ストレートの選択は間違いとは
言い切れないと思います。

ただ甘かったですが・・・

とにかく僕はリリーフ投手は
責める気持ちは出てこないので
次リベンジに期待します。

投稿: マットゥン | 2012年5月 2日 (水) 07時20分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

観戦、お疲れ様でした・・・としか言う言葉がみつかりません。
まずは攻撃陣ですよね。フィガロの制球難は判っている筈なのに、なんで初回もっとじっくりいかないのですかね〜。そのクセ力負けでしたから、悲しさだけが残りました。
バルディリスへの初球・・・甘すぎましたね。いろいろな意図があるでしょうから初球ストレートは良いとしても高く行ってしまった・・・。同じ失敗は繰り返さないで、というしかありませんね。
しかし悔しさは良くわかります。私も悔しいですもん、かなり。しかもサヨナラ弾飛び込んだのがマリーンズファンが陣取るレフトスタンドでしたし。カメラには、タオルか何かを叩きつけるファンの姿が映っていましたが、気持ちは凄いわかります。現地観戦ならなおさらです、本当にお疲れ様でした。
話変わりますが、夜行バスの痛ましい事故・・・大阪の一ファンさんを思い出してしまいましたよ。充分気をつけてください、と言っても運転手さんにお任せなのですが・・。会社を選ぶとか、出来うる回避は出来るだけしてくださいね!大きなお世話ですが・・・。

投稿: BJ | 2012年5月 2日 (水) 13時11分

>T-荻野さん
コメントありがとうございます。

本当にお疲れ様でした・・・・現地観戦組は、中継観戦組よりももっと負けた気がしなかったでしょうね。野球って怖いな〜と思いました。
初回の攻撃・・・・洗脳成功ですね(笑)まあ、私の言っていることが正解という訳ではもちろんないので、そういう考えもアリやなーくらいに思って貰えれば。でも昨日の初回はあっさり過ぎでした。
打線は、非力なのは判っていることですが・・それでも厳しいですね。おじさんクリーンナップは力負け、大松も力負け。角中の鋭い振りが待ち遠しいです。そうですよ、ホワイトセルはどうしているのか?ファームでは打率は低いですが、要は打席の中での姿勢ですよね。待ち球とか、そういう部分が治れば下位打線に置いておくのは昨日のような投手相手だと有効だと思います。
内も期待したいです。そもそも、去年ストッパー候補だった筈!ただ、いきなりストッパーは厳しいかなと思って、現状なら益田を推したいです。
ペンと中山は波がかなりありますね(苦笑)果たしてどんな試合になるのか。後2戦、応援お願いします!

投稿: BJ | 2012年5月 2日 (水) 13時17分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

クローザーのしんどさっていうのは、きっと私達が想像するよりはるかに、はるかにキツイものなのでしょうね。きっと、やってみないと判らないのでしょうね〜。そういう意味ではコバマサのふてぶてしさっていうのはやはりストッパー向きなのだなあと記憶を掘り起こしてみたり。
薮田には切り替えて欲しいです。
工藤のスタメンは「おっ」と思いました。見事に結果を出しましたね。個人的には引っ張りのヒットでなくて、おっつけた逆方向ヒットだったのが嬉しかったです。
香月、そうか〜伊藤ちゃんと同じ福岡で同級生だったのか!迂闊にも気が付きませんでした。香月も昔から妙に好きな投手なんですよ。高校時代甲子園の香月は覚えているのですが、あの陰には福岡予選で敗れた(直接対決したのかはわかりませんが)伊藤ちゃんがいたのですね・・・。
香月”も”負け試合、大差試合、僅差試合、勝ち試合、全てで黙々と投げていますよね。その割に評価があまり高くない。もっと中継ぎに光を!と思いたいですね。吉野も頑張ってますね。

投稿: BJ | 2012年5月 2日 (水) 13時26分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

マリーンズ打線、フィガロみたいなパワーピッチャーには力負けしますね〜。かと言って技巧派にも弱いあたりが悲しい所ですが・・振りまけない”強い”打者がいないです。
昨日の薮田のバルディリスへの初球、私はストレートでも間違っていないと思います。ただ、甘く入ってしまった・・・里崎は低めに構えていたのでね。多分ボールで入るつもりだったのかと。そういう意味では紙一重ですよね。
薮田に限らず、後ろの投手たちは本当に大変だと思います。ブルペンでタイミングみて肩作って、でも登板なくてまた作る・・みたいな。もちろん試合でのプレッシャー、心理面、みな含めてですけれど。次に期待しましょう!

投稿: BJ | 2012年5月 2日 (水) 13時31分

お返事ありがとうございます。

今回の事故の会社(ハーベスト)のバスは数年前に一度利用したことがありますが、いろいろなバスを集めているので、集合場所から乗り込むバスがわかりにくかったです。私が利用したバスはトイレ休憩を何度もとったので、運転手が気をつけていたのでしょう。窮屈だったのでその後は利用せず、

電鉄会社やバス会社が定期運行している夜行バスを選ぶようにしています(定期運行路線は複数名乗務が認可の条件だそうです)。

今回の事故は言葉がありません。
乗ったあとは運転手を信じるしかないので、乗務する方々は、人の命を預かる仕事ということを再度認識してほしいものです・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年5月 2日 (水) 14時17分

一点で勝とうなんてやはりムシが良すぎますよね〜。今年はこんな試合が続きますが…

薮田は昨年の球威を感じなくなりました。十分年齢以上の球は投げていますが、やはり(言いたくありませんが)衰えなのでしょうか…

益田がしっかり抑え、よしいけると思ったのも束の間、やはりバルディリスは怖いですね〜。一振りで決める打者、憧れます。

グライシンガーはいよいよ神がかってきました。ほんま、疑ってすいませんでした!

投稿: トマト | 2012年5月 2日 (水) 17時40分

>大阪の一ファンさん
ならば少し安心ですね。安い料金を、と言う欲求が利用者側からあるのも一因とはいえ、いくら過酷な条件としても運行する以上は人の命を預かっている事を肝に銘じて欲しいです。乗る方は全てを預けるしかないのですし‥

投稿: BJ | 2012年5月 2日 (水) 18時17分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

いくら一点勝負としたとしても、毎回一点勝負では無理がありますよね〜昨日も今日も明日も一点勝負、みたいな。
薮田は疲れとかと思いたいですが忍び寄る衰えがあるのかな‥認めたくないものだな、若さゆえの過ちを、と言えないところが辛い。
一発の魅力は大きいものがあります。現時点では大松しかいないのに、昨日の内容は厳しかった‥
今日は繋いで繋いで欲しいですね。

投稿: BJ | 2012年5月 2日 (水) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45098388

この記事へのトラックバック一覧です: 野球の怖さを痛感した敗戦 Bs2−1M:

» グライシンガー好投も、薮田サヨナラ被弾で吹っ飛ぶ [いすみマリーンズ]
マリーンズ 000010000 1 合併球団  000000002 2 M:グラ [続きを読む]

受信: 2012年5月 2日 (水) 23時41分

« ゴールデン”鯉のぼり”ルーキー、ありがとう! M4−3H | トップページ | なんとも言いようがない Bs7−5M »