« なんとも言いようがない Bs7−5M | トップページ | とにかく成瀬 L2−3M »

2012年5月 4日 (金)

これがマリーンズ野球 Bs1−6M

昨日までと一転、気持ちのよい勝利で連敗を止めました!
ニッカン式スコア

先発の俊介は非常に良かったですね。まず始終ストライク先行だったこと。意外とコントロールが悪い俊介ですが、特に低く流れるボールが多いと簡単に見極めされてしまいますが、今日はそういう「無駄なボール」が無かったです。それに、コーナーの投げ分けよりも緩急・・・前後というか、「奥行き」を非常に意識させることが出来たのではないでしょうか?
結果、24アウト中15アウトがフライアウトと、先週に続きフライを打たせる俊介の本領発揮。前回の投球を観ていないので好投が半信半疑でもあったのですが、この投球内容なら安心です。こうなると先発ローテの中でペンが一番やばいですね。
俊介は8回を101球7安打、死球こそ1あったものの危なげのない投球で今季初勝利。通算1500イニング投球も達成しました。
思うに、二段モーション問題で封印していた、投球動作で足をあげて、一瞬止めることをまた始めたのがとても良い結果をもたらしているのではないかと(去年後半くらいから復活してたかな)。タメがしっかり出来て、身体の軸がブレなくなった事が制球力に繋がっていると思います。また、俊介お得意の「タイミング外し」もこれで出来るようになりました。ほんっとにあんな意味の判らん二段モーション摘発ってやめりゃいいのに。ところどころまだゾンビみたいに復活したりしますからね・・中郷がいい迷惑だ。

9回も行くのかと思ったら、益田が上がりました。ん?と思いましたが、うーん・・・ひょっとしてひょっとすると益田の抑えへの布石かも知れませんね。どうなんだろう??
まあ、実際のところは最後にバタバタしたくなく、きっちり抑えて明日に繋ごうという意図だとは思いますけれど。

打線では井口がDH出場。すわ何かあったか?と思いましたが監督コメントによると休養を考えてのことらしい。その言葉を信ずるならば、これはアリかと。考え方によっては、セカンドが空く事で今日のように早坂を配置したり、場合によりファームから鈴木大地を使ってみたり、と打線のバリエーションが幅広くなります(根元はずっとショートで来ているので動かしたくはないな〜)。井口が3番セカンド固定枠でドッカと座っている事で自由が効かなくなる弊害が少なからずありましたからね。
センター岡田を外したことに関しては、何度か今まで書いてきたように、守備枠で外してほしくはありませんので面白くはありませんが(休養という考え方も出来るけど・・・岡田は毎日出て働けるタイプじゃないかと)、いろいろと試すという姿勢は、去年までと今年序盤までの超超石頭オーダーよりははるかに歓迎したいところです。慶彦の存在がデカいんじゃないかと邪推していますが、とにかく全てに柔軟にして欲しいというのが希望ですし、こういう姿勢は大歓迎ですね。

今日の初回、清田が初球を打って出塁した後の送りバント。いつもの私ならばこういうの嫌いで噛み付いているんですが、今日に限ってはこれもアリかと思います。というのは、
・昨日までの流れが悪い
・マクレーンは制球も良く大崩れは考えにくい
という2点からです。どうにも昨日までの連敗、打線が荒い・・・また負けていることで、まず先制点というのは理解出来ますし、きっちりとチームプレーをすることで「落ち着いた攻撃」のアピールになれる。チームプレー=繋ぎの打線と言っても良いですし、ここは送りバントで賛成です。
またこれも、味方投手が必ず2〜3失点はするのならば意味はあまりありませんが、俊介の調子の良さもあっての事でしょうね。
・・・・結局点は入りませんでしたが・・・・(苦笑)

今日はサブローの右打ちが内容も良く結果も伴いました。「繋ぎの4番」を標榜するベテランがこういうバッティングをしてくれるとチーム全体の意識付けにも繋がります。5回に4点を奪った鮮やかな攻撃では右打者は全てセンターより右方向への打球でした。
今日のマリーンズのヒットは詰まった当たりでも野手の前に落ちることが多かったですが、これとて繋ぐ意識があってこそでしょう。ブン回しての詰まりなら大体野手の正面に行ったのではないか?

先制こそ出来なかったものの、繋いで繋いで点を取る、これがやっぱりマリーンズの攻撃です。「一発」がどうしても必要な場面もありますけれど、基本はこの形。打撃陣が今日の攻撃をきっかけに、また改めて「繋ぎ」を念頭において徹してくれれば、「貧打」を補ってあまりあるものがあるのではないでしょうか?立ち位置を再確認してリスタートと行きたいですね。

先発が試合を作り、派手さはないものの繋ぐ打線が効果的に点を取って援護する。これが「マリーンズ野球」です!今日、連敗の中で自分たちの野球をして勝利を見せてくれたことで、今は明るい気持ちです。

この9連戦、残すところ後3試合となりました。選手は移動日無しで千葉→大阪→そして今日所沢(立川)と移動が続きハードな日々は続きますが、楽しみにしているファンも大勢います。あまりこういうセリフは言いたくないのですが、「ファンのためにも」もうひと踏ん張りして欲しいですね。
明日からも期待しましょう!

★L6ー1E
★F0ー2H

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ブログ村参加しています

|

« なんとも言いようがない Bs7−5M | トップページ | とにかく成瀬 L2−3M »

コメント

現地観戦6連戦を終え、昨日は帰宅後すぐに眠ってしまいました。

マクレーン相手では、3戦の中で最も勝ち目が薄いと思っていただけに、俊介と京セラDの相性の良さに、改めて感心しました。

前回のコメントを書いた後も眠れず、明るくなってから京セラDで並び、無事にレフト下段に席を確保できました。前日から見ている方々は、流れの悪さをわかっているだけに、重い表情・・・

休日なので、この日だけ参戦する人が多く、前日までを生で見ていないファンたちに「今日は勝つぞ!元気出しましょう!」と励まされました。

スタメン発表で、みんなびっくりでした。二塁:早坂、レフト:サブロー、守備が緩い・・・
井口のDHに関しては、「もっと早くやってもよかった」と好意的でした。

マクレーンを打てないと思っていたので、初回から好機に併殺・・・また点が取れないのかと頭を抱えました。でも、俊介が一回りきちんと抑えて、試合を落ち着かせてくれたことが中盤の攻撃につながったのでしょう。

4回に1点取ったあと、5回にマクレーンがあっさり降板したのが意外でした。続投なら4点は取れなかったでしょう。水曜日の試合と違って、オリのリリーフ投手の不調に助けられました。

俊介は昨年からの京セラDとの相性の良さを継続し、フライをどんどん打たせて見事な揚げ物職人でした。フライ料理でお腹いっぱいです。

中盤以降、だんだんとらえられてきたので、ファンからも、「点差があるし完投させたいけど、9回に打たれてベンチがドタバタするのも見たくないし、交替でもよい」との声が出ていました。

薮田の調整登板でもよかったのですが、益田が出てきて、西村流は変わらないのに閉口・・・でも益田のお母さんが見に来ていたらしいので、親孝行になりましたね。

火曜日に打線の沈黙で、勝てる試合を落としていたし、水曜もベンチのミスで突き放されていたので、この日の勝利は、嬉しいというよりも、「3タテされなくてよかった」という気持ちでした。3連敗では関東の皆さんに申し訳ないと思っていましたが、阻止できてほっとしています。

連敗が止まったことと、自分の6連戦が終わったことで安心し、ドームから大阪駅へ向かう大阪市バスの車中で十数分の間ですが熟睡しました。こんなに熟睡したのは久しぶりです・・・

西武ドームで応援されているでしょうか?
本日の試合はヘルマンにひっかきまわされ、ドタバタですが、このまま勝ちたいですね。

投稿: | 2012年5月 4日 (金) 15時54分

名前書き忘れました。すみません・・・

投稿: 大阪の一ファン | 2012年5月 4日 (金) 16時59分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

6連戦、本当にお疲れ様でした。怒りを覚えるような内容も多かっただけに、最後をしっかり締められて良かったですね。帰途の10数分の熟睡、とても良くわかります。
俊介がきっちり抑えてくれたこと、マクレーンが制球良くなかったこと、先発投手の差がそのまま出ましたね。
益田のお母さんが来ていたのですか、それじゃあ登板は顔見せが大きいのかな?・・とは言え9連戦中なので微妙なところですね。でも親孝行出来ましたね。
私は西武ドームは最終日の6日に行きます。藤岡に今からもう期待です。

投稿: BJ | 2012年5月 4日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45124838

この記事へのトラックバック一覧です: これがマリーンズ野球 Bs1−6M:

» 俊介今季初勝利(1500投球回達成も)で被3タテ阻止!! [いすみマリーンズ]
マリーンズ 000140001 6 合併球団  000000010 1 M:○渡 [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 22時32分

« なんとも言いようがない Bs7−5M | トップページ | とにかく成瀬 L2−3M »