« 10安打9残塁<本塁打2発かあ F2−1M | トップページ | エースとキャプテンの試練 M2−3H »

2012年4月27日 (金)

選手会の統一球見直し要求にガッカリ

今日は、おそらくあまり支持されないであろう少数派(?)の意見を書きたいと思います。
プロ野球選手会から統一球見直しの要求があがりました。

統一球見直しを…選手会が申し入れ

 日本プロ野球選手会は24日、兵庫県西宮市内で日本野球機構(NPB)や12球団側と事務折衝を行い、導入1年目の昨季に本塁打数が激減した統一球についての見直しを申し入れた。12球団側も選手会の要望を踏まえた上で、検証する方針を示した。

 統一球はそれまでの使用球よりも反発係数が抑えられ、昨季の本塁打数は2010年シーズンからセ、パ両リーグ合計で666本も減った。今季も完封試合が多く見られるなど、打者が対応に苦慮している。選手会の新井貴浩会長(阪神)は「野手だけでなく、投手からも(統一球は)どうなのかという意見を聞いている。少し検証してくださいという話をした」と話した。

 広島の鈴木清明球団本部長は「選手会から面白みがないという話が出たが、それは12球団でも話している。12球団に(選手会の要望を)持ち帰る」と話した。その上で「シーズン途中に変えるのではなく、来年以降の検討課題になる」と語った。

私は選手会にがっかりしました。
もう白旗上げるんかい、と。

確かにホームランの数は激減、完封が増えるなど数字上でも2010年までとはかなり変わりました。
このままでは面白みがない、という意見ももっともではありますし、私としてももう少し点が入る試合でも良いんかな、とは思います。投手戦こそ面白いんだよ、なんてツウぶった考えを振りかざすつもりもありません。

「検証してください」ということだけであればこれはNPBとしても断る理由はないでしょうけれど、選手会としての言葉からは「投手からもどうなのか、という意見」とかあまりに具体的ではなく、なんかどこまでホントなんだか良く判りません(選手会の公式ページにも特に言及はありませんでした)。
しかも去年まではMLBの方が飛ばないっていう声しか聞かなかったのに、いきなりその逆の事を言い出す選手たち(の報道)もあり、自分たちが打てなくなったのをボールに責任転嫁してるだけじゃないの?とも思ってしまいます。報道が大げさに膨らませて伝えているだけかも知れませんけれど。
野手からしたら成績が下がる訳ですから、年俸にも響き死活問題なのはわかりますが、導入2年目のシーズンが始まって1ヶ月もたたない段階で言い出すのはどうかと。

統一球を導入してからも目を見張るような素晴らしいホームランはありますし、技術で右打者がライトに運ぶようなホームランだって出ています。決して打てない訳じゃない。
やっぱり、今までのボールが飛びすぎた感は否めず、それに慣れてしまった選手からしたら冗談じゃないよ、とも言いたくもなるのでしょう。

それでもやはり私は、コスったフラフラした当たりがスタンドインなんて野球の方がもっとつまらない。
「真のホームランバッター」が打ったホームラン、非力な打者でも「完璧に打てた打球」がホームランになる、そういう”本物”のホームランが観たい。

全てにおいて弱腰で指導力を持たないコミッショナーが珍しく我を通した事でもあり、この問題に関してだけは加藤コミッショナー頑張れよと、願います。

私はプロの選手の能力を信じています。今までの水準までは行かないまでも、アジャストして高い適応能力と技術でどういうふうに対応してくるのだろう、と楽しみに思う気持ちは変わりません。

まあ・・・ね、応援しているチームがもともと貧打のマリーンズなんで、私が2010年までとのギャップをあまり感じていない、ってオチなのかも知れませんけれど(泣)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています


|

« 10安打9残塁<本塁打2発かあ F2−1M | トップページ | エースとキャプテンの試練 M2−3H »

コメント

私もこの話題気にしてました。
投手戦というより貧打戦というような試合も多くなったし、野球がつまらなくなった、という感覚は確かにあるんだけど
でもめっきが剥がれて、実際の実力が現れただけではとも思え、選手会の要望はまっすぐには聞けないです。
ネガティブな事象は、将来の改善点です。
国際大会での試合を視野に入れて、導入したはずの低反発球ですが、五輪での野球実施が現在メド立たない以上、国際大会自体非現実的ですが、唯一あると言うべきWBCですら、ギャラの話を盾にとって参加をごねてる選手会です。
いかに正論振りかざそうと、ファンとしてはがっかりですよね。
個人的には低反発球は学生はじめアマチュアでも導入すべきと考えます。最初から低反発ならそれに準じた技術が身につくはず。
プロについても、低反発球にした本当の効果が出るのは数年以上先でしょう。
2020年五輪に東京が立候補してます。誘致が成功し、そこで野球実施となったとき、北京の時のような結果は出しちゃいけない。
選手会にはプライドを持って克服し、その上でファンを楽しませるプレーを見せてほしいです。

投稿: てんとう虫 | 2012年4月28日 (土) 00時27分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

素直に選手会の要望は受け取れないですよね。今の結果は実力通りと思えます。
統一球の導入は国際試合対応が一番の主目的ですけれど、言い方を変えれば本来の”ボール”に戻ったとも言え。ラビットボールのように日本だけがボールが飛ぶとかそういう独自進化はいらないです。
学生はじめアマでも導入すべきとの意見には全く同感です。最初から低反発球ならそれが当たり前になりますし、おっしゃるようにそれに対応した技術が身につくでしょう。
たった一年やそこらでやめよう、っていうのは拙速にすぎやしないか。選手たちもフラストレーションは溜まるでしょうけれど、もっと先を見据えて欲しいと思います。統一球に対応して模索・試行錯誤することは技術的にもたらしてくれるものもきっと多いはず。

投稿: BJ | 2012年4月28日 (土) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45050118

この記事へのトラックバック一覧です: 選手会の統一球見直し要求にガッカリ:

« 10安打9残塁<本塁打2発かあ F2−1M | トップページ | エースとキャプテンの試練 M2−3H »