« 快勝も、もやもやが残る・・ M7−3E | トップページ | 成瀬見殺し・・しかし明日勝ちましょう M0−1L »

2012年4月20日 (金)

俊介残念な投球も、ブルペン陣にやっと春が M3−6E

今季初登板の俊介、試合を作れず。
ニッカン式スコア

今日は録画おっかけ観戦ではなく、テキスト速報観戦となりました。でも、それで良かったのかも。帰宅後に主要部分だけ観なおしたものの、まともに観ていたらイライラしてしまったかも知れません。
俊介の登録に合わせ小池がたった2日で抹消となってしまいました。もともと雅彦のインフルが無ければなかった今回の1軍登録だったのですし仕方無いのは判っていますが、ちょっと不憫。
不調のロサはとうとう抹消、代わりに大谷が昇格しました。

俊介はなにしろ俊介なので不安はありましたが、まぁ思った通りの投球といいますか。4回までゼロに抑えますが四球連発、味方が2点先制した直後に3失点と、まぁーテンポが悪い悪い。
結局俊介は5回で降板。マリーンズ先発陣は今季最低でも6回は踏ん張っていたのですが、いきなり先発の最短イニングとなってしまいました。
ベテランなんだし、今までの流れを切るような投球はかなり残念ではありますが、まぁローテ投手ながら他の投手が3回りしてからの登板ですからね・・気持と身体、両面でのコンディションを整えるのは想像以上に大変だったのでしょう。こんなこともあります、次の登板に期待しましょう!しかしながら先発6番目は晋吾もファーム若手も狙っていますし、うかうかはしていられませんよ〜。

投手陣は俊介の後を受けた、初昇格即登板の大谷が6回は3者凡退に抑えますが、7回に走者を残して降板。後を継いだ中後は打たれてしまい痛い痛い3点を奪われてしまいました。
ここでやっと、やーーーーーーーーーーっと今季初登板の中郷が中後の後を三振で締め、イニング跨ぎとなった次の回もしっかり3者凡退、打者4人に対して3三振と素晴らしい投球。
9回はこちらもやーーーーーーーーーーっと今季初登板の木村が死球の走者は出すものの無失点に抑えました。

大谷は1イニング目は抑えましたし、中後も打たれたものの責める気にはなれません。まぁ中後は高須に良いボールで追い込んだ後に四球を出してしまったことで、後続の打者を攻められず球が中に入ってしまったのが悔やまれます。もっと内を突かないと中後の良さは出ないと思うだけに、次回は攻めの姿勢で投げて欲しいと思います。

なんだかんだでイーグルスにヒットを打たれたのは5・7回のみで、それぞれ点を取られてしまったのが敗戦に繋がりました。そういう意味ではちょっと勿体無いですね。味方が点を取った直後に失点してしまっていること、これだけは投手陣全体の反省材料として欲しいです。

それでも、中郷、木村、大谷、そして俊介が今日やっと”開幕”を迎えました。今頃春満開です。これでみんな落ち着くかな?やっとブルペン全員で闘っていけそうですね。明日以降に期待しましょう!

打線は相手のまずい守備も手伝ったもののマー君から9安打3得点(自責点2)となんとかした方でしょうか。井口、サブロー、福浦の老クリーンアップは揃ってマルチ安打と元気だったのが好材料です。また、角中に今季初ヒット&初打点、マルチと結果が出たのが嬉しいですね。

明日からはカードも変わりますし、成瀬に良いピッチングをしてもらってまずはカード初戦を取りたいですね!

☆中郷、鉄平を外角いっぱいの素晴らしいストレートで三振に仕留めたと思ったらなんと2段モーションとのことでボール判定。2段モーションの適用はとても曖昧で、藤川はOKでも横浜山口はダメとか、全く基準と意味が判らない。しかし中郷は直後の投球で内角に素晴らしいストレートを投げ込み、三振に取る。素晴らしい投球でした。

★L2−3F
★Bs11ー9H

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

|

« 快勝も、もやもやが残る・・ M7−3E | トップページ | 成瀬見殺し・・しかし明日勝ちましょう M0−1L »

コメント

アルビBC今日はオフでしたが高津臣吾監督 すぽるとでのロッテ戦取材に球場へ行ってたんですね


本来なら自分の野球、チームに専念しろよって言いたいですが高津さんの場合は指導者経験がないので試合をたくさん見る、取材の合間に監督コーチにアドバイスを貰うという勉強ができるので これで良いのかなと思います


練習試合を通して高津野球で気付いたこと「送りバントやスクイズ」を一切やってなかった


本番ではやってくるのかもですが練習試合でやらせていないとこみると果たしてどうなるか

開幕戦には古田敦也氏がゲストで来ますが始球式は開幕戦スポンサー様が投手、キャッチャー古田、バッター高津という形だそうです


ファンはそれを期待してないだろ(笑)


ピッチャー高津、キャッチャー古田でバッターがスポンサーで思いっきりバットを振って貰うがベストだと思うが


あと企画で高津VS古田本気3球対決とか


全然わかってない球団だなぁ


これはやっぱ高津さん故障してんのかなぁ


当日はラジオ国営新潟で中継があるので一部で良いのでスペシャル解説ゲスト古田敦也を期待して球場に出向く予定


因みに古田氏は今日から新潟入りして夕方の新潟情報番組に出演です


録画準備完了(笑)

投稿: 佐藤 | 2012年4月20日 (金) 05時26分

試合観ていませんが、俊介の仏頂面が目に浮かんでしまいましたよ(爆)。そもそもリードできないまま負けるのは納得いきますが、ひっくり返されての負けはやはり腑に落ちないですね。
もっとも、変わらず主軸に当たりは出ているし、田中相手に3点はよくやっていますよね〜。

さて、ようやく大谷が上がってきましたね!昨日の投球内容は不明ですが、今年は都合よく使われないことを祈ります(涙)。

小池、待ってるぞ〜

投稿: トマト | 2012年4月20日 (金) 07時47分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

高津いたのか~。開幕前に大変ですなー。でもおっしゃるようにアドバイスもらうとかもできますし、何よりアルビBCの宣伝にもなりますからね。間違いなく広告塔としての役割もあるでしょうし。
送りバントをしない野球、私好きですね~。公式戦に入ってどこまでそれを貫けるか。まぁ必要な時もあるし貫かなくても良いのですが、どんなスタイルなのか興味はありますね。
始球式はわかってないですね。やはり高津が投げなくては意味がない。もっとも普通なら「本物」の投手が投げるってことはありえないけど、監督高津ですからねえ。
観戦、楽しめると良いですね!

投稿: BJ | 2012年4月20日 (金) 22時00分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

俊介の投球はぜんぜん見返してないのですが、あの仏頂面は間違いなくしていたでしょう(苦笑
今季先生すると無敗のマリーンズでしたのに、昨日はそれも崩れてしまいました。そういうところが少し残念ではあります。次にしっかり投げてもらいましょう。
大谷の昇格は嬉しいですね。中郷、木村も好投しましたし、これで益田中後らの負担も減るかな?
小池は今度は実力で上がってくることを待ちましょう!!

投稿: BJ | 2012年4月20日 (金) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/44948429

この記事へのトラックバック一覧です: 俊介残念な投球も、ブルペン陣にやっと春が M3−6E:

» 俊介今季初登板も、中後ェ…(゜д゜) [いすみマリーンズ]
イーグルス 000030300 6 マリーンズ 000201000 3 E:○田 [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 23時13分

« 快勝も、もやもやが残る・・ M7−3E | トップページ | 成瀬見殺し・・しかし明日勝ちましょう M0−1L »