« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

ゴールデン”鯉のぼり”ルーキー、ありがとう! M4−3H

素晴らしいルーキー達!いつかはこういう日が来ると思っていましたが、藤岡ー中後ー益田のリレーでGW最後のマリンを勝利で飾りました!
ニッカン式スコア

相手の千賀は楽しみでしたが、さすがに高卒2年目・プロ初登板初先発の投手相手に試合を落とすわけには行きません。それでも落とすところがマリーンズだったりするので心配でしたが・・・。
先発の藤岡はいきなり先頭の明石に四球を出すなど、制球悪く6回で4四球。力みがあったのかどうなのか、ストレートが浮いていました。
皮肉にも、味方が3点を取った4回に結構待たされたことで少し緩んでしまったのかな?(ベンチ前でキャッチボール始めてから結構長かった)直後の5回表に3点を奪われ同点に追いつかれたところは、余計な四球と合わせ次回への反省材料としてもらいましょう。
ただ、ボールそのものは良かったと思います。ローテで回っていくうちに、いろんな状況や体調の登板があるかと思います。今は全て経験として蓄積して行って欲しいですね。

ベンチ前キャッチボールの途中からグランドコートを羽織る 待たされすぎたかな
Dscf0098

相手先発の千賀にも触れておきましょう。プロ球界では無名の愛知・蒲郡高校から育成ドラフト4位で入団、去年は2軍すら登板が無かった(3軍で少し登板)投手が支配下登録され、しかも和田が付けた背番号21を受け継ぎ、いきなりのプロ初登板初先発とまさにシンデレラボーイ。オープン戦で投げたのをちらっとだけニュースで観たことはありましたが、どんな投球をするのか楽しみにしていました。

プロ初のマウンドに向かう
Dscf0049

噂のストレートは、私の記憶が正しければ今日のMAXは149km、しかし球速云々よりもキレがありました。キレというか伸びるというか。なかなかああいうストレートを投げる投手は最近いませんよね。
他はスライダーとフォークがあるようです。
投球フォームを観ていて、誰かに似ているなぁと思ったら斉藤和巳でした。今3軍の投手コーチもしていますから、やはり影響はあるのか?ピッチングスタイルも似ているかも知れません。

マリーンズ打線を最初の一回りはノーヒットに抑え、上々の滑り出し。おいおい、ノーヒットかよ、と思いましたが二回り目からどうか?と思っていたらその二回目となる4回、井口のヒットを皮切りにサブロー、福浦が連打で続き、大松のタイムリー、四球2つで押し出しで3失点。3回2/3で降板というホロ苦い初登板となりました。この回はみるみる球速も落ちて行きましたので、力みが生じたのでしょう。
スライダーの制球をもっと磨けばかなりやっかいな投手になるでしょうね。今日も初登板とは思えないほど堂々としていて、落ち着いているように見えました。
9連戦のローテの谷間的起用でしたし、一度抹消となるとおもいますが今年はまずファームで充分経験を積み、きっと来季からローテ候補として名乗りを挙げてくるでしょうね。
ホークスは”若い世代”として岩嵜を筆頭にこの千賀、川原、武田・吉本のルーキーコンビと、楽しみな投手が多いです。数年後は投手王国ではないでしょうか?

余談ですが、同じ列すぐ隣りのブロックに千賀のご両親や家族(?)がいらしてました。あれよあれよとここまで来た息子の晴れ舞台を観るご両親の心境はさぞや・・・と、なんかこっちまでドキドキしてしまいました。あまりに快投されてもマリーンズファンとして複雑だけど、目を覆うような降板にならなければ良いな〜とも思ってしまい・・・。

いよいよプロ第1球!
Dscf0054

初回を無得点に抑えた
Dscf0063

マリーンズ打線は追いつかれた直後の5回裏に里崎の犠飛ですぐさま勝ち越せたのが良かったですね。しかしこの1点しかリードを奪えず、継投に委ねることとなりました。
そうそう、今日は角中が右手親指の突き指から、スタメンから外れました。2〜3日は出られないかも知れませんね。せっかく結果を残して来たのに残念ですが、仕方ありません。
サブローがレフトに回り、ファーストで出場の大松が良くタイムリーを打ちました。大松も少ないチャンスを活かさないと行けない立場です。これで明日もスタメンかも知れません。

さ、藤岡が6回降板の後は中後、益田と「ゴールデンルーキー」達の登板です!

相変わらずの躍動感溢れるフォーム
S0050109

ナイスピッチ!
Dscf0125

二人共実に小気味の良い投球を見せてくれますね。中後は内野安打の走者を一人出しますが後続を断ち、益田は相手クリーンナップを三者凡退で抑えます。ああ、君たちいてくれてありがとう、入団してくれてありがとう!
もともと今季のマリーンズは伊藤ちゃん、ロサが抑えの薮田に繋ぐという”方程式”がしっかりしている、という事が前提の試合運びを想定していた筈。しかし前者二人がいないなどと、誰が予想したでしょうか。中後、益田の二人がいなかったら・・と思うと本当にゾッとします。
藤岡も合わせ、ルーキー3人のお陰でとても楽しいGWマリンの連戦となりました。本当にありがとう〜!
この3連戦、スコアボード上には鯉のぼりが3匹悠然と泳いでいました。これぞ藤岡、中後、益田を象徴するような、まさに勇壮に滝を登る鯉のごとし!3人ともこれから楽しみです。
後は鈴木大地、待ってるぜ!

Dscf0159

☆「熱いノッカー」サトケンが好きなので言いにくいんだけど、ここへきて、3塁コーチャーサトケンの適正に疑問符が・・・。以前からサブローのオーバーランや角中の本塁突入、アウトにはならなかったけど昨日の根元の飛び出しとか2塁走者の走塁ミスが目につくけど、今日の5回1死満塁、里崎の浅い中飛はタッチアップ指示して欲しかったなあ・・・。というのも、試合前のノックでセンター福田の送球が酷い状態で、指にかかってしまいセカンドベース後方で早くもバウンドするような送球を繰り返していた。あの送球を見ていたのなら突っ込ませるべきでは。現にこの時の福田の送球もカットまでバウンドしていた。
☆昨日も記事中で触れた今宮、個人的に応援しているのですが5回にタイムリーを放ち、記念すべきプロ初安打初打点。しかし今日あんな場面で打たなくても(苦笑)

プロ初安打初打点の今宮 うれしそう
Dscf0103

★E2ー1F
★Bs5−4L

それでは今日の画像です。

今日はレフトサブロー 伊志嶺の明るい笑顔が試合で観たいDscf0022

今日のシートノック、早坂は最初からショートに
Dscf0023

昨日ノーヒットの反省を活かしたか今日はマルチヒット
Dscf0027

藤岡と千賀というフレッシュなマッチアップ
Dscf0035

小久保は必ず試合前にウォームアップ 必ずです
Dscf0038

俺たちは目ぢからのウォームアップ!
Dscf0045

お前そこまでしか行っちゃダメ
Dscf0105

あーっ裏切り者〜っ!!
Dscf0106

岡島 これ(顔)を直さずに来た今までの歴代コーチは偉いと思う
S0070130

薮田さん、お願い・・・
Dscf0139

贅沢は言わん 例え劇場しようと抑えてくれればいい うむ
Dscf0147

今日のバンザイ
Dscf0164

イエーイ!
Dscf0167

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2012年4月29日 (日)

KKコンビの活躍で満員本拠地で勝てた M2−1H

今日は満員御礼!天候も良く、気持ちの良いホームゲームで満員のお客さんを前に勝ってくれました。
Dscf0011
ニッカン式スコア

先発の唐川は初回、明石にヒットを打たれ出塁しましたが、牽制で刺しました。ホークスが仕掛けてくる前に芽を摘んだことで、リズムに乗って行けたのではないでしょうか?その後も危なげない投球を続けます。
完封も見えてきた9回に連打を許し、無死1・3塁からの投ゴロで併殺を狙ってのセカンド送球が逸れ1アウトしか取れず、と自らのまずいプレーでピンチを背負いましたが、江川の左中間を襲う打球を工藤がナイスキャッチ、ファインプレー!前進守備でしたし、打たれた瞬間は完全に抜かれた〜!!と思ったのですが、良くぞ捕りました。背中からフェンスに当たり、頭もぶつけたように見えましたが大丈夫だったのでしょうか?指を痛めているという角中に代わり守備固めのような形でレフトに工藤が入っていた事がチームを救いました。

工藤ナイスプレー!
Dscf0005

このレフトフライが犠飛となり1点を失いますが(2塁走者の松田が3塁にタッチアップ出来なかったのは助かりましたね)、堂々の1失点完投勝利で早くも今月4勝目となりました。
ただ、139球を費やしてしまったことが、中5日で迎える来週に響かないか、それが心配です。来週は早めの継投になるかも知れません。それでも今日の展開ですと代えにくかったでしょうね。あれよあれよの間に9回に球数が増えてしまったという感じでした。

対する岩嵜は好投したものの二度目の唐川との千葉出身対決に敗れてしまいました。恐らく高校時代の夏の決勝以来のマリンのマウンドでしたが、力んだのかな・・・今季、先発した試合全てでしっかりと試合を作っているのに2勝4敗というのは、今日の様に初回にあっさり先制されてしまったりする所が原因なのでしょうか。前回の唐川対決も初回に力んで失点してしまいました。それでも素質は素晴らしいものがある投手ですし、今後が楽しみです。

打線では初回にヒットで出た岡田をすぐ送らず、まず盗塁を仕掛けました。これですよ、これ!私が求めているものは。何度も書いていますが、すぐ送ってみすみす相手にアウト1つあげるのは勿体無いです。これが岩嵜の動揺を誘ったのか、無死満塁まで持っていく事ができました。出来ればサブローにはタイムリーで畳み掛けて欲しかったところで、犠牲フライだったのが少し残念でしたね。この後に追加点が奪えれば犠牲フライでも良かったのですが、結局1点どまりだったのはもう少しなんとかしたいところです。角中のセンターライナーは良い当たりでしたが・・。

その角中、第二打席で見事にホームランをライトスタンドにブチ込みました。スイングが速い速い。典型的な引っ張り、プルヒッターで今季のヒットはみんな内角もしくはボール気味の低めです。今後研究されるにつれ外角攻め一辺倒になるでしょうし、どう対応していくか真価が問われます。

まー、昨日今日と好投手が相手だったとは言え、打線にもう少しひと押しもふた押しも欲しいところですね。マリーンズの勝ち方は今日の様に投手が踏ん張って少ない点を守り切る、というのが本来ですが、そうとは言っても今のままではあまりにも投手に負担がかかっています。
しかしながら今日は角中を5番に上げ、大松を1塁スタメンで起用したりと柔軟にオーダーをいじる様になって来ました。動かし過ぎというような変更の仕方ではないですし、良いことだと思います。慶彦の存在が大きいのかな?

ゴールデンウィークで満員のお客さん、だとどうにも勝てるイメージがないのですが、今日は唐川、角中の若きKKコンビの活躍で勝てました。この二人には今後もマリーンズを背負ってもらわないといけません。角中は今日お披露目の新応援歌も出来たことですし、これからのマリーンズの伝統を作っていって欲しいです。

明日は藤岡と、プロ初登板初先発の千賀です。千賀がどんな投手なのかかなり楽しみですが、それはそれとしてヒネられるようではあまりにも情けない。ここは心を鬼にして、プロの厳しさを教わる・・・じゃなかった、教えてあげましょう。藤岡に充分な援護を。

☆今日は日差しも適度で、時折気持ちのよい潮風が吹き、本当に気持ち良い天候でした。先週の雨交じりの寒さが本当に嘘のようです。屋外昼間の野球観戦が気持ち良い季節になってきましたね。
満員のお客さんがいると売店の列であるとかいろいろ大変ですが、それでも活気があるし、これだけの人が野球を楽しみに来ているんだな〜と思えてやっぱり良いですね。明日も勝って欲しい。
Dscf9995

☆ホークス今宮がプロ初スタメン。高校時代からかなり好きな選手だったのでちょっと感慨深いです。守備もオープン戦通してエラーが多かったけど、今日見る限りでは良い感じにこなしていました。ただ、昨日今日とバッティングが少し荒いかな?カープの庄司・堂林、そしてマリーンズの翔太とこの世代も楽しみです。
Dscf9998

★F4-0E
★Bs1−3L

今日のバンザイ
Dscf0013

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2012年4月28日 (土)

エースとキャプテンの試練 M2−3H

GWのホームは勝てないなあ。
ニッカン式スコア

先発の成瀬はまずまずのピッチング。制球が乱れる事も無く、良い投球内容だったと思います。ただ、球数が少し多かった事が成瀬にとって不運な流れになってしまいました。
6回まで毎回の様にヒットの走者を背負いましたが、後続を断ちます。四球が1ということもあり、危なげない投球を続けていましたが、7回に江川の3塁打をキッカケに1失点。この3塁打は中継映像だと確認出来なかったのですが、打者が少し泳いだ様に打った事もあって、岡田が最初の1歩を前に出てしまったような感じを受けました。これはミスと言うには酷で仕方ないかなと思いますが、それが失点につながった所が少し不運だったか。成瀬は7回114球でマウンドを降ります。ややバテが見えたこと、次回登板がおそらく中5日ということもあっての降板で、これは妥当でしょう。
後を継いだ益田が今季自身2失点目となる失点で同点に追いつかれた時点で勝ちが消え、薮田が9回に勝ち越しを許したところでチームの負けとなってしまいました。
もちろん益田は責められませんし、薮田も去年ほどの絶対的な安定感は無いとは言え、こういうこともあります。試合としては「仕方無い」部類だと思います。

ただ、成瀬が不憫ですね。たられば言っても仕方ないですが、次回登板が中6日だったら8回まで投げたかも知れないし、そうだったら違う流れになって勝ちがついたかも知れない。
いままでだって投げた試合は必ず試合を作っていて、防御率も1.67なのにいまだ開幕時の1勝のみ・・・。チームのエースですから、相手投手もエース級としか当たらず、打線の援護もどうしても湿りがちになってしまいます。しかし、歴代エースもこういう状況の中で結果を残して来ました。本人も辛いところだとは思いますが、投球内容が良いということが救われる部分ですので、気持ちを切らさず次回登板に期待したいです。

打線は・・・・今江がとうとう9番に。根がマジメですし、今季はキャプテンという事でプレッシャーも相当あるのでしょうけれど、内容が良くありません。自分が何を打ったら良いのかわからなくなってる感じ?まー、意地の悪い言い方をすると波の激しい今江、こういう状態に陥ることは今までも良くある事。ここは自分の力で乗り越えるしかありません。シーズンは始まったばかり、まだまだ長いシーズンは続きます。シーズンの終わりには笑えるよう、成瀬ともども責任ある立場を背負った事をプラスに転じるように今の壁を乗り越えて欲しいですね。

清田は吹っ切れたかと思えば見逃しの三振を繰り返す・・・狙い球を絞って、違ってたらごめん!という感じの三振ではなくて、手が出ないという消極的な見逃しが多いですね。これでは伊志嶺と二人して、荻野貴が復帰したらあっさりポジションを奪われてしまうよ。口で言うほど簡単ではないけど、開き直って出来ないものかな〜。
対照的に角中は相変わらず振りがするどく、気持ちのよいスイングをしてくれます。相手が1線級になるとまだまだヒネられてしまうようなモロさもあるし、外野守備も心許ないですが、それらを補ってあまりある魅力があります。ずっと使って欲しいなあ。

さて、私も明日明後日と参戦します。明日は唐川と岩嵜という2度目の千葉出身対決が千葉で行われます。岩嵜も家族や友人など来るでしょうし、前回敗れてますから並々ならぬ意気込みで来るでしょう。マリーンズ打線にはそれに負けないくらいの活躍を期待したい。もちろん、唐川にも相手をねじ伏せるくらいの投球を期待します!

☆本多、首痛で連続フルイニング出場が途切れる。首痛を抱えているという記事は前も読んだ記憶があるけど、敵ながら本多がいないのは寂しい。早い復帰を待ちましょう。西岡が首痛抱えてたけど、対処法とか病院とか共有出来ないのかな。

★E3−3F
稲葉、2000本安打おめでとう!プロ18年で積み上げあげたヒットがとうとうこの数字まで来ました。40歳を迎えても堂々の主力、誇って良いと思います。もともとスワローズが獲得予定は無かったところで、ノムさんが当時明大にいた息子カツノリを観に行った時に、対戦相手の法大にいた稲葉のバッティングを観て惚れ込んだという逸話もあります。ノムさんが息子の試合を観に行っていなかったらどうなっていたか?などと思うとプロ野球選手の”出会い”の妙を感じますね。
★Bs4−8L
Bsの宮内オーナーが観戦後、「ひどい。ベンチもひどい。腹が立っている」「なめてるのか、あの投手は」と言いたい放題だったと。うるさい、オーナーが感情的な口出しをするな。投手だってなめてる訳がないだろう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2012年4月27日 (金)

選手会の統一球見直し要求にガッカリ

今日は、おそらくあまり支持されないであろう少数派(?)の意見を書きたいと思います。
プロ野球選手会から統一球見直しの要求があがりました。

統一球見直しを…選手会が申し入れ

 日本プロ野球選手会は24日、兵庫県西宮市内で日本野球機構(NPB)や12球団側と事務折衝を行い、導入1年目の昨季に本塁打数が激減した統一球についての見直しを申し入れた。12球団側も選手会の要望を踏まえた上で、検証する方針を示した。

 統一球はそれまでの使用球よりも反発係数が抑えられ、昨季の本塁打数は2010年シーズンからセ、パ両リーグ合計で666本も減った。今季も完封試合が多く見られるなど、打者が対応に苦慮している。選手会の新井貴浩会長(阪神)は「野手だけでなく、投手からも(統一球は)どうなのかという意見を聞いている。少し検証してくださいという話をした」と話した。

 広島の鈴木清明球団本部長は「選手会から面白みがないという話が出たが、それは12球団でも話している。12球団に(選手会の要望を)持ち帰る」と話した。その上で「シーズン途中に変えるのではなく、来年以降の検討課題になる」と語った。

私は選手会にがっかりしました。
もう白旗上げるんかい、と。

確かにホームランの数は激減、完封が増えるなど数字上でも2010年までとはかなり変わりました。
このままでは面白みがない、という意見ももっともではありますし、私としてももう少し点が入る試合でも良いんかな、とは思います。投手戦こそ面白いんだよ、なんてツウぶった考えを振りかざすつもりもありません。

「検証してください」ということだけであればこれはNPBとしても断る理由はないでしょうけれど、選手会としての言葉からは「投手からもどうなのか、という意見」とかあまりに具体的ではなく、なんかどこまでホントなんだか良く判りません(選手会の公式ページにも特に言及はありませんでした)。
しかも去年まではMLBの方が飛ばないっていう声しか聞かなかったのに、いきなりその逆の事を言い出す選手たち(の報道)もあり、自分たちが打てなくなったのをボールに責任転嫁してるだけじゃないの?とも思ってしまいます。報道が大げさに膨らませて伝えているだけかも知れませんけれど。
野手からしたら成績が下がる訳ですから、年俸にも響き死活問題なのはわかりますが、導入2年目のシーズンが始まって1ヶ月もたたない段階で言い出すのはどうかと。

統一球を導入してからも目を見張るような素晴らしいホームランはありますし、技術で右打者がライトに運ぶようなホームランだって出ています。決して打てない訳じゃない。
やっぱり、今までのボールが飛びすぎた感は否めず、それに慣れてしまった選手からしたら冗談じゃないよ、とも言いたくもなるのでしょう。

それでもやはり私は、コスったフラフラした当たりがスタンドインなんて野球の方がもっとつまらない。
「真のホームランバッター」が打ったホームラン、非力な打者でも「完璧に打てた打球」がホームランになる、そういう”本物”のホームランが観たい。

全てにおいて弱腰で指導力を持たないコミッショナーが珍しく我を通した事でもあり、この問題に関してだけは加藤コミッショナー頑張れよと、願います。

私はプロの選手の能力を信じています。今までの水準までは行かないまでも、アジャストして高い適応能力と技術でどういうふうに対応してくるのだろう、と楽しみに思う気持ちは変わりません。

まあ・・・ね、応援しているチームがもともと貧打のマリーンズなんで、私が2010年までとのギャップをあまり感じていない、ってオチなのかも知れませんけれど(泣)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています


| | コメント (2) | トラックバック (0)

10安打9残塁<本塁打2発かあ F2−1M

結局1勝しか出来なかった・・。
ニッカン式スコア

今日は飲み会の為、テキスト速報で追い、帰宅後にプロ野球ニュースと録画中継のダイジェストだけ観ました。
なので俊介の投球はさっぱり判らないものの、ボックススコアを見ると6回18アウトのうち9アウトがフライアウトなので、持ち味は発揮したと見て良いのでしょうか。無風の狭い東京ドームと言う事で心配でしたが、先発6番手としての役割は果たしたと言って良いでしょう。前回が悪かったのでこの試合でダメなら入れ替えの危機感はあったでしょうし、次の登板に期待しましょう。

打線は1番に岡田9番に伊志嶺。この所打線を分断していた今江を8番に回し、6番角中7番里崎となりました。うん、これはなかなか良い組み換えではないでしょうか。
・・・と思ったものの、皮肉にも打順が上がった里崎が今日はブレーキとなってしまったようですね。難しい・・・。クリーンナップは今日も好調でしたし、悪くはなかったのですが4回までで9安打しながら1点どまりだったのが響きました。昨日と同じで、初回にもう少し押せれば!と思います。

一昨日のファイターズもそうですが、初回に無死のランナーが出て送りバントしちゃうと、1点は入ったとしてもそれで終ってしまう事が多いと感じています。ビッグイニングになりにくい・・・と言っても2,3点くらいで良いんですが、ある程度の点が取れないからその後に苦しむ事になる。何度も当ブログで言及していてしつこいですが、だから序盤で安易に送りバントするのは好きではないんです。もちろん異論はあるでしょうけれど。

しかし、ファイターズは本来は繋いで繋いで点をもぎ取ったり、相手のミスに付け込んだり、内野ゴロで渋く点をとる、と効果的に点を奪うのがスタイルだと思うのだけど、今日みたいにホームラン2本で勝つ野球も出来るから強いですよね〜。今季出遅れたホフパワーが初スタメンでいきなりホームランとか、出来すぎです。もちろんたまたまではなくて調子を見極めて起用している首脳陣のファインプレーとも言えるのでしょう。一方のマリーンズは10安打しても9残塁、1点のみ。いくら安打多く打ったところで本塁打2発に負けてしまう。残塁が多いとこうなります。いろいろな形で点を取れるファイターズの強さをやっぱり思い知らされる3連戦となりました。

一昨日の勝利で、こういう試合をモノに出来たのは大きい!と書いたのに、その後連敗だもんなあー。ちょっとガックリです。はぁ・・・。
しかし、今季のマリーンズには手応えも感じます。まだまだシーズンは始まったばかり、このままいつものようにファイターズにやられるチームじゃない!という事をこれから見せてくれるでしょうと前向きに考え、今日はこの辺りで終わりにします。

★E4−5Bs
イーグルスの先発はなんと美馬。ファームで先発していたのは知っていたけど・・・今季は先発で行くのかな?
★H2−5L
今日はyahooドームの屋根が開いていましたね!気持ちよさそうです。射し込む光が何より違い、やっぱり野球は屋外でやるものだなあーと強く感じます。ファルケンボーグが米野にまさかの満塁弾を浴びるなんて信じられない。米野はかなり気にしている選手なので嬉しい。ライオンズ小石がプロ初登板初先発とか、見所の多い試合だったようですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2012年4月25日 (水)

昨日の勝利がかすむ、見所ない敗戦 F5−1M

昨日の勝利がかすむ、完敗。
ニッカン式スコア

相手が左腕投手ながらも願っていた通りに角中と岡田をスタメン起用してくれたことで、少し気を良くしたのですが・・。

先発のペンが悪すぎました。ペンで一番心配されるところのコントロール、これがダメでしたね。球は高目に浮き、制御出来ない様子。1回から降板する4回まで毎回先頭を出し、うち3つは四球でした。試合巧者・ファイターズ相手にこれではさすがに勝たせてくれません。
ひょっとしたら東京ドームのマウンドが合わなかったのかも知れず、もう今日の投球は仕方無いですから次回に期待するしかありません。
まーしかし、負け惜しみなのは判ってますけど初回先頭の賢介に3−0とした後、ストレートですっとストライクを取り、よし、次!というタイミングでバックスクリーンに人が入ってプレーが中断したこと、これがリズム狂わせたなーと悔しいです。インプレー中に第三者の人間がプレーを妨げるのってただでさえ嫌いなのですが、入り込んだのが一般人ではなく、関係者だったという所にかなりの腹立たしさを覚えます。
先頭の賢介に四球でなかったとしたら・・と思うと残念。・・・・まぁ、繰り返すけど負け惜しみですよ、はい。今日の調子だと遅かれ早かれKOされたでしょうね。

一方、ファイターズ先発の八木はコーナーの左右に丁寧に投げ分けていました。内角も恐れずついた八木と、それ以前だったペン、この違いがそのまま勝敗に現れました。

打線は初回に井口のソロで幸先良く先制、その後サブロー、福浦と見事な連打を見せましたが、続く今江が引っ掛けて遊ゴロに終わったところ、ここでもう1点取れていればまた違った展開だったでしょうか。

しかし2日続けて同じ選手に打たれすぎですね。ここらあたりはなんとか対処して欲しいところです。それにしても稲葉の2000本安打猛チャージは凄い・・・・賢介も凄い。

まあマリーンズからすると見所無く終わった試合でしたが、良い所も探してみると、
☆井口、サブロー、福浦のクリーンナップが相変わらず調子が良かった。
特にサブローは見事なヒット2本。
☆里崎が盗塁を3つ刺した。(許盗塁は2)
いつぞやか里崎が送球は7〜8割の力で、って言ってましたがその通りに力の抜けた無駄の無い送球をしていました。去年までは腰が回って無かった感がありましたから・・。それでも、ファイターズは盗塁を5回企図したということです。このあたりは流石というか良い意味で嫌らしい攻撃ですね。明日、どれだけ走ってくるかは興味があるところです。
☆中郷が力のあるストレートで無失点に抑えた。
コントロールはアバウトですが、それも中郷の持ち味。交代直後こそヒットを許しペンが残した走者を還してしまいますし、打者10人に対して3安打されていますが、無失点に抑えた事は評価したいです。

さて、明日はウルフと俊介。俊介がかなり不安ですが・・・ファンがそんな事思ってはいけませんね。
明日は社の飲み会のため試合は観られず、ブログも簡単になってしまうかも知れません。テキスト速報で追いますから、良い試合をして、明日は勝って欲しいな〜。

☆今日の中継は解説:水上善雄、実況:矢野吉彦と私が信頼している二人。気持よく中継を楽しめました。昨日が岩本と上野アナでしたから余計でした。(岩本、ファイターズ投手が牽制投げた瞬間に「アウトだ」って叫ぶとかなんなんだよ・・・余裕でランナー帰塁してたじゃんか(怒))
もっとも、普段の録画追っかけ再生観戦の時は合間合間を飛ばすのでほとんど解説を聴いていないけど・・・この二人だったらあまり飛ばさないで聞こうか、と思わせてくれる。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2012年4月24日 (火)

今日のしんどい試合を取ったのは大きい F1−2M

良くぞ勝った!の一言。
ニッカン式スコア

先発のグライシンガーは二週間ぶりの登板となった事で少し心配でしたが、ストレートにとても威力がありました。最速144km(たぶん)のストレートを軸に、チェンジアップ、カーブを低め、左右にコントロール良く制球します。
初回こそ中田にコンパクトにセンター前に弾き返され1点を失いましたが、これは仕方無いかな。打率が2割を切っている4番(嫌味ではありません)でもこういう時にコンパクトにヒットが打てる。やっぱりファイターズは強いなあと、打たれたグライシンガーよりも打った方を褒めたくなる先制でした。

一方、マリーンズは多田野を打てなーい。ちょろちょろちょろとヒットは出るものの、とにかく打てなーい。追い込まれると厳しい、というのがあるのでしょうが全般に早めの勝負でさくさく凡退。
多田野にあわやノーヒットノーラン、といういつぞやの悪夢を思い出しました。

特に今江はお約束の「初球打ち」を3打席続け、全て引っ掛けての凡退・・・・。まあー、初球打ちは今江の代名詞でもあるし、不用意に投手が投げた甘い初球をヒットしたりホームランしたりするのも見てますし、これが今江らしさでもあるので「やめろ」とは言わないものの、難しい球に手を出すのは我慢して欲しい・・。

そんなこんなで迎えた6回、岡田の内野安打を角中が送り、根元が追い込まれながらも見事なタイムリー!インコースに入る緩いフォークを突っ込まず、じっとタメて振りぬいた見事なヒットでした。

多田野は7回で降板、宮西に繋ぎますが、この降板は意外でしたねー。まだ66球でしたし、マリーンズ打線は合ってませんでしたから・・。宮西も打ち崩すのは難しい投手ですが、今日に限ってはマリーンズ打者は「やった!」と思ったのではないでしょうか?
さらに言うと、この早めの継投に栗山監督の「勝つ」というよりもこれ以上点を取られたくない、いわば「引き分けでもいい」という考えを感じ取ってしまったのは私の考えすぎでしょうか?積極的な継投というよりは消極的な匂いを交代に感じました。

その宮西は1死から岡田に死球を与えたのが痛かったですね。その後、角中の打席で1-2から岡田がスタートすると、角中は顔付近に来たストレートを上からバキン!と叩き、ライト前ヒット。悪球といえば悪球ですが、上からしっかり叩いた為にヒットとなりました。角中は今日2安打、スイングが速い!振れてます。1死1・3塁にチャンスを広げ、続く根元が見事に今日2点目の勝ち越しタイムリー!うおー!勝ち越した!というか勝ち越せた!

グライシンガーは7回、先頭稲葉にいきなり3塁打されノーアウト3塁のピンチを迎えますがここで良く踏ん張りました。続く8回にランナーを二人残して降板しました、本当に良く投げてくれました。後を継いだ中後が糸井に死球で1死満塁としてしまいますが(糸井大丈夫かなぁ)ヒットよりは良かったかも・・。
ここで、登板した益田が素晴らしかった!1本のヒット、四球、外野フライ、ボテボテの内野ゴロすら許されない場面で・・というかそのくらいはしょうがない場面で中田、稲葉を完璧に仕留めました!うーん、本当に素晴らしい・・・。益田の投球は惚れ惚れしますね。今季いなかったらどうなっていたか、とまたしても考えてしまいます。9回を薮田が今日は3人で抑えて勝ちましたが、セーブを益田にあげたいくらいの投球でした。

ファイターズとの試合はやってる方も観ている方も、どうしてもこういう苦しいしんどい試合になりますね〜。しかし、今までであればこういう試合をモノにするのはファイターズと相場が決まっていました。今日のマリーンズは先発が先制を許しても後を踏ん張り、打線が少ない好機をしっかり活かし、盤石の継投で試合を取りました。ファイターズには今季早々と3連敗していましたし、今日この試合を取ったということは1勝以上の重みがあると思います。選手達も「こういう試合でも勝てる」と自信になったのではないでしょうか?手応えのある勝利だったと思います。

明日のペン東京ドームはかなり狭く感じるでしょうね〜。グラはいわば「庭」でしたから慣れていたのでしょう。ペンも、球場の狭さは気にせず自分の投球をして欲しい。
八木との対戦はいつ以来か思い出せませんが(3,4年前の雨のマリン以来かな?)打線は大振りせず、ペンを援護して欲しいです。まずは勝ち越しを決めちゃいましょう!あ、明日は左腕だけど角中と岡田は外さないで!

☆今日は途中からセカンドに塀内が入り、その後早坂がセカンド、塀内が1塁に入る。井口の交代が怪我でないことを祈りますが、やっぱり井口の”絶対固定フルイニング出場”がないと、こんな感じでかなり自由度が増します。どんどんベンチにいる選手を動かして風通し良く行きましょうよ!

★E4−0Bs
★H1−0L

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2012年4月22日 (日)

だんだんと投打かみあうマリーンズ M6−4L

中後、プロ初勝利!

Dscf9990
ニッカン式スコア

心配された天候ですが、試合開始前に降っていた雨も試合開始直前に止みました。試合終了を見計らった様にまた降り出しましたから、見事に試合中を避けてくれた形。登板予定が俊介だったら果たしてどうだったか・・。

Dscf9876

先発の藤岡は制球に苦しみ、常にランナーを背負う苦しい投球となりました。初回2死1・2塁からヘルマンのセンター前に抜けようかと思われた打球を井口が止め、アウトにしたのは大きかったですね。ヨタヨタと言っても良い藤岡でしたが6回2/3を4失点(自責点2)に悪いなりにまとまられたのはこのプレーが大きかったと思います。

昨日の唐川の様に、前回登板で完投している事が響いたのでしょうかね・・・大学時代はもっときつい登板をしていたと思うので大丈夫かとも思ったのですが、プロでは比較にならないくらいの疲労感があるのでしょう。唐川も含め若いしバンバン完投して欲しいと思う気持ちもありますが、少し首脳陣がペースを考えた方が良いかも知れませんね。

7回は藤岡の後を大谷が締め、8回を中後、最後は連日の薮田劇場でハラハラドキドキしつつもライオンズ打線をなんとか抑え、中後に嬉しいプロ初勝利がつきました。

打線は1〜3回に先頭打者が出るものの無得点に終わりかなり嫌なムードが漂いましたが、5回に雅彦→岡田→角中→根元の4連打、井口の犠飛で同点に追いつきました。ここの「繋ぎ」は見事でしたね!マリーンズはやっぱりこういう攻撃です。特に角中がバキバキとスイングしてポンポンヒットを打っている事に清田や岡田、根元が刺激されている感も受けます。雅彦もここのところ、内容はとても良いです。

8回には井口2塁打の後、サブローが同点打。昨日はヒーロー、しかし今日は2度得点圏で結果が出ていませんでしたからこの打席もダメか〜と思っていましたがしっかり打ってくれました。
さらにサブローオーバーランの後、追いつけても勝ち越しは出来ないか・・と思わせたところで清田が良く打ちました。(なんで栗山はあんなに前進守備だったのだろう・・・得点圏にランナーがいたとは言え2アウトだったのに。河田守備コーチが外野陣に積極的に指示飛ばしていたのですが、判断が裏目に出ましたか)
サブローの「僕のミスを清田が助けてくれた。助け合うことで信頼感が生まれ、信頼があるから打線がつながる」というコメント、とても良いです。こういうセリフを待ってました!(しかし昨日はマリーンズファンのいるライトスタンドに打ちたかったとか泣かせるセリフを言ってるし、どうしちゃったのだサブロー)
清田はオープン戦から起用方法などに悶々としていたと思いますが、今日をキッカケにして欲しいです。今日この時点で、外野陣は岡田、清田、角中で固まりそうですね。伊志嶺、頑張れ!

試合全体としては、井口の好守備があったものの、今江がゴロ処理で滑ったり根元がハンブルしたりで併殺が取れそうな所を1アウトしか取れないシーンが2度あったり(グラウンドが水で濡れてるから仕方ない部分もあるけど)、本塁送球を焦ったか福浦が2点タイムリーエラーをしでかしたり、攻撃ではサブローがオーバーランして勝ち越しのチャンスを潰しそうになるなど、藤岡を援護したいのか足引っ張りたいのか判らない野手陣でしたが、藤岡はめげずに試合を作ってくれました。

中後の初勝利をもたらした登板も大事でしたが、私的にはMVPを大谷にあげたいと思います!4−3と勝ち越され、なおも2アウト1・3塁の場面で昨日今日当たっているヘルマンをピシッ!と三振に斬って取りました。ここで更に追加点を取られていたら敗戦濃厚となっていたでしょう。流れを断ち切る素晴らしい投球でした。

昨日今日と先制されても勝てるようになって来ましたし、偏っていたブルペンも少しずつ投手が揃って来ました。だんだんと投打が咬み合って来ている感じがあります。
明後日からは嫌な思い出ばかりの東京ドームでのファイターズ戦です。今のマリーンズの力を占うにはちょうど良い機会かも知れません。ガツンとやられる可能性もありますが、ここは勝ち越したい。
グラ、ペンに託しましょう!正直、俊介が不安だなぁ・・・・。

☆過去、何度か触れていることですが、序盤の送りバントは嫌いなんですよね〜。特に今日みたいに初回、ノーアウト2塁で送りバントって勿体無いとしか思えない。角中のいきなりの2塁打でいきなり盛り上がったと思うので、それを大事にしたいです。賛否両論あるとは思いますが・・・。
2・3回は無死1塁から強攻で潰していますが、私はそれでも良いと思う。でも、ただ強攻するのではなくて、進塁打狙うとかそういう方向性を持つ事が大事ですけれど。
☆ファームでは内が登板し、鈴木大地が一発を放ったようですね。こちらも楽しみです。
☆ライオンズは昨日今日で21残塁。後ろの投手も厳しく、リードをひっくりかえされる展開が続いていますね。まるでいつぞやのマリーンズそのまんまで、ファンの心中お察しします・・・。長田や坂本弥太郎はどうしているのか?小野寺や江草を放出したのはなんでなんでしょうかね・・・。

★F1−0Bs
★H0ー1E

それでは今日の画像です。

今江がグラウンド入る前に必ず挨拶するの、好きなんですよねえ
Dscf9877

俺も・・・
Dscf9878

私も
Dscf9879

試合途中、ライオンズは円陣を組む
Dscf9896

今日はレオとライナも来ていました
Dscf9930

なんだこの距離感は
Dscf9931

大谷に託す 今日の勝利を手繰り寄せたのは大谷が大きかったと思う
Dscf9933

早坂さんがアキラさんの事好きだって言ってましたよ ほっといちゃダメじゃないスか
Dscf9901

困るんだよなぁー、あいつ何も言わねえし
Dscf9900

・・・・・・。
Dscf9969

米野はスワローズ時代から何故か好きだった
S0049911

マイケルも好きな投手だった 残念な2軍落ち
Dscf9967

劇場はもうよしてよ〜頼むよ〜
Dscf9979

今日のバンザイ
Dscf9994

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (11) | トラックバック (1)

最後はヒヤヒヤ、でも勝った事が大事 M3−2L

初回は岡田の激突にヒヤヒヤ、最後は満塁にヒヤヒヤしましたが、勝ちました!今日は勝てば良いという事で。
ニッカン式スコア

今日の唐川はいやあ、ヒーローインタビューで本人も言ってましたが危なかったですね〜。コントロールが定まらず、全体的にボールが流れる印象でした。少しフォームに粘りがないといいますか。
それは今季初登板となった相手先発野上も同様でした。悪い方での根競べ。途中から持ち直したのは野上に思えましたが、皮肉な事に唐川に勝ちがつきました。
相手ライオンズ打線の10残塁2得点という所に、まるでダメダメマリーンズの戦いを観ているようで、ライオンズファンは鬱憤がたまったでしょうけれど、見方を変えると唐川が最後の最後で踏ん張って凌いでいる、とも言えるでしょうね。

大きかったのが2回裏、サブローの完璧なホームランですぐ追いつけただったと思います。「4番」の一発ですぐ追いつく安心感とはこういうものかと、ここ数年4番に泣いたチームのファンとして思いました。
その後にヒットと四球を絡め、今日1番に座った角中のタイムリーで2点追加したこと、これも相手からしたらダメージがあったかなあ、と・・・。なんだかこの回は妙に効果的な攻撃でした。清田の2塁ヘッドスライディングも良かったですし、不思議とやたら勢いがあり、ライオンズナインの士気を一気に下げたような気がします。この回以降はライオンズペースだったとも思え、現に5回以降は岡田の内野安打1本でしたから、後で振り返ってみても大きなイニングでした。
昨日があんな負け方でしたから今日も負けると引きずりそうな気がしましたので、今日はなにより勝つことが一番の良薬かな、と思います。

1番角中2番根元、5番に大松を持って来ましたけど、やはりこのくらいは柔軟にオーダーを組んで欲しいですね。伊志嶺の今季の元気のなさを考えればスタメン落ちは妥当でしょうし(それでもバント失敗の懲罰ではないと考えますが)、福浦に代わっての大松起用は大松の調子なのか福浦の腰痛など含めコンディションなのか判りませんけれど、福浦がスタメン張り続けるのも無理があると思いますし。もう少しシーズンが進めば、セカンド井口のところも柔軟にお願いしたいところです。

さて、明日は藤岡ですね。唐川は116球だったとは言え前回の完投が少し響いたのかな、とも思えたので、同じく先週131球完投しているところがやや心配ではあります。しかし藤岡にはどうも期待してしまう自分がいて・・・。天候が心配ですが、明日参戦して来ます。いつもは勝ち負けより良い試合が観たい、とまず先に思うのですが、藤岡の勝ちが観たいなぁ〜。

★Bs1−8F
★H11ー1E

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2012年4月21日 (土)

一年振りのリアル・荻野貴司! 〜4.21浦和球場レポ

お帰り!荻野貴司、一年ぶりの実戦復帰です。

Dscf9737

今日イースタンリーグで実戦復帰、との報道に気がついたのが昨日夜遅く。今までずっと気にしていたのに情報が無く、当初目標の5月復帰すらかなわないんじゃ・・と不安に思っていただけに突然の報道に嬉しい驚きでした。
思えば、去年の5月13日の試合に観戦に行ったのですが、それがまさか荻野貴司の去年の最後の試合となるだなんて・・(その時の記事はこちら。それから、生・荻野貴司は実に一年ぶりです。浦和に何度か行っても会えずじまいでした。
今日浦和に着くとユニフォーム姿で走ってる荻野の姿がいきなり飛び込んできて、嬉しいよりも先にそれがとても不思議に思えました。野球選手としては当たり前なのですけれど・・・。

いつもならば、試合内容やほかの選手の話題も書くのですけれど、今日ばかりはそちらは最小限にして荻野貴司ネタだらけになってしまうと思います。画像も多く、重いかもしれません。お許しを・・。

さて、今日のスターティングメンバーです。
Dscf9873

先頭の「一番センター荻野(貴)」が嬉しいですね!ちなみにスタメン発表時にマイクの音声が聞き取りづらく、「一番 センター ・・・の」と良く聞こえず、私を含むお客さんが「ん?荻野っていったんだよね?だ、だよね?」と確認する”間”が一瞬空いてから拍手が起きるという、少し間の抜けたこととなってしまいました。マイクは全般に良く聞こえなかったなあ。

先発投手はマリーンズ香月、ライオンズ岡本洋介。香月は5回を片岡の1安打のみに抑えるナイスピッチング!マリーンズ投手は香月の後を継いだ植松ー秋親ーロサー山室が6〜9回を同じく1安打に抑え、継投でライオンズ打線を2安打零封と素晴らしい内容でした。植松が少しバタバタしましたか。ロサは三者凡退に抑えましたが、打者も早打ちであっという間に終ってしまった為なんとも判断の出来ない内容でした。

先発の香月
Dscf9676

打線は4回にエラーと四球を絡めて期待の翔太のタイムリーで1点先制。翔太も楽しみにしていたのですが、身体が見違えるようにデカくなってる・・・驚いた。しっかりトレーニングしてるんだなあ。しかも頭が青々しいまるまる坊主に!・・・かなり怪しかった。

翔太 身体が”太く”なってる
Dscf9741

翔太タイムリーの後、続く神戸がライト前に2塁打で3−0。神戸も無事復帰できて良かった。
5回裏には晃多のセンター前ヒットと鈴木大地四球の後、青野のレフト前ヒットで1点を追加し4−0とします。6回裏には4四球(!)で1点追加、マリーンズが5−0で勝利しました。

観たかった鈴木大地は肩強いし、高濱はずっと1塁だったので足の怪我の影響あるのか心配でしたがサードを守った事で安心したり、荻野の代わりにセンターに入った生山は2塁打打ちましたし、投げる姿を全く観ることが出来なかった植松も元気に投げていたし・・・ファームは行きたいと思っていながらも行けてなかったので久しぶりに楽しかったですね。

さあ、荻野です。
第一打席はショートゴロ。気になる走塁ですが、1塁まで7,8割くらいの力に見えました。それでも速い・・・。
第二打席はショートゴロ、しかしルーキー永江の送球がわずかにそれ記録はエラーで出塁。ああ、1塁でリードを取る荻野貴を久しぶりに観た〜。

Dscf9727

いきなりの見せ場はこのすぐ後に。
鈴木大地ライト前ヒット、荻野は・・・3塁を狙った!ライトの強肩・秋山から矢のような返球が!いきなりの走塁に私を含め客席から悲鳴があがりますが、余裕を持ってスライディング、セーフとなりました。
大丈夫か・・・という思いがどうしてもつきまとってしまいますが、やっぱり荻野は速かった。これも100%では全然ないと思いますが、滑るように塁を回る荻野貴司の姿は健在でした。いやー・・。やっぱり嬉しいです。

3塁走者の荻野 クロスプレーは今日は勘弁!
Dscf9738

おそらく2打席で試運転完了、だと思ったのですがライオンズ投手陣の乱丁により、5回裏に第三打席が回ってきました。ファウルで粘った後、三ゴロを放ち、1塁走者の晃多が2塁で封殺され荻野は1塁に残ります。この打席、ファウルが多かったのですが、身体を「ぴゅっ!」と回転させて打つバッティングも久しぶりでこれも嬉しい・・・(ああ、いちいち嬉しがってたらキリがない)。

ああ、このフォームも久しぶりだ
Dscf9719

この後鈴木四球で2塁に進み、青野のレフト前ヒットで荻野生還。眼の前を背番号4があっという間にホームに還って行きました。

今日は前にも書いた様に、7〜8割くらいの走塁だったとは思います。塁に出ても盗塁の気配は感じず、さすがにまだストップがかかっているのでしょう。しかし、動きは全く違和感を感じませんでした。痛みがまだあるのかどうか判りませんけれど、野球を出来る状態になっていることは間違いなく、野球選手として当たり前の事ですが、それがとてもとても嬉しいです。
今年は、とにかく焦らず無理せず完璧な状態になってから1軍に行って欲しい。ゴールデンウィーク明けか交流戦あたりがメドになりますか・・・。1軍で荻野貴司が躍動する姿を楽しみに待ちたいと思います。今日はかなりホッとしました・・・・!

それでは、荻野貴司を中心に(笑)今日の画像です。
(クリックで拡大します)

S0039537

S0029533

Dscf9550

Dscf9534

Dscf9557

Dscf9559

Dscf9568

Dscf9570

Dscf9579

Dscf9624

Dscf9636

Dscf9659

Dscf9663

Dscf9670

Dscf9678


Dscf9725

Dscf9760

Dscf9759

Dscf9816

Dscf9815

伊藤ちゃんも元気でした!投球はしていないのかな?
Dscf9590

元気あるね!Dscf9648

試合終了
S0149824

悪いことして叱られてるみたいな二人 二人とも上で待ってるぞ〜
Dscf9829

晃多、支配下の夢はいつかなう
Dscf9832

生山も努力が報われて欲しいと思う一人
Dscf9868

江村も頑張ってる 今年もチーム最年少なんだよなあ
Dscf9861

神戸と生山の特守は毎日やってるみたいな印象 今日も浦和のみんなは頑張ってました
Dscf9843

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

成瀬見殺し・・しかし明日勝ちましょう M0−1L

成瀬、ナイスピッチング!勝ち投手にしてあげたかったですね。
ニッカン式スコア

帰宅後録画観戦を始めたのですが、遅い時間だったのと疲れで半分夢うつつの中、試合はさくさくっと進みました。
先発の成瀬は正直出来は普通だったと思います。しかしボールが高めに抜けることもなく、丁寧に投げていましたね。成瀬の実力ならば今日くらいの投球は出来る投手です。0−0の攻防でしたし、先に先制点を許した事が厳し目に言えば残念でしたが、相手は4番のおかわり君でしたし、外角いっぱいのストレートをうまくおっつけられたので仕方無いとしましょう。失投ではなかったと思います。
成瀬は9回を投げきり、この1点のみに抑えました。昨日は投手陣が荒れた試合でもあったので、締める意味でも価値のある投球だったと思います。中継ぎも休ませることが出来ましたし。勝ちを付けてあげたかったですね。今日はナイスピッチでした。

打線は石井一久のストレートに手が出ません。高目のボール球に手が出るシーンも目立ち(低めストライクは見逃すのだから・・・難しい)完全に力負けでした。最近の石井一久の印象を覆す、ストレートの威力。スライダーは絶対的に低めに決まりますし、良い投球でした。

1点を追う最終回、先頭の根元の見事な2塁打で「追いつける!」と思いましたが、次に悪夢が・・・・伊志嶺が送りバントを打ち上げ小フライにしてしまうと、根元が何故か飛び出しており最悪の併殺・・・・ああ、チャンスは一瞬でついえてしまいました。インハイのボール、一番対処が難しいとは言え伊志嶺はなんとかバントせずバットを引いて欲しかったし、根元はなんで飛び出したのか。打球が前に落ちるように見えたのでしょうか?でもバントでフライあがったら戻らないとなぁ・・・。さすがにこのシーンではうつらうつらしていた私も一発で目が覚めました。

しかし一瞬にして二死無走者となった後、代打角中は良くヒットを打ちましたし、井口も詰まりながら良く野手の間に落としました。この2連打は見事でしたね。サブローは残念でしたが、ゴンザレスは初対戦でしたし、仕方ない・・・。ゴンザレスは抑えでかなり失敗していて不安の投球ですし、まさかの同点あるか?とも思ったのですが、あんなミスをして追いつけるほど甘くはありませんでした。

しかし今日に限らず、マリーンズの走塁にミスが目立ちますね。6回清田が出塁し、1アウトの後根元のライトフライは3塁にタッチアップして欲しかったなぁ・・・。進塁出来るチャンスがあるのにみすみす放棄するのは勿体無い。
神戸のBs-F戦では、1塁走者に糸井を置いてエンドラン、三遊間のゴロをバルディリスが飛び込んで弾き、外野に転がる間に糸井が一気に本塁生還して先制点というシーンがありました。文字にすると大したことのないプレーに見えますが、T-岡田が拾いに行った時は糸井はまだ3塁に到達していませんでした。しかし3塁コーチャーの清水が躊躇なく手を回し、糸井も緩めること無く生還しました。むろんT-岡田の守備力も勘案しての判断ですけれど、こういう走塁を見てしまうとわがマリーンズの走塁はまだまだ甘いと言わざるを得ません。

打てず走れず、成瀬は見殺し・・・でかなーり鬱憤のたまる試合でしたが、シーズンも始まったばかり、こういう試合もあるさ、と思うしかありません。伊志嶺、根元が一番悔しさを感じてくれている筈。
明日は選手もファンも気持ちを切り替えて、唐川の好投と打線の頑張りで勝ってくれると信じています!

でも、球場で観ていたお客さんにはちょっと辛い試合だったろうな・・・今夜は寒かったし。観戦に行かれた方、お疲れさまでした。

★F5−0Bs
斎藤佑樹、プロ初完封。私も含め、なんだかんだ言う外野は多いけれどプロは結果が全て。しっかり開幕投手に起用した期待に応えていますね。
しかし、ほっともっと神戸の外野フィールドの芝に刻まれた広告に心底がっかり・・。美しい球場なのに!!Yahooドームもそうですが、インフィールド内グラウンド上に広告を出すのは野球ファンとして許せない。私は嫌です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012年4月20日 (金)

俊介残念な投球も、ブルペン陣にやっと春が M3−6E

今季初登板の俊介、試合を作れず。
ニッカン式スコア

今日は録画おっかけ観戦ではなく、テキスト速報観戦となりました。でも、それで良かったのかも。帰宅後に主要部分だけ観なおしたものの、まともに観ていたらイライラしてしまったかも知れません。
俊介の登録に合わせ小池がたった2日で抹消となってしまいました。もともと雅彦のインフルが無ければなかった今回の1軍登録だったのですし仕方無いのは判っていますが、ちょっと不憫。
不調のロサはとうとう抹消、代わりに大谷が昇格しました。

俊介はなにしろ俊介なので不安はありましたが、まぁ思った通りの投球といいますか。4回までゼロに抑えますが四球連発、味方が2点先制した直後に3失点と、まぁーテンポが悪い悪い。
結局俊介は5回で降板。マリーンズ先発陣は今季最低でも6回は踏ん張っていたのですが、いきなり先発の最短イニングとなってしまいました。
ベテランなんだし、今までの流れを切るような投球はかなり残念ではありますが、まぁローテ投手ながら他の投手が3回りしてからの登板ですからね・・気持と身体、両面でのコンディションを整えるのは想像以上に大変だったのでしょう。こんなこともあります、次の登板に期待しましょう!しかしながら先発6番目は晋吾もファーム若手も狙っていますし、うかうかはしていられませんよ〜。

投手陣は俊介の後を受けた、初昇格即登板の大谷が6回は3者凡退に抑えますが、7回に走者を残して降板。後を継いだ中後は打たれてしまい痛い痛い3点を奪われてしまいました。
ここでやっと、やーーーーーーーーーーっと今季初登板の中郷が中後の後を三振で締め、イニング跨ぎとなった次の回もしっかり3者凡退、打者4人に対して3三振と素晴らしい投球。
9回はこちらもやーーーーーーーーーーっと今季初登板の木村が死球の走者は出すものの無失点に抑えました。

大谷は1イニング目は抑えましたし、中後も打たれたものの責める気にはなれません。まぁ中後は高須に良いボールで追い込んだ後に四球を出してしまったことで、後続の打者を攻められず球が中に入ってしまったのが悔やまれます。もっと内を突かないと中後の良さは出ないと思うだけに、次回は攻めの姿勢で投げて欲しいと思います。

なんだかんだでイーグルスにヒットを打たれたのは5・7回のみで、それぞれ点を取られてしまったのが敗戦に繋がりました。そういう意味ではちょっと勿体無いですね。味方が点を取った直後に失点してしまっていること、これだけは投手陣全体の反省材料として欲しいです。

それでも、中郷、木村、大谷、そして俊介が今日やっと”開幕”を迎えました。今頃春満開です。これでみんな落ち着くかな?やっとブルペン全員で闘っていけそうですね。明日以降に期待しましょう!

打線は相手のまずい守備も手伝ったもののマー君から9安打3得点(自責点2)となんとかした方でしょうか。井口、サブロー、福浦の老クリーンアップは揃ってマルチ安打と元気だったのが好材料です。また、角中に今季初ヒット&初打点、マルチと結果が出たのが嬉しいですね。

明日からはカードも変わりますし、成瀬に良いピッチングをしてもらってまずはカード初戦を取りたいですね!

☆中郷、鉄平を外角いっぱいの素晴らしいストレートで三振に仕留めたと思ったらなんと2段モーションとのことでボール判定。2段モーションの適用はとても曖昧で、藤川はOKでも横浜山口はダメとか、全く基準と意味が判らない。しかし中郷は直後の投球で内角に素晴らしいストレートを投げ込み、三振に取る。素晴らしい投球でした。

★L2−3F
★Bs11ー9H

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012年4月19日 (木)

快勝も、もやもやが残る・・ M7−3E

ペンが前回に続き好投、今季初勝利。気持ち良い勝利でした。ただ最後がちょっと、ねぇ。
ニッカン式スコア

先発マスクは金澤でした。あまり集中して観られなかったのでざっくりの感想ですが、前半は荒れ気味のストレートをメインに、中盤から伝家の宝刀ナックルカーブを多投。最初の打席で力あるストレートを見せられたイーグルス打線は2廻り目以降カーブを打ちあぐねました。ナイスリード金澤!
ペンはストレートが初回から中盤にかけて高かったですが、球に力があるので抑えられる。こないだの藤岡もそうですが、力のあるストレートはやっぱり最大の武器です。多少の失投は球威でカバーと、そんなピッチングでした。
7回92球自責点1は立派です。ただ、イーグルス打線がボール球も手を出してくれていたのでかなり助かりました。ファイターズだったら苦労するかも。まぁでもこれがペンのスタイル、This is Penn!です。

打線は最初こそ貫禄の満塁全員残塁でヨタヨタの塩見を捕まえきれず、うあーと思いましたが福浦が2度目の満塁機で犠牲フライをしっかり打ってくれました。その後の今江の3ランは試合を決定づける非常に効果的な一発でした。福浦は7回にも今日3度目の満塁機で走者一掃の左中間2塁打!福浦が元気だとやっぱり嬉しいですね〜。これぞマリーンズや!という感じです。
伊志嶺のセンター前ヒットで先制かと思いきや、ホームに突っ込んだ根元がベースにタッチしていたにも関わらずアウトになるなどちょっと波乱含みでしたが(しかも嶋タッチしてないし)、お返しとばかりに嶋をがっちりブロックしてこれまた先制を防いだ金澤の好プレーもあり、主導権をマリーンズが渡しませんでした。

塩見はかなり好きな投手なので・・・少し擁護すると、スライドはキツかったかな。特に昨日のタイミングで中止だと、仕上がる寸前まで肩は作ってしまっていたでしょうしね。球に力なく、コントロールも悪かった。2回になるとカーブ多投させるなど嶋も頑張った感じですが、3回以降はどうしようもなくなったのかストレートばかりでした。塩見は相当悔しかったのでしょう、ベンチで涙を見せましたが好きな選手だからこそあえて厳しく言うと、今日は泣いている場合では無い!プロは甘くない。今日の投球は泣くよりも怒り、そしてパワーに変えて欲しい。次に期待しましょう。

それにしてもマリーンズの先発が素晴らしい。先発がしっかり試合を作るからこその勝利です。派手さはあまりないですが、これがマリーンズの勝ち方ですね。

しかし、6点リードの8回に益田が出てきたのはびっくりしたな・・・。ここでこそ中郷、木村でしょう。「大量失点の負け試合でなくて大量得点の勝ちゲームで今季初登板もいいね〜!」と思っていたら・・・・背番号52が。目を疑いました。まだ連戦は続くのに・・・試合間隔があいたから調整なのでしょうけど、それはわかるけど。
振り上げた足を一瞬止めるフォームに変わっていて、先週は疲れからか身体が流れているように見えたのでたぶん矯正するためにそうしてるのでしょうし、そのテストも兼ねてるのだなあ、とは判るのですけど・・・やはり今日は投げる場面ではありません。ついでにいうと一度止めるモーションは今日だけにして欲しい。ボールが死んでるし益田の持ち味を殺している気がします。

9回はロサ。これは最終テストでしょう。まあ、ロサをこういう楽な場面で試すのはわかるのですが・・・ならずっと前からファームで再調整で良いじゃないですか。今日もメタメタで観ていられませんでした。ロサは好きですし、必ず必要になる選手です。だからこそ早く落としてじっくり調整した方が良いでしょ〜。んでロサが作ったピンチで登板したのは中後・・・はああ、もうこれ以上書くのはよそう。

ペンはもじゃもじゃを綺麗さっぱりにしたのに、試合はもやもやが残りました。快勝ではあるのですが、ヒゲをたくさん剃り残した気分です。

明日はマー君と、意外や俊介でした。グラはどこに回すのでしょうね。明日あさって、仕事が確実に夜遅くまで及ぶのでテキスト速報観戦になってしまいます。チームが乗っているだけに残念ですが、PC越しに声援を送ります!

☆聖澤が一人抵抗。特に6回、ペンからカットカットで逃げて、10球目をセンター前に運んだのは見事の一言。守備でも走塁でも躍動しているし、イーグルスを一人で引っ張ってますね。

★Bs6−4H
ホークス、昨日から4番内川。今年はどのチームも打順を組むのに苦労している感がありますね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2012年4月17日 (火)

なんで捕手4人?と思ったらそういうことかぁ M(雨天中止)E

今日のQVCマリン、M-E戦は雨の為中止となりました。
昨日小池は上で出場機会がないくらいなら下で経験積んだ方が、と書いたばかりだったのですがいきなりの登録となり、これで捕手4人というちょっと記憶にない状態となりました。雅彦は日曜日に活躍したし、相手先発が左腕塩見なのになんでスタメンマスク金澤なんだろう?と不思議でしたが、雅彦がインフルエンザだったとは・・・・。

ロッテ、異常事態の捕手4人も雨で救われた(デイリー) 

 ロッテの“捕手受難”を雨が救った。17日の楽天戦はスタメン発表を終えながら、プレーボール直前に豪雨。早くも今季3試合目の中止となり、西村監督は「またですね。天候には勝てないですね」と話しつつ「捕手のことを考えればいい方、という意味にとらえたい」と前向きに話した。

 この日は第3の捕手・金沢が8番打者として出場予定だった。13日に正捕手・里崎が右上腕部を打撲。15日に第2捕手の田中がインフルエンザを発症。そろって欠場予定だった。ともに早期復帰を見越して登録抹消はしないものの、2軍から急きょ小池を昇格させ、1軍登録捕手4人という異常事態となっていた。

 里崎は打率・333。2本塁打はともにチームトップ。「あす良くなっていたら出したいね」と指揮官。攻守に欠かせないエース捕手の復帰を雨空に祈る思いだ。

うーん、雅彦やっとチャンスだったのに・・・ついてない。しかも今頃インフルエンザとは・・。しかし抹消しなくて大丈夫なのかな?しかも何故かベンチ入りメンバーに入ってるし。
里崎はやはり打撲とのことで、状態が気になります。打撃も好調だっただけに、里崎の離脱は大きい。それにしても2008年でしたっけ、悪夢の里崎ケガ→将ケガ→雅彦ケガで1軍が金澤と新里だったという緊急事態を思い出します。でもこの時に金澤は貴重な経験を積みました。
せっかくと言ってはへんですが、こういう機会に小池に1軍初マスクも経験して欲しいですね。禍転じて福として欲しいです。

グライシンガーは19日の登板になりそうで、・・・という事はまたしても俊介の先発が飛びそうです。いやあ、恐るべき雨男っぷり。調整や気持ちの持って行き方が大変だとは思いますが、なんとか工夫してもらうしかありません。(しかし雨中止も何も関係なくベンチ入りしていながらいまだ「開幕」していない投手もいるんだよな・・・)
と思っていたら、塩見も雨男だって!球場まで行かれたお客さんは残念でしたでしょうが、これでは今日の開催はもともと無理だったのかも・・。グライシンガーは今季初登板は荒天中止でスライドでしたし、実はグライシンガーも雨男だったりとか・・・。

明日はペンとスライドの塩見となりました。ペンは予定通りですが、塩見は今日一度肩も作っているでしょうし、スライドはなかなか大変かも知れませんね。明日もスタメンマスクは金澤かな?誰であれ、控えに甘んじている捕手達はこれをチャンスと捉え、里崎の欠場をカバーする活躍を期待したいですね。

☆清田が雨の中出ていって雨中スライディングを披露。続いてイーグルス伊志嶺も。こういうのはやっぱり嬉しい&楽しいです。伊志嶺も応援したくなっちゃうもんなあ。

★L3−2F
ライオンズ、本拠地7戦目にして初勝利!牧田だから今日は勝つだろうと思っていましたが、帰宅してから最終回の攻防を観ていたら最後は1点差まで迫られ、ハラハラドキドキ。産みの苦しみですね。さすがに今日これで負けたらちょっとシャレになりません。
★H2−0Bs
ホークス7番ペーニャがすんごいホームラン!ホワイトセルも7番あたり打たせると良いのだけどなあ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

浦和マリーンズはどうなってる?

さて、今日は浦和マリーンズの様子をうかがってみることにします。
チームとしては、なんと11勝5敗の1位!貯金6は立派!・・・しかし2位鎌ヶ谷ファイターズ・利府イーグルスも12勝6敗の貯金6でゲーム差無しでくっついている、というハイレベルの首位争い。その分4位以下が借金生活というアンバランスな事になっているのですけど・・・。

もっとも、1軍の日程の兼ね合いで先発としてペンやグラ、俊介なんかが投げていますし、俊介と先発6番手を争っている晋吾も先発しているので投手力としてはかなり高い状態です。
これからは先発として晋吾、コバアツ、吉見、阿部あたりで回していくのでしょうしこれからが真価が問われるところですね。
荻野忠が早くも8試合に登板し、5セーブを挙げています。そのうち1軍の中継ぎに昇格だとは思いますが、今は益田中後がおりますし、しばらくは様子見なのかも知れません。ロサが不調なので、また打たれるような事があれば入れ替えはありえますね。1軍で背番号0の躍動を観たいですね。
先発枠の関係で、香月や光原、大嶺や上野は中継ぎに回っています。大嶺は病み上がりという事もありますが、上野とこの二人が今後どういう使われ方をしていくのか興味があります。現状1軍は先発が充実していますから、中継ぎでの登板を見据えているのかも知れません。中継ぎ枠には大谷も控えています。まだ3試合、4イニングの登板ですのでもう少し投げてからでしょうか?
どちらにしろ1軍の中継ぎではロサ、中後、益田しか投げていないといういびつな形になっていますので、不調な投手は適宜入れ替えするなどしてファームの投手のモチベーションも見据え風通しを良くして欲しいです。

打者はというと、小池が打撃面でブレイク。47打数21安打の.447と堂々のイースタン首位打者!長打力はあまり感じないものの、センター返しのシュアなバッティングにセンスを感じます。キャンプ段階では、今年は1軍第二捕手は小池だ!と予想していましたが、里崎も欠場はしたものの元気ですから、上にいて出場機会が少ないよりは下で英才教育を兼ねてみっちり経験を積んだ方が良いかも知れません。少なくとも近いうちに出てくる捕手ですし出てこないと困る選手ですので、期待したいと思います。
角中も絶好調、打率.388でこちらはイースタン2位です。晴れて1軍昇格を果たしました。もうファームに戻って来るな!
細谷は本塁打3本と好調。こちらもイースタン本塁打王です。打率は.277とまずまず。細谷の場合は1軍の打席だと全く自分のバッティングが出来ません。いまこの壁を破らないとチャンスが遠のいてしまいます。守備はずっとショートですので、首脳陣としても根元のバックアップとしてあくまでもショート、という捉え方なのでしょう。翔太や鈴木らが控えていますので、うかうかはしていられません。

個人的に一番内野手で期待しているのは翔太です。守備はセカンド、ショート、サードに就いています。打率は.236と今一つですが、面白いのは四球が10コとチームトップ。出塁率は.368とハネあがります。選球眼が良いイメージはあまりなかったのですが・・・打席でのスタイルなどアドバイスがあったのでしょうか?さらに面白いのは三振が13コとチームで2番目に多いこと。この三振を減らせれば打率は単純にあがるのかな・・・。もっとも打席数も多いので四球、三振ともに多いとも言えるかも。長打力もある翔太ですが、私はパンチ力のある中軸を目指して欲しいです。2塁打、3塁打が多いタイプの選手になって欲しい。
注目の鈴木も翔太と同じくセカンド、ショート、サードを守っています。こちらは打率.286と健闘。なにしろ私はまだ鈴木を観ていない。どんな選手なのか、楽しみです。
期待の高濱はずっとファースト。足の怪我の影響があるのでしょうか。打率は.250ですが本塁打1本。四球が8と翔太についで多い。こちらも選球眼が良いという印象はあまり無かったので面白い傾向ですね。
去年の3・4月度月間MVP、角晃多は.232と少し元気がありません。今年こそは支配下を勝ち取って欲しいですのでこれから上昇を期待したいですね。
目を引くのは青松が2本塁打しているということ!24打数9安打中2本ですから、立派です。もともと長打力はあった青松ですが、ここ数年は金澤、雅彦に水を空けられていました。野手不足から内野を守らされる事も多くてちょっと不憫な状態にも陥ってました。小池、江村と捕手も入って来ていますし、今年は結果を出して欲しい!金澤と雅彦が上にいる今がチャンスです。

個人的に応援している生山は55打席で19三振・・・チームトップです。やはり課題は何と言っても打撃。去年はスタートは好調だっただけに、低調ぶりが気になるなあ・・・・外野手は神戸が復帰したとは言えまだ手薄なので、なんとか踏ん張って欲しい!

今年は一度もファーム選手の姿を観ることが出来ていません。これはこれで寂しい・・・。土日の浦和は混むし見にくいしなあー。地方遠征にでも行きたいです。
今年は誰がブレイクするのでしょうか。楽しみですね!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

おじさんクリーンナップもアシスト、藤岡完投勝利 H1−5M

ルーキー藤岡、見事な完投勝利!
ニッカン式スコア

里崎がスタメンを外れ(中継では、欠場の原因としては未確定ながら昨日の試合でファウルチップを肘に当てたとは言っていましたが)雅彦がいきなり今季初出場初スタメン。また、正人が謎の抹消・・単純に不調なら入れ替わりがあるだろうし、怪我などのアクシデンとだとしても、どちらの理由にしても今日抹消する意味は無さそうです。選手からしたら1軍登録日数はFA資格含め年俸査定にも影響するでしょうし、明日の試合が無い日を待って抹消すればよさそうなものですが・・・何があったのでしょうか。

藤岡は序盤こそ制球がやや乱れ、腕も縮こまっているような印象を受けましたが尻上がりに調子を上げました。雅彦との組み合わせがどう出るか不安の方が大きかったのですが、雅彦のリードも良かったのでは?最初は配球に「?」というのもありましたが、観ていく内に上手くハマっていることがわかりました。リードだけで打撃は(悪い意味ではなく)期待していませんでしたが2安打と、攻守に頑張ってましたね。課題のキャッチングも安定していたように思えました。

藤岡は珍しくボール先行する場面が多くありましたが、カウントを悪くしても不用意にストライクを取りに行ったりしませんね!そこがホークス打線を1点に抑えた大きな理由かなと思います。それにしても、やはりストレートが基本、これが一番力のある投手だなと再確認しました。相手がストレートと判っていても空振りで三振を取る、もしくは差し込ませて打ち取るというのはなかなか出来るものではありません。

3点リードの4回、二死1・2塁でのペーニャとの勝負が圧巻でした。一発出れば同点になる場面、セオリー通り初球はスライダーでボールから入りますが、2球目でストレートでストライクを取ります。このヘンがルーキーらしからぬところ。フルカウントになった6球目、雅彦のサインに首を2度振って投じたのはストレート!ペーニャは手が出ず見逃しの三振。ここを抑えた事で乗って行けました。
終ってみれば9回10奪三振、堂々の完投勝利です。とにもかくにも力のあるストレートがあってこその結果だと思います。しかもコントロールも良くないと。
うん、やっぱりいきなり最多勝争い出来る力があるな〜。後は初めてのプロのシーズンローテに入って投げていく中で疲れにどう対処するかでしょうか?
唐川、藤岡と同級生が刺激し合って行けたらよいですね!就任当初は大嶺と唐川をライバル、としていた西本コーチも、今年は唐川と藤岡がライバル、と言うようになってしまいました。大嶺も頑張れよぉ・・。

打線はオーダーを組み替えた昨日から上手く回り始めています。伊志嶺と岡田二人で6度出塁し、2盗塁。
そしてなんと言っても、井口サブロー福浦の合わせて111歳!のおじさんクリーンナップトリオ。3人で4安打4打点。素晴らしいベテラン力です。3人が3人とも調子に波がある人達ですが、今はしっかり結果を出していますね。「繋ぎ」の意識、互助精神ですね〜。12球団を見渡してもこんな高齢クリーンナップはいませんが、頼もしいベテラン達です。
3回の4点は根元の牽制死でしぼんだチャンスを、みんなで繋いで2アウトランナー無しから奪ったものでした。こういうのは理想の一つです。藤岡を援護するには充分な4点でした。

清田は1犠打を決めたもののヒットが出ません。今後は相手投手の左右によって、角中と併用になってしまうのかな・・・・。
今年に賭ける大松と、一発長打が期待されたホワイトセルの長距離砲二人が外れた途端に打線が繋がりだしました。皮肉なものです・・・・うーん、やっぱりマリーンズは繋げて繋げて点を取っていくしかないですね。大松は絶対必要ですし、スタメンで元気にやって欲しいのですけどね・・・。

さあ、来週からマリンに戻っての6連戦です。この流れを維持したまま、勝ち越しを狙いましょう。
藤岡は本拠地初勝利を!

☆今江、根元が牽制に誘い出されての牽制死(記録は盗塁死)。なにやっとんじゃあ、とは思うものの、おそらくサインなりが出ていて何か動こうとしていたのでしょうね。技術的に稚拙な部分は置いといて、なにかしら仕掛けようとしている意図は買いたい。
☆この3連戦は先発陣の踏ん張りで益田、中後を休ませる事が出来ました。少し安心。
☆帆足はオープン戦で良くなかったのですが、それがそのまま出ました。先週新垣を抹消したことで今日先発でしたが、一度抹消でしょうね。まあ、本来こんな投手でもありませんし、その内実力を出してくるでしょうね。

★F4−3E
イーグルス、土壇場の9回にガルシアの2ランでおいついておきながら、その裏中田翔のサヨナラ弾で敗戦・・・これはショック大きいだろうなあ。中田は打率が1割を切っており、それでもファイターズは貯金作るんだから凄いなあと思っていたら中田がこんな仕事をします。やっぱり強いな。
★L2−6Bs
涌井が2軍落ちとのこと。ライオンズは投打ともに元気がありませんね。どうしてしまったのか・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2012年4月14日 (土)

期待通りの投げ合い、今季一番嬉しい勝利 H1−4M

唐川、岩嵜ともに素晴らしいピッチングでした。ナイスゲーム!
ニッカン式スコア

千葉出身、高校生ドラフト1位同士の同級生対決となったこの試合、とても楽しみにしていたのですが期待に違わない好試合でした。
今日のエントリーは少々長くなってしまうと思いますがお付き合い下さい。

唐川は制球、球の質ともに素晴らしく全く危なげのない投球を展開します。7回2死から内川にヒットを許すまでパーフェクトピッチング。味方が初回に先制の1点を取った事が良かったのでしょう。最初から最後まで慎重かつ大胆に投げていたとおもいます。唐川、可愛い顔して度胸満点、負けず嫌いなのはみんなが知っていることですが、それを象徴したのが7回に内川に初ヒットを許した後の松中との対決。ずっとノーヒットピッチを続けてきた投手が初ヒットをきっかけにずるずると崩れることは良くある話ですが、この打席でも松中に粘られ、普通の投手ならば崩れてもおかしくない場面。2−2のカウントから首を振って緩いカーブを投げた所にシビれましたね〜。とても勇気のいることで、なかなか出来ることではありません。この1球に唐川の真骨頂を見ました。しかも最後10球目は外から入ってくるスライダー。松中は何も出来ず見送り三振となりました。
里崎のリードも秀逸で、ホークス打線に的を絞らせませんでしたね。投手がこういう出来だとリードする方も楽しいでしょうし、自身も早々と2安打している事で実に気分良くリードしてくれました。

里崎は最終回、無死1塁の打席で2度バントを失敗するのですが、その後は際どい球はカットして逃げ、最終的にはセカンドゴロ進塁打を放ったのですが、この打席は非常に感心しました。里崎がこういう打席を送ってくれるとチームがやはり締まります。結果的にダメ押し点に繋がりましたし、素晴らしい内容でした。

ホークスの岩嵜も素晴らしい投球。私の中では「速球派」でグイグイ押すというイメージが勝手にあったのですが、意外や制球力で打たせて取るピッチングスタイルなのですね。初回こそサブローに先制打を許しますが、ストレートは外角低めに決まるしスライダーも制球も良いしでやっぱり良い投手だなあと思いました。
勿体無かったのは1−0で投手戦を演じた8回。三塁走者に根元を置いて、岡田の空振りで飛び出した
根元を刺そうとした高谷の悪送球で2点目を許した直後でした。明らかに冷静さを失い、力が入りました。2アウトにはなっていたものの、この球ではいくら貧打マリーンズと言えどもプロ、たぶんここから追加点取れるんじゃないかな・・と思っていたら井口四球→サブローヒット→福浦タイムリーと、試合を決定づける3点目を許してしまいましたね。
我がマリーンズ打線には日頃情けなさばかり覚えるのですが、ここのシーンは(当たり前だけど)さすがプロだと思うと同時に、プロって厳しい世界だな〜と思いましたね。
福浦を追い込んでからひたすらストレート勝負に出たところに意地とプライドが見え、基本的にこういう投手は好きなのですけれど、プロで19年も飯を食っている福浦がさすがのバッティングをしました。

岩嵜はとても悔しい敗戦でしたでしょうけれど、今日の試合はとても大きな経験になったのではないかと思います。シーズン序盤でこういう試合を経験したことで、今シーズンまた飛躍するのではないかと思っています。岩嵜は入団から順調に少しずつ階段を登ってきているなあと観ていて、プロ選手の成長を知らせてくれているようで楽しみな投手なんです。今後に期待ですし、今年中にリベンジされてしまうかも知れません。

ちなみにスタメンマスクの高谷は苦労人で(高校から社会人野球に進むも怪我で退部→大学に入学しなおしプロへと至る)入団時から応援しているのだけど、今日は悔しい結果となりました。絶好のアピールチャンスだったのですが・・・プロの世界で、特に捕手でやっていくのは大変だよなあ〜と再認識しました。岩嵜が福浦にストレートを続けたシーンでは、投手の投げたい球を投げさせてやりたいのだろうなあ・・優しいなあと思いました。その優しさがアダとなってしまったのかも知れませんが、それがプラスになることだって多いでしょう。頑張って欲しいですね。

マリーンズの攻撃陣でも今日大きな動きがありました。頑として選手を動かさなかった西村監督、ホワイトセルを抹消し、待望の角中昇格即スタメンです。前に書いた事がありますが、角中は今年は開幕からシーズン最後まで1軍にいること!と私的勝手目標希望を持っていたので、キャンプ終了後に即ファーム合流となっていたことがとても納得いかず・・。神戸が復帰してファームの外野手不足が少しだけ増しになったこともあるのでしょう、やっと1軍昇格となりました。残念ながらノーヒットでしたが、9回先頭打者で四球を選んだ事は評価して良いかと思います。明日は左腕帆足なのでスタメン外してしまうのでしょうか?”旬”な選手をせっかく上げたのですから、明日も使って欲しい。
それにしてもホワイトセル抹消は昨日試合中か試合後に決めたのでしょうから、角中はかなり早朝に起きて福岡移動したのでしょうか?眠かったろうなあ〜。

ホワイトセルの代わりに4番にサブロー、大松を外して5番福浦となりましたがこれも順当でしょう。流れが少しですが良くなった気がします。
初回にこの変更が当たってサブローに先制タイムリーが飛び出しました。この先取点はとてもとても大きかった。(打線の援護がなく)おそらく苦しい試合になるであろうと考えていただろう唐川にとって、たった1点ですが大きな大きな援護となった筈です。

こういう動きとか試みはどんどんやって欲しかったですし、これからも柔軟にお願いしたいですね。福浦は自身のブログ

プレイボールから、
ゲームセットまで
グランドに立つことは、
諦めてません

と書いていました。なんだかこの言葉に感動してしまっていたので、今日のスタメンとタイムリーは嬉しいです。大松は今日で切り替えて、活躍を願いたいですね。

今日は先制、その後の投手戦を凌ぎ8・9回に追加点ととても理想的でした。9回、代走工藤の盗塁も良かったですし、やっとこさ期待している攻撃が出来つつあるかな、と思います。私個人的には初回無死1塁走者伊志嶺打者岡田の時にエンドランかけたのも嬉しかった(結果はショートゴロ、進塁打)。昨日も書きましたが、長打が期待出来ない(さらに数少ない大砲の二人が今日はいない!)以上、マリーンズの生きる道は進塁打を含む繋ぎと機動力を活かすことしかありません。明日の試合、特に内容に注目したいですね。

まだ11試合目ですが、今日の試合は今季ベストゲームでした。
明日は藤岡にプロ2勝目、そしてカード勝ち越しを!

☆小久保の1打席目、捕手前のボテボテのゴロに投げたバットが当たる。見た目は捕ゴロとなり特に審判からのジャッジも無かったように見え、球審にはちゃんと見て欲しいな〜と思っていたけど、記録をみたらちゃんと守備妨害となっていました。珍しいプレーですよね。
☆唐川と里崎の間にサイン違いがあり、ストレートのつもりの里崎に対してカーブが投げられる。高めに外れるゥゥ!と思った里崎がジャンプしたがボールがこず、落下していくとこにカーブが落ちてきて、里崎が着地する前に捕球する、という里崎らしからぬ軽やかな(でもなかったけど)プレーに笑ってしまった。
☆マリーンズベンチの西村監督が映し出されるたんびに後ろの広告の「インターネット詐欺」という言葉の「詐欺」部分が映る。昨日までの采配にブーブー言ってた私としてはあながちウソとも思えないシャレに見え、これまた笑ってしまった。

★F(6回試合途中)E
★L(雨天中止)Bs
大宮開催で西武球団はいろいろイベントも仕込んでいたみたいだったので、中止は残念だったでしょうね・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012年4月13日 (金)

投手陣の忍耐は続く・・ H1−1M

成瀬好投報われずドロー・・・。
ニッカン式スコア

先発の成瀬は制球良く、低くかつ左右にきっちりと球を散らし、危なげないピッチングでした。7回裏、味方が1点取った直後にペーニャにストレートをライトスタンドに運ばれ、悔しい1失点。外角一杯を狙ったボールがやや中に入り、甘いと言えば甘いボールでしたがあれをライトスタンドまで運ばれてはもう仕方がありません。成瀬は責められませんね。内容としても今季3試合目で一番良い投球だったと思います。しかし8回を1失点に抑えても勝てないのが今のマリーンズ。

打線は、1番に伊志嶺、2番に久しぶりに岡田、オープン戦以来?9番に塀内を持ってきました。ホークス先発の摂津は私が知るかぎり先発転向してから(マリーンズ戦では)一番悪く、球は抜ける、高めに浮くでヨタヨタのピッチングでしたがマリーンズ打線が打てなーい。とにかく打てなーい!
ランナーはちょろちょろちょろちょろ出すものの、ここ一本が出ません。挙句の果てに終ってみれば摂津から6 2/3回で9三振・・・うーん、情けない。なんというか、各打者「失投を仕留める」事が出来ませんね。甘いボールは沢山あったのに、きっちり捉えていたのは井口くらいでした。この勝負弱さを何とかしないと、投手陣にかかる負担は増える一方です。

10試合を終えて、先発は6回より前に降板したことはなく、最大失点も唐川の8回1/3で4失点というもの。これは8回まで無失点でした。内容からしたら、極端な話をすれば10戦10勝してもおかしくない数字です。
一方の打線は10試合で24得点。得点には相手エラーも絡んでいますし、実質タイムリーなどで取った点は20点を切っているでしょう。とすると、1試合で2点が精一杯。単純計算で投手陣が9回で1点に抑えないと勝てない、ということです。
益田中後の負担は言わずもがな、先発だってこれから先バテるでしょうし、それまでに打線が上向かないと大変な事になってしまいます。

4番のホワイトセルは今日とうとう試合途中で代打を出されました。大松も期待は大きいものの、自分のタイミングで打てず低打率にあえぐ日々が続いています。伊志嶺と清田に至っては競うどころか、共倒れの様相すら出てきました。
そんな中、今日は岡田の存在感が大きかったですね。1塁走者にいれば井口のヒットで一気に生還、同じく1塁から井口の浅いセンター前ヒットで3進。5打席目では絶妙のセーフティバントと、守備力に加えやはり足を考えても外して欲しくない選手です。
ペーニャの同点弾に象徴されるように大きいのが打てる選手は魅力ですしいてくれた方がもちろん良いけど、現状でホームランを期待できるホワイトセルと大松が全く当たってない以上、機動力を加えるしかありません。

地蔵の様に動かなかった監督も昨日あたりからやっと野手を代えるようになってきました。ホワイトセルの代打もいきなりかよ!と唐突感はあったものの、すっぱり代えた事は評価したいと思います。とにかく現状の打線では結果が出ていませんから、いろいろと出来ることを試すことは恥ずかしいことでもなんでもない事だと思います。というか当然でしょう。
しかしながら投手陣の辛抱、忍耐の日々はまだまだ続きそうです。

さて、明日は唐川と岩嵜ですね。同じ千葉で凌ぎを削った二人です。唐川が成田高校で2007年選抜に出れば、夏の甲子園キップは市立船橋の岩嵜が手にしました。きっと対戦したこともあるのではないでしょうか?千葉から遠い福岡の地での初対決、これはこれで楽しみにしたいと思います!

☆9回1死1,3塁、福浦の浅いレフトフライで3走岡田のタッチアップにストップがかかる。次はヒットを打っているサブローだし、突入か自重か判断はとても難しいけれど、私は突っ込むべきだと決して結果論ではなく思いました。試合時間から言っても延長の目はなさそうな9回、チャンスもそうそうありません。
レフトのペーニャの守備力、捕った時の態勢を考えると行っても良かったのではないかと。でも、ここはどちらも正解な気はしますし、難しい。
☆塀内の3打席目に根元が代打。なら最初から根元でいいじゃん、と思ったのは私だけ?根元の動きを観ているともう大丈夫そうですね。

★F1−2E
二度目のマー君と斎藤佑樹の投げ合いは今回もマー君が勝つ。まあしかしもうこの二人の対決とか関係ないかな。マー君にとっては今季初勝利の方が大事だったろうし。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012年4月12日 (木)

ブルペンを壊す気か M1−3Bs

もー、勝敗よりも継投に腹がたって仕方がありません。
ニッカン式スコア

先発は今季初登板のペン。ストレートに力もありましたし、カーブ、チェンジアップも良く6回を92球2失点とまとめました。課題の四球も1とまずまず・・・というか充分なピッチング。もう1イニング行くかと思いましたが・・・。打線の援護がなく残念な1敗となりましたが、この内容ならば充分計算出来ます。次は打線に援護して欲しいですね。

さて、7回は誰が出てくるかと思えば、・・・中後でした。木村じゃないのか・・・。中後は走者はだすものの無失点に抑えます。そして1点差で迎えた8回、やっと中郷初登板か〜と思ったら・・・
なんと益田が出て来ました。これで9試合中6試合の登板・・・・。益田の前回登板は8日ですから3日間空いてはいます。タイプ的にあまり間を空けない方が良い投手だとは思いますし、譲りたくないけど百歩譲ってこの登板は良しとしましょう。
でもね、でもね。迎えた9回表、マウンドには・・・背番号52が。本当に眼を疑いました。冗談は止めてくださいよ。あのねえ、明日から九州で3連戦あるんですよ?言わば今日から4連戦なんですけど。2イニング目を投げさせる理由がどこにある???ホントに理解出来ません!誰か納得の行く答えを下さい。
結局、T-岡田に1発を浴び、オープン戦を通じてプロ初失点となりました。いつかは失点するし、無失点を続けることに殆ど意味は無いと思いますが、こんな形で初失点だとは思いませんでしたよ。

思うに、この2イニング目が益田にもたらしたものは何か?わかりません。少なくとも、プラスは無いでしょう。あるのは「点を取られてしまった・・・しかも決定的な」というマイナスな思いだけではないでしょうか?益田よ、何も気にすることはない。忘れてしまえ、今日の失点など。
T-岡田との打席は駆け引きとして糧にしてくれ。(里崎がストレート続けすぎたかなあ・・・チェンジアップ待たれていましたね)

それにしても、西村采配は3年目になっても変わりませんね。勝っても負けても晴れでも雨でも伊藤ちゃん伊藤ちゃんイトウちゃん伊藤ちゃんで、今季とうとう不調に陥らせた責任を感じているのか?詳細はわからんけど私は「勤続疲労」だと思っています。益田に同じ轍を踏ませるつもりか?
今季いまだに登板のない中郷や木村をどう考えているのか?先発と中後、益田、薮田だけで一年闘える訳ないでしょう・・・・。中郷や木村、今ファームにいる投手達の力は絶対に必要です。中郷たちはどう思っているか?こんな使われ方して、いざ初登板となった時に自信溢れる投球が出来るのか?今の采配は、益田だけでなく中郷や木村をも殺してしまう采配です。言わばブルペンを壊す采配です。

勝ちたいのはわかりますよ?少しでも点差を離されない為に良い投手を使いたいのもわかりますよ?でも、たった9試合、繰り返すけど始まってたった9試合でシーズン最後の優勝争いみたいな投手起用してどうするつもりですか?今は目先の勝利に拘る時ですか?
西本コーチも高橋ヘッドもいますし、監督単独の考えではないのかも知れないけれど、監督3年目、投手コーチもヘッドも代わっているのに起用法は変わらんという事は監督の采配、考えでしょう。もう、ほんっっとに呆れました。
頑固を通り越して意固地、石頭もいいところです。ホワイトセルのバットでも当たってくれれば目が覚めるのでしょうか?

あすからの連戦、中後や益田の連投の可能性はあるでしょう。いっその事大量点を取られてしまえば中郷らの初登板もあるし、益田達の連投は避けられるかも知れません。それを願う自分がいます。でもそんなことをファンに思わせる監督には失望の一言です。

☆やっと正人と金澤が今季初試合(金澤もめちゃくちゃ久しぶりの試合でいきなり平野打てる訳ないやね)。この期に及んでまだ雅彦が試合に出ていない。未だそういう選手がいるという事にも腹が立つ。捕手だからそりゃあチャンスは少ないけどさあ。
☆Bsの伊藤、守備についた途端にホワイトセルの空振りしたバットがキャッチャーヘルメットごしにこめかみを直撃。意識はあるものの救急車で運ばれたとのこと・・・。大事に至らなければ良いが。
☆ミンチェの牽制球は肩を痛めそう。

★H4−0F
大隣、4年振りの完封勝利。また先発投手が出てきた・・・強いなあ。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

井口盗塁の陰にベンチの指示があった

今日のマリンは雨に勝てず、中止となりました。昨日勝っただけに試合がしたかったですが仕方無いですね。
ペンがスライド、代わりに松本が抹消となってしまいました。1試合も投げることなくファーム行きとなった松本、まぁ言ってしまえば本来は開幕から5戦目でペンと入れ替わりになる「先発交代要員」ではあったのですが、一週間延びた分かえって酷となってしまいました。1試合くらい登板出来れば良かったのですが。
俊介の登板が延びてしまいました。明後日あたりのファームで調整登板するのかな。早く投げたいでしょうね。

さて、昨日の井口の盗塁ですが、やはりというかその陰にはベンチの指示もあったのですね。

ニッカンの報道を一部抜粋します。

 2つ目の読みは首脳陣との合作による走塁。8回1死、右前打で出塁。オリックス西の集中は打者に向けられていた。試合前、モーションが大きくなるスキを狙えと指示されていた。

 昨季1盗塁の37歳ベテランは、01、03年に盗塁王を獲得した獲物の目になった。完璧なスタートで二盗を成功させ、ホワイトセルの右前打で貴重な2点目の走者として生還。「盗塁王は10年前のこと」と苦笑いしたが、大塚守備走塁コーチは「行こうという時に1球で行ってくれる」と絶賛した。

ちょっと恥ずかしくなるような妙に詩的な?ヨイショ記事ではありますが(苦笑)、ちゃんと西のモーションのスキを狙うよう指示があったのですね。
もっともプロの世界なのでこういう指示は当然の事で、きっと素人が考えるより遥かに多角的かつ多方向からいろいろと分析と指示は行われているのでしょう。それは判っているものの、ちゃんとベンチが機能しているのだなあと安心してしまいました。
いくら指示があっても動けない選手は動けないのでしょうが、実際に井口が実践したというのは大きな意味があるかと思います。井口に限らず、チーム全体で積極走塁を目指し、塁上を掻き回して欲しいですね!
明日以降にも期待したいです。

★H0−14F
巽がかわいそうなくらい失点していますね・・・今季は中継ぎとしてやっとチャンスを掴んだのですが、次の登板はあるのか。もう1度チャンスを与えて欲しいなあ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

8回の攻撃に可能性を見る。 M2−0Bs

グライシンガーの見事な投球で、QVCマリンチーム初勝利!
ニッカン式スコア

グライシンガーは前回の登板は見事でしたが、続けて出来るかどうか、しかも風のある本拠地マリンでどうかと興味を持っていましたが今日も安心感のある見事な投球でした。風はあまり無かったようですが。
序盤こそ球が浮き、危ないかなと思わせましたが中盤意向はコントロール良く安定しました。
基本的にストレートとチェンジアップ主体の投球でした。前回有効だったカーブ、おそらく割合自体は前回より少なかった思いますが、前回登板の報告を受けたバファローズはカーブがかなり頭にあったかとも思え、意識させておきながらあえて序盤はカーブを減らした里崎のリードも上手かったと思います。中盤以降はそのカーブを要所要所で有効に使いましたね。
しかし何気に一番良かったのはストレートであったのではないかと。球速こそ139km前後ですが、思いの外ストレートに打者が押されていました。ストレートあってこそのチェンジアップとカーブだなあ、と再確認。ああ、大嶺もこういうピッチングを参考にしてくれないものか・・・。
話が逸れました。2試合連続でこの投球ですと、俄然期待は高まります。後はフィジカル面が落ちてこなければかなりの数字を残してくれそうです。グラ補強にぶーぶー言っていた私も現金なものです。

さて、打線はと言えば打順の組み換えを示唆した監督でしたがなにも変化は見られませんでした。1番に清田、2番に発熱の根元に変わって塀内、9番は右投手という事で岡田。・・・つまり変わっていません。ちょっとは期待していた私が悪いのか。こういう監督だと判っていたのに・・・過去2年を通して監督談話はアテにならない、と知っていましたがまたしても肩透かしをくらいました。

久しぶりの岡田がバルディリスのセンターフェンスまで届く大飛球をジャンプしてキャッチしたプレーは言うに及ばず、普通のフライでもセンターに飛ぶとなんとも言えない安心感を覚えます。多くの方が言っていることですが、岡田はなにがあっても守備枠としてスタメン起用して欲しいと、再度強く主張します。ついでと言ってはあまりにも失礼ですが、塀内のショートもやっぱり安定していますよね。(そもそもショート争いに最初から塀内が入っていなかったことが寂しいというか”器用貧乏”の切なさというか・・・)

攻撃では8回にやっと足を絡めた攻撃が出来ました。(初回にも、結果ファウルでしたが1塁にヒットの清田を置いてエンドランはありました)1死から出塁した井口がまさかの盗塁!・・・井口だって走れる選手ですし、マリーンズ入団の際に「トリプルスリーを目指す」と言っていたのは俺は忘れていない!もっともっと走れる時は走るべきですよ。昨日積極走塁を期待したい、と書いたところでしたのでこれは嬉しかったですね。しかし正直に言えば井口が出塁した時点で早坂を代走に出して欲しかったのでした。しかし井口が積極的に盗塁を狙ってくれるのならば代走送らないのもアリです。
結果として井口が盗塁したおかげで貴重な追加点が入りました。

もっとお気に入りなのは、ホワイトセルタイムリーで1点追加した後に、代走で出た早坂が盗塁を決めた事です。これですよ、これ!こういうのは相手が嫌がると思うんです。「たたみかける攻撃」を足で実現する、これが理想です。なので続いたサブローの代走伊志嶺もすぐ走って欲しかったんですけれどもね。しかしこういう攻撃をやはり絡めたい。ただ打つだけではどうしても打力に劣るマリーンズ、今日の8回の攻撃に可能性の芽を見ました。

なんだかんだでやっと足を使った攻めが出来ました。明日も明後日も来週も同じ打順かも知れませんが、なんとか積極走塁を絡め、7回のチャンスで今日ヒットを打っていたにもかかわらず清田に福浦を代打で送ったこと、このようにベンチにいるメンバーを使おうという姿勢が出てきたことも評価して良いのかなと思います。
西が良かったとは言え、たった2点しか取れず投手の頑張りにおんぶに抱っこでした。少しでも、少しでも点を「もぎ取る」方法を模索して行って欲しいと思います。

明日は今季初登板のペンですね。グラに続け〜!

★E0−4L
岸が2勝目、これがライオンズの今季勝ち星全て。岸のオープン戦不調ぶりをみていただけにわからんもんだな、と妙に感心。
★H3−1F
3連戦やられまくったファイターズにホークスはあっさり勝つ。ううむ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2012年4月 9日 (月)

盗塁が少ないのはどうしたことだ

開幕から一週間とちょっとが過ぎました。
マリーンズの戦い振りを振り返るに、投手陣は頑張っていると思います。先発陣は内容に不満がある試合はあったものの成瀬、唐川、藤岡、グライシンガーと試合は作っています。まあまだ4人しか投げていないのですが。
ただみんなが思っているように後ろの投手が・・・何故かブルペンにはロサ、益田、中後、薮田しかいないようで。中郷や木村、松本の”開幕”がいつになるのやら。モチベーションを保つのも難しいと思うのですが・・・。
ロサ(と伊藤)の不調で益田の負担が今もこれからも大きくなることが目に見えているだけに、ロサと伊藤ちゃんの復調、今ファームで頑張っている荻野忠、怪我で出遅れた内やヤマテツの復帰が待たれます。

やっぱり問題は野手、打撃陣ですよねえ・・・おおまかに上位・中軸・下位と分けるとするとそれぞれが波が激しすぎます。上位から下位まで満遍なく繋がる試合が無い。それでもKスタでは2死からの得点が目立っていたのですが、マリンに戻ってきてからは粘りもなくなり、特にクリーンナップはここ最近元気がなく、途端に得点力が落ちました。

・・・とすると西村野球の象徴であるはずの機動力でカバーしたいところですが、これが全く発揮出来ていません。それどころか2塁走者タッチアップが刺され3塁からのタッチアップを無にしてしまったり、牽制死も2度。
他にもエンドラン空振り盗塁死やスクイズでのファウルなど、「小技」が出来ていない印象です。

一番わかり易い尺度として盗塁があるかと思うのですがなんと根元の1個だけ。期待されている岡田・伊志嶺、清田がいまだ0というのがうーんどうしてしまったのだと。
足を発揮する場面が無いんだよ、と言ってしまえばそれまでですが、もっともっとチャレンジする姿勢があっても良いかとは思います。
去年も感じたのですが、「走る事」に対してなかなか踏ん切りがつかないというか・・・ホークスやファイターズを観ているとかなり早くに仕掛けて来ます。「積極的な走塁」、特に盗塁には勇気が必要だと思いますが、その勇気がないのがベンチなのか選手なのか。せっかく慶彦がヘッドでいるのに活かしきれていない。
打線が元気のない今、打順組み換えはもちろんですが、もっともっと足を絡める攻撃が観たいですね。

ただでさえ打線が強力なホークスがなんと9試合で23個というとんでもない数字を叩き出しています。次点のイーグルスが8個なので、特別過ぎて参考にならない数字かも知れませんが、1個というのは少なすぎます。ましてやマリーンズは足がウリのチームだった筈。
単純に盗塁=機動力とは言いませんし、打撃が好調だと出塁率も上がり盗塁機会も増えるということはもちろん判っていますが、打撃力に劣るマリーンズが盗塁数で既にこれだけ差を付けられると、戦う前から既に攻撃力に差がついてしまっているようで面白くありません。

荻野貴司の復帰が本当に待たれますが、荻野抜きでもやれることは去年後半示した筈。
勇気ある積極的な走塁を見せて欲しい!と思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

本拠地開幕カードでまさかのマリーンズ野球炸裂 M1−3F

はぁー。嫌な予感はしていたんですよ、Kスタ、敵地本拠地で3連勝してしまった時。こういうことが起こるのではないかと・・・・悪夢の本拠地開幕3連敗です。

Dscf9494
ニッカン式スコア

ちょっとねえー。グチだらけになってしまうかも知れませんがお許し下さい。
先発の藤岡は2被弾、2球とも甘い球で失投でした。しかし7回3失点、ずるずると四球出したり連打喰らったりではないので、良く投げたと言って良いでしょう。序盤から球が浮いている印象は受けました。もちろん配球もあるのでしょうけど、修正の為かカーブも多く投げていましたね。悪いなりにしっかりまとめたという感じです。藤岡に関しては次に期待、と期待だけですよ!

それよりも打線です。相手投手、特に無勝利とか苦しんでるとか言った「相手投手に優しいマリーンズ」が今日も出てしまいました。今日の吉川は四球連発と今まで通りの悪い吉川。5回で5四球を貰っておきながら点は里崎のソロ1点てなんですかそれ。ランナー貰っても関係ないとこでしか点取ってない・・。がっくり。
今日のポイントは2つ、初回に先制点を取れなかった事、里崎のホームランの後に清田がヒットで続いて、よし!盛り上がって来ました!というところでの牽制死。このどちらかで点が入ってればなあ・・・・。
各打者の狙い球や意図が今ひとつわからない感じで、この3連戦はただ打たされただけで終わりました。もちろん相手バッテリーの上手さもあっての事ですが、もう少し工夫があっても・・・。
工夫が欲しいのはベンチワークも一緒で、昨日今日と野手は9人ぴったり。例えばですよ、吉川の後を継いだ谷元や増井をさっぱり打てなかった訳ですが岡田を出して粘る、とかセーフティーで揺さぶる、とかも出来た筈。ベンチにいる控えの野手達も出たくて仕方がないんじゃないでしょうか。
それは投手にも言え、今日も益田中後。ブルペンには先発と益田と中後と薮田しかいないのかーい!今日は中郷投げさすには良かったんでないかーい。木村や松本試すのも良かったんではないかーい!

終って見れば散発3安打、ソロ1点で終ってしまいました。この開幕3連戦はお客さん良く入ったと思います。今日なんかは天気も良く、最高の野球日和でした。その中でこんな試合やってたら・・・GWにも試合ありますが、余程の野球好きならともかく、今日初めて来てみた、とかいう人がいたらGWはマリンやめて海遊びに行こうか〜とかってなってしまいますよ・・。
満員の本拠地で勝てない、というのはマリーンズが絶え間なく培ってきた伝統で、いきなり炸裂させてしまった感じですが、そろそろ脱却し、新しい伝統を作りましょう!それにはルーキーの力に頼るしかないのか?いやいやそんなことは無いはずです。ベンチ全員の「和」で作っていけば良い!

・・とまぁグチばっかり書いてしまいましたが、まだたった7試合が終わったところ。まだまだ先は長いですし、なにより選手たちは絶対に悔しく思ってくれている筈ですからこれからに期待しましょう!

開幕から7試合で6試合観戦(バカ)という私の開幕WEEKは今日で終わりました。これからはペースも落ちるかと思いますが、なるべく球場に行って応援したいと思います。マリーンズファイティン!

☆サブロー、小谷野のホームランでスタートよく前に出る。おいおい・・・・。
☆今日は本来観戦予定ではなかったのだけど、藤岡がローテ入りし日曜”担当”となった時点で行こうと決めました。久しぶりに「彼が投げるなら行ってみたい」と思わせる投手です。今日は敗戦投手となってしまいましたが、今後も期待しかありません!

★H7−5L
ホークス強い。先発が点を取られても取り返せるというのは良いなあ〜。
★Bs2−0E
★めずらしく!ジャイアンツネタを。連敗中のジャイアンツですが、宮国がプロ初登板、甲子園のタイガース戦という舞台で堂々の勝利投手となりました!宮国は2010年高校生の中では早稲田に進んだ広陵有村とならんで抜きん出てる投手だと思っていましたから、かなり嬉しいです。春夏連覇の偉業を達成した興南に決勝で敗れ絶たれた甲子園でのこのピッチング。まだ映像は観ていないのでニュースが楽しみです。しかし思ったより早かったなぁ・・・3年くらいかかるかなあ、と思っていましたが。

それでは今日の画像です。

春が来ましたよ! マリンへ向かう途中でDscf9356

外から見える、スコアボードにはためくフラッグが何故か大好きなのです
Dscf9363

今日は好天に恵まれました 風は冷たかったけど
Dscf9370

室内練習場全景 立派立派
Dscf9375

Aゲートあたりの通路からスカイツリー見えるのですね 知らなかった
Dscf9378

福浦は試合前のキャッチボールで必ず「投手」やってるなあ これは少し武田勝入ってる?
Dscf9383

俺も・・・
Dscf9387

岡田はやっぱりセンタースタメンで行きましょうよ!
Dscf9390

早坂は外野にセカンドにと忙しい
Dscf9395

糸井の強肩は守備練習の楽しみ(陽も強いけど)
Dscf9410

試合前に円陣 こういう画像負けた後に見るのってなんか寂しいというか虚しいというか
Dscf9402

今日のBBのモヒカンはオレンジ 昨日は黒(ダーク系?)だったけど、この違いは・・?
Dscf9415

今日マリン初登板の藤岡 次に期待!
S0019424

初回を無失点に抑える
Dscf9428

好調里崎の1発
Dscf9445

藤岡、7回途中無念の降板
Dscf9455

後を継いだのは5試合目の登板となった益田と・・・
Dscf9462

・・・4試合目の登板となる中後のルーキー達
S0069484

うう、3日連続でこういう光景を見せつけられてしまった
Dscf9493

誕生日迎えたばかりだったのか(6日だそうですね) 同い年の大嶺は何を・・・
Dscf9500

やっぱりマリンは晴れが似合うなあ・・・良い球場だ
Dscf9502

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2012年4月 7日 (土)

唐川好投も打線は武田勝に沈黙・・ M0−4F

唐川、武田勝共に持ち味を発揮した投手戦は・・・・最後の最後、一挙4点を奪われ万事休す。
マリン開幕で連敗となってしまいました・・・。

Dscf9343
ニッカン式スコア

相手が武田勝という事で今日も岡田を外し、代わりに清田がライトに入りました。今季は相手が左だと引っ込むようになっちゃうのかなぁ・・・。相手投手の左右で岡田と清田を使いわけるのでしょうか。まさにシーズン当初に危惧した起用法になってしまいました。先週の下柳の時も書きましたが、岡田は守備枠でスタメン起用して欲しいけど・・。

唐川は制球を乱す場面もあったものの、先週よりは遥かに良い内容でした。里崎のリードも去年に較べ遥かにカーブの割合が増し、緩急と高低、共にいっぱいに使えていたと思います。キャンプで出遅れた事を考えると、今日仕上がったというのもある意味予定通りなのかも。
打線がはやいとこ援護出来れば良かったのですが、武田勝の出来は唐川を上回るものでした。なにしろコントロールが良い。それに腰より上にボールが行きません。全て低めに制球されています。それにしても、真横から観ててもスライダーがマウンドとホームベースのちょうど中間くらいで「くの字」みたいにカクン、と曲がるのには驚きました。直線と曲線というより、直線と直線という感じで折れ線グラフみたい。あれは凄い・・・。
結局最後までチャンスらしいチャンスも無く、完封負けを喫しました。5回の攻撃前に円陣を組んだのですが、及ばず。

まあ、今日は武田勝の前にやられた、というのが敗因ではもちろんあるのですが、ファイターズとの試合はどうしてもこうなってしまいますね。
昨日は互いに押しながらもじりじりとマリーンズが土俵際まで押されて出てしまった、という感じ。今日はお互いに静かながらもファイターズの「ここぞ」で決める集中力。ファイターズ各打者がチャンスにとても強い印象がここ何年もあるのは何故でしょう?何といいますか、ファイターズの打線って「無言の迫力」を感じるのですよ。たぶん個々人が自分の役割をわかっていて、きっちりとこなすということが静か〜な迫力を生み出しているのかな。
最終回なんかは無死のランナーを小谷野が送りバント失敗して殺しているのに、それから4点ですからね・・・。ヒットでつないで、四球を選ぶ選手は選ぶ。人間性が嫌いな選手なんですが、二岡はやっぱり勝負強いし・・野球選手としてはやはり一流です。
二死から中島が根元のショートゴロエラーで出塁、すかさず2盗するというシーンがありました。こういうのマリーンズにやって欲しい。結果的に点は入りませんでしたが、糸井の打球だって良い当たりでしたし、あそこで点が入ってもおかしくありませんでした。

マリーンズ打線は昨日から「自分のタイミング」で打てていないですね。斎藤佑樹や武田勝の術中にハマってしまいました。明日の吉川はコントロールが不安な投手。明日は焦ること無く「自分の間」で勝負して欲しいです。まあ勝手なこと言ってますが・・・自分たちに出来ることをじっくりやって欲しいですね。ちなみに吉川の前回登板は岸と投げ合って8回1失点ですし、「ノーコン病」はすっかり影を潜めたみたいです。明日もやっかいな予感。多分明日のオーダーも左腕相手なので今日と同じなのでしょうね。

ルーキー藤岡に連敗ストップの期待がかかりますが、藤岡ならやってくれるはず!打線は「見殺し」だけは勘弁してくださいね!

★L2−4H
岩嵜、順調に2勝目。今季のホークスは岩嵜と山田が二桁いくかどうかでかなり成績が変わりそうですが、岩嵜は行きそうな感じがしますね。
★Bs2-3E

今日の画像です。

試合途中までは晴れていました マリンには青空が似合います
Dscf9218

ファイターズ応援団のスタメン順の応援歌にあわせてそれぞれの選手のモノマネをするBB BBはいつみても芸達者で楽しい これはもちろん中田翔
Dscf9227

陽のバッティングフォームをチェーック!
Dscf9238

試合前にベンチ前で投球練習する武田勝 この後苦しめられる・・・
Dscf9230

今日もホワイトセルは一人外野へ出てウォームアップ DHはこれでなかなか難しいのだろうDscf9247

監督が変わってもファイターズの「大人の野球」っぷりは変わらない
Dscf9251

ベンチが明るいってのは良いですね もちろん笑ってれば明るいって訳ではないけれど
Dscf9257

糸井小谷野の1・2番てのは結構嫌だ
Dscf9262

唐川は踏ん張ったが・・・
Dscf9261

唐川は初回終わると真っ先にベンチの里崎の元へ行った 初回はあまり良くなかったのでそのあたりか
Dscf9267

今江の2塁打は見事でした
Dscf9287

売り出し中の中島 私はこういう俊足巧打のショート、という選手がどうしても好きだったりします
Dscf9294

サブローは打順がくるよりかなり前からベンチ内でタイミングを測っていた
Dscf9302

はじっこでニラミをきかす二人
Dscf9303

5回の攻撃前に長島打撃コーチを中心に円陣を組んだが・・・
Dscf9305

今日のコアラのマーチは引っかかることもなく優雅に揺れてました
Dscf9313

ベンチ横から試合をチェックする岡田と工藤 今日はベンチの誰も使えないまま終ってしまった
Dscf9316

キャプテン今江はマウンドに行く事が増えました
Dscf9318

●岡に打たれるのはムカつくよな、な
Dscf9329

明日はマリーンズのこういう姿が観たい!
Dscf9344

武田勝の完封は通算2回目とのこと かなり意外
Dscf9354

明日の藤岡が楽しみです!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (2)

マリンに慣れ過ぎた成瀬と”適当”な斎藤の差 M3−6F

うーん、残念・・・
QVCマリンでの開幕戦は成瀬で負け、開幕からの連勝も4でストップしてしまいました。

Dscf9214
ニッカン式スコア

成瀬は制球に苦しみ、7回3失点と試合は作ったものの、常に先行される苦しい展開に。
一方の斎藤佑樹はひょうひょうと投げ、マリーンズ打線の早打ちもあって球数少なく調子よく打ち取ります。
内容としては斎藤の方が一枚も二枚も上でした。

いつもはセンターからホーム方向に吹く風が今日はホームからセンター方向に6〜8mと全くの真逆で、試合前はこの風向きがどう影響するか見ものだと思ったのですが・・・影響を受けたのは成瀬だったようです。
ニッカンの記事によると、

『左中間方向へ吹く約8メートルの風が「いつもと違う球の軌道だった」と微妙な制球に苦しんだ。』

一方の斎藤は同じくニッカンの記事によると

 ヒーローインタビューで「風がいいようにボールを動かしてくれた」と話した斎藤だったが、実はリップサービス? だったことが判明。この日は風速も弱く、影響はほとんど感じなかったようで「適当に言ってしまったというか…。内野ゴロが多かったので、そうなのかな~って思っただけです」と打ち明けた。

とのことで・・・・つまりマリンでの経験が少ない(去年一度登板ありましたっけ)斎藤は風の違いが「気にならず」、マリンでの経験豊富な成瀬は「いつもと違う」と捉えてしまった・・・。
この差が投球の差になってしまったのでしょうか?
・・・とは言え、これは言い訳で、マリンを本拠地とする成瀬がこれでは情けないですね。
斎藤はインタビューなんかでもたまに意外に「鈍感力」を発揮することがあって、これなんかもそうかも知れませんね。これは強みだなあ。

サブローのまずい守備もあり、本拠地の利点を活かせなかったマリーンズ。ちょっと残念な敗戦となってしまいました。

まあ、いろいろと言いたいことはありますがまだホーム初戦ですしあまり言うのはヤボというもの。明日勝てば良し!ということにしましょう。

しかしロサはやはり心配です。一度ファームでじっくり調整した方が良いかも知れませんね。荻野忠寛はまだかー!ロサが登板した場面、中郷かと思ったので少し驚きました。初マウンド踏ませるには良い状況だと思ったのですが。もっとも、調子の上がらないロサを投げさせるにもちょうど良い場面とも言え、これも仕方無いか。

最終回に大松の「らしい」特大弾が出ましたし、代打福浦の華麗なヒットも観られました。武田久から3安打し1点を奪った事は明日にも繋がると思いますし、良しとします。
相手先発は武田勝なので得点はあまり見込めません。唐川のピッチングに大きく左右されそうですね。

☆試合前のスタメン発表時、谷保さんの「サブロー!」が一段とひときわ響いた。想いが込められていました。球場全体の歓声も凄かったですね。おかえり、サブロー。
☆4回の失点は、一死からの稲葉のファールフライを井口が落球→右中間へ伸びた打球をサブローがグラブに当てるも捕れず→通常なら突っ込めない浅い陽のライトフライが風に流され、サブローが崩れた態勢で捕球しランナーの生還を許す、と不運な面も。でもこれはサブローの態勢を見てホーム突入した稲葉のファインプレーと呼ぶべきか。
☆斎藤佑樹はなんだかんだ言っても試合をまとめるあたりはやっぱり流石です。打者を打ちとってマウンドから降りる姿は堂々としたものでした。やっぱり甲子園優勝投手って凄いよなぁ・・・。

★H4−2L
ホークス、0−2の最終回に一挙4点で逆転勝ち。ライオンズは抑えのゴンザレスがまたしても失敗。これはホークスには大きいし、ライオンズにはかなりダメージが大きい・・。
★Bs2−2E
マー君、勝利目前で同点に追いつかれる。今季はしばらく苦労するかも知れません。これを乗り切ればまた成長出来そうです。
★カープのマエケンがノーヒットノーラン!松坂やダルでさえ成し得なかった事。プロでノーノーやるなんて凄い事なのだろうなあ・・・。

それでは今日の画像です。

久しぶりのマリン 球場柱には歴代ユニフォームの説明が 週刊ベースボール連載のコーナーですね
Dscf9042

立派な室内練習場が完成していました
Dscf9045

なんのトリオだ?
Dscf9054

大松は1塁で師匠福浦といつも一緒にいられて幸せそうですね
Dscf9063

寒そうだ・・・
Dscf9062

寒そう・・・
Dscf9113

やっぱり寒そう・・・
Dscf9119

今江のおケツを食い入るように見つめる
Dscf9073

今日は千葉各地からゆるキャラ大集合 何かすぐわかるもの、わからんもの、かわいいもの怖いものいろいろ
Dscf9092

栗山新監督の采配にも注目ですね
Dscf9094

何やら不穏な?雰囲気のマリン でもやっぱり気持ち良い球場
Dscf9100

サブロー、お帰り
Dscf9104

始球式の長澤まさみさん うーむ、良いフォームである
Dscf9117

今日の風はいつもと逆、ホームからセンター方向 今年から球数も表示されるようになりました
Dscf9123

失点の後すぐ取り返した里崎の同点弾 ここまでは良い流れだったのになぁ〜
Dscf9149

妙になごやかなベテラン二人
Dscf9156

中田のノーステップ打法はどうなんだろう?
Dscf9155

岡田は牽制に刺された こういうところも斎藤は流石と思わせられる
Dscf9160

マリンの花火は最高!
Dscf9167

レフト側はここまでマリーンズファンが占める
Dscf9169

コアラのマーチは何かにひっかかったのか、「マリンに集う我ら」が流れる間ずっとうつむいたままだった・・・
Dscf9171

躍動感溢れる中後のフォーム 今日の1失点は仕方無いかな
S0059186

明日は勝ちましょう!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2012年4月 4日 (水)

グラ、ごめんなさい L0−2M

グライシンガー、ごめんなさい!
7回94球4安打9三振無四球無失点は立派です。

Dscf9025
ニッカン式スコア

今日は速い試合テンポで、仕事を終え開始から30分と遅れず球場に着いたのにもう2回の裏でした。
それだけグライシンガー、牧田ともにサクサクっと相手打者を打ち取っていたということでしょう。

先発のグライシンガーは私が全く期待しない補強でしたが、見事なピッチングを見せてくれました。何より制球が良くストライク先行というのが気持ち良いですね。今季オープン戦で観て「おおっ」と思っていた大きくタテに割れるカーブも有効で、開幕から波に乗れていないライオンズ打線を片付けて行きます。これは・・・かなり戦力になりそうですね。

一方の牧田もマリーンズ打線の早打ちにも助けられて快調なピッチングでしたが、右中指に血豆が出来たとのことで悔しい6回途中降板。マリーンズ打線からするとこの降板はかなり助かったというのが正直なところでしょう。5回に点は取りましたが、打てる感じがしませんでした。

今日はクリーンナップから殆ど快音が聞かれませんでしたが、開幕第二戦の様に下位打線でチャンスを作り、そして返しましたね。なかなか良い流れです!今日も先制は二死からでしたし。
岡田に初ヒットが出たのも嬉しいです。一方で清田がスタメン落ち。伊志嶺大好きな私としてはまた複雑です。

まぁ、マリーンズは盗塁は刺されるわ、エンドランは失敗するわ、スクイズもファイルになるわと「小技系」はことごとく失敗していますが、挑戰することは良いことでしょう。
大松の生還は帰宅してから録画を見返しましたが、セーフともアウトとも取れますね。銀仁朗が落球していなければ間違いなくアウトでしたが・・・・大松はもう少し上手くスライディングして欲しいところです。

グライシンガーの後ろを今日も益田が繋ぎ、薮田が締めました。この流れは盤石ですが、やはり益田の酷使がこの先怖いです。
とにかく、今日の様に先発が踏ん張り守り勝つのがマリーンズの野球です。ベンチには上手くブルペンをやりくりして欲しいですね。

明日一日挟んで週末はいよいよマリンです。私は3戦全部参戦します。まず金曜日は斎藤を叩き、頭を取りましょう!
しかし開幕4連勝なんて・・・慣れないもので、どう喜んだら良いのかわかりませんね〜

☆ライオンズ1番ヘルマンにかなり興味があったのだけど・・・セカンド守備はかなり厳しいですね。球際に弱い。開幕戦はセンターでしたが、こっちはどうなのだろう?片岡の復帰が待たれますね。
☆中郷や木村にも登板して欲しいのだけど・・なかなか機会がありません。今のところ負け試合の位置づけでしょうね。益田大丈夫かなあ〜。

☆E6−5H
イーグルス、マリーンズに3連敗の後にホークスに連勝って野球は不思議です。戸村が嬉しいプロ初勝利。しかしこの試合、両チーム併せて盗塁12個もあったのですね。
☆F2−4Bs
中田翔、開幕から21打席ノーヒット。マリンで果たして目覚めさせてしまうのか?

今日の画像です。

西武ドームでも開幕!
Dscf8872

三者三様
Dscf8873

今日もホワイトセルは一人ウォームアップをこなす
Dscf8876_2

特徴あるグライシンガーのテイクバック 前から思ってるんだけど握り見えないんかね?
S0018886

牧田 美しいバランス・・・
S0028927

光山コーチが退場に
Dscf8912

ベンチからは銀仁朗の落球は見えなかったんじゃないのかな〜
Dscf8906

ブルペンではルーキーコンビが準備
Dscf8935

ラッキーセブンを迎えた所でまだ19:40という速さ
Dscf8939

益田、開幕4試合で4試合登板 大丈夫かあ〜〜
Dscf8979

いよっナイスピッチ!
Dscf8995

岡田盗塁も‥銀仁朗に刺される
S0038954

1安打、1犠打の根元 きっちり2番ショートの場所をこなしています
S0048966

伊志嶺は牧田に全く合って無かったなぁ
Dscf8972

薮田は今季も頼もしい
S0019006

開幕4連勝!
Dscf9013

手嶌も広報頑張ってますね
Dscf9020

ナイスピッチング!おみそれしました
Dscf9034

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (11) | トラックバック (1)

2012年4月 3日 (火)

マリン開幕は成瀬に託す

昼間、ホークスが負けた事で「ロッテ669日ぶり単独首位」なんてファンの冗談みたいな記事もある中、観戦予定でした今日の西武ドーム・ライオンズ戦は荒天により「安全面の確保が困難」との事で水入りならぬ風入り中止となりました。
楽しみでしたが、仕方無いですね。私の会社でもお昼すぎに帰宅命令が出ました。(もっとも、私はとある公共機関に出張っているので定時までがっちり仕事でしたが・・・)
むしろ、早々と中止を決めた横浜や神宮に較べて遅すぎるくらいでした。
明日、また観戦したいと思います。仕事終わらせてからなので何時になるだろうか?

明日の先発はスライドしてグライシンガー。ライオンズは牧田となりました。正直西口と比較すると牧田の方が打てない気がしますが・・・。

これでマリーンズのローテはどうなるのか、後ろにずれるのか、それとも開幕早々順番は変えたくないですからペンを飛ばすのか、と考えていたら報道(ニッカン)によると「開幕は成瀬」とのこと。
んまあ、それがやはり良いでしょうね。藤岡なら次カード頭でも充分やってくれそうですが。

益田のいきなりの3連投が心配でしたし、良い休養として欲しい。不調のロサは第一子が誕生との事で、これを発奮材料としてくれると良いですね。

では、明日を楽しみに待ちましょう!

★E5−0H
塩見、完封のようですね。1つ年下の左腕藤岡や同世代斎藤の投球が刺激になったのでしょうか。今季は去年よりさらに勝ちそうです。
★Bs(試合中)F

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

Kスタ開幕戦画像レポ 〜開幕第2戦編

続きまして開幕第2戦編です。
選手のウォームアップ中、雨が酷くてほとんど写真撮れなかったのがちょっと残念。

第2戦は初めて外野ペアシートにしてみました。これがなかなか良かった。
席と席の間に物が置けるのはやっぱり楽ですね〜。下がネット張りになっていてここにも物が置けます。
外野フェンス上の金網も邪魔にならず、とても見やすかったですし、Kスタに行くときは大体2試合観て帰るので、これから1試合は定番になりそう。

雨さえ無ければもっと快適だったのに・・・仕方無いですね
Dscf8645

ここからの視界はこんな感じ 
Dscf8778

後ろを振り向くと創造電力ビジョンとスコアボードはこんな感じで
Dscf8672

前夜アップアップだった薮田はフォーム確認しながら入念にキャッチボール
Dscf8647

藤岡&益田コンビ 寒そう・・・
Dscf8648

山中コーチ相手にキャッチボール
Dscf8667

寒そう・・・本当にこれから先発するのか、大変だあーと思ってしまった
Dscf8662

寒そう・・・怪我だけはしないように・・・
Dscf8678

今日も勝ちましょう!
Dscf8682

はい、国家斉唱時に写真撮ってる不届き者です 控えめにちょっとだけ
Dscf8688

今日もホワイトセルは一人しっかりウォームアップ!
Dscf8691

クラッチとマーくんのメタボ勝負はマーくんの勝ちか
Dscf8693

ライトスタンド、一段と黒く
Dscf8699

今江タイムリー!
Dscf8711

外野は任せろ!
Dscf8713

キャプテン今江がマウンドに行くシーンが多くて、なんだか安心しました
Dscf8714

バントヒットを狙う!
S0098724

今江の激走で追加点!
Dscf8741

元気なカラスコを見ると嬉しい
S0118752

粘投の唐川
S0138768

イーグルスファンは勝利を願って・・・
Dscf8782

連投の益田 打者に背中向いてます
S0148784

第3戦も観たかったなあ〜
Dscf8797

待ってました!しびれる場面でのプロ初登板
Dscf8805

いざプロ第1球
Dscf8806

うおっしゃあぁ!ナイスピッチ!画像ブレたのが残念!
Dscf8815

やいのやいの
Dscf8816

凄え凄え
Dscf8817

やいのやいのやいの
Dscf8818

凄え凄え凄え
Dscf8819

ベンチは大騒ぎ
Dscf8821

福浦の姿をもっと観たいけど・・・ここぞ、でお願い!
Dscf8826

センターでリーダーシップを発揮していた工藤
Dscf8827

伊志嶺、必死でチャンスを掴め!
Dscf8829

今日も勝った!
Dscf8833

連勝は格別ですの〜〜
Dscf8834

今日は中後にセーブをつけたいくらい
Dscf8840

そのくらい見事な火消しでした
Dscf8849

Kスタの雰囲気はいつも楽しい ありがとう、また来るよ
Dscf8859
Dscf8855
Dscf8858

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Kスタ開幕戦画像レポ 〜開幕第1戦編

Kスタでの開幕戦画像です。
いっつも画像レポする時思うんですけど、どのくらいの分量が適正なのか判らない・・・重くなりそうだから、とかなり絞ると、後で見返すと案外あっさり感があったり・・・本当は沢山載せたいのが心情なのですが、重すぎたら申し訳ないし、で良く判らない。

ま、悩むほど良い画像でもないので、適当に載せちゃいます。
まずは開幕第1戦から。

新幹線で移動。Kスタは車で行く事が多かったのだけどやっぱり鉄道が良いな
Dscf8429

仙台駅は開幕ムード一色
Dscf8642

街も開幕ムード!
Dscf8430

さぁKスタ わくわくします
Dscf8435

初代イーグルスGMマーティー・キーナート マー君にどんだけ弱いんや
Dscf8439

選手にまつわる弁当とか楽しいですよね
Dscf8443

ちなみにこの2日間で買ったのはこの4つ あ、もちろん夫婦×2日=4コですよ
Bentou

Kスタの独特のデザイン好きですね〜
Dscf8445

今季も内村は躍動しそう
Dscf8451

ホセみたいにパリーグ内を点々としている選手も珍しい 目指せパ6球団制覇!
Dscf8459

胸に燦然と輝くキャプテンマーク!
Dscf8462

ニヒルな男が帰って来た
Dscf8468

開幕直前に何やってんのだあんた達は ちなみに投手はサブロー
Dscf8469

試合前セレモニーでは本物のタカがバックスクリーンから降りたちました!カッコ良かった
Dscf8476

開幕スタメンを掴んだ清田
Dscf8479

ホワイトセルは一人試合前にウォームアップに励む こういう姿を見ると応援したくなりますね
Dscf8493

両者、開幕カードの結末を果たして予想出来たかどうか
Dscf8495

マー君はこういう試合は必ず勝つと思っていた 思えば周りのこういう無責任な期待が重すぎるのかも知れない
Dscf8498

シーズン最初の打席に挑む二人
Dscf8505

先制打のホワイトセルと陽気なホセ
Dscf8509

”キャッチボール要員”となってしまった伊志嶺、何を思う
Dscf8512

創造電力ビジョンの成績表示はより詳しくなった
Dscf8543

この日のマー君はこういうシーンが多かった
Dscf8556

この二人が外野を守っていた時は安心していられたなぁー
Dscf8557

すっかり1塁が板に付いてきた?
Dscf8558

相変わらず真っ黒のライトスタンド
Dscf8564

加藤大輔の”復活”は嬉しい
S0068571

益田、プロ初登板!
Dscf8585

見事に抑えた!!
Dscf8592

た、田淵に後光が・・・何を意味するのか?
Dscf8596

・・・・・。
Dscf8602

開幕勝利!!
Dscf8614

成瀬自身も初の開幕勝利!!
Dscf8627

まずは初日終了・・・・
Dscf8639

うーん、やっぱり重いかなあ・・・。
懲りずに開幕第2戦も別エントリー行きます〜。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

珠玉のルーキー達 E2−4M

藤岡、期待通りのプロ初登板初勝利!
開幕3連勝は55年ぶりって・・・イメージ湧きませんね。
ニッカン式スコア

今日は9番センターに伊志嶺を持って来ました。理由が怪我でないとしたならば、打率が2割を切る程でない限り”守備枠”で岡田は外してほしくないというのがホンネなのですが・・・
その伊志嶺に初日が来たと思ったら怒涛の猛打賞するのですから采配の勝利と言うべきでしょうか。
特に2安打目の2塁打がかなり良い形でしたので、伊志嶺のバッティングはもう心配ないかも知れませんね。
伊志嶺に代わり開幕から1番に入る清田にも初日が訪れ、マルチを記録。うーん、これは・・次のオーダーが難しいですね。外野を岡田伊志嶺清田で固められれば一番良いのですがそうするとサブローがはじかれるし、DHにしたらしたでホワイトセルがはじかれる。
大松は10の1、1割ですが内容は良いですし、ああ、早くも悩ましいです。これで荻野貴司が復帰したらどうなってしまうのか。

さて、今日は何はなくとも藤岡でした。正直言って驚きません!だってこの位の能力はある選手ですから。それでも最初は硬い感じがしましたし、6回くらいからややバテた気もしますが、根元のエラー(記録は遊ゴロ)で失点した後の聖澤への投球は凄かったです。球速が明らかに上がり、ストレートで攻めまくった後に最後にスライダーで力ない投ゴロ。前の打席でストレートに手が出ず三振している聖澤を手玉にとりました。やっぱり並のルーキーではありません。
プロのローテに慣れてくればさらに本来の投球が出来るようになるでしょう。何より、初登板や2連勝で来ている事にプレッシャーを感じるどころか「(55年ぶりを新聞で知って)達成したいと思った」という所に非常に頼もしさを感じます。怪我なく一年間投げてくれれば、結果はついてくるでしょうし、新人王はもちろん、最多勝争いが出来る投手だと思っています。

しかし、この開幕3連戦はルーキートリオがいなくては成し得たかったでしょうね。開幕から早くも3連投し2ホールドを記録した益田、昨日のスーパーデビューを飾った中後、そして藤岡。
素晴らしいルーキー達です。この3人がいなかったらひっくり返されてKスタの悪夢再び、となっていたかも知れません。
忘れちゃ困る鈴木大地も必ず出番が来るでしょうし、それまでファームで牙を研いで欲しいですね。

しかし手放しで喜んでいる訳にもいかず、心配は去年までの伊藤ちゃんに益田がならないかであり、勝ちでも負けでも益田益田マスダ益田、にならないようとそればかりを願っています。
今日の登板はブルペンを見渡すと益田以外ないでしょうし仕方ないと思いますが、中郷にはもっと安定感を増して欲しいし、何より伊藤ちゃんの不在とロサの不調がこのまま続くようだとかなり厳しいです。益田は馬力型だと思いますし、中後と共に必ず疲れや不調が訪れるでしょう。その時に伊藤ちゃんやロサ、そして荻野忠や内に戻って来てもらわないと・・・!

次は一日開けてライオンズ戦ですね。西武ドームは私の地元みたいなものですから、勇んで参戦してきます!仕事早く片付けないと・・・。
先発はグライシンガーでしょうが、是非好投して獲得に疑問な私をホワイトセルに続いて「ごめんなさい」と謝らせてください〜!

☆なんで報道陣はウィニングボールをかじらせようとするのだろう?
☆イーグルスは松井稼頭央の不在が思いの外痛く、ショートは西村・阿部・枡田とまだまだ弱い。サード銀次も打力優先でしょうが守備はかなり不安があり、しばらくはイーグルスファンも頭の痛い時期が続くかも知れません・・・。
☆加藤大輔が頑張っている。オリックスルーキーの時から投げっぷりが好きな投手だった。戦力外になった時にマリーンズに獲得して欲しかったんだよな〜。一年結果を残して欲しい。

★F0−1L
ライオンズ、一矢報いる。抑えのゴンザレスが今日は抑えたみたい。ライオンズは後ろの投手陣がキモだと思っているので、注目したい。
★H5−1Bs
新垣が復活の完投勝利!涙を見せたようだけど、感極まったのだろう。沖縄水産時代から好きで、プロ初勝利はマリンスタジアムでのマリーンズ戦だったのだけど私は初勝利が観たくて球場に駆けつけた。後にも先にもマリーンズ負けて、と思ったのはこの試合だけ。ドラフトの悲劇から始まり他にもいろいろとあった選手だけど、復活は素直に嬉しい。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »