« ブルペンを壊す気か M1−3Bs | トップページ | 期待通りの投げ合い、今季一番嬉しい勝利 H1−4M »

2012年4月13日 (金)

投手陣の忍耐は続く・・ H1−1M

成瀬好投報われずドロー・・・。
ニッカン式スコア

先発の成瀬は制球良く、低くかつ左右にきっちりと球を散らし、危なげないピッチングでした。7回裏、味方が1点取った直後にペーニャにストレートをライトスタンドに運ばれ、悔しい1失点。外角一杯を狙ったボールがやや中に入り、甘いと言えば甘いボールでしたがあれをライトスタンドまで運ばれてはもう仕方がありません。成瀬は責められませんね。内容としても今季3試合目で一番良い投球だったと思います。しかし8回を1失点に抑えても勝てないのが今のマリーンズ。

打線は、1番に伊志嶺、2番に久しぶりに岡田、オープン戦以来?9番に塀内を持ってきました。ホークス先発の摂津は私が知るかぎり先発転向してから(マリーンズ戦では)一番悪く、球は抜ける、高めに浮くでヨタヨタのピッチングでしたがマリーンズ打線が打てなーい。とにかく打てなーい!
ランナーはちょろちょろちょろちょろ出すものの、ここ一本が出ません。挙句の果てに終ってみれば摂津から6 2/3回で9三振・・・うーん、情けない。なんというか、各打者「失投を仕留める」事が出来ませんね。甘いボールは沢山あったのに、きっちり捉えていたのは井口くらいでした。この勝負弱さを何とかしないと、投手陣にかかる負担は増える一方です。

10試合を終えて、先発は6回より前に降板したことはなく、最大失点も唐川の8回1/3で4失点というもの。これは8回まで無失点でした。内容からしたら、極端な話をすれば10戦10勝してもおかしくない数字です。
一方の打線は10試合で24得点。得点には相手エラーも絡んでいますし、実質タイムリーなどで取った点は20点を切っているでしょう。とすると、1試合で2点が精一杯。単純計算で投手陣が9回で1点に抑えないと勝てない、ということです。
益田中後の負担は言わずもがな、先発だってこれから先バテるでしょうし、それまでに打線が上向かないと大変な事になってしまいます。

4番のホワイトセルは今日とうとう試合途中で代打を出されました。大松も期待は大きいものの、自分のタイミングで打てず低打率にあえぐ日々が続いています。伊志嶺と清田に至っては競うどころか、共倒れの様相すら出てきました。
そんな中、今日は岡田の存在感が大きかったですね。1塁走者にいれば井口のヒットで一気に生還、同じく1塁から井口の浅いセンター前ヒットで3進。5打席目では絶妙のセーフティバントと、守備力に加えやはり足を考えても外して欲しくない選手です。
ペーニャの同点弾に象徴されるように大きいのが打てる選手は魅力ですしいてくれた方がもちろん良いけど、現状でホームランを期待できるホワイトセルと大松が全く当たってない以上、機動力を加えるしかありません。

地蔵の様に動かなかった監督も昨日あたりからやっと野手を代えるようになってきました。ホワイトセルの代打もいきなりかよ!と唐突感はあったものの、すっぱり代えた事は評価したいと思います。とにかく現状の打線では結果が出ていませんから、いろいろと出来ることを試すことは恥ずかしいことでもなんでもない事だと思います。というか当然でしょう。
しかしながら投手陣の辛抱、忍耐の日々はまだまだ続きそうです。

さて、明日は唐川と岩嵜ですね。同じ千葉で凌ぎを削った二人です。唐川が成田高校で2007年選抜に出れば、夏の甲子園キップは市立船橋の岩嵜が手にしました。きっと対戦したこともあるのではないでしょうか?千葉から遠い福岡の地での初対決、これはこれで楽しみにしたいと思います!

☆9回1死1,3塁、福浦の浅いレフトフライで3走岡田のタッチアップにストップがかかる。次はヒットを打っているサブローだし、突入か自重か判断はとても難しいけれど、私は突っ込むべきだと決して結果論ではなく思いました。試合時間から言っても延長の目はなさそうな9回、チャンスもそうそうありません。
レフトのペーニャの守備力、捕った時の態勢を考えると行っても良かったのではないかと。でも、ここはどちらも正解な気はしますし、難しい。
☆塀内の3打席目に根元が代打。なら最初から根元でいいじゃん、と思ったのは私だけ?根元の動きを観ているともう大丈夫そうですね。

★F1−2E
二度目のマー君と斎藤佑樹の投げ合いは今回もマー君が勝つ。まあしかしもうこの二人の対決とか関係ないかな。マー君にとっては今季初勝利の方が大事だったろうし。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

|

« ブルペンを壊す気か M1−3Bs | トップページ | 期待通りの投げ合い、今季一番嬉しい勝利 H1−4M »

コメント

成瀬投手は頑張ってくれました。
何とか先制点は与えないという
気持ちを感じるピッチングでした。

外国人選手に外角ストレートで良かったのかなと
1打席目の三振取ったコースの方がと考えましたが
まぁこれは結果論ですね。

しかし1点が致命的になるのは投手は大変ですな
(そう考えるとグライシンガー投手の2試合は
凄いなとリスペクトです)

今日の攝津投手の出来は
僕も良くなかったと思っているだけに
それで1点がやっとなので
明日も得点は多くは望めない状況ですので
唐川投手に期待するしかないかなと

投稿: マットゥン | 2012年4月13日 (金) 23時11分

決して成瀬を責めてはいけない内容でしたが、やはり神ピッチを展開すると一発食らいますね(涙)。打ったのが伏兵ではなく、怪力ペーニャだったのが救い?です(苦笑)
惜しむらくは、ストライク勝負してしまったことでしょうか?マリーンズ打線がよくやられる、ボール球を振らせる術を取り入れて欲しいですかね〜(それで打たれたら諦めつきます)

心配なのは、伊志嶺です。覇気を感じませんし、最後は守備まで交替になりましたね。見逃三振が多いのが気になるし、好きな選手だけに心配です…昨年はショート不在に泣きましたが、今年はまさかの無双だった外野が安定しません。大好きな荻野が復帰すれば、すぐにポジション取りそうなのですが、それはそれで複雑なものがあります…

岡田の躍動感が貴重な癒しですか、最後のタッチアップ自重は私も家で叫んでしまいました「なんで行かへんねん!?」(爆)

投稿: トマト | 2012年4月14日 (土) 07時41分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

成瀬はエースの投球をしてくれましたね。ふと思ったのですが成瀬って自分の調子でメンタルも変わりそうな気がします。調子が良いと大胆不敵な素晴らしい投球、悪いと気弱な投球・・・と。昨日は素晴らしい投球でした。
投手は我慢が続きますね。とにかく現状では最少失点に抑えていかないと苦しい。投げる方もしんどいとおもいます。いやはや、グライシンガーは本当に大したものです。
今日も唐川に期待ですね。おんぶにだっこか。

投稿: BJ | 2012年4月14日 (土) 11時49分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

成瀬、一発だけ残念でした。でもおっしゃるようにペーニャに打たれたので諦めもつきますね。やっぱりパワーあるなあ。カブレラがいないことなんてなんにも気にならないですもんね。ボール球を振らせる、というのは同意です。昨日は調子が良いこともあってストライクゾーン勝負しちゃったのかなあ。疲れもあって中に入ってしまったというのもあるでしょうね。
伊志嶺はかなり心配です。ほんと、覇気を感じません・・・・清田と伊志嶺の使い分けが下手なんじゃないですかね?オープン戦で伊志嶺に固執したことが二人共殺してしまったのではないかと疑心暗鬼です。荻野貴の復帰は私も考えましたが、即スタメン取れるような状態ならばそれはそれで複雑・・・ってトマトさんと同じ事言っていますね。
最後のタッチアップは行って欲しかったですねえー。勝てる試合だったし、成瀬を勝たせてあげたかったです。

投稿: BJ | 2012年4月14日 (土) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/44871886

この記事へのトラックバック一覧です: 投手陣の忍耐は続く・・ H1−1M:

» 井口先制タイムリーもニャルセの一発病で引き分け [いすみマリーンズ]
マリーンズ 000000100 1  ホークス  000000100 1 M:成 [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 00時05分

« ブルペンを壊す気か M1−3Bs | トップページ | 期待通りの投げ合い、今季一番嬉しい勝利 H1−4M »