« 投手陣の忍耐は続く・・ H1−1M | トップページ | おじさんクリーンナップもアシスト、藤岡完投勝利 H1−5M »

2012年4月14日 (土)

期待通りの投げ合い、今季一番嬉しい勝利 H1−4M

唐川、岩嵜ともに素晴らしいピッチングでした。ナイスゲーム!
ニッカン式スコア

千葉出身、高校生ドラフト1位同士の同級生対決となったこの試合、とても楽しみにしていたのですが期待に違わない好試合でした。
今日のエントリーは少々長くなってしまうと思いますがお付き合い下さい。

唐川は制球、球の質ともに素晴らしく全く危なげのない投球を展開します。7回2死から内川にヒットを許すまでパーフェクトピッチング。味方が初回に先制の1点を取った事が良かったのでしょう。最初から最後まで慎重かつ大胆に投げていたとおもいます。唐川、可愛い顔して度胸満点、負けず嫌いなのはみんなが知っていることですが、それを象徴したのが7回に内川に初ヒットを許した後の松中との対決。ずっとノーヒットピッチを続けてきた投手が初ヒットをきっかけにずるずると崩れることは良くある話ですが、この打席でも松中に粘られ、普通の投手ならば崩れてもおかしくない場面。2−2のカウントから首を振って緩いカーブを投げた所にシビれましたね〜。とても勇気のいることで、なかなか出来ることではありません。この1球に唐川の真骨頂を見ました。しかも最後10球目は外から入ってくるスライダー。松中は何も出来ず見送り三振となりました。
里崎のリードも秀逸で、ホークス打線に的を絞らせませんでしたね。投手がこういう出来だとリードする方も楽しいでしょうし、自身も早々と2安打している事で実に気分良くリードしてくれました。

里崎は最終回、無死1塁の打席で2度バントを失敗するのですが、その後は際どい球はカットして逃げ、最終的にはセカンドゴロ進塁打を放ったのですが、この打席は非常に感心しました。里崎がこういう打席を送ってくれるとチームがやはり締まります。結果的にダメ押し点に繋がりましたし、素晴らしい内容でした。

ホークスの岩嵜も素晴らしい投球。私の中では「速球派」でグイグイ押すというイメージが勝手にあったのですが、意外や制球力で打たせて取るピッチングスタイルなのですね。初回こそサブローに先制打を許しますが、ストレートは外角低めに決まるしスライダーも制球も良いしでやっぱり良い投手だなあと思いました。
勿体無かったのは1−0で投手戦を演じた8回。三塁走者に根元を置いて、岡田の空振りで飛び出した
根元を刺そうとした高谷の悪送球で2点目を許した直後でした。明らかに冷静さを失い、力が入りました。2アウトにはなっていたものの、この球ではいくら貧打マリーンズと言えどもプロ、たぶんここから追加点取れるんじゃないかな・・と思っていたら井口四球→サブローヒット→福浦タイムリーと、試合を決定づける3点目を許してしまいましたね。
我がマリーンズ打線には日頃情けなさばかり覚えるのですが、ここのシーンは(当たり前だけど)さすがプロだと思うと同時に、プロって厳しい世界だな〜と思いましたね。
福浦を追い込んでからひたすらストレート勝負に出たところに意地とプライドが見え、基本的にこういう投手は好きなのですけれど、プロで19年も飯を食っている福浦がさすがのバッティングをしました。

岩嵜はとても悔しい敗戦でしたでしょうけれど、今日の試合はとても大きな経験になったのではないかと思います。シーズン序盤でこういう試合を経験したことで、今シーズンまた飛躍するのではないかと思っています。岩嵜は入団から順調に少しずつ階段を登ってきているなあと観ていて、プロ選手の成長を知らせてくれているようで楽しみな投手なんです。今後に期待ですし、今年中にリベンジされてしまうかも知れません。

ちなみにスタメンマスクの高谷は苦労人で(高校から社会人野球に進むも怪我で退部→大学に入学しなおしプロへと至る)入団時から応援しているのだけど、今日は悔しい結果となりました。絶好のアピールチャンスだったのですが・・・プロの世界で、特に捕手でやっていくのは大変だよなあ〜と再認識しました。岩嵜が福浦にストレートを続けたシーンでは、投手の投げたい球を投げさせてやりたいのだろうなあ・・優しいなあと思いました。その優しさがアダとなってしまったのかも知れませんが、それがプラスになることだって多いでしょう。頑張って欲しいですね。

マリーンズの攻撃陣でも今日大きな動きがありました。頑として選手を動かさなかった西村監督、ホワイトセルを抹消し、待望の角中昇格即スタメンです。前に書いた事がありますが、角中は今年は開幕からシーズン最後まで1軍にいること!と私的勝手目標希望を持っていたので、キャンプ終了後に即ファーム合流となっていたことがとても納得いかず・・。神戸が復帰してファームの外野手不足が少しだけ増しになったこともあるのでしょう、やっと1軍昇格となりました。残念ながらノーヒットでしたが、9回先頭打者で四球を選んだ事は評価して良いかと思います。明日は左腕帆足なのでスタメン外してしまうのでしょうか?”旬”な選手をせっかく上げたのですから、明日も使って欲しい。
それにしてもホワイトセル抹消は昨日試合中か試合後に決めたのでしょうから、角中はかなり早朝に起きて福岡移動したのでしょうか?眠かったろうなあ〜。

ホワイトセルの代わりに4番にサブロー、大松を外して5番福浦となりましたがこれも順当でしょう。流れが少しですが良くなった気がします。
初回にこの変更が当たってサブローに先制タイムリーが飛び出しました。この先取点はとてもとても大きかった。(打線の援護がなく)おそらく苦しい試合になるであろうと考えていただろう唐川にとって、たった1点ですが大きな大きな援護となった筈です。

こういう動きとか試みはどんどんやって欲しかったですし、これからも柔軟にお願いしたいですね。福浦は自身のブログ

プレイボールから、
ゲームセットまで
グランドに立つことは、
諦めてません

と書いていました。なんだかこの言葉に感動してしまっていたので、今日のスタメンとタイムリーは嬉しいです。大松は今日で切り替えて、活躍を願いたいですね。

今日は先制、その後の投手戦を凌ぎ8・9回に追加点ととても理想的でした。9回、代走工藤の盗塁も良かったですし、やっとこさ期待している攻撃が出来つつあるかな、と思います。私個人的には初回無死1塁走者伊志嶺打者岡田の時にエンドランかけたのも嬉しかった(結果はショートゴロ、進塁打)。昨日も書きましたが、長打が期待出来ない(さらに数少ない大砲の二人が今日はいない!)以上、マリーンズの生きる道は進塁打を含む繋ぎと機動力を活かすことしかありません。明日の試合、特に内容に注目したいですね。

まだ11試合目ですが、今日の試合は今季ベストゲームでした。
明日は藤岡にプロ2勝目、そしてカード勝ち越しを!

☆小久保の1打席目、捕手前のボテボテのゴロに投げたバットが当たる。見た目は捕ゴロとなり特に審判からのジャッジも無かったように見え、球審にはちゃんと見て欲しいな〜と思っていたけど、記録をみたらちゃんと守備妨害となっていました。珍しいプレーですよね。
☆唐川と里崎の間にサイン違いがあり、ストレートのつもりの里崎に対してカーブが投げられる。高めに外れるゥゥ!と思った里崎がジャンプしたがボールがこず、落下していくとこにカーブが落ちてきて、里崎が着地する前に捕球する、という里崎らしからぬ軽やかな(でもなかったけど)プレーに笑ってしまった。
☆マリーンズベンチの西村監督が映し出されるたんびに後ろの広告の「インターネット詐欺」という言葉の「詐欺」部分が映る。昨日までの采配にブーブー言ってた私としてはあながちウソとも思えないシャレに見え、これまた笑ってしまった。

★F(6回試合途中)E
★L(雨天中止)Bs
大宮開催で西武球団はいろいろイベントも仕込んでいたみたいだったので、中止は残念だったでしょうね・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

|

« 投手陣の忍耐は続く・・ H1−1M | トップページ | おじさんクリーンナップもアシスト、藤岡完投勝利 H1−5M »

コメント

完璧な試合運びでしたね!唐川の投球は風格が漂い、大記録なるかとハラハラして観ていました。まぁ、安打許したところでこちらの肩の力が抜けましたが(笑)
ストレートの伸びは前からですが、スライダーにカットボール(?)が効果的でしたね〜。俗にいう、腕の軌道が同じなんでしょうか、タイミングを見事外していました。

スタメンが変わった中では、福浦の打撃、守備が美しく、まだまだ少しでも見ていたいですね〜。
角中は怪しい守備をしてしまいましたが、最後の四球は価値ありましたし、惜しいファール含めて期待高まりますね!

しかし、内川は大したものですね。ヒットもですが、好守備に盗塁まで!!なんとかせねばの気合いがみなぎっていました。さすが一流だなぁと感心してしまいました。

最後に根元。今頃高谷に早いお中元を持参していると思いますが(爆)、三塁で飛び出し実質アウトでした。あのような好ゲームだけに、集中力は切らして欲しくないですね〜(そして、松田も根元にホーム行かさないよう抱きつくんじゃない!)

投稿: トマト | 2012年4月15日 (日) 07時46分

ホワイトセルは殺人スイングで話題になっちゃいましたねぇ

下に落ちましたしなんか対策をしてまた上にあがって欲しいです

さて今日の新潟は快晴で絶好のセ・リーグ最下位攻防戦日和です(笑)

横浜ブランドル、巨人宮國の先発

宮國はいいとしてブランドルは当日券購入意欲を無くす予告先発だなぁ

因みにこの両投手 昨年アルビとの試合に先発してるんですよねぇ

ブランドルは昨年後期から不動の4番に座ってる選手に3ラン浴びてました

ヤクルトは松山で大勝してますんでパターンから行くと今日は打線沈黙パターンか

しかし松山の観客少ないなぁ

松山はオープン戦だけにして公式戦は毎年新潟に回して欲しいくらい(笑)

投稿: 佐藤 | 2012年4月15日 (日) 08時11分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

唐川は何かやってくれそうな雰囲気があるだけに、完全試合やノーノーは達成してもおかしくないと思わせるものがありますね。
初ヒットは内川か小久保かなあと思っていました。その内川が即盗塁を仕掛ける、クリーンナップでも走るところがホークス野球の良いところです。
福浦はやはりまだまだ観たいです。すべてが美しい・・・。角中はヒット1本でも打っておきたかったですね。
根元は危なかった・・(汗)たぶんゴロゴーかギャンブルスタートの指示が出ていたのかな?と思いますが、危うく「戦犯」になるところでした。守備は落ち着きが出てきただけにボーンヘッドで評価を下げるようなことがあったらもったいない!

投稿: BJ | 2012年4月15日 (日) 13時20分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

ホワイトセルのは連日だったというだけでなんかマスコミも面白半分に書いててちょっとどうかと思うんですけどね~。
今日の新潟の試合は気持ち良いだろうなあー!エコスタは青空が似合いますよね。それどころか日焼けしそう(笑)ブランドルは別として、宮國は楽しみです。
スワローズ、大量得点はかえって心配ですね。松山、一万4千か~もう少し動員が欲しいとこですね。でもあそこも一度行ってみたいところです。

投稿: BJ | 2012年4月15日 (日) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/44882781

この記事へのトラックバック一覧です: 期待通りの投げ合い、今季一番嬉しい勝利 H1−4M:

» 唐川7回までパーフェクトピッチングで2勝目!岩嵜翔との投げ合いに勝つ [いすみマリーンズ]
マリーンズ 100000021 4  ホークス  000000010 1 M:○ [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 23時58分

« 投手陣の忍耐は続く・・ H1−1M | トップページ | おじさんクリーンナップもアシスト、藤岡完投勝利 H1−5M »