« だんだんと投打かみあうマリーンズ M6−4L | トップページ | 昨日の勝利がかすむ、見所ない敗戦 F5−1M »

2012年4月24日 (火)

今日のしんどい試合を取ったのは大きい F1−2M

良くぞ勝った!の一言。
ニッカン式スコア

先発のグライシンガーは二週間ぶりの登板となった事で少し心配でしたが、ストレートにとても威力がありました。最速144km(たぶん)のストレートを軸に、チェンジアップ、カーブを低め、左右にコントロール良く制球します。
初回こそ中田にコンパクトにセンター前に弾き返され1点を失いましたが、これは仕方無いかな。打率が2割を切っている4番(嫌味ではありません)でもこういう時にコンパクトにヒットが打てる。やっぱりファイターズは強いなあと、打たれたグライシンガーよりも打った方を褒めたくなる先制でした。

一方、マリーンズは多田野を打てなーい。ちょろちょろちょろとヒットは出るものの、とにかく打てなーい。追い込まれると厳しい、というのがあるのでしょうが全般に早めの勝負でさくさく凡退。
多田野にあわやノーヒットノーラン、といういつぞやの悪夢を思い出しました。

特に今江はお約束の「初球打ち」を3打席続け、全て引っ掛けての凡退・・・・。まあー、初球打ちは今江の代名詞でもあるし、不用意に投手が投げた甘い初球をヒットしたりホームランしたりするのも見てますし、これが今江らしさでもあるので「やめろ」とは言わないものの、難しい球に手を出すのは我慢して欲しい・・。

そんなこんなで迎えた6回、岡田の内野安打を角中が送り、根元が追い込まれながらも見事なタイムリー!インコースに入る緩いフォークを突っ込まず、じっとタメて振りぬいた見事なヒットでした。

多田野は7回で降板、宮西に繋ぎますが、この降板は意外でしたねー。まだ66球でしたし、マリーンズ打線は合ってませんでしたから・・。宮西も打ち崩すのは難しい投手ですが、今日に限ってはマリーンズ打者は「やった!」と思ったのではないでしょうか?
さらに言うと、この早めの継投に栗山監督の「勝つ」というよりもこれ以上点を取られたくない、いわば「引き分けでもいい」という考えを感じ取ってしまったのは私の考えすぎでしょうか?積極的な継投というよりは消極的な匂いを交代に感じました。

その宮西は1死から岡田に死球を与えたのが痛かったですね。その後、角中の打席で1-2から岡田がスタートすると、角中は顔付近に来たストレートを上からバキン!と叩き、ライト前ヒット。悪球といえば悪球ですが、上からしっかり叩いた為にヒットとなりました。角中は今日2安打、スイングが速い!振れてます。1死1・3塁にチャンスを広げ、続く根元が見事に今日2点目の勝ち越しタイムリー!うおー!勝ち越した!というか勝ち越せた!

グライシンガーは7回、先頭稲葉にいきなり3塁打されノーアウト3塁のピンチを迎えますがここで良く踏ん張りました。続く8回にランナーを二人残して降板しました、本当に良く投げてくれました。後を継いだ中後が糸井に死球で1死満塁としてしまいますが(糸井大丈夫かなぁ)ヒットよりは良かったかも・・。
ここで、登板した益田が素晴らしかった!1本のヒット、四球、外野フライ、ボテボテの内野ゴロすら許されない場面で・・というかそのくらいはしょうがない場面で中田、稲葉を完璧に仕留めました!うーん、本当に素晴らしい・・・。益田の投球は惚れ惚れしますね。今季いなかったらどうなっていたか、とまたしても考えてしまいます。9回を薮田が今日は3人で抑えて勝ちましたが、セーブを益田にあげたいくらいの投球でした。

ファイターズとの試合はやってる方も観ている方も、どうしてもこういう苦しいしんどい試合になりますね〜。しかし、今までであればこういう試合をモノにするのはファイターズと相場が決まっていました。今日のマリーンズは先発が先制を許しても後を踏ん張り、打線が少ない好機をしっかり活かし、盤石の継投で試合を取りました。ファイターズには今季早々と3連敗していましたし、今日この試合を取ったということは1勝以上の重みがあると思います。選手達も「こういう試合でも勝てる」と自信になったのではないでしょうか?手応えのある勝利だったと思います。

明日のペン東京ドームはかなり狭く感じるでしょうね〜。グラはいわば「庭」でしたから慣れていたのでしょう。ペンも、球場の狭さは気にせず自分の投球をして欲しい。
八木との対戦はいつ以来か思い出せませんが(3,4年前の雨のマリン以来かな?)打線は大振りせず、ペンを援護して欲しいです。まずは勝ち越しを決めちゃいましょう!あ、明日は左腕だけど角中と岡田は外さないで!

☆今日は途中からセカンドに塀内が入り、その後早坂がセカンド、塀内が1塁に入る。井口の交代が怪我でないことを祈りますが、やっぱり井口の”絶対固定フルイニング出場”がないと、こんな感じでかなり自由度が増します。どんどんベンチにいる選手を動かして風通し良く行きましょうよ!

★E4−0Bs
★H1−0L

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« だんだんと投打かみあうマリーンズ M6−4L | トップページ | 昨日の勝利がかすむ、見所ない敗戦 F5−1M »

コメント

やっとハムさんちに勝てました。
そしてビジターいまだに負けなし!
ここまで続くと空恐ろしくなってきます。


今夜もまた頑張る益田くん!
今日本屋さんで立ち読みしてて(すみませんもうしません)、某週刊誌に益田くんを見いだしたスカウトさんの談話を見つけたんですが。
見いだした下敷領さんぐっじょ~ぶ!


もし益田が頑張ってマリーンズが上位で終われたりしたら、選手もだけど下敷領さんにも何かあげてほしいです(爆)


そして岡田→角中のエンドランで1、3塁(笑)
ヨシヒコさんの秘蔵っ子たちの、これは十八番ですね。
(浦和でよく見た光景。)


明日は休日なので(体力が続けばだけど)昼は浦和夜はドームのWヘッダーをやってみたいです(爆)

投稿: てんとう虫 | 2012年4月25日 (水) 01時40分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

ビジター負けなしは凄いですよね。かと言ってホームでも勝っているので外弁慶でもない・・
益田は私かなり好きですね〜。ルーキー同士で比較する必要ないですけど、中後より益田が好きだなあ〜。もちろん中後も好きですけどね!
スカウトの話は週刊◯代ですね。私も読みましたよ〜。週刊現◯は去年暮れあたりからプロ野球の面白いルポが定期的にあって、かなり楽しいです。私も大きな声じゃ言えませんが立ち読み(すみません)が基本なので、たまに読めないまま週が変ったりして悔しい思いしたりしてます。
下敷領にもオフにご褒美ありそうな気がしますけれどね〜。でもスカウトからしたら、ご褒美よりも見出した選手の活躍が何より嬉しいでしょうね。良くぞ益田を探し、獲得してくれました。
浦和→ドームのWヘッダーはどうなったのでしょうか?かなり気になります〜

投稿: BJ | 2012年4月25日 (水) 19時41分

本日(水)高津アルビ初勝利をホームの三機スタジアムで飾りました

群馬相手に15安打12対1で大勝

先発は投手不足を露呈する形か志願かはわかりませんが開幕から中3日で寺田

初回味方のエラーとヒットでピンチを迎えますが抑え結局7回1安打8奪三振で勝ち投手に

2番手は清水

味方エラーから内野ゴロ、ワイルドピッチ、内野ゴロで1失点もヒットや四球出しての失点ではないしナイスピッチングでしょう

3番手間曽も1三振ノーヒット無四球で終了

打線はホームランこそ出なかったものの2ベースを増産して15安打と爆発

石川のレベルが高すぎるだけなのか群馬の投手打線が弱いだけなのかなんとも言えないけど、とりあえず開幕2連勝してる群馬を破り初勝利でした

打線は安打製造機の稲葉が開幕から相変わらず調子良いなぁ

日ハムの稲葉も今日は固め打ちしましたがこちらの稲葉も5の4でした

次は土曜、他地区なのにまた石川と体制(苦笑)

石川は育成からきた投手で今日も勝ち3連勝

あの球団はやっぱり反則です(笑)

とりあえず新潟は群馬、信濃と同地区なんでこの地区でしっかり勝ちぬくことが求められますね

投稿: 佐藤 | 2012年4月25日 (水) 22時34分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

初勝利ですか、おめでとうございます!
大勝って、勝つ時はこんなものですね。中3日の先発は志願だと思いたいですね〜。
もしくは高津の愛のムチか。投球内容も良かったみたいですし、本人にもチームにも大きな1勝ではないでしょうか?
清水もしっかり投げてくれたようですし、嬉しいですね。
石川のレベルはやっぱり高いというのはあるでしょうね〜。でも前にも書きましたが、BCリーグ界のジャイアンツ、ってことで!ヒール役も必要ですよ。育成から来た投手で勝つあたりもジャイアンツっぽいじゃないですか(笑)
昨日は高津監督すぽるとに出てましたね。大変やなぁー。自分の登板出来るのかなあ。

投稿: BJ | 2012年4月25日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/45012703

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のしんどい試合を取ったのは大きい F1−2M:

» 4/24、【F-M】4終盤のチャンスを活かせず連勝ストップ・・・ [やっさん日記]
今日からは東京ドームでの千葉ロッテを迎えての主催ゲーム3連戦。 まずその初戦の先発は、北海道日本ハムが多田野投手。千葉ロッテがグライシンガー投手。 【1回表】 まず多田野投手の立ち上がりは、角中選手をセンターフライ、根元選手を空振り三振で二死とすると、次の井口選手にはセンター前にヒットされるも、ここは続くサブロー選手を見逃し三振で切って取り、初回を無失点での立ち上がりとした。 ..... [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 02時10分

» 東京ドームで根元2打点!益田好リリーフ!4日で首位奪還 [いすみマリーンズ]
マリーンズ  000001010 2 ファイターズ 100000000 1 M: [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 01時44分

« だんだんと投打かみあうマリーンズ M6−4L | トップページ | 昨日の勝利がかすむ、見所ない敗戦 F5−1M »