« 浦和マリーンズも頑張ってる!秋季練習に行ってきました。生山は壮絶な・・ | トップページ | 晃多育成契約の影で・・さよなら、ダース »

2011年11月 7日 (月)

4年目を迎える育成選手達に明日はあるか。

(※当初のUP後、当記事を若干修正しました)

今日11月7日付けで育成選手の契約保留選手、自由契約選手が発表されました。
マリーンズでは

契約保留選手:
黒沢、林彦峰、山口、石田、蔡森夫

自由契約選手:
木本、鈴江、西野、角、生山、吉田

となっています。
契約保留選手はつまり来年も契約しますよ、という選手。自由契約はそのままの意味です。ええ!?と思う所ですが、

日本プロ野球育成選手に関する規約
第10条 (育成選手の在籍期間)
(日本プロ野球選手会公式ページより)
では以下のように定められています。


育成選手として入団後 3 年間(3 シーズン)育成選手として在籍をした者が、当該球団から翌年度の支配 下選手として選手契約を締結されない場合(原則として 10 月末日までにその旨本人に通告するとともに開示手続きをとる。)には、11 月末日をもって自動的に自由契約選手となる。ただし、この規定により自由契約選手として開示された者について、当該球団を含む各球団が開示日の翌日から支配下選手または育成選手としての契約交渉を行ない契約を締結することは差し支えないものとし、以降も当該選手に関しては 1 年(シーズン)毎に同様の手続により契約することができる。

② 球団は、育成選手の翌年度の契約保留者名簿を 10 月末日までにコミッショナーに提出し、コミ ッショナーはこれを開示する。この場合、保留者名簿に登載されなかった者については自由契約 選手となり、開示の翌日(11 月 1 日)からはいずれの球団とも支配下選手または育成選手として 契約できる。


・・・つまり、育成選手として3年間過ぎた選手は11月末には自動的に自由契約となってしまうのですね。11月末という部分が必要なのか良くわかりませんが、要は3年経ったら一旦自由契約になりますよ、という解釈で良いでしょう。ああ、こういう「固い文書」って苦手。
今年は戦力外通告は育成では吉田にしかなされておりませんので(逆に言うと吉田だけ、というのが悲しい)、基本的にここに挙げた選手たちも来年はマリーンズと契約とかわすと言う事でしょう。

・・・しかし、育成選手として3年を過ごし、さらに4年目に突入・・・という選手たちのモチベーションの低下は心配です。いつまでも先が見えない・・・年俸だってほとんどの選手が育成選手の最低年俸である240万です。身体が資本の野球選手、いくら寮があるとはいえ食事にも気を使うし、ジムに通う必要もあるでしょう。税もあるし月20万弱ではかなり厳しい。(アルバイトなんてしている余裕ないでしょうし・・・オフシーズンに少し出来るかどうか、という所でしょう)いくら「夢」があると言っても、支配下にすらなれない状態で3年以上を過ごすのはきっと想像以上に過酷だと思います。
それでもファンとしては「頑張ってくれ」としか言えないのが辛い所ですが・・・。

限られた支配下枠、来年のオフは4年目を終えた育成選手達の大量解雇が予想されます。くれぐれも、球団には「単なる使い捨て」で扱って欲しくありません。シリウスでもフューチャーズでも良いですから、なにより試合出場機会を増やしてくれるよう願います。

・・・ところで、上記規約で気になるのは
「この規定により自由契約選手として開示された者について、当該球団を含む各球団が開示日の翌日から支配下選手または育成選手としての契約交渉を行ない契約を締結することは差し支えないものとし」

「保留者名簿に登載されなかった者については自由契約選手となり、開示の翌日(11 月 1 日)からはいずれの球団とも支配下選手または育成選手として 契約できる。」
の部分。
今年は震災の影響でCSも遅くなりましたので開示が11月1日でなくCS終了後の今日になったのでしょうけれど、これ、つまり他球団も明日から自由契約選手に対して契約交渉を行うことが出来る、という事ですよね?(こういう契約書の読み込みに強い方、指摘ありましたらなんなりと!)もっとも、球団間の仁義もありますし、マリーンズも明日に即契約を結ぶのでしょうから実際は有り得ないのでしょうけれど、例えば明日朝イチにでも興味を抱いた球団が「試合出場機会増の確約」をもって契約を申し込んだとしたら?・・・移籍する選手が出てくる可能性も0%ではありません。複雑だけど、なかなか出場機会の恵まれない選手にそんなチャンスがやってくるのもいいな、なんてありえないシナリオを夢想してしまったりもします。

頑張れ、育成選手!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

|

« 浦和マリーンズも頑張ってる!秋季練習に行ってきました。生山は壮絶な・・ | トップページ | 晃多育成契約の影で・・さよなら、ダース »

コメント

大変気になってた情報です。解説ありがとうございます。
昔は高卒でプロに入って「大学行ったつもりで4年間は基礎」なんてのんびりしてたけど…
なので若い選手は育成4年目ていってもまだ希望もってられるかもしれませんが。

なんとかチャンスつかんで将来につなげてほしい。

マリーンズについては、各選手かなりチャンスもらってるほうだと思います。

ただ、活躍してもなかなかフロントおよび一軍首脳陣の目にとまらないシステムが気になります。

モチベーションといいますが、肝心なところはそこだと思います。
今回のドラフトでは育成選手の指名を見送りましたし、今後の育成システムのあり方になんかネガティブなものも感じます。

投稿: てんとう虫 | 2011年11月 8日 (火) 00時26分

難しいシステム・・・。おつむの弱い私にはよくわかりません(笑)。がしかし解説によりわかるようになりました。ありがとうございます。
吉田以外は基本的に再契約、という感じなんでしょうね~。角や生山はいないとファームが試合できないと思われますし、西野や鈴江をここで手放すのもちょっと、という感じです。今年はFA補強もなく、現有戦力の底上げ、という部分ですので、育成選手の支配下チャンスとも見ています。1軍で見たいと、そういう気持ちでいっぱいですね!

投稿: tomten | 2011年11月 8日 (火) 09時24分

詳しいところまで調べてくれて分かりやすっかたですし、また一つ野球界についての勉強が出来て良かったです。

今年はドラフトで内野手は一人しか獲ってないですから角は大丈夫だと思いますが、飽和の外野手とベテランが多い投手のところに該当する選手は厳しいものかなと。

個人的にはロッテお得意の、他球団の格安ロートル複数獲得は止めて欲しいですね。
かつての、秦・浜名・波留のように。

投稿: 鮫 | 2011年11月 8日 (火) 12時31分

今でも3年たったら一度自由契約になるんですね。解説ありがとうございます。

角選手は春ごろイースタンの首位打者になり月間MVPも獲って、生半可な支配下選手よりすごいのに、なぜ支配下登録しない!と登録期限の迫ったころ思ってました。活躍してもなかなか首脳の目に留まらないとはいっても、ここまで顕著な成績を出しているのに~。「すみ」だからってすみに置いていてはもったいないですよ。

他のチームが育成契約期限切れを狙ってくるかもしれませんね。うちのチームで支配下になるのが理想ではありますが、本人の野球人生を考えるとそれでも仕方ないかなと思います。

高卒で育成選手になって3年以内で支配下登録を勝ち取れば大卒よりも早いですが、ほんの一握りしか支配下になれないことを考えると、大学や社会人でプレーする方が良いのかもしれません。高卒で育成ドラフトにかかるということは、支配下ドラフト下位指名の選手にその時点では及ばないにしても準ずるレベル、大学や社会人で頑張ればトップになれるレベルでしょうから。

自分の選択と精いっぱいやった3年間を後悔してはいないでしょうけれども、頑張って結果を出した選手に一日も早く朗報が来ることを願っています。

投稿: ぷりな | 2011年11月 8日 (火) 17時19分

育成選手をとりあげていただいて嬉しいです。
どうやら角くん以外は育成4年目の契約更改したよう
ですね。角くんは・・・?ロッテで支配下か?
はたまた他球団がかっさらっていく可能性も???
育成で4年目って本当にしんどいですよね・・・。
でもエリートで支配下でぬくぬくやっている選手よりも
雑草でも育成で精神力つけてはいあがっていく
選手のほうがたくましく強い選手、そして魅力ある
選手だと思います。
ともに今後を見守っていきましょうね。
(過去ログも見させていただきましたー☆今後も
生山くんをよろしくお願いします!)

投稿: かえで | 2011年11月 8日 (火) 19時42分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

支配下選手ならば1軍の椅子だけを目標に頑張れば良いのですが、育成選手はまず「支配下」という関門がありますからね・・・しかも支配下「枠」というハードルまでついて。それを乗り越えるのが育成だろう、と言えばそうですけどね・・・。ほんとうに、チャンスをなんとか掴んで欲しいですね。
ファームの選手の「お呼び」の鈍さは前からてんとう虫さん指摘されてますよね。私も同感です。これもおっしゃっていましたが、ファームでの起用法と上での起用法がまるっきり違うなんてのも目立ちますし、その当たりを改善しないことにはせっかくの「原石」も原石のまま・・・。来年はもう少し風通しよく願いたい所です。
今後の育成にかんするネガティブな印象は私も抱きました。縮小の方向に行くのではないか、しかも発展的解消というよりは後退霧散、という感じ。心配です。

投稿: BJ | 2011年11月 8日 (火) 22時54分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

なーんでこう契約書とか規約ってお固いのでしょうか。しかもよくよく読むと文章も変なとこあるし・・・。10月末までに保留者名簿出せ、となっているのに11月末が3年目終えた選手のメド、とかよくわかりません(汗
ファームの野手の薄さ、生山や角がいないと確かに試合が出来ない・・今季なんてスタメンに捕手5人てありましたからね(爆)
西野や鈴江をこのタイミングで手放すのもナンですよね〜期待があるからこその育成4年目なんだと思ってはいます。おっしゃるように今年は目立った補強はドラフト以外なさそうですし、数は多けれど層は薄いですからチャンスはありそうです。頑張って欲しいです!

投稿: BJ | 2011年11月 8日 (火) 22時59分

>鮫さん
コメントありがとうございます。

こういう情報こそ、NPBなんかには説明して欲しいのですが・・・立派な公式サイトもある訳ですし。この時代に情報不足ですよね。
角はもちろん残ってもらわないと困りますね!もしこれで戦力外なんてあろうものならばさすがにファンも黙っていないでしょう。
>ロッテお得意の、他球団の格安ロートル複数獲得
いやあ、これまさに暗黒マリーンズの象徴でしたよね。こういうトレードの発表がある度に頭を抱えたものです。しかし、節約路線に拍車がかかりそうですし、今後充分ありそうな気がします。寂しいですが期待はしないでおいた方が良いのでしょうかね〜。

投稿: BJ | 2011年11月 8日 (火) 23時04分

>ぷりなさん
コメントありがとうございます。

昔は3年経ったら強制戦力外で終わり、でしたから再雇用の道が出来てまだ良かったのでしょうね。
角の支配下見送りは全く理解出来ませんでした。枠も空いていたし、支配下登録期限とトレード期限も同時でしたから登録した所でなんの問題もないのに・・と。名前が原因だったら「中」とかずばり「枠」とかに改名も・・・うぅ、すみません。
他の球団で食指を伸ばしてくるところもあるんじゃないかな、とは思います。どうなるかはわかりませんけれど、今年も「お預け」するくらいなら他球団で支配下の方が良いですよね。
高卒で育成よりも大学や社会人でプレーした方が良いかも、という意見、まさしく私が常々思っている事でした。半端に育成になって試合にロクに出られないままリリースされるくらいなら大学等で中心選手勝ち取った方がまだ伸びると思うんです。・・ここら辺りの話は長くなりそうなので、機会があれば書こうかと思っています。
育成で入団することも自分の選択ですし、ただでさえ厳しいプロの世界、実力があれば支配下勝ち取れるだろう、という考えもありますが、半端に制限がある状態では伸びるものも伸びません。
しかし、頑張っている選手に朗報がもたらされること、私も本当に願っています。

投稿: BJ | 2011年11月 8日 (火) 23時12分

>かえでさん
コメントありがとうございます。

コメントを出先で読みまして、すぐ更改のチェックをしました。ありがとうございます。まずは一安心ですね。で、晃多ですが・・・一人だけまだという事は、支配下か他球団から話があったか、としか考えられないですね。支配下だったら本当に嬉しいのですが・・・!今日、本人と球団の話があったのかなかったのかがとても気になります。
良く聞く話で、プロ入り出来た事に満足してしまってそこで終ってしまう選手も沢山いると言います。その意味では、仰るように育成で這い上がっていく選手の方がたくましく魅力はありますよね。岡田なんてその最たるものですよね!他にもイーグルスの内村ですとか。
今後も応援して行きましょう!もちろん生山も!

投稿: BJ | 2011年11月 8日 (火) 23時19分

ソースは明かせませんが。角も昨日、契約更改の席についてます。支配下での更改であれば即刻サインの上、球団から発表があると思いますので、恐らく育成契約での交渉に角が難色を示したのではないでしょうか。

今期の成績からいけば他球団からの接触があってもおかしくありませんし、退団、移籍の可能性が高くなっているように感じます。

投稿: 匿名 | 2011年11月 9日 (水) 08時33分

>匿名さん
コメントありがとうございます。

貴重な情報を教えていただき、ありがとうございます。これが事実であれば(失礼)、角が育成契約に難色というのは充分ありえますね。そもそも育成選手が一斉に契約しているのに角だけ・・・というのは考えにくいですものね。
他球団にもし移籍となったとしたら・・・かなり寂しいですけれど、角本人の為にはその方が良いと思いますし、応援したいです。今季支配下のチャンスがあったのにそうしなかった球団に対しては自業自得といいたい。文字通り育成だけして手放したんでは球団の姿勢も問われますね。マリーンズでの支配下を願いたいところです。

投稿: BJ | 2011年11月 9日 (水) 21時23分

匿名です。
ソースを明かせない以上、信じてもらえないのは仕方がありません。

ただ、もう一つ角が支配下されない理由はやはり枠の関係です。現在、支配下枠は金、マーフィーを含めて65ですがドラフト4名を加えると69となります。

第2次戦力外もなさそうですし、金とマーフィー枠は当然、新外国人で埋まるでしょう。そこに角を支配下にすれば70です。そうすると育成からの昇格枠はこの時点でなくなってしまいますし、仮に来シーズン終盤、上位争いした場合の緊急補強も不可能になります。

光原、川越、橋本、今岡・・・・いったいこのチームはどこに向かっているのでしょうか。

投稿: 匿名 | 2011年11月 9日 (水) 23時04分

>匿名さん
コメントありがとうございます。

いえいえ、信じていないという事は無いですよ!恐らく事実であろうと思っています。(今回の事ではなく単に一般論として、なんでもやみくもに信じないという事は心がけていますけれど)
支配下枠に関しては前に私も触れた事がありまして・・テギュンとマーフィーを除いて空いている枠は3名。カスティーヨをリリースするとしても4名。それでも新外国人と緊急補強用、更に育成も・・・となると少ないと言わざるを得ないですよね。なので予想よりも第一次戦力外通告はかなり少ないと思いました。おっしゃるように第二次戦力外通告は無さそうですし、後はトレードくらいでしょうが・・・トレードなんてアテに出来るものではないですよね。ほんと、このチームはどこへ向かおうとしているのか。バランスも補強も考えないコストカットだけは避けて欲しい所ですが、望み薄・・・。悲しいけれど、大きな期待は出来ないなという覚悟はしています・・・・。

投稿: BJ | 2011年11月10日 (木) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/42919575

この記事へのトラックバック一覧です: 4年目を迎える育成選手達に明日はあるか。:

« 浦和マリーンズも頑張ってる!秋季練習に行ってきました。生山は壮絶な・・ | トップページ | 晃多育成契約の影で・・さよなら、ダース »