« ホークス、重い重い2敗・・ 日本シリーズ第二戦H1−2D | トップページ | ”ドラゴンズの野球”でホークスが大きな大きな勝利! 日本シリーズ第四戦 D1−2H »

2011年11月16日 (水)

仕切り直し?ホークス初勝利で面白くなりそうです 日本シリーズ第三戦 D2−4H

ホークスがシリーズ初勝利。今日負けると王手を掛けられる場面で後退から一歩前進です。
ニッカン式スコア

今日は忙しくて試合は観られませんでした。具体的な部分は判らないので感想のみ。
ホークスは摂津の好投が第一でしょうね。打線が効果的に点を取ったのももちろんですが、やっぱり先発が試合を作ってナンボです。
ドラゴンズはネルソンの調子が今ひとつだったのでしょうか?病み上がりという事もあってベストのパフォーマンスは発揮出来なかったのでは、と想像します。
ホークスは不振の予感を漂わせていた多村に一発が出たのは好材料です。5番に下がった松田もプレッシャーから解放されたのか先制のタイムリーを放っていますし、4番に座った小久保も2安打。走る方ではチームで3盗塁を決め、ホークスらしさが徐々に戻って来たのではないでしょうか。
ドラゴンズはとにかく打てませんが、これもいつもの通りと言えばいつもの通り。ショックはほとんど無いでしょう。

ところで、前田幸長氏がなかなか興味深いブログをアップしていました。一部引用します。

前田幸長の『チョコ日記』
「予想外な展開 日本シリーズ」


(略)
話は変わりますが、現場の雰囲気でちょっと気になったことが。
 
他の記者さんたちもみんな感じてたみたいでしたが、
ソフトバンクの選手たちから、
クライマックスシリーズのときのような緊張感が伝わってこないんです。
 
ある記者は、日本シリーズじゃなくて、
交流戦の試合のような雰囲気だって言うんです。
 
ひょっとしたら、この心理的状況が、
第1戦、第2戦の結果に出てしまったのかなと・・・
 
7年間勝てなかったクライマックスシリーズをクリアすること、
そこが目標になってしまっていたのかなって。
 
中日の目標は完全優勝というところで、
開幕時から日本一に設定されていましたから。
 
その差が出てしまった2試合だったのかなと。
(略)

これはちょっと頷けるものがありますね。とにかく「CSの呪縛」に長年縛られてきたホークスですから、CSを圧勝した事で無意識ながらも「ホッ」としてしまった部分はあるのではないかと・・・選手たちは否定するでしょうけれど。そのままシリーズに突入して、良い試合をしたのに負けてしまっていたのはその「ちょっとの気持ちの差」だったのではないか、と思います。
しかし本拠で2敗した事で、選手たちもやっと目が醒めたのかな、と想像します。だとするとこれからの巻き返しが期待出来るのかも知れません。

明日以降の先発はどうなんでしょうね・・・第4戦はホークスはホールトン、ドラゴンズは山井か。次の第5戦はホークスは中4日で和田でしょう。一方の落合監督は「2敗出来る」「2回勝てば良い」との観点から、チェンを無理させず、第5戦はソト(もしくは川井)で行くような気がしてなりません。ネルソンは今日の投球で計算からは外すような気がします。

この辺りの先発起用も楽しみにしながら、明日以降の戦いを楽しみにしたいと思います!

にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

人気ブログランキング

|

« ホークス、重い重い2敗・・ 日本シリーズ第二戦H1−2D | トップページ | ”ドラゴンズの野球”でホークスが大きな大きな勝利! 日本シリーズ第四戦 D1−2H »

コメント

互いにホームで未勝利というのが興味深いですが、シリーズとしては面白い格好になってきましたね。
しかも、一戦一戦競り合い、展開も見応えありますし。
ただ、攝津が打席に立ち、自動アウトになるのを見ると、やはり投手の打撃ってなんだかなぁとも思います。普段練習しないし、ケガしたらまずいし、そもそも内角攻めにくいし。ただ、ネルソンが真剣に振り、全力疾走したのには、落合野球的なものを感じましたが。普段指名打者制に慣れてしまっているため、緊迫したシリーズでは余計に考えてしまいます。

先日お返事いただいた伊志嶺ですが、大人気でランチ前後の時間のないであろう中、時間が許す限り応じていて、いよいよ時間がなくなると、お子さん優先で探して走って行って応対していました!親御さんの方が感激していたというウワサですが(笑)。
ちなみに丁寧さは岡田も随一で今や大人気にも関わらず、会話のやりとりなんかもありながら応じていました。あの謙虚さで来年の飛躍を確信しましたよ!

投稿: トマト | 2011年11月16日 (水) 08時18分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

両チームの外弁慶っぷりが面白いですね。おっしゃるように投手が打席に立つのはうむむ、と思ってしまいます。日頃パの試合ばかりを観ていると、投手の打席っていうのが無駄に見えてきてしまいますね・・・・。でも本当は「野球は9人でやるものだ」っていう意識が私にはあって、そことのジレンマに悩みつつ、という所です。でももはや7対3くらいでDH支持になりつつあります。

伊志嶺の話、ありがとうございます!子供さん優先というのは良いですね〜また探して走っている伊志嶺の姿が想像出来てほんわかします。岡田も良いですね!良い意味で、「庶民感覚」は忘れずにいて欲しいですね。岡田は驕り高ぶることはないでしょうね。来年も期待しましょう!その前にゴールデングラブ賞ダ!

投稿: BJ | 2011年11月16日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/43026397

この記事へのトラックバック一覧です: 仕切り直し?ホークス初勝利で面白くなりそうです 日本シリーズ第三戦 D2−4H:

« ホークス、重い重い2敗・・ 日本シリーズ第二戦H1−2D | トップページ | ”ドラゴンズの野球”でホークスが大きな大きな勝利! 日本シリーズ第四戦 D1−2H »