« 壮絶な譲り合いの末ドロー、観戦疲れた・・・ M2−2F | トップページ | ジュニア、そりゃないよ »

2011年10月 2日 (日)

ヒヤヒヤしながらも・・ファイターズに今季勝ち越し決めた M6−5F

かなーりヒヤヒヤしましたが、ファイターズ最終戦に勝利し、今季の勝ち越しも決めました。
ニッカン式スコア

先発のペンは「らしい」投球でしたね。荒れる時は荒れる、決まる時は決まる、というボール。得意のナックルカーブは全般にやや高いかな、という印象は受けましたが、先週の的場はこのカーブをあまり効果的に使えていない印象でしたし今日の雅彦は上手かったと思います。2周り目から上手く使い出しました。
5回で降板し、うわっなんかあったか!と心配させましたが中継のベンチリポートではマイナスな話は無かったのでどうやら予定通りだったと言うことでしょうか。(※10/2 22:30追記:監督コメントによると足の張り、だそうですね・・うむむ〜)試合を考えるともう1回くらい行っても、とは思いましたが今無理させても仕方ないですしね。今季の登板はあと2度くらいかな?最後に7回くらい投げられたら万全ですね。

後を継いだ中郷が中田に3ランを浴び、途端に試合が怪しくなってしまいました。1死も取れずに降板、ペンの降板が予定通りならば準備も出来ていた筈で言い訳は出来ません。・・出来ませんが、中郷推しの私としてはジョニーの言葉を借りさせて貰うと「疲れがあった」かなーと。忘れちゃいませんよ、先週2イニングス投げて次の日に3イニングス投げさせたりしてるからですよ。以前コメント頂いたのですが、中郷はファームでは中継ぎ→抑えとして毎試合1イニングの投球でやってきていますから、いきなりこんな使われ方しても・・・。1軍ではそういう起用を乗り越えてこそチャンスが掴める、それは甘いと言う意見も当然あるでしょうし私もそれは真理かとも思ったりはしますが、でもねぇー。ブルペン入りしている投手を上手くバランスよく使って欲しいものです。ましてや最下位ですしね。

しかしこの回は古谷が締め、次の回に古谷がピンチを迎えますが今度は大谷がしっかり抑えてくれました。この大谷の投球が勝利を呼び込みました!
しかし、本当はここでヤマテツを試してみて欲しかったです・・・まだ1点ありましたし、ここで抑えられれば大きな自信になったのではないかと。もちろん打たれる可能性はある訳ですけれど、今は来季に向けて一人でも多くの投手を育てたい、経験を積ませたい所。まだまだ投手起用には不満があります。

ロサもバタバタし、今日は継投がどうにも苦しかったですが最後は薮田がしっかりと締めてくれました。今日は安心出来る投球。まだ打球を受けた左足は万全ではないとのことですが、やっぱり頼れますね!今季の薮田は本当にMVPだと思います。

投手の話ばかりになりましたが、今日はウルフの緊急降板もあり打線が頑張りました。雅彦の活躍は言うに及ばず、ルーキー乾からは福浦がベテランの貫禄を示すタイムリーでしたし、多田野からの井口のソロは1点差に詰め寄られた直後なのでとても大きかったです。根元はこの所打席ではセンター返し中心に良いバッティングを見せてくれていますね。昨日死球の今江に代わりサードに入った正人は守備と犠打で貢献してくれました。細谷はサードですら起用が無い、という事をしっかり考えないと。このオフは守備、バッティング共により一層の努力を!
伊志嶺・岡田・角中で伊志嶺の投ゴロ内野安打のみに終ってしまったのが残念でしたが、打線で言えば今日は昨日一昨日の鬱憤を多少は晴らしてくれたかなと思います。

終って見ればマリーンズは残塁3、ファイターズが11。残塁の多さというのは裏を返せばなんとか投手が凌いだ、とも言えるのですね。でもこの残塁の差はなんか新鮮です。だいたい逆なので。

大型連敗後1分挟んで3連勝ですし、ファイターズとの最終カードで負けなかったのは気分良いですね。今日負けたら通算成績でも負け越しになるところでしたから、その意味でも今日の勝利は良かったです。昨日の引き分け試合を辛い思いして観戦したのが報われたかな・・・。週末のマリンも最後でしたから、なんとか良い形で締めました。

ともあれ、これで10連戦が終わりました。大型連敗もあり、選手たちの疲れは体力も精神もピークでしょう、お疲れ様でした。明日一日は待望の休み、リフレッシュして欲しいものです。
後13試合、最後まで楽しませて下さい!

☆緊急登板の乾、初めて観ましたけどストレートが良いですね!スライダーは抜けていましたけど、何しろプロ初登板。それにしても初登板がこんな形って記憶にないですね〜ある意味忘れられない初登板になったでしょう。もともと「佑ちゃん以上」との声も多い乾、来年はやっかいな存在になりそうです。
☆ファイターズがやっぱり元気が無いといいますか・・・どこか迫力がありません。今のチーム状況そのまま表している感じでした。やっぱりシーズン途中での監督退任発表ってどうなんだろう。前監督ヒルマンの時もそうでしたし、これで二人連続して上位にいるのに途中退任発表ですね。うーむ。
☆今日はファイターズとの最終戦。中継では「また来年」というボードをかざしてくれているファイターズファンの方が映りましたが、こういうのは嬉しいですね。そして気になるのがエール交換あったのかな?という事。最近やらないですよね・・エール交換はして欲しいなあ。

★L3−5H
ホークスは控え組中心のオーダーとばかり思っていたらフルメンバーでした。これは素晴らしい!何しろCSがまだありますし、気を抜かないぜ!という意思の表れでしょうか。
★Bs3−5E


盗塁争い(10/2現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
55 本多(H)+1
49 聖澤(E)
32 岡田(M)
31 糸井(F)
29 川﨑(H)
28 内村(E)
27 伊志嶺(M)
24 松田(H)
22 片岡(L)
19 中島(L)、陽(F)、福田(H)+1
15 松井(E)
14 荻野貴(M)、後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

|

« 壮絶な譲り合いの末ドロー、観戦疲れた・・・ M2−2F | トップページ | ジュニア、そりゃないよ »

コメント

ロッテは一時期の不調脱出したってとこでしょうか?

来シーズンに向けて勝てるとこはしっかり勝っておきたいですよね

ヤクルトは…

前回の対戦で実感してましたが意味もなく強い横浜に辛うじて1勝しました(笑)

先発も中継ぎも足りないのは痛いけど粘れるとこまで粘って欲しい

さてBCリーグ、新潟は昨日地区優勝を決める戦いが始まり上信越地区は初戦3対1で新潟が勝ち王手

今日勝てば優勝の新潟は正田樹を先発で試合
正田は6回3安打無四球無失点と先発の役目を果たす

試合結果は8対0で新潟が勝ち球団創設初地区優勝を飾りました

胴上げ投手はもちろん高津臣吾

思えば新潟は1敗もできない状況から5連勝で逆転優勝し、そのあと消化試合1も勝ち、昨日今日の決定戦に勝ちと8連勝とはたいしたもんです

次は週末にBCリーグチャンピオンをかけて石川と対戦

ここまで来たら橋上ID野球恐るべしを観たいものです

ちなみに今日はつば九郎先生が燕市に稲刈りに来てました(笑)

さすがにエコスタには駆けつけませんでしたがつば九郎が新潟に来た日に高津が胴上げ投手で地区優勝

ヤクルトスワローズと新潟県は赤い糸で結ばれているなと(笑)(笑)(笑)

投稿: 佐藤 | 2011年10月 2日 (日) 20時58分

ペンは足の張り、ということで少しホッとしました。怪我ばかりしている今年を反省し、来年は本当に元気に1年やってもらわないといけない選手ですよね。頑張って欲しいです。大谷の場面は痺れました!疲労は確実にあるでしょうが、もう少しですから、本人もいい形で終われるように頑張ってもらいたいところです。
打線も井口のホームランは素晴らしかったですし、根元・雅彦も打撃に関してはですが、いい調子になってきましたね。
残り少しですが、1つでも多く勝ちゲームが見たいものです。

投稿: tomten | 2011年10月 3日 (月) 08時31分

サンプリングイベントに惹かれ観戦してきました。またもや先制されましたが、一点だったし、なんとかなるという根拠なき自信はありました。申し訳なかったのは、取られた直後、根元からの「貝」打線だろうってことで、微塵も期待してなかったのですが(切腹)、まさかの怒濤の猛反撃のきっかけを演出してくれたことです。貝は貝でも、立派な法螺貝として、轟きが響き渡っていました。

マッチの3本目のヒットで本塁憤死の角中、もしやスタート遅れましたかね〜?まぁ、中田もストライクでしたけど(涙)。

伊志嶺のイニング間キャッチボール見ていましたが、そこそこ力強い球投げてましたよ。肩の具合、好転していると祈ります。

投稿: トマト | 2011年10月 3日 (月) 11時51分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

マリーンズ、不調脱したと言えるのかどうか・・・拙攻、残塁の嵐は変わりませんしね〜。ただ、11連敗するような状態より悪いことなんてないですから、その意味では脱したと言えなくもない・・・
スワローズは投手陣の大量離脱が痛いですね〜。ドラゴンズが不気味に迫って来ていますが、ここは踏ん張って1位で、つまり優勝して欲しいです。ここ最近の成績からするとCS出られるだけでも、という人もいるかも知れませんが、ここまで来たのだから1位で!選手たちの自信にもつながりますし。踏ん張って欲しいです。

さてさて、BC新潟、おめでとうございます!正田は完全なエース格なのですかね?最後の最後に8連勝は凄いなぁ〜こないだも書きましたが、マリーンズも去年はそうだった筈なのに・・・。
この勢いでBCリーグチャンピオン行きましょう!!
スワローズ、真面目な話新潟を準本拠地にすれば良いのに・・・・

投稿: BJ | 2011年10月 3日 (月) 22時53分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

ペン、大事に至らなければ良いのですがね。次の登板は予定通りいけるのでしょうか?ネズミ治療は仕方無いですが、来年は怪我なく一年間期待したいところです。
大谷の投球は素晴らしかったですね!あそこが一番の勝因でしたね。
根元はじめ下位打線も頑張りました。この1試合で終わるのではなく、これからも上位から下位まで「つなぐ」野球をお願いしたいです。やっぱり、一つでも多く勝利が観たいです!

投稿: BJ | 2011年10月 3日 (月) 22時55分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

観戦行かれたのですね、勝利おめでとうございます〜!ヒヤヒヤも勝てばまあ許せますよね。
トマトさんの言葉に発奮した訳でもないでしょうが、下位打線が頑張りましたね。雅彦はもちろん、正人も犠打で貢献、根元は大量点演出の出塁・・・(しかし「ホラ」貝はちと困るのでは?笑)
伊志嶺のキャッチボール、私も球場で観ていましたがそんなに違和感というか、痛がるとか投げにくい感じは見えませんでした。少しずつ好転しているのでしょうか。しかし去年の荻野貴司に続いて何かと気にさせる選手ですね〜

投稿: BJ | 2011年10月 3日 (月) 23時01分

こんばんは。この日も疲れました。5回で降板してからもつれる・・・ペンの初登板を思い出しました。
昨年8月のオリ戦(神戸)。5回で降板後に打ちあってもつれ、ヒヤヒヤで勝ったことを覚えています。

昨年1勝、今年はようやく2勝・・・
昨年は援護に恵まれず、今年は故障離脱・・・
そろそろ来年は活躍してほしいですね。

昨日の試合が、今季マリンでの最後の生観戦になりました。
23試合見て9勝10敗4分、特に8月以降は2勝7敗2分です。8月以降の落ち込みの酷さがよくわかります・・・

あと2週、ビジター観戦がありますので、来季に向けて明るい希望をいくらかでも見つけたいものです。

投稿: 大阪の一ファン | 2011年10月 3日 (月) 23時55分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

今回も観戦、お疲れ様でした!マリンでの最終戦、なんとか勝利で飾れて良かったですね。ほんとに8月以降は酷かったですね・・・しかも週末マリンが続いたのに。
ペンの初登板、そういえばそうでした。(私は音楽フェス行ってて観られなかったのですよね〜)2年間で3勝と考えると少ないですが、可能性は感じる投手です。来季は期待したいです。
残り試合も少なくなってきました。心からの希望ですが、来季を見据えて思い切った起用をお願いしたいです。今さら左右病とかやめましょう!後2試合のビジター、良い試合だといいですね!

投稿: BJ | 2011年10月 4日 (火) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/42212340

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヤヒヤしながらも・・ファイターズに今季勝ち越し決めた M6−5F:

» 田中マッチ3安打&薮田30セーブの大台へ! [いすみマリーンズ]
↑これでチャンピオンフラッグが見納めになるかと思うと…。 わざとチャンピオンフラ [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 21時13分

» 10/2 vsF 写真レポ マッチに火が点いて中郷炎上も大谷の見事な火消しで逃げ切り勝ち♪(笑) [PLAY THE GAME!]
  3回裏5得点の猛攻の「火種」となった「マッチ」の同点タイムリーツーベース! 1点差に詰め寄られた直後の6回裏に飛び出した井口の値千金のソロホームランで再び6-4と突き放す! 本日のお立ち台は田中雅彦と薮田という新鮮な顔合わせ♪ プロ入り初の猛打賞でヒーロー... [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 21時18分

» 10/2、【M-F】24 残塁11であと1本が出ず・・・ ウルフ投手も緊急降板で千葉ロッテにシーズン負け越し・・・ [やっさん日記]
今季の千葉ロッテとの最終戦。 ここまでの23試合を互いに10勝10敗3分と勝敗は五分。今日の一戦でシーズンのカード勝ち越しを賭ける。 そんなこの試合の先発は、北海道日本ハムがウルフ投手。千葉ロッテがペン投手。 【1回表】 初回の攻撃は、加藤政選手がショートフライ、陽選手がショートゴロ、糸井選手が空振り三振で三者凡退。 【1回裏】 ウルフ投手の立ち上がりは、伊志嶺選..... [続きを読む]

受信: 2011年10月 3日 (月) 01時01分

« 壮絶な譲り合いの末ドロー、観戦疲れた・・・ M2−2F | トップページ | ジュニア、そりゃないよ »