« 継投が裏目か・・・CS1stステージはライオンズが先勝 F2−5L | トップページ | CSの行方を左右する?内川の先制打 H4−2L »

2011年10月30日 (日)

今日も継投で差が・・ライオンズ、CS2ndステージ進出! F1−8L

昨日に続き、今日も継投に明暗・・・・
ニッカン式スコア


武田勝と西口は両投手とも持ち味を発揮、投手戦となりました。
ファイターズは4回裏にホフパワーのソロで1点を先制しますが、ライオンズは5回表、2死二塁から秋山がすかさずタイムリーを放ち同点とします。
8回表、ライオンズは四球と敬遠で二死1,2塁とするとおかわり君の痛烈なセカンドライナーを賢介が弾いてしまい、1点を勝ち越し。
ファイターズはその裏に無死1、3塁としますが糸井、小谷野、稲葉のクリーンナップが倒れ、無得点に終わると、ライオンズは9回表にワイルドピッチ、原の2点タイムリー2塁打で3点を追加して5−1とするとおかわり君に3ランが飛び出し、試合を決定づけました。

今日はファイターズは武田勝を5回で降板させ、後を継いだウルフは粘投を見せました。ここまでは良かった・・・。しかし8回、石井が先頭に四球を出したのが痛かったですね。緊迫した試合ではもっとも避けたい事でした。昨日ライオンズが勝ち越した11回も先頭打者への四球でした。また増井も昨日は余り良くなかっただけに、9回を任せるのは本人も気持ち的にしんどかったのかも知れません。ワイルドピッチで追加点を与えた段階で緊張の糸が切れてしまったような感じでした。

対象的にライオンズは西口が素晴らしい投球を続けるものの8回に無死1、3塁としてしまいましたが、ここで登板した石井一久が素晴らしい投球でした!普通なら最低でも1点は覚悟の場面、どうしても三振を取りたい場面で糸井をその通りに仕留めるあたりは流石ですね。ここで点が入っていたらまた展開は違っていたでしょうし、百戦錬磨の経験がここで活きました。レギュラーシーズンでも最後の最後に石井一久をリリーフで使ったと記憶していますが、それがこの場面にしっかり繋がりました。ナベQのファインプレーかなと思います。

ライオンズは西口、石井一久とベテランが試合を作り、最後はルーキーの牧田が登板。打線ではルーキー秋山がタイムリー、今季ブレークの原が追加点、最後は4番の一振り、と理想的な試合運びでした。1戦、2戦ともに終盤に試合が動き、ライオンズファンとしては最高の試合展開でしたでしょう。

一方、ファイターズは昨日落としたことが今日も響きました。リリーバーは雰囲気に呑まれた感じを受けました。
また、賢介を何とか間に合わせて起用した事に一抹の不安を抱いていたのですが・・・8回に意地の2ベースを放ったものの結局8の1、守備では痛恨のエラーと良い所が出ず。やはり試合勘が戻ってないと厳しかったのではないかと思います。賢介起用に首脳陣の焦りは無かったか?とそこも疑問ではあります。気持ちは判りますが・・・例えばマリーンズで今江が間に合うのならば使いたい、となりますし。稲葉の不調も響き、短期決戦はやっぱり難しいなあという結果に終わりました。

しかし一番気になったのは、昨日も書きましたがファイターズナインにどうにも強い気持ちを感じなかったことです。監督解任が関係あるのか、それともあまりのホークスの強さにCSの意義を見出せなかったのか・・・私の思いすごしかも知れませんが、かなり気になるこの2試合でした。来年監督が代わることでどうチームも代わるのか・・・・このあたり興味深いですね。

さあ、これでライオンズは「でん」、と控えるホークスとの2ndステージとなりました。ホークス優位は動かないと思いますが、上昇気流に乗ったライオンズと横綱のホークス、この戦いはなかなか見ものです。正直に言うとホークスが今年負けるような事があってはならないし、いやいや心配せずともあっさり勝つでしょうとの思いもあるのですが、楽しみにしたいと思います!

にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ

人気ブログランキング

|

« 継投が裏目か・・・CS1stステージはライオンズが先勝 F2−5L | トップページ | CSの行方を左右する?内川の先制打 H4−2L »

コメント

昨年は主役になった私たちでしたが、今年はオブザーバー、そのおかげで興味深く今日のクライマックスシリーズ、セ・パのふた試合を見れました。
セントラルのほうが両チームの勝ちたい気持ちが見えて、いい試合でした。ジャイアンツには伝統的に勝ち方がわかってるなあというか、スター選手を集めてる強みがあるなあと思います。スワローズナインにはこういう短期決戦を戦った経験が乏しい分、苦しい面を感じますが、それは乗り越えるしかないので、明日の試合頑張ってほしい。
パ・リーグは私もファイターズの気力の薄さが不安でしたが、そのまま勝敗になった気がします。
ハマればそれなりに試合巧者なライオンズとファイターズですが、ホークスはどっちとやりたかったんでしょうか。
個人的に、ポストシーズンの戦いというのはデータ云々より、投手は何十本ヒット打たれてもいいから絶対ホームインだけはさせない、打者はどれだけ打率が低くてもいいから決定打だけは打つ、そのための技術が必要だと思います。


小宮山さんは「プレーオフは見るのも出るのも面白い試合」って言ってました。
この先も好試合を期待したいです。

投稿: てんとう虫 | 2011年10月31日 (月) 01時18分

終盤まで両チームとも我慢の展開でしたが、終盤に思わぬ大差がつきましたね。

競り合っていても、気持ちは西武が常に押していたように感じました。日ハムは初戦からバントが決まらず、選手が硬くなっていたと思います。

初戦も2戦目も、西武の攻めの継投が吉とでて、その後に攻撃で実を結びましたね。

日ハムは初戦にダルで勝てなかったことで、さらに精神的に追い詰められ、2戦目の8回・9回の乱れにつながったのでしょう。田中賢介の落球は強襲安打だと思いましたが・・・
9回の増井は、見ていても動揺していて、勢いにのまれていましたね。2死からの連打に捕手が捕れない高めの暴投。宮西への継投は遅すぎました・・・
第1戦の感想にも書きましたが、梨田監督が、目先の1勝をきちんと取っていたら、状況は違っていたと思います。

おかわり君のHRは、中飛だと思いましたが、中段バックスクリーン横まで飛びました。統一球をあのように飛ばせるパワーは、やはり規格外ですね。

投稿: 大阪の一ファン | 2011年10月31日 (月) 02時57分

1戦目も2戦目も、ファイターズの選手たちは仕事をしているんですよね~。シーズン中は真逆だった中継ぎの成績が明暗を分けるとは、本当に短期決戦の怖さを感じます。
ライオンズは初戦の9回と言い、開き直りがすぐできることが大きいのかな~と思いました。打てなくてもいいやというか、思い切ってやろう!という気持ちが若い選手に宿り、それがいい雰囲気を作っているように思いますね。まあ、昨年のロッテと一緒とは言いますが、昨年より明らかに違うのはホークスの力です。ファイナルステージは非常に楽しみですね。

投稿: tomten | 2011年10月31日 (月) 09時18分

1戦目も2戦目も、ファイターズの選手たちは仕事をしているんですよね~。シーズン中は真逆だった中継ぎの成績が明暗を分けるとは、本当に短期決戦の怖さを感じます。
ライオンズは初戦の9回と言い、開き直りがすぐできることが大きいのかな~と思いました。打てなくてもいいやというか、思い切ってやろう!という気持ちが若い選手に宿り、それがいい雰囲気を作っているように思いますね。まあ、昨年のロッテと一緒とは言いますが、昨年より明らかに違うのはホークスの力です。ファイナルステージは非常に楽しみですね。

投稿: tomten | 2011年10月31日 (月) 09時18分

>てんとう虫さん
コメントありがとうございます。

当事者でないと、なかなか冷静に面白くCSを観られますよね(悲)ジャイアンツは選手層はやはり厚いですね。最後に高橋由伸ですもんね・・・確かに経験値はスワローズよりも高いし、落ち着いてやっている感じですね。しかしスワローズはとにかく勝たないと次に行けないのですから、ここを突破して欲しいものです。宮本が空回りしなければ良いのですが。
ファイターズ、やはり気力薄いですよねえ?特に競り合いでは最後にこの違いが勝敗を分けそうな気がします。ホークスはやはりファイターズの方が嫌なんじゃないかな〜とは思います。去年は同じように勢い付けて来たマリーンズにやられてますし。
ポストシーズンを勝ち抜くには、おっしゃるようにデータよりも「ここぞ」で踏ん張れる、そういうチームが強いのでしょう。この段階ではレギュラーシーズンの相性も関係無いでしょうね。
王者ホークスに元気印ライオンズがどう挑むか、楽しみです。

投稿: BJ | 2011年10月31日 (月) 20時27分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

ライオンズの終盤の一挙6点、野球の怖さが出ましたよね。この2試合、ライオンズの方が攻撃、守り共にやることが良い方良い方に流れた気がしています。その差は気持ちの入り方の差だったのか・・・ファイターズはちょっと寂しい今シーズンの終了でした。
返す返すも初戦をダルで落とした事が悔やまれますね。ただの敗戦だけでなく、チーム全体の気持ちに影響してしまったと思います。リリーバーも呑まれていました・・・・。増井から宮西への継投は私も遅いと思いましたし、このシリーズは梨田監督の采配もキレを欠いていました。なんで先を見据えてダルを降板させてしまったのか・・・やはりここが大きなポイントでした。
おかわり君のパワーは本当に凄いです。打った瞬間はあそこまで伸びる感じではなかったですよね。しかし美しいホームランでした。それだけに完全にファイターズから魂を抜いてしまったようでした。

投稿: BJ | 2011年10月31日 (月) 20時33分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

確かに、1戦目も2戦目もファイターズの選手は仕事をしました。ダル、勝ともにしっかり投げましたし、小谷野もタイムリーを放ち外国人が一発を放つ。しかしおっしゃるように中継ぎがシーズンと真逆だったのはいかにも皮肉といいますか・・・ライオンズは石井一久投入という短期決戦用の采配を見せましたが、ファイターズはシーズンと同じスタイルでした。それがどっちが良いという話ではありませんが、このあたりで明暗が分かれてしまうのは興味深いです。
ライオンズの勢い、ノリは去年のマリーンズと似てますね。しかしホークスは今年は横綱級です。どうなるのでしょうね〜、楽しみですね!

投稿: BJ | 2011年10月31日 (月) 20時37分

ヤクルトがシーズン2位の意地でファーストステージを突破しました

主軸が打てなくても脇役がカバーする全員野球ができたことはかなり大きい

ファイナルは1勝のビハインドがあり厳しい戦いですがプチ下剋上をなんとか

橋上秀樹…巨人コーチ入りとか

なるほど…育成で2人アルビレックスから獲得した理由がわかりました

これ次の年も橋上さん巨人にいるなら確実に橋上さんが育てた選手を育成指名しますね(苦笑)

巨人の新潟戦略お見事

こりゃ今年に続き来年も新潟で1カード2試合主催するな

ヤクルトもつばめ繋がりで新潟に名前を広げたいと広報が言ってましたが口だけでなく巨人みたいに行動で示さなければ…
BC新潟は来年、巨人と交流試合たくさん組むのかなぁ…

BC新潟はヤクルトと絡んでこそ魅力あるのに(笑)


投稿: 佐藤 | 2011年11月 1日 (火) 09時39分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

スワローズ、2ndステージ進出おめでとうございます!おっしゃるように主役が不振でも脇役が活躍した、良い勝負でしたね!ドラゴンズと、しかもナゴヤドームという条件は相当不利だとは思いますが一矢報いて欲しいものです。
しかし先発投手がいませんね・・・・また投手陣総動員は必須でしょうけれど、最大6試合あるので・・小川監督の手腕に注目です。
橋上コーチ、ジャイアンツなのですかぁーそれはかなり意外です。でもそれならアルビレックスから2選手獲得は頷けますね・・・それにしても橋上さんに目をつけるというのはジャイアンツやるじゃねえか・・・という思いです。繋がりとか関係は無さそうなのに。
現状ではジャイアンツの方が新潟に食い込んでいる形ですね〜スワローズの奮起を求ム!(笑)

投稿: BJ | 2011年11月 1日 (火) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/42764156

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も継投で差が・・ライオンズ、CS2ndステージ進出! F1−8L:

« 継投が裏目か・・・CS1stステージはライオンズが先勝 F2−5L | トップページ | CSの行方を左右する?内川の先制打 H4−2L »