« 伊志嶺岡田でもぎ取った先制点 マリーンズはこういう野球! M1−0H | トップページ | エースで9連戦の頭を取れず・・ F4−0M »

2011年9月12日 (月)

オリックス・田口壮のブログにとても感銘 〜ベテラン選手の想い〜

オリックス・バファローズの押しも押されぬ大ベテラン選手、田口壮。

私はちょろちょろといろんなチームの選手のブログを読んでいて、好きなブログもいくつかあるのですが(中でも一番好きなのはカープの栗原。人柄がストレートににじみ出ていて大スキ)、田口のブログも何とも言えず穏やかで、文章も上手いしユーモアがあってとても好きなのです。

その田口の今回のブログ
修学旅行の写真のような
はベテラン選手の想いやチームに貢献するという事の大切さ、などなどを非常に考えさせるものでした。沢山の方に読んで欲しい、と思いここに紹介します。

本文は是非ブログを!と言うことで、ここでは内容をさらっと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

田口は言います。
今の新人は

「びびりまくっていた新人の頃の僕とはまるで違い」
「たとえば合宿所の風呂。入り口のスリッパは脱ぎっぱなしでバラバラ」

そこで田口は叱るのではなく、自らスリッパを揃える役を買って出ます。

「背中を見てもらいたい。身体を丸くして、後輩たちのスリッパを
黙々と揃える僕の姿を見てほしい」

その姿から何を感じるかは

「彼ら一人一人が持っている「資質」の差として現れる」

と。
若い選手に対しては

「1年目でも、20年目でも、お互いプロ。
現役である以上、チームメイト兼ライバル」

なのだから無理矢理教えることはしない。

「もちろん、尋ねられれば、いくらでも教えます。
しかし、押し売り教師をするほどのお人よしでもありません。」

それでも、チームのためにあえて行動に出ることもある、と。

「勝つために、何かを伝えなければならないことがあります」
「本人のためではなく、チームに迷惑がかからないように」

それは

「先輩の役目」

と。
そんな田口、とある選手に興味を持ちます。

「ちょっと、つついてみたくなる」

選手。息子と言ってもおかしくないほどのその選手の

「野球における彼の必死さに、
僕は好感を持ちました。共に練習し、試合をしていく中で、
彼の中にある「伸びしろ」を伸ばす手伝いをしたい、と思った」

そして田口は行動に出ます。

「だからある日、普段自分からは絶対にしない「アドバイス」をしました。
今後彼がプロとして成長するために、という願いを込めた提言。
しかしたぶん、彼にとっては「説教」でしかなかったでしょう。
僕の目をじっと見て話を聞いている最中に、
ぽろり、と大きな涙がこぼれ落ちました。」

それから1軍に上がり、しばらくしてから2軍に戻ってきた田口は劇的な変化を目にするのでした。

「ちょっと見ない間にびっくりするぐらい変化するのは、
赤ちゃんだけじゃないことを思い知らされました」

その選手が

「プロの顔になっていた」

のです。

「この驚きは、実に愉快です。
見ていて、痛快なものです。
あの日、「(思うように動けない)自分が悔しいです」と涙をぬぐった」

その選手は、

「僕の言葉を意地悪や説教ではなく、好意として受け入れてくれました」

と。
最後はこう締めくくられていました。

「野球には、誰かの成長に目を見張るという楽しみもあったんですね。
それとも、自分以外に目が向くようになったのは、僕自身の成長と捕らえても
いいのでしょうか。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・・うーん、ええ話やぁー。田口、大人になったなあ・・・うん、本人の言うとおり成長しましたよ、成長!
田口と言えばオリックス時代はバブルの終盤を「いかにもちょっとくぐりました」と言った感じで、チャラチャラしていた訳ではありませんがファッションも含め”当時の今風の若者”って感じだったのに・・。

そして、こういうベテランがいるチームは良いなあ、と思いました。
(念の為言っておきますが、我がマリーンズがそうじゃない、とか言いたい訳ではありません。すべてのチームにこういうストーリーはあるのでしょう)
岡田監督が田口を呼んだ時に「存在が絶対にプラスになる」と言って獲得したのですが、こういう効果をも狙ってこそ、だったのでしょうね。
ま、「効果を狙う」とかは別にして、純粋にベテランの存在は良いなあ〜と思いました。
ベテランの矜持、チームに貢献するという事への想い、「プロ野球選手」同士としての絆、とかそういったものがとても伝わってきました。

カージナルスに行ってから、しかもマイナーに落ちてからの田口の野球に対する姿勢(クサらず、いつでもチームの為に野球をする)を見て好きな選手になっていたのですが、ますます応援したくなりますね。

他の「ベテラン組」ではカープの石井琢朗のブログなんかもベテランの意地とか勝利への想いとかが感じられてなかなか面白いです。
ドラゴンズの佐伯とかタイガースの桧山、イーグルスのいまだバリバリ4番の山﨑とか、「おっさん選手」のプレーもやっぱりプロ野球には欠かせないですね〜。

なんだか幸せな気分になれました。野球選手っていいなあ〜と。

にほんブログ村 野球ブログへ

人気ブログランキング

|

« 伊志嶺岡田でもぎ取った先制点 マリーンズはこういう野球! M1−0H | トップページ | エースで9連戦の頭を取れず・・ F4−0M »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/41656678

この記事へのトラックバック一覧です: オリックス・田口壮のブログにとても感銘 〜ベテラン選手の想い〜:

« 伊志嶺岡田でもぎ取った先制点 マリーンズはこういう野球! M1−0H | トップページ | エースで9連戦の頭を取れず・・ F4−0M »