« 初回の差がそのまま・・・ M2−4Bs | トップページ | 初回、逆転の5得点!でも勝てない・・ M6−7Bs »

2011年9月17日 (土)

阿部好投、今日は勝って欲しかった〜! M2−3Bs

阿部、好投!こういう試合は取って欲しかったな〜。
Dscf6438
ニッカン式スコア

今日最大の楽しみ、プロ初登板初先発の阿部は素晴らしい投球でした。ランナーは出すものの、落ち着いた投球で5回まで無失点!立派です!
今日観戦したのが3塁S席で、何しろ太陽が眩しい・・投球を落ち着いて観られませんでしたので、具体的な投球内容はなにも言えないのですが(帰宅したら録画観ます)、基本的にストライクがきちっと取れるというのは必要にして最低限の投手の資質・・これがしっかり出来ていたのが好投につながったのでしょう。持ち味を十二分に発揮したと思います。
今日は試合最初から最後までセンターからホーム、もしくはレフトからホーム方向へほぼ風速7mの風が吹き続けており、アジャストするのも大変だったと思います。
想像するにプロ初登板てかなり緊張すると思うのですけどね〜それを感じさせない投球でした。
6回に無死からヒット、四球、2塁打で1点を失い降板しますが、上出来と言って良いでしょう。
今年は開幕してからずっとファームで好投を続けており、春過ぎには早くも阿部先発待望論もファンの中で沸き起こっていた中でいささか遅すぎる先発起用となりましたが、好投に安堵と「ほら見たことか」という気持ちと両方です。
とにもかくにも、阿部は記念すべきプロの第一歩を記しました。今日はランナーを残して降板、勝ちが消えてしまいましたが、次回への糧としてくれるでしょう。同い年、同期の唐川と先発ローテなんて時が来ることを!

後を継いだ木村は、二塁ゴロの間に1点を失い同点とされて阿部の勝ち投手は消えてしまったものの、後続はきっちり抑える好投を見せてくれました。木村は1軍昇格後、常に安定した投球をしてくれていますね。今は貴重な中継ぎですが、それでも木村の先発も観たいな、と思わせてくれます。

打線は・・・・相変わらずで、再三の得点機を作るもホームが遠い・・・・3回に清田の二ゴロ、4回に塀内のスクイズで1点ずつを取るのが精一杯。スクイズの場面は正直、こうやって頑張ってちまちま点取ってもあっさり追いつかれたり逆転するんだよなぁーと思ってしまいましたが、しかし今の打線を考えるとこうでもしないと点を取れないですからね・・・監督としてもホントは繋いで繋いである程度のチャンスを作ってそれなりの点が欲しいと思っているでしょうし、現状を考えるとスクイズは仕方ないですね。
清田は4回の打席すべてが得点圏に走者がいるという状況で内野ゴロの1打点に終ってしまいました。3番5番は清田と角中で逆じゃないのか?とも思いますが、清田とてポッと試合出されて4番、でまた外されて、またポッと試合出されて3番、とクリーンナップ任される割に毎日の試合は任されないという同情すべき役回りですから、これもまた致し方なし。このあたりどうにも納得がいかない采配です。

しかし、今日は初回伊志嶺が出塁して、次打者岡田の初球でバントかと思いきやスチールを仕掛けたり、2回には先頭の角中が出塁して次の高濱でバスターエンドランを仕掛けたり、と積極的に動いた姿勢は評価したいです。しかし、しかしこの所毎日言っていますがそういう「改革」をするにはおーそーすーぎーるー。

プロ初登板の投手が試合をしっかり作った、というこういう試合はやっぱり勝って欲しかったな・・・阿部に勝ちが付かなかったとしても、好投を無駄にしないためにも勝って欲しかった・・・。特にここ最近のメンツはファームで共に戦った野手が多いですからね〜。
とにかく、1点でも勝ち越されると途端に雰囲気が悪くなって「負け臭」がプンプンしだすのは何とかして欲しい。観ている方も「またかよ・・」となってしまいます。せっかく9月は週末に試合が続き大人も子供も球場に足を運んでいるのですから、この辺りをどうにかして脱却して欲しいですね。阿部の初登板がそのきっかけになるかと思ったのですが、叶わず・・・・。
明日、明日は意地でも勝って欲しい。2カード続けて3タテ食らうのはさすがに悔しいです。

それでは今日の画像です。どうしたって阿部中心!

来ました、阿部プロ初登板初先発!
Dscf6356

プロ初登板ってどんな心境なんだろうな〜
Dscf6355

ええフォームや〜
S0196367

バファローズベンチは早くも3回表に円陣
Dscf6405

先輩、点取って下さいね!
Dscf6404

ジブンノピッチングスレバダイジョーブ〜!
Dscf6418

6回途中降板 スタンドからは拍手
Dscf6419

ベンチから木村の投球を見つめる
Dscf6420

ありがとございますっ!
Dscf6422

伊志嶺は初回しっかり出塁
Dscf6381

岡田がしっかり送る
Dscf6384

高濱は送れるか?
Dscf6401

1塁線にセーフティー気味の絶妙バントを決めた!
Dscf6410_2

私もスクイズで1打点ッス
Dscf6412

ワタシノキメダマハふぉーくデスヨ〜
Dscf6431

バファローズ、ルーキーの深江 かなーり足が速いとの話 気になっている選手
Dscf6413

久しぶりの駿太
Dscf6428

☆試合後、今日の楽しみの一つだった「マリーンズvsバファローズ応援団バンド対決」かなりのお客さんが残っていました。
しかし始まったのが試合開始後1時間以上経ってから・・・今日は父親も一緒だったので、いろいろな都合から、バファローズ応援団は観ることが出来たもののマリーンズ応援団は最初だけ聴いて帰宅・・(Ustreamで聴いてましたが)。企画、内容共に良かっただけにここらへん改善してくれると嬉しいな。

バファローズ応援団バンド、上手かった・・というかとても良かった。(これ言ったらすっごい失礼なのかもだけど)Bsの応援はあまりカッコ良いとは思えなかったのだけど、バンド編成で聞くと凄いカッコ良かった。しょっぱなの「大村」で持ってかれました!(いない選手やんけ!)
マリーンズバンドは何回か聴いてますが、個人的にバファローズバンドの方が今回は勝ち!基本的にスカ調が良かったし、何気にベースがセンス良かった。マリーンズバンドももっとスカにしても良いと思うけどな〜ジンさんはもともとスカ傾向ですしね〜。・・・って生意気いいました、すみません。
最後にチャンステーマを演奏したのですが、これは2004年合併騒動後、近鉄バファローズとオリックスブルーウエーブの応援団も合併し、いろいろな思いを抱えながらも、「ブルーウェーブを忘れずに、赤のバファローズも忘れずに、オリックスバファローズの選手を一生懸命応援しよう!」という想いを込めオリックスバファローズになって最初に作った曲だそうで・・・いわれを聞くと聴き慣れたチャンステーマもまた違って聞こえました。

Dscf6445

バファローズ応援団バンド
Dscf6447

Ustreamより動画
マリーンズvsバファローズ応援団バンド対決!! 1

マリーンズvsバファローズ応援団バンド対決!! 2

★L4−2E
★H1ー1F

盗塁争い(9/17現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
48 本多(H)
45 聖澤(E)
28 岡田(M)
27 糸井(F)+1
26 伊志嶺(M)+1、内村(E)
25 川﨑(H)+1
23 松田(H)
20 片岡(L)
18 陽(F)+1
16 中島(L)
14 荻野貴(M)、福田(H)、松井(E)+1
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


|

« 初回の差がそのまま・・・ M2−4Bs | トップページ | 初回、逆転の5得点!でも勝てない・・ M6−7Bs »

コメント

阿部良かったですね〜!何よりも落ち着いていたし、球種豊富だし、次も見たい投手だと思いました。唯一気になったのは線が細いことですかね?もっとも、木佐貫も未だに細いですが。ストレートも142まで出ていましたし、もう少し出そうな気もします。でないと、タイプ的に唐川と被りません?

打つ方は、最初のチャンスでポンポンと見逃して追い込まれた清田が、うまく攻略されたのが痛いです。次以降もチャンスで回るも、いずれも初球狙いを見透かされたようにフォークから入られて空振り。あれで、ヤられた〜と思いました…。

采配的には、エンドランやスクイズがありましたが、やはり普段からやっていないとダメですね。スクイズは普段からやらなくていいですが。今シーズン、やったと思ったらつかの間、続かない。続かないからたまにやっても成功しない、みたいな流れになりました。主力離脱に伴い、決定力不足は早くから課題であったのに、スモール野球を補おうとしなかった采配のツケでしょうね。


投稿: トマト | 2011年9月18日 (日) 10時44分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

阿部、一番大したものだな〜と思ったのは落ち着きでした。もっと浮き足立つと思ったのですが。投球も、マウンドへの行き帰りも堂々たるものでしたよ。
球種も思ったより豊富でしたね。フレッシュオールスターの時はストレートとシュート、スライダーくらいだったので。
私は身体の線はそんなに細いとは思いませんでしたね〜ルーキーの時から2年くらいは細かったですけどね〜。体重もしっかり前に乗って放る事が出来ていますし、むしろなかなか下半身強いんではないかと思います!確かにタイプ的に唐川と似ていますね。次も観たいですね!
打つ方は・・・木佐貫のフォークが相変わらず打てませんね〜今年の木佐貫は不振なのに・・・
采配はやっぱりいろいろと思う所はありますね〜。もっと早くに「クセ」付けても良かったと思います。仰るように決定力不足、主力離脱も判っていたのに、今までそれを補うことをして来なかったツケが今・・・。何をするにも遅い、遅い!

投稿: BJ | 2011年9月18日 (日) 12時18分

現地観戦お疲れ様でした。
今回も週末に観戦しました。金曜日に自宅を出る時は雨、朝に南船橋あたりでも雨・・・無駄足になってもよいから中止にならないかな・・・と思いましたが、すぐ止みました。

阿部は本当によく投げました。ここや、他のファンブログでも、早く起用すべきという記事やコメントをよく見ました。実際に見ているファンの目は確かでしたね。
でも打線が・・・清田・・・初回にぼてぼてのゴロが打てない・・・
スクイズはよかったけど、三点目が取れない・・・
三点目が取れていたら、6回までもったでしょう・・・
本当によく投げてくれました・・・

小野が登板した時は、8月28日京セラDの悲劇がすぐ浮かびました。一緒に観戦していた千葉のファンの皆さんも、「小野はやめとけ」と意見が一致・・・そしてバルに被弾・・・
スコアラーだけでなく、素人でも相性が悪いのがわかるのに・・・

接戦だっただけに、ベンチの配慮の無さで負けたことがすごく痛いです。
両チーム応援団の競演、すごく見たかったですが、6時から残念会のため見れず・・・
でも、ネットの動画で見ました。大阪紅牛会の皆さん、すごくうまいですね。トロンボーンのお姉さんもかっこいいです。試合よりも楽しそう・・・濱中の応援歌は、今は竹原に使われています。カブレラはヘスマン。

心から、阿部に勝たせたかったと思った土曜日でした。

投稿: 大阪の一ファン | 2011年9月19日 (月) 18時59分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

観戦、お疲れ様でした!たぶんいらしてるだろうな〜とライトスタンド見ながら思いましたよ。しかしまあ、暑かったですね。
阿部はよく投げました。正直言って、3回持つかどうか・・・と心配していたのですが(もちろん技術的な問題ではなくてメンタル面です)堂々たるものでした。マウンド度胸もばっちりそうですね!
それだけに、仰るとおり後1点、1点で良いから欲しかったです。清田が何とかしてくれれば、と思いましたが記事中に書いたとおり起用法がめちゃくちゃで私としては同情的です。
晋吾は・・・伊藤ちゃんや内が健在だったら投入は無かったのでしょうが。翌日の俊介もそうですけど、先発が5回で降りると後ろがどうしても1枚足りませんね。
応援団バンド対決は楽しかったですよ!大阪紅牛会、失礼ながら予想以上に良かったです。この日は試合もバンド対決もBsに軍配!でした。

投稿: BJ | 2011年9月19日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/41783702

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部好投、今日は勝って欲しかった〜! M2−3Bs:

» プロ入り初先発阿部和成 素晴らしいピッチングだったよ! [いすみマリーンズ]
Bs:木佐貫-○香月兄-平野-S岸田 M:阿部-木村-●小野-カルロス・ロサ [ [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 23時46分

» 0917 さいたま鴎門下生、1軍初登板はほろ苦く。 [かもめ中心すたいる。 ~A Seagull flies across Chiba~]
 高橋2軍監督の、直々の「門下生」がプロ初登板 3-2 【 先発・阿部の成績】5 0/3回 96球 被安打4 奪三振2 与四死球4 失点2(自責2) 【 先発・木佐貫の成績】:6 2/3回 99球 被安打7 奪三振3 与四死球3 失点2(自責2)  ちょうど1週間前、ロッテ浦和の× で好... [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 23時55分

» オリとの継投勝負に敗れ5連敗・・・阿部和成は渾身の96球で上々1軍デビュー! 9/17 vsBs [PLAY THE GAME!]
本日は午前中に仕事が入っていたため、帰宅してからライブ観戦に入った時は2-2の同点で7回表バファローズの攻撃、マウンドには小野晋吾が上がっていました。 この時点で今日プロ初登板初先発を果たした阿部和成が好投したのだなという事は何となく想像できましたが、その点につ... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 01時28分

» 2011.9.17 マリーンズvsバファローズ観戦レポ~試合編~ [まりなび]
マリーンズの先発は、プロ初登板で初先発のの阿部。 初回に1死3塁のピンチを迎えますが、無失点で終えます。 オリックスの先発は、木佐貫。 伊志嶺君がヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決めます。 続く岡ちゃんが送りバントを決めて1死3塁の先... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 05時04分

« 初回の差がそのまま・・・ M2−4Bs | トップページ | 初回、逆転の5得点!でも勝てない・・ M6−7Bs »