« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

「マリーンズ野球」で連敗脱出! Bs3−4M

ナイスゲーム!やっと、やっっっと連敗脱出です・・・長かった〜。
ニッカン式スコア

久しぶりにバランスの取れた試合でした。先行して先発が踏ん張り逃げきる、というマリーンズらしい勝利でした。

先発の上野、「昨日から胸が苦しかった」というプレッシャーの中、持ち味である「腕を振る」という投球が出来ましたね!上野で面白いのは目を見張るボールがある訳ではないのに不思議なくらい点を取られないと言うこと。やはり腕をしっかり思い切り振る、ということが如何に大事かということなのでしょうね。今日は低めにも制球されていましたし、ピッチャーの原点ですね〜。
味方が3点目を取った次の回は先頭打者を始め2四球といかにも力んでるなぁーと心配でしたが、本人のヒーローインタビューにもあったようにアチャはじめ内野陣が声を掛け、最後は今江が後藤のボテボテのゴロを間一髪アウトにして上野を助けました。サードスタメンで足が心配だったのですが、良く守ってくれました。

打線は初回に4番・アチャが甘いボールを素直に打ち返して先制。3回には3番・今江が高めの球をしっかり右におっつけての犠飛、アチャ四球の後5番・井口がインコースのボールに身体が反応してタイムリーと、クリーンナップがしっかりと打点を上げました。
初回は1番・伊志嶺がヒットで出てチャンスメイク、3回は9番・根元のヒット、伊志嶺が送った後に2番・岡田のヒットと盗塁でチャンスメイク、9回には7番・角中がタイムリーで大きな大きなダメ押し点とそれぞれの打順の打者がそれぞれの役割をしっかり果たした結果が現れた4点だったと思います。

最終回に薮田がヒヤヒヤしながらもしっかりセーブを挙げました。本来の力強いストレートと制球が影を潜めていましたが、足だって万全ではないでしょうし、今日は「薮田がセーブ」という事実が大事です。

やっとマリーンズらしい試合で勝つことが出来ましたね!連敗を抜ける勝利を挙げたのがまだまだ経験の少ない上野だった、というのがまた一層のヨロコビです。もちろん成瀬とかで勝って「さすがエース」でも良いのですけど、若い投手(成瀬と1歳しか変わらないけどさ・・・プロの年数という意味で)が気持ちの入った投球で止めてくれた、というのが嬉しいです。
私としては勝利はもちろん嬉しかったのですけれど、「ホッとした」と言う気持ちの方がなんだか強いかな〜。でも、ゲームセットの瞬間の上野の笑み、薮田のどういう表情したら良いのかちょっと判りません、という微妙な苦笑い、みんな良かったなあ。マリーンズの選手が喜んでいる光景はやっぱりいいですね。

さて、明日からはマリンに戻ってファイターズと3連戦。大型連敗中同士のチーム、今日どちらも勝って欲しいと昨日書きましたが、晴れて両チーム勝ちました。これで連敗云々という話はひとまずストップ、リセットして新たな気持ちで連戦を迎えることが出来ると思います。
多大な借金はもちろんそのまま残っているものの、少しは選手たちも落ち着いて野球が出来るかな・・。
唐川ー斎藤佑樹というなかなか面白そうな組み合わせ、なんだかんだでまた斎藤を打てないんだろうなとは思いますけれど、今日の勝利の流れを持ち込んで快勝と行きたいですね!
明日は仕事がうまく収まればマリンに駆けつけようかなとは思っています。

☆初回、T-岡田のレフトフライでチェンジ、JSportsの中継もCMに入った・・・のに実はボークが宣告されていた。CM明けたらまたT-岡田が打席に立っていたのは何が起きたのか判らなかった(笑)もっと判らなかったのは上野のどこが一体ボークだったのか、という事。考えられるとしたらセットで静止していない、という事だけど・・・・うーん、普通に止まってると思うんだけどなぁー。
☆てっきり阿部が抹消と思っていたら、晋吾でした。晋吾にはスマンけど、ここで阿部を残した首脳陣の判断は評価したい!

★E0−1L
★H1−2F

盗塁争い(9/29現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
53 本多(H)
49 聖澤(E)+1
30 岡田(M)+1
29 糸井(F)、川﨑(H)
28 内村(E)
27 伊志嶺(M)
24 松田(H)
22 片岡(L)
19 中島(L)、陽(F)+1
18 福田(H)+1
15 松井(E)
14 荻野貴(M)
13 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2011年9月28日 (水)

そうではあるけど、上を向いて Bs6−0M

んまあー、厳しい敗戦でした。
ニッカン式スコア

今日はいつもの様に俊介は制球がどうの打線はどうのとか言うのも虚しいような見事な敗戦でした・・。私自身なんだか漠然と漫然と試合を観てしまい、途中うつらうつらしてしまったり・・・・きっと選手もこんな感じなのかしらーと思ってしまったりもします。

ここ3試合は先発が5回も持たず、大型連敗中でこれでは苦しいですね。しかも中郷を連投で計5回投げさしたりしたツケが回り、おとといに70球投げている大谷が中継ぎで登場、昨日3回2/3投げた吉見も登場と無理矢理感満載な投手リレーまで飛び出しました。
野手は井口が下半身の粘りがなく追いつける打球に追いつけず、細谷は守備の流れのあらゆる部分でポロポロ、根元は手つきが覚束なく・・・と守備面でも精彩を欠きました。細谷は今日の結果がどうか、と昨日書きましたが、打撃・守備ともにアピール出来ず、明日はスタメンから外れるでしょう。
寺原が良かったのも確かですが、打線もわずか2安打・・・。

今はどこをどう見ても勝てる要素が見当たらなく、従って連敗もいつ止まるのか全く見えて来ません。「たまたま」勝てる、というのはあるかも知れませんけれど「たまたまですら」勝てないからここまで連敗しているとも言え。

選手たちは自信を失っているように見えます。だからこそ目的も見失っている・・・。
昨日も書きましたが、「何か出来るはず」ではなく、「今自分は何が出来るだろうか」に集中して欲しい。
矛盾する言い方かも知れませんが、勝敗を気にするよりも何よりも「自分に出来ることをやる」事に心血を注いで欲しい。野手ならば確実に打球を処理する。確実にアウトを取る。打者ならば自分の打てる球を打つ。投手ならば自分の最高の球を投げる事に集中する。
地道に、出来ることをやって行く事の延長線上にファインプレーや、難しい球をヒットにすることや、最高の球を活かす為に組み立てを考える事があるのではないか・・・・。

逆に、首脳陣には必死に考えて欲しい。何が出来るか、手を尽くしたか、選手たちのパフォーマンスを発揮出来る環境を用意しているか。やり残していることはないか。

・・・と、そんな事を考えます。偉そうですみません。

私たち外野がやいのやいの言っても、試合をするのは選手たちです。自分の力で立ち直ってもらうしかありません。こんな状況でも選手たちには試合がやってきます。
がむしゃらにやって欲しいです。だけどそれは気迫を見せろ、とかヘッドスライディングしろ、とかそういう意味ではなくて、自分自身に対してがむしゃらに向き合って欲しい。それを目的意識にしても良い。

私達に出来ることは応援することくらい。今日も9回のレフトスタンドの声は大きかったですね。
でも、あくまでもファンはサポートです。選手たちの力で抜け出すしかありませんし、今一度、選手たちの底力を見せて欲しいです。
選手も、ファンも、上を向いて行きましょう!

明日は上野と西ですね。勝敗は結果でついてくればいい、上野には自分の投球をして欲しいです!

★E4−2L
★H7−0F
ファイターズ、9連敗。これは・・・明後日、12連敗と10連敗同士の対決が現実味を帯びて来ました・・・大型連敗同士、どっちかが結果的に連敗を止めた、って言うのはなんだか虚しいです。両チームとも明日勝って欲しいな・・・!

盗塁争い(9/28現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
53 本多(H)+1
48 聖澤(E)
29 岡田(M)、糸井(F)、川﨑(H)
28 内村(E)
27 伊志嶺(M)
24 松田(H)
22 片岡(L)
19 中島(L)
18 陽(F)
17 福田(H)+2
15 松井(E)+1
14 荻野貴(M)
13 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (8) | トラックバック (3)

2011年9月27日 (火)

ついにフタケタ連敗・・地道にやれることをやろう Bs6−4M

昨日今日と打線は4点取ったのですが、もう一押しが足りない・・。
ニッカン式スコア

先発の阿部はプロ初先発だった相手バファローズと2週連続でまた当たるという、ちょっと可哀想な登板ではありましたが、制球が甘く、痛打を喰らってしまいました。先頭坂口に粘られ四球、後藤、T-岡田と左打者にスライダーをきれいに打たれ、バリディリスにはシュートもしくはツーシームをこれもきれいに打たれ、と投げる球、場所が無くなってしまいました。こうなると苦しい・・・。(しかし個人的にはもっとシュートを使っても良いかと思う)特に左打者への攻め、これがもっと工夫が必要でしょうか。後は細かい制球も合わせ自分の足りない所、1軍の厳しさも良くわかったでしょう。恐らくこれで抹消になるのかな、とは思いますが、まだまだこれからの投手です!非常に大きな、貴重な経験をした筈なので、来年また大きくなって戻って欲しいですね。まずはキャンプで1軍メンバー入りだ!
2回までで5失点と大型連敗中のチームにはデカ過ぎる失点でしたが、阿部のようにこれからの投手が打たれたのならば気になりません。

後を継いだ投手陣は踏ん張り、吉見は阿部の後を継いでしっかり3イニング超を投げ試合を壊さずに作ってくれましたし、ヤマテツはすべて低めに制球され、ストレート、チェンジアップともに良かったです。やっぱり、前から何度か言っていますがそれなりのシビレる場面で投げる所を観たいと強く思います。
古谷は今日も良いボールを投げていました。試合展開としては非常に痛い追加点を取られましたが、大引と後藤のバッティングが上でしたし、しょうがない・・・・この出来でも点取られるんだな、中継ぎって大変な役割だな〜と思いました。晋吾の時は・・・大変申し訳ないけど、爆睡していた・・・。

打線は良いとは思えない(最近こればっか言ってる)中山の前にパタパタパタ・・・と倒れ、6回まで0行進。6回にやっと雅彦の内野安打が初ヒットという体たらく。
しかし7回、突如として打線が目覚め、一挙4点を奪いますが、及ばず・・・昨日今日と「もう一本」が出ません。
しかし、第一打席は外角のチェンジアップを泳いで三振、第二打席はその残像と記憶にがんじがらめにされ、追い込まれてからズバッときたストレートにみっともなく三振、と中山ー鈴木バッテリーにいいようにもてあそばれた細谷。
この細谷の第三打席が重要だ!と思っていたら、見事に甘く入ったチャンジアップをサク越え3ランしました!コメントによると「チェンジアップは捨てた」とのことで、その思い切りが好結果に繋がったのですね。最初の2打席は今季何度も見た「ダメダメ細谷」でしたから、ここで結果を出したこと、この意識の切替えと本塁打がひょっとするとこの先細谷の野球人生において大きな転換点となるかも知れません。これで明日も結果を出せば、ショートレギュラーが見えてくるでしょう。

しかしマリーンズは今日もミスがあり、2回のT-岡田の浅い犠飛であっさりと三塁走者の生還を許したり、細谷3ランの後正人がヒットで続き、追い上げムード最高潮の場面で雅彦が2塁を欲張ってアウトとなったり・・・これは痛かった。こういう走塁は私は本来とても好きで、雅彦としては2塁に行ければ一打同点のチャンスとなりますし、何より次の塁を狙った姿勢を評価したく、どう捉えるか非常に苦しいところなんですけど、雅彦が同点のランナーになることを考えるとやはり自重すべきだったと心を鬼にしてあえて言いたいです。2点差、ノーアウト1、3塁と1アウト3塁ではやはり全然違いますから・・・。後ろの投手を考えるとこのイニングが勝負だったと思え、非常に勿体無かった・・・。

打線は二日連続で集中打を見せ、少しずつ上向きかなとは思いますけれど攻守でミスが出てはやはり勝てません。
チーム状態が良いせいか、バファローズ打線は大振りせず、逆方向へしかもしっかり捉えてのヒットが目立ちました。本来はマリーンズが得意だった攻撃、打撃の筈です。
選手たちは今かなり苦しいと思いますけれど、プロですから容赦なく次の試合はやってきます。
守備でも攻撃でも投球でも、「自分達がやれること・出来ること」をしっかりやって、地道に毎日野球をやるしかないかと思います。
重苦しい連敗は続きますが、昨日今日と光明は見えてきています!連敗脱出を願います!

★E1−7L
★H10−1F

盗塁争い(9/27現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
52 本多(H)
48 聖澤(E)
29 岡田(M)、糸井(F)、川﨑(H)+1
28 内村(E)
27 伊志嶺(M)+1
24 松田(H)
22 片岡(L)
19 中島(L)+1
18 陽(F)
15 福田(H)
14 荻野貴(M)、松井(E)
13 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2011年9月26日 (月)

明るい材料もあった、今までとちょっとだけ違う敗戦 M4−5L

もうちょっとだったんだけどな〜。中郷にプロ初勝利をつけたかった。
ニッカン式スコア

先発の大谷は初回、中島に死球を与えてから窮屈になってしまいました。もともと両コーナーをいっぱいいっぱいに使わないと苦しい投手ですが、ジョニーも指摘していたように死球によりインコースが攻めにくくなってしまった・・・4回4失点で降板となってしまいました。それでも、中島の第二打席にシュートを放っていて、この強気はいいなあと個人的には思ったのですがね〜。しかしながら大型連敗中、4点を先行されると厳しいですね。

打線は、ストレート、変化球共にキレを欠く石井一久から3回まではただ打つだけの攻撃を繰り返し、今日もいつもと一緒か〜と思わせましたが、4回裏、清田の左中間、細谷の右中間への連続2塁打で2点を返します!清田の2塁打は低めのストレートに上手く身体が反応した感じで久しぶりに鋭い打球でしたし、なんと言っても細谷はアウトコースのストレートを美しい右打ち!しかも初球でしたから、その積極性と相まって素晴らしい2塁打だったと思います。細谷は2008年にヒーローインタビューに呼ばれる同点打を放ったり、今季ホームランも打ってますが、今まで1軍で放ったヒットの中で一番良いヒットだと思いました。この2点は嬉しかったですね。
・・・もっとも、清田のはやや出合い頭的でもあり、細谷は次の打席であっさり三振してしまい、二人共もう1本打ってくれれば・・という思いもあり、アピールにはもう1歩だったか・・・。しかし楽しい2点でした。
5回には、4回の勢いそのままに的場の2塁打をキッカケに無死満塁から今江が同点タイムリーを放ち、同点に追いつきました。・・・しかし!なおも続く無死1、2塁から4、5、6番が凡退・・・ここで逆転出来ていれば連敗脱出もグッと近づいたと思うのですが・・・このあたりが最下位になるべくしてなっている理由なのでしょうか・・・・後一押しが足りず。

しかし、中郷が5〜7回に素晴らしいピッチングを見せました。7回に勝ち越しとなる痛い1点を取られてしまいましたが、いつものようにやや高いながらも持ち味のストレートに威力がありました。何かしら開き直ったか、吹っ切ったか。中郷、ヤマテツ推しの私としてはかなり嬉しい投球でした。5回裏に勝ち越していれば、中郷にプロ初勝利がもたらされたのかも知れないのにな〜とそこが残念でした。
ここで、9人一回りを完璧に抑えていたらもう一段階上に上がれましたね。初勝利どころか初黒星となってしまいましたが、しかし期待の持てる投球でした。

また、8、9回を投げた古谷が大変申し訳ないながらもまさかの好投!腕が振れていて、体重も前にしっかり乗る素晴らしい投球で2回で5奪三振という好投。去年の一番良い時を思わせる投球でした。まー、このパフォーマンスを見せるにはかなり遅いぞ・・と恨み節もすこーし言いたくはなりますが、去年一年だけで終わりなのか?と思っていただけに、この投球は明るい材料となりました。
一つ言えば、最後の9回はヤマテツで行って欲しかったなぁー。

そんな訳で、今日も負け9連敗、悲しくも今季の負け越しが決定となってしまいましたが、実質それはもう判っていましたしそっちのショックはありません。(雨、かつ寒いなか観戦された方はきつかったかも知れませんが・・・)それよりも、清田・細谷にタイムリーが出たこと(最終回代打角中の当たりも良かった)、4点差を追いついたこと、中郷・古谷が好投したことで気持ち的にはかなり前向きな感じです。やっぱりこういう選手たちが活躍してくれると同じ負けでも全然違いますし、何とか連敗も脱出してくれるのではないか、とも思えます。

明日は阿部が先発ですね。連敗ストップ云々ではなく、自分の投球をして欲しい。結果として連敗脱出がついてくれば最高です。明日からの連戦、また期待しましょう!


盗塁争い(9/26現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
52 本多(H)
48 聖澤(E)
29 岡田(M)、糸井(F)
28 川﨑(H)、内村(E)
26 伊志嶺(M)
24 松田(H)
22 片岡(L)
18 陽(F)、中島(L)+1
15 福田(H)
14 荻野貴(M)、松井(E)
13 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (10) | トラックバック (3)

2011年9月25日 (日)

2時間ジャストの省エネ敗戦 M1−4L

何も言うべき言葉が見つからない敗戦でした・・・泥沼、8連敗。
Dscf6588
ニッカン式スコア

試合前に木村と高濱の抹消が発表され、かなりガックリ来ました。木村はおととい投げて今日抹消と一日空いたという事は何かあったのかな・・・代わりに上がった古谷もファームでポツポツと投げてただけですからわざわざ上げるというのも考えにくい。何かあったのならば心配ですし、何も無いのに落としたとしたら考えが判りません。
また、この期に及んで高濱抹消かよ・・・と。内野手は9人いましたから確かに余剰ではあるものの、来季を考えたら高濱は上に置いて経験を積ませるべきだと思います。ペンの枠を1つ空けないといけない事情はありますが、連戦続きとは言え投手は13人もいますし、左腕なら吉見がいますからわざわざ古谷上げる必要はないでしょうし、野手落とすならばとっても申し訳ないけど塀内もいますし、今江を早めに抹消して治療に専念させても良かったと・・。この二人の抹消は残念でした。もちろん、二人とも怪我、という可能性もありますけどね・・。

さてと、試合です。
試合時間は2時間ジャスト。ナイターだったら嬉しいけど、あまりにも短い・・・。如何に打線が淡白だったかを物語ります。
3回までにビジターチームが4点取った、ってなんだか数日前にどこかで見たのですが・・・その時はホームチームが逆転勝ちしたのですけどね〜。

気になるペンの投球ですが、内野二階からでは正直判りません。ただ、ストレートは球速出ていましたし悪くなかったと思います。課題のコントロールもそんなに悪くなく、制球を乱した場面もほとんどありませんでした。
ただ、初回からライオンズ打線がストレートを振ってきているなあ、というのは感じ取れ、おかわり君の一発はもろそのストレート。ペンは7回で5安打されますが、うち4安打はストレートでした。たった一本、カーブを打たれたのはストレートをホームランされた次の打席のおかわり君、と非常に判りやすい・・・この辺り的場の配球はどうだったのだ?と思いますね。意図があってストレート中心にしたのかも知れませんけれど、持ち味のナックルカーブが余り効果的に使えなかったのは勿体なかったです。配球次第ではもっと良い内容になったのではないかな?と残念です。
4失点しましたけれど、94球・7イニング投げられましたし、内容も悪くはなかったと思うのでかなり安心しました。むしろチーム状態がこんな状態での復帰登板というのが可哀想とも言え、ペンにはぜひとも来季も残って欲しいので、後2試合くらい投げると思いますが契約を勝ち取れるような投球を期待したいですね。

中郷が登板しましたが、実に久しぶりの登板・・・9月10日以来、15日ぶりです。なーんでこんなに間があくのか・・・昨日の薮田といい、登板間隔が空きすぎですよ。中継ぎは晋吾、ロサ、木村に如何に頼っているか、というのが良くわかります。しかも、中郷を2回投げさせるのならばもう1回はヤマテツでいいじゃないですか・・・・ここで2イニング投げさせる意味がわかりません。ちなみにヤマテツも10日を最後に投げていません。連勝中ならまだしも、連敗中にこういう投手を投げさせなくていつ投げさすのだ?投手は何人もいるのですから、片寄らずに投げさせて欲しいものです・・・。

打線はただ打つだけ、で特に見所はなく。しかし8回に放った井口の3塁打は実に井口らしい当たりで、久しぶりにああいう打球をみました。井口に関しては不調から抜けたと見てよいでしょう。

今季はそんなに良くない岸に楽に投げさせて完投を許し、何も出来なかった敗戦でした。金森コーチの言うことももう聞く耳持たないのかな〜。伝わって来るものがないといいますか・・・淡々と試合は進みました。

まあ、私的に敗戦にショックもなく、ああ、今日も負けたね・・という感情で悔しさもまるでないのですが、ファンにそう思わせているのはちょっとどうなんかな、とは思います。球場全体の雰囲気もそんな感じでした。
5位すら遥か遠くにかすみ、借金は20と大台、来季の陣容もわからずと選手たちもモチベーションを保ちづらいのは判りますけれど、球場にお客さんが来ているのだから・・・もうちょっと骨のあるとこを見たいですね。
女子テニスのグラフだったかナブラチロワだったか他の選手だったか忘れましたが、試合前に観客席を見渡し、誰か一人のお客さんを選んで「今日はあの人の為にプレーをする」と決めて試合に望んでいたそうです。そんな方法もありなんかなーと思いますね。

ま、こうなったらいくら連敗しようが付き合いますから、せめて監督にはいまさら左右病などこだわらず若手を積極的に使うとか、そういう楽しみを提供して欲しいな、と思いますし、若手にはミスを恐れず積極的なプレーを期待したいです。

では、今日の画像です。(クリックで拡大します)

伊志嶺の肩は心配です 噂の通り怪我ならばオフにしっかり治して欲しい・・・遠投115mを取り戻せ!
Dscf6505_2

今江とおかわり君は高校時に大阪で凌ぎを削っただけあって仲が良いですね
Dscf6511

その今江はシートノックにはついたもののDHでの出場
Dscf6506

しっかし爽やかやな〜
Dscf6503

今日の声出しは細谷
Dscf6516

試合前のおたわむれ
S0016530_2

ペン
S0056554_2

今日は晴れたり曇ったり 陽が当たるとかなり暑かった
Dscf6584

Dscf6565

★F0−4Bs
★E1ー2H

盗塁争い(9/25現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
52 本多(H)
48 聖澤(E)
29 岡田(M)、糸井(F)+1
28 川﨑(H)、内村(E)+1
26 伊志嶺(M)
24 松田(H)+1
22 片岡(L)
18 陽(F)
17 中島(L)
15 福田(H)
14 荻野貴(M)、松井(E)
13 後藤(Bs)+1

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (10) | トラックバック (4)

2011年9月24日 (土)

連敗中はどうしてもこういう流れになってしまうのか・・ M5−5L

どうにも歯車がかみ合いません。
ニッカン式スコア

今日、細谷が登録され早速ショートでスタメン起用されました。何故昨日じゃなかったのかは謎ですね〜。
ファームは利府に遠征中で、細谷は昨日試合に出ています・・もう1試合みて状態を判断したかったのかな?台風で移動が困難だった、とかも関係ないですもんね。木曜には新幹線動いていましたし。
しかも上野が先発しています。怪我では無かったんだ、とホッとしました。となるとペン登録の為に一度外れたというだけで、抹消期間明けの来週29日あたりのBs戦で先発でしょうか。

その細谷は今日は良い送りバントを決めました。2の0でしたが仕事はしましたね。守備の方は見事に機会無し。根元のショート守備の不安定さが露呈していますから、荻野貴が外野に戻るとすると来年のショートは細谷と高濱の争いになるのでしょうか?
細谷は今季初昇格直後の活躍だけに終わり、正直1軍での打撃は見ていて厳しいものがありました。今季2回の昇格を活かせなかった細谷、このチャンスで結果を出す、出さないで来季の処遇も変わって来るかも知れませんね。

・・試合の話から逃げてますね〜(汗
成瀬は良かったと思います・・・5回、連打の後に片岡に四球を出したのが勿体なかったですね。6回は浅村の送りバントを根元が処理出来ず満塁とされ、二死から片岡にタイムリーを打たれました。どうにも流れが・・・。
しかしこの場面、マリーンズ打撃陣ならノーアウト満塁から打者が二人倒れたら「もうダメだ・・」とシュンとなってしまうのに、これが他球団となると二死からでも「まだまだ!」という感じで打たれることが目立つ気がします。
まあ、実際の所はちゃんと統計とらないと判らないですが、感覚的にはそんな感じ。打者のメンタルの持ち方に違いがあるのか。はたまた投手がピンチを迎えてた時のメンタルなのか。攻守ともにそういう「踏ん張りどころ」で踏ん張れない、そんな弱さをマリーンズに感じてしまいます。

成瀬は6回101球、逆転された状態でマウンドを降りるという物足りない内容となってしまいました。今日の出来ならもっと期待出来ると思ったのですが・・。球審牧田は成瀬に厳しかったよなあ、とちょっと恨み節。

さて、打線ですが踏ん張れないと書きましたが8回に先頭の根元が出て、そこからうまく繋がりました。今江がきっちりバントで繋ぎ、二死から井口が昨日に続きらしいヒットで同点。昨日も書きましたが、井口は休養が良かったのは間違いなく、シーズン途中から休み休み使ってればもっと状況は違っていたのでは、と今さらながらフル出場に固執した事が(本人か首脳陣かはたまたフロントかわかりませんが)残念です。
その後も角中にヒット、代打福浦様の美しい2塁打で2点を勝ち越しました!やはり来年の福浦は「代打の神様」となってベンチで控えてもらうのが良いかも知れません。寂しいけど。

8回裏に2点勝ち越すという理想的な形でしたが、薮田がこらえ切れずドローとなりました。薮田は9月11日以来、12日ぶりの登板と間隔が空きすぎましたし、薮田で打たれたら仕方ありません。それよりも、打球を受けた足が心配です。打撲だと思うので抹消には至らないと思いますが・・・短くても2、3日は無理でしょうね。もう優勝争いしている訳ではないですし、無理はして欲しくありません。当面はロサを後ろに回すのが適当でしょう。ここで空いた中継ぎ枠に、是非ヤマテツを!と強く希望します。彼には良い場面で投げさせて経験させたい。

まー、連敗は止まらず、勝てる試合も落としてしまいました。これが連敗中と連勝中のチームの状態の差なのでしょう。しかし終わった事は仕方ありません、明日のペンの復帰登板に期待しましょう。もちろん過度な期待は酷でしょうけれど、どこかいつかで連敗は止まるもの。そう考えて応援するしかないですね。
今日の試合は打線に光が見え、どうしようもない状態からは抜け出しそうな気配も感じます。8回の攻撃の流れを明日もしてくれば!少し希望は見えたかな。

☆へんとう炎から復帰後の伊志嶺に以前の勢いがないのが気になります。昨日今日と最後に代打を出されてしまいました。疲れも相当溜まっているかと思いますが、全ては経験、経験です。後少し、シーズン終了まで走り切って欲しい!

★F0−5Bs
★E8ー0H

盗塁争い(9/24現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
52 本多(H)
48 聖澤(E)+1
29 岡田(M)
28 糸井(F)、川﨑(H)
27 内村(E)
26 伊志嶺(M)
23 松田(H)
22 片岡(L)
18 陽(F)
17 中島(L)
15 福田(H)
14 荻野貴(M)、松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年9月23日 (金)

7連勝と7連敗かぁ〜 L6−4M

序盤で勝てるかも・・・と期待してしまったのが悲しい。
ニッカン式スコア

打線は下位打線の根元、的場のタイムリー、相手のエラー、復帰の今江のタイムリーと理想的な形で序盤に4点を取りました。
こういう形で点を取ったのならばそのまま勝ってこそソツの無いチーム。先発は唐川ですし、勝てるかも!と思いました・・・マリーンズは何があるかわからない、って充分知っているのに。

唐川は現地で観る限りはストレートもキレてましたし時折挟むカーブも効果的で、そんなに悪いとは思わなかったです。4回2死からフェルナンデスにソロをくらいましたが、まぁそんなに悪い点の取られ方ではありません。しかし、この後に坂田の遊ゴロを根元がまずい守備で悪送球してランナーを出してしまい、続く秋山のセンターへの飛球を名手・岡田が捕れず2点目を献上。後から見ればこの2点目が余計でした。
根元は遊ゴロを待って捕った上に捕球してから投げるまでに無駄な動きが入りました・・・やはり肩が強くないからこうなっちゃうのかなあ。ショート根元はどうしても信頼感が低くなってしまいます。セカンドの方が良いような気がします。岡田はボールを見失ったのでしょうか、落下地点まで行っていましたし捕球体勢に入ってましたからね〜唐川には不運でしたが、岡田が捕れなかったら仕方ないですね。東京ドームにしろ西武ドームにしろ乳白色の屋根、なんてのは特にデーゲームはボール見にくいですよね〜。いっその事黒い屋根にしてしまえ!・・・と無茶を言ってみる。

唐川は6回1/3、4失点(自責点2)でマウンドを降りました。的場の悪送球もあり(これ、井口に前に止めて欲しかった)野手に足を引っ張られるという残念な形でした。得てして勝てない時はこんなもんなのでしょうね。フタケタ勝利は来週に期待しましょう。
しかし、唐川の後を受けた木村はおかわり君を注文通りのゲッツーに仕留めました。ここはナイスピッチング!しかし、この時ブルペンでは晋吾も準備していて、晋吾かと思ったのですが右打者が続くにも関わらず木村をマウンドに送った采配は評価したいと同時に、晋吾はこの事実を重く受け止めないといけないですね。
木村はイニング跨ぎとなった8回に1失点した後にランナーを残して晋吾に交代、晋吾も打たれて2失点とし敗戦投手となってしまいました。しかし木村は責めたくありません。むしろ2死から後を継いだ晋吾がフォアボールの後に栗山に初球をタイムリーされる、という捕手的場も含めベテランバッテリーらしくない形であっさりダメ押しとも言える4点目を奪われたのが情けないです。たった1アウト取ればチェンジだったのに・・晋吾、しっかりしてくれ!投球スタイルが好きな投手なだけに悔しいし、歯がゆいです。

しかし打線は4点取った後はいつもの3939打線になってしまい、好機で追加点が取れず・・・ここがやはり最大の敗因かと思います。特に無死2、3塁で点が取れなかったのが痛い・・・。
今江が復帰タイムリー、アチャの2塁打で3塁まで激走と頑張りを見せ、休養明けの井口も「らしい」ヒット2本と明るい話題も多かっただけに序盤の4点で終ってしまったのが残念でした。
このあたりは上昇気流に乗っているライオンズと鳥なのに乗れないカモメ、両チームの状態の差がそのまま試合運びに出てしまった感がありますね。

明日はマリンに戻って成瀬ー西口のマッチアップとなります。まーた勝てる気がしなかったりしますが、これ以上負け続ける訳にも行きません。7連敗中のマリーンズに対して7連勝中のライオンズと勝てない要素満載ですが、ホームで連敗脱出を切に願います!

☆清田、根元のタイムリーで坂田の送球が逸れる感にホームまで激走!しましたが、頭から飛び込んだ清田の手のところに銀仁朗が走りこむ・・・「踏まれるゥゥゥゥ!」と観ていて恐ろしかった・・・もう怪我はゴメンです。

では、画像です。今日は少しです。

スタメン復帰の今江 今日はタイムリー1本で充分役目は果たしましたね
Dscf6455
Dscf6473

根元はバッティングが良かったら守備に課題が出たり、とどうにも安定しない・・・
Dscf6470

井口、早くから休養していれば今のこんな結果にはならなかったのでは・・・?
Dscf6495

唐川 深いステップ、柔らかい肘のしなりは相変わらず美しく素晴らしい〜
S0016462

前から気になっているこのティアラ・・・これを奪ってしまえば勝てるような気がする・・・(悪)
Dscf6491

★E2−3H
★F2ーBs4

盗塁争い(9/23現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
52 本多(H)+1
47 聖澤(E)+1
29 岡田(M)+1
28 糸井(F)、川﨑(H)+1
27 内村(E)
26 伊志嶺(M)
23 松田(H)
22 片岡(L)+2
18 陽(F)
17 中島(L)
15 福田(H)
14 荻野貴(M)、松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年9月22日 (木)

明日は意外にも唐川 〜ホークス和田の唸る練習方法など他球団ニュースも〜

明日から始まる10連戦、初戦の先発は意外な事に唐川でした。
てっきり成瀬ー唐川ーペンー・・・・という流れだと思っていたので。
唐川がエース扱いという事なのか、それとも他に意味があるのか。
通常の日程なら成瀬を次カード頭という考えもありますが、10連戦なので成瀬に2度は投げて貰いたいことを考えるとやはりライオンズとの変則4連戦中には投げるでしょうね。

また、今江がDHで復帰との事。そうすると明日が左腕の帆足なので清田がライトで先発、ライトかDHでの起用だった角中はベンチスタート。
内野陣は1塁アチャ2塁井口でしょうから、ショートは正人。サードに根元・塀内・高濱と左打者トリオの内誰が入るのか・・・・個人的には高濱ですが・・・根元なのかな。
伊志嶺は1番に戻るでしょうね。そうなるとオーダーは

1(左)伊志嶺
2(中)岡田
3(DH)今江
4(一)アチャ
5(二)井口
6(右)清田
7(三)根元
8(遊)正人
9(捕)的場

となるのか・・・・な。帆足から点取れるのかなぁ・・・また唐川に限りなく抑えてもらう、という投手に負担を強いる事になるのでしょうか。
明日は参戦しますが・・・今季私は西武ドーム無茶苦茶相性悪いです・・・勝って欲しいけど、とりあえずごめんなさい、と謝っておきます(泣

さてと、他球団ではドラゴンズの落合監督が退任というニュースが。まだまだCS争い真っ最中にこんな話が出るのはどうなんでしょう。ここもゴタゴタしてますね〜。
落合監督はその秘密主義とかファン不在にも思える情報統制がどうなんだろうとは思ってはいました。今年のオールスターで監督推薦で選手を選出した際もノーコメント、ってこれにはさすがに呆れました。WBCへの非協力体制も恐らく監督の意向は大きかったでしょうし、その辺りはこれで改善して欲しいなあとは思います。
しかし落合監督の「名選手名監督にあらず」を覆した監督手腕は見事でした。一番印象に残っているのは、就任が決まると「現有戦力で戦う」としてオフの戦力補強を一切せず、また1軍・2軍の分け隔てなくみな一緒に見たい、競わせたいとのことから1・2軍全員の合同キャンプをやったこと。そして、就任一年目で見事リーグ優勝!これには心底感心しましたね〜。
歴代監督の中でも特筆されるべき監督だったなあ、と思います。

しかしでは次の監督は誰だ、というとなんと70歳になる高木守道・・・びっくりですね。失礼ですがとりあえずの就任という感じは否めません。
以前ドラゴンズの監督を務めていた時は、確かタイガース戦で(当時はタイガースの)久慈が放った”普通の”内野ゴロをファールとジャッジされ、抗議に出て審判を小突き退場、そのままチーム不振の為休養・辞任という余りにも可哀想な散り方をしたのを覚えています。良く受け取ればそのリベンジの機会が与えられたという事なのでしょうが・・・次々監督への繋ぎなのでしょう。

そして、なかなか面白い記事がありました。

なるほど 和田 内川のフリー打撃で守備に就くのが日課(スポニチ)

 ソフトバンクは21日、和田毅投手(30)が5連勝中と好調のオリックス打線を相手に今季2度目の完封で13勝目をマークした。

 最近は内川のフリー打撃中に遊撃の位置でノックを受けるのが日課。「ウッチーのフリー打撃で、このコースに行けばゴロになるとか、分かるのは勉強になる」。首位打者を観察することで、本番での相手への攻め方の参考にしているという。

守備勘を養う為にフリーバッティングの打球を受ける野手はいますけど(岡田がそうですね)、自身の投球の為に観察するっていうのは初めて聞きました。
一流の選手っていうのは独特の感性とか練習方法があるものだと思いますが、さすが和田、と唸らされる記事でした。工夫っていくらでも出来るものなのだな〜あ。


盗塁争い(9/22現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
51 本多(H)
46 聖澤(E)
28 岡田(M)、糸井(F)
27 内村(E)、川﨑(H)
26 伊志嶺(M)
23 松田(H)
20 片岡(L)
18 陽(F)
17 中島(L)
15 福田(H)
14 荻野貴(M)、松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

まずは試合に集中!

お家騒動は今日も続き、”あの”東スポにも続報が出るなど、ゴタゴタは相変わらず。
野次馬的にはこういうのも面白いと言えば面白いのですけれど、今はまだシーズンが残ってますし、あまりこっちに話題を取られるのも寂しいものです。
結局のところ本当の事なんてファンにはわかりませんし、後任人事にしたって監督とかなら野球ファンとしてあの人だこの人だと半分楽しみながら名前も上げることは出来ますが、社長となるとさっぱりわかりません。
普通に考えれば社長ならば経営手腕が何より問われるべきでしょうし(しかしスポーツビジネスはここ10年で大きく変容を遂げていますから、出来れば楽天イーグルスの島田亨社長の様に若い人がいいなあ)、運営本部長ならば野球をよく知り、判断力、計画力、短期・長期視野とも併せ持った人物・・・になるのでしょうね。しかし編成の仕事ということで言えば今までの功績すべてが石川氏の判断でもないでしょうから、これまでの編成の仕事ぶりを見ていると人材は松本統括を始めまだまだ有能な人はいるでしょうし、そんなに悲観することもないのかな〜とも思うのは楽天的に過ぎるでしょうか。
そんな訳で、私的には騒動も気にはしつつも、ひとまず置いといて、また試合に戻り今までのように戦力やら起用やらをあーだこーだ言いたいな〜と思います。

さて、今日も仙台での試合が中止になりました。11日に予備日設定がありますので、この日に入るのかな?でも発表がありませんね・・・昨日の中止分の7日への振替はすぐ決まったのに。まだ調整が必要なのでしょうか。
しかし11日と仮定するとこの時点で既に10連戦。明日の予報もかなり良くありませんので(たぶん無理でしょう)、明日が中止になったら・・Kスタの連戦最中にWヘッダーとなるのか、もっと後ろに持っていくのか。
選手にはかなりハードとなるのは間違いありませんが、そもそも震災にて開幕が後ろにずれた事が根本要因ですし、開幕問題の頃は「日程が過密になるのは覚悟している」という選手会としての言葉もありましたから、それを思い出して何とか乗り切って欲しいものです。疲れが溜まりに溜まってる時期ですから、怪我だけ無ければ良いのですが・・。

そんな中、明日の予告先発がペン、との発表がありました!これは嬉しいですね。病み上がりですし、どこまで投げられるのかは未知数ではあります。浦和でも1試合しか投げていない(でしたよ・・ね)と思いますので、問題は試合勘とかそちらですかね。
今後のペンの投球は来季契約にも関わって来ますし、是非良い投球を見せて欲しいです。ペンの投球スタイル好きですし。

昨日の先発オーダーは伊志嶺が9番、根元が2番、そして井口が5番セカンドで復帰していました。伊志嶺は明日が塩見ということを考えるとまた1番に戻る可能性は高いでしょう。井口はここしばらく試合から外れていたこと、さらに2日続けての雨天中止での休養がどうでるか・・・後半の失速は「疲れ」が大きかった事は間違いないでしょうから、どれだけこの復帰後にやってくれるか注目したいと思います。「キレのある井口」が帰ってくれば得点力が大幅に増すのは間違いないでしょう。瀬戸山・石川氏が去る今、実力で雑音を封じて欲しいですね。
今江は代打ならOK、と言う事ですので、皮肉にも人材不足だった「右の代打」がこれで少なくとも今は控えることになります。試合の終盤で今江の存在がどう影響してくるのか、興味深く見ていきたいですね。

先発ローテはまた再編、西武ドームとQVCマリンでのライオンズとの変則四連戦を皮切りに今度は10連戦が続きますが、成瀬がまずは頭となるのでしょう。

今現在先発は成瀬、唐川、俊介、大谷、阿部、ペンと6枚います。連戦がまだまだ控えますから出来れば避けたいですが、一回り以降は中5日ならばこの6人で回せますし、上野の抹消が怪我でさえなければ連戦終盤に抹消期間が明けますから、先発に関してはなんとかなりそうです。
問題は中継ぎで、晋吾の場所が難しくなって来ました。先発が6回まで持てば木村ーロサー薮田といます。しかしペンや阿部はどれだけ投げられるかまだまだわかりませんし、大谷、俊介も投げてみないとわかりません。5回で降板するようなことがあれば晋吾を挟むという形でしょうね。

しかしまあ、一部報道にありますように現行フロントに選手が不安を覚えていたのならば、退任が決まったことで「とりあえずは」選手も落ち着いて試合に望めるのではないでしょうか?心配なのは、むしろ来季の去就が全く決まらないコーチ陣のモチベーションだったりもします・・・。

怒られるかも知れませんが、順位はどうだって良いです。これからの残り試合は来季に向けて明るい材料が見えるものであって欲しいし、采配・起用法にもそれを求めたい。もちろん期待されている選手たちには、今一度試合に集中し、フロントのゴタゴタを吹っ飛ばすような活躍を期待したいところです。

・・・明日も中止だと4日間試合が無いことになるのか〜それは寂しいですね、やっぱり。

★L5−4F
ライオンズ、6連勝!これだけ上り調子のチームと4連戦かあ、なかなかキツい・・
★Bs2−1H

盗塁争い(9/20現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
49 本多(H)
46 聖澤(E)
28 岡田(M)、糸井(F)
27 内村(E)
26 伊志嶺(M)、川﨑(H)
23 松田(H)
20 片岡(L)
18 陽(F)
17 中島(L)+1
14 荻野貴(M)、福田(H)、松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

お家騒動。 石垣キャンプも心配

今日のKスタは雨天中止・・試合が無いのはつまらんですけど、今のチーム状況を考えたら中止で良かったかも知れないですね。9連戦中ですし。

さて、瀬戸山球団社長・石川運営本部長の突然の退任が発表されました。
昨日も少し触れましたが、この二人は強権を握ったままだと思っていたので、こういうシナリオは全く予想しておらずかなり驚きました。

瀬戸山社長は旧態依然としていたチームに改革をもたらし、地域密着を推し進め現在の活気あるマリーンズを創り上げました。着任した2004年から、ボビーの監督就任とも相まり明らかに球団は変わりました。
また、招聘の一番の理由、コストカッターとしての手腕も発揮し、赤字圧縮にも貢献しました。
そういう部分は評価しないといけないでしょうし、感謝したいところもあります。
2004年の合併騒動では古田に握手を拒否されて悪役にもなったりと色々な事があったでしょうから、「疲れた」という言葉も嘘偽りのないものでもあるでしょうね。いろいろな意味と感情を込めてお疲れ様でした、と言いたい所です。

石川運営本部長に関してはメディアを始め諸媒体にて虚々実々の話が出まわり、どこまでが真実なのかはわからないまでもどうしてもダークなイメージがついてまわりました。
しかしながら「編成」に関してはその手腕は認めざるを得ず、薮田や的場、秋親の活躍や、ペンやロサ、カスティーヨなどシーズン途中の獲得選手が活躍したりと「見る目」は確かなのだなあと思わせられ、編成に関しては一定の信頼を置いていました。去年のリーグ3位と日本シリーズ優勝、今年も現在最下位ながらもシーズン中盤まで3位に踏みとどまっていたのも編成手腕の賜物と言っても良いでしょう。

それでも、瀬戸山氏が自らの「懐刀」であった石川氏を2008年オフに招き入れ、力のあるポストに据えてからと言うもの、久保の移籍に始まり、直行のあっけない放出、シーズン開幕前からの監督の退任発表、など普通では考えられない事例が見られるようになりました。
その極めつけがサブローの放出だったと言えるでしょう。今回の退任劇は、いくらなんでもやり過ぎた、という事なのでしょうね。
そもそも今現在のチーム状況の悪さはサブロー放出に端緒があるのでは、と思う人も多いと思いますし、私もその一人です。

とはいいながらも純粋に石川氏の仕事の成果だけを見れば風当たりは強くとも編成の手腕を評価されて済むのかも知れません。しかし、マスコミに「もっともらしいこと」を得意げにペラペラ喋るその姿、これが私にはもう我慢ならん!ものでした。こういう人は何もプロ野球界に限らず、私たちの実社会でも信頼に足りません。

ですのでチームがこういう状況にある今、二人の退任に関しては残念と思う気持ちも沸かず、いや、はっきり言ってしまうと、万々歳です。ホッとしました。
二人にだって「言い分」は沢山あるでしょうし、「やってられっかよ!」みたいな感情もあるのかも知れません。裏には様々な派閥闘争やらなんやらもあるでしょうから、単純に良い事ばかりでもないでしょう。
それでも、やっぱりここ最近の球団の雰囲気はおかしかったと言え、チームも最下位(に終わりそう)の今年を契機としてフロント人事を一層するのは良いことだと思われます。

とはいえ、来期以降がどうなるかはわかりません。
「今思うと前の方がまだ良かったね」なんてセリフはこの先絶対に言いたくありませんから、野球に情熱があり、しかも常識を持ったしかるべき人の人選を重光オーナー・オーナー代行には是非お願いしたい所です。本社からの出向でお茶を濁されるようだと確実に後退するでしょう。
瀬戸山氏の招聘は当時かなり思い切った判断でした。同じような「英断」で社長選びをしてくれるよう願っています。

ここで一つ心配なのは、石垣キャンプの事。
周知の通り大嶺祐太入団を契機に石垣市とロッテ球団との関係が始まった訳ですが、その時からずっと瀬戸山社長は石垣市と良好な関係を築いてきたのですよね。新辞令でやってくる人たちは石垣市なんて関係ないよ、という人達ばかりでしょうから、キャンプ地を白紙に戻しそうでそれが不安です。

何しろ石垣市は苦しい財政の中、マリーンズの要望に応えて室内練習場を始め運動公園を整備し、今年は市営球場まで新装しました。”市営”球場ですよ。これら億単位の費用は当然石垣市の財源から拠出されています。住民の中には税金を使ってまで新球場を造ることを良く思っていない人だっています。
でもマリーンズが来ることで石垣市に経済効果あったでしょ?と言う人がいるかも知れませんが、ほとんど効果なんてないですし。(具体的な数字は発表されてませんが、知人やそうでない人を含めそういう声は石垣で多方面から聞きました。私もキャンプ前、後で変わんねえな〜と感じてます。マスコミへの地名の露出だってたかが知れてます)

鹿児島出身の西村監督就任が決まった2009年オフの秋季キャンプはケンカ別れした筈の鴨池で行われたり、今年の練習試合で高知まで行ったのはキャンプ候補地の視察も兼ねていた、なんて噂もあったりして、キャンプ地がどうなるかは予断を許しません。

もちろんキャンプ地は選手たちにプラスになることが優先されるべきであり、石垣よりも良い所があれば検討するのは当然でしょう。私が石垣を昔から好きなのでキャンプを続けて欲しいという私情も強いのですけれど、それを別にしても、経済体力の弱い地域に今までさんざん協力をさせといて「ポイッ」という事だけはやめてほしいと心から願います。

それにしても、球団人事に話を戻すと、慶彦2軍監督・西本コーチの退任はショックでした・・・若手が育ってないとか言うけど、上であまり起用しないってのもどうかと思うよ。

★L7ー5F

盗塁争い(9/19現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
49 本多(H)
46 聖澤(E)
28 岡田(M)、糸井(F)+1
27 内村(E)
26 伊志嶺(M)、川﨑(H)
23 松田(H)
20 片岡(L)
18 陽(F)
16 中島(L)
14 荻野貴(M)、福田(H)、松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

初回、逆転の5得点!でも勝てない・・ M6−7Bs

うーん、弱いなあー。6連敗は今季3度目、2カード続けての被3タテとなってしまいました。
ニッカン式スコア

試合前に瀬戸山球団社長と石川球団運営本部長が退任、という衝撃的なニュースも飛び込んで来ました。このへんに関してはまた別エントリーしようかなぁーとも思いますが、意外でした。・・・この展開は予想していなかったですね。初回の一挙5点はその解放感かしら〜なんて事も考えたりしちゃいましたが(苦笑)。
まー、来季がどうなるのかはわかりませんけれど、ファンとしては、「今、そこにある試合」がやはり大事なところ。今日観戦に行っているファンだっているのですし、ペナントレースはまだまだ終わらない!
しかしまあ、あれほど固くなにスタメンから落とさなかった井口を最近続けて外している事・・・今回の退任発表と関係があるのかないのか。だって・・・不自然だよね。タイミングの合致が気になります。

さ、かなり早いストーブリーグの話題は置いておいて今日の試合です。
マリーンズのオーダーは3番清田、5番角中始め基本的に昨日を踏襲するものでしたが、高濱が外れた事にがっくりきました。高濱に賭ける、育てる、んじゃやっぱり無かったんだ・・・。マクレーンが左腕とて、武田勝の時はスタメンだったのにな〜。こんな、使ったり使わなかったりじゃ「その他大勢」と同じですね。荻野貴司離脱後、結局固定出来なかったショート。来季を考えると高濱抜擢、そのくらいはしても良いと思ったけど・・・がっかりです。

俊介は何と言ったらいいか・・・やっぱり制球ですよねえ。ある意味荒れていて、それが吉と出ることもあれば凶と出ることもあり。いきなりの初回3点はまいりました。味方が5点取って跳ね返してくれた後も吉凶を繰り返すピッチング。風速は6m前後だったようですが、強すぎたのか?最終的にリードを守れず負ける訳ですけれど、俊介が5回しか持たなかった事が一番の原因でしょう。

打線はいきなりの反発力を見せました!3点取られた裏に5点返す、なんて全く考えていなかったですよ。調べてみたら、1イニングに5点以上取ったのってあの8点差を追いつかれた8月18日のファイターズ戦以来、26試合ぶりなのですね。ちなみにその試合以降は多くても1イニングに3点取ったのが2試合のみ。如何に打線が繋がっていなかったか、を物語っていますね。
今朝の朝日新聞朝刊スポーツ面に「薄い選手層 もがくロッテ」というコラムがありましたが、それによると1試合平均残塁は7.38とリーグ最悪だそうで。「和」はいったいどこに行ってしまったのか・・。
今日も最初に5点取って安心した訳ではないでしょうけど、そこから1点しか取れなかった。もちろんフィガロが良かったというのもありますけれど。

打線が点を取れば今度は投手陣が持たず、とどうにもバランスが悪い。
明日からはKスタですから、これまた分が悪く、さてどうなるのか甚だ不安ではあります。成瀬ー岩隈と言ったネームに見合った締まった試合が観たいところです。

敗戦のショックはもう見事なくらいにもはや「無い」のですが、それでも今日はなんだか試合内容にこれ以上触れるのも気が向かず・・・今日はこのへんでやめときます。あ、木村は今日も素晴らしい投球でしたね。正人が2ベースの時の笑顔も良かったなあ。
そうそうもう一つ、今日ファームで荻野忠寛が復活登板を果たしたようですね!詳細は知りませんが、良かった〜。今期中に一度でも良いから上で投げて欲しいです!

明日のKスタは気持ち良さそうですね。こういうチーム状況でも参戦するファンは沢山いるでしょう。その為にも良い試合して勝って欲しい!

★L2−1E
★H4−3F

盗塁争い(9/18現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
49 本多(H)+1
46 聖澤(E)+1
28 岡田(M)
27 糸井(F)、内村(E)+1
26 伊志嶺(M)、川﨑(H)+1
23 松田(H)
20 片岡(L)
18 陽(F)
16 中島(L)
14 荻野貴(M)、福田(H)、松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年9月17日 (土)

阿部好投、今日は勝って欲しかった〜! M2−3Bs

阿部、好投!こういう試合は取って欲しかったな〜。
Dscf6438
ニッカン式スコア

今日最大の楽しみ、プロ初登板初先発の阿部は素晴らしい投球でした。ランナーは出すものの、落ち着いた投球で5回まで無失点!立派です!
今日観戦したのが3塁S席で、何しろ太陽が眩しい・・投球を落ち着いて観られませんでしたので、具体的な投球内容はなにも言えないのですが(帰宅したら録画観ます)、基本的にストライクがきちっと取れるというのは必要にして最低限の投手の資質・・これがしっかり出来ていたのが好投につながったのでしょう。持ち味を十二分に発揮したと思います。
今日は試合最初から最後までセンターからホーム、もしくはレフトからホーム方向へほぼ風速7mの風が吹き続けており、アジャストするのも大変だったと思います。
想像するにプロ初登板てかなり緊張すると思うのですけどね〜それを感じさせない投球でした。
6回に無死からヒット、四球、2塁打で1点を失い降板しますが、上出来と言って良いでしょう。
今年は開幕してからずっとファームで好投を続けており、春過ぎには早くも阿部先発待望論もファンの中で沸き起こっていた中でいささか遅すぎる先発起用となりましたが、好投に安堵と「ほら見たことか」という気持ちと両方です。
とにもかくにも、阿部は記念すべきプロの第一歩を記しました。今日はランナーを残して降板、勝ちが消えてしまいましたが、次回への糧としてくれるでしょう。同い年、同期の唐川と先発ローテなんて時が来ることを!

後を継いだ木村は、二塁ゴロの間に1点を失い同点とされて阿部の勝ち投手は消えてしまったものの、後続はきっちり抑える好投を見せてくれました。木村は1軍昇格後、常に安定した投球をしてくれていますね。今は貴重な中継ぎですが、それでも木村の先発も観たいな、と思わせてくれます。

打線は・・・・相変わらずで、再三の得点機を作るもホームが遠い・・・・3回に清田の二ゴロ、4回に塀内のスクイズで1点ずつを取るのが精一杯。スクイズの場面は正直、こうやって頑張ってちまちま点取ってもあっさり追いつかれたり逆転するんだよなぁーと思ってしまいましたが、しかし今の打線を考えるとこうでもしないと点を取れないですからね・・・監督としてもホントは繋いで繋いである程度のチャンスを作ってそれなりの点が欲しいと思っているでしょうし、現状を考えるとスクイズは仕方ないですね。
清田は4回の打席すべてが得点圏に走者がいるという状況で内野ゴロの1打点に終ってしまいました。3番5番は清田と角中で逆じゃないのか?とも思いますが、清田とてポッと試合出されて4番、でまた外されて、またポッと試合出されて3番、とクリーンナップ任される割に毎日の試合は任されないという同情すべき役回りですから、これもまた致し方なし。このあたりどうにも納得がいかない采配です。

しかし、今日は初回伊志嶺が出塁して、次打者岡田の初球でバントかと思いきやスチールを仕掛けたり、2回には先頭の角中が出塁して次の高濱でバスターエンドランを仕掛けたり、と積極的に動いた姿勢は評価したいです。しかし、しかしこの所毎日言っていますがそういう「改革」をするにはおーそーすーぎーるー。

プロ初登板の投手が試合をしっかり作った、というこういう試合はやっぱり勝って欲しかったな・・・阿部に勝ちが付かなかったとしても、好投を無駄にしないためにも勝って欲しかった・・・。特にここ最近のメンツはファームで共に戦った野手が多いですからね〜。
とにかく、1点でも勝ち越されると途端に雰囲気が悪くなって「負け臭」がプンプンしだすのは何とかして欲しい。観ている方も「またかよ・・」となってしまいます。せっかく9月は週末に試合が続き大人も子供も球場に足を運んでいるのですから、この辺りをどうにかして脱却して欲しいですね。阿部の初登板がそのきっかけになるかと思ったのですが、叶わず・・・・。
明日、明日は意地でも勝って欲しい。2カード続けて3タテ食らうのはさすがに悔しいです。

それでは今日の画像です。どうしたって阿部中心!

来ました、阿部プロ初登板初先発!
Dscf6356

プロ初登板ってどんな心境なんだろうな〜
Dscf6355

ええフォームや〜
S0196367

バファローズベンチは早くも3回表に円陣
Dscf6405

先輩、点取って下さいね!
Dscf6404

ジブンノピッチングスレバダイジョーブ〜!
Dscf6418

6回途中降板 スタンドからは拍手
Dscf6419

ベンチから木村の投球を見つめる
Dscf6420

ありがとございますっ!
Dscf6422

伊志嶺は初回しっかり出塁
Dscf6381

岡田がしっかり送る
Dscf6384

高濱は送れるか?
Dscf6401

1塁線にセーフティー気味の絶妙バントを決めた!
Dscf6410_2

私もスクイズで1打点ッス
Dscf6412

ワタシノキメダマハふぉーくデスヨ〜
Dscf6431

バファローズ、ルーキーの深江 かなーり足が速いとの話 気になっている選手
Dscf6413

久しぶりの駿太
Dscf6428

☆試合後、今日の楽しみの一つだった「マリーンズvsバファローズ応援団バンド対決」かなりのお客さんが残っていました。
しかし始まったのが試合開始後1時間以上経ってから・・・今日は父親も一緒だったので、いろいろな都合から、バファローズ応援団は観ることが出来たもののマリーンズ応援団は最初だけ聴いて帰宅・・(Ustreamで聴いてましたが)。企画、内容共に良かっただけにここらへん改善してくれると嬉しいな。

バファローズ応援団バンド、上手かった・・というかとても良かった。(これ言ったらすっごい失礼なのかもだけど)Bsの応援はあまりカッコ良いとは思えなかったのだけど、バンド編成で聞くと凄いカッコ良かった。しょっぱなの「大村」で持ってかれました!(いない選手やんけ!)
マリーンズバンドは何回か聴いてますが、個人的にバファローズバンドの方が今回は勝ち!基本的にスカ調が良かったし、何気にベースがセンス良かった。マリーンズバンドももっとスカにしても良いと思うけどな〜ジンさんはもともとスカ傾向ですしね〜。・・・って生意気いいました、すみません。
最後にチャンステーマを演奏したのですが、これは2004年合併騒動後、近鉄バファローズとオリックスブルーウエーブの応援団も合併し、いろいろな思いを抱えながらも、「ブルーウェーブを忘れずに、赤のバファローズも忘れずに、オリックスバファローズの選手を一生懸命応援しよう!」という想いを込めオリックスバファローズになって最初に作った曲だそうで・・・いわれを聞くと聴き慣れたチャンステーマもまた違って聞こえました。

Dscf6445

バファローズ応援団バンド
Dscf6447

Ustreamより動画
マリーンズvsバファローズ応援団バンド対決!! 1

マリーンズvsバファローズ応援団バンド対決!! 2

★L4−2E
★H1ー1F

盗塁争い(9/17現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
48 本多(H)
45 聖澤(E)
28 岡田(M)
27 糸井(F)+1
26 伊志嶺(M)+1、内村(E)
25 川﨑(H)+1
23 松田(H)
20 片岡(L)
18 陽(F)+1
16 中島(L)
14 荻野貴(M)、福田(H)、松井(E)+1
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (4)

2011年9月16日 (金)

初回の差がそのまま・・・ M2−4Bs

今日は条件が合えば参戦の予定だったのですが、頭痛が消えず(割と頭痛持ちなんです・・)断念。仕事はサクサクだったので行けそうだったのですが。

しかし、今日も負けこれで4連敗となりました。
ニッカン式スコア

今日もなんだかなーな試合で、ブログ書くにも苦労するような内容。頭痛もありあまり集中して観られなかったしな・・・。

上野は初回の立ち上がりがすべてでした。3四死球に鴨志田・・・もとい、スンヨプのタイムリー、赤田のタイムリーで3失点。球審本田の結構辛いストライクゾーン(セ審判だったのにね)にも苦労し、ストライクを探っている内に気がついたら3四死球してしまった、という感じでした。丁寧にコーナーを突こうとしていたのがアダとなってしまった感じで、何とももったいないというか・・・先発投手の立ち上がりの難しさを感じる内容となりました。しかし結果だけ見ればかなり宜しくない点の取られ方ですが、私としてはそんなに悪いとは思いませんでした。

とまれ、先発投手たるものこういう事はあるでしょうし、言い訳は出来ませんね。この後は4回の1失点だけで7回2/3まで投げきり、四死球も2回以降は出しませんでしたから、やはり返す返すも初回が・・という投球でした。

一方のBs西も初回全く同じように苦しみ先頭伊志嶺に四球を出し、アチャのタイムリーで1失点と同じような展開。しかし1点で終わる所がマリーンズ打線の元気の無いところ。
西も2回以降は立ち直りました。

マリーンズ打線はいくらオーダーが浦和組中心とはいえ、わずか2点差を追いつける気が全くしませんねー。2点が5点くらいに感じます。的場や塀内のヘッスラ内野安打がありましたが(塀内のヘッスラはかえって遅くなった上に、ジャンプ力なくてベタっと着地するからアウトになるんじゃないか、怪我すんじゃないかとハラハラ)、もっと全体としてこう、「来る」ものがないと・・・ただ打っているだけ、という感じで、これは中心メンバーが出ている時からそうですから、打撃陣全体の雰囲気と言っても良いでしょう。相変わらずの低反発打線、この停滞感を吹き飛ばすのは並大抵の事では出来なさそうです。
あっさり斎藤佑樹を攻略したホークス打線や頼れる4番を中心に元気なライオンズ打線、最終回に5点差を追いついたイーグルスなど人様の庭がとっても青く見えます・・・しかし自分の庭をどうにかしないと、ですね。
金森コーチの解任報道が出てしまった以上、たぶん選手は言うことは聞かなくなるでしょうから、ますます状態が悪くなるのではないか、と悪い方悪い方に考えてしまいます。むしろ各自が自分のバッティングしだしたら当たりが戻ったりしてね・・・って笑えないや。
しかし高濱の三塁線を襲った打球は惜しかったな〜バルディリスの守備はほんとに野生的。

しかし明日に目を転じてみると、やっと、やっと阿部のプロ初登板初先発ですよ!だからおーそーいー、ちゅーねん。夏前、交流戦で俊介炎上、マーフィー離脱の頃にチャンスあったのにやっと今ですか。
まあ文句はこれくらいにして、明日の初登板がとても、とても楽しみです!割と早い段階で降板、とかもあるかも知れませんけれど、若い投手が出てくることは楽しみです。明日は頭痛バッチリ治して参戦します。頑張れ阿部!!そして、この初登板が打線に「やる気」をもたらしてくれんことを。

あ、あと試合後の「マリーンズvsバファローズ応援団バンド対決」が何気にかなり楽しみだったりします。

☆スンヨプ、ユニフォーム忘れ(?)で鴨志田のユニフォームで登場。たまにこういうのあるけど面白いよね。でもユニフォーム違うと同じ選手なのに随分違和感があって、やっぱり背番号って大事だなーとこういう事があるたびに思う。
☆赤田にタイムリー打たれましたが、この赤田、ライオンズ時代から足の怪我もあって出番が減りトレード、去年後半と今年前半もあまり試合に出なかったのでちょっと心配だった。結構好きな選手なので・・・。しかしここ最近サヨナラヒット連発したり、調子が上がってるみたいでホッとしたり。

★L6−5E
イーグルス、最終回に0−5から追いつく。なのにサヨナラ負けって・・・勿体無さすぎる。
★H4−0F

盗塁争い(9/16現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
48 本多(H)
45 聖澤(E)
28 岡田(M)
26 糸井(F)、内村(E)
25 伊志嶺(M)+1
24 川﨑(H)
23 松田(H)
20 片岡(L)
17 陽(F)
16 中島(L)+2
14 荻野貴(M)、福田(H)
13 松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年9月15日 (木)

浦和マリーンズ、ケッペルに挑む F2−1M

ホークスに勝ち越した後、ファイターズに3タテ食らうかあー。ホークスファンに恨まれそう。
ニッカン式スコア

さて、今日は動きがありました。
早坂・南が抹消、塀内・高口が登録となりました。単純に今江⇔塀内、と思っていたので意外でした。特に早坂は内外野守れるだけに・・前回の抹消時と同じく怪我なのかどうなのか。
南は寂しいけど、最近めっきり出番が無くなってましたからね・・・・。しかし今江は抹消した方が良いんじゃないでしょうか?無理する必要は無いと思うけどな。

そして、清田がなんと4番どころかスタメン落ち・・・なんですかこれは。嫌〜な予感はしていたのですよね〜こういう事をするのではないかと・・・結局昨日のはアチャの発奮材料にする、という狙いだけだったのでしょうか。なーんか清田はもてあそばれた感じ・・・。どうせならしばらく4番で使えばいいのに!ポッと出て4番座って、また引っ込むって島田茂とか古川慎一ですかっ。

そして、とうとう井口を外しました。こーれーもー、おーそーいー!遅すぎるうぅぅぅぅっ!なんで事態が悪化してどうしようもなくなってから動くのか!もっと早くから決断していれば、チームにも、疲れの色を隠せなかった井口本人にも良かったのではないですか?去年、残り20試合を切ってから、ガンとして4番に据えていたテギュンの打順を下げた時を思い出します。全く同じ失敗をしている。辛抱強いのは美徳ですが行き過ぎると頑固なだけですよ。

皮肉にも西村監督続投の報道があり、対するファイターズは梨田監督の退任発表がありました。これには驚きました。

さあ、そして今日のスタメンはと言えば

1伊志嶺
2岡田
3福浦
4カスティーヨ
5角中
6根元
7塀内
8高口
9的場

と浦和率が高いメンバーとなりました。7〜9番の3人が打率1割台というのも凄い。
高濱外しやがった!と一瞬思いましたが、たぶん自打球の影響でしょうね。
このメンバーで敢然とケッペルに挑むも、あっさり玉砕・・・・特に戦法も持たず、戦車に槍でつくつくつくつくっと挑むかのようでした。
しかしこのメンツなら打てなくても諦めは付くというもの・・・・投手はたまったもんじゃないですけど・・・・逆に根元や塀内、高口には良いアピールの場として頑張ってくれえ、という感覚でもありましたね・・。
根元は良いヒットも放ち、守備も含め頑張った印象です。二塁・根元は落ち着いて見えますね。塀内はタイムリーになろうかというライトへの飛球が陽に捕られるなど、「らしい」というかちょっとツイてなかったですね。しかし守備ではさすがの安定感。高口も守備はさすが、この人の守備は本当に惚れ惚れします。後はバッティング!
伊志嶺、岡田にも何とか1本ずつ出ました。
・・とまあ、勝敗関係なく個人個人を観るしかないですね〜今日の試合は。

大谷は初回いきなり先制されてしまったものの、5回2失点と良く投げたと思います。しかし今のマリーンズには2点は5点にも7点にも相当します。結局負け投手となってしまいました・・・。しかし、最近は負け試合だろうがなんだろうがめちゃくちゃに中継ぎさせられて、いきなりまた先発ですからね〜。次回もちゃんと先発させて下さいね。8回のロサは不運もあり1死1、2塁となった時点でダメ押し点を覚悟しましたが、後続を良く抑えてくれました。

まあ、今日は試合内容はなんだかあんまり触れるようなところもありませんでしたね・・。
それにしても小谷野の勝負強さには脱帽です。ほんと凄いと思う。この勝負強さはどこから来るのか、シーズンオフ、マリーンズに講演して欲しい。
これで序盤得意だった筈のファイターズに9勝10敗2分と負け越してしまいました。ファイターズとは後3試合かな?2勝1敗でもイーブンかあ・・・。

明日はマリンに戻ってBs戦です。上野と西のマッチアップ、これはどっちに転ぶか難しいなあー。でも、上野はバファローズには初顔合わせです。これは上野が有利と見ました!問題は西に2敗と相性の悪い打線がどうなるか、ですね。
上手く行けば明日、明後日と参戦して来ます!

☆今日のGAORAは解説:水上善雄、実況:矢野吉彦と安心出来る二人で心穏やかに中継を楽しめました。レポーターの宮原あつきさんも両チームの情報をきちんと取って来ますしね。いつもこうならなぁー。

★Bs5−4E
★H5−5L
★珍しくセ・リーグ。横浜・筒香のホームランは打球が高〜く高〜くとにかく高〜くあがって、ライト最上段まで飛びました。あんな当たりは久しぶりに見た・・・凄い凄い。打ってから落下するまでに何秒間あったのだろうか?その数秒の間、確実に打球だけが主役だった筈。

盗塁争い(9/15現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
48 本多(H)
45 聖澤(E)+1
28 岡田(M)
26 糸井(F)、内村(E)
24 伊志嶺(M)、川﨑(H)
23 松田(H)
20 片岡(L)
17 陽(F)
14 荻野貴(M)、福田(H)、中島(L)
13 松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2011年9月14日 (水)

唐川見殺し・・・しかし打線組み替えは評価したい F2−1M

あー、悔しい、情けない・・・投球内容は武田勝より唐川の方が良かったのに。
ニッカン式スコア

今日予定されていた飲み会はお流れになり、晴れて中継を観ることが出来ました。録画追っかけですが。

唐川は前回の復活が確かなものだと確信出来る素晴らしい投球でした。何よりストレートが良かった!制球も良いし、このまま完封か・・と思われるペースで試合は進みました。
しかし、マリーンズ打線が点を取れない・・・いくら完封ペースか、と言ったって、やっとこさ取った1点を守りなさい、というのも酷な話で。
6回、満塁から小谷野にやられてしまいました・・・今季の小谷野は体調面も含めて心配になるくらい元気が無かったのですが、ここへきて勝負強さが復活してきましたね。やー、小谷野4番は嫌らしいなあー。
しかし、的場のリードは序盤はファイターズ打者の意表をうまく突いていたのですが、3回くらいからカーブを初球に放ることが多くなって来たのですよね。ちょっとそこが気になりつつあった問題の6回。小谷野に初球カーブが高く入った所を打たれてしまいました。小谷野の頭には初球カーブがあったと思いますよ。なんせ6回だけでも、初球カーブで入ったのは大野、陽と既に二人いましたからね(大野にはそのカーブを初ヒットされてしまった)。
緩急をつける的場のリードは好きなのですが、今日の初球カーブ多投は疑問符がつきました。カウントを整えるのならば良いと思うのですが・・・唐川はストレートでもスライダーでもなく、カーブを決勝打された事は悔やまれるのではないでしょうか。

しかし、唐川を責めることはもちろん出来ません。
今日も打線は貧打線・・・・。西村監督は思い切ってアチャを6番に下げ、なんと清田を4番に持って来ました!昨日代打ですら使わなかった清田をいきなり4番に、左腕でもスタメン起用してきた角中を外すなど首をひねるところも多々ありますが、この思い切りは評価しましょう。しかし、今アチャを下げるならば、5番に居座る人をもっと早くどうにかしても良かったのではないかと・・・。
昨日、起用に注目したいと書いた高濱を今日もスタメンで使って来ました。高濱を育てるつもりですね!これには大賛成です。

まーしかしフタを開けてみれば10安打9残塁で1点・・・相変わらず得点力が無いですね・・。挙句、今江が左足を痛め初回で交代。里崎も背中の痛みで登録を外れました。この二人は残り試合ほぼいないと思うくらいで良いでしょう。最後には間にあうだろうけど・・・。ますます頭が痛いところ。こうなったら、実現可能性0%を承知で言いますけど内野手要員として思い切って翔太あげるとかどうですか?上でやるにはまだまだ、まだまだやることは沢山あるけど、今1軍のレベルを経験しておくだけでも違うと思いますよ。もしくは雅彦を内野手起用として、金澤を上げるしかないかな・・・・と思ったら、金澤は前回の抹消からまだ日数が足りないですね。しかもファームの捕手が足りなくなってしまう・・・。
・・・そして、塀内を忘れていたことに気が付きました(汗

しかし、清田は4番で迎えた初打席、1死2塁のチャンスで初球から振っていきました!これを見て期待出来るかも、と思いました。性格的にも4番に据えられたことで力をより発揮するタイプではないでしょうか?(初回の岡田の3盗失敗は勿体なかったな〜日頃ああいう走塁は好きですが、この場面は動かないでいて欲しかった)実際最初の打席の中飛も良かったですし、次の2塁打はバッティングも走塁も良かったです。イキイキやってる感じがしましたよ。その後のチャンスで打てなかった事とバント失敗は残念でしたが、なかなか4番の適性あるんでないの?と思わせる内容でした。
他にも、伊志嶺に1本、岡田がマルチ、高濱も自打球の痛みにも負けじとマルチ、角中は代打でしっかり結果を出しました。この角中の代打ヒットは嬉しかった〜。若手でもないけど工藤のバントも素晴らしかったですね。
結果は出ませんでしたが、繰り返しますが打線を組み替えてきた事、その試みは評価したいと思います。むしろ打てないんだからいろいろ試すのは当たり前かと。

明日から打線はますます厳しいメンツになってきますけれど、ほんとに若手の活躍は楽しみですし、貴重な経験を今していることがこの先の飛躍にはとても大きいだろう、とそこが楽しみでなりません。
ただ投手からするとたまったものではないでしょうから、そこは若手といえどどうしたら得点出来るか、と考えながら頑張って貰いたい、とそう願います。
投手もね、阿部が1軍帯同という話もありますし、野手だけでなくて投手も思い切った抜擢をしましょうよ!阿部の先発もみたいし、木村の先発も見てみたい!

★Bs6−8E
★H1−2L


盗塁争い(9/14現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
48 本多(H)
44 聖澤(E)+1
28 岡田(M)
26 糸井(F)、内村(E)
24 伊志嶺(M)、川﨑(H)
23 松田(H)
20 片岡(L)
17 陽(F)+1
14 荻野貴(M)、福田(H)、中島(L)+1
13 松井(E)
12 後藤(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2011年9月13日 (火)

エースで9連戦の頭を取れず・・ F4−0M

9連戦の頭、エースで取りたかったなあ。
ニッカン式スコア

東京ドームでのファイターズ戦て昔から良い思い出はほとんどないのですが、今日もやっぱりな9連戦幕開けとなりました。

成瀬はそんなに悪いとは思わなかったものの、持ち味の制球力に正確さを欠きました。しかし稲葉に2打席連続弾て・・・同じバッターに2度やられるというのはどうなんだろ。1打席目はそんなに悪い球では無かったですが外のスライダーを打たれ、2打席目はド甘なストレートと丁寧に違う球種で2発を喰らってしまいました。
6回を7安打されますが、3、4、5、6回に1点ずつ小刻みにと真綿で首を締められるというか、少しずつ反撃意欲が喪失していくような点の取られ方。エースとしてはちょっと情けない内容でした。
今日は捕手が雅彦で、またこの点をみんなに言われてしまうな〜雅彦好きの私としては辛い所ですが、確かにリード面など課題は多い気はします。これで成瀬ー雅彦は3戦連続の組み合わせなので今日なんかは息が合っても良さそうなのですが・・。
正直に言って雅彦がレギュラーキャッチャーというのは現実的では無いとは思っていますが、それでも私の願いとしてキャッチャーとして勝負して欲しいのですがね・・・なかなか厳しい現実を突きつけられています。

しかし打線も打線で、相変わらず強引に引っ張る打撃が右打者に目立ち、ウルフみたいにボールを動かしてくる上に球威がある投手に対してどんどんドツボにハマって行ってしまいました。
イメージに反して、マリーンズは今季ウルフに対し3勝0敗、防御率5.79と実は打ち込んでいるのですが、今日はとにかく強引さが目立ち・・・というよりは無策、な感じ・・振らされている、打たされている感がありあり。特に外角の球の見極めが出来ておらず、そんなに良いとも思えなかったウルフを助けてしまいました。右打者では伊志嶺、今江は良かったですね。

前も書きましたが、決して強引にならず繋ぎのバッティングに各打者が徹しているファイターズ打線を見てマリーンズ打撃陣は何も感じないのかな?と思います。陽の2度のライトへのヒットなど素晴らしかったですよ。アチャはかなり雑でした・・・集中力を欠いているようにも見えました。どうしたんだろう?井口は言わずもがな、今日も引っ張りまくり。雅彦はリードで打撃どころではない感じ。

井口に関しては複数年契約なんて報道が出始めました・・・とにかく手厚い手厚い待遇ですね。井口の存在というのは目に見えない部分、表に現れない所で大きいのだろう、というのは認めますけれど、ここまでの厚待遇は他の選手からしたらどう見えるか、そこが大きなお世話ながら心配です。今季の成績なんてどう考えても減俸ですが、複数年契約でむしろ上がるんではないだろうか。
しかも「井口の1年でも長い現役生活を支援するため、将来的な一塁コンバートも検討」(スポニチ)なんて内容まで。だったら今年にもう何とかしろよ〜〜と思いますよ。
普通のニュースなら「ネタ」で流せば良いのですが、なにしろ”御用新聞”のスポニチですからね・・・誰かが得意げに喋ってんだろうなあ。

まあ、しかし今日は高濱に一本出ました!今日もスタメンでホッとしましたよ。明日、武田勝に対して高濱を使うか使わないか、それで首脳陣の考えが判ると思います。本当に期待して育てよう、と思うのならば使うはず!
伊志嶺はマルチ。最初の打席の粘ったうえでのピッチャー返しも良かったですけれど、第四打席に石井から放ったヒットが良かった!追い込まれてから決め球のフォークに反応しセンター前に落としました。普通なら三振か引っ掛けて内野ゴロになるところ、ヘッドを残してセンター前に落とすというのはワザありです。ヒットメーカーとしてのセンスを感じさせました。
角中も1本、岡田も送りバントを失敗したものの出塁して初球に即スチールを決めて失敗を取り返したりと、”希望の人たち”は今日もみせてくれました。もうそれだけで充分です。

明日は唐川と武田勝。投手戦が予想されますね。唐川は昔から東京ドームのマウンドがどうもあっていない感じがしてそこだけがやや不安ですが、先週非常に良かったですし、しっかり投げてくれると思います。明日もまた取引先の方々と飲み会がセッティングされており試合は観られないと思いますが、まずは明日勝って1勝1敗としましょう!

★Bs1−0E
★H7−2L

盗塁争い(9/13現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
48 本多(H)+1
43 聖澤(E)
28 岡田(M)+1
26 糸井(F)、内村(E)+1
24 伊志嶺(M)、川﨑(H)+1
23 松田(H)+1
20 片岡(L)
16 陽(F)
14 荻野貴(M)、福田(H)+1
13 中島(L)、松井(E)+1
12 後藤(Bs)
9 長谷川(H)
8 田中(F)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (5)

2011年9月12日 (月)

オリックス・田口壮のブログにとても感銘 〜ベテラン選手の想い〜

オリックス・バファローズの押しも押されぬ大ベテラン選手、田口壮。

私はちょろちょろといろんなチームの選手のブログを読んでいて、好きなブログもいくつかあるのですが(中でも一番好きなのはカープの栗原。人柄がストレートににじみ出ていて大スキ)、田口のブログも何とも言えず穏やかで、文章も上手いしユーモアがあってとても好きなのです。

その田口の今回のブログ
修学旅行の写真のような
はベテラン選手の想いやチームに貢献するという事の大切さ、などなどを非常に考えさせるものでした。沢山の方に読んで欲しい、と思いここに紹介します。

本文は是非ブログを!と言うことで、ここでは内容をさらっと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

田口は言います。
今の新人は

「びびりまくっていた新人の頃の僕とはまるで違い」
「たとえば合宿所の風呂。入り口のスリッパは脱ぎっぱなしでバラバラ」

そこで田口は叱るのではなく、自らスリッパを揃える役を買って出ます。

「背中を見てもらいたい。身体を丸くして、後輩たちのスリッパを
黙々と揃える僕の姿を見てほしい」

その姿から何を感じるかは

「彼ら一人一人が持っている「資質」の差として現れる」

と。
若い選手に対しては

「1年目でも、20年目でも、お互いプロ。
現役である以上、チームメイト兼ライバル」

なのだから無理矢理教えることはしない。

「もちろん、尋ねられれば、いくらでも教えます。
しかし、押し売り教師をするほどのお人よしでもありません。」

それでも、チームのためにあえて行動に出ることもある、と。

「勝つために、何かを伝えなければならないことがあります」
「本人のためではなく、チームに迷惑がかからないように」

それは

「先輩の役目」

と。
そんな田口、とある選手に興味を持ちます。

「ちょっと、つついてみたくなる」

選手。息子と言ってもおかしくないほどのその選手の

「野球における彼の必死さに、
僕は好感を持ちました。共に練習し、試合をしていく中で、
彼の中にある「伸びしろ」を伸ばす手伝いをしたい、と思った」

そして田口は行動に出ます。

「だからある日、普段自分からは絶対にしない「アドバイス」をしました。
今後彼がプロとして成長するために、という願いを込めた提言。
しかしたぶん、彼にとっては「説教」でしかなかったでしょう。
僕の目をじっと見て話を聞いている最中に、
ぽろり、と大きな涙がこぼれ落ちました。」

それから1軍に上がり、しばらくしてから2軍に戻ってきた田口は劇的な変化を目にするのでした。

「ちょっと見ない間にびっくりするぐらい変化するのは、
赤ちゃんだけじゃないことを思い知らされました」

その選手が

「プロの顔になっていた」

のです。

「この驚きは、実に愉快です。
見ていて、痛快なものです。
あの日、「(思うように動けない)自分が悔しいです」と涙をぬぐった」

その選手は、

「僕の言葉を意地悪や説教ではなく、好意として受け入れてくれました」

と。
最後はこう締めくくられていました。

「野球には、誰かの成長に目を見張るという楽しみもあったんですね。
それとも、自分以外に目が向くようになったのは、僕自身の成長と捕らえても
いいのでしょうか。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・・うーん、ええ話やぁー。田口、大人になったなあ・・・うん、本人の言うとおり成長しましたよ、成長!
田口と言えばオリックス時代はバブルの終盤を「いかにもちょっとくぐりました」と言った感じで、チャラチャラしていた訳ではありませんがファッションも含め”当時の今風の若者”って感じだったのに・・。

そして、こういうベテランがいるチームは良いなあ、と思いました。
(念の為言っておきますが、我がマリーンズがそうじゃない、とか言いたい訳ではありません。すべてのチームにこういうストーリーはあるのでしょう)
岡田監督が田口を呼んだ時に「存在が絶対にプラスになる」と言って獲得したのですが、こういう効果をも狙ってこそ、だったのでしょうね。
ま、「効果を狙う」とかは別にして、純粋にベテランの存在は良いなあ〜と思いました。
ベテランの矜持、チームに貢献するという事への想い、「プロ野球選手」同士としての絆、とかそういったものがとても伝わってきました。

カージナルスに行ってから、しかもマイナーに落ちてからの田口の野球に対する姿勢(クサらず、いつでもチームの為に野球をする)を見て好きな選手になっていたのですが、ますます応援したくなりますね。

他の「ベテラン組」ではカープの石井琢朗のブログなんかもベテランの意地とか勝利への想いとかが感じられてなかなか面白いです。
ドラゴンズの佐伯とかタイガースの桧山、イーグルスのいまだバリバリ4番の山﨑とか、「おっさん選手」のプレーもやっぱりプロ野球には欠かせないですね〜。

なんだか幸せな気分になれました。野球選手っていいなあ〜と。

にほんブログ村 野球ブログへ

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

伊志嶺岡田でもぎ取った先制点 マリーンズはこういう野球! M1−0H

ナイスゲーム!
昨日の悪夢を忘れさせてくれる快勝で、9カードぶりのカード勝ち越しを決めました。
なんでこういう試合出来るチームが最下位なんだようううう。
Dscf6331
ニッカン式スコア

俊介が好投しました。今日も”揚げ物料理”を大量に受注。8回24アウト中、フライアウトが16コ!(フライアウトのうち1つはバント小フライ。他の内訳は内野ゴロ4、三振3、犠打1)高めの使い方がうまくなったという事でしょうか。先週は中継観ていませんし、今日は現地でしたから、私の中で今ひとつ特徴を捉えていません。
初回1死1,2塁のピンチを無失点に抑えたのが大きかったと思います。内川が当たっているので、本多に素直に送らせると思った(強攻でファウル、送りバント失敗)のですが・・・先制されていたら違った展開になっていたと思います。
風は1〜2mと「微風」の中で、自分のピッチングが出来たのは大きいですね。ストライク先行、四球も敬遠気味の1コだけでしたし。
ヒーローインタビューも俊介らしいもので、好調な俊介を見るのはこちらもやっぱり楽しいですねえー。
最終回は薮田に譲りましたが、今のマリーンズはこれが勝ち方。薮田は先頭に四球を与えましたが、信頼感の故か落ち着いて観戦することが出来ました。

クネクネ俊介 この人はいったい何の競技をしているのか
S0126245

薮田 私の中では投手陣MVPと言ってもいいくらい
Dscf6313

打線では、高濱が来ましたよ!登録即スタメンは嬉しいです。浦和で結果出していましたからね〜!今日は締まった試合で打席が回らず、2打席しか立てませんでした。3打席目の代打福浦は仕方ありません。でも、今日ノーヒットだったからと言って、次が武田勝だからと言って、次に外すのはやめて下さいよ!せっかく昇格しても使ったり使わなかったりだったら結局「どんぐりーず」に仲間入りしてしまう・・・。今季、余程でなければ高濱を使い倒す、くらいでも良いかも知れません。この際、少々のミスは目をつぶって・・・早坂も好きですし複雑ではありますけどね・・。

登録即スタメン こういうの好きです
Dscf6214
Dscf6213

今日のオーダー、
1伊志嶺
2岡田
3今江
4アチャ
5井口
6清田
7角中
8里崎
9高濱
はなんだかバランスが取れていていい感じ、と発表の時に思いました。後は5番かなぁー井口は今日も強引に引っ張ってました・・・芸術的な右打ちはどこに行ってしまったのか・・・したくてもフィジカルの問題で出来ないのか・・・

打線は好投の摂津の前にランナーを出せず0更新が続きますが、6回に今一番熱いコンビ、伊志嶺・岡田が突破口をこじ開けました!二死無走者で伊志嶺がヒットで出塁、盗塁を決めます!これですよ、これ。二死からランナーが出ても盗塁でチャンスを広げる!素晴らしい。ここで岡田が2塁深い所へ内野安打を放ち、伊志嶺がホームイン!速い速い。本多が打球を抑えた時にはもう3塁を回っていました。この場面はシビれました!こんな形で1点を取ったのだから、今日は勝って欲しい!と真剣に願いました。

快足を飛ばして生還した伊志嶺 アチャに身長を活かした「嫌がらせハイタッチ」をくらう
Dscf6295

この後、私が実は一番注目したのは2死1塁に岡田という場面で走らせるか、という事。どうだどうだ、と観ていると盗塁敢行、余裕でセーフ!くどいけどこれですよ、これ!相手からしたら嫌な形で先制された後に、さらに盗塁でピンチを続けられる。残念ながら得点にはつながりませんでしたが、こういう野球を観たかったのです。
今日は2回に二死から角中が出塁、同じく盗塁を決めたシーンもあり、ここに今日の得点の萌芽が既に芽生えていました。

機動力野球をうたいながら、盗塁数は昨日まででホークスの136に対し、マリーンズは73とほぼ半分。看板に偽りあり、という感じでした。もちろん盗塁だけが機動力ではありません。先の塁を狙う走塁、足が速いことで相手に掛けるプレッシャーも含めての機動力野球。もちろんバランスが大事ですし、大砲がいらないという訳ではありません。
しかし、先発が試合を作り、打線が機動力も絡めて点を「もぎ取る」、これが今のマリーンズの勝ちパターンです。一昨日、今日と2点、1点ですからもう少し点は取りたいですが、杉内と摂津相手でしたからね・・・・。さらに打線がつながれば魅力ある攻撃陣となるでしょう。残り試合、そういう野球をみせて欲しいですね。

では、今日の画像です。

2打席のみだったが高濱の打撃も雰囲気があって好き
Dscf6262

伊志嶺には青空と緑が似合う・・・これで天然芝だったら言う事ないな〜
Dscf6254

ヒットと盗塁でチャンスを作り、好走塁で還った伊志嶺にもコールが 普通打点挙げた選手にだと思うけどこういうのは粋な計らいですなー
Dscf6299

最終回、固唾を飲んで見守るナイン
Dscf6321

QVCマリンはやっぱり気持ち良い!・・・前半はちょっと暑すぎた
Dscf6263

しかし向こうの空の下ではスコールが・・・
Dscf6301

今まで積み重ねられてきた「鷹の祭典」(毎年テーマとなる色があります 今年は水色)の歴史が物語る、色とりどりのユニフォーム
Dscf6307

今日は岩手から中学生が修学旅行で来ていて、7回の風船拾いを手伝ってもらってました 試合中のグランドに降りられることなんてまず経験出来ないし、これは素晴らしいアイデア! きっと良い想い出としてくれたでしょう
Dscf6305

今日のバンザイ (私には)久しぶり!
Dscf6335

終了後、正面ステージに岡田登場 司会者「岡田カメラを見ると打者が打つ前にスタートしていますが」岡田「フライングですね。ボルトみたい」
Dscf6350

★E2−1F
ダル、中5日の次は中4日・・大丈夫か これで負けたのはファイターズにはショック大きいのではなかろうか
★Bs5−10L

盗塁争い(9/11現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
47 本多(H)
43 聖澤(E)
27 岡田(M)+1
26 糸井(F)
25 内村(E)
24 伊志嶺(M)+1
23 川﨑(H)
22 松田(H)
20 片岡(L)
16 陽(F)+1
14 荻野貴(M)
13 中島(L)、福田(H)
12 松井(E)、後藤(Bs)
9 長谷川(H)
8 田中(F)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (11) | トラックバック (3)

2011年9月10日 (土)

野球になっとらん・・やれることをきっちり、やろう M3−18H

3−18ってラグビーなら締まった試合なのですが・・・
ニッカン式スコア

残念ながらラグビーではなく私は千葉ロッテマリーンズという「プロ野球」のチームの応援をしているのでした。
とにかくにも、今日は現地観戦された方々には本当にお疲れ様としか言い様がなく。
昨日「このところファンにとっては地獄の様な展開の続くホーム週末試合」と書いたのに地獄にはまだまだ先があったとは・・・。

先発のマーフィーは・・・去年からいろんな人が言っている事ですが、ヘタに小さくまとまると打ち込まれてしまいますね。荒れてるくらいのほうが良いのだ、とは思いますが先週は初回に2四球で試合壊しましたしね・・・難しい投手です。(もちろん去年の活躍の評価は変わりませんが)たぶん一度抹消or中継ぎ転換でしょう。代わりは木村か吉見か。吉見になる公算が高いですが、将来考えて木村に託したい気持ちもあります。ペンもありえますが、もう1回くらい下で投げさせたいところ。

アホくさくて今日は試合展開を追う気持ちもありませんが、初回に里崎の悪送球でランナーを進め、あっさり犠飛で先制された時に今日は負けたな・・と思ってしまいました。今年のマリーンズは試合最初に雰囲気悪くなるとそれをひっくり返すパワーも気力も無い・・・。
里崎は3つの悪送球(うち2つにエラーがついた)をしてしまいました。恐らく背筋痛の影響はあるのでしょう。ならば、試合のほぼ決まった中盤で引っ込めて休養させるのもありかと思うのですが・・。そもそも初回の悪送球だって井口のカバーが遅い!テレビなので内野手の守備位置は見えませんけれど、普通に考えて右打者だったら井口はセカンドに余裕持って入れるでしょうに。

今日は他にも記録に残るエラー、残らないエラー目白押し。根元と早坂は捕球から送球まで無駄な動きが多すぎるし、外野手からカットまでの返球もアバウト・・・(外野手の返球に関しては何年も前から気になっている)。伊志嶺の2度のバックホームも見ていられないもので、やはり噂されている肩痛が影響しているのか・・・。まずはきっちり守らないと投手だってしっかり投げられません。投手が打たれるから野手が荒くなるのか、野手が荒いから投手も打たれるのか・・・どっちもどっちかな。

監督も今日みたいな試合で野手を一人も代えないというのはいったいどういう了見なのか?ただでさえ今江の欠場で攻撃力が落ちているのに・・。清田も昨日マルチなのにスタメンを外されました。ベンチにいて何もすることも出来ずただ試合終了を待つだけの選手たちの気持ちもどういうものか。
同じ負けるにしても、やり方はあると思うのですよね。

皮肉なことにマリーンズ戦の裏ではマー君、斎藤佑樹の投げ合いで盛り上がっていましたが、千葉では情けない試合を見せてしまいました。しかもNHK全国放送で醜態を晒してしまいましたね。あちらが光ならばこっちは影もいいところ・・・。
2004年でしたっけ?ボビー時代に惨敗を喫して、試合終了後選手たちが観客に謝る、という試合がありましたがそれを思い出しました。(でも謝ってくれなくていいから、しっかり野球やりましょう)

まー、今日はみーんながくらーいでしょうし、ここでもグチはこのくらいでやめておきましょう。
今日は岡田が1死で出塁後盗塁を決めましたし、伊志嶺は先頭で出塁してすかさず盗塁を決め、マルチヒットも記録、満塁ではマリーンズ初得点となるタイムリー!角中は残念ながら2度のチャンスでは結果を出せませんでしたが、3番に座り1安打を記録。早坂は1安打でしたが他の打席も内容は良かった。

とにかく、とにかくですよ、堅実にしっかり野球をやりましょう!堅実ってのはつまり「やれることを当たり前にやる」という事です。まずは土台をしっかりしないと・・。
明日は私も参戦予定です。もちろん勝って欲しいですが、今年何度も言っていますが「良い試合」をみせて欲しいです。例え負けたって希望が見えれば満足します。
選手たちだって悔しいでしょうし、明日はしっかりやってくれると信じています!

☆8回、応援団が何かいつもと違うコールをしていたのだけど・・・なんて言っているか判らなかった。しかし、8・9回なんかは応援歌流さないで声だけの応援だけ(「かっとばせかっとばせさーとざき」みたいな)にするとかしても良いのかな〜と思いました。こういう時はその方が伝わるような気がして。まあ、私はまず外野で応援することはないので外野組の心理はわからないし独り言だと思って欲しいのだけど・・・応援歌やった方が応援している、っていう気持ちがあるのかな?もしくはこんな試合だからこそ応援歌やって楽しくしたい、とか。もちろん批判ではなくて素朴な質問というか、気持ちです。

★E4−1F
マー君、圧巻の投球。格の違いをみせつける。というか、マー君、斎藤佑樹を「ライバル」みたいに扱うのはやめようよ・・・レベルも実績も違いすぎるし、斎藤本人にも良くない。
★Bs5−7L

盗塁争い(9/10現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
47 本多(H)+1
43 聖澤(E)
26 糸井(F)
26 岡田(M)+1
25 内村(E)
23 伊志嶺(M)+1
22 川﨑(H)、松田(H)+1
20 片岡(L)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)、福田(H)+1
12 松井(E)、後藤(Bs)
長谷川(H)
8 田中(F)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (3)

ホークス打線に動じず向かっていった上野が勝利を呼ぶ M2−0H

素晴らしい、上野良く投げた!
やっぱりマリーンズは先行逃げ切り、投手がしっかり試合を作ってこそだなあ〜と実感する勝利でした。
ニッカン式スコア

今日は予定外に取引先の方々と飲み会が入り、結果をチェックする機会もないまま深夜の帰宅・・・プロ野球ニュースを観て終わらそうか、それとも・・・と悩みましたが明日は久しぶりの休みという解放感もあり、録画観戦にしました。ジョニーの解説聞きたかったけどさすがに飛ばしつつ、途中で何度も"落ち”ながらなんとか最後まで完走。観て良かった〜。

今日は何と言っても上野です。一番の持ち味である、「思い切り良く腕を振る」が実践されていましたね。気持ちも入っていて、ホークス打線に負けじと向かって行く姿勢がとても表れていました。大したもんだ!例え相手がホークスでも逃げずに向かっていけば良い結果を引き寄せられる事を身を持って示してくれました。
8回に四球を出すまで走者を背負うことも殆ど無く、わずか2安打にホークス打線を抑えました。完封して欲しかったですけど、大型連敗直後ですし、確実に取るためにも、9回は2番本多からという打順を考えても薮田にマウンドを譲ったのは仕方ないですね。チーム事情もありますし。
後は、素晴らしい投球をする時とダメな時の差をどれだけ小さくしていけるか。来季も先発ローテに入るために、残り少ない登板機会でしっかり結果を出していって欲しいですね。

杉内は序盤から球が指にかからないことが多く、制球も良くなかったです。捕手の山崎も苦労したのではないでしょうか。
しかし調子が良くないとは言え、マリーンズ打線は初回、このまま3人で終わるかと思われた2アウトから今江、アチャの連打であっという間に1点を先取、鮮やかに先制しました。これは上野を楽にしたでしょうね。その後はランナーを出すものの得点出来ない場面が続きましたが、7回に伊志嶺の犠打で1死2、3塁とし続く岡田のタイムリーで2点目を追加しました。伊志嶺に3バントを命じたのは良かったと思いますし、伊志嶺も良く決めてくれました。岡田もナイスバッティング!
残塁10というのがまたマリーンズらしいですが、まぁ相手が杉内ということを考えると2点取ったのは良しとしなければならないでしょう。

今日も清田にヒットが出、マルチ。角中もマルチに、正人の犠打野選を呼ぶ好走塁、と躍動。岡田も1本、伊志嶺はノーヒットでしたが犠打を決めましたし、右飛に倒れた打席も形は悪くなかったです。
しかし、正人がこのところ打席で良い所がありません・・・三振が多すぎるな〜。これなら早坂、ってなってしまうよな〜〜。

さあ、ホークス相手のカード初戦をとても良い形で取ることが出来ました。昨日の負け方が良くなかっただけに、上野が払拭してくれたのは大きいです。このところカード勝ち越しがず〜〜〜っとありませんし、このところファンにとっては地獄の様な展開の続くホーム週末試合、こんどこそスカッ!とした試合でカード勝ち越しをして欲しいですね。

☆8回のホークス、代打松中、代打多村と続くのっておっそろしい・・・しかもベンチにはまだオーティズもいたし・・・層が厚い〜

★E3−10F
明日はマー君と斎藤佑樹。日頃の斎藤斎藤報道にかなり食傷気味ですが、この対決はさすがにかなり気になります。
★Bs0−4L

盗塁争い(9/9現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
46 本多(H)
43 聖澤(E)+1
26 糸井(F)+1
25 岡田(M)+1、内村(E)
23 川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
21 松田(H)
20 片岡(L)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
長谷川(H)
8 田中(F)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年9月 8日 (木)

参戦断念、試合は残念、打線に憮然 L7−4M

今日も出ました低反発打線。一夜にして最下位最転落・・
ニッカン式スコア

今日は菊池雄星を観にいくどー!と意気込んでいたのですが、仕事が微妙にたまり、参戦は断念しました。無理すれば行けないこともなかったのですが半端に観てもなあ・・・と。チャンスはこれから先何度もあるでしょう。

正直、今日の試合は打撃戦になるやもと思っていました。雄星はどっちに転ぶか投げてみないとわからないけど、小林が不安だったのですよねー。

マリーンズはエラーも絡んだものの幸先良く先制(3塁から二塁ゴロで突っ込んだ井口、ナイスランでした)。しかしすぐ裏に1点返されたところでちょっと嫌な感じはしました。しかしまた打線が2点を追加。ここ最近なかった鮮やかな得点です。

・・んが、しかし・・・・おかわり君に被弾。これでおかわり君38号、マリーンズのチーム本塁打数37をとうとう越えられてしまいました・・・。この回は同点で終わるものの、続く4回には秋山にプロ第一号を被弾、小林KO。全部球が甘い、甘すぎる!あれだけ球が真ん中に集まっては厳しい。
小林の先発っていうのはあんまり好きじゃない・・というか、あまり期待出来ないんですよねえー。予告先発を見たとき、申し訳ないけどガッカリしてしまった。中継ぎの方が良いと思うんだけどなあ。短いイニングをしっかり投げる方が、重そうなストレートも活きると思うのですが・・。

菊池雄星はまずまず、ですかね?最初はボールが暴れていて高めばかりに行き、三振こそ1〜4番で3コ奪いますが、集中打も浴びました。しかし味方が追いついてからはそれなりに落ち着いて修正できたのではないでしょうか?しかし、本来の力からするとまだまだまだまだ、6割くらいの力しか出ていないのではないかなーと思います。ちょっと過大評価し過ぎ?
もう少しタメが欲しいですね。もっと腕振れる筈!結構左肋骨骨折の影響がデカかったのだろうなあー。それでもストレートはなかなか良いボールが行っていました。入団からフォームを見失って試行錯誤していましたが、なんとかここまで持ってきたな〜という感じです。細かい制球や変化球の精度、キレもまだまだですし、これからです。伸び代はいまだ未知数、という感じで楽しみですね。「まだまだこんなもんじゃない」というものを感じさせる雄星でしたが、逆に言えばそれでもこれだけ投げるのですから大したものですね。

秋山のホームランは素晴らしい当たりでした。右投げ左打ちの巧打者らしいホームラン。数年後には押しも押されぬ中心選手になっていそうで、こちらも楽しみです。

さて、マリーンズ打線は4点取るまでは良かったものの、逆転されてからはみるみる「シュン・・」となってしまいました。せっかくいい感じで点を取ったのになあ・・・3点くらいなんとか出来るやろう、と思いますが・・逆転されると元気が無くなる今季何度も見たパターンで4回以降は沈黙。
「あ〜あ」と思う野手の気持ちは判りますけどね〜。今日打線を責めるのは酷なのかなあ・・。

こんな時はいつもの様に若手の活躍に目を向けるしかありません。伊志嶺はらしい2塁打、清田は繋ぎの2塁打にタイムリー。岡田、角中は残念ながらノーヒットに終わりましたが、岡田、清田、伊志嶺、角中、この4人の誰かが活躍してくれれば満足です。
木村は2イニング目に少し逃げの投球が出たのが残念ですが無失点、ひょっとすると最終テストだったかも、という中郷も無失点に抑えました。

いま、この時期はもう彼ら若手の底上げ期間と思って観ています。練習やファームの試合では絶対に出来ない、1軍の試合に出てこその貴重な経験をしていると思うので、少しでも糧にして羽ばたいて行って欲しい!

★E4−4Bs
同点で迎えた最終回、イーグルスノーアウト満塁を迎えるも・・・後続が打ち取られ絶好のサヨナラ機を逃す。うーん、もったいない!

盗塁争い(9/8現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
46 本多(H)
42 聖澤(E)
25 糸井(F)、内村(E)+1
24 岡田(M)
23 川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
21 松田(H)
20 片岡(L)+1
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
長谷川(H)
8 田中(F)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (2)

唐川の復活に安心し、連敗脱出にホッとして・・球団4000勝 L0−2M

ナイスゲーム!やっぱり勝利は良いものです・・・唐川の好投で連敗脱出、球団節目の4000勝。
ニッカン式スコア

まぁ、4000勝と言っても全然ピンと来ません。めでたいとは思うものの、連敗脱出と唐川の好投の方が嬉しいなあ。
今日は久しぶりに録画観戦。録画の時はインプレー以外はすっ飛ばして観るのが多いので解説は殆ど聞いていないのですが、今日は片平晋作の解説が良かったので殆ど聞いてしまいました。なのでかなり遅い時間に見終わった・・。
何が良いって両チームの選手をきちんと触れてくれること。ライオンズのフロントや二軍監督という経緯の強みで例えば角中は「入って来た時からスイングスピードが速く、肩も強かった」など具体的に取り上げてくれて嬉しくなりますね。それに基本的に「悪口」を言わない。野球と選手に愛情が感じられて、気持ちが良い・・・いそうでいないのですよね、こういう解説。森脇とかこんなだったな〜。

とのっけから話が逸れました。だからいつもブログ長くなるんだよな・・・
涌井と唐川というタイプの同じ投手同士の投げ合いは見応えのある投手戦となりました。
唐川は久しぶりに良い唐川を見た、という感じでまず制球が抜群でした。ストレート、スライダー、カーブもすべて素晴らしく、ライオンズの拙攻(バスターエンドラン2度続けて失敗した挙句の三振や3塁におかわり君、1塁にホセで重盗をしかけるも機能しなかったり)もあるにはありましたけど、ランナーを出しても安心して見ていられました。本人コメントでもあったように慎重に行き過ぎて同イニングに2四球を出した場面もありましたけど、もーまったくモーマンタイ、無問題。
追い込んでから外角低めにズバリと決まるストレートは圧巻の一言で、里崎も受けてて楽しかったでしょうね。
球数が多く、7回で降板しましたが充分です。勝ったこともそうですけど、ここ最近ピリッとしなかっただけに、今日の様な投球を見せてくれたことが一番嬉しい。かなーり心配だったので、かなーり安心しました。
大崎のピッチャー返しが左足を直撃する!ように見えたのであれはヒヤッとした・・上手く避けましたね。

涌井も負けずにコーナに投げ分け、素晴らしい投球を展開しましたが、初回に1点をやや不運な形で失ったのが痛かったですね。岡田の打球を浅村が突っ込んだのはどちらかというとミスではありましたがグラブにほぼ触れてましたし、紙一重で惜しかったの一言。しかし岡田はレフトへのヒットで3塁打ですから、足が速いとやっぱり楽しい。その岡田を刺した牽制は速かった。晋吾も速いけど、あそこまで速い牽制はそうそう観られるものではありませんね。

3塁打と言えば昨日ノーヒットだった角中も3塁打を放ち、結果を出しました。無安打を2試合続けないっていうのはとても大事です。この調子で突っ走れ!しかし1塁、2塁を回るときどちらも歩幅が合ってなくて急に足がチョコマカしてて笑ってしまった。この辺は練習でいくらでも上手くなれるから頑張って!
清田も低めの変化球をひっぱらず右打ちしたからこその良い形のタイムリー2塁打を放ちました。涌井の出来を考えるとこの2点は精一杯でしょうか。外野スタメン争いを少しずつ抜け出しそうな感じですね。伊志嶺が復帰後あまりヒットが出ていないのが気になります・・・。

さて、今日は里崎が復帰、登録即先発。日頃、里崎をあーだこーだ言っている私ですが・・・こうやっていなくなった後に戻ってくると、やはり絶大な安心感があるのですよね・・・この安心感はどこからくるのか。決して体型だけではない筈・・・去年もそんな事書いた気がします。なんだかんだいいつつも、やはり欠かせない選手、「ザ・マリーンズ」の選手なのだなあ、と何度目かの再認識をしました。里崎、普段から右打ちしてくれたり、内野ゴロでカバーに真面目に走ってくれたりしたら文句なんてそんなにないのにな〜。
それにしても、「疲労性の腰痛」で抹消になっていた筈が戻ってくる時にシレーっと「背中痛」になってたのはなんなのでしょう?球団なのかマスコミなのか両方なのか、こういうのって心配しているファンをバカにしている様な気がしてなりません。

明日の先発は小林を持って来ましたね〜先発復帰ということか。対するライオンズは菊池雄星!ああ、これは観たい・・・仕事がハマらなければ、明日も参戦して来ます。センバツ決勝の中継で初めて観て、あのしなやかな腕の振りに目を奪われました。初のナマ雄星、とても楽しみです。これから何度も対戦はあるでしょうけれどね。
で、今日だけいい試合で勝って、参戦した昨日とする明日は負けたりするんだよな・・・・。

★F4−7H
ここへ来て、ホークスが強さを見せつけている感じですね〜
★E1−9Bs
バファローズ、9連勝か・・・大型連勝もすれば連敗もするチームだからなあ〜マリーンズみたいだな・・

盗塁争い(9/7現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
46 本多(H)
42 聖澤(E)
25 糸井(F)
24 岡田(M)+1、内村(E)
23 川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
21 松田(H)+1
19 片岡(L)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
長谷川(H)+1
8 田中(F)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2011年9月 7日 (水)

とうとうこの位置まで来てしまった L5−1M

んー、まあこうなると判ってはいたから、そんなにガックリ感はないのですが。負け惜しみではなく・・。

Dscf6209
ニッカン式スコア

今日は観衆も12173人とそんなに多くはなく、(帰りの駐車場もあっという間に車を出すことができた)それでもライトスタンドは真っ黒でしたよ・・・ライオンズファンより多かったくらい。

成瀬は外角にはそれなりにはコントロール出来ていましたが、細かい制球という意味ではどうだったか・・・さらに、あまりボールが良くなかった気がします。とにかく空振りが取れない!3回までで空振りが2コ。その後7回までで4コ、合計6コ。三振じゃないですよ、「空振り」の数ですよ。これは少ない・・今までの試合で平均いくつ空振りを取っているかと比較しないと意味の無い数字かも知れませんが、日頃空振り三振は多いですから・・・今日は少ない。裏を返すとそれだけ当てられているという事で、10球以上粘られたのが4人もいましたし、敗戦投手になってしまったのはライオンズ打線の粘りと成瀬の調子の悪さと両方だったのでしょう。結局7回で146球と非常に苦しむ結果となりました。
2回に先制されたのは2四球が絡んでいますし、失点内容も良くなかったですね。2回のおかわり君の四球は警戒しすぎだと思うな〜ランナーいない序盤なのにな〜。

成瀬
S0046140

打線も先発の石井一久の前に沈黙。近年の一久は昔のような「手が付けられない」という感じでもなくなっているので、今日はそれなりには勝算あるかなとも思っていたのですが・・・。ストレートこそMAX142km程度でしたが、変化球含め低めにしっかり制球されていました。それにしても7回2/3はスイスイといかれすぎです。もう少し抵抗して欲しかった・・・一回り目は狙い球も絞るだろうしある程度は仕方ないとは思うけど、見逃し三振も多い・・・。
非常に淡白に見えてしまいます。キツイ言い方をすると打撃練習・・いや、一久の投球練習みたいな感じでした。

一久
S0016089

6回開始時、円陣を組み1点は取ったが・・・
Dscf6145

監督は「ガッツを前面に出していかないと」と言っていたようでそれはその通りなのですが、それを出させるようにするのも監督はじめ首脳陣の仕事でもあるのでは〜〜とも思ってしまいました。
今日は贅沢してベンチサイドシート、ネクストバッターズサークルのすぐ上という絶好の席で間近で観ていたのですが、はっきり言ってしまうと「今日負けたら最下位」「絶対負けない」というような意思はチーム全体としては全く感じられませんでした。全く、です。
それイコールやる気がない、という訳ではないんです。ただ、どうにも雰囲気が暗い・・・
選手たちはAクラス、という目標も失ってしまっているような気がします。これはかなり重症かも知れません。
となると、チーム状態を上向かせるには「生き残る!」というガッツのある、若手登用しかないのかなーとは思います。最近そればっかり言っている気がしますが・・・モチベーションを保ち続けられるのはそういう選手しか現状無理なのか・・・・。

ファンとしてもどういう感情で試合を観れば良いのか難しい所ですが、今は角中や岡田、伊志嶺、ヤマテツらの活躍を楽しみに観るのがこっちとしても楽なのかなー。もっちろん最後まで応援しますし球場にも足を運びますけど、ちょっと求めるものが今までとこれからでは変わってしまうかも知れません。
最下位になってしまった今こそ、選手たちのプライドを見たい。

さて、明日は唐川ー菊池雄星というフレッシュコンビか?これは頑張って観戦行くか〜!と思っていたら涌井でした。涌井は最近調子を取り戻して来ていますし、唐川はこのところなんとも微妙ですから明日も厳しいかも知れません。しかしタイプの同じ投手同士、どちらが持ち味を発揮出来るか、その辺りを楽しみにしたいと思います。

では今日の画像です。

おかわり君と今江
Dscf6097

カスティーヨのちょっかい見てるといつも面白い
Dscf6116

正人 金森コーチのアドバイス空しく今日の打席はかなり寂しい内容
Dscf6160

アチャも活躍出来るような場面は回って来なかった
Dscf6169

岡田の微妙なサードゴロ判定に抗議 現地では絶対セーフだろ、と思ったけど帰宅してビデオ見たらアウトですね~1塁塁審白井が良く見ていた
Dscf6168

今や数少ない楽しみの伊志嶺 1試合1本出れば良い!
Dscf6149

片岡の復帰はかなりデカい
Dscf6120

いつの間にこんなティアラを・・・
Dscf6162

☆西武ドームは結構涼しかったです。半袖でギリギリ、という感じ。明日以降観戦予定がある方は長袖か上着があった方が良いかも!
☆・・という気候だったので、選手にはちょうどよいと思うのだけど・・・マリーンズは最高のパフォーマンス、という感じではなかった。

★F0−1H
★E0−4Bs
金子千尋3安打10三振完封かあー!今季一番の投球では?

盗塁争い(9/6現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
46 本多(H)
42 聖澤(E)
25 糸井(F)
24 内村(E)
23 岡田(M)、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
20 松田(H)+1
19 片岡(L)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2011年9月 6日 (火)

マリーンズ、来季は仙台開幕だ!

パ・リーグは来季の開幕を2009年上位チームで開幕することを決めたそうです。

パ来季開幕権は09年上位チームで(ニッカン)

 プロ野球パ・リーグは5日、都内で理事会を開き、来季の開幕カードは2009年の上位3チームが主催権を持つことを確認した。日本ハムが西武、楽天がロッテ、ソフトバンクがオリックスとそれぞれの本拠地球場で対戦する。

 今季は、3月25日にこの3カードで開幕予定だったが、東日本大震災の影響で開幕日が4月12日に延期され、開幕戦の主催球団も変更になっていた。

今年流れてしまった仙台開幕、ずっと気になっていました。仙台での開幕はイーグルス創設以来の悲願でした。それをAクラス入りして実力で勝ち取った、のに・・・。私はマリーンズファンですが、それでも嬉しかったんです。しかも相手が我がマリーンズ!本当に楽しみでした。
それがこんな事になってしまって・・・何よりも、東北の方々で楽しみにしていた人たち沢山いらしたと思うんです。天災にあってただでさえ大切な人、大切な物が奪われたのに、プロ野球の開幕まで奪われてしまった。それがなんとも・・・無念といいますか・・・。

一年では復興もまだまだ進んでいないでしょう。それでも、万感の想いを込めての開幕になることでしょう。来年はまたマリーンズがお邪魔して仙台開幕です。
・・・とはいえ勝負は別物。今年はQVCマリン開幕で白星プレゼントだったのでマリーンズにはリベンジ開幕戦ですね!もちろん今から参戦する気マンマンです。

なお、記事では見つけられなかったのですが、サンケイスポーツのtweetによると、来年以降も1年後ろにずれ、2013年(再来年)は昨年2010年のAクラスだったホークス、ライオンズ、マリーンズが開幕権。2014年は今年のAクラスチームが開幕権を得るようです。3年ずれます。うーん、ちょっとややこしい。でも仕方ないですね。どこかで一年潰して調整するのかな?
今から来年の仙台開幕が楽しみです!


盗塁争い(9/5現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
46 本多(H)+1
42 聖澤(E)
25 糸井(F)
24 内村(E)
23 岡田(M)、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
19 片岡(L)、松田(H)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

いよいよ最下位が現実的に そろそろ思い切った起用を! M3−6E

イーグルスに3年連続の負け越しですか・・・すっかり苦手チームになってしまったなあ。
ニッカン式スコア

今日はプロ野球ニュースでチェックしたのみ。録画の追っかけ再生も含め原則的に毎試合観ているので昨日今日と試合を全く観られないと心許ない・・・凡打でも内容のある凡打、ヒットでも形の悪いヒットとかありますしどうしたってテキストだけでは限界がありますね。

それでも、今日の俊介はそんなに悪くなかったのかな?とは思いました。ボックススコアを眺めると5イニング15アウトのうち9コはフライアウトで、最近揚げ物料理が得意となった俊介の特徴は出ているのかな、と思います。先制された1点は3塁打の後のタイムリーでまぁ調子が良くても点取られたりするようなパターンだと思いますし、5回に3点取られたのは正人のエラーがキッカケでもあるし、山﨑に打たれたヒットはシュートを詰まらせた結果、恐らく後ろに守っていたレフトの前に落ちてしまったもので内容では勝ってるのかな、と。ただし、俊介のコメントにあるように味方がエラーしてしまった後こそ抑えないといけないとは思いますけれど。

打線は長谷部を捉えた事は捉えたのか?しかしながら対長谷部の各打者のアウトはほとんどが引っ張った方向でアウトになっていますね。長谷部に限らず、相手が左腕になるとどうも強引に引っ張りにかかる傾向が見えるのが気になります。

投手では大谷が中継ぎに戻ってピシャリと抑え、適正という意味ではやはり中継ぎなのかと思わせる好投を見せてくれました。その一方、つい先日に「信頼が高い」と書いたばかりの晋吾が痛い追加点を取られるなど、あっちが出ればこっちが引っ込み、みたいなもどかしさを感じます。
打線では角中が今日もヒットを記録した一方でクリーンナップは今江の1安打のみ、1番に戻った伊志嶺がタイムリーを放つも3三振、とこちらももどかしい・・・・どうにも攻守のバランスが取れていません。

今日の敗戦は半ば予想していたことでもあり、思ったより・・というか殆どショックはありません。むしろ、いっそのこと最下位になってしまえば井口の処遇を含め思い切った手を打てるのではないかと。
福浦は代打で結果を出し、こないだの「来季オーダー」エントリで触れましたが寂しいけど代打の切り札でベンチにどっかり控えて貰ったほうが代打層が決定的に薄いマリーンズでは厚みが出るのかなーと思います。好調の角中を5番でも面白いと思いますし、さすがに井口の打順にこだわる時期は過ぎたかと。
強心臓のヤマテツをあえてシビレる場面で起用するのもありだと思います。ともすると若い投手の自信を失わせる事になる懸念もありますが、ヤマテツはもしそうなったとしてもそれをバネに奮起出来そうな気がするんですよね。上手くハマれば一気に伸びそうな気もします。
先発に木村昇格とかこのところファームで当たっている高濱を角中の様に結果が出るまで我慢して使ってみるとか来期以降を見据えた冒険だって出来るでしょう。今の順位やチーム状態を逆手に取るくらいの事をしても良いのではないでしょうか。

次はライオンズとの最下位攻防戦ですね。今のチーム状態を考えるとこの3連戦で最下位転落、みたいな気がかなりしますが、成瀬ー唐川とこちらはWエース、簡単に負けて欲しくはありません。監督采配に注目しつつ、まずは初戦に参戦して来ます!

★L12−2H
片岡が復帰、即盗塁。マリーンズ戦を前にまたやっかいな選手が戻って来ましたね〜。でも片岡がいてこそライオンズですからね!
★Bs5−3F

盗塁争い(9/4現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
45 本多(H)
42 聖澤(E)
25 糸井(F)
24 内村(E)+2
23 岡田(M)、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
19 片岡(L)+1、松田(H)+1
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年9月 4日 (日)

ひっどい試合・・・ M1−10E

まず、私の記事に結構な頻度で細かい間違いがあることをお詫びします。そそっかしい性格で、それはもう重々知っているんだからよりいっそう気を付けないといけないのですが・・・・大人なんだから。
昨日の記事では得点と盗塁表に間違いがありました。はぁー、恥ずかしいし情けない。
これからも明らかなミスありましたら遠慮なくご指摘下さい。

さてさて・・・・今日の試合、仕事の合間になんとか隙を見つけてチェックしていたのですが(トイレ行った隙にとか)最初に確認したのが2回終了時で0−3。ああ、こりゃ負けた・・・と思い、次に確認したのが7回終了時で0−7。はい?
仕事終って最後に確認した時は試合終了でなーんと1−10。なんじゃーこりゃ〜〜(怒)
ニッカン式スコア

公式のテキストライブですら伝わる余りの酷さに言葉を失い、失笑すら漏らしてしまいました。先発投手は四球連発で初回に失点、ワイルドピッチにパスボール、失策のオンパレード。攻めては10残塁ありーの、併殺ありーの・・・・
天気も悪かったみたいですし、観戦に行った人たちはほんとに辛かったろうな・・と。心の底からお疲れ様でした・・・と言いたいです。バカ試合は今季沢山ありますが、どんどん更新してますね。

中継を観ていた嫁の話だとジョニーもかなり辛辣な言葉を発していたと。いわく、危機感がない。気持ちで勝てる訳ではないが気持ちが感じられない。野手は呼吸があっていない、投手は攻める気持ちが足りない。エトセトラエトセトラ・・・・
いくらファンがぐだぐだ言っても選手には届かないんだよなーと時に無力感を感じることも多々ありますが、こういうOBがはっきり言ってくれると多少は違いますでしょうか?解説で言ってても無駄?届かない?

雨の中観戦に来たファンをなんだと思っているのか。観戦に行けないけど、テレビの前で、携帯速報の前で楽しみにしているファン、情報が入らないような場所でも結果を気にしているファン、いろいろいます。みーんな良い試合が観たいんですよ。
負けようと思って試合をする選手はいないでしょうし、みんな勝ちたい、打ちたい、抑えたい、そう思っているでしょう。でも最近のマリーンズを観ていると気持ちが伝わって来る選手は一握り。
ファンにはあずかり知らぬ事情とかもあるのかも知れませんけれど、基本的にファンは「表」しか見ることが出来ません。逆に言うと本来ファンは「裏」なんて考える必要はないんです。だから、「表」が大事だと思うんです。だってプロだもん。
やる気とか気持ちが見えれば全然違うんですよ・・。ヘッドスライディングしろとかそういう事ではありません。内野ゴロで一所懸命走るだけでも伝わります。いくらでも伝わる方法はあると思います。そういう事を選手たちには考えて欲しいです。

でもね、それでもやっぱりマリーンズが大好きですし、いつまでも応援しますよ。理屈じゃないもん。こんな試合の次の日こそ観戦に行きたいですが、明日はどうしても行けません。でも来週の最下位攻防戦は行って来ます。
今日みたいな試合の中でも、岡田や角中や伊志嶺がマルチだったようですし、活躍が観たい選手だって沢山います!

今日はもう遅いですが、今からあえて今日の試合を録画で観てやろーと思います。もう、とことん付き合っちゃるわい!という気持ちです。エラーでも併殺でもなんでも来いや〜〜〜!

★L7−10H
★Bs3−2F

盗塁争い(9/3現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
45 本多(H)+1
42 聖澤(E)
25 糸井(F)
23 岡田(M)、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)、内村(E)+1
18 片岡(L)、松田(H)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)
7 秋山(L)
6 斎藤(L)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2011年9月 2日 (金)

2ランを3ランで返され万事休す M3−6E

ううーん、今日の試合もキツいなぁっと・・・。
ニッカン式スコア

先発の上野は制球に苦しみ、5回4失点。初回1死1、3塁で山﨑を併殺に打ち取るなど今日はなんとか踏ん張るか(願)との思い空しくガルシアに手痛い逆転3ランを浴びました。ツーシーム系の球がど真ん中に浮いて入る失投でしたが、それよりもその前に内村への四球、草野への死球でランナーを貯めていたのが悔やまれますね。ソロホームランとかせめて同点弾だったら良かったのですが。
今日のマリンは昨日に続いてレフトからライト方向へいつもと違う真横の強い風だったようで、上野も投球時に対応が難しかったのかも知れません。しかしもっと経験の少ない塩見は自分のピッチング出来てましたし、これは言い訳にはならないですね。

打線は清田に久々のホームランが飛び出し、2点を先制しました。不思議と塩見に相性が良かったマリーンズ(珍しい気がする・・・こういうタイプってだいたい相性悪いのに)、今日も行けるか?と思いましたが甘かった。

たった1点でも逆転されてしまうともう反発力を無くすのがマリーンズ打線、この後はワイルドピッチの1点のみ。ガルシアのホームランでもう戦意喪失したように見えました。何とかしてくれ・・・。
しかしこう考えるとガルシアみたいに打率低くても時折宝くじ見たいな貴重なホームラン打つタイプっていうのが一人いるとやっぱりこれはこれで面白いのだなーとは思いますね。機動力野球大好きな私ですけど、3点を追う最終回、ランナーをいくら出しても一発のある打者がいない、というのはやっぱり弱いなぁー相手からすると楽だよなぁーと思ってしまいました。マリーンズではその役割を大松に求めたい。大松の復活が待たれます。しかし今年はもうあまり出番が無い気がする・・・

伊志嶺に当たりが出ていないのが寂しいですね。このままではまた岡田1番伊志嶺2番もありえますし、明日、明日は同級生マー君から結果を出して欲しいものです。
早坂はインのストレートに手が出ないという同じ内容の見逃し三振が2つでは。昨日2安打、今日は代打で出てしっかり四球を選んだ根元に代わられてしまうよー。どっち?と言われたらショートは早坂推しの私としてはですねえ、少しねえ、もう、コラァ!という感じです。

今日も見どころの殆どない試合となってしまいました。
それでも角中は今日もしっかり2塁打1本。こういう風に地道に結果出していくことが大事ですよね。今日だけなのかも知れませんけど井口は少し良かったですし、清田の一発もかなりの飛距離でパンチ力ある所を見せてくれました。
清田のコメントに「大学の後輩が投げているので、先輩らしいところを見せられて良かった」というのがありましたが、そうか、上野と1年しか違わないのだなー。清田の野手転向が確か大学3年の秋ですから、1年半は投手として上野と切磋琢磨した仲。打者転向して花開いた清田と後輩の上野がプロの同じチームでグランドに立つというのも面白いですね。
期せずして伊藤ちゃん離脱の昨日から中継ぎ待機することになった晋吾が今日はしっかり投げました。ボビー時代からシーズン後半になると観られる風物詩ではありますが、晋吾の中継ぎはやはり信頼が高いですね。
でも、監督、伊藤ちゃんのとこに晋吾当てはめて終わらせたらダメですよ!続くセットアッパーをちゃんと育ててね。来季以降にも繋がるのだから。

さ、上昇するキッカケも見えず気配も伺えないマリーンズ。明日はマーフィーとマー君のマッチアップ、厳しい結果が待っていそうですが、それでも週末のマリンで良い試合を見せて欲しいものです。
仕事とプライベートで2試合とも観られない公算が高いですが、なんとか勝利を!

★L5−3H
来週明けは現在最下位のライオンズと3連戦が控えています。私は参戦予定ですし、ライオンズ3連戦、マリーンズ3連戦どちらも来週を見据え注目しておきたい。
★Bs3−2F

盗塁争い(9/2現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
44 本多(H)
42 聖澤(E)
25 糸井(F)
23 岡田(M)、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
21 内村(E)+1
18 片岡(L)、松田(H)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)
7 秋山(L)
6 斎藤(L)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2011年9月 1日 (木)

月が変わっても流れ変わらず・・ M2−8F

伊藤ちゃんが心配です(涙)
ニッカン式スコア

今日はグチばっかになるかも知れません。ごめんなさい。

5回までの試合と6回からの試合はまるで違う試合のようでした。
大谷は5回まで2失点していたものの、実に丁寧にコーナーに投げ分け、最近ではかなり良い投球でした。初回の失点は不運でしたしね・・・4回の失点も先頭糸井のセンターライナーを岡田がはじいての(でも岡田で捕れなかったんだから仕方がないと思う)出塁がきっかけでしたし。
大谷にとって魔の6回、スケールズに甘く入った変化球を運ばれました。勿体なかった・・・今日はここですね。続く陽にセンター前ヒットを浴び、ここで西村監督スパッと変えてきました。

さあ、ここからグチ大会です。
この交代、早すぎる・・と思いました。かなり驚いた。5回までの投球内容を見ていたらもっと投げさせたかったです・・・・もっとも6回がず~~~っと課題であり「またかよ」という思いも監督にあったのかも知れませんし、陽のヒットが余りにあっさり打たれたので危険を感じ取ったのかも知れません。傷口が広がる前に、というのはわからないでもありませんが。
まあ、ここは100歩譲って仕方なかったとしましょう。

続いて木村を投入。そしてその木村がピンチを迎えると、耳を疑うアナウンスが・・・まさかまさかの伊藤ちゃん投入です。ええ?この展開で?口あんぐりです。
いくら4日間間隔が空いたからと言って、今日からまだ4試合続くんですよ・・・。
んでどうせイニング跨ぎすんだろ、と思っていたら案の定7回も伊藤ちゃんがマウンドに。2−6ですよ。ここで陽の折れたバットが・・・ああ・・・思い出したくないシーンです。痛がり方が普通じゃなかった・・・。折れたバットから目線を完全に切ってましたね。考えにくいけど、角度とかタイミングとかで折れた、って認識が無かったのかな・・・。ベンチに運ばれる伊藤をみて、八つ当たりですが「こんな試合でも投げさせるからだよ!」と怒り心頭です。いや、八つ当たりですよ・・・不可抗力ですし。それは判ってますけど、伊藤が不憫で。
しかし、大丈夫だろうか・・・目立つ大きな傷は裂傷だろうけど(かなりの出血していた・・・ああ)、打撲もあるだろうし・・・筋とか変に切って無ければ良いけど。一ヶ月はダメじゃないかな。それもこれもここまで酷使するからだよ!とやはり八つ当たりに行き着きます。
「投げないとダメなタイプ」という投手がいるのも判ってますが、なんで今日の展開で伊藤ちゃんなのか。わからない・・・・。監督ドS伊藤ちゃんドM説がますます現実味を・・・。

さらに伊藤の後を急遽継いだヤマテツがしっかり後続を抑えました。ここはナイスピッチングだったと思います。8回もヤマテツがそのまま行き、9回は代わるだろうなーと思っていたらなんとまたヤマテツ・・・・・おいおいおい!と思いました。連投になりますが中郷だっているのにーと。イニングイーターとしての役割も判りますが、3イニング目はキツいでしょ。案の定ヤマテツはこの回は踏ん張れず2失点。ここで中郷なら最初から出せやーと・・。

ベンチワークをああだこうだあまり言いたくないのですが、今日の投手起用にはかなりの疑問です。これで伊藤ちゃんもブルペンから外れてしまいました。晋吾が中継ぎに入るようですが、どうやりくりしていくか。こういう時だからこそ経験の少ない投手もみなひっくるめて「投手の和」で乗り切りたいです。でもベンチがそれをさせないかも知れないなー。

打線は今日も低反発打線。伊藤ちゃんの負傷に奮起するでもなく、6回以降は沈黙。観ていて全く追いつける気配のケの字すら感じませんでした。観戦された方はつまらなかったろうな・・・・台風も近づき、今日の観衆は9251人と少なかったですが、少ないからこそ観戦に来ているお客さんはより大事なのに・・・行かれた方は本当にお疲れ様でした。

月が変わって何かが変わるか、と期待しましたがそんなマリーンズではなく。
明日からのイーグルス戦がまた不安ですが、上野ー塩見の投げ合いもこれは楽しみですね。

そうそう、ファイターズ大塚の投球が楽しみだったのですが・・良いですねえー。まず変化球でストライクが取れるって言うのがいいですね。特にフォークとチェンジアップが素晴らしい。ストレートは今日はイマイチな感じで、大野もストレートは早い段階で捨てて変化球主体の好リード。今日は5回投げ切れませんでしたが、先発として試合を作れそうな投手です。ファイターズは若い投手がどんどん出てきますね。マリーンズが初回のチャンスを逃した時は、去年の中村勝初登板初勝利プレゼントした試合を思い出しましたよ。

ささ、なんかネガティブな話ばっかりだったので海の向こうから明るいニュースを。
元マリーンズ、田中良平が3Aで初勝利したようですね!1Aから3Aに昇格、初勝利との事。メジャーまで後一歩ですが、ここからの最後の壁がまた厚くて高い・・・日本以上に厳しい世界ですが、頑張って欲しいものです。

Ryohei


★H1−2Bs
Bsには失礼だけどホークスを3タテ!マリーンズだって出来る筈!
★E3−9L

盗塁争い(9/1現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
44 本多(H)
42 聖澤(E)
25 糸井(F)
23 岡田(M)、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
20 内村(E)
18 片岡(L)、松田(H)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)、後藤(Bs)+1
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)
7 秋山(L)
6 斎藤(L)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (7) | トラックバック (4)

うーん、今日は仕方なしか・・・ M1−6F

唐川とダルの投げ合い!というわくわくする対決はダルの貫禄勝ち、と言ったところでしょうか。
ニッカン式スコア

マリンに行きたいなあ、なんて思ってましたがとんでもなかった。めちゃくちゃ忙しく、お昼も食べられないまま、試合が終了してもまだ仕事しておりました。
今はとりあえずプロ野球ニュースをチェックしました。

スタメンから清田が外れましたね〜。いや、もちろん工藤も好きですし良い選手だと思いますから工藤スタメンと言うことだけで言えば異論はないのですが・・・清田が外れる、という観点ではどうか。昨日は1安打でしたが内容は良かったですので、相手が右投手であってもスタメン起用して欲しかったというのが正直な気持ちです。くどいけど工藤は好きなんですよ。でも清田出して欲しかったなあー。首脳陣からするとまだまだ精進せい、という所なのでしょうか。

さて、唐川は内角を使えたのでしょうか?ニュースだと当たり前ながら打たれたシーンばかりなので・・。しかし小谷野に浴びた3ランが痛かったですね。今日の試合を決定づけてしまいました。
小谷野は今季調子があがらず、体調も悪そうで相手チームながらかなり心配だったのですが、今日はいつもの小谷野だったみたいで。二岡もマリーンズ戦になるといいところで打つイメージがあります。陽も・・。
テキスト速報やボックススコアだと唐川は中盤に息切れしてきた感がありますが・・・どうだったのでしょう。足の怪我で抹消だとロクに走りこみできませんし、その辺りの影響も否定できず(←政府答弁みたい)、しかし全体として唐川は夏場にバテる傾向がありますので、来季からは上手く対処して欲しいですね。
今日は唐川とダルのまだまだ離れている差を見せつけられてしまった感がありますが、それでもこういう投げ合いは絶対プラスになることでしょう!

打線はダルからは良く頑張った方なのでしょうか?井口に同点タイムリーが出たのを読んで「おお!」と思ったのですが、映像で観るヒットはちょっと残念でした。調子は変わらずかーあ。しかも守備では今浪だったかな?のライナーを取れず・・・タイミングが合わなかったと言えばそれまでですけれど、どうにも身体が重そうです。昨日の試合でも内野ゴロ2つ緩慢にさばいていますし、身体は疲労の極致なのではないでしょうか。打順降格、もしくは思い切って休養がそろそろ現実味を帯びてきた気がします。

角中はバント失敗があったものの3安打と、数字がかなり出るようになってきました。やっと上で乗っていけるかな?今まで乗りきれなかっただけに、このチャンスを逃さず掴んで欲しいです。

伊志嶺は4タコに終ってしまいました。ダルから相性が良かっただけに期待しましたが、仕方ないですね。むしろダルからすると「絶対抑える」くらいで向かって来たのではないでしょうか。

今日は完敗でした。しかしカード頭を取っているだけに、少し気楽に捉えられますね。こうして見るとカード頭勝利するのは本当に大きいですし、その役割を担う成瀬は大変だよなあーと改めて思います。

明日は大谷とイケメン君(だったと思う)大塚。大塚はプロ初先発ですよね?記憶が確かならば、創価大学時代の大学選手権での投球をほんとにちらっとだけ(5、6球くらい)観た記憶があって、イキのいいストレート思い切り投げ込んでるな〜という印象があります。大谷は無論、大塚のピッチングも楽しみです。しかしプロの厳しさを教わるのは避けたい!明日はなんとしてでも勝ってカード勝ち越しを!!

★E4−3L
地元凱旋登板、雄星は敗戦投手に。それでも8回を投げ切ったのですね。負けてもこれだけ投げてくれる先発は使いやすいかも知れませんね。
★H7−12Bs
おかしいなあ・・・大場が打ち込まれてる。おかしいなあ・・・


盗塁争い(8/31現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
44 本多(H)
42 聖澤(E)
25 糸井(F)+1
23 岡田(M)、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
20 内村(E)+1
18 片岡(L)、松田(H)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)
11 後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)
7 秋山(L)
6 斎藤(L)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (4)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »