« 真夏なのに寒〜い試合 M2−7Bs | トップページ | ひっさびさに快勝 H2−6M »

2011年8月 8日 (月)

沖縄代表・糸満高校が初戦に望む

沖縄大会をベスト4まで取り上げたまま、忙しくして更新できていないうちに代表はとうの昔に決まり、甲子園すら始まってしまいました。
そして明日9日は沖縄代表・糸満高校が登場です。初出場なので糸満高校としてもまさに甲子園初戦。
相手の香川代表・英明は2年連続出場、昨夏のメンバーが6人残り、エースはMAX145km・193cm左腕松本、4番は高校通算55本の中内とかなり手強い相手。

しかし糸満だって初出場とは言え、身体能力の高さは沖縄県内でも他校を凌駕し、地区大会前から評判となっていました。特に1番神里、3番宮城知秀の二人は足も速く全国的にも注目の選手です。エースは技巧派の山城。
糸満は去年は宮國(現ジャイアンツ)、島袋という超高校級バッテリーを擁し、決勝にコマを進めますが、甲子園春夏連覇を果たした興南の前に準優勝となりました。このバッテリーが抜けても今年の春沖縄県大会を制したことで私の中では「これは本当に強くなったということかも」と期待が高まりましたが、見事に夏の予選を勝ち抜き、戦国・沖縄の頂点に立ちました。

面白いのはこの両校、監督さん同士は前から交流があり、甲子園の抽選前から食事に行く約束までしたいたそうです。5月には練習試合を行っており、この時は8−6で英明が勝ったそうですね。よりによってこの2校をいきなりぶつけなくてもいいじゃないの、と思いますが、これも甲子園の面白いところ。

ちなみに糸満は沖縄本島の南部に位置し、先の大戦では米軍の攻撃が集中し最激戦地となりました。「ひめゆりの塔」があるのも糸満です。
糸満は元々勇猛で知られる漁師の町。今はTシャツなどで全国的に知られるようになった言葉「海人(うみんちゅ)」は糸満の漁師の事を指したとも言われています。
高校野球でおなじみの沖縄水産も糸満市に存在します。糸満高校には「糸満」の名前を全国に広めて欲しいですね!

非常に悔やまれますが不覚を取り、CS放送skyAでの地区予選決勝の後日放映を見逃してしまった私、今年の糸満を観るのは明日が初めてです。熱戦、楽しみです!

沖縄大会
▽準決勝
【沖縄セルラースタジアム那覇】
中部商 7―6 興 南
糸 満 6―4 沖縄尚学

▽決勝
【沖縄セルラースタジアム那覇】
糸 満 2―1 中部商
中部商の本格派右腕・多和田との投手戦は、満塁からのスクイズが決勝点に。晴れて糸満が代表の座を掴みました。

Okinawa10_11


にほんブログ村 野球ブログへ

人気ブログランキング

|

« 真夏なのに寒〜い試合 M2−7Bs | トップページ | ひっさびさに快勝 H2−6M »

コメント

日本文理…途中経過を要所で知ってたので録画した試合を軽く観ましたが予想通りといいますか田村が試合壊しましたね

多分ですが今日の内容だと相手が日大三でなくても田村自体の結果はほぼ同じだったでしょう

スライダーがまともに決まらない&手を出してくれないほどの精度

甘い球だらけ

来年も田村が居るなんて…

大井監督には戦力外通告か僅かながら望みがある1~2イニング限定のストッパーとして鍛えて欲しい

波多野投手の立ち上がりは素晴らしいの一言

テレビ朝日の解説も絶賛でした

が、継投を当初から予定していた通り徐々に甘くなり捕まりました

畔上のホームランを防ぐか5回を投げ切れば多少でも成長の余地を残す2年生投手の役目は果たせたかな…って感じでした

春に甲子園でMAX144を出し今日は更新の145が出ました

残り1年ストレートに磨きを掛け変化球を鍛えてくれたら

波多野に関してはまだ見捨てられません

打撃陣ですが湯本にヒットが出なかったのは非常に残念

せめて思い出ヒットだけでもと最後の打席を期待しましたが…

たしか日本文理のヒットは4本でしたがそのうち3本が2年生の早津、柄沢(2本)でした

高橋洸のヒットも含めポテンヒットではなく吉永の球をしっかり捕らえて居ましたし四球を選んで得点に貢献した野口を含め現2年生打撃陣にはかなり期待できそう

控えに居た薄田はセンバツでラッキーボーイでしたし

要するに今の日本文理は兎にも角にも投手陣が課題です

投手陣がある程度期待できたら来年春夏の甲子園出場は見えてくると

今回のように優勝候補筆頭と初戦で当たらなければ最低でもベスト16はいけるんではないかなぁ

投稿: 佐藤 | 2011年8月10日 (水) 19時01分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

残念でしたね!6−3までは経過知っていたのですが、それ以降は試合がとっくに終ってからスコアを知りました。
内容は全くわかりませんが、佐藤さんが危惧していた通りに投手陣が力及ばず、といった感じだったのでしょうか?
しかし初戦で日大三というのはいかにも当たりが悪すぎましたね・・・

田村の投球を見ていないのでなんとも言えませんが、まだ2年生、高校生は冬を越すととんでもなく成長したりしますし、この県大会と甲子園を通じて本人も悔しい思いをし、自分に足りない所がなにか、ということも良く判ったでしょうから今後に期待ですよ!
しかも2年生が多いのですもんね〜。この夏の悔しい思いを持ってすれば来年かなり伸びると思います!日大三も去年の悔しい思いを当時の2年生が強く持って今年に望んでいるみたいですし・・・。
そう考えると高校野球って選手は3年で出ていきますけど、ずっとつながっているのだな〜と思います。日本文理、ガンバレ〜!

後は熱闘甲子園で観るしかないかな〜再放送をCSでやってますけど、マリーンズの試合もあるし、しかも今夜はファームの試合も対Gの東京ドームという事で中継ありますから、それも録画観ないと・・・(^^;

投稿: BJ | 2011年8月10日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/41136440

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄代表・糸満高校が初戦に望む:

« 真夏なのに寒〜い試合 M2−7Bs | トップページ | ひっさびさに快勝 H2−6M »