« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

成瀬の好投、打線の繋ぎ、伊志嶺復活と三拍子揃いました〜 M5−3F

ビアスタなのに勝ちました!
ニッカン式スコア

奇しくもつい最近、「Get Sports」で「遅い球の男」として2週続けて特集を組まれた二人の先発となったこの試合、勝利をもぎ取ったのは成瀬でした。

今日はなんと言っても成瀬です!制球、球質ともに素晴らしく超安定感のある投球でした。
何度か書いてますが、成瀬の生命線は打者に対して外角いっぱいへの制球とストレート・変化球の投げ分け、ストライク・ボールの出し入れです。とにかく外角が全て。それが今日は完璧でした。インコースをもう少し使っても良いかなとは思いますが、今日の球審中村は右打者のインコースはかなり判定が辛かったですし、コントロールミスが怖かったのかも知れませんね。雅彦のリードもオーソドックスではありましたが、打者の巡りに合わせて配球も変え、良かったと思います。最近投げてなかった110km台のスラーブ気味のカーブを使うあたりも嬉しかったですね。とはいえほとんどストレートとスライダーだけでOKなくらい調子良かったですね。
最後、中田にホームラン打たれたのは明日明後日を考えると余計でしたが、それでも今日は素晴らしいピッチングでした。

ヒーローインタビューで「球が遅くて」「スピードが出ないので」と繰り返してましたが、なあに成瀬はスピード関係ないです!ファンはスピードなんて気にしていないのに〜!
北京五輪の時にダルや涌井のストレートを羨ましいといってストレートの質を上げようとして翌年失敗したりもしてましたし、やはり投手たるもの「球速」は気になるのだなあ、と可笑しくもあり可哀想でもあり。

雅彦は落ち着いて試合に望んでいる様に見え、守備でも打撃でもいい力加減でやっていますね。やっぱりプロ野球選手は試合に出続けるのって大事なんだよなあ、と思いますね〜。ガッツマン雅彦が頑張ってる姿を観るのは気持ちが良いです。

今日は外角をこれ程ファイターズ打者に見せましたから、明日は唐川に思い切ってインコースを攻めて欲しいですね。最近封印している?シュートも使って欲しいんだけどなあ。

武田勝は悪いとも思いませんでしたが、マリーンズ打線が珍しく狙い球を絞って積極的に振っているように見えました。あのドヤ振り打線が、ですよ?4回の集中打、ヒットなり犠飛なりになったボールは全て変化球じゃなかったですか?(実際、もともとストレート少ないけど)まさかの武田勝攻略です。この回の得点は気持ちが良かったですね〜。解説の初芝が指摘していた様に進塁の面で課題は残りましたが(外野フライのタッチアップを含めた判断力)各打者の積極性が目につきました。
相手が左腕の武田勝でも角中が起用され、ヒットは出なかったものの良い犠飛を放ったのは嬉しかったですし、清田も内容がとても良かった。岡田は猛打賞、今日3番に入った今江も良く繋ぎましたし早坂はいきなりのバント失敗はあったものの7回の追加点に繋がる犠打を決めましたし、守備でも貢献しました。
・・・井口が取り残されているのがやはり気になりますね。休養、打順も考えても良いのかな・・。私は打順下げるくらいなら試合に出ないほうが、という気持ちでしたが今日いよいよ手をつけましたし、打順降格もありかなあー。こないだの送りバントを命じたことといい、今後の西村監督の判断に注目ですね。

さあさあ、そしてやっぱりこの人、「伊志嶺翔大」ですよ!今日待ちに待った復帰。ほんとに待ってたよ・・・・。
最初の3打席は笑ってしまうくらいタイミングが合っていませんでしたが、4打席目、しかも得点圏でやってくれました!タイミングの合っていなかったスライダーをきっちりおっつけると打球は右中間へ!こうなるともう場内の視線は伊志嶺独占です!あっと言う間に3塁打、スタンダップトリプル!うー、素敵!
しかも前進守備のセカンド真正面への岡田の打球に躊躇なく突っ込みこの回2点目をもぎ取りました!スケールズの守備も迅速とは言えないけど、それでも速かった・・・・ついさっき打席に立ってたと思ったのにもうホーム踏んで点取ってベンチに戻ってました。マリーンズ、あんなに点を取るのに苦労していたのになあ〜。この気持ちよさはなんなんでしょう?
病み上がりの伊志嶺を雨中のヒーローインタビューに呼ぶという球団の鬼のような計らいもあり(笑)復活してすぐのお立ち台。待ってたよ、待ってたよ伊志嶺〜!

ほんとにマリーンズはわからないチームですね。先週の6連戦の暗黒ぶりはなんだったのだ・・・と思わせる試合です。また明日どうなっちゃうのか不安ですが、満員のお客さんの前でこういう試合をしてくれるとやっぱり嬉しいですよね。私は現地参戦はしていませんけど嬉しかったなあ。

明日はなんと唐川とダルの投げ合いです!観たい・・・でも仕事がなぁ・・・終ってすぐ駆けつけてもなあ・・・。
唐川に球団4000勝を涼しい顔してゲットして貰いましょう!ダル以上の好投をしてくれれば勝てる!(当たり前か)

☆修学旅行生が来ていたみたい。マリンに来ている修学旅行生を見ると、楽しんで帰って欲しいな〜といつも思う。選手たち、いい試合見せてねお願い!と。今日は満員の応援も含め楽しめたのではないでしょか?・・北海道の生徒さんだったりしてね。

★E2−1L
明日、岩手での試合で菊池雄星凱旋登板!ナベQも味なことやるなあー
★H1−4Bs

盗塁争い(8/29現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
44 本多(H)
42 聖澤(E)
24 糸井(F)
23 岡田(M)+1、川﨑(H)
22 伊志嶺(M)
19 内村(E)
18 片岡(L)、松田(H)
15 陽(F)
14 荻野貴(M)
13 中島(L)
12 福田(H)、松井(E)
11 後藤(Bs)+1
8 田中(F)、長谷川(H)、城所(H)
7 秋山(L)
6 斎藤(L)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2011年8月29日 (月)

激しく気が早いけど来季のオーダーを妄想してみる

どう考えても来季のオーダーを考えるなんて気が早すぎるし、今年を諦めたのか!とお叱りを受けそうですが、昨日の若鴎達の活躍に刺激されて来年のオーダーを妄想してみました。
まさに妄想って事で「なーにバカな事を・・・」と笑われること請け合いですが、どうせ妄想するならバカバカしく!という事で、冒険してみました。

ではでは、こんなかんじ〜

1(中)岡田
2(左)荻野貴
3(右)伊志嶺
4(DH)カスティーヨ
5(二)井口
6(三)今江
7(一)清田
8(捕)里崎
9(遊)早坂

さー、どうでしょう。
現実離れしてますね(笑)

やはり1番とショートがポイントになると思うのですね。そして荻野貴司の回復具合。
本当は荻野貴に1番を張って貰いたい。でもやはり膝が不安・・・最悪、休み休みになるかも知れません。1番は伊志嶺も良いと思いますし本当に悩む所ですが、今年1年経験した事により岡田の成長に期待ということで!伊志嶺は巧打を買って3番へ超抜擢。
ショートは悩む所です。荻野貴司にショートを強いるのはもう辛い・・・右膝に負担が掛かりすぎますし、外野に戻るのがベストでしょう。荻野貴司のショートの身のこなし、結構好きだったのでとても残念なのですけれどね。荻野離脱後は細谷を夢想していたのですが、私の期待が大きすぎたのか、今季の1軍でのバッティングを観てかなり厳しいなぁ〜と・・・。そうなると、やはり昔から個人的に期待の大きかった早坂か。
清田はななーんとファーストコンバートです。思い切ってみました(笑)まだまだ若いのでDHにするのもどうかと思いますし、外野守備は現マリーンズで考えるとそんなに上手くはないと考えているので・・・。でも、一年通して見てみたい、という潜在能力を感じる選手ですから、そうなると空きはファーストかな、なんて。
守備力で言うなら、センター岡田、これは絶対に外せません。伊志嶺も外せない存在・・・肩の具合によってはレフトもありうるかも知れません。

まあ実際のところ、このオーダーだと岡田とスイッチの早坂以外は全員右打者ですし、バランスも悪い。
恐らく球団は外国人大砲獲得に走ると思うのですよね。なのでファーストはアチャ、DHと外野1枠を荻野貴、伊志嶺、清田、大松、工藤、角中、新外国人で争う形かも知れません。福浦は寂しいけど代打の神様としてベンチで安心感を与えて貰いましょう。

里崎をガーッ!と脅かす選手が出てきて欲しいのですけれどね・・・金澤も今ひとつ伸び悩んでいます。雅彦も決め手に欠ける。小池が今年どこまで成長できるか、来年開幕1軍を果たせれば面白いかも知れません。

とまあ、なんちゃって来季オーダーを妄想してみました!
けれど監督には来季も適宜、調子の良し悪しなどで臨機応変に対応して欲しいですね。
いろんな意見を聞いてみるのもまた楽し。みなさんはどうでしょう?特に1番とショートを聞いてみたい。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

18安打で負けるのって難しいんじゃなかろうか Bs6−4M

昨日の美しい試合は夢か幻か・・・18安打13残塁で敗戦、と凄まじいまでの非効率打線でカード負け越しです。18安打放って負けるのってとても難しいんじゃないでしょうかね?敗戦最多安打記録って何安打なんだろう。
ニッカン式スコア

昨日復調の兆しを見せ始めたか?という井口が大ブレーキになってしまいました。しかしこれでフィガロに通算11ー0、6三振ですと?いくらフィガロがパワーピッチャーだと言ってもメジャーにはゴロゴロいたタイプだろうに・・・昨日は井口が打って勝ちました。逆に言えば井口が打てないと勝てる確率は下がりますね、やっぱり。
しかし18安打で勝てないってのはもちろん井口だけの責任ではありません。なん・・・なんでしょうねえ?要は得点機でヒットが出ていないという事ですから、つまり好機でのプレッシャーに弱いのか。逆に相手投手の方がピンチでのプレッシャーに強いのか・・・。最終回の攻撃は久しぶりに「追いつけない程度の反撃」を観ることが出来ました。皮肉にも良い攻撃でしたね・・敗色濃厚だったのでノープレッシャーだったのかな?って事はやっぱり?

晋吾はダメな時の制球に苦しむ感じではなく、むしろ良かったと思ったのですがホームラン3発で敗戦。竹原には移籍第一号のお祝いをしてあげるという気前の良さ。バルディリスのは強いて言えばボール2コくらい高かったものの悪い球では無かったですが、スンヨプにはど真ん中に投げてしまいました。要所要所で球が甘く入りましたし、点の取られ方が勿体なかったですね。
もっとも、竹原の一発の前バルディリスの空振り三振かと思われた場面で審判がボールにバットが当たったと判定し(ビデオで見ると全く当たっていなかった・・雅彦のアピールも実らず)結果的にヒットで出塁したところ、あそこが三振だったら2回もリズムよく3者凡退で終わっていたのかなあ、とちょっと恨み節です。たられば言っても仕方ないですけれどね・・・。

まーしかし今日は何を言ってもなあ、という敗戦でしたから、良かったとこ探ししましょうか!

・痛い一発でしたが竹原のホームランは「らしい」当たりで、移籍後の成績を密かに気にしていましたからそういう意味ではホッとしました。・・・っていきなり相手チームの良かったとこかいっ
・角中は5安打、一所懸命走っての内野安打を2つ記録、1塁走者としても雅彦のセンター前の当たりで長駆ホームインを見せたりと頑張りを見せる
・ヤマテツは打者4人に対しストレートで押しまくって完璧に抑える。変化球は2球だけ、初登板時に書きましたが里崎の変化球多投リードに激しい違和感を覚えましたから、これがヤマテツなんだよ!とさすが付き合いの長い雅彦と金澤のリードに拍手!
・フェンスまでの距離を完璧に把握している岡田の相変わらずの安定感ある守備!
・2番に座ると良い仕事する早坂
・代打で結果を出した根元に金澤

・・・と良い面も沢山あるじゃないですか。
アレですよアレ、考えを変えて、1軍で若手マリーンズのお試し体験をさせてもらった、と思えば!みんな結果出しましたし、実は良かった試合なのではないかと!うん、みんな1軍の舞台でしっかりやれたね!これなら来年が楽しみだ〜!!!・・・・って苦しいですか。

さあ、明日一日休んでマリンに戻って6連戦です。ファイターズにイーグルスと・・・苦しい対戦が続きますが・・・良い試合を見せて欲しい、お願いですから。伊志嶺の復帰予定だけが希望の光です!

☆里崎、疲労性の腰痛で抹消とのこと。抹消になるほどの腰痛ならば前から判っていた筈なのに昨日的場抹消したのは何なんだろう?首脳陣とトレーナー、選手との間で意思疎通が出来ているのか心配になる。
☆オリックスの近鉄復刻シリーズ、終わる。2004年を最後に私の中で「近鉄バファローズ」は消滅していました。悔しさとか悲しさとかいろいろな感情を抱えての、いろいろな思いを抱いてのあえて「消滅」という感情です。だから近鉄復刻と言っても懐かしさも無かったし嬉しさも無かったなあ。

※盗塁争い表は今日までお休みします。来週から復活します。

★E1(8回表終了)1H
★L1−0F
え!とうとう西口完投だ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (8) | トラックバック (3)

2011年8月27日 (土)

やっと良い試合をしたのでないか? Bs1ー3M

あれれれれ、なーんか良い試合しちゃったんじゃないですか〜?

今日は仕事の合間にちょろちょろ公式で経過チェックしていたのですが、いきなり鮮やかな先制を!しかも1番岡田が倒れても2番早坂が出塁してすかさず盗塁で得点圏に進む!これですよ、これ!ホークスのカワサキ•ホンダバイクコンビやライオンズのカタオカ•クリヤマ、…コンビがこういう感じでいつも羨ましかったですもん。
そして不振の井口に待望の先制打、アチャが繋いて今江がすかさず犠牲フライ。理想的ですね〜1点で終わりにしなかったのも良いですね。
今日は1点返された直後にも井口にタイムリーと言う事なし。もちろん、もう少し取ってくれて良いんだよー!とも思いますが、なんせ相手は寺原です。出来うる限りの上出来だと言って良いでしょう。

また俊介も良かったのでは?基本的にあまり期待しない、と言う距離感を持つようにした途端、秘かに最近安定感してますよねー。秘かでもないか。私が参戦した先週だけ微妙でしたが…
調子に乗って期待値をそうやすやすと上げようとは思いませんが、これからもこの調子で小気味良く裏切って行って欲しいですね。伊藤ちゃんの連投づくしだけがきになりますが、ロサに完璧守護神薮田が今日もまたしっかり投げてくれたみたいですし、今日は最近のフラストレーションをファンのみならず選手達も少しは払拭出来たのではないでしょうか。
願わくば明日も良い試合して、頼むから!と晋吾の立ち上がりに期待したいと思います。私、晋吾の先発好きなんです。頼むぞ晋吾!

帰宅してプロ野球ニュース観るのが楽しみです!
…公式の情報に踊らされてるだけで、実はグダグダ試合だったりして…

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (2)

4失策4連敗、オギタカ再手術、あげく新幹線止まる。なんて日だ Bs3ー1M

今日は試合は見れておらず。

マーフィーが良い投球をしたようですね。しかしあっさり初回に先制点を与えるあたりいかにもマーフィーらしく、投手戦となった後に自らの失策をきっかけに点を取られるなんてのもマーフィーらしく、きっと投球内容はいつものマーフィーで想像する通りなんだろな、と思っています。
また野手が見殺しにした形になってしまいましたが、マーフィーが試合を作れたということはマリーンズにとっては大きいです。木村も好投を見せたようですし、少し良い材料にはなったのかな。

打線は相変わらずのようですね〜久々に点を取ったかと思えばその1点で終了、井口が相変わらずで不調のアチャもノーヒットとここ最近の試合パターンは変わらず。
相変わらずの低反発打線は目を覆うばかりですが…
清田、岡田の順番となった1、2番は機能したようですし、下位にもヒットが出ています。今は起爆剤となれるような選手が見当たらないだけに、清田1番に象徴されるように地道に限られたピースをいろいろなところに当てはめて行くしかないのでしょうね。
昨日雰囲気が変ったと感じた私としては打撃陣が戦う姿勢を見せてくれたのかどうかだけが気になります。

今日は出張先への移動で見事に豪雨に当たってしまい、新幹線は一時不通になりホテルに投宿出来たのは日付が変っておりました。疲労困憊のところに荻野貴司再手術というニュースに追い討ちをかけられました。
荻野貴司…今季はもう見られないなんて…寂しすぎる。でも、無理するよりしっかり治して欲しい。少々の荻野貴司不足は我慢しますから!唯一にして最大の願いは100%の状態に戻ってあのパフォーマンスをまた見せて欲しい、とただそれだけです。来年、元気なすがたを見せてくれると信じて待ってます!(泣)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2011年8月25日 (木)

100試合目にして井口に送りバント!マリーンズは変わるか? H1−0M

負けたけど、こういう試合を観たかった!
ニッカン式スコア

昨日一昨日の負けはもう悔しさすら起きませんでしたが、8・9回の攻防はとても良かったので今日はなんとしても勝ちたかったなあ・・・。

先発の上野は背水の登板でしたが、今日は今までの投球パターンをがらりと変え、フォークを多投しホークス打線の目先を変えることに成功しました。フォークと言ってもチェンジアップ的な要素が多分に強く、緩急として機能していたと思います。今まではほぼストレートとスライダーだけで変化に乏しかったので、こういうスタイルは大歓迎ですね!里崎のリードが良かったということでしょう。
松田にはそのフォークを上手く打たれ、レフトスタンドに運ばれましたが、今日の投球内容は充分合格点でしょう。負けが付いてしまったのは残念ですが、これからにまた期待したいです。

打線は制球に苦しむ大場(今日の審判はかなーり辛かった・・ちょっと大場が可哀想でした)を捉えることが出来ず、上野を見殺しとしてしまいました。
しかし、8回先頭の代打・清田がヒットで出塁して無死1塁とすると、西村監督がとうとう「決断」を下しました。
なんと井口に送りバントのサインを送ります(井口の表情や態度を見ているとサインでしょうね・・井口からもバントのサイン出して下さいみたいな話はあったのかも知れませんし、実際の所はわかりませんが)。
今まで何があっても井口にバントはさせなかった西村監督。戦術面において、今季100試合目にして飛び出した今季一番の決断と言っても良いのではないでしょうか?マリーンズにおいて井口の送りバントは初めてじゃないかな・・・・移籍一年目にも無かったような・・・。
この場面に関しては様々な意見があるかと思います。しかし、やっぱり今の井口の状態では仕方ないでしょうね。
今季前半の孤軍奮闘と言っても良い牽引ぶり、驚異的な貢献に対し私は最大限の評価をしていますので、井口に関しては「ノータッチ」というスタンスです−−−もちろん疲れがあったら自発的に休んでくれよ、自発的にバントしてくれよ、という思いはありましたが−−−ので送りバントには驚きました。
監督も「勝利」に対してやっとやる気をみせてくれたか、と。
井口自身は悔しいでしょう。だからこそ、バントを一度失敗して送りバントのサインが消えた後、せめて進塁打を打って欲しかったな〜。「バントしなくても進塁打打てるんじゃい!」というのを示して欲しかったです。

しかし、ここから打撃陣の雰囲気が変ったように思えました。
カスティーヨのライト前軽打でチャンスを広げ迎えた2死1、3塁、福浦は三振に倒れ点にはつながりませんでしたが、これは森福との攻防がとても見ごたえがあるったもので、結果福浦が三振に倒れたということで仕方ないと思います。(最後ストレートで来たかあ!)

残された9回は先頭の里崎が遊ゴロでこちらも驚きのヘッドスライディングを見せました。里崎、ドヤ三やドヤフライばっかじゃなかったんだ・・・とびっくりです。里崎のヘッドスライディングは今季2回目?今日のヘッドスライディングは失礼ながら珍しく「闘志」が全面に出ているように感じました。
続く角中のライト前ヒット、岡田のレフト前ヒットも「絶対出るんだ」という気持ちを感じました。残念ながら清田は投ゴロに倒れ、連続の零封負けとなりましたが、8・9回の攻撃は久しぶりに打撃陣が「なんとかしてやる!」という気持ちを見せてくれたと思っています。

きっと井口への送りバントは今日限りかも知れません。このバントが選手たちの闘志に火をつけたのかどうかはわかりませんけれど、やっとベンチが動き、選手も応えてくれたような気がします。
今日を境に変わって欲しいですし、変わらないといけないと思います。

今日イーグルスが勝った為4位となりましたが、極端な話、最下位でも選手たちが一所懸命やっているんだ、っていう姿勢が見えればダラダラやっての3位より遥かに楽しいし、より応援しようという気持ちになれますよ。
ホークスに3タテを喰らってしまいましたが、なーに、想定内ですし(笑)、今日の様な闘志を見せてくれればそんなにショックはありませんし、なによりこれからにも希望が持てます。
お願いだから、明日から逆戻りしないで!と100%安心出来ないのも正直な所ですが、明日からの試合を楽しみにしたいと思います。

・・・と思ったら、明日明後日と出張だから試合観られないやんけー!!!
ブログの更新も簡素なものになってしまうと思いますが・・・観たかったなぁ〜。

☆明日の先発は唐川かと思ったら回避してマーフィーとの事。本人は投げるつもりだったらしいけど、全力で走れない状態らしいし無理はして欲しくない。来週から戻ってバリバリ投げてくれ!
☆早坂のヒゲは人相悪くなるからやめた方がいいと思うな・・・もったいないよ。
☆初回、3塁線を抜いた岡田の打球に内川が猛チャージ、2進を許さず。ここで2塁に行っていたら先制点に繋がったかも知れず、試合の行方を左右するようなファインプレーだったと思う。

★L0−2Bs
★F1−2E
ダルがワインドアップで投げたようですね。いつものセットからの投球と球質は違ったのだろうか?何か考えがあってのことなんだろうな・・・


盗塁争い(8/25現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
42 聖澤(E)、本多(H)
23 川﨑(H)、糸井(F)
22 伊志嶺(M)
21 岡田(M)
18 片岡(L)
17 松田(H)
16 内村(E)
14 荻野貴(M)、陽(F)
12 中島(L)
11 福田(H)、松井(E)
10 後藤(Bs)+1
8 田中(F)、長谷川(H)
7 城所(H)、秋山(L)
6 斎藤(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2011年8月24日 (水)

今日は木村と山徹の登板記念日(はあと) H6−0M

ううーん・・・・非常に厳しい敗戦となりました。
ニッカン式スコア

厳しい敗戦といっても、今日の負けでAクラスが絶たれたとか数字的に優勝が消えた、といかそういう負けではなく、彼我のチーム力の差を存分に見せつけられたという厳しい敗戦で、ある意味いっそう辛い敗戦だったかも知れません。

先発の大谷は2回に突如制球が甘くなり、松田に被弾の後9番細川から内川まで4連打、とどめの5連打目は松中にどかーんとライトスタンドへ。早くも引導を渡されてしまいました。こう「短期集中」されては首脳陣としても打つ手が無かったですね。前回の上野の時に書きましたが、眼を見張るボールがある訳ではない制球力で勝負するタイプがこうなってしまうと厳しいです。
初回の川﨑の当たりを岡田が背走してキャッチした時は乗っていけるかな、と思いましたし、2回にチェンジとなる筈だった2ゴロを井口がトンネルして1、3塁となった所を凌いだあたりはやるなあ、野手からするとこれ有り難いんだよなあ、と思ったのですが・・・。

大谷には反省してもらうしかありませんが、打たれ出した時に内野陣の誰か声を掛けに行ってやれよ、と非常に悲しく思いました。今季は投手が苦しい状況にあっても内野陣が放置プレーしてることが多いですよね・・・去年の西岡の行動が全く活かされておらず、そこが悲しい。

打線は今日もただ打つだけに終始し、3投手に零封負けを喫しました。4度もイニング先頭を出しておきながら(訂正:6度でした!こんなにあったのに・・)結局何も出来ず・・・点差が開いたので何も出来なかったとも言えますけれど、ベンチのみならず選手に工夫が欲しい。進塁打の意識のカケラも見せてくれないのでは、どこに希望を見出したら良いのか。

・・・グチグチグチグチとグチだらけになってしまいますので明るい話題を!

今日は木村、山本徹と二人の投手がプロ初登板を果たしました!おめでとう!!
負け試合ではありましたけど、二人が今日プロの第一歩を記した事は素晴らしいことです。

木村は1安打こそされましたが2三振を奪う好投で、スライダーには角度がありましたし、チェンジアップも有効でしたね。変化球の精度が甘くなった時と相手打者が慣れて来た時が最初の関門かも知れません。とにもかくにもスライダーの制球、ここを磨いていけば面白い存在になれそうです。

そしてそして待ってましたヤマテツ、山本徹矢!全般に高かったもののキレの良いストレートは魅力十分です。これですよこれ、このストレートを持っているのに何故今頃の昇格になったのだ首脳陣!
まるでフォークの様な軌道を見せるチェンジアップも威力があります。後はストレートをどれだけ低めに投げられるかですね!中郷も同じタイプですけど、まだまだストレートが高いです。ファームでは中郷もヤマテツも低めに良いストレートばんばん投げてましたし、出来るはず!

ただ、里崎の要求がやったら変化球だらけなのには閉口しました。ここは持ち味のストレートがどれだけ通用するかの意味も込めてどんどん直球で押して欲しかったです。
もっとも、プロ初登板でちゃんと抑えさせてやろう、という親心なのかも知れず・・・。

今日は二人とも無失点に抑えたという事で良しとすべきでしょうね。
今回の記事も後半だけ読めばマリーンズの未来のなんと明るい事か。
今日は貧打線は観なかったことにして、二人の若鴎達の門出を祝いたいと思います!(現実逃避)

明日は上野と大場、と今日に続き前回と同じ顔合わせ。今日は後輩大谷が先輩和田にリベンジされました。明日は上野がやり返しましょう!はなはだ不安ですが、この所好調の大場、そろそろ・・って事で。3タテは阻止!

★F2−5E
前回プロ初完投初完封を許した糸数、初回に4失点。なーんでマリーンズだけこうなんだろ・・・


盗塁争い(8/24現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
42 聖澤(E)、本多(H)+1
23 川﨑(H)、糸井(F)+1
22 伊志嶺(M)
21 岡田(M)
18 片岡(L)
17 松田(H)
16 内村(E)
14 荻野貴(M)、陽(F)+1
12 中島(L)
11 福田(H)、松井(E)
9 後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)
7 城所(H)、秋山(L)
6 斎藤(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2011年8月23日 (火)

低反発打線 H8−1M

初回の成瀬を観た時、今日は点は取られないぞ、って思ったのに・・・
ニッカン式スコア

成瀬の立ち上がりは制球、ボール、ともに絶妙で素晴らしい立ち上がり。これは今日は期待出来るぞ!と思わせたのですが、2回に根元からの送球を1塁のカスティーヨとカバーに入った成瀬がお見合いするような形で逸らし、先制点を許しました。なんかこのプレーで一気に緊張感が崩れちゃた感じでした・・・。
成瀬からしたら絶対に先に点はやらない!というような気概で挑んでいたでしょうし、こんな形で失点してしまった事が今日の全てだったと思います。
成瀬は6回4失点(自責点3)でマウンドを降りますが、私にはよく踏ん張ったと思えました。

やっぱり打線ですよね。制球もままならず良くなかったホールトンから1点しか奪えず。ちょっとリードされるともう反撃意欲を失っているように見えてしまいます。
まー、反発力のないこと。ボールだけでなく、打線まで低反発ですわー。

ホークスの打者は狙い球も絞って、しっかりと成瀬攻略の意図を持って打席に入っているように思います。実質的な先取点にあたる(?)4回の1点も、内川、松中、カブレラと変化球を狙いすまして打っているように見えました。
対するマリーンズ打線はホールトンの荒れ球に手を焼いたのかどうか、ただ振っているだけ・・。もちろん対策は練っているのでしょうけれど、「意図」を感じられない淡白な攻撃。
成瀬を見殺しと言っても良いのではないでしょうか。
ホークスは2点目を取った後、1死2塁で松田が進塁打。しかもしっかりと打っての進塁打です。今季打撃好調の松田ですらしっかりと進塁打を打てる。首位チームがこういう攻撃を出来ているのに下位チームがこれでは差は縮まるどころか開く一方です。
せめて相手に「嫌だな」と思わせるような姿を見せて欲しかったのですがね・・・。

もしマリーンズが勝つような事があればホークスの3度に渡る走塁死につけこめるくらいかな、と思いましたが叶わず。(この走塁死だって決して責められるような悪い走塁ではなかったし)
悪夢の3タテを食らうことすら予告されたかのような今日の試合、実につまらない試合でした・・・。
せめてヤマテツ登板でもあればまだ救われたのになあ。8回はヤマテツで行って欲しかった・・・(失点した結果論ではありません・・・)
今江と里崎に右方向への良いヒットが出た、くらいですかね、今日の試合は。しかし今江と里崎を最近セットにして語ることが多い気がする。これはよろしくないですねー。

明日、大谷の投球に全てがかかっているでしょう。またまたプレッシャーだと思いますが、大谷、頼みます!

☆川﨑の4の4三振は婚約発表でリキんだのかな?かわいいじゃんよー(関係ないかも知れないけど)

★F2−6E
★L11−5Bs
エコスタで今日試合をした後、移動日一日挟んで大宮という異例の日程。確か去年は移動日なしでエコスタ→大宮→西武ドーム、という3連戦だったと思うのだけど、さすがに無理があったんじゃぁ・・・

盗塁争い(8/23現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
42 聖澤(E)+1
41 本多(H)+1
23 川﨑(H)
22 伊志嶺(M)、糸井(F)
21 岡田(M)
18 片岡(L)
17 松田(H)
16 内村(E)+1
14 荻野貴(M)
13 陽(F)
12 中島(L)+1
11 福田(H)、松井(E)
9 後藤(Bs)
8 田中(F)、長谷川(H)
7 城所(H)、秋山(L)+1
6 斎藤(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2011年8月21日 (日)

なんとか勝った、という試合 M4−3L

今日もグダグダしたまま負けるのかと思いましたが・・・・今季初のサヨナラ勝ちです。
ニッカン式スコア

しかし何を書いたら良いのか、という試合内容で。

晋吾は序盤から制球が定まらず苦しいピッチング。
初回、1死満塁でフェルナンデスの三ゴロが非常に助かりました。最小限の1失点で済み、ここで一本出ていたら壊れていた気がするなあ・・。
4回からは持ち直し6回1/3を2失点となんとか踏ん張りましたが、昨日の俊介と同じでとてもとても良く投げたとは言い難く。
晋吾は大事に行こうとしすぎてコーナーを狙う余り余計な四球を出したり苦し紛れのストライクを打たれたり、っていう事が崩れる時の定番でしたから、今日も覚悟しました。もっともっと大胆に行って欲しいです。何の為のシュートか、と。
今季初マスクの雅彦との呼吸も合わなかった事もあるのかも知れず、また雅彦のリードに関してはジョニーが結構辛口で(初マスクだから大事に行き過ぎている、とかもっと内角を使ったほうが良い、とか)それはその通りだとも思うのですが、それでもガッツマン・雅彦のマスクを観たいものがあります。今日は散らしすぎかなぁーとは思いましたけどね。

西口は今の西口、という感じで軟投派系列の投球をしましたが、マリーンズ打線がこれも昨日と同じく中々捉えきれず。3回に工藤と井口のタイムリーで点を取れたのは良かったですけれど、それのみ・・結果的に8回までスイスイと投げさせてしまいました。どうにも打線の状態にはイライラが続きます。

最終回に牧田から点を取ってサヨナラする訳ですけど、まー打てない打てない・・・なんかみんな目標を見失っているようなバッティングの連続で・・・・シンプルに「繋ごう」ってだけ考えてくれればいいのになあー。もちろんそんな単純にはいかないのでしょうし、選手だって凡退しようと思ってやっている訳ではないのも判っています。でもねえ〜。相変わらずのチンタラ走塁も炸裂していますしねえ。

牧田に関しては、キャッチャーは上本よりも星の方が良いんじゃないか、と思いました。星はストレートの使い方が上手かった。上本は逆にストレート多用しすぎて傷口を広げた気がします。ん?なんか俺ライオンズ目線になってるな。
里崎は1死1、3塁のチャンスでドヤ振りを繰り返し、これでは内角に詰まってバット折ってのボテボテ内野ゴロで同点、てパターンになりそだなんて思いながら観ていたらそのとおりになってしまいました。(あそこは中島は本塁は諦めて1塁送球しても良かったと思う)同点に追いついたので文句を言うのもどうかと思いますが・・・・なーにをやっているのか。「俺が決める」っていう気持ちが強すぎるんですかね。昨日今日とチャンスで強引にスイングしている姿からはなんだか残念感しか感じられず。
ああ、下位チーム同士の対戦だなあーという感じの試合でした(マリーンズは3位だけどさ)。

と、勝ったのにグチばかりになってしまいました。
まぁなんだかんだ言いながらも最終回は良く粘ってサヨナラを引き出しました。根元も外角のシンカーを引っ掛けず上手く拾いましたしね。
伊藤は打たれてしまいましたが、ロサが今日も安定したピッチングを見せてくれましたし。
角中が2年越しで1軍でやっとヒットを記録、相手のお見合いでのラッキーヒットでしたが形はどうあれ「H」ランプが灯るのはホッとしたでしょう。
雅彦のハッスルプレーにはこれからも期待したいですし、アチャが調子を落としている今、より「つなぎ」の意識で打線には奮起して欲しいです。

とにかくにも、今日は小雨降りしきる中頑張って球場で声援を送ったファンの為にも、勝って良かったよ・・・と思います。やっぱり私が昨日行って負け、今日行かなかったから勝ったのではないかと(泣)

マリーンズはこれで8月は7勝7敗3分と5割です。なんか意外な感じ。一日空いてまた福岡でホークス戦ですね。先々週は勝ち越す事が出来ましたが、やはり厳しい戦いが予想されます。頑張って欲しいところです。
なんだか今日はまとまりのない、つまらない記事になってしまいました。

★F3−2Bs
★H2−7E

盗塁争い(8/21現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
41 聖澤(E)
40 本多(H)
23 川﨑(H)
22 伊志嶺(M)、糸井(F)
21 岡田(M)
18 片岡(L)
17 松田(H)
15 内村(E)
14 荻野貴(M)
13 陽(F)+1
11 福田(H)、松井(E)、中島(L)
9 後藤(Bs)+1
8 田中(F)、長谷川(H)
7 城所(H)
6 斎藤(L)、秋山(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (2)

俊介は若手に打たれすぎ、打線は星の好リードにやられた M2−3L

あ〜〜っ!あぁ・・・・・。
いや、試合じゃなくて・・・ブログ書いて、最後に画像だけアップしていたら・・・アプリが落ちた・・・保存かけてなかったので、記事、全部飛びました。
普段は長くなるときは保存したりしてるんですけどね・・・うかつだった・・・。

もういいやあ!って投げ出そうかとも思ったのですけど、それも逆に悔しいので・・・落ちた気持ちを何とかアゲてアップします。ですが短くなるかも知れません。
(え?いつも長すぎるからちょうどいい?・・・いや、ま、それは・・(汗))

ええと、今日は岸の前に打線が不発に終わり、敗戦しました。私が観戦に行くとなんかダメです、勝てません!うう。
今日は風が1〜3mとマリンにしては微風。それがいけなかったのでしょうか、俊介はボール先行の苦しいピッチングでした。
しかも、6回を9安打されたのですがそのうち打率が2割前半の原にマルチ、2割を切っていたルーキー秋山にマルチ、極めつけは今季初出場の大﨑に猛打賞と、この3人に7安打されました。これではいくらおかわり君とホセをノーヒットに抑えてもなあ、という所です。
6回3失点とぴったりQS達成ですが、初回に2失点、味方が追いついた直後に失点と点の取られ方が良くないですね。このところ安定していた俊介ですが、残念な内容でした。次回に期待しましょう・・・。

打線は3回に今江が2塁打、続く福浦が犠飛で同点に追いつきましたが続く里崎が一邪飛を打ち上げて逆転出来なかったのが勿体なかったですね。里崎は第一打席の右飛、最終打席は牧田からコンパクトにセンター返しと内容は良かっただけに、この打席に限ってなんでやぁ〜!と残念でなりません。

しかし、もちろん里崎だけが悪いのではなく、中盤からは岸を打てず。
岸はこの中盤からストレート中心の組み立てに変えてきた様に見えました。そのストレートは今日は139kmくらいがアベレージだったのですが、これが打者を追い込むにつれスピードアップし、140km台(MAX145km)を連発します。同じ打席内でストレートが速くなっていくのは打者からするとやっかいだった筈。ただでさえ岸と言えば「カーブ」という意識があったはずなので。今江にカーブを打たれたという事もあるのでしょうね。これはマスクを被った星の好リードと言えるでしょう、上手くやられました。
星はジャイアンツからのトレードで「生き」ましたね!こういうトレードはなんだか良いです。星、がんばれよ!

最終回、このところ2試合続けて失点していた牧田に抑えられセーブを献上。こんなところも実にマリーンズらしく試合は終了しました。どっちが順位上だかわからんですね。
なんだかさみしーい試合ではありましたね・・・。

まあ、それでも井口にマルチ、伊藤ちゃんの投球は素晴らしく、ロサも今日は頑張りましたから、良いところもあるにはあったと。
角中に早く一本出て欲しい所ですが・・・清田は代打を送られたという事を良く考えて貰わないとですね。
個人的には、浦和幽閉だと諦めていた雅彦の昇格が嬉しかったです。起用法がどうなるのか意図が今ひとつ不明ではありますが・・・。
なので、明日、明日ですね!明日私は観戦に行きませんしきっと勝てますよ!(涙)晋吾が試合を作れるかどうかですね。明日に期待しましょう!!

☆遊ゴロでまともに走らなかったフェルナンデスにレフトスタンドのライオンズファンからブーイングが起きる。その気持ち、よ〜〜〜くわかります。こういうブーイングはありだと思うのですがどうでしょう。最近はマリーンズのあの選手、ちゃんと走らないんだよな・・・・

★F4−0Bs
★H1−2E

では、今日の画像です。

レオとクールのキャッチボール 勝敗がわからない試合前って一番平和だなぁ・・・
Dscf5949

試合前セレモニーの間、黙々と原はスイング
Dscf5951

試合前、一緒に守備についた子供たちに岡田はボールの投げ方やバッティングを教えている様に見えた 子供はうれしいだろうなあ〜
Dscf5952

俊介
S0035968

牧田
S0046052

岸 プロの投手の腕のしなりにはいつも惚れ惚れする
S0045996

正人の構えはいつ見てもかっくいいのぅ〜 しかし右方向にどう反応するのか聞いてみたい
Dscf5977

2塁打を放ちベンチで迎えられる今江
Dscf5987

今日はクールメガネが配られました 去年はマーくんメガネだったですよね
Dscf6016

去年も含めこれを貰うのは今日が初めてでした。これで花火をみるといたるところにクールが!クールが!これは面白い。

カメラにメガネを掛けて照明灯を撮ってみました 少しは雰囲気が伝わるかな?(花火の撮影はイマイチだった)
Dscf6003

今季初出場で猛打賞の大﨑 数年前オープン戦の活躍でブレークするかと思ったのだが・・・好きな選手です
Dscf6037

好リードを見せた星 トレードで選手が生きる好例
Dscf6039

マリーンズのこういう姿を観たい・・・
Dscf6057

盗塁争い(8/20現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
41 聖澤(E)+1
40 本多(H)
23 川﨑(H)
22 伊志嶺(M)、糸井(F)+2
21 岡田(M)
18 片岡(L)
17 松田(H)
15 内村(E)
14 荻野貴(M)
12 陽(F)+1
11 福田(H)、松井(E)、中島(L)+1
8 田中(F)、後藤(Bs)、長谷川(H)
7 城所(H)
6 斎藤(L)、秋山(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年8月19日 (金)

パ・リーグ新人王争いはどうなる?過去の新人王の成績は・・

今日ははやばやと試合中止が決定しました。
早く中止決定を出せばマーフィーを登録しないで済むので、今日に限っては早いんじゃなかろうか・・・と思っていたら案の定でした。
いつもなら「やるやる詐欺」で引っ張るのにな〜。14時50分という時間が実に絶妙で、連盟に登録申請する締切ギリギリですもんね。天気予報は美浜地区は18時〜が4mm、19時〜が2mm,20時〜は0mmだったのでいつもなら引っ張ったんでないかな〜。
まあこれでマーフィーを登録しないで済みましたので、枠を有効に使えることになったのですが。

さて、伊志嶺が扁桃炎で入院、抹消となってしまいました。数日で退院出来るとの事ですが、かなり酷かったんですね。明日は観戦予定なので伊志嶺がいないのは楽しみ半減、ってところですが仕方ない。
この際、ゆっくり疲れを取って貰いましょう!5試合連続安打中とまた調子が戻って来た所で、本人も悔しいでしょうが先を考えると今ここで休養を取るのは良いかな、と思います。
伊志嶺には新人王を取って貰わないと困りますから!

新人王と言えば今年の新人王争い、どうなるかが気になるところ。
今現在パ・リーグで新人王を狙える位置にいるのはざっと以下の通り。(記録は8/18現在)

投手)
M:大谷 17試合 3勝6敗0S 81回1/3 防御率2.99

L:牧田 29試合 2勝6敗10S 99回1/3 防御率2.90

E:塩見 15試合 4勝7敗0S 93回 防御率2.71

F:斎藤 10試合 3勝2敗0S 50回 防御率2.88

(8/20追記:ホークスの岩嵜もかな?

H:岩嵜 9試合 5勝1敗 59回 防御率2.14)

野手)
M:伊志嶺 85試合 319打席266打数80安打 二塁打12 三塁打5 本塁打2 三振49 四死球30 盗塁22 打率.301 出塁率.372

L:浅村 92試合 351打席311打数77安打 二塁打14 三塁打1 本塁打7 三振41 四死球28 盗塁3 打率.248 出塁率.308

・・・とこんな感じでしょうか?(他に候補いたら教えて下さい〜)

投手の中では、牧田が最有力かな、という気がします。当初は先発、中盤から抑えとフル回転。
ダークホース的に塩見が怖いですが、どれだけ勝ち星を増やせるかでしょうね。大谷もそれは同様。斎藤は中盤失速していますし、投球回数が少ないので厳しいですね。

野手で見ると浅村の打率が大幅に上がって伊志嶺が大幅に下がって・・・でもない以上は伊志嶺が有利でしょう。盗塁も効いてますし。

後は投手と野手という比較が難しい所でどう判断が動くか。
一番怖いのは投票券を持っているのが「記者」なので、まさかまさかの斎藤投票なんてないよね〜と。さすがに無いと信じたい・・・・。

参考までに過去5年の新人王は全て投手で、

2010年 榊原(F):39試合 10勝2敗0S7H 防御率3.56
2009年 摂津(H):70試合 5勝2敗0S34H 防御率1.47
2008年 小松(Bs):36試合 15勝3敗0S3H 防御率2.51
2007年 田中(E):28試合 11勝7敗0S0H 防御率3.82
2006年 八木(F):26試合 16勝8敗0S0H 防御率2.48

こうして見ると先発ならばやはり二桁が必須。榊原の中継ぎで10勝は珍しいですね。しかし牧田の様に先発、抑え、というパターンは無かったので判断が難しいところですね。
野手で言うと相当さかのぼります。

1998年 小関(L)104試合 387打席322打数91安打 本塁打3 盗塁15 打率.283 出塁率.358
1997年 小坂(M)135試合 595打席499打数130安打 本塁打1 盗塁56 打率.261 出塁率.329
1996年 金子(F)117試合 465打席395打数103安打 本塁打4 盗塁15 打率.261 出塁率.307

こうしてみると伊志嶺は充分水準、浅村は打率を上げないとキツイか。というか伊志嶺が今のペースで行けば清原以来の高成績ですね!それにしても小坂のルーキー56盗塁というのが凄い。

ちなみに2007年は大引(Bs)が大卒ルーキーで

126試合 444打席394打数108安打 本塁打2 盗塁3 打率.274 出塁率.329

という結果を残しましたが、田中マー君に新人王をさらわれました。この年の判断が牧田、伊志嶺の評価の物差しになるのか。

牧田が25Sを挙げたら牧田、伊志嶺が3割もしくは30盗塁達成したら伊志嶺で決まり!というところかな〜!
二人ともそこまで届かなかったら判断が難しい〜!


盗塁争い(8/19現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
40 聖澤(E)、本多(H)+1
23 川﨑(H)+1
22 伊志嶺(M)
21 岡田(M)
20 糸井(F)
18 片岡(L)
17 松田(H)+1
15 内村(E)
14 荻野貴(M)
11 福田(H)、松井(E)、陽(F)
10 中島(L)
8 田中(F)、後藤(Bs)、長谷川(H)+1
7 城所(H)
6 斎藤(L)、秋山(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

2度負けた気分 M9−9F

昨日の記事にて「横浜ファンの心情を思えば、マリーンズのていたらくなんて可愛いもん」と書きましたが・・・まさか今日同じ目に合うとかって。
ニッカン式スコア

マリーンズの2回の一挙8得点は見事でした。アチャ、今江のセンター返しに福浦はセンター越えの2塁打。里崎もセンター前、犠飛に2塁打、四球を絡めて打者一巡のアチャが満塁弾。
昨日の試合はなんだったんだ、と思わせる鮮やかな大量点でした。

しかし上野が守れませんでした・・・。5回の大量失点は根元の痛いエラーも絡んでいるとは言え、点差があるのだから思い切って行って欲しかったなあ。昨日の大谷もそうでしたが、二人とも眼を見張る球はない分コントロールが甘くなると厳しい・・。
上野は先発転向してすぐの投球が小気味良くてとても爽快だっただけに、ここ3試合の内容が残念です。一度これで抹消かも知れませんね。今日の悔しさをバネにまた戻ってきて欲しいです。

5回途中から同点はもう覚悟しました。
6回に伊藤が追いつかれたのももうそんな流れになってましたし、そもそも2回8点の時点でまさか6回に登板することなんて考えて無かっただろうし・・・・一度気が抜けたのか。ロサも危なくて、なんかもう今日は投手陣全体がバタバタしちゃってましたね。
薮田が鶴岡に被弾なんてのも考えてなかったな〜。
「しっかりしろよう〜」とは思うものの、まあしかし今日は後を投げた投手陣を責める気持ちにはなれません。

終ってみればファイターズに勝ち越された事は一度も無かったのですが、それでも追いつかれた時点でまるで負けたような気持ちでした。8回に勝ち越し、9回はまさかの薮田被弾でまたしても同点にされ・・・・今日は試合の中で2度負けたという気持ちです。しかしまあ昔から鶴岡とか大野とか伏兵にやられますね〜。
小谷野の守備は相変わらず素晴らしかった。
今江も良いプレーを見せただけに、はしばしで球際の弱さを見せてしまっている根元の頼りなさが目立ってしまっています。課題だった送球もいつの間にかクリアしてそれなりに頑張っていただけに寂しい事ですが・・・・。

まあ、それでも前述したように2回の攻撃はコンパクトなセンター返しがきっかけでしたし、アチャに久しぶりに当たりが戻り、福浦もやっとこさ調子が上がって来ました。
8回に里崎がバックネット前でファールフライを捕って、すぐさま2塁に送球して1塁からタッチアップを狙った小谷野を刺したのは良いプレーでした。頭に走塁の可能性がちゃんとあったんでしょうね。その直後にはその里崎が犠飛と、「やれば出来るじゃん里崎!」と久々に思わせてくれました。
良い面もありましたし、今日の引き分けを引きずらずに明日に挑んで欲しいです。
・・とでも言うしかありませんね、今日は。

それにしても、今日もまた引き分け狙いの時間稼ぎが伺えました。薮田投入時点で後は吉見、中郷、ヤマテツしか残っていませんでしたし、ファイターズの残り投手のコマを考えるとマリーンズが引き分けに持ち込むのはしょうがないです、しょうがないのですが・・・やっぱり興ざめしてしまいます。割り切れない気持ち・・・試合を観にわざわざお金を払って球場まで足を運んでいるお客さんだっているのですから。
しかもマリーンズは下位にいるんですよ(って今日3位にあがりましたけど)。勝率5割を切っているチームは、借金数が同じならば引き分けが多ければ多いほど勝率は下がります。だから上位にいるファイターズは引き分けウェルカム!ですけど、マリーンズは勝たなくてはならない。時間制限てのはやっぱり罪作りですね・・・。

☆古谷抹消、代わりに昇格したのは・・・やっと来たヤマテツ!!ほんとにやっとですよ。まさかシーズンも半分を過ぎた時点で今季初昇格とは思わなかったなー。最初は負け試合の登板になると思いますが、あの火の玉ストレートを見せてくれ!
☆「サイレントK」石井裕也がこのところ非常に安定している。里崎を三振に取った場面なんて見事でした。左投手でも右相手にあれだけの投球が出来るといいよなあー。去年は古谷も一時そんな感じだったのになーあ。

☆習志野高校、今日は残念でした。やはり日大三は強い!吉永くんも今日は良い投球でした。習志野は2年生が多いですし、来年がまた楽しみですね。まずは秋を制してセンバツでまた観たいです。ブラバンもやはり凄かったし、「習志野高校」復活はとても嬉しかった。ありがとう!3年生はお疲れ様でした。

★L6−1E
菊池雄星、1失点完投!おめでとう〜〜!完封目前の1失点は山﨑に400号プレゼントでしたし、まあいいか。これから何度でも完封出来るでしょう!
★H4−0Bs

盗塁争い(8/18現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
40 聖澤(E)
39 本多(H)
22 伊志嶺(M)、川﨑(H)
21 岡田(M)
20 糸井(F)
18 片岡(L)
16 松田(H)+2
15 内村(E)
14 荻野貴(M)
11 福田(H)、松井(E)、陽(F)
10 中島(L)+1
8 田中(F)、後藤(Bs)
7 長谷川(H)、城所(H)
6 斎藤(L)、秋山(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (8) | トラックバック (4)

2011年8月17日 (水)

久々に暗黒時代を思い出したわー M0−9F

一年間試合していればこんな試合もあるという事で・・・
ニッカン式スコア

大谷と糸数という、年数的には大学を出て5年目に当たるまだほとんど実績の無い投手同士の対戦となりました。お互いに同じ感じで打たれるか、今季の内容で勝る大谷が優位に試合を進めるかと思っていたのですが、案に相違して一方的な展開となってしまいました。

大谷は良く抑えていたものの、いつもよりも球がやや高く真ん中に集まってしまったという印象。5回までで1失点は良く頑張ったとは言え、今日も打線がムエンゴのうちに6回に崩れてしまいました。交代した中郷も残念ながら流れを止めることは出来ず、この回6失点で勝負あり。しかし7回に登板で2アウトしか取れず2失点の古谷の方がなんか目立ってしまった・・・。古谷はずっと内容が良くないですね。今の状態では現状無理だなあ・・・・。

打線は糸数の前にわずか4安打、プロ初完投初完封を許すといういかにも優し〜いマリーンズらしさを発揮してしまいました。いつの間にか完全にサイドスローになり軟投派となった糸数をこうも打てませんか・・。狙い球を絞り切れないままただ打ってるだけ、という風に見えてしまいましたねー。

今日は頼みの伊志嶺が急性扁桃炎でお休み、そうなるともうどうしようも無かったですね。伊志嶺は寮住まいながらも、1軍にいる間は遠征に限らずマリンでの試合の時もホテル暮らしでしょうから、暑さの対処も難しいのかな・・・寝苦しくてついクーラーで風邪引いたリしてしまったんでしょうか。
本来ならば「体調管理がなっていない」となる所ですが、伊志嶺には大甘査定の私、ルーキーだしプロで初の夏だし仕方ないな〜と優しく見守りたいです。
糸数との中部商ー沖縄尚学対決番外編も観たかったのですけどね。

大谷、糸数という同期生にもう一人からんだ同期生が今浪。なぜか私の中では今浪は高卒5年目くらいのイメージで、明大卒というのも全く頭に無かったのですが、中継で触れられていたので知りました・・・そうかあ、大谷と6大学で対戦しているんだな。今日は今浪に先制タイムリー、ファイターズ2点目となるタイムリー、としてやられました。全体で9点取られましたが実質今浪にやられたと言っても良いでしょうね。今浪は「クセ者」と言った感じで今季は頑張ってますね!ファイターズにまた嫌〜な選手が登場してしまいました。

まー、実績の無い投手に完封を許し、ブン回す人はブン回し、打線は何も出来ず、投手戦が一転ビックイニングを許し惨敗する、っていうのは懐かしのマリーンズ暗黒時代を思い出しました。
この頃は勝って欲しいという気持ちはありましたが大前提として「どうせBクラスだし」という諦めがありながらシーズン応援してましたので、大敗にも「しょうがねーな〜〜」くらいの心持ちで試合を観ることが出来ていたのですよね。ネタ的要素が大きかったというか。なーんか今日はそんな感じでした。
今季を諦めた訳ではありませんが、最近は余りイレコミ過ぎないようにしている気持ちもあって、割と気楽な心持ちで試合を観ることが出来ています。
現地観戦した人はたまったものではないと思いますけれど、今日の敗戦はがっかりはしたけどショック、という程でもなく・・・・。

明日は上野とケッペル、上野は前回のKO劇が不安を残す感じでしたし、普通に考えると苦戦ですが明日はまた違う野球を見せてくれるかも知れませんし、明日に期待しましょう!

まー、それよりも明日は習高と日大三の対決ですよ!もう今から楽しみで仕方ありません。「習志野高校」は私の中では星稜とならんで特別な学校です。明日、勝って欲しいですけど勝ち負け以前に良い試合になるのは間違いないでしょう。もうココロは甲子園〜!

☆それにしても、勝っているチームの選手は凡打でもしっかり走り、負けているチームがタラタラ走塁では絶対に差は縮まらない・・・・

★L2−2E
明日菊池雄星先発とのこと。金土とマリン参戦予定だったので、菊池みたかったなあ〜とちょっと残念。
★H2−0Bs
竹原4番がいきなり来ました!相手が和田という事で今日限定でしょうけど・・・そして4タコ、打率も.174に。最初だけ当たりが出るというやっぱりいつもの竹原なのか・・・・。辻が1塁でスタメンというのもなんか懐かしいパターンですね。
★たまにはセ・リーグネタ。スワローズ、初回に8点を先制されるもなんと10ー10と追いつく。この所勢いを失っていたスワローズですが、今日の試合負けなかったらまた乗って行けそうですね!こういう試合の続く横浜ファンの心情を思えば、マリーンズのていたらくなんて可愛いもんです!

盗塁争い(8/17現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
40 聖澤(E)
39 本多(H)+1
22 伊志嶺(M)、川﨑(H)
21 岡田(M)
20 糸井(F)
18 片岡(L)
15 内村(E)
14 荻野貴(M)、松田(H)
11 福田(H)、松井(E)、陽(F)
9 中島(L)
8 田中(F)、後藤(Bs)+1
7 長谷川(H)、城所(H)
6 斎藤(L)、秋山(L)
5 森山(Bs)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (8) | トラックバック (5)

2011年8月16日 (火)

福浦の先制打で勝利ってやっぱりいいなあ M4−1F

今日は初回にベテランのタイムリーで先制、エースがしっかり投げてカード頭を取るという理想的な勝利となりました。
ニッカン式スコア

今日は仕事でしたので、帰宅後に6回裏からリアルタイムで観ました。後から1回裏の攻撃をさらっと確認した程度で、ウルフの投球はほとんど観ていないのですけど悪くはなかったみたいですね。初回の福浦の先制で3点取れた事が大きかったですね!
また1回表、先頭スケールズの良い当たりを伊志嶺が捕ってくれたのが成瀬を助け、リズムに乗っていけたように思います。
一方、福浦の当たりは仮にレフト伊志嶺だったら恐らく捕れている当たりで、中田翔は捕れないまでもシングルヒットで止めたかったところ・・・・やっぱり外野の守備力って大きいです。もっとも、中田の場合は守備力には目をつぶるチームの方針ですからあれはあれで仕方ないですね。

4回裏には工藤のレフト越しでの3ベース、すかさず根元の遊ゴロで得点、とこれは足で稼ぎました。そうそう、初回の福浦3ベースを演出したのは伊志嶺・岡田の出塁でした。岡田のエンドランは当初の送りバントのサインが変ったものでしょうね。この辺りの臨機応変さは久々に楽しい采配でした。
まぁそれだけに6回に工藤が(たぶん)スクイズのサインを見逃して3塁走者の今江が走塁死してしまったのはちと残念ではあります。外野の競争も激しいですし、工藤もまだまだ頑張らないとですね。
まー、6回以降点が入らなかったのは私が観戦始めたからという事で・・・(涙)

成瀬は7・8回しか観ていませんから悪いという印象はないのですが、本人は悪かったと言ってましたね。確かに昨日まで奪三振率9.38の成瀬が今日は三振1コでしたからそうなのかも知れません。しかし8回1失点ですからナイスピッチングちいうべきでしょう。後ろの疲労が溜まる夏場なので完投して欲しかったという願いはあるものの、ここ4試合ほぼ8回を投げており、自身3連勝、やはり抜群の貢献度です。

今季は今ひとつ元気の無い福浦の先制タイムリーで勝つってやっぱり嬉しいもので・・・なんか安心感があると言いますか。Kスタでの暗〜い雰囲気がウソのようなマリーンズでした。
今季はこれでファイターズに8勝4敗1分とどうやら相性は良いみたいですね(とてもそんな気はしないんだけど)。明日も大谷に踏ん張って貰って、明後日の上野に少し気楽に投げてもらいましょう!

☆習志野高校がベスト8進出!元スワローズの城が主将だった時以来ですね〜、たぶん。私は実家が千葉、母方の田舎が金沢という事で"身内対決”でしたが、もちろん習志野を応援しました。石川代表が星稜だったら相当複雑だったとは思うけど。仕事中も気になって仕方が無かった・・・。
次は強敵・日大三です。春の関東大会準決勝でこの両チームは対戦していて習志野が9−1で日大三を下していますが、この時日大三はエース吉永君は登板していないのですよね(習志野は木村君が先発)。ああ、明後日が楽しみ!!今晩寝る前に熱闘甲子園と録画しといた習志野ー金沢戦を観なくては!

★L4−8E
牧田、またも失敗。今は一番しんどいでしょうね。敵ながら踏ん張って欲しいなあ。伊志嶺の新人王争いライバルでもあるけど・・。
★H4−3Bs

盗塁争い(8/16現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
40 聖澤(E)+2
38 本多(H)
22 伊志嶺(M)+1、川﨑(H)
21 岡田(M)
20 糸井(F)
18 片岡(L)
15 内村(E)+2
14 荻野貴(M)、松田(H)
11 福田(H)、松井(E)、陽(F)
9 中島(L)
8 田中(F)
7 長谷川(H)、城所(H)+1、後藤(Bs)+2
6 斎藤(L)、秋山(L)
5 森山(Bs)

聖澤、チーム95試合目で40個到達。このペースだとシーズン60個!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (2) | トラックバック (5)

2011年8月14日 (日)

何とか勝ち試合の流れに乗れた E3−4M

はぁぁー、何とか勝ちました・・・・被3タテは阻止、連敗も3でストップ。
ニッカン式スコア

昨日は井口を始め打線よ何とかせい、と文句タラタラでしたが、今日の攻撃は良かったですね。
初回伊志嶺が足で稼ぎ、岡田が送り、井口がタイムリーという美しい流れで先制。
昨日の井口の第一打席はただ引っ張った事に失望したのですが、今日は緩いボールをしっかりタメてセンター前に運びました。右への意識があったからこそでしょう、これが本来の井口の姿ですよ!この先制で今日は乗っていけるかな?という雰囲気が出てきました。
井口は5回1死1、2塁では上手い右打ちでライトフライ、2塁走者の伊志嶺を3塁に進めました。得点には繋がりませんでしたが、これですよ、これ!やっぱりこうでないと〜。

2回表には清田の久しぶりのホームランで2点を追加、6回には超貴重な里崎の3塁打が飛び出し、福浦の浅い中飛で里崎が激走、ホームイン!里崎の3塁打なんて福浦の3塁打と共にレッドデータブック入りじゃなかったですか。観られるなんて思っても見なかった・・というか、考えもしなかった。この回は里崎の足で稼いだ1点でした。こんな言葉を使う時が来るなんて・・・。最後にはこの1点がモノを言いました。

晋吾は「決め球が決まらない」という苦しい投球でしたが、なんとか5回2失点で凌ぎました。ベテランの投球としては大いに不満は残りますが、悪い時の晋吾なら恐らく2回に大量失点して攻撃意欲を失わせているところだったと思います。今日はなんとか試合を作ったということでもう良しとしましょう。

しかし古谷はまずいですね。代わりばなの初球を横川にフルスイングされました。んん?これってどこかで見たぞ・・・・って一昨日と全く同じ!まるでVTRです。全く同じ過ちをしてしまうのは中継ぎで生きていくにはかなり痛い・・・ベンチの信頼を失ってしまったでしょう。これでは大事な場面では怖くて起用出来ません。聖澤のバントを処理したのはナイスフィールディングでしたが、うーん、投球内容がなあー。去年みたいに自信を持って投げられていない気がするなあ・・・。
しかし有力な代わりもおらず、左腕不足はかなり深刻ですね・・・。そう考えると山本一はやっぱり頑張っていたなあ、と思いますね。

しかしその後を伊藤、ロサ、薮田が素晴らしい投球でした。それぞれが前倒し登板となってしまい、ロサは2イニング目に走者を許し薮田の救援を仰ぎますが、しかし薮田が素晴らしかった!松井稼頭央の中犠飛は仕方ありません。9回は安心して見ていられました。2イニング登板をものともしない、文句なしの守護神ぶりでした。

試合は接戦でしたが、今日は割と安心して見ていられました。マリーンズの点の取り方が良く、逆にイーグルスはチャンスで追いつけなかった。2回裏のチャンスをモノに出来ず、そして決定的だったのは6回の聖澤のバント失敗ですね。この時点で、「今日は勝てる!」と確信しました。

野球って不思議なもので、「勝つ流れ」っていうのがやっぱりあります。今日はマリーンズがその流れに乗り、逆にイーグルスは負けの流れに完全に呑み込まれてしまいました。8回に犠飛で1点差に迫った場面もそうで、勝つ時はあそこで同点なり逆転になるはずなんです・・・何度も名前出して申し訳ないけど、聖澤のバント失敗の流れがここにも続いていたと、そう見ています。
何しろこのパターンって、マリーンズが負けの方の立場でしょっちゅう見ていますからね・・・。
ただひとつだけ読み違えたのは、9回にマリーンズが得点してより勝利を確実にする、というシナリオも描いていたのですが、無死3塁で無得点に終わったこと・・・ここがちょっと・・・ですね。

しかし、勝ちましたが「強い」という感じはまぁやはりせず、これからもこんな感じで負けたり勝ったりなのでしょう。しかし今日の様に打線が節目節目で自分の役割を全うしてくれれば状態も上向くだろうと、そう考えています。

明日休んでマリンでファイターズ戦です。成瀬、大谷、上野の三人がどういう投球をしてくれるか。特に上野は真価が問われますから、注目して行きたいですね。

今日も仕事で、疲れから観戦中に一瞬意識を失ったりもしましたが、やっぱり勝利、これが何よりも最高の癒しです。私は盆休みとかありませんからまだまだ仕事は続きますが、良い試合を見て翌日の仕事への活力へとしたいものです。

☆伊志嶺レフト、清田ライトはどういう事だろう?真偽は判らないんだけど伊志嶺が肩を痛めている、という情報をちらっと耳に挟んでいて、つまりそういうことなのかな?
☆嶋に見事に打たれる。マリーンズ戦になると良く打つ気がするのは被害妄想なのか?・・・調べてみたら、今日現在で対マリーンズ戦打率は.220と対Fの.176に次いで打たれていなかった。でも4打点は対L、Hとならんでトップ。うーん、微妙・・・・

★F5−2H
★Bs4−2L
牧田、抑え転向後初めての失敗。そういう時もあるさ。でも来年は先発で見たいな・・・

盗塁争い(8/14現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
38 聖澤(E)、本多(H)
22 川﨑(H)
21 岡田(M)伊志嶺(M)+1
20 糸井(F)
18 片岡(L)
14 荻野貴(M)、松田(H)
13 内村(E)
11 福田(H)、松井(E)、陽(F)
9 中島(L)
8 田中(F)
7 長谷川(H)
6 斎藤(L)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、後藤(Bs)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (6) | トラックバック (4)

2011年8月13日 (土)

習志野高校という手本 E4ー1M

きっと多くの人が思ったと思います。
「習高の攻撃を見習えよ」と。
ニッカン式スコア

マリーンズは打線がマー君の前にやはり沈黙。これで今季36イニングでわずか2点しか奪えず、防御率に換算すると0.5です。これでは投手がいくら好投しても勝てない・・・。

甲子園での習志野高校、やっと私は試合を観ることが出来ましたが、投手はもちろん、見事な攻撃でした。反対方向を意識した大振りしないバッティング。ボール球の見極めも優れているし、何より攻撃が多彩。バントが予想される場面でのエンドラン、バントの構えをしてから一度引いてのスクイズ、終盤になると策を弄せずきっちりと送りバント・・・・これぞ「和」、全員で攻撃する、という姿勢でした。
マリーンズ打線もこういう攻撃が信条だった筈なのですが。

・・・・もちろん、相手はマー君、プロの世界の話ですし高校生を例にしたってそりゃ話が違うのは判ってます。でも・・・言いたくもなりますよ〜。
象徴的だったのが初回で、せっかく伊志嶺・岡田が作った無死1,2塁のチャンス。しかし続く井口が強引に引っ張ってレフトフライ、進塁打にすらなりませんでした。当たりは良かったですが、結果が出なくては意味がありません。
本来の井口は右打ちを基本に状況に応じたバッティングをする選手なのに・・という事がかえって歯がゆく悔しいといいますか。本人は右打ちの意識があっても身体がついていけないのかも知れませんけれど。自主的にバントしろとまでは言いませんが、せめて進塁打を打って欲しかったなあ・・・。

井口は前半孤軍奮闘で踏ん張ってくれましたので、最近の不調ぶりも私的としては最大限の擁護をしたいところなんですけど、今日の打撃はかなりがっかりしました。最後に良い右打ちしましたけど、あの場面ではもう時既に遅し。初回にマー君から先制していれば随分と展開も変わったのではないかと、そこが残念です。

根元のタイムリー2塁打は良く打ちましたが、3塁で刺されたのももったいなかった。あれは上川コーチの判断ミスでしょう。2アウトでしたから、3塁を狙う必要は無かったと思います。次は一番信頼出来る伊志嶺でしたしね。こういう小さな所をきっちりやらないと・・。

俊介はこの所すっかり安定していますね。四球を出さなくなったのが好投につながっていると思います。今日も良く投げましたが、強いて言えば1点取った直後に失点したところが残念ですね。しかしこの投球だと今後も期待していいのか・・・な?
伊藤とロサは今さら責める気にはなれません。というかロサのボーク、また外国人投手を標的にしやがった・・という感じです。前も書きましたが、外国人投手、もしくは外国帰りの投手を狙い撃ちにしたボーク取りはなんなんでしょうね。島国根性丸出しでみっともないです。

明日は晋吾と塩見。このところの悪い流れを断ち切る為にも、まず先制したい所。晋吾は課題の立ち上がりでいきなりの失点は避けて欲しい。3タテくらうなんて観たくありません!

☆工藤、内角球を避けずに足を突き出して当たるも故意と判断されデッドボールにならず。これは仕方ないですね。でも気持ちは買います!
☆今日も内村にやられる。「悪球打ち」の中村には本領発揮されるし、マリーンズは相手の良い所を上手〜に引き出してあげているように見える・・・・

★F0−4H
★Bs1−2L

盗塁争い(8/13現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
38 聖澤(E)、本多(H)+2
22 川﨑(H)
21 岡田(M)
20 伊志嶺(M)、糸井(F)
18 片岡(L)
14 荻野貴(M)、松田(H)
13 内村(E)
11 福田(H)、松井(E)、陽(F)
9 中島(L)+1
8 田中(F)
7 長谷川(H)+1
6 斎藤(L)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、後藤(Bs)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年8月12日 (金)

相変わらず他球団に優しいマリーンズ E9−1M

7連敗中のマリーンズとホークスに2勝1敗と勝ち越したイーグルスの対戦は、マリーンズが・・・
あれ。どこか違ってる気がする・・・。
ニッカン式スコア

マリーンズは伊志嶺の3塁打の直後、岡田の内野安打で1点を取り、その1点を守りきって勝利しまし・・・・だったら良かったのに。
負けました、はい。何と言いますか、予想通り過ぎるというか見事に期待を裏切らないマリーンズの試合っぷりでした。どっちが連敗中のチームなのかわからない試合でしたね。

打線がヒメネスを打ちあぐねているうちに唐川が4回に突如乱れ、4失点。5回も1失点と試合を作れませんでした。4回は突然球が高く高くなった感じで、2回に草野の打球を左足すね内側に当てた影響がやっぱりあったのでしょう。四球を絡め、打者有利のカウントで高めの棒球を本塁打されるという全く唐川らしからぬ投球となってしまいました。
後になって腫れて痛くなってくるのではないでしょうかね〜2年前?3年前?に晋吾がマリンで同じようにスネに当てた時は恐ろしく腫れて抹消になったのですよね・・・・6回まで投げましたから大丈夫だとは思いますが、最悪抹消の事態を少〜しだけ覚悟した方が良いのかもしれません。大事にならないと良いのですが・・・。

ヒメネスに疲れが見え始めた6回に打線は捉え始めますが、捉えた当たりも好捕されたりと運も無く、結局1点のみで完敗です。ヒメネスは右打者への内角をえぐるシュート(というかツーシーム?)がとても有効で、多少球は荒れ気味だったのも功を奏しました。さらに代わった片山にスパっと抑えられた事で完全に反撃ムードを絶たれました。

さらに久しぶり復帰の古谷の制球が余りにも甘く、あっという間に4失点で万事休す。先頭の横川が左打者なのに初球をフルスイングされましたからね。あの1球でもう呑まれました。ちょっと残念な投球でした。

それにしても今日は内村がエラーに好守備、好走塁に盗塁死、と良くも悪くも目立ちました。この内村、好きな選手なんですよ・・・。身長は公称163cmと球界最小。育成枠入団からここまで這い上がりました。何より足の速さとガッツですよ!今季は聖澤と1・2番コンビを組みオープン戦で走りまくってましたから、嫌だし怖いな〜と思いながらも楽しみにしていたのでした。足の故障で開幕から出遅れましたが、戻ってきてからは大きな存在感を示しています。このままシーズン終了まで突っ走って欲しいですね。

一方のマリーンズは伊志嶺の3塁打くらいしか見どころがなく、為す術もなく敗戦。
明日は俊介とマー君ですから、俊介がいくら良いピッチングを展開したとしてもマー君を打てる雰囲気はなく、連敗の香りもプンプン。
ただ良いところも探すと、伊志嶺に当たりが戻って来、今江も1安打でしたが内容は良かったです。下位打線に入る誰かに当たりが出ればちょっと面白いかも知れません。中郷、川越も変わらず良かったですね。マー君は前回の登板内容が良くありませんでしたし、何とか明日は打てないかな・・・。
それにしても今日の試合は論ずるにも当たらない完敗で、せめて明日に仄かな希望を持ちたいと、そんな心境にもさせられる試合でした。

しかし7連敗中のイーグルスに快心の試合をさせてあげたり、ヒメネスに初勝利をプレゼントしてあげたりどこまで人が良いのか・・・。この優しさはあまり美徳とも言えないような・・・少なくともマリーンズファンにとっては。

とにかく、もう試合は終わりました。明日ですよ、明日マー君相手に意地を見せてもらいましょう!案外やってくれるんじゃないかと、根拠はあまりないのですがそんな気もしています。

☆マリーンズの9失点は今季最多との事。あれ、そうでしたっけ!いかに投手陣が踏ん張ってるかですね。気になって他球団の最多失点を調べてみると、ホークス9点、ライオンズ10点、ファイターズ12点、バファローズ13点、イーグルス13点でした。

★F4−0H
ダル、さすがの完投、完封。この投手の存在はほんと言い表わせられないくらいの価値があります。節目節目でしっかりチームを勝たせる投手。ほんとに素晴らしい。
★Bs8ー6L

盗塁争い(8/12現在)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
38 聖澤(E)+1
36 本多(H)+1
22 川﨑(H)+1
21 岡田(M)
20 伊志嶺(M)、糸井(F)+1
18 片岡(L)
14 荻野貴(M)、松田(H)
13 内村(E)
11 福田(H)、松井(E)、陽(F)+2
8 田中(F)、中島(L)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、後藤(Bs)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (5)

今日の先輩後輩対決は先輩に軍配 H6−1M

今日は久しぶりに早めに帰宅出来、試合開始からそんなに遅れずして試合観戦出来るぞ〜と思っていたのですが、G+でのファームG-M戦をチェックしたらジャイアンツの先発は宮國じゃあーりませんか!これは観なくては、という事で殆どファーム観戦中心になってしまいました。頑張って投げている上野には悪いけど・・・。
これも先に2勝出来たという事による気持ちの余裕があったかも知れません。もちろん勝って欲しいし負けは悔しいですけど、例えば1勝1敗だったりしたらなかなかこうもいかない訳で。

そんな訳で1軍とファームの試合をザッピング状態だったのであまりきっちり観られていません。
昨日の和田ー大谷の先輩後輩対決は大谷が取りましたが、今日の先輩後輩対決は大場が先輩の意地を見せました。マリーンズは4位転落です。しかし大場の4勝が自己最多ってかなり意外でした。
ニッカン式スコア

上野は前回登板でランナーを出しながらもしっかり踏ん張って試合を作ったのですが、今日は踏ん張れませんでした。早くも2回に先制されると、3回、4回と続けて点を取られる展開。(こういう展開だったからこそ余計ファームに傾倒したということもある)4回持たず、6失点KOとなりました。前回までと大きく内容が悪かった、という印象はそんなに無いのですが完封→6失点KOという事に少し意外な感もあり、試合後の上野のコメント「癖が出ていたかも。帰ってビデオで研究したい」でなるほどなあ、という気持ちも。癖を読む読まれるってのは別に汚い事でもなんでもなく、当たり前の話ですし、もしそうだとしたら今後のステップアップの為にも今洗い出してしまった方が良いかも知れません。
負け投手となりましたが、先発4回目での初黒星ですし、次回の登板の方が大事です。次に期待しましょう。日刊スポーツの記事では「降板する上野」のキャプションと共に服部の画像が掲載されるというそっちでもプロの厳しさ?を痛感する試合となりました。

服部と言えば今日も対左のワンポイントの場面で松中に痛打されてしまいました。これで4人連続でヒットを打たれ、ワンポイントとしての役目を果たしていません。ワンポイントとしてならもう少し打者に対して角度が欲しい所で、やっぱり向いてない気はします。もしワンポイントに生き残る道を探るならばフォームに工夫を凝らすなどの対応が求められるでしょう。
久々に登板の藤田宗一は根元にバッティングをさせませんでしたから、この辺りの投球も参考にして欲しいものです。うーん、しかし個人的にはワンポイント向いてないと思うなあー。

中郷は代わりばなにヒットを打たれましたが、次のイニングでは力強いストレートを見せましたし、内がいない今、監督には中郷をもっと取り立てて欲しいですね。

打線は大場を打てませんでしたね〜。6回ノーアウト2,3塁で1点しか取れなかった時点で敗戦はほぼ確定でした。

明日は福岡から仙台への移動日試合です。これはかなりきついですね・・・福岡から仙台への直行便あるのかな。ただでさえ仙台空港発着便が少なくなっていますし。明日は唐川と前回KOしたヒメネスの対戦です。選手たちは大変ですが、まずはKスタの初戦を取って欲しいところです。しかしホークスは福岡から札幌移動日試合ってこちらもキツイな〜。

今日は録画追っかけ観戦もせず、気楽にG+とのザッピングを楽しみました。日頃は1球たりとも見逃したくない!くらいの勢いで録画観戦したりしますから、かえって入れ込み過ぎてキツい時も結構あるのですよ。ある程度楽に見ていれば精神衛生上良い場合もありますし、終ってからそのまま「和風総本家」見てまったりしたりとか楽〜〜に過ごしました。(その分ブログ更新が遅くなってしまったのですが・・・)余りに野球漬け「過ぎる」生活も見直す時期かな、とも思っていますから、今日はその意味でも敗戦の割に気持ち的には楽でした。

☆8回、1塁走者伊志嶺は岡田の1ゴロで2進するときに併殺しにくいような走塁ルートを取りました。この辺りはソツなくさすがです。

★L9−4F
菊池雄星、プロ2勝目。少しずつ、少しずつ階段を登っていますね。
★Bs5−1E
今日も竹原ヒット、これで4試合連続安打。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、興味ない人も多いでしょうが、宮國に触れておきましょう!
糸満高校では決勝で春夏連覇する興南に負けてしまい甲子園は出られませんでした。今まで何度か書きましたが、彼は去年の高校生投手の中では素材的にダントツだと思っています。(現早大の広陵・有原と双璧、という感じ)
ドラフト2位とはいえ全国の高校生投手の中ではイの一番指名で去年ジャイアンツへ。「よりによって・・・」(あの憎しジャイアンツ、という意味と、巨大戦力の中に行っちゃったよ、という意味と)と思いましたが、宮國はじっくり育てる方針、というのをどこかで読んでちょっと安心しました。
高校時代の宮國は素材150点投球フォーム60点、という感じで、下半身が上手く使えていないフォームがまだまだ素材に追いついていない感じだったのですが、今日去年の決勝以来一年ぶりに観た宮國は無駄も違和感もないフォームに生まれ変わっていました!何よりゆったり感が出ていて、しなやかな腕の振りから繰り出されるストレートは130km後半が殆どですが、とても質の良いストレートだと思います。一年目の唐川を思い出すストレートでした。今日は他にカーブだけ(カーブはまだまだ、だった)とシンプルな投球でしたし体型もまだまだ細いですけれど、将来の豊かさを感じさせるに充分な内容。3回を1安打2三振0失点と結果も残しました。ちなみに1安打は青野が左中間へ引っぱたきました。

スタイルも良いし、顔は女のコみたいな綺麗な顔で「カッコカワイイ」し、上で活躍しだしたらかなり人気出るんじゃないですかね!1軍で躍動する日が来ることを楽しみにしています。宮國という名前、是非覚えておいて下さい!


盗塁争い(8/11終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
37 聖澤(E)
35 本多(H)
22 川﨑(H)+1
21 岡田(M)
20 伊志嶺(M)
19 糸井(F)+1
18 片岡(L)
14 荻野貴(M)、松田(H)
13 内村(E)
11 福田(H)、松井(E)
9 陽(F)
8 田中(F)、中島(L)+1
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)、後藤(Bs)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年8月10日 (水)

大谷の粘り、今江の反応 H1−3M

昨日ホールトンに勝っただけでも僥倖なのに、今日は和田から勝てるなんて望外の喜び。
ニッカン式スコア

しかし、内がいつのまにやら右肘の手術を受けていた事が判明。右肘関節鏡視下手術という事で恐らくネズミ除去だと思いますから大事ではないでしょうけれど、これで今季の復活は厳しくなったという事でしょう。しかし事後発表は気分的になんだかな〜です。荻野貴司の時もそうでしたしね。「手術を受けることになった」と事前に発表してくれれば心の準備も出来るのに・・。ペンの時もローテ1回飛ばす筈がいきなり「手術」でしたし。
内がいないのはかなり痛いですが、しょうがありません。内は来年こそシーズン通してお願い、という気持ちです。

良い試合だったのにいきなり暗い話から始まってしまいました。
ささ、試合ですよ。
予想通り大谷と和田の投げ合いは投手戦となりました。大谷はオーティズに1発を浴びますが、それ以外は粘り強く投げました。本領発揮!オーティズの一発の前に松田の盗塁を里崎が刺したのも大きかったですね。私が好きじゃない横振りスローイングでしたが、今日は捕ってから投げるまで力が上手く抜けていて良い送球ではありました。
大谷は結局7回を投げ1失点に抑え、今季3勝目。4回も先頭打者を出しながらもそこから失点しなかったという所が大谷の粘りであり最大の長所でしょう。評価して良いのではないでしょうか?3ボールになることが多かったですが、ちょっと慎重に過ぎましたか。味方が逆転した直後の7回は今までの経緯もあるのでどう投げるか怖くもあり楽しみでもありという所でしたが、無事無失点に抑えました。この時点で今日は行けるかも!と思いました。

後を継いだロサと薮田もしっかり投げてくれました。ほんと薮田はしっかり「守護神」ですよね〜パの中では地味ですが、その「仕事力」は素晴らしいです。

打線は和田を打ちあぐね、5回にアチャと里崎のヒットでランナーを出しますがそれ以外は三者凡退が続きます。しかし7回、井口が粘って四球を選び出塁するとアチャがセンターフェンス直撃のヒットを放ち無死1,3塁。アチャは今日のチーム初ヒットもそうですが、コンパクトにセンター返しを心がけていて、こういう所がいつもいつも感心します。

さあ打者今江!という所で、「併殺の間に1点、ていう超〜最低限の仕事くらいはしてくれよ!」と思って観ていましたが、内角へのスライダーを鋭く振り抜いた打球はなーんと打った瞬間それとわかる3ラン!!!おおおお!今江、ごめん!俺凄い失礼な事思った!!!
和田からすると本来もう少し内に入れたかったボールだと思いますが、決して失投ではないと思います。今江の身体が反応した感じですね。左足を瞬時にやや開きつつも腰はしっかり残す、という絶妙な左足の使い方。それまで外に3球続いていたのでそろそろ内に来る、という心の準備が無意識にでもあったのかも知れません。反応出来たのは今江の状態がかなり上がってきたということなのでしょう。
しかし、ここでホームランというのは期待どころか想像すらしていなかったなあ・・。だってこの前の打席の三振なんて全然合って無かったし。

5回と7回以外は全て三者凡退と言う中、唯一と言っても良いこのチャンスをモノにしてマリーンズがホークス相手に連勝と失礼ながらとても意外かつ嬉しい勝利でした。
伊志嶺、岡田が出塁出来ませんでしたが、その分を変わらず好調なアチャと、今まで低調だった里崎・今江の活躍が補って勝ったという事はチームとしても良い勝ち方ですね。井口のフォアボールも良く粘りましたしね。

和田ー大谷の早大先輩後輩対決は後輩の大谷が勝利しました。明日は大場ー上野のこれまた東洋大先輩後輩対決です。明日も後輩・上野の快投を期待したいです!上野、強気で行け!

☆8回裏からショートに入った高口はさすがの守備力。何しろ捕ってから投げるまでが無駄がない・・・深い所で逆シングルで捕球してもそうなんだから、凄い。
☆今日明日と浦和マリーンズは東京ドームでG戦。G+で中継があったので、寝る前に録画を見ようかな〜。楽しみ。

★L9−8F
逆転に次ぐ逆転、試合時間4時間19分の壮絶な試合はライオンズに軍配。9回表、1死1、3塁から大野のショートライナーを前進守備ながら反応して捕った中島の守備は凄かった。ファイターズファンも負けたけど良く頑張ったと思える試合だったのでは。
★Bs4−3E
竹原、2安打に2点タイムリーと1軍昇格後3試合連続ヒット。このまま生き残れ!

盗塁争い(8/10終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
37 聖澤(E)
35 本多(H)
21 岡田(M)、川﨑(H)
20 伊志嶺(M)
18 片岡(L)、糸井(F)
14 荻野貴(M)、松田(H)
13 内村(E)
11 福田(H)、松井(E)+1
9 陽(F)
8 田中(F)
7 中島(L)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)、後藤(Bs)+1


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2011年8月 9日 (火)

ひっさびさに快勝 H2−6M

今日は何とも理想的な勝利でした。一昨日までのダメダメっぷりはなんなの?という快勝で、やっぱりマリーンズって訳わからん。
ニッカン式スコア

さて、今日はいよいよ来ましたよ!伊志嶺が1番、岡田が2番と打順を入れ替えて来ました。
打率、出塁率ともに伊志嶺が岡田を上回っていますし、この形も是非試してみたいところ。正直言ってどちらが1番に適任かというのはシーズン通してみないと私にはわからないのですが、いろいろやってみてもいいのではないですかね。不動のホークス1・2番、川﨑・本多コンビだって2009年までは順序が逆が多かったのですし。

その伊志嶺は今日もノーヒットで3試合連続無安打に終ってしまいましたが、それでも全てで四球を選んでいます。こういう辺りも1番抜擢に繋がったのでしょう。
また、スポニチの記事では伊志嶺が外国人投手に強いというデータ(10球団15人の外国人投手と対戦し通算39打数19安打、打率・487)もありましたし、相手がホールトンという事も後押ししたのかも知れませんね。

個人的に注目したのは2番になった岡田がどんな内容を見せるかという事で、岡田はかなり「負けん気」が強い選手と見ていますので、今日活躍するんじゃないかと期待して見ていました。内心「ちくしょう」って気持ちもあると思うのですよね。そしてそれは全く悪いことではない。

そして5の2、2打点と結果を残しました。こういう所がさすがだなと思います。1軍でフル出場は今季がもちろん初ですが、数字が落ちてきそうで落ちないというのは岡田の美点でもあり、今日みたいな試合で結果を出すことが数字に繋がっているよなあ〜と。
どちらが1番に座るにせよ、魅力的なのは違いありません。

さあ、試合ですが4回に安打を集中し、アチャのチャンスを逃さないさすがの犠飛に里崎の「らしい」2点タイムリー2ベースで3点を先制しました。ホールトンから早めの段階で先制出来るなんて・・・
里崎は今日3安打。私的にはタイムリー2ベースよりも3打席目の右越え2ベースの方が嬉しかったですね。あれは良い内容でした。毎日こうとはいいませんが、右打ちを基本線にやってくれれば里崎は下位の中で軸になれると思いますので、是非この調子を続けて貰いたいものです。

7回には四球が絡んだとはいえ2アウトから2点追加ですから、これも理想的でした。しかも岡田の内野安打で2点と、相手からすると嫌な点の取られ方です。根元も良く走りました。

投げては成瀬が8回2失点の好投。実はあまりじっくり投球を観られなかったので内容には触れませんが、対ホークス初戦として立派な投球でした。最後はロサがしっかり締めてくれました。

井口のファインプレーもあったり、今日は良い試合内容でしたね・・・なーんだよ、こういう試合出来るんじゃん・・・と。一昨日までイライラしていたファンの肩透かしする辺りがなんともロッテです。

工藤が守備で失策(打球処理でハンブル)を記録したり、バント失敗を含め打撃面も内容が悪くなりつつあり、犠飛を放ったとは言え福浦も相変わらず元気がないのが気になります。やはりレフトとDHはまだまだいろいろと試す必要はあるでしょうね。

さ、成瀬が大きな大きなカード頭を取ってくれました。明日は大谷と和田ですね。大谷は最低でも試合を作ってくれるでしょう。後は打線が如何に和田を攻略するかですね。明日が大切です!期待しましょう!

★L0−4F
★Bs3ー2E

盗塁争い(8/9終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
37 聖澤(E)
35 本多(H)
21 岡田(M)+1、川﨑(H)
20 伊志嶺(M)
18 片岡(L)、糸井(F)
14 荻野貴(M)、松田(H)
13 内村(E)
11 福田(H)
10 松井(E)
9 陽(F)
8 田中(F)
7 中島(L)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年8月 8日 (月)

沖縄代表・糸満高校が初戦に望む

沖縄大会をベスト4まで取り上げたまま、忙しくして更新できていないうちに代表はとうの昔に決まり、甲子園すら始まってしまいました。
そして明日9日は沖縄代表・糸満高校が登場です。初出場なので糸満高校としてもまさに甲子園初戦。
相手の香川代表・英明は2年連続出場、昨夏のメンバーが6人残り、エースはMAX145km・193cm左腕松本、4番は高校通算55本の中内とかなり手強い相手。

しかし糸満だって初出場とは言え、身体能力の高さは沖縄県内でも他校を凌駕し、地区大会前から評判となっていました。特に1番神里、3番宮城知秀の二人は足も速く全国的にも注目の選手です。エースは技巧派の山城。
糸満は去年は宮國(現ジャイアンツ)、島袋という超高校級バッテリーを擁し、決勝にコマを進めますが、甲子園春夏連覇を果たした興南の前に準優勝となりました。このバッテリーが抜けても今年の春沖縄県大会を制したことで私の中では「これは本当に強くなったということかも」と期待が高まりましたが、見事に夏の予選を勝ち抜き、戦国・沖縄の頂点に立ちました。

面白いのはこの両校、監督さん同士は前から交流があり、甲子園の抽選前から食事に行く約束までしたいたそうです。5月には練習試合を行っており、この時は8−6で英明が勝ったそうですね。よりによってこの2校をいきなりぶつけなくてもいいじゃないの、と思いますが、これも甲子園の面白いところ。

ちなみに糸満は沖縄本島の南部に位置し、先の大戦では米軍の攻撃が集中し最激戦地となりました。「ひめゆりの塔」があるのも糸満です。
糸満は元々勇猛で知られる漁師の町。今はTシャツなどで全国的に知られるようになった言葉「海人(うみんちゅ)」は糸満の漁師の事を指したとも言われています。
高校野球でおなじみの沖縄水産も糸満市に存在します。糸満高校には「糸満」の名前を全国に広めて欲しいですね!

非常に悔やまれますが不覚を取り、CS放送skyAでの地区予選決勝の後日放映を見逃してしまった私、今年の糸満を観るのは明日が初めてです。熱戦、楽しみです!

沖縄大会
▽準決勝
【沖縄セルラースタジアム那覇】
中部商 7―6 興 南
糸 満 6―4 沖縄尚学

▽決勝
【沖縄セルラースタジアム那覇】
糸 満 2―1 中部商
中部商の本格派右腕・多和田との投手戦は、満塁からのスクイズが決勝点に。晴れて糸満が代表の座を掴みました。

Okinawa10_11


にほんブログ村 野球ブログへ

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真夏なのに寒〜い試合 M2−7Bs

真夏の夜に寒々しい試合・・・・。バファローズに1分2敗、ファイターズに2勝1分した分をのし紙付けてそっくりお返ししてしまいました。
ニッカン式スコア

今日も仕事から遅く帰ったのでプロ野球ニュース観戦にしようかと思ったのですが、二日連続それだけでは寂しいので、ちゃっちゃちゃっちゃ飛ばしながら録画観戦をすることに。大好きなジョニーの解説が聞けなくなることが残念ですが、仕方ありません。

今日の試合はもう救いようがない試合で・・・晋吾は変化球は高めに抜け、かつ真ん中に集まる最悪の投球、2回は押し出し四球にワイルドピッチ、タイムリーで4失点。今のチーム状況を考えるとこの時点で負けを覚悟しました。押し出しの後にせっかく併殺を取ったのに、それから3失点ではお話になりません。

晋吾は6回途中で降板しますが、驚いたのは2−5の3点ビハインドの7回に伊藤ちゃんを登板させたこと。しかも8回も続投・・・何考えてるのかさっぱりわからない!8回に2失点してしまいましたが、こんなの責められないですよ。川越や吉見は何のためにいるのか・・・・マリーンズには伊藤という投手が5人はいるのかというような伊藤伊藤また伊藤。今まで何度も言いすぎて挨拶みたいになってますが、伊藤ちゃんの起用法はやっぱりおかしい。誰か説明してください!

今日は今江が2度も1塁送球を高投し、2度目はカスティーヨがランナーの鈴木と交錯して前から痛めていた左足をさらに捻挫させるという・・・。味方が怪我アシストしてどうするのだ・・・この時は思わず「何してんだ!」と怒り爆発してしまいました。
段々冷静になると、今江は日頃守備では貢献してくれてますし、あんな送球をしかも2度もするなんて普段はありえない事です。ですので今日の悪送球をことさらどうこう言う気持ちはもうありませんけれど、タイミングが悪すぎるというか・・・・後でソロホームラン打ちましたが、あれくらいでは到底挽回出来ないエラーでした。しかもカスティーヨにエラーが付くって・・捕球した後に落球した、ということらしいです。公式記録員の見解ってそうなっちゃうんですね。ふーん・・・・・。

打線も里崎は昨日の反省があったのか殊勝に右方向狙いを見せましたが、やはり全体的に停滞。ポツポツと散発で6安打に抑えられ、ここ3試合良くない内容だったフィガロに2ヶ月ぶりの勝利をプレゼントしてしまいました。あーあ、こんなのもマリーンズ野球だよなあ。

なんだか今はチームに一体感が感じられませんし、選手から気迫もあまり伝わって来ません。アチャ始め一部の選手は変わらず集中して頑張ってくれていますがね。「和」なんて遠いどこかに忘れてきてしまったようです。サブローの放出でチームがバラバラになったと考えるのは考え過ぎでしょうか?

今日は球場を埋め尽くした真っ黒なマリーンズファンのため息が聞こえてくるような試合でした。週末ホームで無様な試合を続けてしまいました。この状態で福岡でホークス戦と泣きっ面にタカですが、この3連戦の内容によって今季のAクラス・Bクラスを示唆するようなカードという気がします。選手たちがどこまでヤル気を見せてくれるか注目したい・・。

このところ非常にフラストレーションの溜まる試合が続きますが、それでも私たちはチームを信じて応援するしかありません。
マリーンズファイティン!

☆カスティーヨは交錯で足を痛めた時点で交代して欲しかった。きっと本人は「出る!」と言うでしょうし、そういう選手は大好きなのですが、ここは首脳陣が無理矢理ひっこませるくらいの判断をして欲しかったです。そうすれば一日半完全に足を休ませる事が出来ますしね・・・
☆Bsスタメンの竹原は2安打1打点。これを後半戦活躍するきっかけにしたいところですね。

★E1−8F
★L1−8H

盗塁争い(8/7終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
37 聖澤(E)+1
35 本多(H)
21 川﨑(H)
20 岡田(M)伊志嶺(M)、川﨑(H)
18 片岡(L)
16 糸井(F)
14 荻野貴(M)、松田(H)
12 内村(E)+1
11 福田(H)
10 松井(E)+1
9 陽(F)
8 田中(F)
7 中島(L)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (9) | トラックバック (4)

2011年8月 7日 (日)

俊介はいつの間にフライ料理が上手くなったのだ M1−1Bs

今日は朝から夜まで仕事が忙しく、速報もチェックできないまま夜遅くの帰宅となり(コメントの返信が遅くなってしまってすみません!)、明日も仕事で朝早いので録画観戦は断念しプロ野球ニュースを観たのですが、・・・・結果としてこれで良かったのかも。
ニッカン式スコア

という訳でCSの「プロ野球ニュース」しか観ていないのですが、今日もマリーンズファンにはフラストレーションの溜まる試合だったみたいですね・・・・。

俊介が先週に続き好投。なんと23アウト中19のフライアウトと4コの三振って、これ凄いな〜。金村が言うには高めを上手く使っていたと。岡田監督のコメントにも「審判も高めを取っとったし、うまく投げていた」とあり、上手くマリンの風と審判を味方につけたという事なのでしょう。
俊介と言えばゴロに打ち取るのがスタイルではありました。新しい一面を見せてくれたと言っても良いかも知れませんが、マリンでないとキツイのかなー。しかし投球術に引き出しが増えたということは歓迎すべきことでしょう。もっとも、今までもフライアウトは結構取っていたとは思いますが、今日なんかは「意思を持ってフライを打たせた」という事なのでしょうか。

まー、それにしてもボックススコアを見ても、見事に両チーム「赤」、つまりヒットが無い・・・バファローズが3安打、マリーンズが4安打ですか。しかもマリーンズは中山に6個の四球を貰ったのに1点に終わるという、マリーンズ野球全開だったのですね。プロ野球ニュースでも取り上げられていました里崎の強引な引っ張りは酷いもんで・・・よくよくスコアを見ると里崎でイニングが終わったのが実に4度。イニング先頭で凡退が1度。如何に粘りが無いか。なんで里崎はこうなんだろう。
もっともニュースで取り上げられた分目立ってしまっているだけで、決して里崎だけではなく打線全体の責任でもあるのでしょう。しかし11残塁、延長10回裏は3時間半をギリギリ過ぎてTHE ENDと、想像するだに観戦された方はツマらなかっただろな〜とただただ同情です。

最近今江が当たって来たことでなんとか1〜5番まではサマになってきたかも知れませんが、6番以降が誰が出てきてもドングリで、なんかこう、スッキリ!と詰っていた物がさらさら〜と流れていくような打線は組めないものでしょうか。里崎は8番くらいが丁度よいと思うのですがね・・。

週末、本拠地QVCマリンでの観戦を楽しみにしているファンは沢山いますし、明日も子供たちを含めお客さんは多いでしょう。勝つにしろ負けるにしろ観ていて楽しい試合を展開して欲しいです!

★E3ー6F
★L1ー1H

盗塁争い(8/6終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
36 聖澤(E)
35 本多(H)
21 川﨑(H)+1
20 岡田(M)伊志嶺(M)、川﨑(H)
18 片岡(L)
16 糸井(F)
14 荻野貴(M)、松田(H)
11 福田(H)、内村(E)
9 松井(E)、陽(F)
8 田中(F)
7 中島(L)+2
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年8月 5日 (金)

唐川の復帰登板は飾れず M0−3Bs

唐川の復帰登板を飾れず、零封負け・・・。
ニッカン式スコア

今日の先発は未知のマクレーン。初顔合わせの外国人投手という事で嫌な予感はありつつもあえて口に出さなかったのですが・・・私が口に出そうが出すまいがやっぱり打てませんでした。
バファローズのスタメンに辻俊哉の名前を見た時は素直に嬉しかったのですよ。好きな選手でしたしね・・徐々に結果も残しつつある時にトレードで、当時はかなり残念でした。ブログも気になって結構チェックしていたくらいなのですが、トレード後は出番もあまりなくてちょっと危機感を抱いていただけに嬉しかったです。ファームでマクレーンの球を受けてたようなので、それも起用の理由の一つなのでしょうね。

しかし、今日はその辻の好リードにやられてしまいました。
マクレーンは何と言ったら良いのか・・・何となくシコースキーを思い起こさせる姿形からは想像出来ない軟投派。目を見張るようなボールは無いのですが、カーブ、カットボール?を主に、さほど多くないストレートですら動かしてくる、と言った投球で、マリーンズの打者は最後まで的を絞りきれずに終わってしまった感じでした。
正直言って2回目の対戦からは対応できそうな感じではあるのですが(強がり)、今日は沈黙。今日の敗戦はもうこれに尽きますね。リードした辻は会心でしょうね〜!

復帰の唐川は肩に違和感を感じさせるような素振りもなく、安心しました。投球内容は良いとは言えませんでしたが、それでも再三のピンチを凌ぐあたりは充分に持ち味を発揮しました。しかし7回にとうとう1失点。それでも7回1失点というのはさすがの一言。
まあ、今日は心配なく投げられたという事を持って良しとするしかありませんね。何より最近顔に滲み出ていた疲労感が無くなっていたことにホッとしました。

ジョニーの解説でなるほどなあ〜と思ったのが、唐川の左手の引きが甘い時があると。強く引っ張れないので、右打者のアウトコースに良いボールが投げられないのではという指摘。確かにその通りで、右打者の外角いっぱいいっぱいに美しくストレートを決めるというシーンは殆どありませんでした。こういう視点はさすがだな〜と思います。こういうのが「解説」だよなぁーと。

まあしかし、今日はなんか勝てる気配が無かったですね〜。カード頭でしたしもちろん勝って欲しかったですし、悔しい思いはもちろんありますが、ここまで気配がないともう諦めるしかないや〜という所です。
札幌から移動日試合で蒸し暑い屋外での試合ですし、選手たちも疲労度はかなりのものでしょうから、今夜はとにかくゆっくり休んで、明日あさってと勝ちましょう!と前向きに考える事にします。土日がナイターで良かったです。

伊志嶺はとうとう打率を3割としました!(昨日は一時的に乗りましたが)リーグで3割は5人しかいないのですよ!両リーグでもたった8人です。統一球導入で軒並み打率が下がっている中で実に立派です。しかも2番ですからね〜。大したものです。今日は牽制死もありましたが、いいよいいよ、勉強勉強さ〜と今日も大甘な評価をしておきます。

☆早坂が抹消になってしまった・・・突然パッタリとスタメンも無くなりましたし、一度だけ代走で元気に出てはきましたけど、どこか悪くしたのか・・。また戻ってきて欲しい。
☆大松、やっとスタメンDH。今日は結果が出ませんでしたが、しばらくは辛抱して使って欲しい・・・
☆明日あたり竹原の1軍登録もあるみたいですね。移籍直後に1軍で使われてからは全く出てこなくなってしまったのでなんだか忘れてしまっていた・・・・(ごめん)

★E0−7F
★L4−4H

盗塁争い(8/5終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
36 聖澤(E)
35 本多(H)
20 岡田(M)伊志嶺(M)、川﨑(H)
18 片岡(L)
16 糸井(F)+1
14 荻野貴(M)、松田(H)
11 福田(H)、内村(E)+2
9 松井(E)、陽(F)
8 田中(F)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2011年8月 4日 (木)

なんとも消化不良な・・・ F4−4M

うーん、なんかこう、消化不良な幕切れ。
しかし、マリーンズは4点差を追いつかれてしまったものの、このカード2勝1分だったので勝ちに等しい引き分けだったかも。ファイターズは勝てなかった上に連敗から抜けられなかったという事で負けに等しい引き分けとも言えるでしょう。まあ、痛み分けと言ったところでしょうか。
ニッカン式スコア

とは言うものの、点を取るべき時に取らないからこういうことになる訳で・・・・この3連戦を通して井口の不調はより浮き彫りになり、今江、里崎らの右打者も工夫無く強引に引っ張る打撃が目につきました。今江は昨日タイムリーに今日2ランですけど、内容が良くないですし・・。
5回の満塁機、里崎の強引に引っ張ったレフトフライは犠牲フライにもなりゃしませんし、代打大松はちょっと打てる気配がありませんでした。(もっとも、大松はぽっと使われて、140km後半の”生きた”ストレートはそりゃ打てないよなあと思います)結局2つの押し出しという他力本願なロッテな追加点で終わったのが今日の引き分けを呼び込みました。

この3連戦はマリーンズ、ファイターズともに「貧打線対決」と言ってもよい内容で、珍しくファイターズにミスが続いた事でマリーンズが2勝と望外の結果に終わりましたが、このままでは週末にかけての3連戦がまた不安ではありますね〜。もう一度、チーム全体として打撃スタイルの再確認をして欲しいところです。

しかし、初回に岡田の出塁の後に伊志嶺が送らず良い当たりの右飛に倒れ得点に繋がらなかった事は、犠打を選択しなかった事に異論もあろうかとは思いますが、私はあれで良かったと思います。制球に苦しむ吉川にアウト1個あげるのはいかにも勿体無いですよ。伊志嶺の当たりは良い内容でしたし、結果は紙一重だったと思います。
ただ、2回無死1・2塁での工藤は犠打を決めないといけなかったですね。あそこはきちっと送ってナンボです。

先発の上野はいつもながら球が高いですが、球速は出ないもののストレートの球質は上がっていると思えますし、スライダーは変わらずキレていました。先発転向から22イニング無失点は立派です。
球が真ん中に集まった6回に集中打を浴びて降板しますが、ここらあたりは大谷と同じ課題なのかも知れません。6回途中で服部・伊藤の救援を仰いだ事で、7回に伊藤の失点に繋がった感がありますから、そこが惜しかったですね。しかしこの辺りを修正できれば今後も期待出来そうです。

週末のBs戦も期待したいところですがチーム状態を考えると余り多くは望めず、しかし唐川の復帰は珍しく言葉通りでちょっと安心しました。最近またスタメンがない早坂は怪我などの理由が無いのならばどこかでスタメン起用して欲しい所です。
バファローズ先発のマクレーンは2回1/3で2失点というのみの登板結果があるだけでどんな投手か全くわかりませんが、明日の唐川に期待しましょう。疲れ、少しは取れたかな?

☆GAORAでの録画追っかけ観戦は、心置きなく実況と解説を聴かずに飛ばせる(聴く価値がないから。光山だったら聴くんだけど)
しかし、GAORAでハイライトって普段は見ないけど、珍しく今日見たらファイターズの得点シーンと良く守ったシーンしかなくてびっくりした。あれではマリーンズまるで点取ってないみたい・・・・ハイライトまで完全ファイターズ目線なのか・・・・ある意味凄いな。
☆マリンでのホークス戦の時に逆の立場があったのだけど、延長に入るかどうか時間ギリギリの所でマリーンズベンチは延長を望まない雰囲気に思えた。前にも書いたけど、これは仕方がない事なんだけど、やっぱりすっきりしない。
☆QVCマリンで行われたマリーンズファームと東洋大の交流戦は0−3の零封負けとアマの厳しさを教わりました。しかし大学選手権での登板過多に心配だった東洋大の藤岡が結果を残したようでひと安心です。私かなりお気に入りの投手です!

★E12−6L
★Bs1−3H

盗塁争い(8/4終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
36 聖澤(E)
35 本多(H)
20 岡田(M)伊志嶺(M)、川﨑(H)
18 片岡(L)
15 糸井(F)
14 荻野貴(M)、松田(H)
11 福田(H)
9 松井(E)、陽(F)、内村(E)
8 田中(F)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング


| | コメント (6) | トラックバック (5)

2011年8月 3日 (水)

1・2・4番が引っ張る F2−5M

昨日今日と、マリーンズとファイターズの野球が逆転したかのような勝利でマリーンズが連勝しました。
ニッカン式スコア

大谷とウルフの投げ合いとなって試合は予想通りなかなか点が入らない展開。
しかし、マリーンズは初回に岡田・伊志嶺コンビでチャンスを作り、4番・カスティーヨがインコースを「読んで」先制タイムリー!しかも伊志嶺はバスターと、やっと戦術に工夫が見られた事が好材料です。アチャはホームランが欲しいところではホームラン、タイムリーが欲しい所では軽打してタイムリーと、理想的な4番です。悔しいけどやはりこの辺りは編成の眼力ですね。
わずか1点ではありましたが、大谷にイチ早く援護をすることが出来ました。

しかし井口・福浦の不振もあり、この後はウルフをなかなか攻めきれません。
ウルフは相変わらずで150kmクラスのストレートをなおかつ動かし、緩いカーブも織りまぜ、とやはり攻略は難しい。マリーンズの”貧打”をさっぴいても実力通りの投球。

一方の大谷はこちらも相変わらずの制球力で危なげないピッチングを展開します。いつもながらのコーナーへの投げ分けは素晴らしいですね!ほんとに素晴らしい。
しかしマリーンズが昨日と同じくチャンスを作りながらも貧打貧打〜で潰している内に、大谷が5回に2点を奪われ、逆転されてしまいました。いつもは6回に制球が甘くなりますが、今日は5回に甘くなりました。援護が期待出来ない分飛ばしたツケでしょうか。

ああ、今日も大谷を援護出来ないまま見殺しか?と思いきや、マリーンズは7回に一挙4点を取り、試合を決定づけました。根元、岡田の連打で1,2塁としたのが大きかったですね。今日も当たりは出なさそうだった井口にタイムリーが出、続くカスティーヨの大きく弾んだ3ゴロが内野安打になって勝ち越し点が入り、これまた当たりは出なさそうだった今江が続いて実に効果的な2点を奪うなど、まるでファイターズの日頃の攻撃の様でした。昨日はファイターズの守備の乱れで勝ち越しと、普段ならファイターズが勝つ時の内容です。野球って面白いですね〜。

しかし、福浦が深刻ですね。全く打てる気配がありません。とうとう第5打席には大松が代打に送られますが、だったら最初から大松でいいんじゃ・・。
清田もヒットが出る気配はありませんでしたが、まぁ少しずつ少しずつ上向いて行ってもらうしかないですね。明日は左腕の吉川先発という事で、DHはどうなるのでしょうか・・・。久々の早坂スタメンも観たい所です。

両チームともに後ろの投手の事情などもあり、やや先発を引っ張り過ぎた感がありました。
ウルフは続投が裏目に出、マリーンズは大谷がランナーを出したものの後を継いだ伊藤ちゃんが素晴らしい投球を見せてくれました。ここが勝敗を決しましたか。そもそも大谷を7回も行かせたのは伊藤に不安があったからだと思うのですが、ここ最近では一番良かった投球でした。後はロサ、薮田がしっかり仕事をしてくれ、マリーンズが勝利。
中継ぎ陣はほんと頑張ってくれてますね。

まあそれにしても相変わらずの貧打ぶりは変わらずです。そんな訳は無いはずですが。、ただ打っているだけに見えてしまいます・・・1、2、4番が頑張っているだけに「他の人達」に奮起を促したいです。井口は今日のタイムリーで上向いてくれれば良いのですけどね・・・

しかし、内容はどうあれ札幌で2勝は大きいですし、大谷に勝ちが付いたのが何より嬉しい事です。明日は上野、2度ある事は3度ある!の快投を期待したいです!

☆明日はマリーンズと東洋大の交流戦が行われます!平日じゃ無理だ・・・いや、タイミング合えば休みとれるけど今は無理だ・・・観たいいいいぃぃぃぃぃ!

★E2ー3L
★Bs3−4H


盗塁争い(8/3終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
36 聖澤(E)+1
35 本多(H)
20 岡田(M)伊志嶺(M)+1、川﨑(H)
18 片岡(L)
15 糸井(F)+1
14 荻野貴(M)、松田(H)
11 福田(H)
9 松井(E)、陽(F)、内村(E)
8 田中(F)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2011年8月 2日 (火)

勝つには勝ったけど F2−3M

しっかしグダグダなマリーンズ打線。
勝つには勝ちましたけど何ともすっきりしない勝利でした。
ニッカン式スコア

相手がかの投手となると、こちらとしても負けて欲しくない、という気持ちはどうしても出てきてしまいますね。これ、平常心で観たいんですけどね。

斎藤佑樹は今季3度対戦した中では今日が一番悪かったと思います。ストライクが素直に取れず、逆球も多い。今までは要所要所で低めに決めたり、それなりに魅せる部分もあったことはあったのですが、今日はそういう部分はありませんでした。

しかしそれをも上回る恐ろしきマリーンズ打線のグダグダっぷりでした。チャンスは沢山あったのに、ここぞでリキんで打ち損じる。無理やり引っ張ろうとしてゴロを打つ・・・もうフラストレーション溜まりまくり。右打ちした清田の2塁打が何の手本にもならなかった。

斎藤佑樹から喫した18アウトの内訳は

内野ゴロ:10(うち1は岡田の犠打失敗)
三振  :2
フライ :5(うち1は併殺含む)

で、犠打失敗を除く内野ゴロアウト9個全てが自分の打席と同じ方向。つまり右打者ならセンターより左、左打者ならセンターより右方向でした。ちなみに9個のゴロの内、8個が右打者によるものです。

いかに引っ掛けているかという事です。
引っ掛けさせるのももちろん投球術なのですけど、今日に関して言えばマリーンズ打線が勝手に打ち取られた、とそんな感じです。

初回チャンスで見逃し三振、2打席目はみんながきちっと見切っていた低めの変化球にただ一人手を出して空振り三振の福浦、外角の変化球をひっかけて2連続ショートゴロの今江とか・・・何やってんだあ、と声出してしまいました。福浦は8回に榊原からヒットを打って同点の足がかりにはなりましたけど、内容がね〜。一昨日の猛打賞はなんだったのでしょう。

結果論で言うのでは断じてなく、工藤スタメンが良いんじゃないかと思ってました。DHに清田、あるいは大松。工藤は外角ローボールを拾うのが上手ですから、斎藤佑樹のピッチングには合ってるんじゃないかと思うのですよね。
まあ、結果として代打・工藤で古巣での嬉しい勝ち越しタイムリーを演出することとなったわけですが・・・。

しかし、斎藤佑樹は「内角」という言葉を知らないのか、というくらい外角一辺倒でした。人様のチームの選手なので余り言いたくありませんが、どうにも面白くないピッチングです。もう少し「おおっ」と思わせるモノを見せて欲しい・・・今日は投球術以前の問題でした。しかしそれを打ち崩せないマリーンズ打線はほんとに重症です。
なーんかね、リキんでますよね。凄いボールが無いから、「来た!」とか思って力入っちゃうんですかね・・・。なんていうか「てきとー」に打てないもんかと思うのですけど。もちろん言うのは簡単で実際に打席に入ったらそうはいかないのでしょうけれどね・・。

成瀬は普通の投球でしたか。よく投げましたが、成瀬の能力からするとこのくらいは普通かな。しかし中田に先制されてしまったところはらしいといいますか、勿体なかったですね。解説の武田一浩が言ってましたが、あそこはワンバウンドくらいで良かったのにな〜。
それでも成瀬に勝ちがついたということは大きいですね。

このまま負けていたら「もーどうしたらいいかわからない」って言うくらい情けない試合になりそうだったので、勝ったという事だけが救いです。

明日はウルフですかー、これまた点が入りそうな気配がありません。大谷にまた負担がかかってしまいますね。

☆清田は久しぶりにスタメンレフトだったせいか、岡田と交錯しそうなシーンがあった。心臓に悪い・・
☆最近ぱたっと出なくなった早坂はどこか悪いのかと心配していたけど、元気に代走で出て来ました。ちょっとホッとしました。

★E4−1L
★Bs6−2H


盗塁争い(8/2終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
35 聖澤(E)、本多(H)+2
20 岡田(M)、川﨑(H)
19 伊志嶺(M)
18 片岡(L)
14 荻野貴(M)、糸井(F)、松田(H)
11 福田(H)
9 松井(E)、陽(F)、内村(E)
8 田中(F)
6 斎藤(L)、長谷川(H)、秋山(L)、城所(H)
5 森山(Bs)、中島(L)

本多、とうとう聖澤に並んだ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (5)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »