« それでも少しずつ少しずつ光明は見えてきた。 D4−1M | トップページ | 伊志嶺vs球児対決に満足!と言ってみる M3−6T »

2011年6月 8日 (水)

イースタンリーグLーM@小鹿野は超ド迫力球場だった

6月5日、埼玉県は秩父にあります、小鹿野(おがの)町で行われたイースタンリーグ・ライオンズーマリーンズ戦に行って来ました。
この試合は日程発表時から「行くどー!」と目をつけていた所です。地方球場好きとしては見逃せません。
しかしこの小鹿野、秩父の更に奥なので埼玉県住民の私と言えどなかなか遠い。それでも高速利用で1時間40分くらいでしたから、まだましな方なのかな?


大きな地図で見る

この球場、予想外にかーなーりー、個性的な球場でした!
よくある「地方球場」のつもりで行ったので、いろんな所で驚きの連続。

まずはその立地。中学校のグランドを臨時駐車場にしてあったのですが、駐車場を出ても球場らしい気配がありません。しかしすぐ入場口が。この先には何も見えません。
Dscf4301

入場口をくぐると左カーブの急な下り坂になっています。「???」と思いながら下ると・・・・

いきなり球場が!
Dscf4302
Dscf4303

まるで谷底にあるかのような・・・・というか、谷底ですね、まんま。
しかし眼下にいきなり球場が姿を現す、という登場の仕方は粋な演出ですね〜!こんなのは初めてです。

この日のマリーンズは1塁側だったのですが、スペースが無いらしくこの状態。
Dscf4310

あ、あまりにもオープン・・・。
さらに驚いたのは、観客席に行って見ると・・・・
いきなりのこの距離感。
Dscf4359

近っ!
ベンチの両脇にスペースが作ってあってベンチシートが並んでいるだけ。俗にいう「スタンド」はありません。例えはちょっと失礼なのですが、草野球を見に行った感覚・・・。
ホームベースから観客席までの距離が、明らかにピッチャープレートまでよりも近いんです。たぶん12〜14mくらい?つまりプロ野球が行われるどこの球場のネクストバッターズサークルよりも、もっと近い距離に観客席があると言っても良い。
超ド迫力!

この席は内野Aなのですが、イースタンにしては高めの2,000円もするのですが(内野Bは外野寄りの芝生席)、客席数が少ないからなのでしょうね。行く前は高いな〜と思ったのですが、この距離でプロのプレーが観られるというのは、まずありえません。断言は出来ないけれど、公式戦が行われる球場では日本で一番近いのではないだろうか?
ベンチからホーム寄り側の席はライト線が少し切れて見えなく、同じ内野Aでもベンチより外野寄り部分の席の方が明らかに観やすいのですが、この臨場感は外せない!と近い方にしました。

さらに驚いたのはグランドの狭さ・・・。
両翼90m、中堅がなんと110m。良く公式戦開催出来たな〜というサイズ。でも実際は数字程のせまさは感じないですけど・・・。客席が低いからかな。
Dscf4586

つまり、ほんとに「町営球場」なのでしょうね〜。
設備は、だから相応なのですけど、でも照明もあるし立派ですよ。
町ぐるみで「野球呼ぶぞ〜!」みたいな雰囲気がまんまんで、とても楽しい。

Dscf4383

ネット裏後ろのスペースでは「おがのグルメ祭」が行われていました。こういうの好きです。
Dscf4385

「わらじカツ丼」てご当地グルメなのかな?B級グルメ?買いに行った時は売り切れてて店まで取りに行っているとの事。気になったのですが、おば(あ)さま方手作りのおにぎりが安くて美味しそうだったので、これと「おとし焼き」なるチヂミとお好み焼きの合いの子みたいなのを食しました。

さて、話を野球に戻すと・・・この日のスタメンは

M
1(中)角中
2(二)角
3(指)小池
4(遊)細谷
5(捕)金澤
6(三)田中雅
7(右)定岡
8(一)青松
9(左)宮本
投 香月

L
1(遊)鬼崎
2(中)大崎
3(三)阿部
4(指)後藤
5(右)星
6(一)大島
7(左)梅田
8(捕)米野
9(二)美沢
投 岩尾

マリーンズはスタメン中5人が捕手登録です。なんだこれ!
まぁ去年も捕手4人て普通にありましたけど、今回は小池も加わってます。新里がいた時はスタメンに5人てあったような気がするな・・・。
サブローも正人も根元もいないし、そりゃ人数足りないよなあ。この人達は遠いから免除なのか?と思いましたが、根元はケガだそうですね・・・。

先発は香月。やっと投げられるようになってホッとしています。この日投げた中郷もそうですね。植松はまだダメなのかな・・。

香月 5回1/3 3安打 3三振 4四死球 1失点 自責点1
Dscf4410

序盤は制球が悪く、四死球が多かったですね。少しずつ良くなって来ました。それでも外角いっぱいに力のあるストレートが決まるときは決まります。まだムラがある感じで、これから精度を上げていくという段階でしょう。
6回1死1,2塁で松本にスイッチ、松本は貫禄の投球で後続を抑えます。

松本
Dscf4497

マリーンズはこの後秋親、山徹、中郷と繋ぎ、ライオンズを1点に抑えました。

秋親 去年頼りになっただけに、1軍での活躍が観たい
Dscf4524

山徹
Dscf4571

中郷
Dscf4577

山徹は凄かった!1イニングを三者三振!三振に奪ったのは全てストレート、とにかく糸をひくようで、やっぱり1軍で観たい、と思わせる投手です。今年、どんな形であれ1度は上を経験させて欲しい。元気な姿に安心しました。

打線は、先頭の角中がいきなりの先頭打者弾。
4回には小池にレフトポール際に一発。これは・・・・”小鹿野ホームラン”でしたね〜。
Dscf4460

8回にも小池の2塁打で1点追加、9回には金澤にも今季第一号。
Dscf4572

先制・中押し・ダメ押しと理想的に点を取ったマリーンズが4−1で勝利しました。
詳細はこちら(マリーンズ公式)

・・とは言え、ソロ3発、しかも球場の狭さに助けられた面もあるので微妙ではありますが・・。
ちなみに小鹿野では2年前にもライオンズースワローズ戦が行われ、その時はホームラン8本出たらしいですね。

しかし、繰り返しますがとにかくホームが近くて。凄い迫力でした。スワローズファームの戸田球場も近いですけど、小鹿野の方がだんぜん近い。

この画像はズームを使用していますけど、肉眼ではこんな感じに見えました。
Dscf4407

これだと実際より全然遠い感じですね。
Dscf4472

ネクストバッターズサークルは観客席の前ギリギリ。あまりに近くて危ないので、両軍ベンチ前にはネットがかかり、ボールボーイの少年たちはフェンスの内側で待機。ネクストで素振りするバットの音が「ぶいん!」と聞こえてきます。なんたって反対側のライオンズの選手のネクストでのスイング音すら聞こえるのだから・・・。
投球の風切り音も普段のイースタンで聞こえるよりも凄いし、打った音も凄い。
香月はストレートよりも変化球投手、というイメージでしたが、そのストレートだって凄かった・・。さすがにプロです。
まあー、普通は体験出来ない距離で野球が観られ、楽しいと同時に貴重な体験をしました。
秩父の山奥にこんな秘密の球場があった、そんな感じです。

また、主催の西秩父商工会青年部の人たちがスタッフで切り盛りしていたのですが、手慣れてて的確で感心しちゃいました。こういうイベントって慣れてないと大変なものですが・・・気持ちの良い動きをしていました。(なんか偉そうに言ってますね)

では、その他の画像です。

江村
Dscf4314

翔太 今季はなかなか出番が無いのが寂しい この日は代打で登場、遊飛
Dscf4321
S0224369
Dscf4547

慶彦と長嶋コーチ 二人とも髪に白い物が・・・
Dscf4324

ノッカーを務める明
Dscf4357
Dscf4605

雅彦と大島 お互いの境遇について話してたりして…
Dscf4350

試合前練習が終わり試合開始までの休憩はこんな感じ 落ち着かないでしょね なんか写真バチバチ撮るのが気が引けて、遠くから控えめに・・・
Dscf4382

育成の黒沢が地元秩父高校出身で、少年時代に所属していたチームの後輩から花束が贈られました
Dscf4395

個人的に観たかった野生児・美沢 この日は2−0、1四球
Dscf4392

大崎 ブレイクしそうでしきれないなぁ〜
Dscf4412

晃多と角中
Dscf4399

晃多の背番号が軽くなるのはいつの日か?
Dscf4548
Dscf4521
Dscf4328
Dscf4343
Dscf4405

宮本 今季はまだ乗りきれてない・・頑張れ!
Dscf4416
Dscf4543

青松
Dscf4464

金澤
Dscf4604
Dscf4470

細谷
Dscf4483

生山 開幕当初はずっと1番スタメンだったのに・・打撃で結果出しているだけにちょっと不憫
Dscf4570

まるで晃多への嫌がらせのようなハイタッチ
S0384594

Dscf4635

Dscf4455


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« それでも少しずつ少しずつ光明は見えてきた。 D4−1M | トップページ | 伊志嶺vs球児対決に満足!と言ってみる M3−6T »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/40305945

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグLーM@小鹿野は超ド迫力球場だった:

« それでも少しずつ少しずつ光明は見えてきた。 D4−1M | トップページ | 伊志嶺vs球児対決に満足!と言ってみる M3−6T »