« 接戦を制した!大谷に勝ちをつけたかったなぁ〜 G1−2M | トップページ | 【野球本・3】『あるキング』 〜野球界の「王」になるべく運命づけられた男〜 »

2011年6月15日 (水)

岡田・岡田・また岡田・・・そして伊志嶺! G2−3M

はあぁー。一度は負けを覚悟した試合でした〜。
超劇的な逆転勝利!興奮しすぎて、今ぐったりです。
ニッカン式スコア

成瀬は余り良くありませんでした。身の上の細かい制球力が身を潜め、ラミレスに甘いストレートを被弾すると味方が追いついた直後にまたもラミレスに勝ち越し弾を浴びました。
終わってみれば8回2失点と良く投げたのですが、内容には不満が残りますね。何しろエースですからね。もしあのまま負けていたとしたら・・・去年は「エースへの途中」でしたから「惜しかった」で済むかも知れませんが、今やマリーンズのエースです。もうちょっと気をつけて貰いたいところ。
的場のリードは普段好きなのですが、今日は散らし過ぎた気がします。今日の内容だけで言うならば、里崎の方が合っているのかも知れません。
しかし先頭の坂本に普段使わないカーブをいきなり使うなど、的場ならではの工夫も見られました。こういう所が好きなんですよね。

打線は4回に2アウトから今江のタイムリーで追いつきました。ここは2アウトでしたから、良く打ったと思います。(やっと取った1点だっただけに、なおさらすぐ裏の被弾は残念でした)
しかしこれ以降はランナーが出るものの決定打が出ず。特に伊志嶺は2度得点圏で打席がまわり、凡退・・。昨日タイムリーの代打福浦も不発で重い雰囲気のまま最終回を迎えました。

この時点では1点差ですし、まだいける!と思っていました。先頭の里崎が見事にレフト前に運び、代打正人がバント+エラーでノーアウト1,3塁になった時には「やったああ!」という気持ちと同時に、「これで点が入らないのがマリーンズ」という負の感情とないまぜになり、岡田の当たりがファースト正面を突き、小笠原が2塁に転送して封殺、スタートした南を本塁で続いて刺してあっという間に2アウト1塁になった時には・・・そりゃーもう意気消沈しましたよ。
こんなゲッツーがあるのか・・・と。あまり考えられない形でチャンスが萎んでしまったのでここで敗戦を覚悟しました。映しだされたマリーンズベンチもそれまでの盛り上がりがウソのように重〜〜〜〜く暗〜〜〜〜〜くなってましたから・・・里崎の表情なんて笑えるくらい盛り下がっていましたもん。

岡田が盗塁を決めて伊志嶺は3度目の得点圏のチャンス。ここでまさかまさか2ランなんて、悪いけど想像してなかった・・・伊志嶺にそれを期待するのも酷だし、タイプも違いますしね。それだけに打った瞬間はあまりの事に一瞬呆然とし、打球がマリーンズファンが待つ真っ黒なレフトスタンドに吸い込まれていった時はもう覚えてないくらいの狂喜でした!
こんな展開ってあるんだ・・・と。これだから野球はやめられないですよね〜〜〜。そのくらいに嬉しく、興奮するホームランでした。
しかし伊志嶺は派手に喜ぶわけでもなく、黙々とダイアモンドを回ります。喜びを派手に出すのも良いけど、こういう姿って好きだなあ・・・このあたりがその人間性やリーダーシップを評価される所以なのでしょう。

9回裏は薮田が抑えてくれると100パーセント信じていましたが、慎之助にはフォークが抜けたりしたのでちょっと冷や冷やしながらもしっかり抑えてゲームセット!これで4連勝、交流戦唯一の対戦カード勝ち越しを決めてくれました。この回にマスクを被った金澤も落ち着いてリードしたと思います。

・・・しかし、なんと言ってもこれに触れない訳には行きません。
岡田の3度にわたるスーパープレー!その全てがランナーを置いてのもので、特に8回の小笠原のは完全にやられた!と思いました。
昨日もファインプレー2度ありましたし、今季これだけのプレーを魅せてくれている岡田、センターにかなり「やばい」打球が飛んでも岡田なら何とか捕ってくれるかもしれない!と思わず期待してしまうのも事実です。実際今日は3度とも何とかしてくれました。そのどれもが抜けていれば展開の上では大きな得点に結びついたと思われ、今日の勝利は難しくなっていたと思うだけに、価値がありすぎるスーパープレーでした。

しかし前も書きましたが、落下地点に入るまでが無駄が無くて本当に速いし、なによりダイビングしてキャッチした後が上手い!怪我をしないようにうまーく受身で着地出来る。ここが他の野手と違うところです。しかしこれってかなり重要な資質だと思うのですよね。
まだ50試合も消化していないのに、既に印象に残るプレーを何度も連発している岡田。このセンターフィールダーはもう外せませんし、まだまだ期待しちゃいます。

成瀬に勝ちがついた訳ですが、これも伏線がありました。
7回表に的場に代打里崎。ここで凡退したら成瀬の所で代打が出ていた筈でした。しかし里崎がセンター前ヒットを放ったお陰で作戦は送りバントとなり、成瀬がそのまま打席に入り、投げ続ける事が出来た。だからこそ成瀬に勝ちがついた訳です。この辺りの巡りあわせも面白いですね。

アルバラデホはこれまで安定感があって、マリーンズと対戦するまでは15試合無失点。しかし昨日マリーンズが点を取り、今日は負けもつけた。この辺りもマリーンズが上昇し始めた事を示唆しているのかも知れません。

ああ、明日明後日と二日間空いてしまうのがとても残念です。このムードのまま、明日も試合して欲しかった・・・なんて都合の良いことも考えてしまうくらいの素晴らしい勝利でした。

伊志嶺逆転弾の時のベンチの喜びようもみんなそれぞれで良かったなあ〜。正人はベンチ前に飛び出してバンザイだし、福浦はベンチ後ろからニコニコして拍手しながら出てくるし・・・マリーンズナインのこういう姿が観られるのは幸せです、やっぱり。「勝利」ってやっぱり良いですね。

☆2回の岡田のファインプレーにGファンからも拍手が。これ、失礼ながらちょっと見直しちゃいました。
☆4回、井口が1塁走者で打者大松の時にワイルドピッチで井口が3塁へ好走塁。しかし逸らしたボールを追う慎之助がとても緩慢で、油断があったのでしょうか?ああいういい加減なプレーをする選手だと思っていなかっただけに、ちょっとショックでもありました。ガッカリと言うか・・・。

★ホークス、2年ぶりの優勝!おめでとうございます。勝ち方も大量点あり、1−0あり、終盤に集中打で逆転あり、と文句なしの強さ。これはリーグ戦再開してからも苦労しますね〜。でもパ・リーグチームがまた優勝したのは誇らしい!マリーンズは「交流戦に強い」称号を来季は取り戻して欲しいですね!

盗塁争い(6/15終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
25 聖澤(E)
18 本多(H)+1
15 片岡(L)
14 荻野貴(M)
伊志嶺(M)
松田(H)
岡田(M)+1、田中(F)+1
糸井(F)、斎藤(L)、川﨑(H)
城所(H)、中島(L)、高須(E)、森山(Bs)、松井(E)、内村(E)、福田(H)、秋山(L)、村田(F)+1
内川(H)、山﨑浩(Bs)、田口(Bs)、陽(F)、中田(F)、長谷川(H)、坂口(Bs)+1
多数
清田(M)、ほか多数

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 接戦を制した!大谷に勝ちをつけたかったなぁ〜 G1−2M | トップページ | 【野球本・3】『あるキング』 〜野球界の「王」になるべく運命づけられた男〜 »

コメント

初めまして。いつも記事と写真を楽しませていただいております。
岡田選手の捕球能力とその後の受け身の取り方はすごいですね。壁に体がぶつかる場合でも、怪我しにくいぶつかり方をしているというか。彼なら背中から落としても、猫のように体をひねって手足で着地できそうです。頼りになる外野手がいることで、投手も安心できて、ピッチングの幅が広がると思われます。

投稿: ぷりな | 2011年6月16日 (木) 00時10分

僕は逆に成瀬投手は良かった評価ですね。

2失点なら仕方ないかな
そりゃ無失点で抑えてくれればいいのでしょうが
もっとも岡田選手の守備がなければ5失点ぐらい
していたので人によっては評価は分かれるかもですが

1本目のホームランはラミレス選手の
技術を褒めたいですし

的場選手のリードも
僕個人的には好きなリードでした。

ここら辺で見方が全く違うので
読んでいて面白いなぁ~と思いました。

投稿: マットゥン | 2011年6月16日 (木) 00時24分

生で観たかったぁ〜!

岡田の守備は、横に、後方にところ狭しと、脅威なんて言葉が生ぬるいくらいでしたね。三連発って聞いたことないですね。バク転できる身体能力の高さが示す通り、捕球後のこなしが抜群で、ケガしそうにありませんので安心して見られます。フェンス激突のシーンのみ苦悶の表情で焦りましたが(汗)、体重が軽くて助かりました。攻撃的守備に乾杯です。あ、最後のチャンス潰えかけた時、盗塁を敢行した勇気にも乾杯です。完璧すぎる盗塁でした!!
伊志嶺はあの意気消沈場面で、親孝行アーチに続き、最高以上の結果を出すんですから、「あなたホントにルーキーですか?」

最後に、井口の打撃が湿りつつありますが、阿部の怠慢をついての走塁は、チャンス拡大以上に、チームに男の背中を見せて示した気がしました!また、最近投手に声掛けも積極的にしている姿も増え、ベテランとしての役割率先が一番嬉しいです。

投稿: トマト | 2011年6月16日 (木) 03時02分

また岡田ですかぁ
畠山に爪のアカでも飲ませたいです(笑)
昨日は最終回だけテレビ観てましたが長野出塁で阿部
ドームだけに阿部のサヨナラホームランが出るのではと嫌な予感しましたが無事終了しましたね
ロッテは連勝と勢いつけてヤクルト戦かぁ(苦笑)
ヤクルトはここ2戦負け計算の先発でしたので昨日の負けは想定内ですがそれにしても先発が2試合連続で同じ内容ではさすがに野手陣もシラケてやる気でないですよ
でもまさか西口を攻略出来ず完封リレー食らうとは思わなかった(苦笑)
勝ちパターン投手陣全て昨日は使わなかったしロッテ戦は石川、館山を始め勝ちパターン投手陣でロッテ戦に挑むので覚悟ですぞ(笑)
アルビレックスBC高津臣吾、昨日0対0の場面で最終回登場も先頭打者を打ち取ったあと右太ももを痛め降板…
4週間前くらいに右足に打球直撃も投げ抜いたという経験があるだけにその箇所が悪化したのかなぁ
高津臣吾の後を受けた正田樹が2者連続三振で試合は引き分けでしたが

投稿: 佐藤 | 2011年6月16日 (木) 06時19分

>ぷりなさん
初めまして!コメントと嬉しいお言葉ありがとうございます。

あはは、確かに岡田を背中から落としても上手く着地しそう・・・”実験”してる様子を思い浮かべて笑ってしまいました。というかやってみて欲しいですね(笑)
ダイビングプレーなどの後に怪我をしてしまう選手が多い中、あの能力は素晴らしいです。岡田を始め、伊志嶺、離脱中ですが清田、サブローと揃う外野陣は投手は安心でしょうね。大松も上手いとは言えないけれど頑張ってますしね〜。ついこの間まではザル外野だったと言う事を考えても、今の鉄壁外野陣が夢のようです!

投稿: BJ | 2011年6月16日 (木) 14時00分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

えへへ、マットゥンさんとは意見が一致するときはしますけどしないときは見事に真逆だったりしますからね(笑)しかしそこがとても面白いところです。

ちょっと長くなりますが・・・
昨日の成瀬は、「エース」という事でちょっと厳しい事を言いました。
結果だけで言えば8回2失点だから充分です。
「余り良くなかった」としたのは、逆球も多く、制球がバラついたからなのですよ。特に序盤。最初はドームのマウンドが合ってないのかな?と思ったくらいなので。
ラミレスの最初の一発は江川が「難しいボールを上手く打った」と強調していましたが、私は厳しいボールとは思わなかったのですよね。右投手ならあそこで良いですが、サウスポーがあそこに投げるのってかなり見やすいと思うのです。前でさばけますし。クロスファイヤーとは違う。だからボール1個ぶん内に入れて欲しかったなーと。(ちなみに江川の言う事は私は信用してません)
なので相手の4番に先制弾を打たれた事、味方が追いついた直後に同じ4番にまた一発を浴びた事、この形が良くないなと思いました。それが辛口評価の根拠ですね。

的場のリードは日頃私は評価していて、マットゥンさんは逆ですけど、昨日は反対でしたね〜。
成瀬の最大の特徴って右打者なら外角ぎりぎりに同じ腕の振り・同じ軌道のストレートとスライダーを投げ分けられる事に尽きると思うのです。昨日の的場は左右に散らし過ぎたなーと。成瀬の最大の特徴を活かしきれなかったように思いました。他の投手ならば良いのですけれどね・・・。でも記事中に書きましたが、最初の坂本にカーブを投げたり(試合全体を見通した「意識付け」だと思う)そういうところは好きですね。

・・・と書きましたが、所詮素人が好き勝手言ってるだけです。マットゥンさんの見方が正しいのかも知れませんしそうじゃないのかもしれません。でもこの違いが面白いですし、参考になります。
でも成瀬の「ナイスピッチング」という評価はそのとおりだと思いますね〜!

投稿: BJ | 2011年6月16日 (木) 14時14分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

昨日の試合は生観戦したかったですね〜その場にいたらちょっと想像出来ないくらいの歓喜だったと思います・・・自宅で、しかも録画で観てる私ですら大興奮したんですもん。

岡田の無限かとも思われるような守備範囲は素晴らしいですね。さらにファインプレー3連発・・・で、着地が上手いから怪我しない。フェンス直撃は私も焦り心配しましたが、うまくぶつかってたので大丈夫、大丈夫と言い聞かせながら見ていました。もちろん今日とか痛いところ出てくるでしょうけど、プレーに大きな支障はない程度で済むと思います。「自分の選手生命を守る」という意味で岡田の受身の上手さって言うのは何にも代え難い能力だと思いますね!

井口の走塁も素晴らしかったですね。でも逆にあれで3塁に行かなかったらちょっと幻滅するところだったかも知れません。今でも慎之助の緩慢プレーがちょっと不思議です・・・・ああいう選手じゃないと思うんですけれど・・。

伊志嶺は・・・大したものです。ある意味染まっていないだけに「KY」なのかも知れません(汗
前も書いたような気がするのですが、3,4年したらメチャクチャ頼れる中心選手になっていると思います!楽しみですね!

投稿: BJ | 2011年6月16日 (木) 14時20分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

畠山は・・・レフトを守らすのが無理があるかと(^^;
小川監督も以前に「守らせた自分のミス」と言ってましたし。

最終回、慎之助のサヨナラホームランは私もかなり嫌な予感がしました。打った瞬間は「やられた!」と思いましたよ。過去何度もそんな試合を見たような気がしますからね〜。

スワローズは一昨日の勝ちを繋げられませんでしたね。でも仰るとおり二日続けて先発があれでは・・・「2度目はないよ」って感じですよね。西口は往年の切れ味はありませんが、良い時は良いですよ。昨日は良い時に当たってしまいましたね。
週末は石川と館山ですよねーこれは苦労するな〜。でも神宮のSーM戦は毎年何かが起きるので!(笑)その何かに期待します。雨の神宮で満塁、里崎だったらもう確定ですよー。

高津故障ですか?年齢が年齢ですしちょっと心配ですね・・・長引かなければ良いのですが・・・。

投稿: BJ | 2011年6月16日 (木) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/40412713

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田・岡田・また岡田・・・そして伊志嶺! G2−3M:

» 岡田ファインプレー連発!そして起死回生の伊志嶺決勝2ラン! [いすみマリーンズ]
マリーンズ  000100002 3 ジャイアンツ 010100000 2 M: [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 00時22分

» ヒーローがたくさん(20110615vsG) [ライトヒッティングな生活]
2夜連続の1点差ゲームをものにして、今季交流戦唯一のカード勝ち越し。 [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 00時32分

« 接戦を制した!大谷に勝ちをつけたかったなぁ〜 G1−2M | トップページ | 【野球本・3】『あるキング』 〜野球界の「王」になるべく運命づけられた男〜 »