« 大学日本代表vsイースタンリーグ混成チーム@明大内海島岡ボールパーク 観戦レポ | トップページ | おかえり晋吾!斎藤佑樹とマリーンズ打線は引き分けかな? F1−4M »

2011年6月28日 (火)

唐川様、唐川様、唐川様! F0−1M

唐川様!ありがたや〜〜。
どれだけ拝んでも拝みきれません。
今季3度目の完封勝利で、大きなカード頭を取りました。
今日は唐川様のお陰です〜!
ニッカン式スコア

何しろ、点を取られなければ絶対に負けません。味方の拙攻にも良く耐えてくれました。
今日は制球が素晴らしく、唐川の真骨頂発揮。
ストレート、スライダー、時折挟むカーブがまた効果的(去年までの里崎にはあまり無かった配球)でした。(最近シュート使わないな・・)
第一打席の中田翔との勝負なんて文句の付け所がありません。初球低めにストライクゾーンからボールゾーンへのカーブを振らせると、次は外角いっぱいいっぱいに139kmのストレートをキメて見逃し、3球目もほぼ同じ外角いっぱいに141kmと球速アップのストレート。うーん、さすが!
結局中田を4の0、2三振と完勝。また、ある意味中田よりも怖い糸井も4タコに抑えたのが大きかったです。田中賢介が離脱とは言え、9回を散発の5安打と完璧なピッチングです。
今のマリーンズ打線を考えるとこれでしか勝てない、とすら思える中で素晴らしいピッチングでした。
本当に価値ある勝利をもたらしてくれたと思います。

しかし打線は・・・・今日は良く打った方だとは思いますよ、打ったという事だけなら・・・。ウルフから10安打ですからね。3回に伊志嶺の盗塁と4番大松のタイムリー、と綺麗な形で点を取るまでは良かった、のですが・・。三者凡退が8回の1イニングのみだったのに1点どまり。イニングの先頭で走者が出たのは実に6回を数えましたが全て点に結び付けられませんでした(唯一の1点は1死無走者から、というのが皮肉です)。
1点のみだったことが唐川に良い緊張感をもたらしたのだ、とか言おうと思えば言えますけど、点は多く取ってあげるに越した事はありませんし。
まぁでも球の見極めは出来ていたと思いますし、明日の斎藤佑樹攻略に繋がるのではないか、とポジティブに考える事にします。

それにしても唯一の1点を取った場面はプロの醍醐味を味わいました。
大松の速い打球、陽岱鋼の肩、伊志嶺の俊足、スライディングの上手さ・・・全てがギリギリのプレーでした。伊志嶺じゃなかったら岡田でも無い限りアウトでしたでしょうし、陽岱鋼の強肩が無かったら悠々ホームインでしたでしょう。打者、走者、野手、全てが自らの特徴を最大限発揮した、シビれる場面でした。

明日は晋吾、斎藤佑樹と復帰同士の登板です。晋吾は7回3失点くらいで上出来、久々の復帰と言う事を考えると5回3失点でもOKくらいでしょうから、打線が斉藤から4点以上取れるか?がポイントかな、と思ってます。先にも書きましたが、今日のようなバッティングをしてくれればそれなりに打てるかな、と楽観的に考えて今夜は早めに、健やかに眠ろうかと思います。明日打てなくて歯ぎしり、なんて想像もしたくありません!

☆高口、代走で出てそのまま守備についた後の最初の打席で鶴岡と二人して笑顔。その直後、初球を打ってやっと今季初ヒットが出ました!本人が一番ホッとしたでしょうが私もホッとしましたよ。古巣の札幌で初日が出たのも結果としては良かったのかなと思います。
スタメンとしては厳しいかも知れませんが、貴重なバイプレーヤーとしてこれからも活躍お願いします!
☆久しぶりにサトケンを観たけど、一段と顔が丸くなった気がする。元々そういうタイプの顔だけど・・。でもトレードで出て良かったよなあ〜とサトケンを見るたびに思う。マリーンズにあのままいたら出場機会無いまま戦力外だったかも知れないし・・。
☆テギュンが腰痛が重症で今季絶望かも、とのこと。ほんとに腰痛なのだろうか・・と考える。精神的なものとか家庭問題とか・・。腰痛がウソとは言わないけど方便な気がしてならない。しかしいないものとして考えないと。

★E2−6H
★Bs8−6L
おかわり君の逆転弾2発もすごいけどその度に逆転逆転のバファローズ打線も凄い!

盗塁争い(6/28終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
27 聖澤(E)+1
19 本多(H)
15 片岡(L)
14 荻野貴(M)
11 伊志嶺(M)+1
岡田(M)
松田(H)、田中(F)、糸井(F)
川﨑(H)
斎藤(L)、内村(E)、福田(H)+1
松井(E)、城所(H)
中島(L)、高須(E)、森山(Bs)、秋山(L)、村田(F)、後藤(Bs)、陽(F)+1
内川(H)、山﨑浩(Bs)、田口(Bs)、中田(F)、長谷川(H)、坂口(Bs)、鉄平(E)+1
多数
清田(M)、ほか多数

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

人気ブログランキング

|

« 大学日本代表vsイースタンリーグ混成チーム@明大内海島岡ボールパーク 観戦レポ | トップページ | おかえり晋吾!斎藤佑樹とマリーンズ打線は引き分けかな? F1−4M »

コメント

私も呼応させていただきます、唐川様〜!(笑)

まさに投球術といいますか…。まず、「動じない」、これ表情に出やすい成瀬、俊介に見習って欲しい要素ですが、甘い顔と対象に芯のある選手だと唸らされます。
そしてあの伸びのあるストレート。唐川は球速のことを言われがちですが、130台でもキレるし、本来速い投手が好きですが、唐川は敢えて球速を封印している感があり(確か、140半ば出せましたよね?)、ホント、ロッテの攻撃よりも、投球を見ていたくなる、即ち、トイレに行くヒマを与えてくれない、ツミな投手です(笑)。

そして、進化の化身、伊志嶺。単に「持ってる」では片付けられなくなってきていますね!再三の牽制をくぐって、容易く盗塁を決めるとは。また、盗塁決めた後の涼しい顔がニクい!伊志嶺の盗塁失敗を見たことないのに盗塁死が1記録されているのは、いつぞや塁間で挟まれた時のものですね。つまり、11回成功させ、未だに刺されたことがない!!
甲子園では控えだったようですが、大学で花が咲いた、いや、常に進化していると 確信します!

投稿: トマト | 2011年6月29日 (水) 08時03分

ははぁ~唐川サマーといったところですかね。昨日は素晴らしかったですよね。本当にこれでしか勝てないのではと思うほどでしたし、味方の拙攻どこ吹く風で行ってくれましたね。最高の投球をしてくれました。
打線はヒットこそ出ましたけどね・・・。まあ今日のハンカチ撃破に期待していますよ。下位打線の弱さを何とかしたいですけどね。

投稿: tomten | 2011年6月29日 (水) 12時54分

>トマトさん
コメントありがとうございます!返信遅くなりました。

昨日はもう唐川様でした。唐川様様としてもいいくらい。
いや、ほんと動じないですよね。投手として最高のメンタルです。向かっていく気持ちもあるし・・・あんなかわいい顔して。私が女性だったら斎藤佑樹より断然唐川だけどなぁ(笑)
ああ、確かに唐川は投球を観ていたい投手ですね〜。あそこまで小気味良くコーナーに決め、かつストレートの切れ、スライダーの切れ・・・観ている方が楽しいのですから、リードする里崎も楽しいでしょうね。

伊志嶺、牽制の嵐をかいくぐった上に捕手は強肩の大野、しかも前日に私が厳しく2球目、最低でも3球目と要求をしたら2球目でキメましたね。そしてあの走塁とスライディングです。うーん、唸るばかり。
甲子園では控えと言っても2年生時ですしね。でももちろんまだまだ進化し続ける選手でしょう!将来が本当に楽しみです。

投稿: BJ | 2011年6月29日 (水) 23時26分

>tomtenさん
コメントありがとうございます!返信遅くなりました。

並の投手なら、せっかく良いピッチングしていても味方の無援護にそのうち辛抱しきれないところなのでしょうけれど、あっさりと完封しましたね。大した投手です、まだ4年目なのに・・・。

打線は・・・やはり下位が弱いですよね〜。9番ということを考えると南は頑張ってるとは思いますが、8番でどうしても切れてしまう。全員野球でやるしかない、ですよね。それこそ「和」です!

投稿: BJ | 2011年6月29日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/40591358

この記事へのトラックバック一覧です: 唐川様、唐川様、唐川様! F0−1M:

» 援護は1点あれば充分! 唐川無四球完封で自己最多の7勝目達成! 6/28 vsF [PLAY THE GAME!]
開幕2カード目以来約2ヵ月半振りの対戦となる札幌ドームでのファイターズ戦。 マリーンズは里崎が2試合振りのスタメンマスクで7番、下位打線は根元・南竜介の8・9番というここのところ同じ顔ぶれ。 新外国人助っ人ホセ・カスティーヨは札幌に帯同しているもののまだ登録に... [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 23時25分

» カラカー無四球完封勝利(20110628vsF) [ライトヒッティングな生活]
打線は11安打1得点の猛攻orz [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 23時46分

» 6/28、【F-M】4 唐川投手に散発5安打で完封負け・・・ [やっさん日記]
今日からは久々に札幌ドームに戻っての千葉ロッテとの3連戦。 まずその初戦の先発は、北海道日本ハムがウルフ投手。千葉ロッテが唐川投手。 また、今日の北海道日本ハムのスタメンは、怪我からの復帰後、再び4番に座ってたいた小谷野選手が7番に入り、代わって4番には約2週間ぶりに中田選手が入った。 【1回表】 まずウルフ投手の立ち上がりは、岡田選手をショートゴロ、伊志嶺選手をレフトフライで二死とするも、ここか..... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 01時30分

» 0628 three-seventh whitewashes. ~唐川くん、3/7の完封~ [かもめ中心すたいる。 ~A Seagull flies across Chiba~]
 “北の雄”、ファイターズと札幌で。 1-0 【 先発・唐川の成績】:9回 113球 被安打5 奪三振8 与死四球0 失点0(自責0) 【 先発・ウルフの成績】:6 2/3回 104球 被安打10 奪三振3 与死四球1 失点1(自責1)  唐川くん、打たれる気がしない。それを英語で表現する... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 12時28分

« 大学日本代表vsイースタンリーグ混成チーム@明大内海島岡ボールパーク 観戦レポ | トップページ | おかえり晋吾!斎藤佑樹とマリーンズ打線は引き分けかな? F1−4M »