« 想定内だったけど・・・光原に踏ん張って欲しかった・・ B4−3M | トップページ | 仙台では投手戦に水を差す判定が・・ほか5/10終了時の盗塁表など »

2011年5月 9日 (月)

パ・リーグ成績表を眺めてみる 〜目を引く里崎の貢献度

先週は投手に関してパ・リーグ成績表を眺めてみましたので、今日は打者編です。
各部門において適当にピックアップ。
記録は全て5/8終了時のものです。

まずはお約束で打率。


【打率】

順位 選手 打率
1 内川(H) .411
2 本多(H) .353
3 今江(M) .337
4 井口(M) .333
5 浅村(L) .325
6 松田(H) .313
7 岡田(M) .304
8 栗山(L) .300
9 稲葉(F) .298
10 糸井(F)、バルディリス(Bs) .295

何と打率10傑にマリーンズの選手が3人も!注目はやはり岡田で、井口・今江は実績がありますが岡田は実質初のシーズンと言っても良いでしょう。これから研究もされるでしょうし、体力的な疲れも出るでしょう。一年通して安定した成績を残せるか注目ですね。今は出来すぎくらいな気もしますが、最終的にこの率を残してくれたら文句なしですね。
浅村も注目です。去年から、ライオンズでは個人的にイチオシの選手。これも一年通してどうか、ですね。
内川は初のパ・リーグでこの成績は凄いですね〜。というか、打ちすぎ・・・。

【二塁打】

順位 選手 二塁打数
松井(E)
浅村(L)、山﨑(E)
今江(M)
内川(H)、松田(H)、稲葉(F)、小久保(H)
荻野貴、井口(M)、サブロー(M)、清田(M)他多数

松井稼頭央のトップはさすがですね。昔も今も変わらないな〜。特筆すべきは山崎(E)!山崎が2番目に多いとは・・・左中間、右中間を割る打球が多いという事でしょうか。
あれ?岡田は?といえば・・・実は1本。意外です。シュアに外野の前まで飛ばす打球が多いからでしょうか。
ちなみに3塁打はリーグトップが2本で、井口、岡田、中田(F)。

【打点】

順位 選手 打点
井口(M) 25
中田(F)、T-岡田(Bs) 17
中村(L) 16
内川(H)、ホフパワー(F) 15
松田(H)、糸井(F)、中島(L) 14
10 山﨑(E) 13

何と言っても井口がダントツトップ。勝負強さに加え、岡田、荻野貴司が前にいるのが強みですね。
中田が2番目に入っているのが注目です。今季は飛躍出来るか。
ちなみに今江は11、岡田と荻野貴司が揃って10。

【四球】

順位 選手 打点
井口(M) 14
里崎(M) 13
栗山(L) 11
糸井(F)、川﨑(H)、多村(H) 10
松田(H)、田中(F)、カブレラ(H)
10 中村(L)

最大の見所は井口に次いで2位に入った里崎ですね!ん〜、失礼だけど意外!(今季の四球の多さは既にマリーンズファンでは割と知られている事ですが)まるで将が乗り移ったかのようです。里崎の打撃は荒い、というイメージがあるのですが、この四球数は誇って良いでしょう。
打席数は81なので、6.2打席につき1つの四球を選んでいる計算になります。井口は7.4打席に1つなので、実は井口よりも割合は多い・・・。去年は里崎は7.4打席に1つ、井口は6.6打席に1つでした。

【出塁率】

順位 選手 打率
内川(H) .433
井口(M) .427
栗山(L)、糸井(F) .391
松田(H) .389
本多(H) .382
里崎(M) .377
浅村(L) .369
今江(M) .368
10 多村(H) .363

ここも見所は里崎。四球の多さにより、リーグ30位.230の打率である里崎が、出塁率ではリーグ7位の.377とハネ上がります。出塁率上位10傑の顔ぶれはほとんど打率10傑と被るのですが、里崎と多村だけが打率10傑以外からランクインです。
里崎は何気に犠打数も岡田と並んでチームトップの4コを決めていますし、打撃面では今季の里崎の貢献度は大きいと言って良いでしょう。
まー昨日は里崎の守備っぷりをクサした私ですが、いざと言う時に頼れるというのは誰もが認める所。守備・打撃両面での貢献を期待したいです。

【得点圏打率】

順位 選手 得点圏打率
栗山(L) .563
今江(M) .533
糸井(F) .474
北川(Bs) .438
岡田(M) .435

今江の.533は立派ですね。そして岡田の.435も勝負強い!岡田は出塁の役目もさることながらこの得点圏打率でも目を見張る活躍。

こうしてみると井口、今江、里崎、岡田の好調ぶりが目につきます。これで荻野貴司と清田にもっと元気が出てくれば頼もしいのですけどね。もちろん大松やテギュンもですが・・

まあーまだ20試合と少しの試合消化で、全体の1/7ですから”参考記録”かも知れません。今好調な選手も、不調な選手もこれからにまだまだ期待したいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 想定内だったけど・・・光原に踏ん張って欲しかった・・ B4−3M | トップページ | 仙台では投手戦に水を差す判定が・・ほか5/10終了時の盗塁表など »

コメント

興味深いデータですね!里崎はリードでは、チェンジアップが多いのが気に入りませんが(的場のように、もっとカーブを組み込んで欲しい)、打者としては、意識改革?したのか貢献していますね!
岡田、やはりチャンスに強いですよね。何気にイメージありましたし。何かが起きそうという期待感がある選手です。

投稿: トマト | 2011年5月10日 (火) 08時37分

ブログ内容に全く関係なくて申し訳ないですが本日、ロッテ二軍対新潟の試合、胸をお借りしただけでなく9回に4点をあげ逆転勝利を貰いありがとうございました

両軍12安打ずつの5対4でした

ロッテ打撃陣はやりにくかったかもしれませんね
8・9回以外は全て投手交代してきて高津・正田以外アルビレックス投手全員投げてきたんで的がしぼれなくてとどめが打てなかったかも
新潟の打撃陣はNPBから打てて良いイメージを持って新潟に帰ってくると思います

ちなみに最終回打たれたのは林啓介です

投稿: 佐藤 | 2011年5月10日 (火) 19時07分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

里崎のリードは強気なのは良いんですが、そこに投げきれない投手にとってみると「勘弁して」みたいなとこがあると思うんですよね。おっしゃるようなチェンジアップ多投のように、リードが単調になる傾向もありますしね〜。投手によってかなり合う合わないがある気がします。
でも打撃は今年は確実性を増して来てますね。あまりモロさは感じられなくなったというか。キャッチャーですし、打率は現状くらいでも全く構わないです。出塁率が高ければ上位に回せますから得点力も上がるでしょうし。こういう打撃をしてくれていると信頼感が出てきますね。
岡田の最大の懸念は一年間通してどうか、ですね。そのあたり見守って行きたいです。

投稿: BJ | 2011年5月10日 (火) 20時33分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

以前書かれていた練習試合ですね!マリーンズ負けましたか・・・ね、言った通り「良い試合」しますでしょ・・・・って何やっとんねん。
詳しい内容ありがとうございます。今球団公式でスコアとバッテリーだけ確認しましたが、マリーンズは育成がメインに登板ですね。最初と最後が支配下投手で、支配下・林啓介がやってしまったのですね・・・うー同期のカープ齊藤悠葵と差がかなり出てしまっているな〜。伸び悩みもいいところなんですよ、林。
いや、でもこれが実力でしょう!新潟アルビレックスとてプロですし、マリーンズが実力が足りなかったという事。再戦の機会があったらその時にリベンジということで!新潟がこれで勢いが出たら良いですね〜!

投稿: BJ | 2011年5月10日 (火) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/39927840

この記事へのトラックバック一覧です: パ・リーグ成績表を眺めてみる 〜目を引く里崎の貢献度:

« 想定内だったけど・・・光原に踏ん張って欲しかった・・ B4−3M | トップページ | 仙台では投手戦に水を差す判定が・・ほか5/10終了時の盗塁表など »