« 決めきれないまま時間切れ・・ M2−2G | トップページ | 東都大学野球 中大ー亜大@府中市民球場に行って来た »

2011年5月31日 (火)

大谷、高濱に大きな可能性を見た M1−3S

ああー。大谷に勝ちをつけてあげたかった・・・・。
ニッカン式スコア

先発は私はてっきり吉見かと思っていましたが、大谷でした。スポーツ紙の予想も大谷でしたね。
このところの好投を見ると先発させてあげたかったですし、逆に先発が足りない今あれでも先発させてもらえないんじゃどうかとも思いますし。
個人的に注目していたのは、今までの好投は負けている展開、もしくは緊急登板でしたので、先発というプレッシャーの中でどういう投球が出来るか?という事でした。結果は・・・。

私はもう全面的に大谷に「ごめんなさい」です。去年のピッチングをみて、ストレートは遅いわ、スライダーはキレはないわ、コントロールはいまいちで高めばっかいくわ、ではっきり言って「厳しい」と思っていました。しかし、今日の投球「も」素晴らしかったですね。
何よりストレートに力がありました。以前頂いたコメントで触れた方もいらっしゃいましたが、ストレートが若干速くなっていたのは感じていましたが、こんなに力があるとは。
スワローズ打線、完全に押されていました。さらにコーナーに丁寧に投げていましたね。
スワローズ館山程ではありませんが、両投手とも丁寧に投げる投手戦となりました。

さて、マリーンズ打線は初回に伊志嶺が粘って四球を選び、井口のヒットと福浦の犠牲フライで鮮やかな先制。館山から初回に先制点が取れるなんて思ってもみなかったです。非常に価値のある伊志嶺の四球でした。
しかし、後が続かない。最近のマリーンズって初回にけっこう美しく先制点を取る事が多いと思いますが、その後点が取れなくてひっくり返されるパターンが多いですね。ぬか喜び先制点ばっかしです。
どんどん投手陣の負担は増すばかり・・・。

もっとも、今日の館山はさすがのピッチング。以前、このエントリーでキャンプでの投球練習の取り組みを紹介しましたが、そのままの投球で実に丁寧に丁寧に投げていて、やはり感心してしまいました。
むしろ先制点が取れたのは上出来と言えるかも知れません。どんな打線でも難しかったとは思います。

1−0の展開が続く中、大谷は3〜5回を三者凡退に凌ぐ見事なピッチングを展開していましたが、好事魔多し・・・6回も三者凡退か、と思われた2アウトからのショートゴロを高濱が見事な悪送球をやらかしてしまいました。
高校時代から経験豊富な大谷、ここはカバーしてくれ!と祈るような気持ちで観ていましたが、やはり一度切れた気持ちを持ち直すのは容易ではなく、ホワイトセル四球の後、このところ当たっていなかった畠山にガツンと2点2塁打・・・・。ここで逆転された事で、一気に敗色濃厚となってしまいました・・。
プロ入り初先発の大谷でしたし、さすがに抑えろ、と酷な事は言えません。仕方なかったと思います。

高濱は言い訳の全く出来ないエラーをしてしまいました。
エラーした直後の打席、非常に注目して見ていました。この打席の内容次第で高濱という選手の持っている力が判ると。情けない内容で終わるようならば、「その他大勢」の選手かも知れない。
しかし、追い込まれた後にしっかりと外角の変化球(チェンジアップ?)をセンター返し!森岡の好守備に阻まれ惜しくも1塁でアウトとなりましたが、この巧打もさることながら、そこで見せたヘッドスライディングには非常に感動しました。ヘッドスライディングしたからって、わざとらしいのもあるし駆け抜けた方が早いし、割と醒めた目で見てしまうことも多いのですが、このプレーには高濱の気持ちを感じました。
そして、高濱は大丈夫!と思いました。

高濱はまだまだ課題も多く、ずっと1軍を張るには足りない所が多いかと思います。しかし、高濱にはそれでも経験を積んで欲しい、スタメンで使って欲しい、と思わせるモノがあります。西岡が出てきた時と似た匂いといいますか。
今は、何にも代え難い経験を積んでいると思います。今日のエラー、高濱ならば糧にしてくれるだろう、という確信があります。それくらい、大きな可能性を感じます。ただ、もう怪我だけはしちゃダメだよ。

試合は9回に決定的とも言える3点を奪われ、そのまま終了・・・・。
しかし、今日の大谷の投球は次回以降も期待をさせてくれるに充分なピッチングでした。ちょっと球威が落ちたり制球が甘くなると打ち込まれる懸念はあるものの、それをカバーする、経験に裏打ちされたさすがの投球術を見せてくれ、「これから」の可能性を感じさせてくれる投球でした。

さて、いまだ交流戦2勝です。しかも交流戦最下位・・・ですよね?
全くもって暗澹としてきてしまいますが、それでもまだまだ借金3です!3連勝で戻せるさ〜。
突っ走るホークス、ファイターズを見るとキリがないですから、ここはまず5割を目標にじっと我慢しましょう。
明日は勝ってくれると信じます!

☆9回、伊藤登板に力抜けた・・・・「負けない姿勢」という事で伊藤だったのでしょうけど、昨日も2イニング投げてるのに・・・・伊藤は一人しかいないのに・・・。伊藤を責める気持ちは全くないし、結果論で言うのではないけど、こういう時に川越やコバアツを投げさせないでいつ投げさせるのか?この辺りは去年と全く変わってない。
☆大松に同じ左の代打・神戸。これは複雑な思い・・・。明日のDHは神戸かも知れませんね。サブローが復帰したら抹消は大松かも知れないなあー。
☆スワローズ打線はマリーンズに負けじとこのところの低調ぶりが伺える内容でしたが、ここぞというチャンスを2度モノにしました。このあたり、マリーンズより全然上ですね。マリーンズは走者が出ても点が入る気がしない・・・。
☆今日はBS1、BS朝日、BSジャパン、BS11と4チャンネルで野球中継4試合!珍しい。他球場ザッピングしやすかった〜。

盗塁争い(5/30終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
18 聖澤(E)
14 荻野貴(M)
12 本多(H)
10 片岡(L)
伊志嶺(M)、糸井(F)、田中(F)、斎藤(L)、松田(H)+1
岡田(M)
城所(H)、中島(L)、川﨑(H)、高須(E)、森山(Bs)、松井(E)+1
内川(H)、山﨑浩(Bs)、田口(Bs)、陽(F)、福田(H)、中田(F)+1
多数
清田(M)、ほか多数


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 決めきれないまま時間切れ・・ M2−2G | トップページ | 東都大学野球 中大ー亜大@府中市民球場に行って来た »

コメント

大谷投手は先発でも素晴らしかったですね!

1年でこうも変わるかってのは
2009年~2010年にかけての
古谷投手で経験したばかりなのに
投手って細かい技術論は分かりませんが
何かきっかけでブレイクするのでしょうね。

エラーをしてしまった
高濱選手のその後のバッティング内容は
とても素晴らしかったし気持ちは伝わりました。

ただ僕は逆に1塁へのヘッドスライディングは
辞めていただきたいのですよね。
これはどうしても基本的に僕はダメですね。
(カープ戦での神戸選手のはなぜか受け入れられたのですが)
それこそ怪我の原因になるかもで

投稿: マットゥン | 2011年5月31日 (火) 23時14分

くっ、くぅ〜…
BJさん、今日は長文お許し下さい(いつもですが)

ようやく今年期待の大谷が登場し、危なげないピッチングを展開。MAX144のキレあるストレートに多彩な変化球は、十分な内容でした。もっとも昨年度は真逆の見方で、130中盤のロッテな投手にしか考えていませんでしたが。
エラーのランナーは仕方ないとして、次を歩かせたのが今後伸びしろかと思います。一発警戒ではありましたが、追い込んでましたしね。次のチャンスをものにして欲しいです。
高濱への今後は全く同感です。エラーは強肩が寧ろ災いしたのか、軽率な処理をしたように見えました。が、明らかに彼はその後のプレーで取り返そうという姿勢を見せました。当たらなかった打撃も工夫を感じたし、9回の守備も応えました。よって、今後も長い目で応援しようと決めました!
一方、今日最大の不満は、高濱気迫のヘッスラ実らずの後、岡田が出塁し、伊志嶺を迎えたところで、執拗な牽制があったとはいえ、「動かざること山のフドウ(不動)か」と言いたくなるほど仕掛けず、あえなく無得点のところです。あそこはイニング的にも役者的にも勝負どころでしょう!仮にスチールやエンドランが失敗しても、納得しましたよ。何のために俊足の1、2番をおいているのか分かりません。まして、次は(滅多に勝負してもらえない)井口、そしてタイミング合ってた福浦だったのに…
貧打は今は辛抱なだけに、余計仕掛けて欲しかったです。
最後は前向きに、ロサが押さえたのも収穫ですね!

投稿: トマト | 2011年5月31日 (火) 23時24分

大谷は素晴らしかったですね
淡白なヤクルト打線が一層淡白にみえました
館山は個人的には今日は何が良かったんだろう…って感じです
貧打と館山の熟年の交わしで切り抜けたのかなぁと今日は思いました
何気に首位返り咲きました(笑)

投稿: 佐藤 | 2011年5月31日 (火) 23時30分

大谷良かったですね~。ナイスピッチングで可能性が見えましたし、今後もローテとして使えそうな内容でした。サクサクと抑えていったのは非常に良かっただけに、高濱の後、抑えて欲しかったです・・。超前向きに考えれば昨日の敗戦は高濱や大谷のより一層の努力を促す、スターへのステップアップのための1敗だと思うしかないですね。
打線は低調ですが、投手陣が踏ん張っている間にマリンで勝ちたいですね!!

投稿: tomten | 2011年6月 1日 (水) 09時08分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

大谷、完全に見誤ってました。脱帽です。所詮素人の見立てだよなーと思いました。何がきっかけなのでしょうね。体力、精神面、技術面・・・去年は一年目のルーキーだった、という事もパフォーマンスを発揮出来ていなかった理由なのかも知れませんね。

1塁へのヘッドスライディングはね〜私も否定派なのですよね。高校生も含めて。(私が野球をやっていた時はとにかく早く1塁に駆け込みたくて、ヘッドスライディングやろうなんて思った事は無かったです)
駆け抜けの方が速い、というのももちろんですが、何より怪我が怖いです。最近はプロでも多くて・・・・昨日の高濱や前の神戸のように本当に気持ちが伝わるのもあるにはあるのですけれど。
イチローが川﨑のヘッドスライディング突っ込んでましたね〜。

投稿: BJ | 2011年6月 1日 (水) 12時55分

>トマトさん
コメントありがとうございます。
長文ウェルカム!ですよ。どうせなら僕の記事より長いのも!(笑)

トマトさん大谷楽しみにしてらしたですもんね。昨日は素晴らしかったです。今季良いのはもちろんですが、ここまで投げるとは思わなかったです。谷間でなくてローテ入りすると嬉しいのですが!
ホワイトセルの四球は本当に勿体なかったですね。良い形で追い込んでいただけに。このへんでしょうね。本人も課題が判ったでしょうから、今後に活かしてくれると思います!

高濱は今の経験をきっかけに、大きく伸びると思います!本当に期待していきたい。ドラ1ですから当たり前かもしれませんが、こんなに良い選手だとは、という感じです。タイガースファンが嘆くのも良くわかりますね。

攻撃面での采配は・・・もっと動いてもいいと思いますよね。岡田は走る気配が全く無かったですね。勝てないから動いて閉塞感を突破出来る事もあるし、動いてチャンス潰して萎んでいく事もありますけれど、せっかく足のある選手揃っているのだから動いて欲しいと私も思います。勿体無いですよね。

ロサはちょっと安心でした。あと1,2試合楽な場面で投げさせてまた勝利の方程式に戻って来て欲しいですね。

投稿: BJ | 2011年6月 1日 (水) 13時03分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

スワローズ、首位復帰の手助けをしてしまいました。
負けたのは悔しいですが首位は嬉しかったり・・交流戦はそのへんも複雑ですね。

館山、あれでもまだまだですか?あの左右両コーナーにきっちり丁寧に投げ分ける所がさすが、だと思ったのですが。序盤こそやや高めに浮く場面もありましたけれど。
もちろんマリーンズの貧打が更に手助けした、という面は多々ありますが・・。
今日はマリーンズに勝たせて貰って、でもドラゴンズも負けて首位キープというのはどうでしょ?(笑)

投稿: BJ | 2011年6月 1日 (水) 13時08分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

大谷は素晴らしかったですね!ローテ入りしないと勿体無いですよ。しかし本当にごめんなさいです。去年の時点で全く期待しませんでした。
高濱もそうですし、この二人には私はtomtenさん言うところの「超前向き」思考です。悪送球したこと、その後大谷が抑えられなかった事、これは絶対に糧になると思いますし、そうしてくれる二人だと思います。
しかし、私の中でもここまで評価が変わる投手って珍しいです。ほんとごめんなさい、です〜。

投稿: BJ | 2011年6月 1日 (水) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/40211998

この記事へのトラックバック一覧です: 大谷、高濱に大きな可能性を見た M1−3S:

» 泣くな!大谷智久&高濱卓也! [いすみマリーンズ]
S:○館山-S林昌勇 M:●大谷-カルロス・ロサ-伊藤 観衆 13652人 (画 [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 00時06分

» プロ初先発・大谷の好投に報いることができず(20110530vsYs) [ライトヒッティングな生活]
痺れる試合だったんだけど、やっぱり打てません。 [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 00時21分

» ヤクルト館山、ロッテ打線を封じて連敗ストップ! [地平を駆ける猫を見た -No Limit !-]
QVC球場のロッテvsヤクルト戦。ヤクルトはここのところ絶不調、しかも独特の強風で慣れないセリーグチームには不利なQVC球場。ヤクルトには苦しい戦いが予想されました。 案の定ヤクルトは1回裏に犠牲フライで1点を先制されます。しかし先発館山は2回以降立ち直ります。4回裏にはノーアウト1塁で福浦を注文どおりの併殺打にしとめます そして6回表2アウト走者無しから、阪神から獲得したショート高濱のエラーと四球で1,2塁とし、ここで畠山が2点タイムリーツーベースを放って逆転、ロッテ先発の大谷をKOします ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 15時26分

« 決めきれないまま時間切れ・・ M2−2G | トップページ | 東都大学野球 中大ー亜大@府中市民球場に行って来た »