« 阪急ブレーブスとの初戦は勝利! B3−5M | トップページ | パ・リーグ成績表を眺めてみる 〜目を引く里崎の貢献度 »

2011年5月 8日 (日)

想定内だったけど・・・光原に踏ん張って欲しかった・・ B4−3M

昨日に続いての対阪急ブレーブス第2回戦。
やはりといいますか、想定通りといいますか・・・光原が踏ん張れず、連勝とは行きませんでした。
ニッカン式スコア
先に言っておきますと・・・今日はちょっとぼやきと言うか・・・小言ばかりになってしまうかも知れません。

光原は立ち上がりから全く制球が安定せず、苦しいピッチングを強いられます。3回まで阪急打線に助けられての1失点。内容はといえばもうアップアップで、4回頭から交代するだろうと思っていました。しかし続投した光原は4回に制球力をやや取り戻したかのように見え三者凡退でしのぎ、ああ、私の考えなんて所詮素人なのね・・と思ったのですが・・・。5回にT-岡田に逆転2ランを浴び、北川にヒットを打たれた時点で降板。代わった伊藤がヘスマンの不運なタイムリーを浴びるなどしてこの回終了時で2−4とリードを奪われてしまいました。

光原は・・・キャンプ紅白戦からずっと見続けて来ましたが、はっきり言ってしまうと投球に特に見るべきものは感じません・・・。ただオープン戦でも結果を出していましたし、大嶺の次は光原であるべきだとは思いましたし、Bs一年目の活躍が印象にある事もあって期待はしていた・・・・。でもやっぱりちょっと厳しいです。
中継で紹介された話だと、二日前のブルペンで投球に納得が行かず140球投げてしまったとの事。まぁ常識外ですが、本人が不安を抱えたままで試合に望むよりは納得するまでやったほうがいいと私は思いますから、その事自体は”今回だけなら”良いとして、要は自信が無いという事ですよね・・・そこに不安を覚えてしまいました。開き直って登板を楽しむくらいで投げて欲しかったのですが・・。そんな余裕はないとは思いますけれど。なんかね〜、光原を観ていると応援したくなるのですよね。今日なんかは古巣相手に意地を見せて欲しいという気持ちもありましたし。でも・・・やっぱりプロは実力の世界ですし・・・。

幸いといいますか、来週は5試合でさらにその後は交流戦なので先発が5人で回せるようになりますから、ペンさえ復帰してくれれば頭数は足ります。ペンが間に合わなければ、川越や大谷、もしくは今季ファームで覚醒した阿部の先発を試すなどして欲しいです。
後ろの投手は、恐らく前倒しとなった伊藤はある程度しょうがないとして今日も内ロサと安定していましたから、先発さえ試合を作ってくれれば勝機は見えてくると思います。

それにしても、里崎の投手を見放すような態度はどうなんでしょう?逸れたボールを全く捕りに行かないシーンもありました。何年も前からそうですが、里崎からは「調子が悪い投手を何とかしてやろう」という気持ちがどうにも伝わって来ないのですよね。大嶺が投げていた時なんか顕著に感じるのですよね・・。「俺の要求する通りに投げないと知らんもんね」みたいな俺様リードがどうにも私は・・・。実際はそんなことないと思いたいのですが、例えばこれが城島だったら?とか考えてしまいます。人それぞれなんですけどね・・・。
今日も50球超えてからカーブをいきなり投げさせるとか(またそれがカウント球として結構良かった)、結局そのカーブは2球しか使わないとか、良くわかりません・・・。制球に苦しんでいたのだから、早い段階であらゆる球を試すとかしても良いかと思うのですけどね〜〜。
金澤や雅彦、小池に早く里崎を脅かす存在になって欲しいです。
まあしかしフォローするような事を言っておくと、今季の里崎の盗塁阻止はなんだか凄いですね。具体的な阻止率はわかりませんが、今まで見てきた中で一番な気がします。この辺は見直しちゃいました。
・・と、ここで気になって調べてみたらありました、盗塁阻止率。
5/6時点の成績ですが、ええと、トップがF大野で.417。2位がBs伊藤で.385。里崎は3位で.313。あれれ・・・そんなもんか。

さて、打線ですがやはり4番テギュンがかなりネックになっています・・・。初回は荻野貴司を1塁に置いて、2B−0Sから荻野貴スタート。しかしテギュンが打ち上げてしまいチェンジ。この場面はバッター有利のカウントですし、盗塁を待たなくてはいけない場面ではありませんから打ちに出ることは良いでしょう。しかし真ん中のボールをあっさり打ち上げてしまった・・。同じような場面がまたこの後訪れます。
6回、1死で1塁に井口、2塁に荻野貴司。私はここでWスチール面白いんじゃないかと思いました。キャッチャーは普通3塁に投げますし、今日の西からは荻野ならば3盗も恐らく決めるだろうと。
カウントは1Bー0S、ここで二人がスタートします!おお、走った!・・と思った瞬間、テギュンがポカンとセンターフライを打ち上げてしまいました。何やってんじゃー!完璧なスタートを切ったのに・・。初回と違って2点ビハインド、1死、1Bー0S。ランナーが走ったらここは打ってはいけない場面でしょう。たぶんテギュンはランナーのスタートを見ていなかったのだと思います。非常に、非常にがっかりしました。
サインがどうだったかわかりませんが、ここでエンドランは無いと思うのですよね〜。テギュンの頭の中にスチールは無かったのか、と・・・。ただただ残念なシーンでした。

昨日は他にいないしテギュンの4番は妥当かと書きましたけど、もうこの際、夢の今江4番でどうでしょうか?テギュンは7,8番当たりにいる分には良いかと思います。4番にいるとどうしても得点力が落ちてしまう気がしてなりません。打点6、得点圏打率.222ですからね・・。今江は打点11、得点圏打率.533ですから。

とまあ、小言だらけで面白くない事ばかり書いてしまいました。
福浦様の狙いすましたかのような2ランはしびれました。ベテランの存在感といいますか。2005年の日本シリーズ第3戦の満塁弾を思い出しました。
荻野貴は内野安打2本。でも西に合っていなかったですね。岡田、清田、伊志嶺はノーヒットでしたが伊志嶺のセカンドライナーは捉えていましたし、こんな時もあるさ・・という事で。打線が西を打ち崩せなかったのでしょうがないですね。

阪急の西ですが、やっぱり良い投手ですね!去年一番気に入ったのは腕の振りがとても良いと言う事で、その為ストレート、スライダーがより活きてくると思っていたのですが、今日先発としてじっくり見ると更にコントロールが良いですね。光原と対照的でした。まあ、あの笑顔に騙され・・・癒されるというのもありますが。故障さえなければ二桁行きそうな気配を感じます。
それでも井口のコメントだと「ビデオで見るよりもう一息」とあって、今ひとつ意味不明ですがたぶん想像していた球には一息届かなかった、つまり思っていたほどではなかった、という事なのでしょうが・・。それでも西から7回で3点しか奪うことが出来ませんでした。まあ、対戦前までの防御率が1.77だったのでそれからすると3点取れば上出来なのかも知れません。
キャッチャーが今年全てでマスクの伊藤ではなく前田だった事でどうなるかな、と試合前は思ってましたが関係なかったですね(苦笑)

欲張って言えば、強いチームになるためには今日のような試合も取って欲しかったのですが、西が良かったという事で仕方ないと考えることにします。来週はマリンに戻りまたライオンズ戦。涌井抹消ですから、岸がいきなり復帰登板するのか、石井一久がカード頭で来るのかわかりませんが、ライオンズは今日で4連勝ですし、マリーンズにはやられてますから結構な気迫で来るでしょう。そうはさせじと気合の入った試合を期待したいです!

☆今日はスコアボード表示は阪急でなく「オリックス」になっていた。岡田監督が変えさせたとのこと。そこまでしなくても・・とは思うけど実際勝ったのでそういうものなのか・・・。
☆両チームに報徳学園出身選手が4人(南、大谷、光原、森山)も。光原を先輩に南、森山は1学年下なので、同じ時期の選手が3人。凄いなあ。しかし森山って30歳なんだっけ?とちょっと驚いた。

★ファイターズ2−4ホークス
斎藤祐樹が1イニングのみで降板。大学時代は一度も大きな怪我をせずフルシーズン活躍したのですが。まぁいろいろな面で疲れもあるだろうし無理もないのかな。
★イーグルス1−4ライオンズ
イーグルスは本拠地で3タテを喰らってしまいました。やはり震災後からのずっと続いたロードや、被災地への思いとか、いろいろな疲れが溜まって来ているのですかね。岩村の大不振が痛いですね。


盗塁争い(5/8終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
12 聖澤(E)
11 荻野貴(M)+1
本多
岡田(M)、糸井(F)、田中(F)、片岡(L)+1
内川(H)、山﨑浩(Bs)、森山(Bs)、松井(E)、中島(L)
秋山(L)、城所(H)、中田(F)、川﨑(H)、高須(E)、松田(H)、斎藤(L)
伊志嶺(M)、他多数

※昨日の表、田中賢介を6としていましたが、5の間違いでした。すみません!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 阪急ブレーブスとの初戦は勝利! B3−5M | トップページ | パ・リーグ成績表を眺めてみる 〜目を引く里崎の貢献度 »

コメント

私も思いました。
光原はやはりちょっと先発じゃダメですね。その140球というのは・・始めて知りましたが、そんなことしてちゃあダメですね。やっぱり。制球もダメ、球もダメ、というのはちょっと見ていて辛いです。里崎の殿様っぷりも頭に来ましたね。こんなピッチャー投げさせるなよな~かったりぃみたいな態度があからさまであれでは投げにくくて仕方ないでしょう。もっとしっかりやる気を出して欲しいです。
ダブルスチール、それもがっかりでした・・。今日なんかみんなきちんとしてれば勝てたんじゃないかなと思うと悔しいですね・・・。

投稿: tomten | 2011年5月 8日 (日) 22時45分

2日とも快晴で、思い切り日焼けしました。両腕は真っ赤、午後の日射しを受けて、顔は左半分焼けました・・・
痛い・・・風は涼しかったのですが、日射しはもう夏ですね(8月上旬と同じ)
やはり、光原はダメでした。初回から制球が悪く、相手の打ち損じとミスに助けられていただけです。それでも、福浦の爽快な2ランで金星なるか?と淡い期待をしましたが、引っ張り過ぎましたね。先発を勝利投手にするためには5回を投げさせなければならないのはよく存じておりますが、ごまかしはやはり通じませんでした。もう起用しないでほしい・・・(でも西村監督のことだから・・・)
それにしてもT。流し打ちで左中間の深いところへ運び、ギリギリ金網の上に当たって入りました。やはり彼のパワーは恐ろしいです。

試合前、竹原がレフトでノックを受けました(前日はライト)。ロッテファンの皆さんの呼びかけにこたえ、帽子をとって一礼してくれました。直接対決はできなかったものの、ロッテファンとの再会がようやくできました。対戦はこれからになりますが、楽しみです。

投稿: 大阪の一ファン | 2011年5月 8日 (日) 22時56分

光原投手は厳しかったですね。
気持ち的に結果を出したいのは伝わるのですが
その結果が3試合ともついてこなかった以上
外されるのは確実な気がします。

ダブルスチールの場面でテギュン選手が打ったのは
サブロー選手がいないとか
理由はどうあれ4番を任された以上
自由に打つべきだとは思うので
個人的には仕方ない気がします。

それこそ今江選手の方が早打ちで
打っちゃいそうですが

投稿: マットゥン | 2011年5月 9日 (月) 02時12分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

残念ですが、光原はさすがに先発を外されるでしょうね。球威はあんなものなのでしょうかね・・Bs一年目はもっと良かったような気がします。
里崎はですね〜。ひょっとしたら見た目とかで損している部分もあったりするのかな、とは思いますが、カバーリングをまともにしなかったりとかは何年も前から目に付くところで。いざという時に頼れる男であることは間違いないだけに、そういう所が残念なのです。
昨日は力負けでしたが、もう少し良い試合は出来た、勝ちの目もあったのかな〜と思います。

投稿: BJ | 2011年5月 9日 (月) 11時58分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

痛い日焼けですか・・・しかも左半分・・・職場で何か言われそうですね(笑)球場はコンクリの照り返しもありますし、普通より焼けますよね。それでも神戸は気持よさそうでした!
光原、本当に相手打線に助けられていた感があっての4回までの1失点でした。それにしても、おっしゃるようにT-岡田のパワーは凄い・・左中間にライナーですもんね。普通のバッターだったら左中間割るくらいですよね。
竹原の出場機会が無かったのは残念でした!意外と阪急ユニも似あってましたし。ファンとやりとりがあったのは良かったですね。未だにがっかりしてるファンも多いでしょうからね。また対戦の機会を待ちましょう。

投稿: BJ | 2011年5月 9日 (月) 12時03分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

光原、頑張って欲しかったのですが・・・外されるでしょうね。でも仕方ありません・・・。
テギュンに関しては、今は少なくとも絶対的な4番ではないと思うのですよ。で、昨日の2打席ともあそこは結果論で語って良いのだと私は思っています。というのはバッター有利なカウントで手を出した以上は結果を残さないと意味が無くなってしまうから。あそこは打たなければいけない場面ではありませんし。
また、去年のように信頼して4番に据えているのであればランナーを動かさないのも鉄則でしょう。例えばおかわり君やカブレラ、T-岡田であんな作戦やったらそれこそ「何やっとんじゃ」でしょう。
でも今は違います。
ただ、ふと思ったのは日本の野球はああいうときにランナーのスタートをちゃんとバッターは見て、それに対応するというのはそれこそ中学高校時代から練習しますし普通ですけれど、韓国で強打者として鳴らしたテギュンはそういう訓練はしていなかったかも知れませんね。(念の為に添えますが日本の野球が上だとか言っている訳ではないですよ。スタイルの違いです)だとしたら、テギュンの時にWスチールを敢行したこと、もしくはその可能性をテギュンに伝えていなかった?首脳陣のベンチワークに問題があると言っても良いかもしれません。
今江を4番にしたとしても、ランナーのスタートは目に入って打たなかったと思いますよ。もっとも、初球に打ってしまう可能性は否定できませんけれど・・・。

投稿: BJ | 2011年5月 9日 (月) 12時11分

遅くなりスミマセン!自分がしがないサラリーマンであることを思いださせられ、生意気にも忙しくなっておりました(笑)。
試合は大方の予想通りでしたね。西相手だったし、小学生の思い出も蘇り、途中阪急を応援してしまいました。(苦笑)
西はいいですね。投球もいいが、「バックに感謝しながら投げています」的な姿勢に、好感が持てました。俊介、見習いなさい!
一方、光原。前回に大炎上し、今回も失点数はともかく、とにかくヒット打たれ過ぎです。制球も定まらず、私、てっきりスティックボールとかいう新球投げているかと思いました。ただの棒球ですね、失礼しました。
荻野貴、井口のダブルスチールを阻止したテギュンに焦りを感じます。甘い球を見逃しあっさり追い込まれることが多く、自分としては「来た」と思ったかもしれませんが、ゲッツーの多い選手だし、本年は待って欲しかったです。
気分を変え、今日観戦してきます!

投稿: トマト | 2011年5月10日 (火) 08時25分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

お仕事、お疲れ様です!しがないなんて〜。一般の庶民はみんなしがない労働者でございます・・。よく考えると、ファンてプロ野球選手の「仕事」っぷりに一喜一憂するのですよね。それはある意味、やっぱり大変ですよね〜。だって私の仕事がみんなに観られていてああだこうだ言われたら・・(笑)
この試合は途中から「阪急」を応援するのもアリかも!大人になってから応援出来るのは最初で最後かも知れませんしね。
光原はやはり抹消でしたね、仕方ないです。今年はもう1軍は難しいかも知れません。しかし、1軍の先発を経験したことは無駄にはならないでしょう。自分に何が足らないか、具体的に見えたという事では糧になると信じます。
テギュンは・・・・待つしかないのでしょうねえ・・・気持ちのもって生き方で変わりそうなんですが・・・。
今日10日の試合、私もマリンに駆けつけるつもりでしたが雨天中止でしたね〜12日の振替は難しいかな。残念です。

投稿: BJ | 2011年5月10日 (火) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/39912170

この記事へのトラックバック一覧です: 想定内だったけど・・・光原に踏ん張って欲しかった・・ B4−3M:

» 阪急ブレーブスがロッテを下す! [地平を駆ける猫を見た]
今日のGS神戸のオリックスvsロッテ戦。オリックスは栄光の阪急ブレーブスのユニフォームで試合に臨みます。 ロッテが2点を先制し阪急が1点を返して迎えた3回表、こんなプレーが飛び出します。 そして2-1のまま5回裏1アウト1塁。 その後両者1点ずつを加えて4-3と阪急1点リードで迎えた8回表、日本一のセットアッパー平野佳寿が登板してロッテを抑え、9回表は岸田が三者凡退に抑えて逃げ切りました そして阪急先発の20歳の西は開幕から負け無しの4連勝です。 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 00時01分

» 光原古巣相手に結果残せず・・・ [いすみマリーンズ]
マリーンズ 020001000 3  ブレーブス 01003000X 4 M:● [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 19時26分

» 思ったよりは接戦になったけど、敗戦(20110508vsBs現地観戦記) [ライトヒッティングな生活]
5月8日(日)ほっともっとフィールド神戸での現地観戦記です。 [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 00時08分

« 阪急ブレーブスとの初戦は勝利! B3−5M | トップページ | パ・リーグ成績表を眺めてみる 〜目を引く里崎の貢献度 »