« 強風の中での唐川の凄さ M12ー1Bs | トップページ | 「つなぎ」は打線だけじゃない! M3−2H »

2011年4月29日 (金)

両チーム合わせて20安打、結果は・・・ M1−2Bs

連勝で迎えたカード最終戦。明日のホークス戦に先週のリベンジをする意味でも今日勝ちたかったですが、そうは甘くなかったですね。
ニッカン式スコア

俊介とフィガロの投げ合い。フィガロは全くもって謎なので、どんなピッチャーか楽しみにしていたのですが、これがなかなか・・・ストレートは速いし、スライダーもキレます。ツーシームはチェンジアップ気味に決まりますし、確かに先発ローテに入るだけのものを持っているかも知れません。
投球フォームも一見投げ終わった後が独特ですがちゃんと前足に体重が乗ってるし重心も低い・・・外国人にありがちな手投げスタイルではないですね。
初回は四球や味方のエラーもあり、無死満塁から押し出しで先制点を取られましたが、これはひょっとすると化けるかも知れませんよ。対応が難しいマリン初登板で好投しましたし、今後注目ですね。

俊介は2回に同じようにヒットや四死球で無死満塁のピンチを招きますが、なんとか無失点に抑えました。
そして・・実は3回から6回くらいまで、あまりの睡魔にウトウトしてしまい殆ど観ていません。
なので、今日の俊介はこれ以上わからない・・・フィガロもなんですけど。
6回を無失点だったのですが、ランニングスコアを観てみると6回中実に5回で先頭を出してますね。良く凌いだな・・・・このあたり、成瀬と唐川の好投がかなりの刺激になったのかも知れません。しかしまあ前回の登板と比べあまりにも違うというか・・・波がありますね。

そんな訳で今日の試合は最初の頃と内が登板からしか覚えていないのですが、得点シーンはそこしかなかったですし、なんか見所も終盤に集中していたみたいでそれなりに楽しめました。内は・・・昨日良かっただけにちょっと残念でした。四球とワイルドピッチ絡みというのが・・・ですね。
薮田は・・こういう時もあるさ〜と言う事で。北川の執念が強かったという事でもあるでしょう。

打線は、今日は大松を外し清田を6番に。面白いのはサブローがレフトにまわり、清田がライト。いつもと逆ですね。これは最近のサブローの守備範囲が異様に狭くなっている事と関係があるのでしょうか。
岡田は復調気味。荻野貴司はちょっと残念な結果が続いていますが、じきに上向いてくる事を信じて待ちましょう。極端に酷くない限りはスタメンから外すというような選手ではありません。
ただ、守備の負担が打撃に影響しているのでなければ良いな・・とだけは思います。
清田は昨日の初ヒットが今日に繋がらなかったですね〜。本人も今日の最初の打席が肝心、という意識はあったそうですが・・・悩める2年目です。

両チーム合わせて20安打、9四死球。・・・しかし23残塁。総得点3点、とまあ、全体的に低調な雰囲気の試合でしたが、見所もありました。

8回表2アウト2塁、山崎浩のセンターに抜けようかと言う当たりを荻野貴が飛びついて止めたプレーは唸りました。抜けていたらタイムリーでした。思わず小坂を思い出しましたよ。解説の初芝も同じことを言っていましたね。やっぱりセンスありますよね〜!
9回裏、同点となる伊志嶺のホームインを刺した坂口の送球はドンピシャでこれ以上無い、というような送球でしたし、あの状況で追い込まれてからもセンター前に弾き返した岡田、球足が速い上に前進守備だったのにあのタイミングまで持っていく伊志嶺の足。見所がぎっしりつまったプレーでした。プロだな、と思います。

さて、今日の試合を持って平日デーゲーム開催は終わりました(夏場の状況も予断を許しませんが)。開幕戦以外は全て1万人を割るという、球団営業的にはかなり打撃だったと思いますが、それでも昼にこれだけのお客さんが集まったという風に私は考えたいです。
皮肉ではありますがデーゲームが続いた事で、現地観戦でもテレビ越しの観戦でも、改めて野球は陽光の下屋外でやるのが一番だな〜と感じました。もちろんナイターはナイターにしかない良さがありますし、どっちがどうという訳ではありませんが、節電絡みでドーム球場の是非が問われた事もあり野球の原点を再認識した格好となりました。

明日、イーグルスはとうとう仙台の地に帰ります。楽天球団初の本拠地開幕が流れてしまった事は多くの人が無念でしたでしょう。私も本当に楽しみで、開幕戦チケットは頑張って購入しましたし、開幕が待ち遠しかった・・・。
明日は仙台の地にイーグルスが帰り、野球が出来ること・・・この素晴らしさを想いたい。
私はマリンに参戦ですが、目の前のマリーンズの試合よりも仙台が気になってしまうかも知れません・・。

☆8回裏、2アウト1,2塁で今日ノーヒットの清田に代打が出なかったのは評価したいです。まあ、大松を外して清田スタメンという以上はここで代打はありえないと思っていましたが、去年だったら代打だったのではないかと。
☆今日も塀内は守備固め→きっちり送りバントと、渋〜く地味にいい仕事。
☆大量点の後はやっぱりこんな感じになりますね。もっとも、昨日も今日も大振りした訳ではないし、フィガロが良かったという事なのですが、これも野球の流れか。

盗塁争い(4/28終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)
荻野貴(M)、本多(H)
岡田(M)+1、糸井(F)
内川(H)、田中(F)、山﨑浩(Bs)
松井(E)、中島(L)、秋山(L)、片岡(L)、城所(H)、中田(F)、森山(Bs)+1

岡田が3試合連続盗塁とノッて来ました!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 強風の中での唐川の凄さ M12ー1Bs | トップページ | 「つなぎ」は打線だけじゃない! M3−2H »

コメント

まぁ、仕方ないですかね…。押し出しの一点のみで勝とうなんてムシが良すぎるでしょうし…
荻野が苦しんでいますが、岡田がフォロー以上の奮闘をしていますね。実はチャンスに強い!?
サブローの左翼先発には感心しました(話し合ったのか、監督判断か興味ありますが)。明らかに守備範囲が狭くなっているそのサブロー、レフト線で好補があり、まだまだとアピールするかのようなプレーでした。
今度はホームでホークス戦、勝ち越して前回の溜飲を下げてもらいましょう!

投稿: トマト | 2011年4月29日 (金) 07時34分

フィガロ良かったですね~。タイプとしてはウルフかシコースキーかというくらいの、パワータイプでしたね。ただ所々チャンスはあっただけに、点は取れたと思うんですが、まあ仕方ありませんね。こんなもんです。俊介は私も見ていないのでなんともですが、オリックスにも助けられ仕事はできたかなと思います。今日は楽天、特別な1戦ですね。Kスタの映像見たら、胸が熱くなることと思います。

投稿: tomten | 2011年4月29日 (金) 09時16分

おはようございます。チャリティーマッチについてコメントした者です。ごぶさたしております。tomtenさんのブログへのコメントを見てお邪魔しました。私は実は先週京セラDでネット裏観戦し、フィガロを生で見ていました。荒れ球でハム打線も苦労していましたが、先制し、じっくり見極めて中押し点も取っていました。ロッテ打線もじっくり見極めていけば攻略できたはず。打ち過ぎの後遺症が悔やまれます。本日からの3連戦、マリンで生観戦しますので、強敵ホークスに勝ってほしいものです。失礼しました。

投稿: 大阪のーファン | 2011年4月29日 (金) 09時43分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

岡田、得点圏打率を調べたら昨日(28日)時点で5割でした!何打数で何安打かはわかりませんが・・・同じく昨日の時点で打点も7ありますし、これは1番打者としてはトップです。意外や意外、ポイントゲッターの役割もこなしていますね。
サブローと清田ならサブローレフト清田ライトの方が良いだろうことは明白です。大松がスタメンでない時はこれが一番良いですよね。サブローは足に爆弾抱えてますし、守備につけるだけでも良し、というくらいに思った方が良いのかも知れませんね〜。

投稿: BJ | 2011年4月29日 (金) 19時15分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

フィガロはなんというか荒削りだが素材が魅力でドラフトにかかる・・みたいな投手だと思いました(笑)
俊介は元気のないBs打線で助かった、という印象です。もうベテランなんですし、波が激しいとこを何とかして欲しいですが・・・。
Kスタ開幕は天気も良かったようで、何よりでした。東北にも球音が響き、これでまた一歩進みましたね。少しずつ少しずつ復興を!

投稿: BJ | 2011年4月29日 (金) 19時23分

>大阪の一ファンさん
コメントありがとうございます。

もちろん覚えていますよ!この前はいろいろと情報をありがとうございました。
先週のファイターズ打線はそうだったのですね、さすがですね・・ファイターズらしい。マリーンズ打線は淡白になるときは非常に淡白ですから、その意味でもっとやり方はあったのでしょうね〜。前日の大量点が良くなかったのか・・。
3連戦観戦ということは、遠征なのですね!遠征は楽しいですよね〜(笑)私は29、30日と観戦します。今日は良い試合でした。あと2試合も天気に恵まれてさらに良い試合になることを期待しましょう!

投稿: BJ | 2011年4月29日 (金) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/39793083

この記事へのトラックバック一覧です: 両チーム合わせて20安打、結果は・・・ M1−2Bs:

» 2週連続3タテならず!あまりにももったいない敗戦 [いすみマリーンズ]
Bs:フィガロ-○平野-岸田 M:渡辺俊-内-ロサ-●薮田 観衆 7456人 平 [続きを読む]

受信: 2011年4月29日 (金) 05時26分

» 2011.4.28 マリーンズvsバファローズ観戦レポ~試合編~ [まりなび]
マリーンズの先発は、スンスケ。 ランナーを出すも、無失点ピッチング。 バファローズの先発は、フィガロ。 1回裏1死満塁から、サブティーニが押し出しで楽して1点を先制します。 2回表に1死満塁のピンチを迎えますが、併殺打で何と... [続きを読む]

受信: 2011年4月29日 (金) 05時51分

» 580 4/28:俊介選手好投したが… [カフェ まりんずちゃん]
今日の試合結果です。 ロッテ 1−2 オリックス 敗戦投手 薮田 1敗 本塁打 なし 盗塁 岡田 4 観客数 7456人 先発の渡辺俊選手、6回を無失点に抑えました。その後出てきた救援投手たちが打たれてしまい、負けてしまいましたが、いくら2点に抑えたとして...... [続きを読む]

受信: 2011年4月29日 (金) 07時55分

» ある意味、面白い試合だったけど。(20110428vsBs) [ライトヒッティングな生活]
“ロッテ野球”満開で敗戦 [続きを読む]

受信: 2011年4月29日 (金) 10時10分

« 強風の中での唐川の凄さ M12ー1Bs | トップページ | 「つなぎ」は打線だけじゃない! M3−2H »