« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

復刻ピンクユニと幸一引退セレモニー画像

今日は17年振りのピンクユニ復刻!
それに合わせたのでしょう、幸一の引退セレモニーが行われました。ちゃんとセレモニーが出来て良かった・・。

ピンクユニですが、実に懐かしいですね〜。面白いのは、ピンクユニ時代の記憶にひっぱられて背番号を見ると反射的に当時の選手と重なり、でも着ているのは今の選手だったり・・。例えば2番を見ると「横田!」と思ってしまいますし、マーフィーの69番なら現広報の「榎!」と思ってしまいます。3番なら「西村!」ですしね。
思えばピンクユニ経験者はもう福浦、サブロー、晋吾のみ・・・この三人だって当時は福浦70番、サブロー36番、晋吾63番ですから今の背番号でのピンクユニはないですし、サブローは入団1年目のシーズンでストライプに変ったので、春のキャンプの僅かな期間だけ?

でも、久しぶりにみるピンクユニは鮮やかでカッコ良かったです。そもそも、ピンクユニ好きだったんですよね。それでもストライプのカッコ良さは抜群ですけどね!

------
幸一の試合前トークショーはニッポン放送アナウンサーの松本秀夫氏の司会で行われました。この方の本を読んだ事があるのですが、共通の趣味の釣りを含め幸一とは特に親しかったそうですね。
トークのうちいくつか。

現役生活を振り返って点数をつけるとしたら?
幸一:難しいけど60点。振り返れば、もっと練習をしておけば良かった。しっかりやっておけば2000本打てたかな
一番印象にのこっている試合は?
幸一:やっぱり2005年の優勝
◯この春、解説者として行動して人に言われたことは?
幸一:落合監督に将来コーチをするなら「太るな」と言われた。太ると動けなくなる、それでは選手の為にならない

落合監督の言葉はらしいと言うか深いですね。

試合前には幸一の始球式が行われ、川﨑がそれを打つというサプライズもあり。
試合後の引退セレモニーではビジョンに幸一の選手生活が紹介され、幸一が挨拶。
子供たちから花束を受け取り、一緒に場内を一周。最後に選手たちに胴上げされて終わりました。
シーズン中の引退セレモニーという事で「涙、涙」という訳でもありませんでしたが、ファンの前でちゃんと引退報告が出来て良かったです、ほんと。
ラジオの野球中継を聞く事は皆無と言ってもいいので、幸一の解説が聴けないのが残念ですが、これからの解説者の道を頑張って欲しいですし、そのうちユニフォーム姿が観たいですね!

では今日の画像です(クリックで拡大)

みんなピンクで登場
Dscf3004
Dscf3005

荻野貴はやっぱり似合ってた
Dscf3015

大松 案外違和感無い 10番だと古川を思い出す
Dscf3016

サブローも似あってますね
Dscf3017

貫禄
Dscf3063

今岡
Dscf3026

今江
Dscf3028

テギュン
Dscf3115

幸一トークショー
Dscf2996
Dscf2995

始球式に登場!
Dscf3071

始球式で打つか、お前
Dscf3072

Dscf3138

試合後の挨拶
Dscf3141

Dscf3142

小久保からも花束 ありがとう〜
Dscf3146

残ってくれたホークスファン ありがとう〜〜!
Dscf3158

お子さん達と場内を一周
Dscf3160

紙テープは強風に煽られ、大変な事に・・・
Dscf3164

胴上げ!!
S0063177

23年間、本当にお疲れ様でした!!
Img_0697


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

残塁地獄の末、なんとか勝ちました M1−0H

いやはや・・・両チーム合わせて18安打。しかし残塁も合わせて21・・・総得点は1点。
超絶非効率の堂々巡りの末、マリーンズが虎の子の1点を死守、ホークスに連勝しました。

ニッカン式スコア

Dscf3132

今日先発のマーフィーは・・・いったいどうしたのか?なんと初回を三者凡退に抑えました。快投は続き8回までで1四球無失点です。9回にランナーを貯めてしまい完封目前で薮田の救援を仰ぎましたが、堂々のピッチング。
・・・誰?
と言いたくもなるくらい素晴らしいピッチングでした。やれば出来るじゃん!
3ボールになる場面も幾度かありましたが、そこから粘りました。
マーフィーはあまりまとまってしまうと持ち味が消える・・と思っていましたが、こういうピッチングも出来るのですね。

ピンクマーフィー
S0023078

ホークスは円陣を
Dscf3110

しかしまあ、打線はマーフィーを助ける気があったのか・・・・
拙攻の連続で、初回無死1,2塁では井口が併殺。3回は清田2塁打の後、岡田が送れず。1走に残った岡田は牽制に誘い出されアウト・・・。4回は満塁で今岡が倒れ。5回は2死1,2塁でサブローがセンターを越えようかという当たりを放ちますが、センター福田がファインプレイ。
極めつけは6回で2塁打の今江を送り、1死3塁でテギュンの放った痛烈なライナーがレフトを襲います。しかし飛び出していた今江は、慌てて3塁に戻りタッチアップしますがスタートの遅れはどうしようもなく本塁でアウト・・・何をやっているのか・・・。あの場面で飛び出す必要は無かったのですがね〜。ひょっとしたらギャンブルスタートだったのかも知れませんが、バットにボールが当たった瞬間ライナーになったのは判ると思うので、反射的にもっと早く帰塁出来そうなものですが・・。
7回に清田が2本目となる2塁打で出塁し、岡田が1塁線を破ってやっと、やっとの待望の1点が入りました。
チャンスを作ってはことごとく潰すなか、良くマーフィーは凌いだと思います、ほんとに。

サブローのセンター越えライナーを好捕し大ヨロコビの福田
Dscf3107

岡田タイムリー2塁打!
Dscf3116

試合前、球場正面ステージで行われた幸一のトークショーで「(負けた後でセレモニーは嫌なので)今日は形はどうでもいいから勝って欲しい(笑)」と言っていた幸一ですが、なんとか、なんとか勝利をプレゼント出来ました。ああ、良かった・・・。
去年までならこういう展開の時はだいたい負けていたと思うので、これを取ったという事は進化している!と前向きに捉える事にします。

拙攻続きの打線でしたが、杉内から良く打った事は打ったと思います。
右打者は基本センターから右方向へのヒットが多かったですし、何しろ心配されていた清田が猛打賞です。伊志嶺のスタメンを期待していましたが、清田は西村監督の起用に応えました。かなり尻に火が付いていたでしょうね〜。
明日は右の摂津ですが、清田なのか大松なのか、西村采配に注目ですね。
テギュンはなんだかんだで打率が3割に乗り、岡田は左投手相手でもしっかり結果を出しています。1番スタメン起用を続ける監督も評価したいところ。
ただ、井口サブロー今岡の貫禄ベテラン組が乗り遅れました。今岡に初日が訪れないのが辛いところですが、明日のDHは福浦が戻るでしょう。

最終回、1死満塁で登板した薮田は見事でした!クセ者長谷川と川﨑が続くので失点は覚悟しましたが、素晴らしい守護神らしいピッチングでしたね。それにしても、2試合続いて心臓に悪い最終回・・。

9回マウンドを降りるマーフィー
Dscf3120

薮田の投球にはシビれた
Dscf3126

先週ホークス2連戦を連敗したリベンジを果たした・・と言いたいところですが、明日勝ってこそリベンジです。明日は摂津を打ち崩して勝利を!光原に移籍後初勝利をプレゼントしたいところですね。

☆多村のショート深いところへの打球を処理した荻野はランニングスローみたいに送球しましたが、緩い送球で当然間に合わず。普通なら踏ん張って投げる所で、今までそういうシーンもありましたしたまたまだと思うのですが、右足で踏ん張れないのかな?と少し心配に。なんでも心配するのはよそうと思うのですが、やっぱりヒザの状態を気にしてしまいます・・。
☆晋吾抹消、高口が登録。キャンプで高口の守備力にすっかり惚れてしまったので大歓迎なのですが、昨日抹消になった根元は「何なんだ」と思ってるかも・・。

今日昇格の高口 華麗な守備が観たい!
S0013036

★ファイターズ9−6ライオンズ
★イーグルス3−1バファローズ

盗塁争い(4/30終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)+1
荻野貴(M)、本多(H)
岡田(M)、糸井(F)
内川(H)、田中(F)、山﨑浩(Bs)、片岡(L)、森山(Bs)+1
松井(E)、中島(L)、秋山(L)、城所(H)、中田(F)、川﨑(H)

☆幸一の引退セレモニーとピンクユニの画像は別エントリーにアップします。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (6) | トラックバック (2)

2011年4月29日 (金)

「つなぎ」は打線だけじゃない! M3−2H

球場に向かう途中、竹原トレードというニュースが飛び込んで来ました。
実際のところ、トレードは数年前から打診はあったでしょうし、このままマリーンズにいても出場機会には恵まれないと思いますので、本人のためには良いのかと思います。環境を変えることでプラスになれば・・。
大松との入団以来、松竹コンビとして待望の和製大砲と期待して来ましたが、結果を出すことは出来ませんでした。寂しいですが、決まった以上は出して失敗した!と思わせてくれるような活躍を期待します。
今思うとチャリティーマッチの時のバックスクリーン弾もトレードへの後押しになったのかも知れませんね。新天地で頑張れ!

Img_0282

----------

さあ、試合です。
ペン、大嶺の離脱で今日の先発は晋吾。怪我で出遅れたとはいえファームではきっちり投げていただけに、やっとチャンスが回って来た、と私も待っていた先発です。
ランナーは出すものの、ゴロを打たせ、併殺で打ち取るという晋吾らしいピッチングを展開し、4回までで内川のホームランによる1失点のみ。・・・が、5回のマウンドは古谷でした。右足に張りとの事で、ああ、何と言うかツイてない・・・去年は一度怪我でリタイアして、復帰した試合でいきなり右肩にライナーを受けたのですよね・・・。軽傷だと良いのですが。力み過ぎたのでしょうか。
4回の12アウト中内野ゴロが8コ、うち併殺が二つですから・・・残念であると同時に、降板したときはかなり嫌〜〜な予感が。

しかし、後続の投手陣が踏ん張りました!5回登板の古谷から伊藤、内、ロサ、薮田とつなぎ、最後は一打同点のピンチを迎えたものの1失点で凌ぎ、勝利を手繰り寄せました。
晋吾の緊急降板で、3連投となる内を始め中継ぎ陣を大量投入せざるを得なかったのは痛いですが、逆に投手陣の結束を高める結果につながれば良いですね。つなぎは打線だけじゃないぞ!投手もや〜!
それにしても、今季のみ導入の3時間半の制限により惜しみなく投手をつぎ込める采配になっていますね。

打線では、とうとう来ましたサブロー4番!福浦の4番は無理がありますし、一番落ち着くとこに落ち着いたのでしょうかね。今江が5番に上がり、DHに今岡、清田は9番。清田は今は9番が良いかも知れません。伸び伸びやって欲しいんですけどね〜。
6番からの里崎→テギュン→今岡の流れがちょっと不安でしたが、今日はここがカギになるのですから面白いもので。

山田の前に沈黙の打線は5回、里崎、テギュンの連打と清田の四球で1死満塁とします。岡田が倒れ2死となったところで、荻野貴がやってくれました!左中間を破る2塁打で走者一掃!(エラーが絡み3進します)
里崎が無死で出ましたが、里崎走者、打者テギュンだとどうしようもない・・・のですが、ここでテギュンが繋いだのが大きかったのではないかと。併殺が頭をよぎりましたからね〜。
ここしばらく元気の無かった荻野ですが、初打席のヒット、このタイムリーと久しぶりにバッティングで躍動、今日のヒーローとなりました。盗塁は失敗しましたが、荻野が打つとやっぱり嬉しいですね。
打線はこの3点のみでしたが、逆に言うとチャンスはここだけでしたから良くモノにし、かつ投手陣が先発の緊急降板にも関わらず良く3点を守ってくれました。
先週見事に連敗したホークスに、カード初戦こういう粘りの試合が出来た事は大きいと思います。
カード頭、取りました!
ニッカン式スコア
Dscf2983

明日は、ピンクユニ復活、そして幸一引退セレモニーの日。
恐らく満員になり、記念試合・・・と負けフラグ立ちまくりの感もありますが、ここはやっぱり勝ちで飾りましょうよ!
先発はマーフィー・・・・ピンクユニの日にマーフィー・・・マーフィーのピンクユニ・・・うふふふふふ。想像するだけで笑えてきますね。意外にも似合ったりして。
荻野貴は似合うでしょうね。清田は・・・・うむー。里崎も・・・うむー。
あらぬ想像は尽きませんが、実に久しぶりのピンクユニ、楽しみです。

☆イニングの合間に「ちーばーろって〜(うー)まりーんず〜」というジングルが流れる。いつからだろ?
☆サブローが被災した千葉県旭市の小学生を招待。この3連戦で100人を招待するとのこと、こういうのが子供達へは一番の支援かも知れませんね。
☆ピンクユニ買いたかったけど胸におもいっきりスポンサーマークが入っているのですよね。スポンサーには申し訳ないけど、自分で持つものにはやっぱりこれ要らない・・。モノを見たら直接刺繍だから外せませんし、諦めました。何年か前のゴールド会員の特典でピンクユニあった時に選んでおけば良かったな〜。
☆清田、今日もノーヒット・・・応援する気持ちもあるし、でも伊志嶺スタメンも観たい!という気持ちも。

★イーグルス3−1バファローズ
やっと東北に球音が!なんか・・・嬉しいですね。そして、やっぱりマー君がやってくれました。絶対勝つという試合で勝つ。凄いです、中々出来ることじゃないですよ・・・。
試合後の「誰かのために闘う人間は強い」という嶋のスピーチがまた、良かったです。スポーツナビに全文掲載されていましたので、リンクを貼っておきます。是非、ご一読を。
嶋スピーチ全文(スポーツナビ)

★ファイターズ4−1ライオンズ
L牧田、初登板初勝利を目前で逃してからケチがついてしまいましたか・・・産みの苦しみですね。

盗塁争い(4/29終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)
荻野貴(M)、本多(H)
岡田(M)、糸井(F)
内川(H)、田中(F)、山﨑浩(Bs)、片岡(L)+1
松井(E)、中島(L)、秋山(L)、城所(H)、中田(F)、森山(Bs)、川﨑(H)+1

今日の画像です。今回は荻野貴司中心!

今日はとても気持よかった。暖かいデーゲームは最高ですね
Dscf2881

レフトサブロー
Dscf2920

レフトスタンドは白黒にくっきり
Dscf2921

(盗塁失敗)スタートミスったかな・・・
S0032918

満塁のチャンスで・・・
Dscf2931

走者一掃!
Dscf2934

打ちましたぁ!
Dscf2935

持ってるやんけ、お前
Dscf2937

ども
Dscf2938

どもども
Dscf2939

バントも決めました!
S0052956

持ってんな、お前
Dscf2975

今日のバンザーイ
Dscf2988


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (3)

両チーム合わせて20安打、結果は・・・ M1−2Bs

連勝で迎えたカード最終戦。明日のホークス戦に先週のリベンジをする意味でも今日勝ちたかったですが、そうは甘くなかったですね。
ニッカン式スコア

俊介とフィガロの投げ合い。フィガロは全くもって謎なので、どんなピッチャーか楽しみにしていたのですが、これがなかなか・・・ストレートは速いし、スライダーもキレます。ツーシームはチェンジアップ気味に決まりますし、確かに先発ローテに入るだけのものを持っているかも知れません。
投球フォームも一見投げ終わった後が独特ですがちゃんと前足に体重が乗ってるし重心も低い・・・外国人にありがちな手投げスタイルではないですね。
初回は四球や味方のエラーもあり、無死満塁から押し出しで先制点を取られましたが、これはひょっとすると化けるかも知れませんよ。対応が難しいマリン初登板で好投しましたし、今後注目ですね。

俊介は2回に同じようにヒットや四死球で無死満塁のピンチを招きますが、なんとか無失点に抑えました。
そして・・実は3回から6回くらいまで、あまりの睡魔にウトウトしてしまい殆ど観ていません。
なので、今日の俊介はこれ以上わからない・・・フィガロもなんですけど。
6回を無失点だったのですが、ランニングスコアを観てみると6回中実に5回で先頭を出してますね。良く凌いだな・・・・このあたり、成瀬と唐川の好投がかなりの刺激になったのかも知れません。しかしまあ前回の登板と比べあまりにも違うというか・・・波がありますね。

そんな訳で今日の試合は最初の頃と内が登板からしか覚えていないのですが、得点シーンはそこしかなかったですし、なんか見所も終盤に集中していたみたいでそれなりに楽しめました。内は・・・昨日良かっただけにちょっと残念でした。四球とワイルドピッチ絡みというのが・・・ですね。
薮田は・・こういう時もあるさ〜と言う事で。北川の執念が強かったという事でもあるでしょう。

打線は、今日は大松を外し清田を6番に。面白いのはサブローがレフトにまわり、清田がライト。いつもと逆ですね。これは最近のサブローの守備範囲が異様に狭くなっている事と関係があるのでしょうか。
岡田は復調気味。荻野貴司はちょっと残念な結果が続いていますが、じきに上向いてくる事を信じて待ちましょう。極端に酷くない限りはスタメンから外すというような選手ではありません。
ただ、守備の負担が打撃に影響しているのでなければ良いな・・とだけは思います。
清田は昨日の初ヒットが今日に繋がらなかったですね〜。本人も今日の最初の打席が肝心、という意識はあったそうですが・・・悩める2年目です。

両チーム合わせて20安打、9四死球。・・・しかし23残塁。総得点3点、とまあ、全体的に低調な雰囲気の試合でしたが、見所もありました。

8回表2アウト2塁、山崎浩のセンターに抜けようかと言う当たりを荻野貴が飛びついて止めたプレーは唸りました。抜けていたらタイムリーでした。思わず小坂を思い出しましたよ。解説の初芝も同じことを言っていましたね。やっぱりセンスありますよね〜!
9回裏、同点となる伊志嶺のホームインを刺した坂口の送球はドンピシャでこれ以上無い、というような送球でしたし、あの状況で追い込まれてからもセンター前に弾き返した岡田、球足が速い上に前進守備だったのにあのタイミングまで持っていく伊志嶺の足。見所がぎっしりつまったプレーでした。プロだな、と思います。

さて、今日の試合を持って平日デーゲーム開催は終わりました(夏場の状況も予断を許しませんが)。開幕戦以外は全て1万人を割るという、球団営業的にはかなり打撃だったと思いますが、それでも昼にこれだけのお客さんが集まったという風に私は考えたいです。
皮肉ではありますがデーゲームが続いた事で、現地観戦でもテレビ越しの観戦でも、改めて野球は陽光の下屋外でやるのが一番だな〜と感じました。もちろんナイターはナイターにしかない良さがありますし、どっちがどうという訳ではありませんが、節電絡みでドーム球場の是非が問われた事もあり野球の原点を再認識した格好となりました。

明日、イーグルスはとうとう仙台の地に帰ります。楽天球団初の本拠地開幕が流れてしまった事は多くの人が無念でしたでしょう。私も本当に楽しみで、開幕戦チケットは頑張って購入しましたし、開幕が待ち遠しかった・・・。
明日は仙台の地にイーグルスが帰り、野球が出来ること・・・この素晴らしさを想いたい。
私はマリンに参戦ですが、目の前のマリーンズの試合よりも仙台が気になってしまうかも知れません・・。

☆8回裏、2アウト1,2塁で今日ノーヒットの清田に代打が出なかったのは評価したいです。まあ、大松を外して清田スタメンという以上はここで代打はありえないと思っていましたが、去年だったら代打だったのではないかと。
☆今日も塀内は守備固め→きっちり送りバントと、渋〜く地味にいい仕事。
☆大量点の後はやっぱりこんな感じになりますね。もっとも、昨日も今日も大振りした訳ではないし、フィガロが良かったという事なのですが、これも野球の流れか。

盗塁争い(4/28終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)
荻野貴(M)、本多(H)
岡田(M)+1、糸井(F)
内川(H)、田中(F)、山﨑浩(Bs)
松井(E)、中島(L)、秋山(L)、片岡(L)、城所(H)、中田(F)、森山(Bs)+1

岡田が3試合連続盗塁とノッて来ました!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2011年4月28日 (木)

強風の中での唐川の凄さ M12ー1Bs

なんだか突然仕事が忙しくなってしまって、先ほど深夜1時過ぎに録画を見終わりました。
数年前から、結果は知らずに帰宅し、録画を情報まっさらな状態で観る、という生活を続けてきましたがさすがにしんどい。今年は観戦スタイルを考えなおさないといけないかも知れません・・。
でも毎日筋書きのないドラマを楽しめる訳ですから・・なかなかやめられないんですよねえ。

さて、昨日成瀬で連敗を止めたマリーンズでしたが、孝行弟・唐川が後に続き連勝、バファローズ戦カード勝ち越しを決めてくれました。
ニッカン式スコア
しかしこの二人が並ぶと言うのは心強いですよね。次カード頭に当たる4人目の先発にエースの次に力のある投手を持ってくるというWエースも魅力ですが、二人続けるのも勝ちを計算出来るという点でなかなか良いです。

今日のマリンは常時風速12m前後の風で、選手は大変でしたでしょうね。唐川、寺原の帽子が飛んで行くのを何度見たことが。オマケにキャッチボールしていた金澤の帽子が飛んでプレーを中断させるというシーンまであったり。

唐川は今日も、どのボールが良いというのはとりたてて無かったように思えるのですが、何よりこの風の中で制球を乱さないというのが素晴らしいです。8イニングで2四球。この2つだって簡単な四球では無かったですし。今日の好投の一番の要因はこの制球力だったと思います。マリンが本拠地の投手とは言え、なかなか出来る事ではありません。このあたりに唐川のセンスを感じるのですよね!やっぱり普通の投手とは一味も二味も違うな〜。
また、初回にT-岡田を三振に取った非常に落差のあるカーブが大きかったと思います。各打者に強い残像が残ったのではないでしょうか?
奪三振はなんと自己最高の12でしたが、ほとんどの三振が打者の読みを外していたように感じました。里崎のリードの勝利でしょうか。

打線は昨日死球のテギュンに変わってなんとファースト神戸。福浦が守備につかないというのは、やはりそれなりの理由があるのかも知れません・・。
その神戸が今季初打席で初ヒット、先制タイムリーを放ちました。きっちりとセンター返し、素晴らしいバッティングでした。今日は塀内、清田にも嬉しい嬉しい今季初ヒット。塀内は昨日の守備といい今日の打席といい地味〜にいい仕事しています。清田は初球からフルスイングした積極性の勝利かと思います。ホッとしたでしょうね〜。

今日の打線は11安打12得点、そのうちホームランはサブローのソロ(右中間に見事なホームランでした)だけで、他は全て繋ぎ繋ぎの得点です。四球も全てに絡み、こういう点の取り方って良いなあ〜。
また、強風にバファローズ内野陣が翻弄され、ファールフライを捕れないというシーンが目立ちました。サブローのホームランはスンヨプの一邪飛落球(記録エラー)の後に飛び出す、という皮肉で、マリーンズ打者の打球も風に乗って伸びたものも多かったですし、あらゆる面で風が影響しました。
7回のサブローの打った瞬間どう考えてもショートフライという打球がファーストフライになったりとにかく風が強かった。

「風を味方につけて・・うんぬん」とかマスコミで言われるとなんか反発を覚えるのですが、今日は事実かなり味方に働いたと思います。

今日は他にも、コバマサコールに球場は湧くものの何故かリリーフカーに乗って出てきたのは吉野で、吉野は真っ赤な顔して照れ笑いしながらそのままベンチに戻り、ブルペンからマサが小走りで出てくるという珍プレーがあったり、そのマサと対峙した岡田、荻野、井口は一緒にやってないんだよなあ、という事に妙に時の流れを感じたり、里崎とマサとの対決に感慨を覚えたりとかいろいろありました。
登場のドタバタは福間コーチの伝達ミスのようで、マサも言い訳はしませんでしたが準備不足もあったのかも知れません、ボロボロの内容だったのはちょっと寂しかったですね・・・なんだか普通の投手になってしまった・・。

明日は俊介と新外国人フィガロ。フィガロはさっぱりわかりません。今季初登板は7回2/3を2失点自責点1、先週は6回を自責点5。・・・やっぱりどんな投手かわかりません。
しかしマリーンズは先発が試合を作ってこそです。相手云々よりも、俊介に自分のピッチングをして貰いたいですね。

☆バファローズ打線はこの2試合非常に淡白に見える。今日は天敵後藤がらしくなかったですね。バファローズファンの方もフラストレーションが溜まるでしょうね・・。
☆ライトの守備固めに入った伊志嶺の所に早速ライナー性の打球が飛びましたが、上手く処理。打球の追い方にセンスを感じます。
☆内がやっと初登板。スライダーはイマイチ、いやイマニくらいでしたが、ストレート、フォークは非常に良かった。なにより三人できっちり抑えてくれたのは良かったです。
☆今江、今日もバント失敗。どうなってるんじゃー!名手の筈なのに・・。というか今日はバントの構えをするのがかなり遅すぎるように感じました。最初からバントの構えで良いのになー。

★ファイターズ0−5ホークス
ホークス、天敵武田勝をやっと攻略。多田野が初登板、映像は観ていませんがカブレラに計測不能のスローボールを投げたようですね。相変わらずやなー。
★ライオンズ(雨天中止)イーグルス

盗塁争い(4/27終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)
荻野貴(M)、本多(H)
糸井(F)
岡田(M)+1、内川(H)+1、田中(F)、山﨑浩(Bs)
松井(E)、中島(L)、秋山(L)、片岡(L)、城所(H)、中田(F)
岡田は盗塁を決めたものの、荻野は逆をつかれ牽制死。その前の投球では逆に帰塁のそぶりを見せていたので、寺原が上手かったということか。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年4月27日 (水)

エースの働き!連敗ストップ成瀬! M6−0Bs

成瀬、素晴らしい!連敗中のチームを救う勝利です。
ニッカン式スコア

今日の成瀬はヒーローインタビューでも言ってましたがストレートはそんなに良いと感じませんでしたが、生命線・打者の外角低めにスライダーが良く決まりました。
今日の球審市川はなにしろ低めをバンバン取ります。去年から何度か書いてますが、私は現状の審判には低めをもっと取って貰いたい。・・・しかし今日はちょっとワイルドに取り過ぎです。明らかなボール(に見える)でもストライク。序盤は木佐貫が判定の広さを利用してその恩恵を受けましたが、後半は成瀬が助けられました。低めを取るのでバファローズ打者は追い込まれると低めのスライダーに手を出さざるを得ず、成瀬の投球もそれを見越していつもよりさらに低く投げていたと思います。里崎が上手かったと言っても良いのかも知れませんね。
2試合連続完封は素晴らしいとしか言いようがありませんが、4回の岡田の暴走にも助けられました。クッションボールを考えるとサードコーチャー松山のミスでしょう。
もっとも、あそこで点が入っていても今日の成瀬なら余裕を持って投げられたと思います。
逆に言うと点を取られていたら、点差が付いていればの話ですが成瀬を7回くらいで降板させて後を今日登録の内のテスト登板にしても良かったのかも知れません。

絶対的なエースの存在というのは、今日のように連敗していてもエースで止められるという点で非常にチームにとって大きいと思います。パリーグではダルビッシュがそういう存在ですが、成瀬も少しずつかつ着実に「絶対的エース」への階段を昇っていると言って良いでしょう。
完封も凄いですが、何より連敗を止めた、という事が素晴らしいと思います。明日の唐川もエース候補、こちらも連続完封を望むのは調子が良すぎますが、素晴らしいピッチングを期待したいです。

打線は今日は簡単に・・・。4回の5得点は凄かったのかなんなのか良く分からない感じで点が入りました。木佐貫の四球やバルディリスのエラーに助けられた面もありましたが、繋ぐ攻撃が出来ました。
ホームラン無しで合計6点というのはなかなか楽しいものです。荻野貴がちょっと下降気味なのと、岡田が2安打しつつもまた手打ちにもどりつつあるのが心配ではありますが、打線みんなで繋ぐ意識で明日も寺原に対して欲しいです。

☆5回伊藤を三振に取ったボール、解説の斎藤はスライダーだと言っていましたがカーブじゃないかな?今日はこの速いカーブ(スラーブくらい)を有効に使っていましたね。今季から使い始めたこのボールはなかなか武器になりそうです。
☆8回表、荻野貴のファインプレーはカッコ良かった。荻野のセンスの良さ、身体能力の高さを感じます。ファーストの塀内も素晴らしいキャッチング!
☆マリーンズの喪章が安全ピンを使っているのがずっと気になっていたのですが、今日からペタっと貼るタイプに変わりました。ちょっと安心です。

★ファイターズ3−2ホークス
ダルと和田の投げ合いはダルに軍配。マリーンズが好き放題されたホークスにこうやって勝つのだから、やはりファイターズは(褒め言葉で)嫌らしいチームだ。
★ライオンズ0−2イーグルス
皇子山球場で行われた初の公式戦。チケットを格安(ネット裏2千円)にしたこともあって14991人のお客さんが。西武ドームが電力の関係で使えない為の措置ですが、結果として地方のお客さんがプロ野球を楽しめるのは良いことだと思う。

盗塁争い(4/26終了時)

盗塁数 選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)
荻野貴(M)、本多(H)
糸井(F)
田中(F)、山﨑浩(Bs)
内川(H)、松井(F)、中島(L)、秋山(L)、片岡(L)、城所(H)、岡田(M)+1

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2011年4月25日 (月)

いろいろな意味で藤崎台は寒かった・・ H5−3M

今日の熊本・藤崎台球場でのホークス戦は雨まじりの天候となり風も冷たくて、非常〜〜〜〜に寒かったです。雨、風共に我慢出来るぎりぎりに近い所で、なんとか耐えましたが・・久しぶりに野球で寒い思いをしました。
先ほど深夜に帰宅しましたので、今日も簡単に。

ニッカン式スコア

今季初先発の光原は5回1/3を3失点、自責点1のピッチング。多少の微妙さは残ったものの、身の上の粘りのピッチングで試合を作ったと言えるのではないでしょうか。基本は打たせて取る投球ですしランナーもそれなりに出しましたが、オープン戦を通してこの粘りで結果を残して来ましたから良く投げたと思います。初回に荻野貴のエラーで失点してしまったのがリズムに乗りきれなかったのかも知れませんし。この内容ならば、来週にまたチャンスがあるでしょう。

荻野貴司はその初回のエラー、とうとうやらかしてしまいました・・・。今までちょこちょこと軽微な失策はあったものの、試合の行方に大きく関わるような大きなエラーは初めて・・・。
観戦場所が外野よりの3塁側内野だったので、荻野から1塁への送球ラインが正面だったのですよね。なので逸れた送球がきれ〜〜いに見えてしまって・・・投げた瞬間「あららら〜」と。高校野球みたいでした。

でも、荻野の守備に関しては多少のリスクを負っての起用ですし、(プレーしているナインがどう思うかは別にして)私は気にしません・・・。そもそも学生時代にショートでベストナインを取っているとは言え、プロで外野からショートへのコンバートというのは相当な技量を必要とされます。ましてや右ひざを故障したオフにコンバートという普通は考えられない状況。しかも秋季キャンプで練習出来てませんから、実質春からのショート転向ですからね。逆の言い方をするとそれだけのハンデがありながらも「思ったよりも良くやってる」レベルだと思うのです。
・・とまあいろいろと擁護してしましましたが、もちろんプロである以上今日のエラーは言い訳出来ません。それでも荻野を責めるよりもむしろ守備の負担がバッティングや走塁に悪影響出ませんように・・とまで思ってしまう始末です。
正しい考えなのかはわかりませんが、荻野貴司のショートに関して云々するのは来年かな、と思います。

投手ではロサが汚名返上の三者三振!フォーク(たぶん)をばんばん使ってましたね。今日試合前に内野の外側で里崎とロサが通訳を介して延々と・・・15分くらいかな?ずっと話をしていたのです。なので今後の投球がどう変わるか興味がありました。
まあ、それにしてもマリーンズ投手は川﨑本多にやられすぎですね。

打線は・・・初回の荻野ヒット→盗塁→井口タイムリー、までは美しかったのですが・・・。3度の併殺に象徴されるように消化不良。7回のテギュンの止めたバットに当たっての投ゴロ併殺は、寒さもあてかなり悲しかったですね・・・。
捕手二人しかいないのに代打・金澤に思わずのけぞったりと他にもいろいろあるのですが、割愛・・。

まあ、試合としてはちょっとお寒い内容ではありました。

とまあ、ホークスにしっかり連敗、という結果に終わった九州新幹線シリーズ。最初から嫌な予感はしてました・・・(そんなネガティブだからいけないのか?)。鹿児島は9回に良く追いつきましたが、今日なんかは摂津に先発転向初勝利をプレゼントしちゃうのだろうなあ〜とか考えてしまって。
そもそも私が遠征に行くと殆ど勝てないのですよね・・・。鹿児島、熊本での試合の雰囲気そのものは楽しめただけに、結果がついてくれば言う事ないのですがね。終わってみれば「やっぱり・・」という結果に終わった九州遠征でした。
鴨池、藤崎台球場の様子はまたアップしようかと思います。

借金1となってしまいました。来週、マリンでの連戦に期待しましょう!

★今日もパ・リーグ結果、盗塁表はおやすみします〜。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

最終回追い付くも鹿児島開催に花を送る…H5−4M

惜しかった…ホークス13年振りとなる鹿児島開催に勝利をプレゼント。

心配された天気も問題なく、球場には早くからお客さんが集まりました。私は地方球場の雰囲気が好きで、楽しそうな人達の様子にこちらも心躍って来ます。
球場のレポはまた上げたいと思いますので、今日は簡単に。

内野指定で観戦、見易かったのですがちょうど前のお客さんの頭が投手と野手の間に…強い逆行気味の陽光とあいまって投球もちゃんと見られなかったので球質や配球は今日は触れません。(あ、文句では無いです…充分堪能しましたので)

今日は常にライトからレフト方向へ10m前後の強い風が吹き、良くも悪くも影響が出ました。

マーフィーは初回に失点と相変わらず。試合は作るものの、堪え性がないと言うか…失点する時はあっさり。逆転した直後に同点にされたりとその辺りが薄い信頼に繋がってしまいますね。

後を次いだ古谷、伊藤で失点してしまいますが、二人とも初球をあっさり打たれているのが気になります。配球が読まれていたりとかしませんかね…。

9回は薮田だと思ったらロサでした。延長10回を考えたのでしょうが、この辺は評価が分かれるとこですね。難しい。個人的には結果論でなく薮田で行って欲しかったなぁーここを抑えてこその延長ですし。本多らは球威で押してはいましたが、小久保の初球のファールはいきなりタイミング合ってましたし、危険な香りはありました。内川のポテンとかツキは無かったですが…。(サブローと井口、何とか出来なかったかな…サブローは風に後押しされたホームランがありましたがここで風にやられましたかね〜)

打線は杉内を二周り目から攻略しました。良くやったと言って良いのではないでしょうか?9回に馬原から良く追い付きましたし。欲を言えばここで勝ち越ししておきたかった…。

終わって見れば復帰の小久保がサヨナラ打、地元鹿児島出身の川崎、本多、杉内が活躍と鹿児島のお客さんは大満足な結果となりました。

マリーンズは連勝中でしたし、相手守護神を打ちましたから勝ちたかったですね。明日の光原は先発に賭ける思いはとても強いと思います。明日リベンジしましょう!雨が心配ですが…。

☆9回、テギュンに何故代走を出さなかったのだろう?10回があったとしても打席回らない可能性高いし。塀内に代わってれば9回ウラ内川のファールフライを捕れていたかも知れない。
☆川崎の三塁打(記録は二塁打とエラー)は球場が凄い盛り上がった。こっちはピンチなのに雰囲気を楽しんでしまった…。
☆馬原が5試合連続失点と敵ながら心配…。開幕直前に不幸もありましたし(本人は絶対言われたくないでしょうが)、配置転換よりも一度抹消してリセットするのもテではないでしょうか。

★今日はモバイルからの更新の為、他パ・リーグ結果と盗塁表はお休みします。しかし本多2盗塁、聖澤は1盗塁決めたようですね。今日元気無かった岡田荻野頑張れ〜!

西日本スポーツ 南九州シリーズ、良いですね
1303569713018.jpg

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年4月22日 (金)

4/22終了時のパリーグ盗塁王争い

今日宮崎入りし、友人と会ってから鹿児島に移動しました。
今鹿児島は雨ですが、明日の朝にはあがって昼には晴れるようですので、気持ちよい天候で試合が見られるかもしれません。試合の方も気持ちよい内容となって欲しいです。

今日は簡単に、盗塁表だけ載せておきます。
明日はレポは出来ても、盗塁表無しかも知れません。

盗塁争い(4/22終了時)

盗塁数
選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)+1
荻野貴(M)
本多(H)、糸井(F)+1
中島(L)、片岡(L)、城所(H)、田中(F)、内川(H)、松井稼頭央(F)、秋山(L)+1
岡田(M)他多数

聖澤が11試合で7個とノッてます。今季はどんどん行け!という球団方針もあるのでしょうね。楽しみです。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

”札幌ショック”払拭の3タテ M7−1L

まさかまさかの対ライオンズ3タテです!
ニッカン式スコア

”札幌ショック”の後、いくらなんでも3タテなんて虫の良いことは考えていませんでした。3連敗なら考えたけど・・・。
対戦相手や球場が変わると関係ないもんですね。というより日曜の札幌敗戦は原因が先発、とはっきりしていたから思いのほか選手にはショック無かったのかな。私はメチャクチャショックでしたけどね。
もっとも、144試合戦うんですから、選手も切り替え上手くやらないとやってられませんよね。

今日先発の俊介は危なげが無かったです。前回あれほどダメダメだった投手がこの投球ですから・・良くわからん。やっぱり無風のドームよりマリンの方が生きるってことなのでしょうか。
俊介にしては珍しくコントロールが良くて、ライオンズ打線に自分の打撃をさせませんでした。甘いストレートを中島にポール直撃弾撃たれましたが、その1失点のみ。中4日と他の投手の登板という事もあってか7回で降板しましたが、88球無四球と文句の付けようがない投球。
球審の森は左右コーナーの判定がかなり辛くて(その割に荻野や岡田の打席では外に甘い判定があったり・・)苦労したと思いますが、素晴らしいピッチングでした。

俊介の後はロサがテスト登板。最初ストレートをずっと続けた後、140km台のフォーク(かな?)とスライダーを使ってましたが、スライダーはもう少し切れが欲しいところですね。チェンジアップを上手く使えると面白そうです。
薮田は調整登板だと思いますがさすがのピッチング。クローザーは今は薮田で問題ないですね。現状ではロサより何段も上のレベルで安定しています。

3連続完封と行きたかったですけど、俊介は連続完封の後はやりづらかっただろうなあ・・と想像出来ますし、そんな中の1失点好投ですから、欲を言ったらキリがないですね。

西口はボールを上手く散らせますが、やっぱりストレート、スライダーともに昔のキレはありませんね・・。寂しいですが、その分メンタルや投球術は積み上げてきたものがありますし、これは「進化」だと思いたい・・・。三振が取れなくなっているのが苦しいですね。打たれた球はいずれもやや真ん中に甘く入ったボールでした。

マリーンズ打線は1番に岡田が復帰。3回の先制は鮮やかでした。テギュンヒット→里崎犠打→今江タイムリー二塁打→岡田四球→荻野タイムリー→井口犠飛、とあっという間に繋がって3点。実に無駄のない点の取り方で、観ていて気持ち良いです。相手はかなり嫌だろうなあ・・。
今江9番は「文句の付けようがないけど勿体無い」と昨日書きましたが、やっぱり9番に今江がいると繋がる・・・DH制のパ・リーグは9番に好打者が座ることが多いですが、やはり頷けるところで、里崎より遥かにスムーズに1番に繋がりますね。今江5番も好きなのですが・・・しばらくは今江9番がベストかも。
里崎は7回にもこの日2つめの犠打をきっちり決めました。2つとも点に繋がる貴重な犠打で、今日の影の立役者じゃないかと思います。里崎がブン回さないでfor the TEAMしてくれると実に心強いです。
お大きなお世話ですけど、今日の犠打なんかはどのくらい査定されるもんなのでしょうね?かなりポイント高く査定して欲しい。

やや下降気味だった岡田はしっかりひきつけて左中間を割る3塁打を打ちましたし(投手交代の間金森コーチと話していましたがその効果があったのかどうなのか)、テギュンもマルチ。福浦、サブロー、大松にヒットが出ませんでしたけれど、他のみんながカバーする「和」な攻撃でした。7回の得点は、昨日あっさり3三振した長田を打ってのもので、これも良かったですね。

実に良い勝ち方で、鹿児島・熊本に乗り込む事が出来ます。
ホークスは杉内、摂津とかなり強力ですが、「和」で攻略して欲しいですね。土曜はマーフィー、日曜は・・・晋吾が一番手と思っていたら今日ファームで投げました。となると光原・・・吉見、大穴でコバアツもありえますね。光原は前回ファームで4回3失点6四死球となんとも言えない結果でした。誰が来るかわかりませんが、先発が試合を作ってくれれば勝機は見えてくると思います!

私は明日九州に乗り込み、2試合とも参戦して来ます。良い試合を見せて欲しい!
(PCは持って行きませんので、簡単な更新になるかも知れません)

☆浅村、今日も3打席中2打席が初球打ち。これは積極性と取りたい。みてて楽しいですね。
☆荻野プレートは昨日の時点で売り切れだったそうで・・・。でも再生産とのこと。欲しい〜!

★バファローズ0ー4ファイターズ
ファイターズ4連勝。このチームが調子に乗ってくるとやっかいですね〜。中田、面白いもので初安打が出てからは順調にヒットを重ね、今日は第1号が飛び出す。
★ホークス8ー3イーグルス
鉄平、とうとう9番に。たぶん震災があって、気持ちが入りすぎているんじゃないかなあ・・。早くいつもの鉄平に戻って欲しいですね。

盗塁争い(4/21終了時)

盗塁数
選手 (+数字は今日上乗せた数)
聖澤(E)
荻野貴(M)+1
本多(H)+1
中島(L)、片岡(L)、糸井(F)、城所(H)、田中(F)、内川(H)+1、松井稼頭央(F)+1
岡田(M)他多数

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2011年4月20日 (水)

お見事!まさかの連続完封 M3−0L

まさかと言っては失礼ですが・・ライオンズ相手に連続完封出来るなんて考えていなかった!
ニッカン式スコア

今日も西村監督は動きました。マリーンズのオーダーは1番に清田。4番福浦は代えず、5番にサブロー、9番に今江。岡田はベンチスタートで大松が6番レフトでスタメンです。
岡田も使って欲しかったですが、昨日は内容がよくありませんでしたし、疲れもあるかも知れませんからここで一休みは妥当かも知れませんね。本人は出たいでしょうけどね・・・。
今江9番は、「9番打者」という意味では文句の付けようがないのですけど、能力を考えると私はやっぱり勿体無いと思ってしまいます。
でも、いろいろと試す事は良いと思いますし、評価したいと思います。

先発の唐川は前回非常に不安を覚えたのですが、何と完封勝利!
球は全体的に高めで立ち上がりは少し微妙でしたが、初回いきなりデッドボールで出塁させてしまった片岡を牽制で刺したのが大きかったですね。これからリズムに乗ったと思います。
右打者の外へのスライダーが有効で、面白い様に振ってくれてました。各打者にはシュートが頭にあったでしょうし、スライダーのキレも良かったと言う事なのでしょう。
もっともっと良いピッチングが出来る!とも思いますが、完封ですし文句を付ける所ではありませんね。見事でした!

知らなかったのですが、去年おかわり君は唐川にノーヒットだったのですね。中継での話によると「全くタイミングが合わない」そうで、今日は4タコ。おかわり君を抑えたのも大きかった。
最終回、最後の打者ブラウンを三振に取った場面。里崎のサインに2度首を振りインローのストレートで三振に仕留めたのですが、唐川がやたら照れてるから何そんな照れてんだ?と思ったら、イン
ローのストレート要求に首を振って投げたらそこ行っちゃったとの事で、それは・・・照れるな。

帆足はそんなに悪いとは思いませんでしたが、初回2死無走者から鮮やかな3連打で先制し、出鼻をくじく意味で効果的でした。サブローは今日猛打賞。妙な守備はあったものの、5番の仕事を果たしました。
7試合連続安打を続けていた荻野がノーヒットに終わったのは残念でしたが、犠飛できっちり貴重な追加点を挙げています。清田は2度の犠打(1度は失敗)があり、実質2打席でしたがヒットは出ませんでした。本人は焦るでしょうが、いつか活躍の機会があるでしょうし、自分の仕事をきっちりやりつつチャンスを待って常に準備していて欲しいですね。
明日は岡田がまた1番に戻ると思います。そこ以外は今日と同じになるのかどうなのか、楽しみに待ちましょう。伊志嶺スタメンはいつ来るか、とそれも楽しみなのですけどね。

しかし、テギュンの1塁守備は不安ですね〜今日は荻野貴の深いところからのワンバウンド送球を二つ取れませんでした。1つ目はバウンドがイレギュラー気味にやや高く跳ねたのでしょうがないとして(福浦でも難しい・・・かな)、2つ目はイージーでしたし、最低限前に落として欲しかったですね。荻野の送球は深いところからなのでワンバンは仕方ないですし・・(それどころかノーバウンドで投げようとしてスローイングを崩して欲しくない)。テギュンはどうにも身体が重そうに見えます。
一方、大松に良いプレーがあり、無死1塁で中島のサードベースに当たるヒットを素早くカバーリングして走者の3進を許しませんでした。日頃守備に文句を言いたくなるばかりの大松ですが、これは良いプレーでした。
守備が締まると試合も締まります。これからも良いプレーをみせて欲しいです。

明日はなんと俊介。前回土曜日は3回1/3、6失点でノックアウト。62球投げてますが、問題無いでしょう。やっぱりマリンの方が良いと首脳陣は考えたのでしょうか?先発陣の中では最年長の俊介、汚名返上の好投を見せて欲しいです。

待望のカード勝ち越しを決めました!同一カード3連勝はなかなか難しいですが、明日も勝ちましょう!

☆8回裏攻撃時、福浦の応援で今年も出ました「レッツゴー習志野」バージョン。こういう遊び心は楽しい。
☆ライオンズ秋山、テギュンのライト前ヒットの時にファーストで刺す、というのを(間に合わないまでも)ちゃんと頭に入れた動きをしていた。ルーキーの癖に・・・いい選手じゃありませんか〜!ファーストの浅村がそんなことは考えず秋山に背を向けてしまったので実現しませんでしたが(実際タイミングは間に合わなかったと思いますけど)浅村はもちろん、対戦するチームも”ライトゴロ”の危険性を頭に入れといた方が良いですね。こういう野球センスに溢れたプレーって好きです。

★バファローズーファイターズ
久しぶりにスタメンの駿太、プロ初ヒットを含む2安打、初打点。しかし満塁でライト前ヒットを後ろに逸らすという痛恨のエラー。日々勉強ですね。よくも悪くも目立ち、スター性は充分です。
★ホークス10ー3イーグルス
不振の鉄平が7番に、中村が3番抜擢。驚いた。攻撃力が今一つとあって星野監督もここ3試合いろいろ試してますね。

盗塁争い(4/20終了時)

盗塁
選手

聖澤(E)+1

荻野貴(M)

中島(L)、片岡(L)、糸井(F)、本多(H)、城所(H)、田中(F)+1

岡田(M)他多数
聖澤が今日も決めました。 盗塁2コに片岡と城所が漏れてました、すみません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2011年4月19日 (火)

荻野プレート効果さっそく! 当ブログでは毎日盗塁王争いを取り上げて行きます M2−0L 

今日はエース同士の投げ合い。
成瀬、涌井ともに素晴らしい内容で、久しぶりに投手戦を堪能しました。
ニッカン式スコア

しかし試合前にペンが抹消というニュースが・・・。右ひじの軽い違和感だそうで、監督によると「一回飛ばす」との事。一時帰国して、再来日してすぐに投げたりしてましたし、少し負担がかかったのでしょうか。言葉通り一回飛ばすだけで済む事を祈ります。これにより来週は先発が1枚足りなくなりました。恐らく晋吾・・・うーん、オープン戦で結果を出した光原かな〜。どちらかだと思いますが・・。

さて、試合です。
先発の成瀬は先週に続き、コントロール、キレともに申し分ありませんでしたね。先週は球場、今回は映像観戦ですが、先週の方がやや良かった印象。
最終回に今日唯一の四球を出してしまい少しだけバタバタしましたが、危なげないピッチングで去年4月17日以来、一年振りの完封。9イニング中6イニングが三者凡退と締まった内容で、納得の完封でした。先週の悔しい思いを今日晴らせたのではないでしょうか。
今日の勝利は成瀬に尽きますね。

一方の涌井、投球を久しぶりにじっくり観たのですが、やっぱり良い投手だな〜と。左右のコントロールが素晴らしい・・・特に左打者に対して。外角へのシュート、外から入ってくるスライダーのコントロールが絶妙です。これだけコントロール良くて球種も揃ってるとキャッチャーも楽しいでしょう。
6,7回に1点ずつ失点しましたが、やや高く浮き出しました。中盤から風が強くなって来ましたので、その影響があったのかなとも思います。
マリーンズ打線はチャンスを作りながらも今ひとつ攻めきれませんでしたが、涌井が良かったということにしましょう。

打では荻野貴司デーでしたね!初回ヒットで出塁即盗塁、6回は二塁打で出塁し、井口タイムリーで即生還。今日発売の荻野プレート「快足荻野二塁行き」と「特急荻野本塁行き」そのまんまでした。営業もしてやったりだろうなあ。さらに猛打賞、ライナーに飛びつき好捕と大活躍・・・ヒーローインタビューでは相変わらずシャイでしたが、そんなとこも良い。
なんか不思議ですけど、成瀬とは同級生なのですよね。しっかり同級生の完封勝利をアシストしました。
JSports中継中の話では、右ヒザはまだ万全ではなく、打撃、守備でまだいまひとつとのこと。もう一年近くになるだけに心配ではありますが、プレーを通して強くして行くしかないのでしょうか・・・。早く100%に戻って欲しい。心から願います。

しかし、先週の札幌(特に3戦目)が嫌な感じでしたので、今日の勝利は気持ち良かった!開幕3カード目にしてやっと頭を取りましたし。
明日は唐川と帆足。
唐川は先週のピッチングが私的に不安を覚えましたので、それを払拭して欲しいです。今日の涌井のピッチングは良い刺激になったのではないでしょうか。帆足という事で、清田スタメンがあるでしょうね。1番岡田は崩して欲しくないのですが、前回同様1番に清田9番岡田なのか?

さてと、かなーり気が早いですが今日から毎日盗塁王争いを気にしてこかな、と思います。
今日終了時でこんな感じ。+数字は今日積み上げた分です。

盗塁
選手

聖澤(E)+2

荻野貴(M)+1

中島(L)、糸井(F)+1、本多(H)+1

岡田(M)他多数
聖澤が好スタート。去年24盗塁してますし、タイトル争いに絡んできそうですね。

☆西村監督、不振のテギュンをいきなり8番に、好調福浦を4番にしてきました。ファンとしては堪らんです。今年はかなりオーダーは柔軟で、嬉しい限り。明日は帆足ですが、4番また変えちゃったりするのだろうか・・・。最終的にはテギュン4番が理想だとは思うのですが、当面はこの形でも・・。
☆今江、バント失敗で井口2塁憤死のあげく、その後ゲッツー。エンドラン失敗で根元が2塁憤死も。エンドランはともかく、今江はマリーンズで一番バントが上手いと思っているので、ちょっとアレですねえ・・。ファイターズ戦のように上手いことはそうそう行きませんね。
☆ライオンズ秋山、今日は守備にセンスを感じました。サブローのフェンス際打球好捕もそうですし、大松だったかな?のライトフライも風が強い中無難にこなしました。安心して見られる守備です。マリン初めてなのに対応力が素晴らしい。ルーキーながらスタメン起用され続ける理由がわかりました。楽しみな選手です。

★バファローズ2ー8ファイターズ
ダル、今日は8回1失点とさすがのピッチング。ファイターズが乗ってくると嫌〜な感じなので、明日寺原に頑張って欲しいなあ。中田はようやく初日が出たようですね。駿太は出番なし。
★ホークス1−2イーグルス
こちらも和田ー岩隈の素晴らしい投手戦。どちらも不運な形の1失点のみ。和田は7回で1四球、岩隈は9回で無四球と、やはり四球が少ないと良いなあ・・・先週の大嶺が私には思いの外深い傷になっているみたいです・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2011年4月18日 (月)

イーグルスの「がんばろう東北」ワッペン購入で被災地支援が出来る

今季、イーグルスは左袖に「がんばろう東北」ワッペンを付けて試合に望んでいます。
ご存知の方も多いと思いますが、私たちもこれを購入することが出来ます。収益は全額震災の義援金として寄付されるとのこと。1枚300円。

各種支援活動を「がんばろう東北」のスローガンで行います(イーグルス公式)

楽天イーグルスは、選手が着用するユニフォームに「がんばろう東北」のワッペンを付けて、各種支援活動を「がんばろう東北」のスローガンで行います。 「がんばろう東北」とは、甚大な被災に見舞われた東北地方の復興を支援するにあたり、今シーズンの支援活動の象徴となるスローガンです。楽天イーグルスは、「がんばろう東北」を合言葉に出来る限りの支援活動を行って参ります。 また、このワッペンは4月12日(火)から楽天イーグルスオフィシャルショップ(WEB通販)、オフィシャルストア藤崎青葉通り店(藤崎本館隣)等で発売いたします。このワッペンの収益は、全額「東日本大震災」の義援金として寄付いたします。(略)

イーグルスオフィシャルショップはこちら(単純リンクです)
http://item.rakuten.co.jp/rakuteneagles/c/0000001494/

記事中にはありませんが、マリーンズストアでも販売していましたので、去る12日の開幕戦で購入して来ました。とりあえずホーム用とビジター用の2枚。
Rimg0400_2

選手たちのユニフォームに貼ってあるのと同じ物のようですね(なんとデサント製)。まだ貼っていませんが、私は野球観戦の時に使っているバッグ(マリーンズのだけど)に貼ろうかと考えてます。他、日常ユースの物にも貼ろうかと。通勤カバンだとTPO的にもデザイン的にもちょっと微妙なので何か別の物で考慮中。
草野球をやっている人はユニに貼っても良いかと思いますし、もちろんどこにも貼らず持っているだけでも良いでしょう。

明日からの3連戦でマリーンズストアで売っているかは未確認ですが、品切れでなければ売ってるんじゃないかなあ?私が買った時はレジの所に置いてありました。
このワッペンを買って震災支援もありですね。

マリーンズストアといえば『荻野貴行き先プレート』が発売だそうな。
4/19(火)~荻野貴選手をモチーフにした『荻野貴行き先プレート』発売開始!!(マリーンズ公式:画像も)
Ogino_plate_3
この画像の荻野、なんかどこかが違う人みたい・・・。
これ買います〜。
久しぶりにセンスあるグッズのような気がします。ちょっとレトロ感漂いますが。
女性は「荻野貴司行き」が欲しいのではないか?(笑)


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

【さらに気分転換】2011石垣キャンプ 画像+動画集 〜番外編〜

もいっちょ気分転換行ってみましょう。キャンプ画像の番外編です。
2月の事なのに、もう遠い昔の事のようです・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

石垣キャンプ画像+動画集も最後。
今回は番外編です。

今年から新球場が出来た為、今までと選手の移動方法も変わり、立ち入り禁止区域なども多くて選手との距離感は少し遠くなりました。私はサインを貰うということに殆ど興味が無いのですが、今年は今までよりも貰いにくかったのでは。そこを期待される方はがっかりするかも知れず、来年もう少し改善される事を望みます。

石垣市内主要箇所とキャンプ地を結ぶ無料ラッピングバス
Muryoubus

石垣キャンプポスター
Airport

2008年のキャンプ正門はこんな感じでしたが
2008gate

今年は地上に降りてきてました
Gate

ゴルフカートで移動するコーチ達
Cart

選手たちの移動は基本的にワゴン車に
Idou

今季からチームスタッフとなった黒滝と田村も頑張ってました
Kurotaki_tamura

出店の石垣牛バーガー、かなり旨い。肉、バンズ共にその場で焼いてくれます。400円!
Ishigakigyubarger

道を横断するCOOL 悪いヤツかと思ってたらマナー良く手を挙げてた
Cool

妙にタクシーの運転手さんと仲の良いCOOL
Cool2

無事キャンプも終了!
Tejime

Campfinish

終わった終わった〜
Campfinish2

石垣キャンプ動画 オマケ編

石垣市内のとある自動販売機
Vendermachine2

島では普通にハイビスカスが咲いていました
Haibee

私がこよなく愛する竹富島の海 是非行ってみてください
Sea

選手・関係者のみなさん、お疲れ様でした
Ball

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【気分転換】2011石垣キャンプ画像+動画集 〜投手編〜

なーんか今日は超つまらんかったので・・・・気分転換に。
以前記事を作っておきながら、震災とタイミングが重なってお蔵入りしていたキャンプ記事をアップします。キャンプ画像+動画集投手編です。野手編はこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

投手編です。
今回は野手を多く観ていて、あまりブルペンは観られませんでした。
成瀬やマーフィー、俊介は紅白戦でしか観ていないのがちょっと残念です。

では行ってみましょう!(画像はクリックで拡大します)

成瀬 今年は真のエースだ
Naruse

マーフィー
Murphy

俊介 野球やってる姿には見えませんな
Shunsuke2

古谷 躍動感溢れる
Furuya

服部 怪我は残念
Hattori

唐川 きっちりキャッチャーミットを見ています コントロールの真髄
Karakawa2

川越 もちろんキャッチャー見てます
Kawagoe

薮田 俺だってキャッチャー見てるぜ!
Yabuta2

全く見てない(ペン)
Penn

ブルペン
Bullpengaikan

ブルペンは活気があって怖いくらい
Bullpen

受ける方も必死!
Bullpen_catch

ルーキー小林 背番号41でKOBAYASHIは違和感が無いようなあるような・・・Kobayashi

唐川 この重心の低さ、腕のしなやかさ!
Karakawa3

上野 そのストレートにすっかり魅了されました
Ueno

松本 勝負の年
Matsumoto2

期待のヤマテツ
Yamatetsu

動画 ブルペンの様子

戦いすんで
Bullpen4

独り居残って投球練習する大嶺を見つめる井上コーチ
Oumine_inoue

動画 祐太の投球練習

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悔しさと情け無さと・・・ F8−4M

情けない・・・そして悔しい・・・。
昨日「明日は打てる、勝てるぞ!という確信」と書いてしまった私。
ああ、恥ずかしい・・・。
今日は試合開始が本当に楽しみで万難を排してTVの前に座ったのですが、1回の裏であっさり吹き飛んでしまいました。
ニッカン式スコア

今日は大嶺に尽きます。先制して貰った後に四球でランナーをためてガツンといかれる悪循環、一人相撲。去年までと何も変わっていません。余りにも情けない内容でした。これではいつまで経っても野手の信頼は得られませんし、ファンだって信用出来ません。
初回失点の斎藤を立ち直らせてしまい、打線が打ちあぐねる手助けをしていましました。

一番の要因は精神力でしょう。ちょっとボール先行すると四球が怖くなってしまうのか。先頭の賢介の打席が良い例でした。またランナーが出るともうダメで、セットポジションがどうとかいう問題ではありません。たぶんコントロールの悪さは技術的な部分もさることながら精神面が大きいと思います。
このあたり、劇的に変わる要因とか何かないのかな〜。結婚とか・・・・。
来週は5試合なので先発は5人でOKです。一度飛ばすならば明日抹消もありえますね。

今日は言い訳無用です。
しかし、ひとつだけ言わせて下さい・・・満塁で迎えたホフパワーの打席、何故初球にストレートを里崎は要求したのでしょうか?外角に構えてましたけど、コース云々でなくてストレートって言う選択肢が全くわからない。次の回、先頭大野の初球に緩いカーブ要求したじゃないですか。何故ここでカーブ要求出来ないのか。押し出しが嫌でカウントを悪くしたくなかったのかもしれませんが、四球後の外国人に初球ストレートと言うのは理解不能です。ここで変化球を投げることは逃げでもなんでもありません。「要求通りに投げないと知らんもんね」って言っているかのような、里崎のそんなとこが「俺様リード」で好きじゃないんですよ・・・。誰か納得行く答えを教えて下さい。

大嶺はずっとずっと応援しているだけに本当に残念でしたし、失望しました。それでも、ストレートは去年よりも伸びと球威がありました。投球そのものは去年よりも良くなっていると感じます。
本人が一番悔しく、情けなく思っている筈。次、チャンスがあれば結果を出せ!
私はいつまでも大嶺祐太を応援します。本当に脱皮して欲しい。

さて、斎藤佑樹です。私は斎藤佑樹の評価は低いのですが、今日はさすがの精神力と制球力でしたね。特に低めの変化球は今までで一番良かったと思います。打者が低めの変化球に手を出す場面が目立ちました。初回、先頭の岡田が三振したフォークも良かったですし、ここ一番で力を出してきたな、という印象。ドラフト1位の投球という内容でした。5回に小谷野の失策をきっかけに連打を浴びて2失点しました。5回で降板させたのは梨田監督の親心でしょうね。6回以降も投げていたらどうだったかわかりません。
しかし、マリーンズ打線、特に右打者は何とかしないといけません。低め、もしくは外の変化球に手を出しすぎ、強引に引っ張ってゴロ連発という一番やって欲しくなかった内容でした。昨日の引きつけてしっかり振る打撃はどこ行った、と。極端に言えば右打者で理想の打撃をしていたのは初回の荻野貴のセカンドゴロ(エラー)と井口の2ランくらい。
ちなみに斎藤が奪った15アウトの内訳は

三振 2
内野ゴロ 10(うち1つは併殺)
外野フライ 2

です。この他内野ゴロエラーも2つありましたので、実質内野ゴロ12です。如何に斎藤の術中にはまったか良く分かると思います。この辺りも情けない内容でした。

とまれ、もう終わった事です。
斎藤を楽にしてしまったのはいきなり4失点してひっくり返されてしまった事が原因であることは間違いないですし、次に対戦する時は絶対に打ち崩して欲しい。それが出来ない打線ではないと思います。

これで2カード連続負け越しとなりました。次はマリンに戻ってライオンズの表ローテと当たりますね。明日の休日で選手、ファンともども頭を切り替えて、3連勝してくれ!くらいの気持ちで待ちましょう。

☆テギュンが深刻。全く自分の打撃が出来ていない。6試合終わりましたけど、監督はどう考えるか・・・でも4番を外すと言っても他にいないのですよね。福浦は5、6番だからこそって言うのもあるし・・。サブロー4番も現段階ではどうかなあ〜。いっそのこと夢の今江4番とか。・・・まず無いか。
☆今日大嶺の代わりの抹消は竹原だった。妥当かな・・・入団から何年かは大松と左右の大砲っていう期待をずっとしていましたけど、今は・・・・。竹原よりは伊志嶺に1軍を経験させたい。
☆中田は今日もノーヒット。うーん、本人が一番辛いと思うが・・・頑張れ。元気が無いように見えるのが気になる。

★イーグルス1ー4バファローズ
戸村、西のフレッシュな投げ合いは終盤まで竸ったものの、バファローズが8回に逆転、突き放す。
先発の西(菰野高校卒3年目)は良い投手だな〜と思っていたので、嬉しい。今日も駿太はスタメン外れる。イーグルスは岩村を5番、ルイーズを外し井野をスタメンマスクと変えて来ました。

★ホークス10−8ライオンズ
一時最大5点差を付けたホークスでしたが1点リードの9回表、馬原が佐藤友にまさかの同点HR。そのすぐ裏に松田の2ランでサヨナラ、という壮絶な試合。期待の岩嵜が待望のプロ初登板をほぼ手中にしていたのですが・・・馬原に勝ちがつくという皮肉なパターンに。しかしいつも言ってますがカブレラのいい加減な守備は本当にどうにかしないと・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2011年4月16日 (土)

対Fにおいてとても重要な勝利!明日も勝つ! F6−7M

驚きの的場抹消でした。
今の外野、内野の競争を見ていると恐らく捕手二人制で行くと予想され(個人的には捕手三人制で行って欲しい)、その場合に抹消されるのは金澤だと思っていたのですが・・・。去年あれだけマリーンズを支え、笑いでも支えた男、的場。
でも、確かに・・・これからのマリーンズを考えたら、若い金澤を第二捕手にすべきなのかも知れません。とても寂しいけど、これもプロ野球の世界・・・誰かが抹消になるというのは誰であれ寂しいものですが、こんなに寂しい抹消は久しぶりだ・・。

と、いきなりしんみりしてしまいました。試合の話を。
今日の試合は3試合分くらいな感じでした。前半は負けパターン。中盤は「あれ?もしかしたら?」という竸ったパターン。終盤は勝ちパターン。長い試合でした・・・。
ニッカン式スコア

初回、荻野貴のヒット→盗塁→悪送球で3進→テギュンの内野安打で1点、と荻野の足で稼いだ幸先の良い1点を俊介があっさり吐き出してしまいました。今日の俊介はコントロールがダメな俊介でした(もともと余り良くないけど)。観ていて辛くなるくらいの内容でした。今季初登板のプレッシャーはやっぱり大きいのでしょうか?しかし光原がオープン戦でも結果を残していますし、うかうかしていると去年終盤のようになってしまいます。来週は試合は5試合のみですから、一度飛ばすのか、九州での登板があるのかないのかわかりませんが、結果を出して欲しいです。

打線はケッペルを打てる気がしなかったのですが、ケッペルのコントロールが今ひとつな事もあり、じりじりと追い上げました。正直、初回の1点の後に4点取られた時点で打線も湿っちゃうのかな、と思いましたが、良く粘りました。
岡田の猛打賞は唸るばかりですし、相変わらずの福浦の打球の美しさには惚れ惚れします。今日は大松も2本でましたし、サブローも内容は悪くありませんでした。
それにしても、バントを立て続けに失敗してヒッティングせざるを得なかった今江がまさかの逆転2ランとは・・。バント失敗した後にヒット打ったり、とかこういうパターンは珍しくないですが、ホームランとは全く考えていませんでした。今江の苦笑いといい、札幌ドームの静けさといい、何とも表現し難い雰囲気になっいたのが可笑しかったです。

投手では俊介の後を継いだ山本一が「気持ちが伝わって来る投球」をしましたね。押し出しをしてしまいましたが、攻めた結果の2四球でしたし、あの流れで1点に凌いだのは上出来でしょう。古巣相手で燃えた事もあるのでしょうが、気迫のこもったストレートは素晴らしかったです。これで計算出来る左腕がブルペンに加わりました。強いて言うならば、スライダーの精度を高めないともっと先は望めません。非常に印象に残る登板でしたから、もっともっと頑張って欲しいです・
伊藤は7回、満塁で二岡を三振に仕留めたスライダーが良かったですね!プライドが込められたスライダーでした。あの気合があれば安心です。
8,9回のロサー薮田は妥当だと思います。ロサはこないだのマリン初登板よりもかなり良かったですね。金子を内野ゴロに打ち取った低めのストレートは力がありましたし、まとまって来ました。中継ぎとして戦力になってくれそうです。
薮田は・・・・今最高に状態が良いのではないでしょうか?他チームの守護神に例えるのもナンですが、今日は馬原を観ているようでした。伸びのあるストレートは低めに決まるわ、フォークは落ちるわで完璧ですね!去年も春先は素晴らしかった。しばらくは薮田クローザー、体力の落ちてくるころに内、もしくはロサがカバーというのが理想かも知れません。
そんなこんなで素晴らしいかった後ろの投手陣ですが、中継ぎのコマはやはり足りません。内や上野、中郷、山本徹ら、早く上がってこい!という気持ちです。

さて、今日の勝ちですがとても大きく、かつ重要だったと思います。
「ファイターズに対する意識」と言う意味で、今日あのまま負けていたらまたしても苦手意識を持つ所だったのではないかと。優位にたった訳ではもちろんありませんが、今日の試合で逆に相手に嫌な印象を与えることが出来たでしょう。今日の試合内容は去年までだったら立場入れ替わって逆の立場だったと思います。マリーンズがファイターズに対してこういう勝ち方が出来たと言うのは大事だと思います。
そして明日は斎藤佑樹です。マリーンズっていうのはこういう時、新人にプロの厳しさを教わったりマスコミに格好の話題を提供してしまう球団ですから、かなり嫌な感じがあったのですよね。
でも、やっぱり引き立て役じゃ困るんです。特に斎藤佑樹はマリーンズが早くから獲得を公言していた投手(私は獲得反対でしたが)。だからこそ、コテンパに打ち込んで欲しい。斎藤佑樹に何の恨みもありませんが、あっさり抑えられるようではファンとしても情けないです。
その意味で、今日のバッティングは良かったです。昨日まではどこかボールを迎えに行っていましたが、今日はじっくり引きつけてしっかりしたスイングが出来ていました。斎藤佑樹みたいなタイプの投手には絶対に有効です。ケッペルの投球スタイルは動くボールとコントロールとコンビネーションで勝負、ですから斎藤佑樹と同じタイプで、はっきり言うと斎藤佑樹よりはレベルが上。それを打ったという事は明日は打てる、勝てるぞ!という確信を私に与えてくれました。
・・・・ここまで言ってしまったからには、あす、頼みますよ本当に!

☆相手が左でも、調子の良い福浦、ヒットの出ていた大松をそのまま起用。今季の西村監督はこのあたりにかなり柔軟性を感じます。良いことだ!
☆大松の守備は・・・。守備が上手くないのも個性かもしれないけど、今は守備の良い若手が多いだけに余計目に付いてしまう。
☆梨田監督、7回満塁の好機で中田に代打二岡。今季は「陽と中田は結果が出なくても使う」って言っていたのに・・・。スタメンで起用を続けていることがそういう事と言われればそうですし、今日の状況で今季ノーヒットの若手にベテランの代打はむしろ当たり前かも知れませんが、あそこは中田で言って欲しかったな〜。結果論ではありません。もし結果が出ていれば本人にもチームにも大きかったと思います。観ていて寂しい采配でした。
☆とにかく試合が長い上に様々な起伏があったので、俊介のKOも大松の拙守も遠い昔のようで忘れてしまうくらいでした。昨日が速かっただけに余計・・・。
☆そして明日の先発は我が大嶺祐太です!ああ、今季初登板がよりによって斎藤佑樹初登板と重なるなんて!ただでさえ心配&不安なのに(←親のような心境、という意味)。
でも、どこかのんびりして切迫感のない祐太にはこういう緊張感を強いられるくらいの方が良いのかも知れない。同じ世代なのにいつも忘れられる祐太。明日はプロで5年やってきたものを見せろ!

パ・リーグ他試合。映像を全く観ていません、ニュース見るのが楽しみ。
★イーグルス2−1バファローズ
今日もイーグルス勝ちました。昨日今日と1点差をモノにしていて、これは強い、という感じです。スパイアーが9回三者三振のようで、面白い存在になりそう。
駿太はとうとうスタメンを森山に譲りました。森山は4タコ。明日は岡田監督どうするのでしょうか?

★ホークス4−9ライオンズ
先発転向の摂津が4回1/38失点とちょっと考えられない内容だったようですね。それでも今季はやりそうな気がします。
おかわり君は2号3号連発。統一球関係無さそうですね〜。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (7) | トラックバック (3)

2011年4月15日 (金)

見どころは・・見どころは・・(泣) F4−1M

連勝と行きたかったマリーンズですが、武田勝の前に沈黙。2カード続けて初戦を落としてしまいました。
ファイターズに嫌なイメージを持ってしまうと後々苦労するので、今季初戦は勝っておきたかったんですけどね〜え。
ニッカン式スコア

武田勝とは久しぶりの対戦で、去年開幕間もない3月28日、武田久からテギュンのサヨナラヒットで勝った時以来です。この時は武田勝に対し6回5安打3四死球、失点2自責点2。
まあー今日とあまり変わらないですね。
その辺りもかんがみ、武田勝は左のエースですし、久しぶりの対戦、日本シリーズ以来のナイター、などなど・・を考慮して今日打てなかったのはしゃーないと割り切る事にしました。次打ってください!

今日は大松に変えて清田の起用となりました。岡田をスタメン起用したのは評価しましょう。大松は私個人としては今年はレギュラー剥奪、と思っていますし、岡田の足を使わない手はありません(本当は去年左の方が大松は打っているのですが)。
清田は力んだのか結果は出ませんでしたね。次のスタメンは来週ライオンズ戦の帆足までお預けかな。

先発のマーフィーはやっぱりマーフィーな投球でした。初回、先頭の賢介に四球、糸井に先制2ランを浴びます。糸井のはメチャクチャ甘い球と言う訳ではなかったと思うのでまあ仕方ないと無理やり考えても、賢介が出塁していたことでで2ランになってしまったのが勿体無かったです。ソロならばまだ・・。3回も先頭の金子誠への四球がきっかけで2失点、結局この2点+2点の4点が全ての失点と、やはり勿体なかった。マーフィーはモッタイナイがいつも多いのですよね〜。持ち味といえば持ち味ですが・・・。

まあそれでも良い所探しをすると、伊藤が良い投球をしました。スライダーが良かったですし、先日
山﨑に被弾した後もきっちり投げてますから、ひと安心かな、と。
荻野貴がノーアウトから2塁打で出塁して、井口テギュンと凡退、そのまま終わるパターンだったのが今江がタイムリーを打ったこと。(苦しい)
後は・・・ええと・・・ええと・・・ナイター経験したよ、と。・・・そのくらいですかね。はは。

明日はケッペルです。去年打てていませんし、2月26日のオープン戦でも打ててません。いやはや、3戦目は斎藤佑樹だし明日勝っとかないと嫌だなあ、と思うのですが・・・。
まだ5戦目なのに弱気ではいけませんね、期待しましょう!

☆竹原、3塁からタッチアップで本塁憤死。陽のバックホームがこれ以上ないというくらい素晴らしかったとは言え、昨日の俊足コンビの走りっぷりを見ているだけにかなり残念感漂いました。
☆清田は結果を出さないと、と気負いましたかね〜。それがあるから昨日「希望スタメン」で気楽な8番にしたのですが。1番岡田は頼れるけど、9番岡田ってなんか期待出来ない気がするのは何故なんだろう?
☆里崎のパスボールはなんだったのだろう・・・。
☆今季も早速小谷野にやられる。タイムリーの後は満塁で打ち取ったものの、今季もやられそうですね〜。何度も何度もいいますがこの勝負強さは凄い。
☆試合時間2時間19分(!)おかげで、他の試合を観ることが出来ました。本心ですか?いいえ、負け惜しみです。

★イーグルス3−2バファローズ
甲子園主催となったこの試合、「絶対勝つ」と言ってほんとに勝つマー君。凄いよ。山﨑の超珍しい三塁打→タッチアップでホームイン、の激走も凄かったし、本当に一体感を感じる。それだけ選手たちの想いは本物なのだろう。
★ホークス3−2ライオンズ
注目のサブマリンルーキー牧田、7回途中まで無失点も指先?のアクシデントで降板、後続が打たれてプロ初勝利を逃す。うーん、残念。大事にいたらなければ良いのですが。ホークスはカブレラがホームランと、内川といい細川といい新戦力が働いていますね〜。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年4月14日 (木)

新人工芝がもたらす変化 M5−2E

あー、良かった!勝ちました。ペン、ナイスピッチング!
去年あれほど動かなかった西村監督、今日は5番福浦、8番大松と打順を入れ替えました。驚きです。今年は柔軟に打順を動かしてくれるのでしょうか?今日はこの入れ替えが当たった形となりました。
ニッカン式スコア

先発のペンは制球が定まらず、不安定な立ち上がり。初回先頭に四球を出してしまい苦しむこととなり、挙句の果てにワイルドピッチで先制を許します。3回は鉄平の緩いバントを今江が悪送球して2失点目、と目を覆いたくなるような試合展開。こりゃ〜今日もやばいな〜と・・・。この時点で3連敗が現実的なものとして頭をよぎりました。
しかし、この後良く立ち直りました。ばらついていた制球も安定しだし、結局四球は1,2回の2つのみ。ボールに力がありますから、ストライクさえ取れれば試合を作りますね。
序盤は里崎がナックルカーブを殆ど要求せず、ストライクが入っていないストレートばかりだったのでひやひやしましたが・・・中盤からはナックルカーブを使い出しました。このボールはかなり有効なボールだと思いますし、もっと使って欲しいです。
ペンは8回を2失点(自責点1)で投げ切り、今日の勝利の立役者となりました。
今日のピッチングをしてくれれば、頼れる存在となりそうです。二ケタ勝利行きましょう!

打線は青山から5回まで点を奪えず。球種を絞っていないのか、絞って裏をかかれているのか、ただ打つだけ、と言ったバッティング。しかし5回頃からやや球が浮きだした青山、6回に1死2塁で福浦に同点2ランを浴び、マリーンズが同点に追いつきます。このホームラン、ストレートが高めに浮いた甘いボールでした。福浦はローボールヒッターなのであの高さをスタンドインさせるというのは珍しい気がします。素晴らしいホームランでした。この2ランで流れが変わりました。

今日一番の盛り上がりは7回のマリーンズの攻撃。四球の里崎を1塁に置いて、岡田が試みたバントがセーフになります。続く荻野貴も3塁線に絶妙なバントを転がし、内野安打!続く井口が深いセンターフライを放ちますが、ここで岡田がタッチアップで3進。・・と、2塁に荻野がいる!1塁からタッチアップです。素晴らしい〜!行くかな、どうかなと思いましたが、さすがです。こういう野球好きだなあ〜。
今季の荻野貴の足、はっきり言うとまだ去年のスピードの95%くらいの速さかな?という印象を受けるのですが、元々が速いので、それでも充分速いですね。
これで1死2,3塁です。この後、テギュンのワンバウンドした当たりが前進守備の松井稼頭央の頭を超えて行き、岡田、荻野貴ホームイン。決定的とも言える5点目を取りました。相手に与えるダメージは大きかったのではないでしょうか。
岡田、荻野貴の快足コンビはやはり魅力です。しばらくはこの組み合わせで行って欲しいなあ。

今日は他にも嬉しい事があって、大松の代打竹原に代わり7回からレフトの守備についていたルーキー伊志嶺が8回にプロ初打席で見事3塁打を放ちました!2Bー2Sから外角高めのボールを右中間へ。自慢の足を飛ばし、ゆうゆう3塁!打席の姿はもう何年もプロで飯を食っている選手のようです。それでも緊張しているのかな、という様子は伺えましたが、ボールの見送り方も堂々としていました。また、3塁打って言うのが伊志嶺を象徴していて良いですね。それにしても、プロ初打席初ヒットが3塁打って珍しいと思う。
守備でも山﨑の3塁線の当たりにすぐ追いつきシングルヒットで止めましたし、短いチャンスで持ち味を充存分にアピールしました。
ヒットを打った後ベンチに戻る際に大松が嬉しそうに2度もハイタッチとグータッチしてた姿が良かったなあ・・。外野を争うライバルだし、プロなのに「甘い」と言われるかも知れませんが、こういうのは好きです。

今日の試合で目を引いたのは、新人工芝の特性です。芝目が長くなりましたので、ゴロ系の打球の勢いが結構落ちますね〜。
聖澤、鉄平、岡田、荻野貴のバントがヒットになったのは、それぞれ良いバントだったということもありますが、打球が緩く転がった事が原因でしょう。また、荻野のバントは3塁線ぎりぎりで、絶妙ではありましたが今までならラインを割っていたと思います。しかし切れずに残りました。
このあたり、攻守ともに面白いところで、岡田や荻野、ライバルチームも含め俊足の選手はバントヒットを狙える場面が増えるかと思われます。守る方もバントが予想される場面では1歩2歩前進する必要も考慮しないといけないでしょうから、バスターで野手の間を抜くという戦術も考えられます。このあたり、今季どう対応していくのか注目していきたいですね。

さて、今日は5回までは何とも言いがたい試合でしたが、終わってみれば良い形で勝ちました。
明日は札幌、マーフィーと武田勝です。
左腕なので、清田スタメンの可能性も出てきました。その場合は、1番岡田は外さずに大松の所に清田を入れてくれると嬉しいのですが・・・。最低でも9番岡田でお願いしたいです。
予想スタメンではなく、私の希望スタメンは

1岡田、2荻野貴、3井口、4テギュン、5今江、6サブロー、7DH今岡、8清田、9里崎

です。実際は岡田外すのかな・・・。
ファイターズに最初の段階でやられると苦手意識が出来ちゃいそうですし、明日も勝ちましょう!

☆明日マリーンズは去年の日本シリーズ以来のナイターとなります。目が慣れてないと思うので、特に打者は苦労するかも知れません。もっとも、ドームのナイターはそんなに暗くないのかな。
☆肩に付けている喪章、普通は利き腕と逆に付けますが、打席で邪魔になる為か井口や今江は右肩にしていました。強風のマリンだと眼の先でピロピロして気になるでしょうね。それに安全ピンて危険な気がしますし(他のチームではペタッと貼っているのも見ました)、いっその事マリーンズもイーグルスやジャイアンツのように袖に黒のラインを入れてしまうのはどうでしょうか?ビジターユニは工夫しないと埋没してしまいますが・・・。
☆大松、テギュンにやっと初ヒット。大松はフォークを上手く掬ってのヒット、テギュンのは実質内野ゴロだけど前進守備に助けられてのヒット。でも形云々よりも結果が出ることが大事ですよね。ホッとしたろうなあ。ファンとしてもひと安心です。
☆どうでも良い話・・・去年ペンは首元からのぞくシャツがずっとグレーだったのですが、今日は黒だった。(ほんとにどーでも良い)
☆今月号の「MarinesMagazine」を読んで、手嶌が広報(兼バッティングピッチャー)になったのを知ったのですが、ヒーローインタビューの時に甲斐甲斐しく働いていました。あの明るい性格は広報向きかも知れません。がんばれよ〜!梶原さんは辞める、という話をオフに小耳に挟んだのですが、本当なのかな・・・今どうしているのだろう。

★バファローズ3−5ホークス
駿太、今日もノーヒットでプロ初安打はお預け。守備では貢献しているだけに、岡田監督がどうするか見物ですね。Bsの新外国人投手フィガロ、大量失点。全く観ていないけどどうだったのだろうか。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2011年4月13日 (水)

唐川がちょっぴり不安・・・ M1−5E

やっぱりラズナーを打てなかった・・・・。
今日明日と連勝してカード勝ち越しを期待していたのですが、ラズナーの前に打線が沈黙。開幕カード負け越しとなりました。

ニッカン式スコア

去年ラズナーには2勝2敗(たぶん)で、前半戦は全く打てず、後半戦はそれなりに対応したと思うのですが、抑え込まれていたイメージしか無いのですよね〜。しかもマリーンズだけ・・。

191cmの身長から繰り出されるボールには角度があるのでしょう、力負けの感がありました。5回までは井口の2安打以外は完璧に抑えられ、6回に里崎のヒットを足がかりに井口の猛打賞となるタイムリーでやっと1点。しかし、その後は川岸、片山、美馬、スパイアーを打てず。
昨日今日とテギュン、大松に当たりが出ていないのも響いていますね。テギュンは追い込まれてからの縦変化に連日やられてますし、大松はボール球を振ったりと二人ともちょっと力みが見えます。8回、1死2塁でテギュンが美馬の外スライダーを強引に引っ張って併殺になったのがいい例で、オープン戦ではきれいに右打ちをしていたので安心していたのですが・・・。

まあしかし、まだ2戦なので、打順がどうとか、そういう事は言いません。
普通に考えると6番から今江、サブロー、福浦、里崎と続く打線は相手からするとかなり嫌だと思いますし、1・2番コンビもやってくれそうですから、4・5番が当たってくれば得点は結構見込めるのではないかと希望的観測をしています。今は待ちましょう!

先発の唐川は今季こそ二桁は達成して欲しいし、能力から言ってもしてくれないと困る投手です。
しかし、賛否あると思いますが、私としては今日の投球に少し不安を覚えました。
初回こそコントロール良く、鉄平に四球を与えましたが厳しい判定もあったのでそこは問題無いとして・・・。
2回から急に球が高く浮き始め、制球を乱す場面が多くなりました。6回1/3で125球、4失点自責点2。粘ったとも言えるのですが、4四球。3回途中で既に50球を費やしました。

唐川はボールの速さよりもキレとコンビネーションで勝負する、いわば「涌井タイプ」だと思うのですが、コントロールの良さが前提です。唐川はそのコントロールの評価が高かっただけに、今日の内容だと厳しい。
なんとか凌いだのはイーグルス打線に助けられた感もあり、これがホークスやライオンズだったら早い段階で大量失点していたかも知れません。ストレートは2年目から130km後半に落ち着くようになり、物足りなさはあるもののストレートの質が落ちなければこれはこれで良いかと思っているのですが、どうにも球質が余り良くない気がします。
次の登板では「らしい」ピッチングで、私の不安など吹き飛ばして欲しい所です。

今日は昨日に続き、悪い形で失点してしまいました。ワンポイントの古谷は鉄平を三振に取り責任を果たしましたが、後を継いだ伊藤が山﨑に3ランを喰らいました。甘くなったスライダーを見事にフルスイングされており、完全に読まれていたと思いますが、コントロールミスでしたね。次の回は危なげなく打ち取りいつもの伊藤に戻りましたからひと安心ではありますが、昨日は嶋、今日は山﨑と中心選手に勝負どころでホームランを浴びてしまいました。こうなると相手に勢いが生まれてしまいます。

この2試合、イーグルスの良い面ばかりが目立ってしまいました。
まあ、しかしまだ2試合です!去年は開幕4カード連続勝ち越しで勢いに乗ったのでちょっと残念ではありますが、まだまだ始まったばかりです。明日、勝ちましょう!
青山攻略は序盤が肝心かな、と思います。ああいうノラリクラリ系は調子に乗らせてしまうとまずいですから、初回、岡田、荻野貴の1、2番コンビにかき回して貰いたいですね。
ペンにも期待していますよ!

☆福浦350二塁打達成。プロ30人目との事で、これは誇れる数字ですね!福浦といえば二塁打が代名詞。その美しい打球はファンを魅了し続けています。思えば、その昔福浦のプロ初ヒットをマリンで観たのでした。まだまだやって欲しいなあ〜。
☆山本一はストレートに力があり、安心して観ていられました。戦力になってくれそう。
☆楽しみにしていた美馬、登板!意外にスライダー多投。ストレートはオープン戦と比べると今ひとつの感でした。初登板で緊張していたのでしょうね。でも度胸ありそうです。

★ファイターズ3ー8ライオンズ
ライオンズ、二日で20点。昨日猛打賞の浅村が今日はマルチ、ルーキー秋山は猛打賞。若手が躍動すると敵チームながら楽しいですね。
★バファローズ5ー0ホークス
寺原が移籍初登板で完封!スンヨプはダメ押しの3ラン。この二人の補強は注目していただけに、この活躍が続くようだとバファローズもなかなか怖い。駿太はノーヒットながら犠牲バントを二つ決め、さらにライトフライで2塁からタッチアップした本多を刺す、としっかりと働いています。大したもんだ。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (4)

2011年4月12日 (火)

嶋の魂の1打に成瀬沈む。 M4ー6E

待ちに待った開幕です!
今日は文、画像ともに多くなるかも知れません。開幕ということでご容赦を〜。

皮肉にも?被災球団同士の戦いとなった開幕戦、マリーンズvsイーグルス。
なんとなーく、イーグルスに世間は味方しているかのような流れではありますが、そこはそこそれはそれ。お互いに真剣勝負でやろうじゃありませんか!

QVCマリンフィールドになって初めて訪れます。スタジアムの名前は変わり、正面に大きなロゴが表示されました。グラウンドに大きくロゴが入った画像を前に見た時はちょっとショックだったのですが、実際はそんなに気になるものではなかったです。ロゴが可愛らしいものだからかな?
名前が変ったのも複雑でしたが、このご時世、10年契約で支えてくれる企業です。ロゴを見る限り無粋な事はしないように工夫してくれているみたいですし、好意的に受け止めようと思います。

正面
Dscf2381

また、公式サイトにありますように球場外周は立ち入り制限区域がある関係で、3塁側バス乗り場方面に屋台はありませんでしたが、正面外周には今まで通り屋台が並びました。ちょっとホッとしました。
SS席、S席の座席が鮮やかな赤に塗り替えられ、新しくなった芝の濃い緑に映えて綺麗ですね。なかなか良いです。

場内では、試合中も通してウィングビジョンは使われませんでした。スタメン発表もCGなども無く、グラウンドに出る選手を映し出すだけのシンプルなものに。トイレの蛍光灯は半分消されていたり、節電の配慮は随所に伺えました。

さて、試合です。
成瀬はストレートこそ130km後半でしたが、キレがありイーグルス打線に自分のスイングをさせません。スライダー、チェンジアップともに全て基本線である外角低めに制球されていました。今季から投げ始めた110km台のカーブも目先を変えるのに有効でしたし、高めストレートでも空振りが取れていましたから、こういう時の成瀬はガンガン行けます。
一方の岩隈もストレートも140km出るか出ないかでしたが、持ち前の制球力で簡単に(のように見える)マリーンズ打線を打ちとって行きます。とにかく低めに制球されていてさすがの一言。ストレートはムービング系が多かったような気がします。メジャー仕様?

マリーンズ先制点は荻野貴司の足で取った1点でした。先頭打者としてヒットで出塁するとすかさず今季1個目の盗塁!公式戦では去年5月以来・・・ううう。今日の盗塁はオープン戦に比べ、さらにスピードを感じました。うん、大丈夫そうです!続く井口の「レフト」フライでタッチアップ、3塁へ!テギュンのサードゴロで果敢に本塁突入、嶋の左手をはじく形となって生還しました。
荻野のシングルヒットの後はレフトフライとサードゴロなのに何故か点が入っているという・・・相手からしたら嫌〜な点の取り方です。やっぱり荻野貴がいると野球が変わってきますね。応援テーマが流れた時はしみじみしてしまいました。嬉しいなあ。
今日は1番の座を堂々掴んだ岡田も負けじに2安打1盗塁と、この1,2番は屈指です。これからが楽しみです。
しかし、この後の満塁のチャンスで追加点を取れなかった事が後に響きました。

イーグルスは6回に聖澤の犠飛で追いつき、7回。
ぽんぽんと2アウトを取った成瀬、それから連打で2死1、3塁の場面で迎えるは嶋。
この時、「去年だったらここで間違いなくタイムリー。今年はどうか?しかし今日クロスプレーで左手を打撲しているし・・・どうだろう?」と思っていましたが、まさかまさかの初球ホームラン・・・。
タイムリーならまだしもホームラン・・・・。
守っていた野手もホームランまでは考えていなかったのではないでしょうか。この1発で試合の流れはガラっと変わりました。
それにしても、被災球団の選手会長として相当悩める日々を送ったであろう嶋。昨日のブログで取りあえげましたが、チャリティーマッチの嶋のスピーチは心に響きました。
その嶋がホームランですよ。安易に「みんなの気持ちが乗った」とか安手のマスコミが書きそうな事は言いたくありませんが、打球には魂を感じました。野球の神様の粋な計らいといいますか。
成瀬のボールは高め真ん中ストレートと失投でしたが、初球から集中して逃さなかった嶋も良く打ったと言えるでしょう。

この後、マリーンズは7,8回と淡白な攻撃になり、イーグルスは8回に山崎、高須と中心選手のタイムリーで2点を追加。嶋、山崎、高須には今年も苦しめられてしまうのでしょうか・・?

9回にマリーンズは伝統芸「追いつかない程度の反撃」を美しい福浦のホームランで今年もみせてくれましたが、2点及ばず。それでも岩隈に完投を許さなかったのは評価しましょう。少しでも明日に繋がってくれれば。
成瀬、岩隈両エースの投げ合いで良い試合でした。

Dscf2513
ニッカン式スコア

古谷、大谷で失点しましたが、試合の流れから行ってもそんな流れでした。また頑張ってもらいましょう!大谷は球威がない分、制球を慎重にしないと1軍では苦しい・・。
最終回にはロサが登板しました。ボールに力はありますね。ほぼストレートで押しまくり、最速151km。三者凡退に打ち取りました。まあ、これからですね。初対決なのにルイーズ、嶋と初球から振ってきたのには驚きました。このあたり勢いを感じました。

いや、まあ、何となく負けてしまう感じはしていたのですが・・・連敗中の開幕戦ですし、よりによってイーグルスですし。やっぱり負けてしまいました。
今日はもうしょうがないです。明日勝ちましょう!カード勝ち越しを譲るわけには行きません。唐川に大人のピッチングをしてもらい、苦手ラズナーを攻略して欲しいですね。岡田、荻野貴で作るチャンスを如何に返すか、です。

帰宅してみたTVニュースで、避難所で試合を観ていた子供が「超嬉しい!約束守ってくれた。絶対に勝つって」って言っていて、ちょっと涙です。言いたくないけど、言いたくないけど今日はイーグルスの勝ちで良かったのか・・やっぱり。被災された方には力になったかも知れません。
でも明日は貰いますよ!

期せずしてデーゲームになってしまった開幕戦。それでも2万人以上の客が訪れ、快晴の空のもと野球に酔いしれました。
少しずつ日常を取り戻して行きましょう!

☆トイレも使え、売店も普通に営業していました。QVCマリンでの開催にこぎ着けてくれた関係者の方々に感謝です。
☆試合途中に携帯に緊急地震速報が。球場も結構揺れ、試合が2分間中断しました。
もう、余震はしょうがないですね。うまく付き合って行かないと・・・余震がなんぼのもんじゃい!・・・の気持ちで!
☆マリーンズ名物、開幕告知ポスターが海浜幕張駅に帰って来ました!この一連を仕掛けた人物はライオンズに移ったと記憶していますが、帰ってきたのかな?それとも別チームですかね。とても良い告知でしたので、この後に画像で紹介します。思えば、2005年創設したばかりのイーグルスを迎えた開幕戦で告知ポスターを初掲出。その時は「東北に春が来るのは遅い」とか「あなた達があれこれ話題を作っていた頃、ボク達は黙々とカラダを作っていました。」とか、挑発的かつウィットあふれる文面でしたから、それと対比すると泣けて来ます・・・
☆初回、岡田出塁無死1塁で(サイン違いでなければ)荻野貴が強攻。私はすぐ送りバントとか好きじゃない派だけど、岩隈相手だし去年の西村采配ならバントだった筈で、驚きました。
☆今日は3塁側ベンチすぐ上で観戦。イーグルスの選手は守備が終わるたびにみながベンチ前に出て選手を出迎えていました。声も良く出ていて、一体感がありました。この試合にかける気合を感じました。
☆イーグルスのスパイアー、恥ずかしながら全く知らず。えらいクセのあるフォームでかなり打ちにくそう。

今年もやります、パ・リーグ他球団結果。
・・・しかしこれを書いている時点でまだ試合途中。

★ファイターズ3(9回表終了時)7ライオンズ
ダルに何が起きた?7回自責点7。期待の浅村は3安打!
★バファローズ2(10回表終了時)2ホークス
いきなり延長戦。しかしこれを書いている時点で2時間46分なので、延長11、12回ありえますね。
駿太は2の0で交代、和田と木佐貫は共に9回自責点2でマウンドを降りたようです。

では、今日の画像です。(クリックで拡大)

海浜幕張駅の告知ポスター 入場時に配られた「がんばろう日本」ポスターの裏にもデザインされました
Dscf2372
Dscf2373
Dscf2374
Dscf2375
Dscf2376
Dscf2377

ライトスタンドはぎっしり
Dscf2398

試合前にはサブローのスピーチ
Dscf2410

荻野貴司復活!
Dscf2413

岡田は1番センターを掴み取りました
Dscf2418

松井稼頭央がいるのはまだなんか不思議・・・
Dscf2451

地震で中断
Dscf2466

レフトスタンドも盛り上がりました
Dscf2475

嶋ホームラン!Dscf2476

ロサ!
S0062490

スパイアー 3塁側から撮って左足がこの向きという事はとんでもないインステップ?
S0072501


今日は大快晴でした
Dscf2495


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2011年4月11日 (月)

様々な想いを乗せて、開幕。 野球の底力を見せよう!

いよいよ明日4月12日、プロ野球が開幕します。
ちょうど一ヶ月前の3月11日、日本を未曽有の災害が襲いました。
その傷は癒える訳もなく、復興への道のりは始まったばかりです。

プロ野球の開幕時期に関して様々な意見が出ました。明日の開幕が正しいのかどうかはわかりません。
恐らく正解は無いのでしょう。
正直に言うと、私の心の片隅には「本当に開幕して良いのだろうか、私は呑気にプロ野球を観て楽しんで良いのだろうか」と言う気持ちはまだあります。
被災された方々の気持ちを想像は出来てもそれはあくまでも想像のこと。
私なんかが考える以上にはるかに辛く、深刻で、悲しいことでしょう。
野球どころではない、という方も多いでしょう。
誤解を招く表現かも知れませんが、私はやっぱり第三者なのです。被災者の気持ちになって、なんて言えない。
だから、プロ野球が開幕すること、それを楽しんでいる人間がいること、この事に対して被災された方がどう思うかは「本当には」わかりません。悲しいけど、そうとしか言えません。ただ想像し思いを巡らせるだけです。
だけれども、早く立ち直って欲しい。完全に同じ元の生活になんて戻れないかも知れないけれど、心穏やかに暮らせるようになって欲しい。心からそう思います。

それでも日本は進んで行きます。時間は流れ、季節は過ぎ、人間は生きて行きます。生活していきます。日々の暮らしを過ごして行きます。
生活の中にプロ野球がある人もいれば、サッカーがある人もいる。映画がある人もいれば、仕事に誇りをもって邁進する人もいる。
それは被災された方も、そうでない人も、等しく同じ。

プロ野球が具体的にどう貢献出来るのかはわかりません。だけど、「日常」を取り戻す為に、プロ野球が存在することはとてもとても大事な事なのではないかと思います。
決して、おいてけぼりにするのではありません。見捨てるのでももちろんありません。
人々が日々の暮らしを取り戻すために開幕するのです。

イーグルスの嶋選手は言いました。

見せましょう、野球の底力を。
見せましょう、野球選手の底力を。
見せましょう、野球ファンの底力を。
共に頑張ろう東北!
支え合おうニッポン!

私もこの言葉を胸に刻みます。
第三者と先に書きましたが、それは決して「他人」を意味するものではない。繋がっています。みんな、繋がっています。
被災された方への想い、祈りを絶対に忘れることなく、私は野球に胸をときめかせ、楽しみ、応援したいと思います。
野球の底力が、日本が前進する強い力となることを信じて。


にほんブログ村 野球ブログへランキング参加しています

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

【野球本・番外編】選手名鑑、どれを買いますか?

プロ野球選手名鑑は様々な種類が出ていますよね。
「NPB承認 選手名鑑」
http://www.npb.or.jp/books/meikan.html

毎年、名鑑がいつ出るかいつ出るか、とそれはそれは楽しみにしています。

選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、私は

◯コンパクトに持ち歩けること。A6サイズ(文庫本とほぼ同じ大きさ)が基本
◯選手全員が等しい大きさの扱いであること(中心選手だけ大きい、とかはNG)
◯育成選手も同じ扱いで、顔写真入りで載っていること

というところに重きを置いています。

長年愛用しているのは、日刊スポーツ出版社の名鑑。
「2011 プロ野球選手写真名鑑」
http://ai.nikkansports.com/archives/2011/02/2011_1.html(単純リンク)

20年は買い続けています。もうお約束です。
昔は全選手を平等に載せている名鑑ってあまりなかったのですが、これは全選手を載せていました。
選手は1ページに8人。ちょっと混雑。
最近は他の名鑑が充実してきて押され気味だったのですが、今年は紙の質がアップして巻き返しをはかって来ました。
しかしいただけないのは、ページ体裁に苦労したと見えてページにきっちり入らない選手が他の球団の所にあったりすること。例えば、バファローズの外野手三人がファイターズのページに紛れ込んでいます。ファイターズの後ろにくっついたので、次に来るバファローズページよりも前のページになっちゃってます。これは・・・やっちゃいけないでしょう〜。かなり残念なところです。

他に週刊ベースボールの選手名鑑号は一番早い名鑑なので、コンパクトではないですが必ず買っています。

ここ数年、日刊スポーツと合わせて買うようになったのが、ベースボール・マガジン社のコンパクトな方の名鑑。

「プロ野球カラー名鑑 2011」
http://www.sportsclick.jp/magazine/mook/738/index.html(単純リンク)

この名鑑は、1ページに選手が4人なので、一人当たりのスペースが大きいんです。(その分厚く重くなりますが)面白いのが、アマ時代所属チームの主な成績(夏の千葉県大会五回戦、とか)が載っていることと、前年度に守った守備情報があるところ。
・・・実はかなり重宝していて、日刊スポーツのよりもこっちを持ち歩くことが多くなりました。

左が日刊スポーツ、右がベースボールマガジン どちらも育成選手もしっかり載っている
Nikkan_shube

で、今年です。「こんなにあったっけ?」と言うくらい名鑑があるわあるわ。
その中で面白かったのが別冊宝島のコンパクト版とBaseballTimes。この2つ、去年はありましたっけ?

「別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2011」
http://tkj.jp/book/?cd=12145001(単純リンク)

選手は1ページに6人。育成選手は顔写真無し。
なんと、一人一人に過去5年の成績が載っています。これは便利!普通名鑑の成績って前年度と通算だけですからね〜。5年の成績の横に年俸も書いてあるので、年俸推移も一目瞭然。こ、これは凄い・・・と思わず買ってしまいました。

で、もうやめとけばいいのに・・・BaseballTimesの名鑑。
「2011 プロ野球プレイヤーズファイル」
http://www.baseballtimes.jp/(単純リンク)

あれ、WEB見ると今年も登場って書いてありますね。去年もあったのか。
選手は1ページに4人。育成選手は後ろにまとめられ、顔写真はあるものの寸評はなし。
これは、データ重視のBTらしく投手ならば持ち球とその比率、打者ならヒッティングゾーンが載っています。
ううーん、こういうのは今まで無かった!と言う訳で、・・・買ってしまいました。

左がBT、右が別冊宝島
Takara_bt

これで、5冊です。こんなに買ってどう使うのか、おい・・・・

名鑑の数々 あまり意味があるとも思えない
Rimg0385_2

さすがに今年は買いすぎた。

・・と思っていたら、え?BaseballTimesがiPhoneアプリでリリース?
「プロ野球プレイヤーズファイル」
http://itunes.apple.com/jp/app/id430299958?mt=8(単純リンク)

・・・うー、アプリはかなり便利かも・・・名鑑持ってない外出時にもすぐ見られるし・・・でも値段みたら600円!強気だ・・・。やめとこうか・・。
と思っていたのに、WEBを見てみると

“BTサーチ(ビー・ティー・サーチ)”搭載
アプリ特性を活かした多様な検索機能が備わっています。
氏名、経歴、寸評、出身地などでプロフィール検索(*1)、身長や体重、血液型などでディティール検索(*2)が可能な“BTサーチ”を搭載し、お目当てのあの選手、同年代のあの選手も一発で検索が可能となっています。
さらに、球種割合から投手を検索するピッチャー検索(*3)、得意・不得意なホットゾーンから打者を検索するバッター検索(*4)を搭載、試合観戦しながら、各選手の特徴を一発把握することができます。

*1プロフィール検索:「名前」「経歴」「寸評」「出身地」「血液型」「経歴」「NPB在籍年数」「プロ入り後の主な代表歴」の4項目いずれかで検索が可能。
*2ディティール検索:「生年月日」「身長」「体重」「血液型」「経歴」「NPB在籍年数」「プロ入り後の主な代表歴」の7項目で総合的な検索設定が可能。
*3ピッチャー検索 :「ストレート」「シュート」「カーブ」「スライダー」「フォーク」「チェンジアップ」「シンカー」「カットボール」「特殊球」の9球種から投手を検索可能。
*4バッター検索 :打者のホットゾーンを9分割、各コースに対する対応を得意とする、または不得意とする打者を検索可能。


だと?なんじゃこれは?これは画期的かも知れない・・・・。
・・・気づいたらポチっとしてました・・・・。

こんな感じ。左がデータ画面、中がプロファイル、右が「習志野」で検索してみたところ
Iphone


名鑑富豪になってしまった。・・・ああ・・・。

ま、まあ、今年はいろいろ使ってみて、来年に活かしたいと思いますっ!
みなさんはどんな名鑑を愛用しているのでしょうか?


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

開幕1軍発表! 明日の報ステでパ6球団スタメン発表も

開幕1軍が発表されました。パ・リーグ6球団の登録選手を眺めていると楽しいですね。

明日の報道ステーションでパ・リーグ6球団の監督が3元中継で生出演、開幕スタメンを発表するとのこと。これは楽しみです。パ・リーグのこういう連帯感と仕掛ける企画力って言うのは本当に楽しいです。球場でスタメン発表される瞬間が大好きな私ですが、開幕は特別ですし、盛り上がりますよね。やるなあ、パ・リーグという気持ちです。セ・リーグには出来ないでしょうね。

さて、マリーンズの開幕登録はこうなりました。

◆投手 吉見、大谷、成瀬、唐川、古谷、山本一、伊藤、ペン、薮田、マーフィー、ロサ

◆捕手 里崎、金沢、的場

◆内野手 今岡、荻野貴、井口、今江、福浦、塀内、根元、金泰均

◆外野手 清田、サブロー、伊志嶺、大松、竹原、岡田

昨日の私の予想では、光原、晋吾、高口が外れました。
意外だったのは高口で、内野の控えでは今岡以外に右打者がいないですから、1軍に入ると思ったのですけれど。根元、塀内と左の内野手は二人いてもなあ・・とも思います。
光原はやはりファームで先発調整なのでしょうかね。晋吾はどうなるんだ・・・。
驚いたのはロサを突っ込んできた事!ぶっつけで行くのですね〜。

開幕すると、残りの先発2人(俊介、大嶺)が登録されていくので、開幕メンバーから2人が外れます。
投手は今11人。投手枠は12〜13人と思われるので仮に13人とすると、現状に2人加わるだけでそのままですね。
となると、野手で2人が外れる・・。
普通に考えると、金澤、今岡、塀内、根元、伊志嶺、竹原の誰か。
外野から竹原か伊志嶺が外れる可能性は高いでしょう。右の代打という事を考えると長打力のある竹原が残りそうですが・・・私個人は伊志嶺に1軍で英才教育をして欲しい。それだけの選手だと思いますから・・・これはひいき目もあるかも知れません。
もう一人をどうするかですね。内野か金澤か・・・捕手二人制は勘弁して欲しいなあ。

ほか、他球団で気になる選手を。

ホークス:明豊高校卒2年目、今宮が堂々の1軍入り!やるなあ〜。今宮のセンス、精神面、かなり好きなので、1軍にしがみついて残って欲しいです。恐らく川﨑メジャー移籍後のショート最有力ですから、経験を積ませるかとも思います。ルーキーの広島経済大卒、外野手の柳田は外れました。ちょっと残念。ひっそりと藤田宗一が入ってますね。

ライオンズ:菊池雄星が1軍入りです。彼の能力はズバ抜けていると思っています。最初は中継ぎだと思いますが、そのうちローテに来るのではないでしょうか?
また、浅村と並んで期待している外野手の斉藤彰吾。春日部共栄卒の4年目です。打撃はパンチ力ありますし、足もある。先発投手登録で外れちゃうかな?

ファイターズ:こちらはサプライズはありませんでしたが、サトケンが入りましたね。移籍してからイキイキとしていて、なんか複雑ですが(マリーンズが手放したって事にです)頑張って欲しいなあ。

バファローズ:なんと言ってもルーキー駿太!前橋商時代からセンスあるなーと思ってましたが、ここまでやるとは・・と嬉しい驚きです。ここまで来たら開幕スタメン行っちゃいましょう!同じくルーキー深江の足も観てみたいです。

イーグルス:ルーキーの美馬!抑えでズバズバ行って欲しいですね。金炳賢がいない・・と思ったら、左足首捻挫。何をやっているのか・・。内村がいないのは、怪我?

いよいよ開幕が近づいて来ました。楽しみです!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

開幕1軍枠予想・・・してみたらかなり難しい!

マリーンズの開幕1軍枠予想をしてみました。
これが・・・思ったよりも難しい。
何はともあれ、こんな感じ。
ポジションの後ろの数字は枠人数予想、青文字は確定だろう、という選手。

投 手(13) 先発(6) 成瀬・唐川・俊介・マーフィー・ペン・大 嶺
中継・右(4) 伊藤
大谷・光原・晋吾
中継・左(2) 吉見・古谷
抑え(1) 薮田
捕手(3) 里崎・的場
金澤
内野手(7) テギュン・井口・今江・荻野貴・ 福浦
塀内・高口
外野手(5) サブロー・大松・岡田・清田
伊志嶺

いや〜悩みに悩みました。

投手・・・先発6人は決まりでしょう。
抑え・・・内とロサが間に合わないという前提で薮田としてみました。
中継ぎが難しい。

右の中継ぎ・・・伊藤は確定。大谷は最後まで練習試合で投げてましたから入るか?個人的には大谷はちょっと怖いんですよね。本当は上野を入れたいけど、最近投げていない・・。光原はファームで先発調整するかな、と予想していたのですが今日浦和で中継ぎで投げてるんですよね。その意味を深読みしてみました。晋吾は頼れる中継ぎとして。光原が外れ、上野か川越かも知れません。

左の中継ぎ・・・古谷は決まり。恐らく吉見も。山本一が結果を残していますが、人数的に外れそう。

捕手・・・果たして第三の捕手を置くのか?去年は二人捕手態勢が多かったですが、個人的にはこれ怖いです。三人で行って欲しい。でも、後述する野手の人数の関係で外す事も考えられます。

内野手・・・控えが問題・・・。福浦は確定。そうすると、残る枠は2名。ううーん。高口の守備力は高いですしユーティリティーですから入ると思うんですよね・・・そうなると根元か塀内。根元もオープン戦頑張ってましたから入って欲しい。でも去年から塀内をかなり重用しているのでわからない・・。金澤が外れたら二人とも入るかも知れません。今岡は弾きだされてしまいました・・・

外野手・・・サブロー、大松、岡田、清田は確定。するとあと1枠しかない。伊志嶺が入るのか、竹原が入るのか。右の代打、DHを考えると竹原か。悩ましい・・・。

と、こんな感じですが、いやあ考えてみるとかなり難しいです。全然違う気もしてきます。
でもこうやって考えてみると、右の中継ぎが手薄ですね・・。荻野忠の復活はまだか〜!

実際は開幕当初はローテピッチャーが外れますので、最初のカードは根元、竹原、今岡、南竜あたりが入ってくるでしょう。
それにしても、いざ考えてみてこんなに悩むとは思いませんでした。
みなさんの意見はどうでしょうか。

たぶん明日が開幕二日前なので発表になるかと思いますが、楽しみに待ちたいと思います。
でも当落線上の選手からしたら楽しみどころではないのだろうな・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

イーグルスナインにエールを

パ・リーグは練習試合も終わり後は開幕まで調整を残すのみですが、その合間を縫って選手たちによる慈善活動が行われました。

マリーンズは旭市、浦安市を慰問。

がんばろう千葉!西村監督ら被災地の子どもを激励(スポニチ)

 ロッテの西村監督やサブロー選手会長らが8日、東日本大震災で被害を受けた千葉県旭市や浦安市の小中学校計8校を訪問し、子どもたちを激励した。

 西村監督らは、被災者が避難している旭市の飯岡小を訪問。体育館で声を掛けながら、約280人にお菓子を手渡した。サブローは「家が(津波で)流されたと聞いたりして心が痛む。でも、子どもたちは被害に遭っても笑顔があるし、パワーがある。逆にパワーをもらった」と話した。

 選手とキャッチボールをした小学6年生の男子は「うれしさが止まらなくて、昨日は眠れなかった。頑張ろうという気持ちになった」と話した。

関西遠征などが続き、なかなか動きの取れなかったマリーンズの選手たちでしたが地元千葉県を慰問、激励しました。
「うれしさが止まらなくて、昨日は眠れなかった」という子供の言葉に全てが表れていますね。子供たちからしたらマリーンズの選手はヒーローです。子供たちと会う、それだけでも元気づけられる存在だと思います、プロ野球選手って。
継続してやっていきたいというコメントが以前ありましたし、続けてもらえると嬉しいです。選手たち、よろしくお願いしますという気持ちです。

また、イーグルスの選手たちは昨日7日にやっと、やっと仙台に帰りました。仙台に家族がいる選手たちも多いですし、この1ヶ月以上は辛かったと思います。東北に心を奪われながら、自分の家に帰れないのですからね・・。
昨日発売のNumber776号では「東北楽天不屈の挑戦」と題した特集記事がありました。
震災が起きてからの状況と球団、選手たちの苦悩が記されています。印象に残った言葉があります。
(嶋)「仙台の人たちは、いつも一生懸命、僕らをサポートしてくれた、それなのに、その人たちが苦しんでいるときに僕たちは何もできない・・それがいちばん辛かった」
(広報の岩越さん)「(何もできない状態の時)こんなことをしていたら自分たちはもう東北の人たちに応援してもらえないんじゃないかというのが心のどこかにずっとありました(略)」
この言葉だけで選手たち、球団の苦悩が良く伝わって来ます。
震災後の練習でも明らかに集中出来ていなかったそうです。選手たちはみんなに「力を与える」存在かも知れませんが、その前に被災者でもある。その葛藤やジレンマ・・・・12球団の中でもイーグルスの置かれた状況は過酷だと思います。

追い打ちをかけるように、昨日7日深夜に大きい余震が東北地方を襲いました。(埼玉の私の家も相当揺れました・・・3月11日以来最大の地震でした)よりによって選手たちが久しぶりに仙台に帰った時にこんな最大余震(いまのところ、です)が来るなんて・・・・。選手たちのショックはいかばかりかと思います。
それでも、今日首脳陣、選手たちは被災地をまわり、激励をして、それから千葉に移動したそうです。

今は、開幕に向けて集中するしかないのですが、そんな義務を課された選手たちの心境を思うと・・・たまりません。果たして、切り替えられるのだろうか?集中できるのだろうか?プロ野球選手という立場も本当に辛い時があると思います。
それでも、試合をしなければならない。それに、何より「野球が観たい」と思うファンの気持があります。私だって開幕やっぱり楽しみで仕方ありませんし、野球を観たいです。
だから、イーグルスの選手たちに野球を強いてしまっている存在なのです、私も。
被災された方々、特に避難所にいらっしゃる方々は野球を観られる環境にない方が殆どでしょう。
私は、野球が観られる幸せを噛み締めながら野球を楽しもうかと思います。

イーグルスの選手たちはプロとして、集中して真剣な野球をみせてくれるでしょう。
12球団の全選手はもちろんですが、イーグルスの選手たちに最大の敬意と尊敬を持って、エールを送りたいと思います。
イーグルス、頑張れ!


にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
ランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

岡田4安打! 開幕1番はあるか?

今日は開幕前最後の練習試合。大宮県営でのライオンズとの試合は3−3とまたしても引き分けとなりました。
マリーンズスタメンは
8岡田
6荻野貴
4井口
3金泰均
5今江
7大松
9サブロー
DH福浦
2里崎
P俊介

今日は1番岡田で来ました。原則的に相手が左の時は清田、右の時は岡田と起用してきた西村監督ですが、バファローズ戦で相手先発が右の朴賛浩だったのに清田だったので、あれ、1番清田で決まりか?と思ったのですが・・・。でも心情的に1番岡田はかなり嬉しいです。
その岡田、今日は4安打しました!

ロッテ 岡田がアピール!西村監督「開幕に一番近い」

 ロッテの岡田が西武との練習試合で4安打を放ち「1番・中堅」の座をアピールした。清田が最有力だったが、西村監督は「きょうの働きを見た限りでは開幕(の先発)に一番近い」と話した。

 昨季は日本シリーズ第7戦で決勝打を放つなど、大きく成長した。いいイメージのままオフを過ごし、オープン戦から好調を維持していた。岡田は「自分のスイングをすることだけを心掛けた。使ってもらえるなら、しっかりやらないと」と表情を引き締めていた。

今日はさらに盗塁も決めたようです。
とにかく、出場機会があればことごとく結果を残してきた岡田。安定感も出てきましたし、開幕戦相手の先発が岩隈という事を考えても1番岡田の可能性が高くなりました。これほど結果を出しているのに使わない訳にはいかないですよね。
清田も使いたいところで、本当に贅沢な悩みではありますが、当面は相手投手の左右に応じて岡田・清田の使い分けもありかも知れませんね。サブローは全試合出場は難しいでしょうし、大松も波がありますから、岡田、清田ともスタメンから外れても集中力を切らさずにいれば絶対にチャンスが来るでしょう。しかし、マリーンズの外野争いは熾烈になりました。伊志嶺のスタメンは1歩2歩後退してしまいましたね。

他、今日の試合情報です。いつものようにニッポン放送 ショウアップナイターさんのtwitterアカウント(@showup1242)から情報を得ました。いつもいつも有り難いです。

投手リレーは6回まで俊介→7回山本一→大谷→8回川越(おかわり君に被弾)→9回ロサ(1安打、MAX146km)。
テギュンタイムリー、福浦がライオンズ先発牧田から3安打、荻野貴司が盗塁。

また、ライオンズ先発はルーキー牧田。サブマリン同士の投げ合いという極めて珍しい事になりました。
牧田は6回を9安打2失点。同じく6回2失点だった俊介と互角に投げ合いました。
この牧田、けっこう興味があります。ストレートの最速も120km台という事で、そのあたりも俊介と似ています。が、本人コメントによると「タイプが違うので見て盗みたい」との事。タイプ違うのか・・・観てみたいですね。俊介以降、プロでサブマリンは下敷領がダメでしたから、その意味でも興味あります。
しかし、マリーンズからすると公式戦前に一度当たったのはかなり大きいのではないかと思います。

牧田 ニッカンスポーツより 正統派アンダースローですね
P2011040702725_makitans300

また、昨日触れたライオンズの抑え問題ですが今日は大石を持ってきました。岡田、荻野貴司の連続二塁打で1点を失い、MAX136kmと今ひとつだったようですが、学生時代は抑えでしたし、キャンプから一連の報道を見ていても先発よりは抑え向きじゃないのかなあ、と思っていただけに今後に注目ですね。

さて、いよいよ開幕を待つのみとなりました。恐らくロサや内はまだファームで調整登板があると思いますが、このまま怪我人が出ないまま無事に開幕を迎えて欲しいです。楽しみになってきましたね!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

ロサ試運転。

今日も大宮でライオンズとの練習試合が行われ、2−2の同点でした。
さっそく新加入のカルロス・ロサが投げたようです。

【ロッテ】新外国人ロサが実戦デビュー(ニッカン)

 ロッテの新外国人カルロス・ロサ投手(26=ダイヤモンドバックス)が6日、西武との練習試合(県営大宮)で実戦デビューした。8回から2番手として登板。1イニングを投げ1安打2四球で1失点。直球の最速は146キロだった。制球に不安を残す内容だったが「もともとコントロールが悪い方ではない。日米ではストライクゾーンもマウンドもボールも違うので、慣れていきたい」と話した。

本人の言う通り、マウンドもボールも違いますし、ましてや今日は今年試合機会の無い大宮県営ですから、内容はあまり気にすることはないでしょう。ただ、「コントロールが悪いほうではない」とは言うけどメジャーでは四球多いのですよね。また、ボークを取られたようです。最近の日本の審判は外国人投手のボークには厳しいなあ。
・・はっきり言ってわかりません。過度の期待はせずとも見守る、というスタンスでとりあえずシーズンを待つしかありませんね。でもぶっつけ本番はかなり怖いなあ・・どうしてもジャスティン・ミラーを思い出・・・(自粛)。

しかし、練習試合は残すところ明日の同じくライオンズ戦1試合しかありませんが、内は投げるのでしょうか。どちらにしろ、内、ロサともに開幕前にファームで投げるのでしょうね。
そういう意味ではやっぱり抑えは不安です。頼みの伊藤は昨日最終回に炎上していますし・・。
まあ、じたばたしても仕方ない。シーズン始まってからやりくりですね。
野手は心配無いでしょう。

さて、今日は唐川が先発、7回を1失点。本人は「まだ修正しなければならないところはありますが、全体的には悪くなかった」との事で、前回ピリっとしなかったのですがしっかりと上げて来ましたね。
唐川の後は8回をロサ→9回頭から1/3を古谷→薮田というリレーだったようです。
明日の先発は俊介かな?
マリーンズの2点は初回に井口が帆足からソロHR、9回に大松が長田からタイムリー2塁打との事。

それにしても、ライオンズはやっとグラマンが戻って来たと・・。シコースキーはどうなってるんじゃ?抑えは現時点では太陽、長田、岡本と渡辺監督は言っているみたいだけど、マリーンズと同じような台所事情になってますね。どうするんだろう?


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

甲子園優勝投手二人が神宮でいきなり揃い踏み 〜東都大学野球リーグ開幕

今日開幕した東都大学野球春季リーグ。
甲子園を沸かせた優勝投手が二人、第一試合と第二試合で揃って登場しました!

まずは第一試合、國學院大學ー亜細亜大学。
亜細亜大学先発はご存知、東浜巨。
沖縄尚学時代、2008年選抜の優勝投手です。

しかし、この日は5回5失点(自責点3)。1ー7で亜大は初戦を落としました。
今日は不運な面もあったようですね・・・。

亜大・東浜、不運な開幕黒星/東都大学(ニッカン)

 亜大の152キロ右腕、東浜巨投手(3年=沖縄尚学)が立ち上がりにつかまった。1回、味方のミスも絡み4連打とスクイズで3失点。3回も内野失策などで2点を失った。チームは試合前、バスで移動中に事故渋滞に巻き込まれ、急きょ調布駅から満員電車の中、ユニホーム姿で移動してきたという。試合には間に合ったが、予定の到着より大幅に遅れた。普段通りのアップができず「真っすぐがキレていなかったし、コースにも決まらなかった。戸惑いながら投げていた」と悔しそうに話した。

うーん、開幕試合でいきなり移動トラブルは気持ちの面で厳しいかも知れませんね。

これで思い出すのは、2008年夏の高校野球沖縄大会決勝。春選抜優勝の沖縄尚学は、春夏連覇をかけ最大のライバル浦添商業と対戦しました。しかし、球場へ向かう沖縄尚学のバスは渋滞に巻き込まれ、球場に着いたのが試合開始予定時刻の30分前・・・。充分なウォームアップが出来なかった東浜は初回に5失点。これが最後まで響き、甲子園出場はならなかったのでした。
ちなみにこの時の浦添商業には東浜とならんで注目された伊波投手がおり、夏の甲子園ベスト4まで進出。この時の浦添商も良いチームだったなあ・・。

初戦でケチがついてしまった東浜と亜大ですが、明日勝って3戦目でリベンジしたいところでしょう。

そして第二試合は中央大学ー駒沢大学。
なんと、中央大学は一年生ルーキーを開幕投手に持ってきます。こちらもまたご存知、興南高校で春夏連覇のエース・島袋洋奨!ジャイアンツにドラフト1位で入団した澤村の背番号18を受け継ぎ、堂々の登場です。
中大入学はもちろん知っていましたし気にしていたのですが、この春に左肩痛もあったようなのでどうかな、と。まさか開幕投手とは・・・。

島袋が中大48年ぶり1年生開幕(ニッカン)

 昨年の甲子園を春夏連覇した興南(沖縄)のエースで、中大に進学した島袋洋奨(ようすけ)投手(1年)が、今日5日に開幕する東都大学春季リーグの駒大戦に先発する。高橋善正監督(66)が4日、「一番調子のいい者が投げるのは、プロもアマも同じ」と予告先発で島袋の起用を明言。中大では同監督が63年春に務めて以来、48年ぶりに新人開幕投手が誕生する。

 左肩の炎症により出遅れた島袋だが、オープン戦2試合で無失点。3月26日の中央学院大戦は4回8奪三振と1人の走者も許さず、同30日の法大も7回3安打に封じた。高橋監督は「成績が一番いい。何より制球力がいい」と、計11回で無四球も決め手になった。

 島袋は4日、ブルペンで33球を投げて前日調整を終えた。まだ神宮のマウンドを踏んだことはなく、「甲子園と雰囲気は違う。今日の夜から、緊張感が出てくると思います」と表情を引き締めた。順当にローテーションを守れば5月10日の亜大戦では東浜巨(なお、3年=沖縄尚学)と、ともにセンバツV腕による同郷対決が実現する。名門・中大のエースナンバーで、昨年まで巨人沢村が背負った「18」も継承。「断るにも断り切れなかった」と重圧は大きくても、「すべての試合に勝つつもりで。まだ背番号に負けていますが、早く似合う選手になりたい」と静かに意気込んだ。【中島正好】

そして今日はややホロ苦デビューとなりました。

島袋「自分の投球できなかった」(ニッカン)

 中大では48年ぶりの新人開幕投手となった島袋洋奨投手(1年=興南)は、4回2/3を投げ5安打4失点で終わった。三振は4個。バックのミスもあり自責は1だったが「任された先発を、しっかりこなせなかった。悔いが残る。自分の投球ができなかった」と言い訳をしなかった。

初回2死から味方の失策でいきなり失点。中大は2−4で初戦を落としました。
失策は残念ですね。一年生投手の足を引っ張ってはいけません。初回無失点ならば波に乗れたと思うのですが・・・。それでも島袋は4回2/3で4三振を奪っています。こちらも、明日中大は勝って3戦目で登板があればまた島袋に頑張って貰いたいものです。
また、この日の中大は習志野高校出身の1年生福田も6番センターでスタメン出場しました。4打数ノーヒットに終わりましたが、1番を打った3年生の西銘もそうですが1年生から試合に出るって言うのは凄い事です。これからに期待しましょう。

それにしても、いきなり東浜と島袋が開幕で登板なんて思いもよりませんでした。なんという贅沢。順調に行けばですが、亜大と中大の対戦ではいきなり東浜ー島袋対決があるかも知れませんね。これは楽しみです!

日頃大学野球はほとんど気にしていませんが、今年は東都を中心に追っかけて行きたいと思います。


にほんブログ村 野球ブログへランキング参加しています

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

内が戻って来る! 抑えはどっちだ?

やっと、内が戻ってくるようですね。

【ロッテ】内「1日も早く実戦で投げたい」

 ロッテ内竜也投手(25)が4日、QVCマリンでの練習に参加し、首脳陣の前でフィールディングのテストを行った。古傷の右足首を故障が長引き、本格的な投内連係を行うのはこの日が初めて。大きな違和感なく練習を終え「今日、初めて動いた。(足首は)普通ですね。1日も早く実戦で投げたいと思っている」と振り返った。「いろいろな動きができるか確認したかった。まだ若いし、いいものを持っている投手。慎重にいかないと」と西村監督。実戦復帰はまだ先になる見込みだ。

チャリティーマッチで1軍合流している姿は見てましたけどね〜やっとですね。
もっとも、実戦復帰はまだ先のようです。明日からの3連戦で登板はあるのかな?

さて、そうこうしているうちにカルロス・ロサの入団会見が行われました。

【ロッテ】ロサ「直球とスライダー自信」(ニッカン)

 ロッテに新加入したカルロス・ロサ投手(26=ダイヤモンドバックス)が4日、QVCマリンで入団会見を行った。「去年も日本一になったチーム。今年も日本一になれるように貢献したい。そのために自分がきた。直球とスライダーには自信がある」と持ち味をアピール。チームでは守護神候補として期待されており、西村監督は「後ろを投げられる投手が増えたのは大きい」と話した。

自信満々 ロッテ新助っ人「抑え自信ある 経験もスピードもある」(スポニチ)

 ロッテの新外国人、カルロス・ロサ投手が4日、QVCマリンフィールド内で入団会見し「抑えとして自信がある。経験も(直球の)スピードもある」と力強く語った。

 昨季の抑えだった小林宏が阪神に移籍。今季から加入したマクローリーが右肩を痛めて米国に帰国中で、内も右足首痛で出遅れた。開幕直前の補強に、西村監督は「(抑えで)投げてもらえるように、期待している」と話した。

両記事で微妙にコメントが異なるのが面白いですが、当然西村監督としてはロサを「後ろ」「抑え」と考えている訳で、内と競争です。

日本がこんな状況でも入団を決めたロサにはそれだけのヤル気と覚悟を感じますし、内は心して望まないとまたチャンスを逃してしまいます。
そもそも内は去年のポストシーズンで結果を出しただけですから、抑えの場所が確約されていた訳でもなく、イチから競争です。実績があるという意味ではロサより有利、というくらい。
内の活躍は入団時からのマリーンズファンの長〜い夢ではあるのですけれど、実力で抑えの座を奪わないといけません。
二人が活躍出来ればそれだけ投手陣の後ろが安定する訳ですし、ともに期待してますよ!


・・・・しつこいけど、マクローリー解雇して支配下枠空けてね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

帰ってきたマーフィー、ペンにひと安心 チャリティーマッチ Bs1ー5M

チャリティーマッチ2戦目が行われ、マーフィー、ペンの両外国人投手が登板、まずますの投球で調整遅れの懸念を吹き飛ばしてくれました。

ニッカン式スコア

先発のマーフィーは初回後藤にソロを浴びた後に連続四球を出したり、と相変わらずの制球難ではありました。HR打たれた事でカッカしたのかな?結局3回を4四球とまあマーフィーらしいといえばらしいですけど、二日前に帰国して即登板でしたから、今日はそれなりに投げられたという事で良しでしょうかね。ボールそのものもそんなに悪くはなかったと思います。

一方のペンは4回を2安打2三振0四球0失点。ストレートも勢いがありましたし、時折抜けていたナックルカーブだけ調整してくれれば、大丈夫そうです。

スポニチの記事にコメントがありました。

マーフィー「(一時帰国で)家族の顔も見られたし、良かった。開幕に向けて準備していきたい」
ペン「ストライク先行で、自分の投球ができた。大変な状況だが(日本が)いい方向に向かっていけば僕もうれしい」

二人とも大地震、果ては放射能騒ぎまで異国の地で経験することになり、一時帰国は当たり前だと思いますし、良く帰ってきてくれたと思います。マーフィーは恐妻家ですしペンは新婚ですから(笑)、本人はともかくご家族は心配でしたでしょうね。テギュンもすぐ戻って来てくれて昨日今日ときっちり結果出してくれてますし、マリーンズの外国人はほんと頼もしいです。

打線ではDHに入った竹原が結果を残しました。バックスクリーンに素晴らしいホームラン。久しぶりに竹原らしいホームランをみました。

【ロッテ】竹原逆転130メートル弾

 スタメンで起用された竹原直隆外野手(30)が、2回に逆転の中越え2ランを放った。中山の甘く入った直球をフルスイングすると、センターへの豪快な130メートル弾となった。「打ったのは真っすぐ。開幕前にあそこに打てて安心しました。アピールしていかないといけない立場ですからね」と笑った。

竹原こそ年齢を考えても、もうギリギリの立場です。これからは公式戦含めて1打席1打席が正念場だと思いますから、このまま踏ん張って欲しいですね。

清田、荻野貴司の1、2番コンビは今日も活躍。清田は3打席目にヒットを放ちましたが、レギュラーを奪うにはこうやって1試合で必ずヒットを放つ、という事がとても大事です。このヒットを見て「レギュラーらしくなってきたな」と思いました。荻野貴司は2安打、2本ともコンパクトに振ってレフト前とセンター前におっつけるタイムリーと文句の付けようがない内容でした。
岡田は1塁代走で1,3塁という走りやすい状況とは言え盗塁を決めましたし、今日もアピール。大松死球の影響なのか、9番センタースタメンの伊志嶺は2打席だけしか回らず、結果が出ずややホロ苦でしたか。
忘れちゃ困る南竜もいますし、本当にマリーンズの外野は充実していますね。
打線は昨日今日と点の取り方も良いと思います。ホームランあり、相手のミスにつけ込んだ点あり、積極的走塁あり、タイムリーあり。投手陣は抑えですね、やっぱり。
あと実戦はライオンズとの練習試合が3試合。抑えをテスト出来るような状況になれば注目したいところです。内は投げるのでしょうか?岡田の1番起用もあるのかも含め、注目ですね。

☆昨日今日とラッキーセブンで流れた「WE LOVE MARINES」は3番の「走ってキャッチして〜」からでした。
実は、「WE LOVE MARINES」の歌詞(ここでは書きませんが)はさすがに自粛した方が良いよな〜とかなり気になっていました。
もちろん、何でもかんでも「自粛」はどうかと思ってはいるのですが、さすがにちょっと直截に過ぎるかな、と・・・。少なくとも今年いっぱいはマリンでも3番からが妥当でしょうね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

清田、荻野貴司、岡田が躍動! チャリティーマッチ Bs1ー6M

今日は朝から西岡のツインズ戦、そのあとマリナーズとアスレチックス戦、そして選抜準決勝。
昼過ぎからはチャリティーマッチ、バファローズーマリーンズ戦、と野球目白押しでした。球春がだんだんと近づいて来ましたね。

西岡はまさかの守備のミス。さすがに硬くなっていたのでしょう。でも久しぶりに西岡を観て、頑張ってるな〜と嬉しくなりました。
センバツでは日大三が負けました。吉永君が良く無かったですね・・・悪い中初回に先制パンチを食らってチーム全体が浮き足立ってしまった感じです。

お昼前に仕事に出たので、帰宅後にバファローズーマリーンズ戦を観戦しました。
この12球団合同のチャリティーマッチ、各球場では選手会長からのメッセージがあったようです。
こういうのは良いですね。被災地の方はまだ野球を観る余裕は無いのかも知れませんが、ただ試合するだけ、ではなくて球界としてやっぱり「メッセージ」を届けたいです。

さて、先発の光原はツーシーム系のストレートとスラーブ気味のスライダー、チェンジアップ(フォーク?)の組み合わせで打たせて取るピッチング。四球が3、特に3回はイニングの頭から連続四球というのがちょっと・・・でしたが、結果的には5回無失点。今後はコントロールが全てですかね〜。

「変な投球はしたくない」光原発奮の5回零封(スポニチ)

 神戸市出身で、中学2年の時に阪神大震災を経験したロッテの光原が先発。「慈善試合で変な投球はしたくなかった」と、毎回のように走者を背負いながらも5回を無得点に抑えた。

 阪神大震災では家に一部ひびが入り、避難所生活も経験した。「あの時と比較にならないくらい大きな地震。(被災者の方の)気持ちも分かる。長い目で復興の支援ができれば」と神妙な表情で話した。

「慈善試合で変な投球はしたくなかった」という言葉、重いですね。気持ちの入った投球をすると結果もついてくるという事かも知れません。
いよいよ先発枠争いが面白くなってきましたね。
球団公式サイトによると、西村監督は
「先発ローテーションが難しくなるね。いい悩みが増えてしまった」とのコメント。はい、いい悩みです。こういう悩みはいいですね。

打線では朴賛浩の前に5回までノーヒットでしたが、6回清田が初安打を記録してからは荻野貴が続いてタイムリー。清田は今日2安打。二人とも右方向への、内容のあるヒットでした。
そして目を引いたのはついこないだも3安打でアピールの岡田。今日は2ベース、センター前ヒットと2安打、どちらもしっかりとボールを叩いてのヒットでした。途中出場だと気持ちの入り方も難しいかと思いますが、しっかりアピールです。いやあ・・・このバッティング観ると1番で観たいですね。これまた贅沢な悩みです。

そして、荻野貴司が盗塁成功!
キャンプ、オープン戦と盗塁を観ていても爆発的なスピードが無かったので不安でしたが、今日は安心出来る盗塁でした!スタート直後に身体が浮いていたのも収まってましたし、最後まで失速することなく盗塁を成功させましたね!
いやあ・・・良かったです。この分なら、心配はいらなさそうです。スライディングはやっぱり今までより遠いところから滑ってましたね。その分だけ、スピードは落ちるかも知れませんが怪我するよりは良いです。今の距離でのスライディングに慣れてくれば、総合的にもっと速くなるのではないでしょうか。

他に嬉しかったのは、7回里崎のセンター犠牲フライで坂口がバックホームする間に1塁走者のサブローが2塁に進塁したプレー。サブローが率先してこのような走塁を見せてくれれば、チーム全体への意識付けになるでしょう。嬉しいプレーでした。

明日はオーダーはどうなるのでしょうね?岡田1番も観てみたいです。伊志嶺は・・やはり今日のように試合途中かな?明日は休みですので、ゆっくり観たいと思います。

こんな記事もありました。

ロッテファン声合わせ「頑張ろう日本」

 慈善試合(オリックス1-6ロッテ、2日、京セラ)ロッテは東日本大震災が発生した3月11日以来の観客の前での試合だった。西村監督は「久しぶりにファンがいる中で、いいゲームができてありがたかった」としみじみと話した。
 左翼席のロッテファンは、一回の攻撃前に「頑張ろう日本」と声を合わせた。選手会長のサブローは「球場全体が熱かった。一つになっていて、声もすごく聞こえた。あらためて、お客さんあってのプロ野球だと思った」と話した。(共同)

無観客で試合をするという事はプロに入ってから殆ど無かった筈です。サブローのコメントは選手皆の気持ちでもあるのではないでしょうか。選手、ファン、フロント、みんなで野球を盛り上げて行きたいですね。

☆今日、ベンチに内がいた。登板はあるのだろうか?というか状態は?明日投げて欲しいなあ。
☆実は日本球界入りがかなり楽しみだった朴賛浩。さすがに昔の球威は無かった・・・。けど、如何にもメジャー帰りらしく、ボールが動く動く。打者からすると結構「うざったい」でしょうね。後はコントロールですかね。その波がどのくらいあるかで今シーズンの成績を左右しそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【野球本・2】『聖地への疾走』 〜「いいチーム」志学館高校、「リ・スタート」日大三高校ほか〜

野球本紹介シリーズその2、今回は高校野球ものです。
日刊スポーツ出版社から高校野球テーマの新刊がシリーズで出ていまして、これは最新刊にあたりますね。

「聖地への疾走」(日刊スポーツ出版社)
Jiyusisso
日刊スポーツ出版社ai - nikkansports.com: 聖地への疾走
Amazon.co.jp(単純リンク)

スポーツライター矢崎良一さんを中心に、総勢7名のライターが様々なテーマを取り上げています。
発行が去年2010年の10月ですので、例えば日大三高の話は現チームの事でもありますし、より興味を持って読むことが出来ました。

本の内容は

序章 いいチームの定義 志学館高校が応援される理由

第1章 怪物とすれ違った男たち
ダルビッシュ有と東北高校の、あの夏、ともに見た夢

第2章 夢の向こうにあったもの
松本哲也が甲子園を目指していた時代

第3章 なにわの公立魂
大阪府立春日丘高校、神前俊彦監督の野望

第4章 心の併走者
“鈴木ツインズ”双子という名の永遠のライバル

第5章 勝利への渇望
中学野球カリスマ監督、甲子園への挑戦

第6章 延長18回の遺伝子
星稜高校・加藤直樹一塁手の“それから”

終 章 情熱のグラウンド・夏
日大三高、痛みの先に見えたもの

となっています。
この中から序章と終章をご紹介します。

序章「いいチームの定義」では千葉県の志学館高校野球部が紹介されています。
志学館といえば、拓大紅陵と姉妹校で、私が千葉で高校野球していた頃は普通の学校の印象だったのですが、後にプロ入りする投手が出たり(現カープ投手コーチの澤崎俊和投手、ホークスーバファローズの金子圭輔選手)いきなり甲子園に出たりと不思議な存在といいますか、しかし特別な印象の無い学校でした。なので、いきなり志学館高校が取り上げられていることに驚きました。

志学館高校野球部は、近隣の中学やボーイズ・シニアの指導者や、一度でも練習試合で対戦した高校の監督から「志学館はいいね」「素晴らしいチーム」という声が良く聞かれるそうです。
矢崎氏はこう書きます。部員達は自然な表情でしっかりとした挨拶をしてくれる、と。部員達の「目力」が凄い、本当に凄いと。監督は「最初からこうだと思わないで下さいね。3年間かけて、ここまでになるんです」と言います。
「いいチーム」とは何か?どんな指導で、「いいチーム」が出来るのか。川俣監督の生徒に対する思い、取り組みが紹介されていて、志学館野球部の試合、練習を観てみたくなりました。
バファローズの金子選手の「ちょっといい話」なエピソードも触れられています。こういうの読むと応援したくなるんだよなあ。

終章「情熱のグラウンド・夏」では、春の選抜で準優勝しながらも西東京大会準決勝で敗れ、夏の甲子園出場を果たせなかった日大三高を取り上げています。
小倉監督は選手たちとの思いが強すぎて、夏負けたあとはすぐ切り替えられないそうです。そこが他の強豪校と違う、と。でもその方が人間味はありますよね。
甲子園に行ける筈だ、それだけの選手たちだった。本人たちも行けると思っていた、それでも行けなかった甲子園。そんな先輩の姿を見ている下級生は強い。現エースの吉永君は「変った」。現主将の畔上君は「監督でさえ驚くほどのキャプテンシーを発揮している」。
実は、この本を読んでから日大三の新チームがとても気になって気になって。日大三高が今センバツの優勝候補だと私が考えるのもこれを読んだからなのです。
日大三高には特に思い入れはなく、毎年「強打のチーム」という印象があるだけだったのですが、やっぱり気になる存在になりますね。

他にも、ジャイアンツ松本哲也のラグビーと野球の間で揺れた中学・高校時代の話、強烈な印象の残る東北高校の真壁投手の話、そしてついこないだ亡くなられた箕島・尾藤監督の人柄が伝わる話・・・・全ての章がとても個性的で、面白く楽しく読むことが出来ました。
少しでも興味を覚えた方は是非、ご一読をお勧めします。

にほんブログ村 野球ブログへランキング参加しています

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

荻野貴司、復調2盗塁! 「スピードを落とさずに行けた」

今日のバファローズとの練習試合で荻野貴が2盗塁を決めました。

【ロッテ】荻野貴が快速復活2安打2盗塁(ニッカン)

 ロッテ荻野貴司内野手(25)の快足が完全復活した。1日、オリックスとの練習試合で2安打2盗塁。今季初の対外試合での1試合2盗塁に「いい感じでした」と白い歯を見せた。昨季は、5月に右膝半月板を損傷するまでに25盗塁を積み重ねた。手術後のリハビリが予想以上に長引き、今春キャンプ序盤でも全力では走れなかったが、開幕直前に復調。「(スピードを)落とさずに行けた」と振り返った。

これだけでは足りない!ので、サンスポ記事でも補足しましょう。
ロッテ・井口2ラン「しっかりとらえられた」

 ロッテの得点源の2、3番が持ち味を見せた。3番の井口が一回に2ランを放ち、2番の荻野貴は2安打2盗塁だった。
 一回1死三塁。井口は2球ボールが続いた後の3球目を「振っていかないとタイミングを合わせられない。しっかりとらえられた」と中越えに運んだ。荻野貴は三、五回にいずれも中前打で出塁し、二盗を成功させた。昨季手術した右膝の影響を全く感じさせない走りに「スピードを落とさずにスライディングできた」と自信を深めていた。(共同)

映像で観ないとまだまだ心の底から安心は出来ませんが、本人の「(スピードを)落とさずに行けた」「スピードを落とさずにスライディングできた」(どっちも同じコメントソースかな?)という言葉は頼もしいですね!2度走れたという事は状態は良いと言うことでしょうし、本当に完全復活を願います。記事の表現なんてアテにならないとこもありますけど、「右膝の影響を全く感じさせない走り」という文章がもう私には燦然と輝いて見えてしまいます。
明日、明後日とJSports1でチャリティーマッチの中継がありますから、この眼で盗塁を観てみたいです。本当に、本当に完全復活して欲しいです。

さて、今日は他にもニュースが。
マリーンズはかねてから話のあった新外国人獲得を発表しました。
【ロッテ】150キロ右腕ローザ獲得(ニッカン)

 ロッテが1日、新外国人カルロス・ローザ投手(26=ダイヤモンドバックス)の獲得を発表した。1年契約で年俸は推定45万ドル(3600万円)。4日に入団会見を行う。同投手はメジャー3年間31試合で0勝2敗1セーブ。150キロ台の直球と切れのあるカットボールが持ち味の右腕で、新ストッパーとしての役割を期待されている。石川球団本部長は「後ろを任せられる投手を探していた。抑えとして期待している。スピードもあって、経験もある」と話した。

MLB.comより
460349

入団する以上は応援しますし、どんな投手か観てみたいですね(動画を探したのですが見つからず・・)。メジャー34イニングで15四球という所がかなり気になりますが・・・三振は16個と言う事で多いとは言えず。クローザーとして考えるなら、当たり前ですが日本でどれだけ四球を出さず、かつ三振を取れるかが注目です。
そして、前から言っていますように、これで支配下枠は埋まりました。マクローリーには悪いけど、解雇して枠を空けるのが妥当でしょう。もし、それをせず埋めたままだとマリーンズの編成方針に大きな疑問が生じます。その辺りはしっかりとお願いします。

【ロッテ】井口弾!「力む必要なし」

 ロッテ井口資仁内野手(36)が1日、オリックスとの練習試合で中越えの先制2ランを放った。1回1死三塁で寺原のカットボールを完璧にとらえた打球は中堅フェンスを楽々と越えた。推定飛距離は125メートル。手応え十分の一打に「しっかり芯で打てば入る。力む必要はない」と表情も明るかった。

【ロッテ】俊介「良くなかった」3失点

 ロッテ渡辺俊介投手(34)が1日、オリックスとの練習試合に先発した。5回を投げて3失点。味方に先制点をもらいながらも1回、2回、3回とそれぞれ1点ずつ失点を重ねる内容に「よくなかったです。3回まで修正ができなかった」と反省した。西村監督も「1回に先制してチームが盛り上がった。俊介ほどの投手。何とか1回は0点に抑えないといけない」と注文をつけた。

井口は心配していません。今季バファローズでキーとなる一人と私が思っている寺原から打ったというのは価値がありますね。
俊介は・・・ここ数年とにかく波がありますから、とにかく安定して欲しい。先発を伺う投手の数は揃って来ていますから、うかうかしていると去年のように2軍落ちだってありえます。ライオンズのルーキー、同じサブマリンの牧田がかなり評価が高いですから、先駆者として負けていられません!(個人的には牧田もかなり観てみたいですけどね)

それにしても、今日は荻野貴司のニュースが一番嬉しかったです。
あのプレーが観られないなんて考えられない事ですからね。

マーフィー、ペンが戻ってきて3日に登板するようですし、いよいよ開幕に向けて態勢が整って来ました!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »