« 【野球本・2】『聖地への疾走』 〜「いいチーム」志学館高校、「リ・スタート」日大三高校ほか〜 | トップページ | 帰ってきたマーフィー、ペンにひと安心 チャリティーマッチ Bs1ー5M »

2011年4月 2日 (土)

清田、荻野貴司、岡田が躍動! チャリティーマッチ Bs1ー6M

今日は朝から西岡のツインズ戦、そのあとマリナーズとアスレチックス戦、そして選抜準決勝。
昼過ぎからはチャリティーマッチ、バファローズーマリーンズ戦、と野球目白押しでした。球春がだんだんと近づいて来ましたね。

西岡はまさかの守備のミス。さすがに硬くなっていたのでしょう。でも久しぶりに西岡を観て、頑張ってるな〜と嬉しくなりました。
センバツでは日大三が負けました。吉永君が良く無かったですね・・・悪い中初回に先制パンチを食らってチーム全体が浮き足立ってしまった感じです。

お昼前に仕事に出たので、帰宅後にバファローズーマリーンズ戦を観戦しました。
この12球団合同のチャリティーマッチ、各球場では選手会長からのメッセージがあったようです。
こういうのは良いですね。被災地の方はまだ野球を観る余裕は無いのかも知れませんが、ただ試合するだけ、ではなくて球界としてやっぱり「メッセージ」を届けたいです。

さて、先発の光原はツーシーム系のストレートとスラーブ気味のスライダー、チェンジアップ(フォーク?)の組み合わせで打たせて取るピッチング。四球が3、特に3回はイニングの頭から連続四球というのがちょっと・・・でしたが、結果的には5回無失点。今後はコントロールが全てですかね〜。

「変な投球はしたくない」光原発奮の5回零封(スポニチ)

 神戸市出身で、中学2年の時に阪神大震災を経験したロッテの光原が先発。「慈善試合で変な投球はしたくなかった」と、毎回のように走者を背負いながらも5回を無得点に抑えた。

 阪神大震災では家に一部ひびが入り、避難所生活も経験した。「あの時と比較にならないくらい大きな地震。(被災者の方の)気持ちも分かる。長い目で復興の支援ができれば」と神妙な表情で話した。

「慈善試合で変な投球はしたくなかった」という言葉、重いですね。気持ちの入った投球をすると結果もついてくるという事かも知れません。
いよいよ先発枠争いが面白くなってきましたね。
球団公式サイトによると、西村監督は
「先発ローテーションが難しくなるね。いい悩みが増えてしまった」とのコメント。はい、いい悩みです。こういう悩みはいいですね。

打線では朴賛浩の前に5回までノーヒットでしたが、6回清田が初安打を記録してからは荻野貴が続いてタイムリー。清田は今日2安打。二人とも右方向への、内容のあるヒットでした。
そして目を引いたのはついこないだも3安打でアピールの岡田。今日は2ベース、センター前ヒットと2安打、どちらもしっかりとボールを叩いてのヒットでした。途中出場だと気持ちの入り方も難しいかと思いますが、しっかりアピールです。いやあ・・・このバッティング観ると1番で観たいですね。これまた贅沢な悩みです。

そして、荻野貴司が盗塁成功!
キャンプ、オープン戦と盗塁を観ていても爆発的なスピードが無かったので不安でしたが、今日は安心出来る盗塁でした!スタート直後に身体が浮いていたのも収まってましたし、最後まで失速することなく盗塁を成功させましたね!
いやあ・・・良かったです。この分なら、心配はいらなさそうです。スライディングはやっぱり今までより遠いところから滑ってましたね。その分だけ、スピードは落ちるかも知れませんが怪我するよりは良いです。今の距離でのスライディングに慣れてくれば、総合的にもっと速くなるのではないでしょうか。

他に嬉しかったのは、7回里崎のセンター犠牲フライで坂口がバックホームする間に1塁走者のサブローが2塁に進塁したプレー。サブローが率先してこのような走塁を見せてくれれば、チーム全体への意識付けになるでしょう。嬉しいプレーでした。

明日はオーダーはどうなるのでしょうね?岡田1番も観てみたいです。伊志嶺は・・やはり今日のように試合途中かな?明日は休みですので、ゆっくり観たいと思います。

こんな記事もありました。

ロッテファン声合わせ「頑張ろう日本」

 慈善試合(オリックス1-6ロッテ、2日、京セラ)ロッテは東日本大震災が発生した3月11日以来の観客の前での試合だった。西村監督は「久しぶりにファンがいる中で、いいゲームができてありがたかった」としみじみと話した。
 左翼席のロッテファンは、一回の攻撃前に「頑張ろう日本」と声を合わせた。選手会長のサブローは「球場全体が熱かった。一つになっていて、声もすごく聞こえた。あらためて、お客さんあってのプロ野球だと思った」と話した。(共同)

無観客で試合をするという事はプロに入ってから殆ど無かった筈です。サブローのコメントは選手皆の気持ちでもあるのではないでしょうか。選手、ファン、フロント、みんなで野球を盛り上げて行きたいですね。

☆今日、ベンチに内がいた。登板はあるのだろうか?というか状態は?明日投げて欲しいなあ。
☆実は日本球界入りがかなり楽しみだった朴賛浩。さすがに昔の球威は無かった・・・。けど、如何にもメジャー帰りらしく、ボールが動く動く。打者からすると結構「うざったい」でしょうね。後はコントロールですかね。その波がどのくらいあるかで今シーズンの成績を左右しそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 【野球本・2】『聖地への疾走』 〜「いいチーム」志学館高校、「リ・スタート」日大三高校ほか〜 | トップページ | 帰ってきたマーフィー、ペンにひと安心 チャリティーマッチ Bs1ー5M »

コメント

岡田選手は本当に良いですね。
明らかに成長しているのが分かりますし
昨日の安打もお見事でした!

その岡田選手の足を生かす犠牲フライをきっちり打った
里崎選手に隙をついて2塁へ進塁した
サブロー選手、良い仕事をしていますね。

チームの繋ぎを感じた良い試合でした。

投稿: マットゥン | 2011年4月 3日 (日) 12時17分

岡田、またしても結果出しましたね!清田も打ってるし、今年の外野布陣は本当にすごい。
こうなってくると、荻野のコンバート英断をした西村監督に改めて頭が下がります(笑)。
サブローが二塁にタッチアップしたのは危機感の表れでしょうか?いずれにせよ、チームとしては理想の状態です。近いうちに岡田に陽の目が当たりますように…

投稿: トマト | 2011年4月 3日 (日) 15時09分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

岡田は去年中盤のひ弱な感じがなくなりました。去年の昇格も、早坂離脱、清田離脱、それで「しょうがなく」的な面があったのですが・・・。短期間でここまで成長する選手ってあまり記憶にないです。
サブローの走塁に「繋ぎ」が象徴されていましたよね。こういう野球、好きなので嬉しい限りです。

投稿: BJ | 2011年4月 3日 (日) 19時23分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

マリーンズの外野といえば、「ザル守備」だった筈なのですが・・・監督が変わるとここまで変わるか、と。言い方によってはここ数年の編成の勝利でもありますよね。
荻野貴司コンバートは都合良すぎるだろ〜、と思いましたが、今のところ上手くピースがそれぞれの所にはまっていますよね。やっぱりプロの現場は見る目が違うのでしょうね〜。
岡田、今日は相手先発が左腕という事で代走でしたが、盗塁を決めました。「一日一アピール」出来てますね。このまま続けていれば絶対に陽の目は当たりますよ!

投稿: BJ | 2011年4月 3日 (日) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/39465305

この記事へのトラックバック一覧です: 清田、荻野貴司、岡田が躍動! チャリティーマッチ Bs1ー6M:

« 【野球本・2】『聖地への疾走』 〜「いいチーム」志学館高校、「リ・スタート」日大三高校ほか〜 | トップページ | 帰ってきたマーフィー、ペンにひと安心 チャリティーマッチ Bs1ー5M »