« 大嶺、岡田、今岡、伊志嶺・・今日はマリーンズニュースが多かったですね | トップページ | 荻野貴司、復調2盗塁! 「スピードを落とさずに行けた」 »

2011年3月31日 (木)

センバツ準々決勝に行って来ました 日大三の強打に驚愕!

大阪出張の帰りに、甲子園に長い寄り道をしてきました。
甲子園は去年の夏決勝以来。センバツは初めてです。

強打・九州国際大付属と、久しぶり躍進の北海。
去年センバツ準優勝校で強打だけでなく注目投手吉永君を擁する日大三と、エース井上君がここまで2連続完封の加古川北。
ちなみに、私は優勝予想は日大三高です。そして今大会で一番興味があったのが加古川北の井上君でした。昨秋兵庫大会では報徳を破っての2位、近畿大会では大阪桐蔭を完封。ストレートは130km台だと言うし、どんな投手だ?と。
今日は楽しみな2試合でした。

この画像はお約束ですね
Rimg0356

◯第一試合
九州国際大付属(福岡) 5−4 北海(北海道)

九州国際大学付属(以下九国大付)の投手三好君と北海の玉熊君は共に130km後半のストレートとカーブ、スライダーがメインの同タイプの投手でした。三好くんの方がどちらかというと本格派、玉熊君は強いて言えば技巧派でしょうか。(三好君の115kmくらいのボールが気になりました。チェンジアップ
だと思うのですが・・・それにしては球速が遅い)九国大付打線は「エグい打線」というイメージが私はあり、初戦では何と2,3,4,5番にホームランが出ています。

その九国大付打線、とにかく積極性が目につきました。ファーストストライクから球種に関わらずどんどん振って来ます。玉熊君はやりにくかったのではないでしょうか。3回からは急に制球を乱す場面も多くなり、常に九国大に先行を許す展開。

しかし北海も3度までも追いつく粘りを見せ、緊迫した試合となりました。
玉熊君はカーブがとても良かったのですが、前半はストレートを続けすぎた気がします。もっと早い段階でカーブを軸にした方が良かったかな〜と思いました。

北海が7回裏に同点に追いついた直後の8回表、九国大付6番花田君がライトスタンドへの「エグい」一発を放ち、また1点リードします。今日は浜風が吹いていて、5番の龍君が放ったスタンドインと思われた打球が大きなライトフライになってしまうシーンもあったのですが、このホームランは浜風関係なかったですね。
この1点で終わっていればまだ判らなかったのですが・・・2アウト2塁からサードへの強い打球がイレギュラーしてレフト前に抜けてしまい、重い2点目が入りました。
北海は最終回に1点を返すも、結局このタイムリーが決勝点となり、北海は1点差で涙をのみました。得てして、こういう非情な事が起こります。イレギュラーが無かったらチェンジだったでしょうね・・・。でも、それが野球なんですよね。好試合でした!

特筆は九国大付4番の高城君で、既にホームランも放っているスラッガーですが、今日は先制のタイムリーを含め全ての打球が右方向。状況に応じたバッティングが素晴らしいと感じました。ホームラン狙って大振りになったりしそうなところですが・・・頼れる4番ですね。
北海の玉熊君はまとまっていてピッチャーらしいピッチャーでした。夏、またピッチングが観たいです。

◯第二試合
日大三(東京) 13ー2 加古川北(兵庫)

この対戦、全ては加古川北の井上くんの出来次第、と思っていました。
その井上くんは今日は制球が悪く、ストライクを取りに行くところをことごとく痛打されてしまいました。
日大三といえば「強打」が代名詞ですが、いやあ、ほんとに凄い、凄い打線でした。何しろ打球音が全く違います。「バキン!!」と言う感じ。今の金属バットは消音タイプですけど、日大三のは「昔の金属バット」みたいでした。九国大付も凄いと思いましたが、ちょっと次元が違いますね。ボールを「打つ」と言うよりは「叩いている」感じです。
昔、日大三の練習は9割がバッティングという話を聞いた覚えがありますが(違っていたらごめんなさい)いやはや、凄いスイングでした。

連続完封中の井上君でしたが、初回にあっさりと点が入り、リズムも掴めなかったのかも知れませんね。この悔しさを糧にして夏頑張って欲しいです。
加古川北で少し気になったのは、外野からの返球をカットマンではなくダイレクトにホームへ送球する場面が目立ち、余計な進塁を許す場面が多々ありました。(実はマリーンズも非常に多い)とても勿体なかった・・・。
加古川北は守備力で勝ち上がって来たと勝手に思っていましたが、そうでもないのかな?
試合前のシートノックで、ノッカーが打つ前に打球の方向に走りだしている内野手が殆どだったのが気になりました。バットとボールの角度から判断して動いているとかでは無くて、私も覚えがありますが、たぶんノッカーの癖を覚えているのじゃないかな?これだとあまり意味がありません。
それでも、完封かと思われた最終回に4安打を集中して2点を取ったのは良かったです。
夏に向けて守備の基本をもう一度見つめ直して欲しいです。(偉そうにナンですけど)

日大三の投手吉永君はプロ注目の投手ですが、ストレートは力がありました。うーん、モノが違うなあ、というのが印象です。楽しみにしていたシンカーは殆ど投げなかったですね。途中抜けたボールがあったのですが、それがそうかも知れません。

それにしても、間近で日大三の強打をみると凄いです。現時点では優勝最右翼だと感じます。
次戦は何と九国大付と対戦、両チームの打棒が爆発するのか、両投手が踏ん張るのか、かなり注目です。

甲子園はやっぱり良いですね。野球に集中し、幸せな時間をしばし過ごすことが出来ました。
負けてしまった学校はまだ夏があります。センバツを財産にまた頑張って欲しいですね。

Rimg0369

にほんブログ村 野球ブログへランキング参加しています

人気ブログランキング


|

« 大嶺、岡田、今岡、伊志嶺・・今日はマリーンズニュースが多かったですね | トップページ | 荻野貴司、復調2盗塁! 「スピードを落とさずに行けた」 »

コメント

九州国際大付の高城はロッテも注目していますね

日大三の1番高山は少年野球時代に横浜の近藤と共にロッテJr.に所属していました
こういうのがあると応援したくなります(笑)

投稿: テツ | 2011年4月 1日 (金) 01時17分

九州国際大付属の高城くんは俺には全く関係ないけど、福岡に住んでる知人の息子が高城くんと友達だそうで注目してます(笑)
新潟県民からしたら新潟代表が負けて興味半減ですが日大三、九州国際大付属と楽しみはまだまだたくさんある高校野球ですね
ちなみにこの前の日曜にエコスタで高津臣吾の登板を観戦してきましたがまだまだ調整不足ながらやっぱり格の違いを感じた内容でした

投稿: 佐藤 | 2011年4月 1日 (金) 17時30分

>テツさん
コメントありがとうございます。

そのネタ、両方とも知りませんでした!
高校生スラッガーで「いかにも」な感じのバッター(ただ腕っ節強くてぶん回すみたいな)ってあまり魅力を感じないのですが、高城君は4番の仕事を判っているというか、クレバーさを感じました。楽しみな選手ですね!

投稿: BJ | 2011年4月 1日 (金) 22時46分

>佐藤さん
コメントありがとうございます。

そういう微妙な関係でも応援したくなりますよね(笑)
その九州国際大学付に日本文理が負けてしまうのも皮肉ですね・・。
日大三と九国大付の試合かなり楽しみですが、うーん、日大三有利かなあ・・引き続き高城君に注目したいです。
さっそく高津の投球みたのですね。高津のしぶとさ(褒め言葉です)に、ちょっと高津を見直しました。雑誌のインタビューで「野球が好きなんですよ」という事を言っていました。いいなあ。まだまだ頑張って欲しいです。

投稿: BJ | 2011年4月 1日 (金) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/39439892

この記事へのトラックバック一覧です: センバツ準々決勝に行って来ました 日大三の強打に驚愕!:

« 大嶺、岡田、今岡、伊志嶺・・今日はマリーンズニュースが多かったですね | トップページ | 荻野貴司、復調2盗塁! 「スピードを落とさずに行けた」 »