« 偶然が重なった高濱獲得 〜高濱の野球人生を想う | トップページ | マリーンズが誇る俊足軍団、走る! ~3/3オープン戦 B vs M »

2011年3月 2日 (水)

選手同士の「私語」と「八百長」を結びつける人っているのかなあ?

大相撲は野球賭博と八百長で揺れておりますが・・・いささか過剰じゃないか、と思われる通達がプロ野球実行委員会から出されました。

相手との私語禁止徹底…全選手に通達へ

 プロ野球の実行委員会は1日、東京都内で開かれ、ファンの前で相手チームの選手との私語や談笑を慎むよう、12球団の全選手に通達することを決めた。
 野球規則は相手チームの選手と親睦的態度をとることを禁じている。しかし実際には試合前に観客が入場後にもグラウンド上であいさつしたり、試合中も守備に就く選手と走者が塁上で会話を交わす場面が多く見受けられている。セ・リーグがパ・リーグに呼び掛け、ルール順守を徹底することになった。
 大相撲が八百長問題で揺れる中、たがが緩んでいるとも受け取られかねない状況を最初に指摘した横浜の笹川博史球団取締役は「(大相撲が)きっかけになる。いらぬ勘繰りをされないように」と話した。

実際の所、セ・リーグのアグリーメントにはその旨の記載が既にあるそうで、それをより徹底しましょうと。さらに記事中にもあるようにパ・リーグにも呼び掛けて・・と言うことらしいのですが。
気持ちはわかるけど・・・・いささか過剰反応しすぎじゃないでしょうかねえ?

私は塁上での選手同士の会話とか見てて逆に面白いですけどね〜。
あ、あの選手とこの選手は仲良いのかな?とかたぶんあんなこんな会話してんだろな〜とか想像したり。
そんな光景に「いらぬ勘ぐり」をする人っているのかな・・・。
もちろん、例えば大差のグダグダ試合でダラダラっと談笑してたら良い気持ちはしませんし(特にお金払って現地にいるときなんかはね)、勝負事である以上は厳密には敵味方当該者同士が会話するのって本来はいけないのでしょうけど。
要は行きすぎていなければ良いと思うのですが。
中学校の校則じゃあるまいし、こんなことわざわざ通達しなきゃならんのか、って思います。
口火を切った横浜の笹川氏ってきっと真面目な人なのだろうなあ・・・(バカにしたり、揶揄する意味ではないですよ。本当に真面目なんだろうなあ、と思うだけです)。

で、最大の疑問は、もし私語があったとして「誰が注意するのか?」と言う事・・・普通に考えたら審判なんでしょうが・・・審判の責任範囲を超えてるとおも思うし(知るかって思うでしょうね)審判だってただでさえ大変なのに余計な仕事が増えるだけって気もします。

まあ、通達したところで、15秒ルール(20秒だっけ?)とか2段モーションみたいになし崩し的になって、「なんかそんなのあったね」みたいになってしまう気もします。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 偶然が重なった高濱獲得 〜高濱の野球人生を想う | トップページ | マリーンズが誇る俊足軍団、走る! ~3/3オープン戦 B vs M »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/39082150

この記事へのトラックバック一覧です: 選手同士の「私語」と「八百長」を結びつける人っているのかなあ?:

« 偶然が重なった高濱獲得 〜高濱の野球人生を想う | トップページ | マリーンズが誇る俊足軍団、走る! ~3/3オープン戦 B vs M »